<ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

広島エリック・シュールストロム駐米スカウト(49)が優良助っ人を獲得し続けている。今年はカイル・レグナルト投手(30=メッツ3A)とケーシー・ローレンス投手(31=マリナーズ)を入団させた。「いい仕事」の源には、強い広島愛がある。


広島との縁が生まれたのは15歳のとき。地元カリフォルニア州アラメダ代表野球チームの一員として、初来日した。2週間で福岡、名古屋、広島、大阪、東京をホームステイしながら回ったが、最も印象に残ったのが広島だったという。平和公園を歩き、原爆ドームや平和記念資料館を見学した。「1泊しかしていないのに、すごく心を動かされた」と振り返る。

不思議な縁は続く。98年に日本ハム入りした同氏は2年で解雇され、米国で右肩の大手術を受けた。関節唇が破れており、回旋筋腱板(けんばん)に4、5カ所の裂け目が見つかったからだ。肩峰突起という骨の一部も切り取った。「野球をあきらめた。人生が終わった気がした」。バーテンダーとして1年を過ごしたころ、入団テストの誘いを受けた。カープだった。術後はボールをにぎっていなかったが、痛み止めを飲んで臨み、合格した。

2年後に現役を引退した際、もう1度カープに誘われ現職に就いた。日本の球団が駐米スカウトを置くことは、米球界で認知されていない時代。仕事は困難を極めたが、遮二無二働いた。その働きを、カープが敬意を持って認めてくれることが支えだった。引退直後に結婚した広島出身で日本人の妻にも助けられた。そして16年が過ぎ、球界NO・1の国際スカウトといわれるようになった。

シュールストロム氏はカープについて、こう話す。「広島の一員でいることはとてもうれしい。松田オーナーも、松田オーナー代行も、鈴木常務も広島の街も、チームも大好きだ。広島は私の人生そのものなんだ。広島や妻のおかげでこうしていられる。他のチームで働くつもりはまったくない」。

かつてドジャースの殿堂入り監督トミー・ラソーダ氏は「I bleed Dodger blue(私にはドジャー・ブルーの血が流れている)」と語った。その話を聞いたとき、チーム愛を表すのに、こんなにおしゃれで激しい表現があるのかと思ったものだ。そうすると、こうも言えるはずだ。シュールストロム氏には、間違いなくカープ・レッドの血が流れている。【広島担当=村野森】


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-02280269-nksports-base
名無しさん : 2019/03/03 10:26:13
「金の上積みがあれば人を動かせる」
が当然と思われてるプロの世界で、

金の多さだけでは人を動かせないこともあることを
黒田博樹氏とシュールストロム氏が教えてくれた。
名無しさん : 2019/03/03 11:28:35
何年か前に「うさぎ」がお金を積んでヘッドハンティングをやったが、見事失敗
今のカープの助っ人を支えてると言って良い人物。
選手を見る目も確かだと思うが、人柄を見抜く力も相当の物だと思う
これからもカープの為に頑張ってくれたらありがたい
名無しさん : 2019/03/03 10:14:14
カープにとって必要不可欠すぎる存在。

いつもありがとうございます!
この頼れるスカウトにカープは本当に支えられている。
名無しさん : 2019/03/03 10:10:47
メジャー通算何本とか韓国台湾リーグでこれだけの成績残したから獲得って球団はスカウト置く必要ないと思う。やっぱり日本の野球を経験した外国人選手は隠れた才能や適応を見つける目が肥えてるよな
名無しさん : 2019/03/03 10:24:22
数年前に、巨人が大金を出してこのスカウトを誘ったのは有名な話し。しかし、彼は断った。
奥さんも偉い。
名無しさん : 2019/03/03 10:26:57
この人が、讀賣から金をちらつかされて、誘われたが断ったというのは、カープファンの間では有名な話。

黒田博樹氏の例を出すまでもなく、人間みなが金になびくと思ったら大間違い。
名無しさん : 2019/03/03 18:10:32
丸は残念だ。そうではなかった。
名無しさん : 2019/03/03 18:34:32
そおゆうこと(^^)
名無しさん : 2019/03/03 10:43:59
カープでは活躍できなかったけど、ブレイシアが大リーグ・レッドソックスで大活躍したのを見て、シュールストロムの選手を見る目がいかに正しいかを前田健太が高く評価してたな。
名無しさん : 2019/03/03 10:45:34
奥様は広島の方だったのですね。なんて心強いんでしょう。
いつまでも広島幸せなご縁が続きますように。
名無しさん : 2019/03/03 11:44:32
プロである以上やはり金が評価という人もいるが、「カープが敬意を持って認めてくれることが支えだった」とあるように、それ以外があるのも又事実。
球団としてマネーゲームが出来ない分、やはり敬意、誠意は大事だと思う。
名無しさん : 2019/03/03 10:12:02
カープ3連覇の立役者
名無しさん : 2019/03/03 11:10:00
カープって、やっぱり和ですね。外国人選手でも、和に適した性格を選んでいるんでしょうね。外国人選手も、カープを愛しているのが伝わってきますよね。良いことです!
名無しさん : 2019/03/03 11:24:54
お金のある球団は、スカウトさえ、自分の所に引き抜こうとするけど、真心を持って接していれば、裏切られないのだなあ!
大昔だけど、元広島の監督が、スカウトごと他球団に移籍して、ビックリして、ガッカリして、見損なったと腹が立ったことがあったなあ!
名無しさん : 2019/03/03 10:53:24
シュールも、スカウトした選手と一緒にビールかけ参加させてあげたい。喜びもひとしおだろう。
名無しさん : 2019/03/03 10:26:48
懐かしい名前だね、シュールストロム。

確か現役時代中継ぎや抑えで活躍していた覚えがある。

選手の時よりも今の方が大活躍しているよ(*^◯^*)
名無しさん : 2019/03/03 14:11:12
シュールストロム氏には感謝しかない。
他球団から引き抜きの声があってもその誘惑に乗らないでいてくれた。
彼が見つけてくれる優良助っ人は優勝の大きな原動力です。
名無しさん : 2019/03/03 10:14:03
安心安全のシュール便、今年もよろしくお願いします(*^▽^*)
名無しさん : 2019/03/03 11:33:10
真偽のほどは未確認ですが。。。

かつてボヤキのノムさんが、補強ポイントとしてだれが欲しいかと問われた際に、「カープの在外スカウト」と答えたとかなんとか。。(^^;)
名無しさん : 2019/03/03 11:38:21
広島東洋球団はオーナーが不変で、会社の方針がコロコロ変わらない。働きやすい球団だと思う。エルドレッドにも引退したらこのポストで働いてほしい。
他の球団はサラリーマンの経営だし職員もサラリーマン、雇われオーナーが変わったらコロリと風向きが変わる、張り切りすぎて前任の方針を壊したがる。
名無しさん : 2019/03/03 14:33:21
毎年毎年いい選手をありがとうございます。
名無しさん : 2019/03/03 11:45:30
シュールまで奪おうとした巨人!
ほんま腐っとるわ
名無しさん : 2019/03/03 10:27:05
気持ちが日本人だよ、、。
名無しさん : 2019/03/03 11:08:41
アレとは違って銭に心を動かされない漢
名無しさん : 2019/03/03 11:20:22
心震える最高のエピソード!