広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    アドゥワ誠

     広島の平岡敬人投手(23)が12日、廿日市市の大野練習場でキャッチボールやゴロ捕球などの自主トレを行った。2年目の右腕は、今春の1軍キャンプに初めて参加することが濃厚。課題とするフィールディングでアピールし、1軍生き残りを目指す。



     首脳陣が投手陣に求めるのは投球だけではない。ゴロ捕球やサインプレーなどの総合力が、開幕1軍入りへの判断基準だ。初めて春季キャンプを1軍で迎えることが濃厚な平岡の課題は守備。「それを克服して生き残りたい」と力を込めた。

     昨秋キャンプで行われた投内連係などの守備練習ではミスが目立った。ブルペンでの投球練習で評価を上げただけに悔しさが残った。同じ轍(てつ)を踏むわけにはいかない。今オフは守備への意識を高く持ち、ノックを受けている。

     「大卒だし今年が勝負の1年」。昨季は体づくりに力を入れ1軍登板はなかった。2年目の今季はその成果を示さなければならない。さらに即戦力としてドラフト2位で島内(九州共立大)が加入しライバルが増えた。強い危機感がある。

     筋力トレやランニングを継続しておりコンディションは良好。「太りやすい体質」という体も、体重はシーズンとほぼ同じ95キロ前後を維持する。「重さはない」。軽快に打球を処理できそうだ。

     昨年末、佐々岡投手コーチは若鯉に「期待している」と言った一方で、準備不足に見えた投手については、3日間しかない第1クール終了後の入れ替えを示唆した。「1日1日が勝負」と平岡。開幕1軍入りを目指し、日南のグラウンドに立つ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000032-dal-base

     【球界ここだけの話】

     広島のドラフト1位・小園海斗内野手(18)=報徳学園高=ら育成を含む新人8選手が6日、広島・廿日市市内の大野練習場に隣接する選手寮「大野寮」に入寮した。1975年のカープ初優勝時のメンバーで現在は寮長を務める道原裕幸さん(69)はルーキーに、1軍で成功する秘訣を説いた。

     「寮に入ってきた選手にまず最初に伝えるのは時間厳守と食事の大切さです。1軍で活躍するためにはご飯をたくさん食べないといけません。1軍で活躍している選手でいえば丸や菊池(涼)、最近ではアドゥワがよく食べていましたね」

     現在は球界を代表する選手に成長した丸と菊池涼もルーキー時代は今の新人選手と同じように体の線が細く、パワー不足だったが、大野寮に入って強化した。グラウンドではカープ伝統の猛練習を耐え抜き、寮では1食2000キロカロリーになる栄養満点のメニューを朝昼晩欠かさず食べて、1シーズンをフルで戦えるプロ仕様の体を作り上げた。

     道原寮長は若鯉が成長する姿を近くで見たきたからこそ「特に朝食をしっかり食べているか見ます。朝にしっかり食べない選手はうまくなりません。朝食の時間に遅れたり、ご飯を残す選手はコーチに連絡することもあります。それぐらい大事なこと」と力説する。

     新人、独身選手、ドミニカ共和国のカープアカデミー出身の練習生らが共同生活を送る同寮の献立は料理長の宮本悦夫氏が考えている。栄養バランスやカロリー計算はもちろんのこと、選手個々にアレルギーはないかをヒアリング。ときにはドミニカ共和国出身の選手のために郷土料理「ポジョギサード(鶏肉のトマト煮)」を作ったりと工夫している。

     大野寮を経て、1軍へ羽ばたいた生え抜きメンバーが次々に台頭して球団史上初のリーグ3連覇を達成したカープ。次世代を担う存在として注目を集める走攻守そろった黄金ルーキーの小園も赤ヘル式“食育”で大きく成長する。(柏村翔)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000500-sanspo-base

     広島は投手陣の整備がリーグ4連覇の鍵となりそうだ。今季のチーム防御率は4・12。規定投球回数に達した投手も大瀬良とジョンソン2人だけだった。今オフは不動の3番・丸、代打の切り札・新井が抜けただけに、緒方監督が就任以来、掲げる「投手を中心とした守り勝つ野球」を取り戻したいところだ。

     首脳陣の評価が高いのが、来季3年目を迎える床田だ。プロ1年目の17年にプロ初勝利を挙げたが、同年7月に左肘のじん帯を再建手術。長いリハビリ期間を乗り越え、今年8月に実戦復帰すると、ファームで8試合に登板し、1勝1敗、防御率2・25と復活の兆しを見せた。ポストシーズンでも1軍戦力に名前が挙がったが、球団は完治を最優先。ここまで経過は良好で、ジョンソンに続く左腕として開幕ローテ入りに期待が集まっている。

