広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    アドゥワ誠

     広島は10日、秋季キャンプ(11日~)のため参加メンバーが宮崎県日南市に入った。今年のテーマも戦力の底上げだ。昨年はアドゥワがアピールに成功し、今春の1軍キャンプ切符をゲット。そのまま1軍に残りリーグ3連覇に貢献した。今秋、ルーキーでの参加となった山口翔投手(19)もアドゥワに続くと、鼻息は荒い。

     鍛錬の秋は、来年の1軍春季キャンプメンバーの選考も兼ねている。12人が参加する投手陣の最年長は26歳の薮田だ。大半が若鯉。ルーキーの山口は結果を残し1軍切符をつかみ取る決意だ。

     「気合十分で日南にやってきた。今までやってきたことを、この場所でも出したい。真っすぐが持ち味なので、それを見てもらいたいです」

     “アドゥワロード”を目指す。リーグを3連覇した今季は、昨秋キャンプで評価を上げたアドゥワがブルペンを支えた。今年のドラフトで即戦力投手はドラフト2位の島内(九州共立大)のみ。来季へ向け現有戦力の底上げが不可欠になる。

     山口は8月まで強化指定選手。先を見据え、基礎体力の強化やフォーム固めを行った。その後はウエスタンでは5試合に登板。粗削りながら、しなやかな腕の振りから放たれる球は威力十分だ。

     首脳陣はフィールディングを含めた総合力も厳しく見ていく構え。さらに1クールごとに一度、行う実戦形式の練習で投球をチェックする。佐々岡投手コーチは「緊張感がある中で良いものを見せてほしい」と期待した。

     激しいチーム内競争が選手層を厚くしていく。「来春は1軍キャンプに行きたい」。山口は前を見据えて力を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00000036-dal-base

     ぶっちぎりの強さで球団史上初のリーグ3連覇を飾った広島カープ。阪神をはじめとする他球団を寄せ付けなかった強さの秘密はどこにあるのか。デイリースポーツの広島取材班が3連覇を飾った裏側に迫る。

      ◇  ◇

     過去2年に続き、生え抜き選手がずらりと並び、成し遂げた球団史上初の3連覇。ドラフト上位指名のみならず、松山(07年大学生・社会人ドラフト4巡目)や中崎(10年ドラフト6位)、西川(15年同5位)、アドゥワ(16年同5位)ら下位指名選手も表舞台で輝く。その原石たちを発掘した、先見の明を持つスカウト陣の尽力も計り知れない。苑田聡彦スカウト統括部長は「気持ちと体力。うちの練習でうまくなってくれた」と育ったナインを見ながら目を細めた。

     「育成のカープ」の根源は-。ドラフトの基本方針は、野手ならば肩の強さと足の速さを重要視し、投手ならば大学生や社会人は主に即戦力、高校生は3、4年後を見据え高身長など素材重視。高校通算本塁打数などの結果は試合数の違いや球場の大小もあるため参考にはしないが、苑田スカウト統括部長は「性格は見る」と能力以外での重要ポイントを明かす。

     各地域の担当スカウトは随所で性格把握への糸口を探る。鈴木や田中の獲得に携わった尾形スカウトは「体の強さ」を求めた上で「1球目から振りにいけるか、打たれた時どういう態度を取るか」という。松本スカウトは獲得に携わった西川を例に「(所属した社会人野球チーム・王子の)監督にもよく練習するって聞くし、カープは練習ができる体がないとついていけない。1人でもやるタイプと聞いていた」。選手の人間性を把握するため、何度も足を使って金の卵発掘に努めた。

     15年度5位だった西川の場合、ほれ込んだ末の“先取り”が奏功した。柔らかいバットコントロールは松本スカウトが重要視する一つの「野球センス」にも当てはまっていた。当時高卒から社会人3年目。翌年まで待つと大卒と同学年になってしまうことを懸念し、「(翌年になると他球団の評価が)2位、3位になると。育つ前にお願いして獲ってもらった」と明かす。結果1年目から1軍で頭角を現した西川は、今季恐怖の下位打線形成に貢献。優勝に必要不可欠な戦力となった。

