広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    アドゥワ誠

    今シーズンのペナントレースは一軍人数、そしてベンチ入り人数が増枠されている。例年よりも連戦が多いこともあり、ベテラン勢を中心とした主力選手たちが積極的休養という形で、スタメンから外れるケースも多い。そんな状況も相まって、各球団が若手選手たちを一軍で起用する機会は増えている。

    262376-2362-1-2442-pcg

    そこで各球団の若手、とくに高卒4年目(2016年ドラフト以降)までの選手たちがどのような活躍を見せているか振り返ってみたい。  広島の高卒4年目までの選手を見ると、野手では坂倉 将吾(日大三/2016年4位)の活躍が目立つ。ここまで23試合に出場。すでに昨シーズンの安打数(14本)を超える18安打を記録。打率.346(52打数18安打)と打撃面で結果を残し、スタメンでの起用も増えてきた。現在は会沢 翼との併用が続くが、徐々に出番を増やしつつレギュラー奪取となる可能性もありそうだ。  その他では羽月 隆太郎神村学園/2018年7位)が頭角を現しつつある。8月7日に一軍に登録されると、いきなり「2番・二塁」で出場し2安打をマーク。その後もスタメンで起用されており、期待値の高さをうかがわせてくれる。中村 奨成(広陵/2017年1位)も3年目で初の一軍出場を果たした。まだ守備にはついておらず、代打での出場だけだが、大きな経験にはなったことだろう。  昨シーズン結果を残した小園 海斗(報徳学園/2018年1位)は、ここまで一軍出場がない。二軍でも目立つような成績を残すことが出ておらず、少し心配だ。  投手陣では遠藤 淳志(霞ヶ浦/2017年5位)が先発ローテーション入りを果たした。8月2日の巨人戦ではプロ初完投勝利をマーク。その後も安定した投球を続けているのは心強い。高卒3年目で先発は初めてということを考えると、今年はシーズンを通した働きができれば十分だろう。


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/5f04cc6b7c01e93280c005b6dee90e7a06564465

    広島のD・ジョンソンと中田廉が2軍降格となった。 練習試合の中止を受け、12日ソフトバンク戦から公式戦を想定して戦うと明言していた佐々岡監督は「最後の最後まで確定じゃない。いつでも入れ替えはできる」とメンバー絞り込み期間の延長を示唆。先発6番手も遠藤が12日2軍戦で先発し、薮田が1軍の中継ぎに回るなどまだ確定していない。


    20200610-00000048-asahi-000-7-view




    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/9a55ba6bc3c71f878412be0a53555025cb86c469

    CWknzjQUYAErCqq

     広島のアドゥワ誠投手(21)が7日、オリックス・山本由伸投手(21)のストレッチ法を導入しての投球フォームの可動域拡大と、背中の柔軟性を高めての球威向上を誓った。この日は廿日市の大野練習場で2軍寮生組の練習に参加し、ブルペンに入った。開幕延期を有効活用し、1軍昇格を目指す。

     柔も剛も兼ね備え、アドゥワがさらなる高みを目指す。4月上旬頃からオリックス・山本のストレッチ法を導入したことを明かした右腕。チームメートの高橋昂が取り組んで好感触を得ていることから、「自分も体が硬いから始めようと思った」と背景を語った。

     山本は昨年、最優秀防御率のタイトルを獲得した高卒4年目の同級生。150キロ超の速球を武器にプレミア12日本代表に選出されるなど、目覚ましい活躍を見せた。面識はないものの、アドゥワにとって大きな刺激となっており、学ぶ点は多い。

     ユーチューブやSNSで配信されている動画を参考に、見よう見まねでストレッチを行っている。ブリッジの体勢から回旋する動きや、逆立ちしながら足を前後させる動きなどさまざまな“由伸体操”に挑戦している。

     投球フォームの可動域拡大や、背中の柔軟性を高める効果が期待でき、体にしなりが生まれることで球威向上につながる。「柔らかくすることで負荷も減って、けがのリスクも減ると思います」と手応えを感じている。

     春季キャンプ中は開幕ローテの一角を争っていたが、2月24日の巨人とのオープン戦では、3回6安打3失点と結果を残せなかった。その後は登板機会に恵まれず、ローテ争いから脱落。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が不透明な状況。自身の投球を見つめ直すという意味では、この延期期間をプラスに捉えることができる。

     現在は、直球の精度アップとキレを磨くことに熱を入れている。「真っすぐの精度を上げるように投げている。試合がないので、試す期間だと思う。いろいろやっていきたい」と意欲を示した。

