広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    アレハンドロ・メヒア

     今季から広島の新コーチに就任した赤松真人2軍外野守備走塁コーチ(37)が、若鯉とともに新米コーチとして日々奮闘している。現役時代は俊足巧打と華麗な守備で、多くのファンに愛された赤松コーチが掲げるのは「選手ファースト」。この指導方針を胸に、将来1軍の舞台で活躍する選手の育成に励んでいる。

     ノックバットを持ちながら現役時代と同じ、赤いソックスを見せるクラシックスタイルで練習を見守る。グラウンドでの外野ノックでは、大きな声を出して選手を盛り上げ、明るい雰囲気を作り出す。昨季限りで現役を引退。今季から2軍外野守備走塁コーチを任され、新たなスタートを切った赤松コーチは「サポートという(意味合いの)方が大きい。技術もないし、うまく教えることもできていない」と苦笑した。

     2008年に阪神から広島に移籍。自慢の守備や走塁でファンを魅了した。16年オフには胃がんが発覚。苦しい治療、そしてリハビリ生活を乗り越え、グラウンドに戻ってきた。15年間の現役生活を経て、新たに迎えた指導者としての日々。「選手ファースト、選手ありきのコーチ」。上から目線での指導ではなく、あくまでも選手目線で接していくことを心掛けている。

     選手育成において必要だと思っているのは「試せる場」の提供だという。「プロに入ってきて、能力を試せない選手がいる。練習で評価されて、自分を試せない選手がいる。“試せる場”(を与えること)がベスト」。自身も俊足を武器にプロの世界を生き抜いてきた。選手にはそれぞれ特長があり、それを伸ばす環境作りをしてあげることもコーチの役目だと考えている。

     同時に説くのは「基本」の大切さだ。「(選手は)少年野球で、キャッチボールの基本や打撃での(基本である)左足のステップは教えられるんです。でも本人は忘れていく、応用に行こうとする」。例えば走塁に関して、スタートしなければいけない状況でしない選手がプロには普通にいるという。おろそかになりがちな“基本”だが、赤松コーチは重要視し、徹底させることを貫く。

     担当部門でもある走塁に関しては「成功率を高めていこう」と呼びかけている。コーチ1年目で「毎日が勉強」と先輩コーチから指示の送り方などの助言を受ける。東出2軍打撃コーチからは「バッティングも教えていいから」と言葉をもらった。「いいチームワークだと思う。選手に、そういうのは伝わりますから」とうなずく。

     背番号93のユニホームを着て、若鯉たちへ情熱を注ぐ毎日。選手を尊重し、耳を傾けながら“最高のサポート役”を目指していく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200405-00000016-dal-base

    <深掘り。>

    #開幕を待つファンへ。プロ野球は新型コロナウイルスの影響で、20日に予定されていた開幕が延期に。もし予定通りに開幕を迎えていたら、12球団はどんな陣容で今季初戦に臨んだのか-。予想スタメンとともに、今後の練習試合のポイントを各球団担当が洗い出し。期待をパンパンに膨らませ、球場で声をからす日を迎えたい!



    春季キャンプ中に腰痛で離脱していた松山が復帰したことで3番から西川、鈴木誠、松山という中軸が固まった。1、2番は3連覇に貢献した田中広、菊池涼の「タナキクコンビ」が有力。だが、首脳陣は開幕が延びたことで長野や野間の1番、新外国人ピレラの2番などさまざまな組み合わせをテストする。選手の調子や前後の関係性を見ながら1、2番の顔ぶれが変わる可能性は十分ありそうだ。

    来日後、三塁に再挑戦するピレラに実戦守備を積ませられることはプラス材料だろう。外野は鈴木誠と西川は確定で、残る1枠を実績ある長野とスピードある野間とで使い分けることになりそうだ。広島野手陣は離脱者もなく全体的に打撃内容が良かっただけに、もう1度定められた開幕に向けて状態を上げられるかが課題となる。【広島担当・前原淳】

    【19年】打率.254(3)本塁打140(4)【オープン戦】打率.271(3)本塁打10(5)

