広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    アレハンドロ・メヒア

     2017年は2年連続でセ・リーグを制覇しながら、クライマックスシリーズでDeNAに不覚を取り、日本シリーズ進出を逃した広島。1984年以来遠ざかっている悲願の日本一には辿り着けず、その夢は2018年に持ち越されることとなった。


     37年ぶりのリーグ連覇を果たした2017年は、ローテの柱として期待された左腕ジョンソンが離脱を繰り返してわずか13試合6勝止まりに終わったが、セットアッパーのジャクソンは60試合に投げて30ホールド、エルドレッドは116試合で27本塁打78打点と上々の結果を残した。育成選手からシーズン途中に支配下契約となったバティスタも、デビュー2打席連続代打本塁打の離れ業を演じるなど11本塁打を放った。

     悲願の日本一を狙う2018年に向け、ジョンソン、ジャクソン、エルドレッド、バティスタ、そして、こちらもシーズン中に育成選手から支配下に昇格し、ウエスタンリーグ首位打者となったメヒアが残留。ライアン・ブレイシア投手、ブレイディン・ヘーゲンズ投手、ラミロ・ペーニャ内野手が退団となったが、昨季、米MLBのブルージェイズで13試合に投げていたレオネル・カンポス投手を補強した。

     4人の外国人枠に対し、現状では投手3人、野手3人の陣容で日本一に挑むであろう広島。果たして、就任4年目となる緒方孝市監督はいかなる外国人起用を見せてくれるのか。2月1日のキャンプインまで、あと半月ほど。ここでは、広島カープの2018年の助っ人陣容をおさらいしてみよう。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00102212-fullcount-base

     世界遺産・厳島神社がある宮島の対岸にある広島東洋カープの大野寮。カープのブルペン捕手を務め、通訳などドミニカ共和国の選手をサポートするヘンディ・クレートさん(33)が出迎えてくれた。丸太のように太い腕に圧倒されたが、人懐っこい笑顔を見せてくれた。ヒーローインタビューでの「カタコト通訳」で一躍注目を浴びたクレートさんの素顔に迫った。

     昨年6月3日の対千葉ロッテマリーンズ戦でのヒーローインタビュー。支配下登録されたばかりの同国のカープアカデミー出身で初打席初本塁打の鮮烈デビューを飾ったバティスタ選手の隣にクレートさんはいた。2016年から通訳などのサポートもしているクレートさんにとっても初めての「お立ち台」だった。

     「やっぱり、しんであたったから、ホームランになりました」「やっぱり、かぞくとチーム、あと、おきゃくさんもかんしゃします。またきてください」。懸命で愛嬌(あいきょう)のある言い回しがスタンドの笑いをさらい、「カタコト通訳」はファンの心をつかみ人気者に。バティスタ選手の初打席初本塁打を記念したTシャツの裏面には、クレートさんの写真と直筆コメントもあしらわれた。あの時、実際のところはどうだったのか聞いてみた。球場を真っ赤に染めるファンの目線と多くの報道陣のカメラを前に、クレートさんはバティスタ選手の言葉を早く訳さなければと緊張したといい、「すごいプレッシャー。焦って、うまく話せなかった」。ほろ苦いデビューだったようだ。

     2005年10月にカープアカデミーのブルペン捕手になり、07年に来日。日本語はあいさつが分かる程度だったが、約5年間、週に1回専門学校に通い日本語を学んだ。「ひらがな、カタカタは書ける」と話し、漢字は「見ながらなら書ける」とにっこり。

     広島での生活は約10年になる。一番好きな場所を尋ねると、「宮島」と返ってきた。弥山から望む瀬戸内海がきれいだといい、家族が来日した時も案内したという。島内にいる鹿については「初めて見た時は角がなかったから、びっくりしなかった」とおどけて見せた。

     広島の印象は「やっぱり、ファンがすごい。応援がめちゃすごい」と即答。来日した07年はカープは長い低迷期の中にいた。「ドミニカでは負けているときは応援しない。でもカープファンは、応援し続けていた」。連覇を果たすまでになったカープを支えてきたのは、ファンの存在があったからだと実感している。

     クレートさんは昨年11月末に帰国。つかの間のオフを家族と過ごした後、1月末には再来日し、3連覇、日本一を目指すチームを支える。「もっと日本語がうまくなって、ヒーローインタビューをペラペラでやりたい」。2018年の目標だ。【寺岡俊】

    ………………………………………………………………………………………………………

     ◇ヘンディ・クレート

     1984年1月生まれ。ドミニカ共和国の首都サントドミンゴ出身。16歳で同国のプロ野球選手になる。5歳と1歳の息子と妻が同国で暮らし、単身赴任中。背番号は115番。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180102-00000011-mai-base

