広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    アレハンドロ・メヒア

    <ニッカンスポーツ・コム/2019年担当記者イチオシ選手:広島編>

    二度あることは三度ある!? 3連覇の広島ではアカデミー出身のドミニカ人選手のブレークが続いている。



    一昨年はバティスタ、昨年はフランスアが台頭した。迎える2019年、彼らに続くのはアレハンドロ・メヒア内野手(25)しかいない。

    メヒアはバティスタと同じ15年秋に来日し、16年に育成契約を結び、17年に支配下選手登録された。一気にレギュラー格となった同僚を横目に、2軍を主戦場としてきた。ただ2軍では今季、最高出塁率を含め、打撃4冠。ブレークのきっかけをつかんだ。

    課題はメンタル強化にある。1軍で出場機会を増やした18年終盤、緒方監督も東出打撃コーチも「今、チームで一番振れている」と口をそろえ評価していた。だが、試合では気持ちもバットも空回り。結果を求める思いと焦りからか、練習のような打撃ができず、結果も残せなかった。

    1軍登録されているドミニカ人選手でただ1人、日本に残り、今秋キャンプに参加。外野に挑戦する意欲も見せた。すでに広島には7人の外国人選手が在籍。4枠の外国人争いは激しいが、2年間プレーして積み重ねてきた経験と自信で課題を克服し、風穴を空けたい。狙うは3年連続のドミニカン大ブレーク。「来年は今年よりもっと打ちたい。やれる自信はあるよ」。誰よりも、メヒアが3年目の正直を信じている。【広島担当 前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00426011-nksports-base

     2018年のFA戦線も、宣言選手の来季所属先がすべて決まり、幕を閉じた。宣言残留した選手、新天地を選んだ選手と行き先は様々だが、選手が流出した球団は、トレードや外国人選手の獲得などによる補強、あるいは若手選手の育成により、穴を埋めなければならない。丸佳浩外野手が巨人に移る広島だが、不動の中堅手が抜けた穴を埋めるプロスペクトは出てくるか。その候補となる選手をピックアップしてみた。(今年のドラフト指名選手は除く)


     主力が欠けても、その穴を埋める存在が必ずいるのが、広島のセ・リーグ3連覇を支えた強さでもあった。今シーズンも、鈴木誠也、丸が故障離脱した際、昨年まで代走・守備固め要員だった野間峻祥が打撃面で急成長。外国人選手のメヒア、バティスタも頑張った。ファームを見渡すと、丸の穴を埋める候補として次の選手が挙げられる。

    ○高橋大樹外野手(2012年ドラフト1位)
     龍谷大平安からドラ1で広島に入団して来季で7年目。同年ドラフト2位で入団し、今や押しも押されぬ4番打者に成長した鈴木誠也(二松学舎大付高)と同期で、将来性は鈴木に勝るとも劣らないと評価された大器。時間はかかったが、少しずつ力をつけてきた。今年のウエスタン・リーグでは、98試合出場、打率.272、10本塁打、35打点。98安打は阪神・板山と並ぶリーグトップ、長打率.422(リーグ3位)と持ち前の長打力が発揮されてきた。4年ぶりに1軍の試合にも出場し、8試合15打数5安打、打率.333。打席は少ないながら、打力の非凡さを見せた。丸が抜けた来季は、高橋大にとって鈴木に追いつく大きなチャンスだろう。

    ○下水流昂外野手(2012年ドラフト4位)
     もともと長打力には定評があり、1軍でも代打を中心に起用されてきた。今シーズンはキャリアハイの67試合に起用され、打率.263、4本塁打、12打点。7月20日の巨人戦では逆転サヨナラ2ラン本塁打を放つなど、勝負強さは格別だ。これまでは“代打屋”だったが、もちろん、本人がそれで満足しているはずはない。外野手は守備力より打力が優先されるポジションでもある。2016年には116打席に立ち、5本塁打をマークしているだけに、一皮むけるいいチャンスだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00264594-fullcount-base

     広島サビエル・バティスタ外野手(26)が21日、1軍に合流し、マツダスタジアムで行われた全体練習に参加した。

     フリー打撃では右方向へコンパクトな打撃を徹底。初の日本シリーズ出場へ「もちろん活躍したいし、勝ちたい。打撃の面でチームを助けたい」と言葉に熱を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000125-dal-base

    セCSファイナルステージ第3戦
    ○ 広島 5 - 1 巨人 ●
    <10月19日 マツダスタジアム>

     19日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター CSファイナルステージ 第3戦 広島-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、広島と巨人の下位打線の差について言及した。

     巨人は2回無死走者なしから4番・岡本和真が失策、7番・陽岱鋼の四球で二死一、二塁の好機を作ったが、小林誠司が空振り三振に倒れた。その裏、広島は先頭の5番・メヒア、6番・野間峻祥の連続二塁打で先制。7番・会沢翼の遊ゴロで野間が三塁へ進むと、8番・安部友裕の一ゴロの間に野間が2点目のホームを踏んだ。

     2回に下位打線で得点できた広島と、得点できなかった巨人。“2回の攻撃”が結果的に、勝敗を分けたといえるだろう。江本氏は「そもそも広島の下位打線と巨人の下位打線を比べちゃダメですよ。今年の広島は、下位打線が繋がっていますし、点の取り方に余裕がありますよね」と語った。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00169708-baseballk-base&pos=4

