◇球団トップに聞く!広島・鈴木清明球団本部長(上)

 昨季25年ぶりのリーグ優勝に沸いた広島。その立役者となった黒田、新井の復帰に尽力したのが鈴木清明球団本部長(62)だ。12球団による実行委員会メンバーとしても最古参の15年目。歓喜の舞台裏、黒田引退後のビジョン、球界が抱える懸案などについて、率直な思いを語った。

 黒田博樹と新井貴浩。14年オフに古巣へ戻ってきた2人の存在と活躍を抜きにして、悲願だった昨季の25年ぶりリーグ優勝は語れない。前者は引退の花道を飾り、後者はセ・リーグ最優秀選手(MVP)を受賞。その復帰に尽力した鈴木本部長は、彼らの影響力を「想定外」としながら感慨に浸った。

 「ここまでうまくいくとは思わなかった。ベテランがあれだけ練習し、歩み寄るから、若い選手も彼らに近寄り、付いて行く。2人の仲がいいから全体が一つになり、いいチームになったよね」

 77年、東洋工業(マツダ)に入社。松田元(はじめ)オーナーも当時は同じ部署に勤務し、遊び仲間だったという。その縁で83年に広島東洋カープへ。故松田耕平前オーナーの方針で、グッズ販売などの拠点施設・カルピオ(カープベースボールギャラリー)を新規に立ち上げ、初代店長を務めた。

 並行して、入団間もない緒方監督らを引率し、米国での野球留学に2年間付き添ったことも。帰国すると、開校目前のカープアカデミーで工事の遅延が判明。ドミニカ共和国へ急きょ飛び「芝生を植えたり、現場監督のようなこともやった」と笑う。90年秋のことだ。

 「何でこんなことを…と思うこともあった。でも、不思議なもんよね。こうなれば、当時の経験はよかった…と思う」

 リーグ優勝の陰の立役者だ。ヤンキースからFAとなっていた黒田、阪神を自由契約となった新井との交渉役。とりわけ、黒田には10年オフからラブコールを送り続け、与えられた権限の中で最大限の誠意を示してきた。彼らの存在は若いチームを活性化させ、ファンの共感も呼んだ。そこに球団の努力やチームの快進撃も重なり、昨季主催試合の入場者数は過去最高の215万7331人を記録。フロント冥利(みょうり)に尽きる結果ではないか。

 「そこまではないよ。30代のレギュラーがどうしても欲しかったけど、俺が仕組んで道をつくったわけじゃないし、説得したわけでもない。あくまで接点。2人が帰るちょうどいいタイミングだったということ」

 セ界の頂点へと押し上げたベテランと若さの融合。鈴木球団本部長は笑って首を横に振るが、繁栄への道筋をつけたのは間違いない。 (江尾 卓也)

 ◆鈴木 清明(すずき・きよあき)1954年(昭29)3月6日、広島県呉市生まれの62歳。修道高から慶大に進み、77年東洋工業(マツダ)に入社。83年に広島東洋カープに転職し、商品販売部長、球団部長などを歴任。取締役球団副本部長となった03年から12球団の実行委員会に参加し、球界再編など諸問題の解決に当たる。05年から常務取締役球団本部長。


引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000070-spnannex-base
名無しさん : 2017/01/10 11:43:36
黄金期を迎えるかどうかは今年が正念場!

球春が楽しみでもあり不安でもある。

名無しさん : 2017/01/10 11:39:57
強いチームのフロントには必ずこういう人物がいる。
名無しさん : 2017/01/10 15:37:40
現場からのたたき上げだと分かる経歴ですね。
名無しさん : 2017/01/10 12:02:38
今年真価が問われますね。
名無しさん : 2017/01/10 12:26:02
この人無くして今のカープはないって位、影で尽力して支えてくれた人だと思う。
こういう人がフロントにいるのがカープの強みです。
名無しさん : 2017/01/10 15:15:39
今シーズン、結果が出ても出なくても、二軍のコーチ人事にもっと力を入れてほしい。
つい最近まで交流戦に勝てないひとつは、カープのスコアラーが少ないことがあると言われていたがどうだったのかな。
カープ独自の考え方や取り組みで勝ち取った優勝だけど、一回きりで、また二十年以上勝てないではかなわない。
ここまで増えた観客数を維持をして、今の球団経営の状態をしていくには、さらに強いチームと
名無しさん : 2017/01/10 12:15:13
セリーグの中では広島のフロントが一番しっかりしてる
補強もうまいしね特に外国人
名無しさん : 2017/01/10 12:52:23
今年は真価が問われる年だね。
名無しさん : 2017/01/10 12:03:35
黒田の復帰は球団経営上ある程度は計算できただろうし戦力的には相乗効果を含め

いい影響があると踏んでいたと思うが、新井さんの活躍は想定外だったように思う

ただ両者とも練習を厭わず妥協しない姿勢だけは共通しているのは確かだろう

若手の多い広島にあってこれ程の生きた見本はなかったろうとつくづく思う。
名無しさん : 2017/01/10 12:01:52
黒田、新井の財産を若手がどれだけ吸収して何年後まで優勝争いができるのかが大切。
名無しさん : 2017/01/10 14:38:14
ベテラン二人のおかげもそうだけど、石原も大きかった。
名無しさん : 2017/01/10 12:29:01
色んな経験をした方が引き出しも増えるし後々役に立つ
名無しさん : 2017/01/10 15:26:57
新井の存在も大きいが、石原の存在を忘れないで欲しいわ。石原がいなかったら間違いなく去年の優勝はなかったはず。
名無しさん : 2017/01/10 12:07:28
鈴木本部長も松田オーナーも暗黒時代は、批判の対象になっていましたが、心底カープの事を愛している。今年真価が問われるので優勝出来るチームづくりに励んで下さい。
名無しさん : 2017/01/10 14:19:04
本部長は批判の対象にはなってなかったと思うよ。年俸を抑えて選手を納得させる凄いやり手のイメージ。
名無しさん : 2017/01/10 18:55:34
確かに本部長は批判の対象にはなってなかったな。オーナーはドケチだのなんだの散々言われてたが、この人に関しては交渉力凄いとか、本部長出てきたから負けとかだったな
名無しさん : 2017/01/10 17:45:40
毎年優勝争いできるチームに仕上げるには、この方の手腕にかかっている
名無しさん : 2017/01/10 12:04:57
スター選手が起爆剤になってチームが変わることもあると言う事をカープ球団も思い知らされたんじゃないかな。次のスター選手は柳田だろう。5億でも6億でも獲得に動くべき、地元出身で本人もカープに対しての思い入れもある、条件としては申し分ない。
名無しさん : 2017/01/10 12:00:27
サラリーマンとしてこのような憧れの仕事ができるのは羨ましい。GM、編成の仕事は選手あがりよりも、数字(経営)と選手、監督、スカウト等の声に耳を傾けることのできる、鈴木さんのような方がベスト。
名無しさん : 2017/01/10 12:27:23
本当ならその30代のレギュラーは
栗原や廣瀬や梵や東出がなってるはずだったんだよな
梵、まだ間に合うからなんとかせい!
名無しさん : 2017/01/10 15:18:35
2年前新井が復帰に躊躇してた際、復帰を促すのに『出ていく時は言うことを聞かなかったんだから今回は言うことを聞け』とこの人が言ったとか。
名言だねえ
名無しさん : 2017/01/10 12:32:07
マエケンが抜けた穴を埋めようとして、選手が一致団結したことも大きかったのでは。今年も黒田が抜けた穴を埋めるため、昨年同様に組織としての力が試されると思う。