     広島は27日、複数年契約を結ぶ外国人4選手との来季契約を更新することが決まったと発表した。


     3年契約の2年目となるクリス・ジョンソン投手(33)は年俸300万ドル(約3億4500万円)プラス出来高で契約。球団を通じて「4年目のシーズンを楽しみにしています。健康な状態を維持し再びチームを優勝に導きたい」とコメントした。

     2年契約の2年目となるブラッド・エルドレッド内野手(37)は年俸100万ドル(約1億1500万円)プラス出来高で契約。「7度目のシーズンを迎えられることにとても誇りを感じています。私や家族は広島を愛しており、第2の故郷と呼べることに感謝しています」とコメントした。

     今季育成選手から支配下選手となったドミニカ共和国出身の2選手も契約。ともに6年契約の2年目となる。サビエル・バティスタ内野手(25)は年俸17万5510ドル(約2018万円)プラス出来高で契約し「目標は35本、打率2割8分、100打点です」と宣言。年俸10万ドル(約1150万円)プラス出来高で契約したアレハンドロ・メヒア内野手(24)は「レギュラーに定着し、チームに貢献出来るように頑張ります」と意気込んだ。(金額は推定)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00087150-nksports-base

     ソフトバンクが2年ぶりの日本一に輝き、幕を閉じた2017年のプロ野球。セ・リーグは広島が首位を独走して連覇を達成したものの、クライマックスシリーズは3位のDeNAが阪神、広島を次々に打ち破って日本シリーズに進出した。



     パ・リーグはソフトバンクがリーグの頂点を奪還。8月上旬までは楽天が首位を走ってきたが、勝負の夏場に地力を発揮し、一気に突き放した。終わってみれば、独走でのリーグ制覇であった。DeNAとの日本シリーズは、ソフトバンクが初戦から3連勝で一気に王手をかけ、2連敗のあとの第6戦で勝利して4勝2敗で日本一の座を掴んだ。

     そのソフトバンクは今季、侍ジャパンメンバーとしてWBCにも出場した千賀滉大をはじめ、今季急成長し主力捕手となった甲斐拓也や一時ローテを担った石川柊太、そしてキューバ代表としてWBCに出場してシーズン中に加入したリバン・モイネロと、入団当初は育成選手契約だった面々がチームを支えた。

     今や、育成から支配下となり、1軍の舞台で活躍することも決して珍しくはなくなってきた。今季もソフトバンクだけでなく、複数の球団で育成から支配下への“昇格”があり、1軍の舞台に立った選手もいた。その一方で支配下となりながらも、オフになって戦力外通告を受けた選手もいる。育成から一流選手への仲間入りを果たす“育成ドリーム”。ここでは、今季の春季キャンプスタート後にアピールが実り、その第1歩となる支配下契約を勝ち取った選手と今季の成績を見ていきたい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00095637-fullcount-base

    <酒井俊作記者の旬なハナシ!>

     カープのお家芸を見たり!! 生え抜き中心の強いチームを作ってきた王者の秘密に迫るべく「阪神目線」から、セ・リーグを連覇した広島の日南キャンプと日本一に輝いたソフトバンクの宮崎キャンプに潜入しました。第3回は広島の外国人編です。阪神と広島との差は「外国人」の差。そこに異論は挟めません。6月の交流戦で4戦4発デビューを飾ったサビエル・バティスタ内野手(25)の出現は球界を騒然とさせました。バラ色のオフかと思いきや、宮崎・日南で猛練習。緒方孝市監督(48)を直撃し、カープ伝統の「助っ人育成」に迫りました。


     ◆◆◆◆

     日南は日が傾いていた。練習の指導を終えた緒方孝市の口調が次第に熱を帯びていく。「ウチはずっと、そうやってきたから」。その言葉を聞いて4年前に見た光景を思い出した。米国シカゴ。大リーグ・カブスのロッカールーム。若い選手がどかっと革張りのソファに身を沈めて談笑するなか、いつも自らのブース前の椅子に座り、背中を丸めてiPadを覗き込んでいる選手がいた。打撃映像に見入るのはベテランのアルフォンソ・ソリアーノだ。

     「マエダさん、オガタさん、ノムラさんだろ。ユウも覚えているよ」

     ユウとは、広島2軍の本拠地、由宇球場だ。14年を最後に現役引退し、メジャー通算2095安打、412本塁打を放ったスーパースターは若かりし頃、実は広島でプレーしていた。

     97年9試合出場2安打

     NPBに残した足跡は、わずかこれだけ。だが、当時の主力選手の名前を忘れることはない。色濃く刻んだ日々だったのだろう…。

     あれから20年以上がたった。広島のキャンプ潜入3日目だ。野球記者はキャンプ中、指先でカチッカチッとカウンターを連打する。「694」。さて何の数字でしょう? カープの強さの秘密を追ってきたが、一日中、刻み続けた数字を見て、またもや驚かされた。