     復活が期待されるのは薮田だ。今季はまさかの2勝。昨季は最高勝率のタイトルを獲得するなどリーグ連覇に貢献しただけに、巻き返しを期す来季は勝負の1年となる。佐々岡投手コーチは先発ローテについて大瀬良とジョンソン以外を白紙と断言。3番手以降は野村、九里、岡田の名前が続くが、薮田が17年の輝きを取り戻すことができれば先発争いは一気に激しさを増す。

     若手の成長も欠かせない。今季は昨季まで1軍登板がなかったアドゥワとフランスアが台頭。緒方監督がリーグ3連覇の立役者として名前を挙げるほどの活躍だった。来季2年目を迎える山口や平岡、加藤から登録名を変更した矢崎、さらにドラフト2位島内(九州共立大)などがブレークを狙っている。今オフ、チームはジョンソン、ローレンスと2人の助っ人投手を獲得した。かつてのような投手王国復活へ、2月のキャンプはブルペンに火花が散りそうだ。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00000045-dal-base

     広島の中継ぎ陣の一角に食い込みリーグ3連覇に貢献したアドゥワ誠投手(20)が、グラウンド外でも大きな働きを見せている。

     高卒2年目の今季は一軍で開幕を迎えると、初登板となった4月4日のヤクルト戦(神宮)から10試合連続無失点と華々しいデビュー。その後はロングリリーフやワンポイントといったさまざまな場面で起用され、53試合に登板して6勝2敗、防御率3・74の成績を残しカープの中継ぎを支えた。

     日本シリーズの舞台も経験するなど飛躍のシーズンとなったが、その活躍は別の業界にまで影響を与えている。それはアドゥワが愛用する「誠グラブ」だ。中学時代に地元・熊本で唯一取り扱いのあったスポーツ用品店で運命的に出会い、自身と同じ名前だけでなく「革と形が自分に合っているなと思って選びました」と購入した。

     プロ入り後にスパイクを含め、用具を提供している�イクノ工房の生野秀次氏は「アドゥワ投手の活躍のおかげで各地のスポーツ用品店から『うちにも置かせてほしい』との声をいただくのですが、規模の都合で年間約500個のグラブを生産するのが精一杯なんです」とうれしい悲鳴を上げる。

     アドゥワは「誠」の命名者である江夏豊氏モデルのグラブを愛用しているが、以前は大手用品メーカーに勤務していた生野氏は「野球選手には珍しく要望が少ないんですよね。渡した物を使ってくれるのでありがたいのですが、作り手としましては物足りないと言いますか…(笑い)。来季は形を変えるべきか今季の形でいくべきか迷っているところです」と球界でただ一人、使用を続ける右腕に“職人魂”を燃やしている。

     3年目を迎える来季へアドゥワは「(どのポジションでも)ずっと一軍にいられたらいいです」と常に控えめ。ただ、メーカー担当者には遠慮せず、言いたいことは言ったほうがいいかも!? 


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000032-tospoweb-base

     広島のアドゥワ誠投手(20)が16日、内野手の曽根と広島・坂町でのトークイベントに出演した。

     同町は今年7月の西日本豪雨での被害が大きかった地域で、会場の坂町町民センターは一時期、避難所になっていた。イベント担当者は「坂町を元気づけようということで、町民センターを使わせてもらいました」と説明した。

     周辺の山の斜面には現在も土砂崩れの形跡が残っている。リリーフで6勝をマークするなどリーグ優勝に貢献した2年目右腕は「被害が大きかったことは聞いていたので、来られた人には楽しんでもらえればと思っていました」と500人を喜ばせていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00000032-sph-base

     プロ野球・広島の一岡竜司投手(27)とアドゥワ誠投手(20)が9日、開設66周年記念「ひろしまピースカップ」を開催中の広島競輪場でトークショーを行った。

     昨年に続き同場でのイベントに登場した一岡は「競輪が好きなので…(開門時間の)朝10時に来ていました。楽しいですね。最終4コーナーからゴールまでの雰囲気がたまらない」と勝負師の顔を見せた。アドゥワは「競輪は、勝ちか負けかがはっきりする世界ですね。自分は10月に20歳になったばかりなので」と“デビュー”はまだ先のようだ。

     一岡は今年、自己最多タイの59登板、5勝6敗2セーブ。高卒2年目のアドゥワは、今季が初の一軍だったが、53登板で6勝2敗と、ともに中継ぎでフル回転し、チームのリーグ3連覇に貢献した。

     アドゥワは「今年は運がよかっただけ。実力はまだまだなので、もっと練習して、いい成績を残したい。今年だけだったと言われないように」と冷静に振り返った。一方の一岡は「アドゥワは、余計なことを考えずにマウンドに立てる選手。常に堂々としているし、本当は僕と同い年くらいなんじゃないですかね」と後輩を持ち上げつつ、「今年は前半でつまづいたので、来年はキャンプからしっかり仕上げてスタートダッシュを決めたい。60試合くらい投げたい」と活躍を誓っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00000098-sph-base

