広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    アドゥワ誠

     「広島5-4ヤクルト」(21日、マツダスタジアム)

     感慨ひとしおだ。広島の遠藤淳志投手(20)が八回から登板し、1回を1安打無失点に抑えて念願のプロ初勝利を挙げた。今季26試合目の登板で、防御率2点台をキープする2年目右腕が2位浮上を導いた。逆転のリーグ4連覇をかけた残り27試合。全力で腕を振り続ける。

     待望の時を迎えた。右手に記念球を持ちながら、緒方監督と笑顔でフラッシュを浴びる。高卒2年目の遠藤が登板26試合目でプロ初勝利。「素直にうれしいです。本当にここに立てて幸せです」。初のお立ち台で、喜びをかみしめた。

     同点の八回に登板。先頭の山田哲を146キロ直球で一飛、バレンティンを遊ゴロ。雄平には左前打を浴びたが、最後は村上を右飛に仕留めて1回1安打無失点。「期待に応えられるような投球ができて良かった」。勝負どころでの登板で役割を果たし、白星が巡ってきた。

     6月7日のプロ初登板から10試合連続無失点もあったが、夏場は疲労もたまり「ふがいない投球が多々あった」と反省する。それでも、2年目ながらここまで貢献する姿は頼もしい。指揮官も「初勝利と聞いてびっくりした。チームに貢献してくれているから」と称賛。今後についても「そういうところ(勝ち継投)で投げてもらいたい」と期待を寄せた。

     転機は霞ケ浦高2年秋だった。新体制スタートの前日に不注意で右手を負傷。高橋祐二監督から「お前がチームを背負っていくんじゃないのか?」と猛ゲキを受け、ハッとした。試合で投げさせてもらえず、ひたすら走り続けたこともあった。自覚が備わり、練習からチームをけん引してプロへの道をこじ開けた。

     大投手の言葉も力になった。今年の日南春季2軍キャンプに、日米通算201勝を挙げた野茂英雄氏が訪れた。その日はシート打撃の登板日。「いい真っすぐを投げるね」と褒められると、プロ入り後に習得したチェンジアップも「もう少し深く握ると落ちやすいよ」との助言を受け、自在に操るための参考になった。

     チームは4カードぶりの勝ち越しで、2位に浮上。遠藤は記念球を茨城県に住む両親に贈るといい「ここまで育ててくれてありがとうございます」と感謝した。「やっと初勝利できたので、ここから波に乗っていければいい」。新たな一歩を踏み出した20歳が、サクセスストーリーを歩んでいく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190822-00000030-dal-base

     リーグ3連覇中の3位広島が、14日の首位巨人との直接対決で敗れ、ついに自力優勝の可能性が消滅した。

     初戦は14残塁で1点及ばず。前日は延長十一回にサヨナラ勝ちを収めたものの、この日は先発・野村が1―1の七回に2点を失い、力尽きた。緒方孝市監督(50)は「一戦一戦、勝ちという結果をつなげていけば(自力Vの可能性が)復活するだろうし」と前を向いたが、巨人と1勝2敗に終わり、ゲーム差は4.5に広がった。

    「ペナントを占う重要な3連戦と注目していましたが、3.5ゲーム差で首位巨人を追う広島の初戦の先発がアドゥワだったのには驚きました」

     とは、巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)。

     実際、アドゥワは前回登板のDeNA戦で勝利投手になったものの、いきなり3失点した試合を味方打線にひっくり返してもらったもの。7月は先発で6、4、5と大量失点を繰り返し、中継ぎに配置転換となっていた。

    「緒方監督に言わせれば、先発ローテの順番通りということなんでしょうが、大事な直接対決の初戦。ローテをずらしてでもエース大瀬良を突っ込むなどの策は考えなかったのか。巨人は離脱していたリーグトップの11勝を挙げる山口を初戦で復帰させ、3戦目は中5日で菅野も投げさせた。追う広島じゃなく、首位巨人の方が臨戦態勢なのは疑問。案の定、アドゥワは初回にいきなり4失点(4回4安打4四死球6失点でKO)、広島打線の追い上げも1点届かなかった。昨年まではチームに一体感があって、終盤の逆転勝ちがお家芸だったが、今年はそういう雰囲気がありませんね」(高橋氏)

