元広島の梵英心内野手が28日、都内で現役引退会見を行った。2006年から17年までカープで活躍し18年からは社会人野球・エイジェックでプレーした“松坂世代”は「長いような短いような野球人生でしたが、色々な人に会い勉強させていただいた」と語った。

 広島を退団してからここまでエイジェック硬式野球部で選手兼コーチとして活躍したが「夏以降選手として出る機会なくなったが、選手兼コーチの立場は難しいなと。今のスキルならどこかで壁にぶち当たる。選手に対してもよくない、自分に対しても恥ずかしい気持ち。選手としても一枠を僕に使わないといけない、その一枠を今から入ってくる選手に使ってもらいたい」と理由を語った。

 これまでの野球人生を振り返り「小学5年生から野球を始めてプレーさせてもらったが、たくさんの恩師、仲間と出会えて今日ここまでプレーすることができた」と感謝の言葉を口にした。

 プレーヤーとして一区切りをつけた梵。今後はエイジェックのスポーツ統括本部のスポーツ文化プロジェクトマネージャーとして活躍の場を広げていくが「一旦、現場を離れ、外から野球というスポーツを見直していきたい」と語った。

 梵はルーキーイヤーの2006年には123試合に出場し打率.289、8本塁打、36打点、13盗塁をマークし新人王。通算1096試合、990安打、打率.264、74本塁打、357打点、135盗塁を記録。2010年には盗塁王(43盗塁)、ゴールデングラブ賞を獲得するなどカープの正遊撃手として活躍した。


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-00588005-fullcount-base
名無しさん : 2019/10/28 11:42:58
苦しい時代を支えた、いい選手
パンチ力のある打撃も好きだったな

カープに戻れないのかな
ぜひ、いつかその力と経験を生かしてほしい

お疲れさまでした
名無しさん : 2019/10/28 12:03:52
エーっ、カープに帰って来ないの~?

でも、三次の野球小僧は一旦現場を離れ、
新たな視点から野球を見ることも必要かも。
引き出しは広く深く大きい方がいい。
経験を積み重ねていつかまたカープのユニフォームに袖を通す機会を待っていますから、
戻ってきてね。
名無しさん : 2019/10/28 12:16:53
暗黒時代を支えてくれてありがとう。
一時期の3番に入れなきゃいけない状況は厳しかったな。

「カープ一筋」の弊害もあるから、
アマ時代の経験とあわせて、
いつか還元してくれる日が来ると嬉しい。
名無しさん : 2019/10/28 11:49:53
戦う活躍の場は違うかもしれませんが
共に優勝を目指したチームの選手であり仲間、ファン。
梵選手にとって今後の躍進を期待しております!
名無しさん : 2019/10/28 21:17:58
カープらしい三拍子揃った名選手やし、紆余曲折色々と経験してるからいいコーチになりそう。カープに戻ってきて欲しい。
名無しさん : 2019/10/28 20:08:00
お疲れ様でした。
もしかしたら帰ってくるかなって。
またいつか戻る日まで。
名無しさん : 2019/10/28 12:13:43
暗黒時代を支えた功労者だったな。
名無しさん : 2019/10/28 17:39:51
アメトーークでのネタで
AKBの誰が好きという話をしていて前田、大島、篠田と言っていたら
宇治原がカープの話をしているのかと勘違いし、梵と言ってしまったらしい
名無しさん : 2019/10/28 15:05:05
横の美女はどなた?
名無しさん : 2019/10/28 16:27:51
ファン感に来て欲しいな…