     2年目の飛躍に向け、広島のケムナ誠投手(23)が“武田塾”をきっかけにしようと燃えている。

     米国人の父と日本人の母を持つ192センチの右腕はルーキーイヤーの今季、一軍登板はなく二軍戦で15試合に登板。21回2/3を投げて防御率4・57に終わった。担当した田村スカウトからは「1年目は体をつくって、2年目で一軍に出られるように頑張ろう」と声を掛けられたといい、ケムナは「(来年の)春季キャンプで沖縄に行けたら」と一軍メンバー入りを目指している。

     そんな中、ファームでソフトバンクと試合を行った際、日南高出身のケムナ、宮崎日大高出身の3年目右腕・横山とソフトバンク・武田で会話を交わす機会があり、武田から自主トレの話を持ち掛けられたという。合同自主トレは15日に福岡で開始するが、ケムナは「同じ宮崎つながりということで武田さんに『おれのところに来い』と言ってもらった。武田さんの家は改造してマウンドやハイスピードカメラもあると聞いた。体の使い方やカーブのヒントもつかめたら」と練習後も武田邸を訪問して密着する決意だ。

     直球は最速151キロ、常時140キロ台後半を記録するなど、力強い投球が持ち味のケムナだが、高めに浮いてしまうことが課題。「CSや日本シリーズを見ていて武田さんは低め、低めに球を集めていた。“低めの極意”みたいなものを学びたい」。リリースポイントを一定に保つためにフォーム等のアドバイスも仰ぐが「シーズン中は何でも聞き入れて訳が分からなくなり、沢崎さん(二軍投手コーチ)からはよく『バカ真面目』と言われた。取り入れるものとそうでないものを考えながらやっていけたら」と話す。今季は高卒2年目のアドゥワがブレークしたように若手へのチャンスは決して少なくない。高1までプロサーファーを目指し、野球に転向したのは高2という異色のハーフ右腕の成長ぶりから目が離せない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000037-tospoweb-base

     広島・アドゥワ誠投手が17日、キャンプ地・宮崎県日南市のチーム宿舎で契約更改交渉に臨み、1720万増の2200万円でサインした。

     今季1軍デビューを果たした高卒2年目。中継ぎとして53試合に登板し6勝2敗、防御率3・74を記録した。日本シリーズでは第4戦で球団史上最年少登板も果たした。

     右腕は「想像以上でした」と率直な思いを口にし、来季へ「今年以上の成績を残したい」と意気込んだ。(金額は推定)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000122-dal-base

     「広島秋季キャンプ」(19日、日南)

     広島・高橋樹也投手がブルペンで46球を投じ、新フォームに一定の手応えを示した。

     「球の強さ、速さが欲しくて、強くなるかなと思って振りかぶってみました」と3日ほど前からワインドアップに挑戦。直球にカーブなどを交え「バランスはいいかなと思う」と白い歯をのぞかせた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000125-dal-base

     広島は10日、秋季キャンプ(11日~)のため参加メンバーが宮崎県日南市に入った。今年のテーマも戦力の底上げだ。昨年はアドゥワがアピールに成功し、今春の1軍キャンプ切符をゲット。そのまま1軍に残りリーグ3連覇に貢献した。今秋、ルーキーでの参加となった山口翔投手(19)もアドゥワに続くと、鼻息は荒い。

     鍛錬の秋は、来年の1軍春季キャンプメンバーの選考も兼ねている。12人が参加する投手陣の最年長は26歳の薮田だ。大半が若鯉。ルーキーの山口は結果を残し1軍切符をつかみ取る決意だ。

     「気合十分で日南にやってきた。今までやってきたことを、この場所でも出したい。真っすぐが持ち味なので、それを見てもらいたいです」

     “アドゥワロード”を目指す。リーグを3連覇した今季は、昨秋キャンプで評価を上げたアドゥワがブルペンを支えた。今年のドラフトで即戦力投手はドラフト2位の島内(九州共立大)のみ。来季へ向け現有戦力の底上げが不可欠になる。

     山口は8月まで強化指定選手。先を見据え、基礎体力の強化やフォーム固めを行った。その後はウエスタンでは5試合に登板。粗削りながら、しなやかな腕の振りから放たれる球は威力十分だ。

     首脳陣はフィールディングを含めた総合力も厳しく見ていく構え。さらに1クールごとに一度、行う実戦形式の練習で投球をチェックする。佐々岡投手コーチは「緊張感がある中で良いものを見せてほしい」と期待した。

     激しいチーム内競争が選手層を厚くしていく。「来春は1軍キャンプに行きたい」。山口は前を見据えて力を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00000036-dal-base

    このページのトップヘ