    ( )数字は順位



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200318-23180067-nksports-base

     広島の佐々岡監督が、サバイバルと称した2次キャンプで、初の2軍落ちを言い渡した。降格するのは中村奨、メヒア、山口、ケムナと育成選手のメナの5人で、中日との練習試合後に決断した。



     3年目で初の1軍キャンプ帯同だった中村奨は中日戦に先発出場して適時打も放ったが、課題のリード面などが指摘され、「攻撃も守備も、まだ1軍レベルにない」と反省。指揮官から「また戻ってこい」と声を掛けられた20歳は「ここで腐らないように。もう一度鍛え直したい」と巻き返しを誓っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-00000245-spnannex-base

     「広島春季キャンプ」(2日、日南)

     開幕ローテ入りを目指す遠藤淳志投手(20)、山口翔投手(20)が、フリー打撃に登板した。

     遠藤はメヒア、野間と対戦。直球で感触を確かめたが、メヒアに豪快な一発を浴びるなど、安打性の打球も多く放たれた。

     打者で目立ったのが正随優弥外野手(23)だ。山口から特大弾を2発放つなど、持ち前の長打力を見せつけ、アピールに成功した。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-00000097-dal-base

    広島朝山打撃コーチが来季構想の一端を明かした。27日に菊池涼が残留を発表したことで、大きな戦力ダウンを免れた。チーム内競争が激しくなる中、三塁のポジションは空席状態となっているが、新戦力ホセ・ピレラ外野手を推した。「ホセが内野を守れるのなら、三塁を守れると大きい。キャンプで試すことになると思う」。

    同コーチは獲得前に映像をチェック。「(候補6選手の中で)スイングが一番速かった。走塁もアグレッシブで手を抜かない。一塁まで全力疾走するし、広島のカラーにあっていると思った」と太鼓判を押す。ピレラは米国では外野と一塁のほか、二塁の経験もある。広島の三塁は今季、安部やメヒア、小窪らを日替わりで起用。秋季キャンプでは西川に再挑戦させるほど手薄なポジションだ。そこに長打もある新外国人がはまれば、より攻撃的な打線を組むことができる。

    今オフはFA選手が全員残留となった。だからこそ、朝山打撃コーチは若手の奮起を求める。「今年は前年までサブとして支えた選手がレギュラーとして出たことで、控えの層が薄くなった。チーム力が落ちていることは間違いないので、底上げがないとチーム力も上がらない」。控え選手、2軍選手の成長があってこそ、チーム力は向上する。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-12300456-nksports-base

    ◆ 来季への期待を込めて…

     11月26日、今年も華やかなムードで開催された『NPB AWARDS 2019 supported by リポビタンD』。各種個人タイトルの受賞者をはじめ、前日に発表されたベストナインに選出されたスターたちが集結。後半では今季の新人王とMVPも発表され、これにてプロ野球の2019年シーズンが幕を閉じた。



     昼間にはファームの表彰式も開催されたが、やはり一軍を目指す選手たちの“育成の場”という意味合いも大きいだけに、一軍にしかない表彰もある。そのひとつが「ベストナイン」だ。

     というわけで、今回は編集部の独断でファームの「ベストナイン」を選定しよう!という企画。2020年シーズンの飛躍に期待を込めて、各ポジションで輝きを放った選手たちをピックアップしてみた。


    ◆ ウエスタンのベストナインは…?

     今回は、ファーム日本選手権を制したソフトバンクが所属するウエスタン・リーグ編。メンバーは以下の通り。


    ▼ 投手
    漆原大晟(オリックス)
    39試(38回1/3) 1勝0敗23セーブ 防3.52
    奪三38 WHIP1.20 

    ▼ 捕手
    栗原陵矢(ソフトバンク)
    55試 率.323(195-63) 本9 点33
    盗塁5 出塁率.362 長打率.564 OPS.926

    ▼ 一塁手
    オスカー・コラス(ソフトバンク)
    66試 率.302(252-76) 本11 点46
    盗塁3 出塁率.350 長打率.516 OPS.866