     コレ、カープの外国人選手、バティスタが球場に着いてから帰るまでの合計スイング数なのだ。今年6月に支配下選手登録されるとデビュー戦から4試合で4発。今季11本塁打を放った大砲だが、メヒアとともに秋季キャンプで大汗をかいていた。助っ人なのに、この時期に、なぜ、バットを振りまくるのか。そもそも、助っ人なのに、なぜ、秋季キャンプにいるのか。みんな、続々、帰国していく時期だ。もちろん、阪神でも見られない。この疑問を一笑に付したのは緒方だ。

     緒方 あの子たちは「助っ人」で入ってきたわけじゃない。ドミニカ共和国の選手で、身体能力はすごく優れている。でも、最初、野球を全然、知らないのを見ているからね。そのなかで伸びしろを感じた。日本人選手と意識的に扱いは一緒。野球をイチから教える。外国人選手を「助っ人」に育てる意味合いだから。

     2人は広島が90年に同国で創設したカープアカデミーの生徒だった。15年秋から、練習生として秋季キャンプに参加。粗削りだがキラキラ輝く。緒方はダイヤモンドの原石を見た。「ものすごく取り組む姿勢が真面目。どんな練習をしても貪欲で、日本人の若手と同じ練習量を文句1つ言わずやる。野球を吸収したがっている」。キャンプ初日には11カ所打撃でも延々2時間以上、バットを振った。連続ティー打撃でヘロヘロになり、守備でユニホームは泥まみれになっていた。

     積極補強路線の阪神や巨人と一線を画し、原石の外国人を「助っ人」に育てる方針を貫いてきた。

     緒方 バティスタも1年半かけたからね。去年は1年間、育成として2軍で試合に出させた。ドミニカの選手は、育成でしか考えていない。完成された選手が来るなんて思わないから。

     でも文化がまるで違う。モーレツな猛練習、ホントのところ、どう思うのか?

     バティ 最初は、ちょっとビックリしたよ。でも早めに慣れないといけない。

     メヒア 長くてキツイけど、うまくなるためさ。

     バティ カープアカデミーから入ったし「日本人」みたいに練習しないとね。

     とにかく殊勝で前向き。スラッガーが努力すれば鬼に金棒だ。今季、外国人打者が機能しなかった阪神からすれば、うらやましすぎる。しかも、緒方は「バティスタも、今年は経験させるくらいでしか思ってなかったから。本当の意味では来年、中心選手として期待している」と恐ろしいことを言う…。取材時間が尽きた。帰り際、緒方は不敵に笑う。「いい気分転換になったやろ」。濃密な練習量、実戦的な工夫、常識破りの外国人育成…。ため息をつきながら、車で宮崎県を北上した。(敬称略)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00060718-nksports-base

     広島のサビエル・バティスタ内野手(25)、アレハンドロ・メヒア内野手(24)が21日、ドミニカ共和国へ帰国の途に就いた。

     バティスタは今季、シーズン途中に支配下登録を勝ち取り、61試合に出場し、打率・256、11本塁打、26打点をマーク。DeNAとのCSファイナルSでは4番に座るなど、存在感を示した。

     「よい1年だった。一生懸命に努力することで支配下登録にもこぎつけることができた。自分としては機会をもらってこのチームでできたことをうれしく思う」と納得の表情を浮かべながら振り返った。

     メヒアも今季のシーズン途中に支配下登録され、2軍では104試合に出場し、リーグトップの133安打を放ち打率・331で首位打者に輝いた。1軍でも初安打、初打点をマーク。飛躍的な1年とした。

     「今年はグッドシーズンだったと思う。支配下登録されて、チャンスをもらえたのは非常に大きかった。その中で一生懸命プレーできた」と話した。

     球団史上初の3連覇、34年ぶりの日本一を目指す来季。チームの戦力となるために、しばし英気を養う。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000057-dal-base

     「広島秋季キャンプ」(19日、日南)

     丸、バティスタ、メヒア、庄司、坂倉が20日に都内のホテルで開催される「NPB AWARDS 2017」に出席するため、一足早く秋季キャンプを打ち上げた。

     初の1軍キャンプを経験した坂倉は「打撃ではいろいろ試せたし、守備でもちょっと成長できたと思います」と収穫を口にした。

     庄司は「バッティングは合わせるのではなく、力強く全力で振ることを意識しました。オフも力強い打球が打てるようにして、春のキャンプに臨みたいです」と来春を見据えた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00000112-dal-base