     この日は2軍寮生組の練習に参加し、体幹トレーニングやブルペンで投げ込むなど精力的に汗を流した。今季4年目を迎える背番号48。自身の課題と向き合いながら2軍でアピールを続け、1軍昇格に向けて研さんを積んでいく。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200508-00000021-dal-base

     高校球児にとって人気コンテンツ「選手名鑑」。今でも現場にいくとこの選手名鑑に掲載されたいという声が多く聞かれます。

     改めてこの選手名鑑をランキングすると、どの選手が上位に入ったのか?2015年1月1日~2020年4月30日を集計期間として、ランキング化しました。

     かなりの激戦ランキングに!今回はベスト50を紹介していきます。


    50位~31位

    50位 村上 宗隆(九州学院-東京ヤクルト)
     高卒2年目で36本塁打を放ち、今ではプロ野球ファン期待のスラッガーへ成長しました。悔いがあるとすれば、高校時代にもっと踏み込んで取り上げるべきだったと痛感しています。

    49位 峯村 貴希(木更津総合-日本大)
     1年春からレギュラーで出場し、3度の甲子園出場を経験。2017年度の千葉県を代表する大型遊撃手として活躍しました。

    48位 森 敬斗(桐蔭学園-横浜DeNA)
     2年秋の関東大会では大活躍を見せ、優勝に貢献。ドラフトが近づくにつれて日増しに注目度がアップし、ドラフト1位になった瞬間、注目度が大爆発。49位にランクイン!

    47位 鈴木 昭汰(常総学院-法政大)
     侍U-15代表を経験したクレバー型左腕。2016年の春夏ではエースとして活躍し、2016年度の茨城ナンバーワン左腕でした。

    46位  清水 大成(履正社-早稲田大)
     昨夏甲子園優勝の履正社のエース。大活躍を見せた2年秋の近畿大会。そして甲子園で活躍しつづけ注目度はあがっていきました。




    引用元  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200506-00010008-hbnippon-base

    ◆ 闘病中の北別府氏は球団最後の20勝投手

     現役を引退したプロ野球OBたちが生の声を発信する機会が増え、それがいまでは普通のことになってきたように感じる。「YouTube」「Twitter」「Instagram」など様々な手法があるなかで、広島のレジェンドである北別府学氏は、ブログで情報発信を行っている。


     その北別府氏のブログは2011年8月に開設され、今年で10年目に突入した。更新頻度も非常に多く、4月に入ってからもほぼ毎日のように投稿を行っている。すでに公表している白血病の闘病についてだけでなく、家族の近況や野球界のことまで、扱う内容は幅広い。


     そんな北別府氏は、1975年のドラフト1位で指名を受け広島に入団。3年目に10勝をマークすると、そこから11年連続で2ケタ勝利を達成している。

     1982年の活躍はとくに素晴らしく、チームは59勝58敗13分でセ・リーグ4位と奮わなかったが、チームの3分の1以上の勝ち星となる20勝をマーク。防御率2.43の成績で、沢村賞、最優秀投手、最多勝、ベストナインのタイトルを獲得し、球界を代表する選手として認知された。

     この1982年は、北別府にとってのベストシーズンでもある。リーグ最多の267.1回を投げ、WHIP(1回に何人の走者を出すかを表した指標)は「1.00」とキャリア最高の数字だった。


     その他にも、タイトルとは関係ないが「11連勝」「7連続完投勝利」「月間5完投勝利」をこの年に記録。これらは現在でも破られていない球団記録でもある。また、この年の北別府氏を最後に、広島から20勝投手は誕生していない。

     その後も昭和後期から平成初期の広島を引っ張り、1994年の現役引退までに「213」の白星を積み上げた大エースだった。


    ◆ 佐々岡監督が期待する候補生たち

     北別府氏の引退以降、広島における高卒のエースクラスは前田健太(現ツインズ)しか育っていないという実情がある。

     黒田博樹氏、野村祐輔、大瀬良大地とチームを支えてきたタイトルホルダーたちは、いずれもドラフトで上位指名された大卒の即戦力選手。現在のローテーション候補を見ても、大瀬良にジョンソン、床田寛樹や野村祐輔、昨年のドラフト1位である森下暢仁も、名前が挙がる日本人投手はいずれも大卒の投手だ。


     そんななか、佐々岡真司新監督が目をかけているのが、山口翔や遠藤淳志といった高卒の投手たち。春季キャンプでも期待しているからこその苦言、そして注文が多かった。

     山口と遠藤はともに2017年のドラフトで指名されており、今シーズンが高卒3年目となる。北別府氏が初めて2ケタ勝利を記録し、前田が初めて規定投球回に到達したのも高卒3年目だった。

