広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    アドゥワ誠

    無題

    無題

    bw3966_01_1200x900-1024x768

    hhhf

    _5dd76c65d7f18

    geo20081114440013-p1

    今シーズンのペナントレースは一軍人数、そしてベンチ入り人数が増枠されている。例年よりも連戦が多いこともあり、ベテラン勢を中心とした主力選手たちが積極的休養という形で、スタメンから外れるケースも多い。そんな状況も相まって、各球団が若手選手たちを一軍で起用する機会は増えている。

    262376-2362-1-2442-pcg

    そこで各球団の若手、とくに高卒4年目(2016年ドラフト以降)までの選手たちがどのような活躍を見せているか振り返ってみたい。  広島の高卒4年目までの選手を見ると、野手では坂倉 将吾(日大三/2016年4位)の活躍が目立つ。ここまで23試合に出場。すでに昨シーズンの安打数(14本)を超える18安打を記録。打率.346(52打数18安打)と打撃面で結果を残し、スタメンでの起用も増えてきた。現在は会沢 翼との併用が続くが、徐々に出番を増やしつつレギュラー奪取となる可能性もありそうだ。  その他では羽月 隆太郎神村学園/2018年7位)が頭角を現しつつある。8月7日に一軍に登録されると、いきなり「2番・二塁」で出場し2安打をマーク。その後もスタメンで起用されており、期待値の高さをうかがわせてくれる。中村 奨成(広陵/2017年1位)も3年目で初の一軍出場を果たした。まだ守備にはついておらず、代打での出場だけだが、大きな経験にはなったことだろう。  昨シーズン結果を残した小園 海斗(報徳学園/2018年1位)は、ここまで一軍出場がない。二軍でも目立つような成績を残すことが出ておらず、少し心配だ。  投手陣では遠藤 淳志(霞ヶ浦/2017年5位)が先発ローテーション入りを果たした。8月2日の巨人戦ではプロ初完投勝利をマーク。その後も安定した投球を続けているのは心強い。高卒3年目で先発は初めてということを考えると、今年はシーズンを通した働きができれば十分だろう。


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/5f04cc6b7c01e93280c005b6dee90e7a06564465

    広島のD・ジョンソンと中田廉が2軍降格となった。 練習試合の中止を受け、12日ソフトバンク戦から公式戦を想定して戦うと明言していた佐々岡監督は「最後の最後まで確定じゃない。いつでも入れ替えはできる」とメンバー絞り込み期間の延長を示唆。先発6番手も遠藤が12日2軍戦で先発し、薮田が1軍の中継ぎに回るなどまだ確定していない。


    20200610-00000048-asahi-000-7-view




    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/9a55ba6bc3c71f878412be0a53555025cb86c469

    CWknzjQUYAErCqq

     広島のアドゥワ誠投手(21)が7日、オリックス・山本由伸投手(21)のストレッチ法を導入しての投球フォームの可動域拡大と、背中の柔軟性を高めての球威向上を誓った。この日は廿日市の大野練習場で2軍寮生組の練習に参加し、ブルペンに入った。開幕延期を有効活用し、1軍昇格を目指す。

     柔も剛も兼ね備え、アドゥワがさらなる高みを目指す。4月上旬頃からオリックス・山本のストレッチ法を導入したことを明かした右腕。チームメートの高橋昂が取り組んで好感触を得ていることから、「自分も体が硬いから始めようと思った」と背景を語った。

     山本は昨年、最優秀防御率のタイトルを獲得した高卒4年目の同級生。150キロ超の速球を武器にプレミア12日本代表に選出されるなど、目覚ましい活躍を見せた。面識はないものの、アドゥワにとって大きな刺激となっており、学ぶ点は多い。

     ユーチューブやSNSで配信されている動画を参考に、見よう見まねでストレッチを行っている。ブリッジの体勢から回旋する動きや、逆立ちしながら足を前後させる動きなどさまざまな“由伸体操”に挑戦している。

     投球フォームの可動域拡大や、背中の柔軟性を高める効果が期待でき、体にしなりが生まれることで球威向上につながる。「柔らかくすることで負荷も減って、けがのリスクも減ると思います」と手応えを感じている。

     春季キャンプ中は開幕ローテの一角を争っていたが、2月24日の巨人とのオープン戦では、3回6安打3失点と結果を残せなかった。その後は登板機会に恵まれず、ローテ争いから脱落。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が不透明な状況。自身の投球を見つめ直すという意味では、この延期期間をプラスに捉えることができる。

     現在は、直球の精度アップとキレを磨くことに熱を入れている。「真っすぐの精度を上げるように投げている。試合がないので、試す期間だと思う。いろいろやっていきたい」と意欲を示した。

     この日は2軍寮生組の練習に参加し、体幹トレーニングやブルペンで投げ込むなど精力的に汗を流した。今季4年目を迎える背番号48。自身の課題と向き合いながら2軍でアピールを続け、1軍昇格に向けて研さんを積んでいく。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200508-00000021-dal-base

    このページのトップヘ