    ▼ 二塁手
    増田 珠(ソフトバンク)
    111試 率.278(327-91) 本7 点53
    盗塁9 出塁率.342 長打率.422 OPS.764

    ▼ 三塁手
    アレハンドロ・メヒア(広島)
    73試 率.303(231-70) 本21 点56 
    盗塁2 出塁率.373 長打率.641 OPS1.014

    ▼ 遊撃手
    太田 椋(オリックス)
    64試 率.258(233-60) 本6 点21
    盗塁4 出塁率.331 長打率.412 OPS.743

    ▼ 外野手
    田城飛翔(ソフトバンク)
    112試 打率.307(352-108) 本4 点45
    盗塁10 出塁率.339 長打率.403 OPS.742

    渡辺 勝(中日)
    62試 打率.317(180-57) 本2 点15
    盗塁13 出塁率.385 長打率.439 OPS.824

    大盛 穂(広島)
    109試 打率.248(303-75) 本1 点11 
    盗塁16 出塁率.279 長打率.320 OPS.599

    ▼ 指名打者
    石川 駿(中日)
    85試 打率.317(300-95) 本5 点44
    盗塁2 出塁率.368 長打率.443 OPS.811


    ◆ “育成のソフトバンク”から最多選出

     ウエスタンは、一軍とともに“親子日本一”を果たしたソフトバンクから最多の4名を選出。まずは攻守に存在感を発揮した栗原陵矢をチョイスした。

     今季もっともマスクを被ったのは九鬼隆平(69試合)だったが、これには高谷裕亮の負傷に伴いクライマックスシリーズにも帯同するなど、一軍で過ごす時間が増えたという事情もある。来季は“打てる捕手”として、一軍捕手陣の一角に割って入りたいところ。

     また、その他では、8月18日の西武戦で「一軍初出場」「初打席」「初本塁打」の鮮烈デビューを飾ったオスカー・コラスや、シーズン終盤まで中日・石川駿と首位打者争いを繰り広げ、リーグ最多の108安打を放った育成登録の安打製造機・田城飛翔も文句なしの成績。

     さらに、二塁手には熱男二世を狙う“増男”こと増田珠を選出。「三塁手」としての育成が基本線ながら、今季は試合途中のポジション変更も含めて「二塁手」で30試合に出場。ほかにも「一塁手」で24試合、「外野手」としても21試合に出場と、器用な面でもアピールを見せている。

     高卒2年目の今季は三軍から二軍に戦いの場を移したが、レベルが上がったなかでも打点・安打数・打率など、複数の打撃成績で5傑入り。一軍も二軍も勝利を重ねていきながら、そのなかで未来を託されるであろう若鷹たちが順調に育ってきているというのは流石の一言に尽きる。


    ◆ 「遊撃手」はドラ1ルーキーで混戦

     投手部門では、リリーフではあるがオリックス・漆原大晟を推薦したい。2018年育成ドラフト1位入団の“育成ルーキー”ながらクローザーを任され、23セーブで最多セーブのタイトルも獲得。2ケタの背番号を手にする日も近いだろう。

     広島のアレハンドロ・メヒアは2年連続で本塁打と打点の二冠を達成。首位打者には打率.317をマークした中日・石川駿が輝いた。タイトルを獲得した2名もメンバーに加え、外野は前述の田城のほかに、規定打席には届かなかったものの.317のハイアベレージを記録した“一本足打法”・渡辺勝をピックアップ。もうひと枠は、俊足を活かした好守で存在感を発揮した広島の育成ルーキー・大盛穂を選出。大盛は今季チーム最多となる109試合の出場機会を与えられ、先日のフェニックスリーグでも躍動。11月12日には支配下契約を勝ち取った注目株だ。


     そして最後に、大混戦となった遊撃手部門。今季のウエスタンでは中日の根尾昂に広島・小園海斗、さらには阪神の小幡竜平と高卒ルーキーの抜擢が多かったなか、ここは打撃面で好成績を残したオリックスのドラ1・太田椋を推したい。