     遠藤や山口もキッカケさえつかむことができれば、ブレイクするポテンシャルは十分に秘めている。遠藤はストレートとカーブのコンビネーション、一方の山口は150キロを超えるストレートが大きな武器。磨けば光る素材であることは疑いようのない事実だ。

     このふたりが、北別府氏や前田に続く高卒のエース格へ成長することで、先発ローテーションがより強固なものとなり、チームの底上げになることは間違いない。

     佐々岡監督が投手コーチ時代から熱心に指導してきた山口と遠藤の飛躍はあるのか――。シーズンの開幕と共に彼らの飛躍にも大きな期待を寄せたいところだ。


    ▼ 北別府学・プロフィール
    ポジション:投手
    投  打:右投右打
    生年月日:1957年7月12日(62歳)
    経歴:都城農高-広島75年・1位)
    [通算成績] 515試(3113回) 213勝141敗5S 防御率3.67
    [主なタイトル・表彰]
    沢村賞2回、最優秀選手1回、ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞1回、最優秀投手2回、最多勝2回、最優秀防御率1回、最高勝率3回
    ★2012年野球殿堂競技者表彰


    ▼ 前田健太・プロフィール
    ポジション:投手
    投  打:右投右打
    生年月日:1988年4月11日(32歳)
    経歴:PL学園高-広島06年・高校1位)
    [NPB通算成績] 218試(1509.2回)97勝67敗 防御率2.39
    [主なタイトル・表彰]
    沢村賞2回、ベストナイン3回、ゴールデングラブ賞5回、最優秀投手1回、最多勝2回、最優秀防御率3回、最多奪三振2回


    ▼ 山口 翔・プロフィール
    ポジション:投手
    投  打:右投右打
    生年月日:1999年4月28日(20歳)
    経歴:熊本工-広島17年・2位)
    [通算成績] 9試合(26回) 1勝3敗0セーブ 防御率4.85


    ▼ 遠藤淳志・プロフィール
    ポジション:投手
    投  打:右投右打
    生年月日:1999年4月8日(21歳)
    経歴:霞ヶ浦高-広島17年・2位)
    [通算成績] 34試合(42.2回) 1勝1敗1セーブ6ホールド、 防御率3.16




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200421-00225707-baseballk-base

     昨年のドラフト会議で阪神が6人の指名の内5名が高校生だったことで話題を呼んだ。将来への強い意志を感じさせる指名であり、3年後、5年後が非常に楽しみになっている。


     そんな阪神以上に高校生を指名し続けているのが広島である。分離ドラフトが終了した2008年から2019年までの12回のドラフトにおいて、なんと8回で高校生の指名が半数以上を占めている。

     昨年も森下 暢仁(大分商-明大/1位)、宇草 孔基(常総学院-法大/2位)と上位2人は大学生だったが、鈴木 寛人(霞ヶ浦/3位)、韮沢 雄也(花咲徳栄/4位)、玉村 昇悟(丹生/6位)と3人の高校生を指名している。これで2016年から4年連続で半数以上が高校生の指名となったが、これは12球団で唯一でもある。

     一般的に高卒でプロ入りした選手は、戦力となるまでに時間を要することが多い。

     しかし、近年獲得した広島の高卒出身選手は早い段階で一軍に上がってきている。投手ではアドゥワ 誠(松山聖陵)や遠藤 淳志(霞ヶ浦)が2年目から戦力となった。

     野手でも鈴木 誠也(二松学舎大附)は3年目で97試合に出場し、4年目で不動のレギュラ-までのし上がっている。2018年ドラフト1位の小園 海斗(報徳学園)も1年目の後半からスタメン出場が増え、58試合に出場している。2年目の今年もレギュラー争いに加わっており、成長が期待されるひとりだ。

     高卒選手を多く獲得し育成しながら、チームを編成していくスタイルがここ10年以上続いているわけだ。大卒や社会人出身の即戦力候補と高卒選手の育成がピタリとはまったとき、2016年から2018年のような3連覇に結びつくのである。

     3連覇中は大瀬良 大地(長崎日大-九州共立大)、野村 祐輔(広陵-明大)、菊池涼介(武蔵工大二-中京学院大中京)、田中 広輔(東海大相模―JR東日本)といった大卒や社会人出身の選手たちが躍動。丸 佳浩(千葉経大附)に鈴木ら高卒の選手たちもタイミングよく開花した。まさに育成と補強がうまくいった最たる例だろう。

