広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    アレハンドロ・メヒア

     「オープン戦、広島0-0オリックス」(17日、マツダスタジアム)

     広島・メヒアの2軍降格が決まった。この日は代打で見逃し三振に倒れ、打率・176に下降していた。

     これで、野手の外国人1枠はバティスタが手中に収めた形だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00000145-dal-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    広島の投内連係や試合中、グラウンドに甲高い大声が響く。「岡ちゃん(岡田)ガンバレ」「ドンマイ、ドンマイ」「落ち着いて」。「ヘ~イ」というたぐいの声。一瞬、日本人かと勘違いするが、やっぱりメヒアである。「ナイス」と少し低い声を張り上げるのはバティスタ。ドミニカ共和国の大砲コンビは、日本人顔負けの日本語でグラウンドを盛り上げる。



    ヘンディ・クレート通訳(35)は、2人の日本野球への真摯(しんし)な取り組みを指摘する。「2人ともドミニカのカープアカデミー出身ですが、最も早く日本に順応した選手です」。メヒアは来日前から日本語を学んでいた。バティスタは来日後、すぐに覚えた。日本野球に受け入れられようと、必死に勉強した。流ちょうなかけ声は、そのたまものともいえる。

    山田内野守備走塁コーチは2軍担当だった昨季を振り返り「2人とも打てないときはおとなしいけど、いいときはどんどん声を出していた」と話す。2人の日本語がグラウンドに響くということは、どちらも好調だということだ。

    昨季25発のバティスタと、ウエスタン打撃4冠のメヒア。ともに主軸級の長距離砲だが、現状では2人が同時に1軍でプレーする可能性は低い。外国人枠があるからだ。枠がなければと思う半面、この選手層の厚さがカープの強さの秘密の1つであるとも思う。【広島担当 村野森】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-03121489-nksports-base

     【球界ここだけの話】

     「あまちゃんロス症候群」ならぬ「クレちゃんロス症候群」になるかもしれない。2017年にバティスタとともにマツダスタジアムのお立ち台に上がったときの“カタコト通訳”で一躍人気者になった広島のプルペン捕手兼スペイン語通訳のヘンディ・クレートさん(35)が4月に母国ドミニカ共和国へ一時帰国すると明かした。

     「ワタシは4月にドミニカに帰ります。子供がまだ小さいので。(球団に帰国を)お願いして『いいよ』と言ってもらいましたね。8月にはまた帰ってきますよ」

     クレートさんはサンタ夫人、ジョルダンくん(6)、ハシエルくん(4)の4人家族で現在は単身赴任中。今秋に第3子を出産予定の愛妻とやんちゃ盛りの2人の我が子の面倒を見るため、球団に許可を取って一時帰国をする。帰国後は捕手としての経験を生かして母国の「カープアカデミー」の投手コーチとして若手投手の指導にあたる。同アカデミーは現在20人未満の選手が所属し、日本での活躍を目指している。

     「向こうで練習するとき、バティ(スタ)やメヒ(ア)がアカデミーに車で来る。その車を見てみんなが『すごい、すごい』と言う。みんな日本に来たがっているので、サポートしたいです」

     クレートさんの代役としてファン・フェリシアーノ氏(38)が来日予定だ。同氏はドミニカ共和国の「カープアカデミー」出身で現役時代は150キロ超の直球を武器に2004年から3シーズン広島に所属。引退後は同アカデミーのコーチを務めるなど豊富な指導者経験に加えて、日本語を流暢に話せるなど“ポスト・クレート”にうってつけの存在だ。バティスタやフランスアなどのドミニカンをグラウンド内外で“強力”にサポートする。

     クレートさんは「秋には子供が生まれる。まだ男か、女かはわかりません。楽しみです」と笑顔をいっぱい。バティスタらのドミニカンとともに満員のマツダスタジアムのお立ち台に上がるのは夏までお預けだ。(柏村翔)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00000536-sanspo-base

     広島は14日、ドミニカ共和国カープアカデミー出身で練習生のフアン・サンタナ内野手(24)と育成選手契約を結んだと発表した。年俸230万円で背番号は146。身長181センチ体重100キロ、右投げ右打ちの大型内野手で今春は日南キャンプに参加し、柔らかいグラブさばきと長打力をアピールしていた。そのフォームと力強いスイングは首脳陣から「バレンティンのようだ」と高い評価を受けていた。


     サンタナは「守備は菊池涼選手のように、打撃はバティスタ選手のようになりたい。一生懸命頑張って、早く1軍に昇格したい」と球団を通じて意気込みを語った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00000125-dal-base

     「オープン戦、DeNA-広島」(10日、オーヴィジョンスタジアム下関)

     広島のサビエル・バティスタ外野手(27)が残りのオープン戦での大暴れを誓った。9日のDeNAとのオープン戦(福山)では一塁守備に就くなどキャンプで不安のあった右肩の状態は良好。「問題ない。もう大丈夫だよ。バッティングで目いっぱいアピールしたい」と力を込めた。



