【前田幸長 直球勝負】広島・鈴木誠也外野手(25)は今年もやってくれそうだ。15日の練習中に打球が右ふくらはぎに直撃するアクシデントに見舞われながら、翌16日の中日との練習試合(北谷)に志願出場して左翼フェンス直撃の二塁打。そうした意識の高さはどこからくるのか。鈴木誠は本紙評論家の前田幸長氏にこう明かしていた。

 練習を見ているだけで闘気が伝わってきた。スイングスピード、打球の速さ。打撃メニューにおける一挙一動はまるでお手本のように素晴らしく、そして力強い。しかも常に気持ちがこもっているから、周りの選手たちも触発される。その真摯な姿勢がチーム全体にいいムードをつくり出しているのは間違いない。

 しかも今年は東京五輪イヤー。チームだけでなく日本代表としても期待がかかる。昨年11月のプレミア12では4番に座り、世界一に大きく貢献。文句なしで侍ジャパンの4番候補と目されているだけに今から重圧も大きいはずだ。本人を直撃してみると「(プレミア12ではソフトバンクの)柳田さんとか(西武の)山川さんとか来てない人がいっぱいいたんで、4番はそういう人たちに任せて僕は裏方に回るとか」と自虐的に笑った。

 すかさず「誠也、それは似合わないでしょ」とツッコミを入れると「どこでも試合に出られたらありがたいんで。一生懸命そこで4番らしい活躍をしたいですね。4番じゃなくても」との答えが返ってきた。

 さらには「試合に出てかかわっていれば7番、8番であろうが、得点、打点のチャンスで回ってくることもありますし。そこで打てば4番みたいなものなので関係ないですね」とも…。

 それは意外な言葉だったが、理想とする4番像の域に自分はまだ達していないと思っているらしい。

「僕自身がテレビで自分のことを見たときとか、やっぱり4番ではないなと。そういう雰囲気が感じられない。雰囲気というか風格かな。やっぱ僕だったら筒香さん、中田翔さんとか…。山川さんとか、前の人で言うと、清原さんとか。生まれ持ったオーラとか、そういう人が4番に座るべきだと思うので。自分では全然4番じゃないですね。怖さがないです」

 ここまで自分に厳しいとは恐れ入る。断っておくが、彼は4番を打ちたくないわけではない。むしろ「4番に対して特別感はありますね」と言い切るように、本心ではチーム、そして侍ジャパンでも誰もが認める“真の主砲”として君臨したいのだ。

「そこ(真の4番打者)には全然近づけていないし、全然ダメです。やっぱりそうなるためにも結果もそうだし、実力とか技術も上げていかないと。もっとやんないと」

 鈴木誠也はとんでもない打者になる。じっくり話を聞いて、そう確信した。



引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200217-01744494-tospoweb-base
名無しさん : 2020/02/17 16:57:49
4番への拘りがあるが自分の成績以上にチームの優勝・日本一を考えている。周りが打ち勝負するしかなくなったら優勝と共にタイトルも見えてくる。どこまで成長するか楽しみで仕方ない。
名無しさん : 2020/02/17 17:42:36
2年前くらいに本人は自分のことを3番タイプだと言っていたし、別に4番にこだわりがあるわけではないんだろうね。

日本代表でも自分が4番に座るかどうかよりもチームの勝利を一番に考えると思う。

確かに誠也は相手選手に対する威圧感みたいなものはないかもしれないが、うちに秘めた闘志や負けず嫌いなところは山川、中田翔、清原にも引けを取らないと思うよ。
十分4番の器だと思う。
名無しさん : 2020/02/17 19:15:55
なにせ最高出塁率に加えて盗塁もできる足だからね。当然レーザービームの強肩もある。
4番って例えば小さい頃全員が憧れるわけじゃない。1番とか3番に華を感じる子供も多い。それこそ松井稼頭央とかイチローとか。
全国の子供達にアンケートとって何番が最もかっこいいか聞いたら3番とかが上かもよ?なにせなんでもできるイメージの打順だし
名無しさん : 2020/02/17 17:38:09
4番ってのは果たして、どの様なタイプが真の4番なんだろう。
一般的には本塁打を数多く打てる選手を据えるイメージがある。

選手に依っては本塁打は余計打つが、三振・凡打も多いタイプ。
或いはケガとかアクシデントが多く度々離脱を繰り返す選手。
上記を考えたら、塁に居る走者を確実に進め打点を稼げるチャンスに強い選手が最も4番の理想かと思える。
川上監督時代に本塁打の多い王さんが3番でチャンスに強い長嶋さんが4番のだったが、これが理想と思える。。
誠也の場合、塁に走者がいたら最初は長打狙いの振りをするが、追い込まれたらヒット狙いに切り替える臨機応変な打撃が出来る。
その為本塁打は少なくとも、打率、出塁率は年々高くなっている。
個人よりチームを優先する姿勢が見える行動や実績からして、日本の4番に最も相応しいのは鈴木誠也だと思う。
名無しさん : 2020/02/17 19:07:28
記事を見て私もそう思いました。

誠也はまだまだ凄くなると!