     はじめての開幕を控えた3月に死球で骨折という不運に見舞われた18歳だが、64試合に出場して打率.258、6本塁打と上々の成績。ツボにハマった時の飛距離は目を見張るものがあり、また右中間にも広角に飛ばせるダイナミックな打撃が最大の魅力だ。今季は最終盤で一軍デビューも経験。攻守両面でのさらなるスケールアップに期待がかかる。

     ウエスタンの遊撃手といえば、ほかにもソフトバンクの川瀬晃が守備面で猛烈なアピールを見せており、今後がたのしみな選手が多数。来季から加入してくるルーキーも含め、引き続き注目だ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191127-00210191-baseballk-base

     「巨人0-2広島」(27日、東京ドーム)

     広島が3投手の完封リレー。逆転Vへひとつも落とせない3連戦の初戦に勝ち、首位巨人とのゲーム差を5・5とした。今季の巨人戦の対戦成績は13勝7敗1分けとなり、球団史上初めて5年連続の勝ち越しも決めた。



     先発のジョンソン投手が粘投した。8四死球を与えながら、7回3安打無失点に抑えて9勝目。八回は遠藤、九回はフランスアも無失点でつなぎ、逃げ切った。

     打線は二回に松山が先制の6号ソロ。四回にはメヒアの5号ソロで加点した。

     試合前の時点で優勝マジック20としている巨人は、10残塁の拙攻で2連敗。八回には坂本勇が一度は遊撃の守備位置に就きながら、交代する異変。何らかのアクシデントがあったとみられ、G党も騒然となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-00000125-dal-base

     広島のアレハンドロ・メヒア内野手(26)が15日、チーム唯一の“台風休暇返上練習”を敢行した。この日は当初、16日からのDeNA3連戦(横浜)に向けて移動する日だったが、広島県内に上陸した台風10号の影響で山陽新幹線が運行を見合わせたため、各選手は自宅静養。しかし、暴風雨に見舞われたマツダスタジアムに、大男が現れた。


     たった1人。通訳もいない中、静かなスタジアムでウェートトレーニングと素振り。約1時間半にわたって汗を流した。「チョットネ。スイング。ボクヒトリデモ、ダイジョウブ」と滑らかな日本語も披露した。横浜スタジアムは好相性で、6月28日からの3連戦でいずれもスタメン出場し、10打数5安打2本塁打3打点と爆発。今回の3連戦で先発する今永からも一発を放っている。「(横浜?)チョット、スキ!」と腕ぶした。

     ただし14日の巨人戦(マツダ)は6試合ぶりのスタメン落ち。緒方監督に「今の状態ならダメ。菅野の球筋は打てない」と酷評された。若きドミニカの大砲は「ホンロン(本塁打)ダケジャナイ。ゼンブ、ダイジ。(初戦に勝てば2位?)ガンバリマス!」と、しぶとい打撃で指揮官を脱帽させることを誓った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000151-sph-base

     ◇セ・リーグ 広島2―1巨人(2019年8月13日 マツダ)

     大逆転でのセ・リーグ4連覇を目指す3位の広島が延長11回に磯村の犠飛で今季9度目のサヨナラ勝ち。引き分けでも自力Vが消滅する1戦に2―1で競り勝って巨人とのゲーム差を再び3・5とし、優勝争いに踏みとどまるとともに本拠マツダスタジアム通算400勝を飾った。


     1―1で突入した延長11回、先頭の主砲・鈴木が左越え二塁打で出塁し、野間が送って1死三塁とすると、メヒア、会沢が連続で申告敬遠されて満塁。ここで代打に出た磯村が左犠飛を放ってサヨナラ勝ちを飾った。

     広島・ジョンソンが5四球と制球に苦しみながらも要所は抑えて7回を2安打7奪三振の無失点投球を見せれば、巨人先発左腕・メルセデスも7回途中5安打10奪三振1失点の力投。広島は2回、先頭の主砲・鈴木が詰まった当たりの中前打で出塁し、続く5番・松山の右中間二塁打で一気に本塁生還を果たして先制したが、巨人が8回に1死一、三塁から丸の二ゴロで1点を返して1―1で延長戦に突入していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000241-spnannex-base

    img_2_m

    このページのトップヘ