     広島のサビエル・バティスタ内野手(25)が一塁挑戦を本格化させている。マツダスタジアムに隣接する室内練習場で秋季練習が行われた4日も、ファーストミットでノックを受けた。今季は外野を守ったが、複数ポジションをこなすことができれば出場機会が増える。秋季キャンプでは泥にまみれる覚悟だ。

     時折、天を仰いだ。慣れないファーストミットを手に、バティスタが右へ左へ打球を追う。秋季練習から本格的に始まった一塁の守備練習。自らの可能性を広げる試みだけに、視線は鋭さを増している。

     「練習を始めたときよりは、よくなっているかな。以前にもやったことがあるし練習をしていけば大丈夫だ。数多く試合に出るためだと思うし、これから一生懸命、守備練習をしていきたい」。汗びっしょりのTシャツを着て言葉をつむいだ。

     もともと内野手登録。今年の春季キャンプでは一塁と外野の練習を並行したが、試合では外野を守った。一塁手としてはウエスタンで数試合にしか出場していない。経験はあるものの、ほぼゼロからのスタートと言っても過言ではない。

     首脳陣がバティスタの一塁練習を本格化させたのは、その打撃力を生かすためだ。右足首を骨折し、現在リハビリに励んでいる鈴木は順調に回復しており、春季キャンプに間に合う予定。シーズンに問題なく入ることができれば右翼が固まる。中堅は丸が不動のレギュラー。空いているポジションは左翼のみ。外野しか守ることができなければ、打撃が武器の松山と併用ができない。

     「どちらも(外野と一塁)こなせればチームにとって大きなプラスになる」と高ヘッドコーチ。長打力が魅力の左右2選手を同時にスタメンに並べることができ、打線に厚みをもたせるメリットが生まれる。

     それだけにドミニカンの今秋季キャンプでのテーマは一塁での守備力アップだ。7日からの15日間で早出特守は日課になる予定。ファーストミットの基礎的な使い方や足の運び方、さらにはサインプレーや併殺時の動き方に至るまで徹底的に取り組むプランが考えられている。

     「まだ逆シングルでの捕球が難しいんだ。でも頑張るよ。守備がうまくなればチーム、そして自分のためになるからね」。バティスタは声をはずませた。ドミニカ共和国カープアカデミー出身の期待の星。鍛錬の秋が間もなく始まる。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-00000014-dal-base

     セ・リーグのCSファイナルS第4戦は22日、雨天のために2日連続で中止が決定。23日に順延となった。この日、みやざきフェニックス・リーグに参加していた広島の安部友裕内野手(28)が1軍に合流。マツダスタジアムに隣接する室内練習場で打撃練習や走塁練習などを行い首脳陣に万全の状態をアピール。スタメン出場へ準備は整った。

     天井にぶつかった激しい雨音が響き渡る室内練習場。安部は一塁ベースから二塁ベースへ向かってダッシュを繰り返した。右足に不安はない。来るべき決戦に向けて静かに闘志を燃やしながら、視線は真っすぐ前だけを向いていた。

     「スタメンでも代打でも、どういった形であっても出場する準備はできている。何とかチームの力になりたいと思う」

     右手首を負傷したエルドレッドに代わって頼もしい男が帰ってきた。10年目で初めて規定打席に到達した今季は、チームトップの打率・310を記録した。しかし、右ふくらはぎに死球を受けた影響で9月26日に出場選手登録抹消。日本シリーズでの復帰を目指していた。

     緊急招集を受けての1軍合流となったが、問題はない。フェニックス・リーグでは19日のハンファイーグルス戦に「1番・三塁」で出場。復帰戦で2打数1安打をマークした。「久々でしたが、悪くはなかった。試合が雨で中止になって、2打席しか立てていないですが、言い訳はできない。とにかく練習して打てるようにしたい」と手応えと課題を口にした。

     CSファイナルSはここまで2勝2敗。チームの戦況も全試合確認済みだ。「テレビで見ていた。DeNAは打線のつながりがある。手ごわいですけど、カープも負けていない」。ベンチを離れていた目線から、冷静に分析した。

     この日のCSファイナルS第4戦は、雨天のために2日連続で中止が決定。順延となった23日の決戦に向けて行われた全体練習に参加し、フリー打撃やノックなどで調整した。

     いきなりスタメン出場の可能性もある。見守った緒方監督は「使わないと呼んだ意味がない」と示唆。石井打撃コーチは「動きなどに問題はない。足りないのは感覚だけ。(チームに)この2日間の雨がいい転機(天気)になってくれればいい」と笑みを浮かべた。

     最大でも残り3試合。CS突破は総力戦だ。チーム一の覇気を持つ男が、ナインを活気づけて頂点へと導く。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000018-dal-base

    このページのトップヘ