     次から次へと生え抜き選手が台頭し、他球団を圧倒する選手層の厚さが呼び込んだ3連覇。それはスカウト陣の不断の努力が結実した瞬間でもあった。=おわり=


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000040-dal-base

     広島・アドゥワ誠投手(20)が15日、マツダスタジアムで行われた全体練習に参加。投内連係やキャッチボールで汗を流した。高卒2年目の今季は53試合に登板し、6勝2敗、防御率3・74。自身初のCS登板へ「楽しみはないです。打たれたら自分の責任になるわけですから」と責任感を口にしていた。

     リーグ3連覇を達成した9月26日は19歳でビールかけに参加できず、ブルペンキャプテン一岡に炭酸水をかけてもらった。10月2日で二十歳となり、「もちろんしたいです」と日本一のビールかけへ意欲を示していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000103-dal-base

     広島のヘロニモ・フランスア投手(25)が30日、出場選手登録を抹消された。

     今季は5月下旬に1軍デビューを飾り、47試合に登板していた。肩肘などのコンディション不良が心配されるが、フランスアは「大丈夫」。高ヘッドコーチも「心配するようなことではない」と説明した。

     CSファイナルSには間に合うもようで緒方監督は「当たり前。大丈夫」と話した。

     代わって、中田が1軍に昇格した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000057-dal-base

    <巨人7-8広島>◇29日◇東京ドーム

    巨人は1回に坂本勇の先頭打者弾で先制。広島は3回に鈴木の適時打などで2点を奪うも、巨人田中俊が再逆転の2ランを放つ。


    広島は5回に野間、小窪、石原の3連続適時打などで5点を奪い、逆転。巨人は6回、長野の二ゴロの間に1点を返した。

    巨人は7回に坂本勇の看板直撃弾などで同点とするも、広島は9回に西川の適時打で勝ち越した。7回途中から登板した永川が2勝目。巨人は同点の9回に登板した山口俊が踏ん張れず、今季負け越しが決定した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00345879-nksports-base

     広島がM1でDeNAと対戦した24日、2番手で登板したアドゥワ誠投手がまだ19歳であることから、ネットでは「ビールかけに参加できないのでは」と同情する声があがった。アドゥワは高卒2年目。23日までに49試合に登板し5勝2敗と、今季の中継ぎ陣の中でも中心的役割を担ってきた。

     優勝がかかった大一番で2番手として七回から登板。ソトに被弾したものの、今季の中継ぎ陣で大車輪の活躍を見せた若武者にネットも注目。アドゥワは現在19歳。10月2日が20歳の誕生日であることから、この日優勝が決まった場合はビールかけに参加できないのではないか?との声が上がっている。

     「おっ、未成年のアドゥワ!ビールかけに参加出来ない!」「ビールかけノンアルコールじゃダメかな?アドゥワ20歳まで1週間」「19歳のアドゥワ誠がビール掛け参加出来ないのホント悲C、今期大活躍の優勝立役者なのに」「1年間1軍帯同したアドゥワくんがビールかけに参加できないのは不憫にも程があるから烏龍茶かけにしよう」と同情の声が続々。

     だが日本一になればすでに20歳となっていることから「日本一になればビールかけ」との声も上がっていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00000123-dal-base

    ● ヤクルト 3 - 7 広島 ○
    <20回戦・神宮>

     広島が巨人、ヤクルトとの東京遠征に6連勝し、優勝マジックを「13」とした。

     広島は初回、バティスタの第23号3ランで幸先良く3点を先制すると、3回に菊池涼介の第12号2ラン、バティスタの適時打などで4点を挙げる。7―0の3回に先発・戸田隆矢はバレンティン、雄平に連続適時打を打たれたところで降板。

     3回途中から登板したアドゥワ誠が3回1/3を無失点に抑えると、7回からは一岡竜司、フランスア、中崎翔太のリレーで逃げ切った。

     同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島―ヤクルト戦』で解説を務めた大矢明彦氏は「一人一人が役割を果たして、投手がダメだとスパッと代えて、次の人が仕事を良い形で繋げていきました。前回に戸田が先発した時に、アドゥワが勝ち投手になりましたけど、そういう意味では、ベンチの思惑通りの形になったと思います」と振り返った。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00164315-baseballk-base

    このページのトップヘ