     先月、緒方監督が6月30日のDeNA戦で緩慢な走塁をした野間を試合後に平手で複数回たたいたことが発覚。球団が緒方監督を厳重注意したと発表した。前出の高橋氏が指摘する「一体感がない」のは、この一件とも無関係ではないだろう。広島のさるチーム関係者がこう言う。

    「野間のプレーは確かにボーンヘッドだけど、今の時代、プロの選手に手を上げておいて、厳重注意っておかしくないですか? 暴力事件が表沙汰になる前にオーナーが来季の続投をほのめかしたけど、おとがめがないのは監督が今季限りだから。さすがに続投はないとチーム内では受け止められています」

     広島では5年で監督が交代することが多い。緒方監督はちょうど5年目。自力Vが消え、野村謙二郎前監督や佐々岡現一軍投手コーチといった次期監督人事が水面下で始まりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000032-nkgendai-base

    ■広島 8-4 DeNA(6日・マツダスタジアム)

     広島は6日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦を8-4で勝利した。先発のアドゥワが7回3失点の好投で3勝目。打線は小刻みに得点を重ねて13安打8得点と機能した。原爆の日の地元開催試合で勝利し、緒方監督は「広島にとって特別な日の試合を勝ちゲームで締められて、ナイスゲーム」と勝利を噛み締めた。


     アドゥワは2回に味方の失策で3失点したが、自責点は0。3回以降は走者を出しても要所を締める投球で、連打を許さなかった。緒方監督は「エラーの失点はあったが、1回飛ばして久しぶりの先発でしっかり投げてくれた」と先発の好投を勝因の第一に挙げた。

     続いて間髪入れず「今日は何よりキク(菊池涼)でしょう。最近のマツダスタジアムの試合では、毎試合のようにビッグプレーをやってくれる。抜けていたら流れがどうなるかわからない試合展開で、あのプレーで勝ちきることができた」と、7回2死一、三塁の場面で宮崎の二遊間の当たりをダイビンキャッチで処理したプレーを絶賛。「ホームランも打ったし、攻守でナイスプレーだった」と頼もしそうに話した。

     2位DeNAとの直接対決に先勝してその差は0.5ゲーム、敗れた首位巨人とのゲーム差も1まで迫った。5カード連続勝ち越し中のチームは、昨年までのような逆転勝ちや劇的な試合が増えている。それでも指揮官は「紙一重だけどね。どちらに転んでも仕方ないような試合内容ばかり」と苦笑いし、「エラーも多いし、そのあたりはしっかり締めて、また明日からやっていきたい」と最後は気を引き締めていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190806-00491021-fullcount-base

     ◇セ・リーグ 広島8―4DeNA(2019年8月6日 マツダ)

     大逆転でのセ・リーグ4連覇を目指す3位・広島が2位・DeNAとの直接対決に8―4で逆転勝ちを収め、2連勝で貯金6。この日敗れた首位・巨人に1差、DeNAに0・5差へと詰め寄り、1ゲーム差に上位3チームがひしめく空前の大混戦となった。

     松山の2点適時失策もあって2回に3点先制を許した広島だったが、その裏にドラフト1位ルーキー小園の左前適時打で1点を返すと、3回にも松山の右前適時打で1点を返して2―3と1点差。そして迎えた4回、2死走者なしから先発投手・アドゥワの全力疾走が実ってリプレー検証で判定が覆る三塁への内野安打となると、続く西川が左翼スタンドへ11号2ランを放って逆転。5回にもリクエスト成功で鈴木の二ゴロが内野安打に覆った直後に会沢と小園に2本の適時打が出てリードを3点に広げた。

     さらに6回には菊池涼にも左越え9号ソロが飛び出した広島は、投げてはアドゥワが7回6安打3失点(自責0)の好投。7回の守りでは1死一、三塁のピンチを迎えたが、神里を三振に仕留めた後で宮崎の中前に抜けそうな打球を二塁・菊池涼のスーパープレーで打ち取って無失点で切り抜け、5月19日以来79日ぶりとなる今季3勝目(4敗)を挙げた。なお、広島の16試合連続本塁打は昨年の8~9月に並ぶ球団2位タイ記録となっている。

     DeNAは2回にロペス、戸柱、石川の3連打に敵失が絡んで2点を先制すると、さらに先発投手・上茶谷にも4連打目となる中前適時打が出て3点を先取。だが、上茶谷が5回途中9安打6失点で降板し、打線もアドゥワを攻略し切れなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190806-00000188-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島―DeNA(2019年8月6日 マツダ)