カープファンとしては物凄く寂しいけど、誠也はカープだけには収まり切れないだろう。

今季、圧倒的数字を残して優勝と日本一に貢献して下さい!

そして夢を追って下さい!

私は誠也をずっと応援します。
名無しさん : 2020/02/17 17:59:28
上位が出塁して誠也が返す、誠也が出塁して後続が返すという打線のつながりが出来ればいいが、上位が出塁できず誠也が安打、後続が続かず残塁ってパターンが多いなら、誠也にはホームランを狙ってもらおう。
全員野球で頑張れカープ!
名無しさん : 2020/02/18 07:48:33
かつて山本浩二さんがカープで4番に座ってから、いわゆる四番打者の定義が変わった感覚があった。
それまでの四番像とは王貞治さんや野村克也さん、長池徳士さんや田淵幸一さんなど打席に迎えると脅威だが、塁上では脅威は感じない、いわゆる「打の人」であった。
浩二さんみたいなタイプの四番はなかなか出てこなかったが、鈴木誠也の出現はまさしく浩二さんタイプあるいはそれ以上の素材である。
名無しさん : 2020/02/17 22:39:20
誠也はまだまだ進化できる。
順調にいけば近い将来、誠也はアメリカへと旅立つでしょう。
カープファンとしては寂しくあるけど、野球ファンとして夢の舞台へ駆け上がる誠也を応援したい。
名無しさん : 2020/02/17 19:02:41
これはすごい激白だ!激白してくれてありがとう!この激白はきっと後輩の刺激になると思います。是非ともテレビでも激白してほしい。テレビで無理ならユーチューブで激白を!ブログで激白を!
名無しさん : 2020/02/17 17:09:32
誠也は廣瀬に「僕を褒めないでください!」って言うぐらい
自分に厳しい。現状の自分に満足することなく誰よりも練習をする
姿は素晴らしい!
名無しさん : 2020/02/17 19:14:41
昨日の中日戦も帯同の予定無かったのに、本人が「まだ25歳。特別扱いしてほしくない」って出場を志願したらしいよ
名無しさん : 2020/02/17 17:43:36
何が誠也を成長させたんだろうか。優勝はおろかAクラスにもなれなかった悔しさか。結婚か。目標がはっきりして目の前が開けたからか。とにかく一年くらいの間にとんでもない人になった。
名無しさん : 2020/02/17 19:23:42
彼の1番すごいところは、個人的には日本トップクラスの選手になっても、日本で1番自分が下手だと思って練習できる意識。運動神経ならぬ、意識神経だと思う。
普通あそこまでの選手になったら多少は心のどこかで自惚れるし、満足感が出てくるだろう。練習はきついものだし、どこかでここまで来れたからOK。あとはキープ、という気持ちになる気がするけど、まるでそれがない。まだまだ結果が出てない若手みたいに練習できる。会社でも仕事ができるようになった30代とかバリバリの人ってどこかで、よし俺はできる奴になったし頼られるようにもなった、みたいな慢心というか向上心を失ったように見える人いると思う。
誠也レベルの選手は過去に何人も出てきたけど、その人たちよりも群を抜いてトップになってからの意識の高さを感じる。だからまだまだ伸びる気しかしない
名無しさん : 2020/02/17 21:15:20
プレミアですごい自信を得たのでは?
やっぱり日の丸を背負ってプレーして変わったのでしょう。もともとすごい選手だけどね。
名無しさん : 2020/02/17 19:13:24
向上心の塊だな…
本人以外が認めても、本人の中の理想の4番じゃないんだろうね。
その理想の4番に近づいていって欲しい。
名無しさん : 2020/02/17 17:37:24
4番より打席数増えるし3番も悪くなかったと思うよ
名無しさん : 2020/02/17 19:17:06
彼によって新世代の4番バッター像が作られつつあるように思います。