広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    アドゥワ誠

    ● ヤクルト 3 - 7 広島 ○
    <20回戦・神宮>

     広島が巨人、ヤクルトとの東京遠征に6連勝し、優勝マジックを「13」とした。

     広島は初回、バティスタの第23号3ランで幸先良く3点を先制すると、3回に菊池涼介の第12号2ラン、バティスタの適時打などで4点を挙げる。7―0の3回に先発・戸田隆矢はバレンティン、雄平に連続適時打を打たれたところで降板。

     3回途中から登板したアドゥワ誠が3回1/3を無失点に抑えると、7回からは一岡竜司、フランスア、中崎翔太のリレーで逃げ切った。

     同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島―ヤクルト戦』で解説を務めた大矢明彦氏は「一人一人が役割を果たして、投手がダメだとスパッと代えて、次の人が仕事を良い形で繋げていきました。前回に戸田が先発した時に、アドゥワが勝ち投手になりましたけど、そういう意味では、ベンチの思惑通りの形になったと思います」と振り返った。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00164315-baseballk-base

     「ヤクルト3-7広島」(2日、神宮球場)

     広島・フランスアが圧巻の投球を見せた。

     4点リードの八回に登板し、山田、バレンティン、雄平のクリーンアップを3者連続三振に斬った。「今日はストレート、スライダー、チェンジアップが良かった」と振り返った。

     この日はランチにステーキを食べたという。「ちょっと疲れているけど、大丈夫」と大好きな肉で疲れを吹き飛ばしたようだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00000139-dal-base

     「ヤクルト3-7広島」(2日、神宮球場)

     広島が今季10度目の同一カード3連勝で今季3度目の6連勝、マジックを13とした。

     初回、バティスタの23号3ランで先制。三回には菊池の12号2ラン、バティスタの適時打などで4点を加えた。

     今季2度目の先発戸田は、三回に制球を乱し3失点で降板。16年7月以来となる白星はお預けとなった。

     三回途中からアドゥワが六回まで無失点。救援陣が踏ん張った。アドゥワが5勝目を挙げた。

     先制3ランを含む3安打4打点のバティスタは「バッターボックスに入ったときに甘い球を狙いました。見事な仕事をしたので感触は良かった」と先制弾を振り返った。続けて「チーム助けるためにバッターボックスに入りました。練習から一生懸命やっているから自分の仕事ができたと思います」と胸を張り、「マジックナンバーを減らしたからすごくいいと思います。地元で優勝を決めたいと思います」と力強く言った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00000120-dal-base

    <広島5-10ヤクルト>◇21日◇マツダスタジアム

     広島は投手陣が計14安打14四死球10失点と乱調だった

     1点リードの9回に1度はゲームセットと思われたが、リクエストによって判定が覆り、ムードが変わった。1点リードの9回2死二塁から代打谷内の三ゴロを守備固めで入った上本が送球前に落球。慌てて三塁に滑り込んだ走者にタッチしてアウト判定となるも、リクエストの結果はセーフ。直後に同点に追いつかれた。

     延長10回に6番手アドゥワがつかまり、5点を失った。マジックは28のまま。

     広島緒方孝市監督は試合後、報道陣の質問は受け付けず「特にないよ。また切り替えて、自分たちの野球をやるだけ」とだけ言い残した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00306542-nksports-base

    ■ヤクルト 10-5 広島(21日・マツダスタジアム)

     広島が痛恨の逆転負けを食らった。21日、本拠地マツダスタジアムでのヤクルト戦。1点リードで迎えた9回に同点に追いつかれると、延長10回にアドゥワがバレンティンにソロ本塁打を浴びて勝ち越されると、畠山にも3ランを浴びた。

     流れがおかしくなったのは、9回だった。1点リードでマウンドには守護神の中崎が。2死二塁まで持ち込んだものの、2死二塁で谷内の三ゴロを上本が弾くエラー。三塁走者にタッチしたとして三塁塁審は一度はアウトの判定を下し、試合終了かと思われたが、リクエストによるリプレー検証の末に判定が覆りセーフに。続く坂口に中前適時打を許し、試合は振り出しに戻った。

     延長10回にマウンドに上がったアドゥワは1死からバレンティンに31号ソロを浴びて勝ち越しを許すと、畠山にも5号3ランを被弾。さらに坂口にも適時打を浴びて、この回大量5失点で試合を決められた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00185832-fullcount-base

     8月19日に行われた横浜DeNA対広島18回戦、今季40試合目の登板となった広島の中継ぎ・アドゥワ誠投手(19)に対し、野球解説者の小田幸平氏が体を気遣う場面があった。

     この日の試合は9対7で横浜DeNAの追い上げをかわした広島が勝利し、マジックを「28」とした。アドゥワの出番が訪れたのは7対2でリードしている5回だった。

     広島2番手・今村をリリーフする形で40試合目のマウンドに上がったアドゥワは、2イニングを投げ無失点。ランナーは出したものの要所を締めて4勝目を手にした。試合後にヒーローインタビューに応じたアドゥワは6回のピンチを振り返り「キクさんのファインプレーに助けられた。残り試合はまだあるので、1戦1戦しっかりと戦っていきたい」と答えた。