     いよいよCSファイナルSが17日に開幕する。リーグ3連覇した王者広島の相手はヤクルトとのCSファーストSを連勝で勝ち上がった巨人に決まった。レギュラーシーズンの対戦成績は17勝7敗1分と圧倒しているが、昨季のDeNAと同様にリーグ3位から勢いを増して乗り込んでくるだけに不気味だ。



     2年ぶりのCS突破へ、投手陣では中継ぎ起用される岡田が鍵を握りそうだ。今季も開幕から先発ローテを守り8勝をマークしたが、好不調の波が激しくシーズン終盤に出場選手登録を抹消されると、レギュラーシーズン最後の2試合は中継ぎ登板。自慢の直球で打者を封じ込め、リリーフの適正を示した。

     CS前に行われたシート打撃では「どれだけ力勝負できるか試したかった。ストレートはすごく良い感じで投げられた」と手応え。畝投手コーチが「先発の時より威力がある」とうなずくように、150キロ超の剛球は魅力十分だ。短期決戦での第2先発やロングリリーフの役割以上に、ピンチでの火消し役として期待されている。

     野手では成長株メヒアがCSメンバー入りを射止めそうだ。計3度のシート打撃では2本塁打。東出打撃コーチも「内容、結果と良いものが出ているけど特に内容がいい。いい入り方ができている」と絶賛。今季25本塁打したバティスタよりも首脳陣の評価は高い。今季ウエスタン・リーグでは打率、本塁打、打点、最高出塁率の4部門でタイトルを獲得した。メヒアは「バティスタが活躍している姿を見て、自分も活躍できると思っていた」と自信満々の顔だ。

     そして、もう一人の“秘密兵器”がシーズン途中加入したヘルウェグだ。シーズン終盤に1軍昇格を果たし、7試合の登板で防御率1・13。右打者の内角に食い込むツーシームを武器に右打者を被打率・071に抑えた。巨人には坂本、岡本、マギー、長野ら右の強打者がズラリ。CSファイナルS序盤は外国人枠に阻まれそうだが、“ジョーカー”として期待値は高い。

     昨季はまさかのCS敗退。2年ぶり日本シリーズ進出へ首脳陣の構想は現実となるか。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000082-dal-base

     「ウエスタン、広島1-6ソフトバンク」(28日、由宇球場)

     ウエスタン・リーグの全日程が終了し、広島のアレハンドロ・メヒア内野手(25)が打率、打点、本塁打、最高出塁率の4冠に輝いた。


     この日のソフトバンク戦でも六回に左中間を破る二塁打を放った。順調な成長に朝山2軍打撃コーチは「配球が分かって打席の中でゆとりが持てるようになったことで、ボール球を見送れるようになったことが大きい」と分析した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000035-dal-base

     「広島-巨人」(4日、マツダスタジアム)

     「5番・一塁」で先発出場したメヒアがフェンスを越えて、観客席へ飛び込むアクシデントがあった。

     六回、坂本勇の一塁後方フェンス際への飛球を追いかけ、手を伸ばしたが、キャッチできず、その勢いのまま、低いフェンスにぶつかると、観客席へと頭から飛び込んだ。

     何人かの観客が頭から落ちてきたその体を支えたが、メヒアは菊池らナインに手を借りながらグラウンドへと戻った。

     しかし、メヒアは足を引きずりながらベンチへと下がり、電光掲示板には「治療中」の文字が浮かんだが、しばらくすると助っ人は何事もなかったかのように一塁の守備に戻り、ファンの拍手を受けていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00000119-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島4―3阪神(2018年10月3日 マツダ)

     広島が阪神に延長サヨナラ勝ちし、2連勝を飾った。


     4回まで阪神先発メッセンジャーに1人の走者も出せなかったが、5回に先頭の鈴木が初安打し、続くメヒアが左越え3号2ランを放って追いつくと、安部の左安打、会沢の左適時二塁打で逆転に成功した。7回に同点とされたが、延長11回1死一塁から鈴木の左翼線適時二塁打でサヨナラ勝ちした。

     投げては先発九里が初回2失点したものの2回以降は無失点と立ち直り5回を投げ切った。九里の後は岡田が6回を抑え、7回に永川、ヘルウェグで同点とされたが、8回以降1イニングずつをジャクソン、今村、中田、アドゥワが無失点でしのいだ。

     阪神は幸先よく2点を先制し、先発メッセンジャーが4回まで完全投球を見せたものの5回に4安打を集中されて逆転された。7回に同点としたが、延長11回に岩崎が出塁を許し、最後は岡本が踏ん張れなかった。阪神は3連敗で最下位に転落、クライマックスシリーズ進出がさらに厳しくなった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000170-spnannex-base

     3日のセ・リーグ公示は次の通り発表された。

     【出場選手登録】

     広島 岡田明丈投手、ジャクソン投手、メヒア内野手

     DeNA 京山将弥投手、山下幸輝内野手

     ヤクルト 武内晋一内野手

     【同抹消】

     広島 一岡竜司投手、ジョンソン投手、バティスタ外野手

     DeNA 中後悠平投手、中川大志内野手

     巨人 アダメス投手

     ヤクルト 高橋奎二投手、青木宣親外野手

     ※再登録は13日以降


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000094-dal-base

    このページのトップヘ