     広島の山田和利内野守備走塁コーチ(54)が体をめいっぱい使ったジェスチャーで2イニング連続のリクエスト成功を演出。1・5ゲーム差で追う2位・DeNA戦での逆転劇にひと役買った。

     2回に3点先取を許し、2回に1点、3回に1点とじわじわ追い上げ、2―3で迎えた4回の攻撃。2死からアドゥワが放った打球は三塁へ転がった。

     投手も関わらず、アドゥワは一塁ベースへ全力疾走。塁審はアウトの判定も一塁コーチャーを務める山田コーチが大きなジェスチャーでセーフをアピール。すかさず緒方監督がリクエストすると、審判団によるリプレー検証の結果、判定が覆ってセーフになった。

     その直後に西川が11号2ランを放って逆転に成功すると、5回には1死から鈴木の二ゴロ判定にも山田コーチは大きなジェスチャーでセーフを猛アピール。これも緒方監督によるリクエストの結果、判定が覆ると、続く松山が四球を選んで一、二塁とチャンスを広げ、会沢の中前適時打で5―3と2点差に。さらに小園が2回に続いてこの試合2本目の適時打となる中前打を放って6―3と3点リードを奪った。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190806-00000176-spnannex-base

     広島は5日、マツダスタジアムで投手指名練習を行った。6日からDeNAと3連戦。アドゥワ、ジョンソン、野村が先発予定だ。

     9連戦の初戦に先発するアドゥワはDeNA打線に対して「前回やられているので、やり返したい。先発の役割を果たしたい」と気合。6日は「ピースナイター」でもある。熊本出身の右腕は「原爆のことは知っていたし、こうして野球をできているのは当たり前じゃない。しっかり投げたいです」と話した。

     野村は気温35度での練習に「暑いですね」と苦笑いも「昨日に比べたら涼しく感じました。夏は好きです」とケロリ。前夜は渋野日向子が初優勝したゴルフ全英女子オープンを前半までテレビ観戦したと言い、「すごかったですね。岡山出身?そうなんですか!?その情報は今知りました」とびっくり。「ゴルフもメンタルとの戦い。ピッチャーに似ている部分もあると思う」と刺激を受けていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190805-00000086-dal-base

    広島が3年ぶりに「原爆の日」の6日に本拠地マツダスタジアムで試合が開催される。

    先発するアドゥワは「野球ができることが当たり前じゃない。ありがたさを感じながら投げたい」と表情を引き締めた。



    相手は1・5ゲーム差で追う2位DeNA。前回対戦の7月16日は6回4失点だっただけに「やられているのでやり返したい」とリベンジを誓った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190805-08050752-nksports-base

     7月10日に支配下契約を結んだ広島・モンティージャが30日からの巨人3連戦で初先発する見込みとなったことが28日、分かった。

     モンティージャはウエスタンでここまで10試合に登板して2勝3敗、防御率2・13の成績を残している。

     23日の中日戦に先発したアドゥワが25日から4試合連続でブルペン待機しており、ドミニカンにG倒へのマウンドが託されることになりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190728-00000127-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島6―5中日(2019年7月23日 マツダ)

     首位・巨人をホームで3タテして単独3位浮上と波に乗る広島が、中日相手に4点差をひっくり返して6―5で延長10回サヨナラ勝ち。今季5度目の4連勝でまたも自力V消滅を回避した。広島のサヨナラ勝ちは2試合連続、両リーグ最多の今季8度目。中日は4連敗となった。


     4点ビハインドから8回に1点を返した広島は2―5と3点差で迎えた9回、1死から代打・三好が中前打で出塁し、2死二塁としてから菊池涼の左前適時打で2点差。ここで打席に入ったのは3回に先制の22号ソロを放っているバティスタだった。するとカウント2―2からの5球目をバックスクリーン左へ叩き込む起死回生の同点23号2ラン。今季15度目の延長戦へと持ち込んだ。

     10回の1死二、三塁のピンチを無失点でしのいだ広島はその裏、先頭・安部が中日6番手・祖父江から左翼スタンドへサヨナラ弾を放って決着をつけた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000219-spnannex-base

    このページのトップヘ