     この試合を終えて防御率は2点台(2.96)となり、優勝を目指すチームの貴重な中継ぎとして期待されるアドゥワの今後について、AbemaTVで解説を務めていた小田幸平氏は「体のケアが十分にできているか心配」と言及すると、自身の経験を踏まえて次のように述べた。

     「彼はまだ19歳。自分は21歳で社会人から巨人に入りましたけど、マッサージしてもらいたいなと思っても先輩方がいて、ビタミン剤を飲むふりだけして部屋を出たことも多々ありました。ビタミン剤が欲しいわけではなかったんですが(笑)。桑田さんら先輩がいるのに、自分が、というわけにはいかなかった。19歳で40試合も投げているんで、ちょっと心配になりますね」と、将来有望な若鯉のコンディションを気遣った。

     2年目のアドゥワは今季開幕から1軍で中継ぎを任されている。4月26日の横浜DeNA戦でプロ初ホールドを記録し、この時の「19歳6ヶ月」は球団最年少記録となっている。ナイジェリア出身の父と日本人の母の間に生まれ、母は元バレーボール選手。アドゥワ自身も196cmと恵まれた体格を受け継いでいる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00010006-abema-base

     8月19日に行われた横浜DeNA対広島の18回戦は、9対7で広島が勝利した。初回から4点を先制するなど広島がリードする展開も、今季初先発・戸田を早々に下げ4回から今村に始まる継投。5回から3番手としてマウンドに上がり、2イニングを無失点に抑えたアドゥワ誠投手(19)が勝利投手となった。広島のマジックはこれで「28」。アドゥワのインタビューの内容は以下のとおり。

    ― 最後までどうなるかというゲームでした。どんなお気持ちですか?

     野手の方が打ってくださって、ピッチャーも粘り強く投げていたと思うので、勝ちに繋がったと思います。

    ― まず5回にマウンドに上がりまして、相手はクリーンナップでした。

     1人1人、アウトを取ることだけ考えてました。

    ― 主力の筒香選手を三振に取りましたが、あのボールはいかがでしたか?

     低めにいっていたので、いいボールだったと思います。

    ― 6回のピッチング、ノーアウト二塁・一塁というピンチを招いてしまいましたけども、落ち着いていました。

     キクさんのファインプレーに助けられました。

    ― チームはこれで、3カードぶりの勝ち越しとなりました。

     はい、このまま勝っていきたいと思います。

    ― 昨日、再点灯したマジックを減らすということになります。優勝という大きな目標に、1歩1歩近づいていきますが、いかがですか?

     まだ試合数も多いので、1戦1戦しっかり戦っていきたいと思います。

    ― これからもナイスピッチングを期待しています。

     ありがとうございました!

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00010017-abema-base

    「広島との差は当分、縮まらないかもしれない」 ライバル球団のコーチは、首位を独走する広島についてこう言った。

     7日の中日戦に快勝した広島は、最短で9日にも優勝マジックが点灯する。もはや3連覇を疑う余地はない。ライバル5球団とここまでの大差がつく要因として、このコーチは、「選手層の厚さ」を挙げる。

    「野手の戦力はセで群を抜いている。中心選手の丸、菊池、田中は『89年世代』で28、29歳。主力にケガ人が出ても代わりの選手が穴を埋められる。丸や鈴木がケガをしたときには野間が出てきた。バティスタ、メヒアも助っ人とはいえ、ドミニカ共和国のカープアカデミーで育てた自前の選手。ベンチスタートが多い西川、下水流なんて、他球団ならレギュラーを張れますよ」

    ■足を使える選手が多い

     広島の主力は本拠地はもちろん、遠征先でも若手に交じって早出練習に取り組んでいる。控えや若手は主力に追いつけ追い越せと、必死なのだ。

    「今年の丸をはじめ、今後は主力が次々とFA権を取得する。もし万が一、彼らが移籍することになっても、ある程度は穴を埋められるでしょう。20歳前後の若手有望株がウジャウジャいますから」とは広島OB。

    「大学、社会人選手とは別に、高卒選手をしっかり育てている。2年目右腕のアドゥワはオープン戦の好投が認められて開幕一軍に抜擢され、すでに戦力になっている。先日、プロ初セーブを挙げた3年目左腕の高橋樹や、2年目左腕の高橋昂、捕手の坂倉も1~2年もすれば、一軍の主力になるでしょう。鈴木や中崎などは高卒4年目に急成長を遂げている。広島は二軍で結果を残した選手を必ず一軍で起用する。そこでもし結果が出なくても、二軍で鍛え直す。4~5年をかけて一軍戦力に育てる方針は脈々と続いています」

     別のセ球団の野手コーチはこんな指摘をする。

    「広島は足を使える選手が多い。単純な足の速さはもちろん、走塁に隙がない。技術や意識、意欲が高いのです。ウチを含めて5球団はそこが足りない。たとえば今年のドラフトで、大阪桐蔭の藤原君のような足がある選手を獲得しても、1年目から一軍でバリバリやれる選手は少ない。育成に時間がかかることを考えると、あと3年は広島の優位が続いてもおかしくない」

     巨人などライバル球団の多くは育成に苦慮している。セの「広島王国」はしばらく続きそうだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000023-nkgendai-base

    このページのトップヘ