     しかし、歯車が狂ったとたん、いつまでも勝てない悪循環に陥ってしまう可能性も高い。近年獲得した高卒の選手たちが、どれだけ育つかが再び常勝チームとなれるかの鍵となる。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200408-00010008-hbnippon-base

     佐々岡真司新監督を迎えた広島は、ドラフト1位の森下 暢仁が新人らしからぬ投球を見せ好投。開幕は延期となってしまったが、よほどのアクシデントがない限りローテーション入りは確実な状況だ。


     エースの大瀬良 大地、そしてクリス・ジョンソンとともに3本柱となりそうな雰囲気さえ漂っている。野村 祐輔こそ離脱しているものの、先発投手3人がしっかりすれば大崩れは考えにくい。

     残りの枠を次世代を担ってもらいたい若い投手たちの台頭で、埋めていきたいところだろう。しかし、チャンスを与えられていた高卒の若手投手たちに結果がついてこない。

     佐々岡監督からもっとも期待されていたと言っても過言ではない遠藤 淳志(霞ヶ浦高校)は、オープン戦初登板となった3月11日のDeNA戦で3回を投げ被安打7、与四球4の内容。60球を要し5失点と散々だった。

     1イニングに3本の本塁打を浴びたのは言い逃れができない。ここで好投できれば、ぐっと先発ローテーション入りが近づくところだったが、抜け出すことはできなかった。

     佐々岡監督も「最後まで競争してもらいたい」と発破をかけるようなコメントを残したが、ここで落第させることはなく、今一度の奮起を促している。

     アドゥワ 誠(松山聖陵高校)は2月24日の巨人戦で3回を投げ3失点。被安打6と打ち込まれての失点だった。その後、オープン戦での登板はなく、3月6日の二軍教育リーグで5回無失点と好投。開幕が延期したことで再びチャンスを与えられそうだ。

     山口 翔(熊本工)は春季キャンプ途中の練習試合で打ち込まれ、二軍に降格したためオープン戦での登板はない。二軍の教育リーグでも登板はなく、開幕時点での一軍入りは厳しい状況だ。しかし、佐々岡監督から期待されていたことはたしか。高卒3年目の飛躍に期待がかかる。

     トミージョン手術からの復帰を目指す高橋 昂也(花咲徳栄高校)はリハビリ中。今シーズン中の一軍復帰を目指している。

     故障からの復帰を目指す高橋を含めた4人の先発候補が台頭すれば、将来も含めて投手陣は安定する。近年、広島の投手陣は大瀬良や野村に九里 亜蓮といった大卒投手に外国人選手が中心だ。高卒の投手では前田 健太が長年エースクラスの投球を見せていたが、それ以外にローテーションを守った投手は大竹寛(現巨人)くらい。

     はたして今シーズンアドゥワや遠藤、山口といった高卒の投手たちは飛躍できるだろうか。与えられたチャンスをしっかりとものにしてほしい。

    ○ DeNA 7 - 1 広島 ●
    <3月11日・横浜>

     広島の遠藤淳志投手(20)が11日、DeNAとのオープン戦に先発登板したが、1イニングに3本塁打を浴び3回5失点で降板した。

     立ち上がりから制球に苦しみ、走者を背負う投球が続いた右腕。2回まで何とか無失点で凌いでいたが、3回も安打と四球で無死一、二塁のピンチを招き、4番・佐野に先制となる中越え3ランを浴びた。一死後、6番・梶谷、7番・ロペスにも連続ソロを食らい1イニング3被弾。その後もピンチを招くなど立ち直りの兆しは見られなかった。

     ボール先行で甘くなった真っ直ぐを狙われる悪循環。計5四死球を与えるなど3回までに69球を要し、7安打5失点の内容でマウンドを降りた。

     2年目の昨季は中継ぎで34試合に登板し、1勝1敗1セーブ、防御率3.16をマーク。今季は先発ローテ入りを目指しているが、制球難でアピールに失敗した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200311-00221654-baseballk-base

     「広島春季キャンプ」(26日、沖縄)

     春季キャンプを打ち上げた。この日は薮田和樹投手、矢崎拓也投手、アドゥワ誠投手、ドラフト5位・石原貴規捕手(天理大)は不参加で、2軍がキャンプを張る日南へ移動した。試合への出場機会を増やすのが狙い。

     高ヘッドコーチは「先発候補のピッチャーは長い回を投げてね。今後、入れ替えもあると思うし、まだ(開幕メンバーは)わからないから」と話した。

     また、28日から2軍調整を続けてきた石原慶幸捕手が1軍に合流する見込み。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00000094-dal-base

    このページのトップヘ