     当面の目標は開幕スタメンだ。「菅野投手と勝負したい。ホームランを3本打ちたい」と宣戦布告した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00000108-dal-base

     赤チョーノが早くも“特殊能力”を発揮だ。広島ナインの間で流行中の“メヒアポーズ”が、長野久義外野手(34)を中心に始まったことが判明した。背番号5は得意の語学力を生かし、ドミニカン軍団の悩み相談役も引き受けている。

     そのポーズはアレハンドロ・メヒア内野手(25)が本塁打を打った際、口に指を当ててから天を指さすしぐさのこと。3日の西武とのオープン戦(長崎)では本塁打を放った新人の小園海斗内野手(18=報徳学園)がベンチへ戻った際に照れながら披露。適時二塁打の長野も塁上で指を突き上げた。

     このブームについて、メヒアは「みんなやっていて面白いよね」と笑い「あれは確か、チョーノサンがやり始めたんだったと思う」と明かした。最近も打席での心構えについて質問したところ、長野はスペイン語、英語、日本語をミックスして「右方向への打撃を意識すること。たとえば、スライダーを待っているときに真っすぐがきたら、逆方向へ打てばいいんだよ」と優しく助言してくれたという。

     クレート通訳によると、長野のスペイン語力はかなりのレベルで「30%ぐらいは理解して話せる」という。チームスタッフも「チョーさんはロッカーでも日本人選手と英語圏の選手、スペイン語圏の選手をつないでくれている。さすがのコミュ力ですね」と舌を巻く。

     数か国語を操る長野の球界人脈は国際的だ。現在も“飲み仲間”のDeNA・ロペスとは巨人時代に英語、スペイン語で関係を深めた。ラミレス監督とも同様で、元楽天のアンドリュー・ジョーンズ氏や、アマ時代から対戦経験のあるアストロズのユリエスキ・グリエル(元DeNA)ら、ラテンのスターたちとも交流がある。

     カープの若いドミニカンにとって、日本で成功を収めた先輩たちの言葉は大きな糧となるはず。ワールドワイドな背番号5は、今後も頼れるアミーゴとなりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00000029-tospoweb-base

     「オープン戦、広島12-5DeNA」(9日、福山市民球場)

     楠本の前で打球がはずんだ。三回無死。先頭で打席に立った広島・安部が右前打を放った。オープン戦は4試合目。8打席目でようやく飛び出した初安打。「焦らずにという気持ちがあった」と言いつつ、安どの表情を浮かべた。

     三塁の大本命は、沖縄2次キャンプでインフルエンザを発症し調整が遅れた。その間に堂林やメヒアなどが実戦で結果を残した。ライバルから受けた刺激を新たな力に変えながら、ハイペースでコンディションを上げた。

     五回には左翼線へポトリと落とす二塁打を放ち2安打をマークした。開幕まで約3週間となり、オープン戦は残り12試合になった。「ファーストストライクから積極的に振ることを心掛けていきたい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00000033-dal-base

     広島県内の社会人野球チームから選抜された「社会人オール広島」とプロ野球・広島東洋カープの交流戦(県野球連盟主催)が7日、南区のマツダスタジアムであった。五回までは投手戦。後半にオール広島が2本の適時打で突き放し、5―1で勝利。対戦成績を3勝9敗1分けとした。

     試合が動いたのは六回で、オール広島は1死三塁から佐藤直樹選手(JR西日本)の右越え三塁打で均衡を破った。八回は無死満塁の好機に、原田広大選手(同)が走者一掃の適時二塁打を放ち4点差。5投手が要所を締め、二回のメヒア選手の本塁打による1失点でしのぎ、カープに6安打しか許さなかった。

     観戦に訪れた呉市の会社員、長野達実さん(62)は「カープが勝てなくて残念だが、オール広島のレベルの高さに驚いた」と話していた。【隈元悠太】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00000027-mai-base

     広島のアレハンドロ・メヒア内野手が1日、マツダスタジアムで行われた全体練習に参加し、2、3日の西武とのオープン戦(佐賀、長崎)で1年前の再現を果たす意欲を示した。

     昨年同時期の佐賀、長崎遠征では2試合とも一発をマーク。「去年良かったね。今年も同じ結果を出したいよ」と笑みを浮かべた。

     春季キャンプでは対外試合5試合に出場し、16打数7安打で打率・438、2本塁打、3打点。開幕1軍へ向けて「オープン戦が大事」とキリリとした表情で話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000139-dal-base

    <カープ観測>

    日刊スポーツはキャンプ期間中「カープ観測」と題し、広島のさまざまなデータを計測し、その強さを探っていきます。



       ◇   ◇   ◇

    絶好調メヒアが止まらない。DeNAとのオープン戦初戦に「6番一塁」でスタメン出場。2打席目に左翼線へ二塁打を放てば、6回の第3打席は右へ二塁打。連続長打はいずれも得点につながった。対外試合全4試合で安打を放ち、打率は5割を記録する。

    この日の2二塁打だけでなく、4試合ですでに2本塁打と持ち前のパワーを見せつける。外国人枠を争うバティスタが結果を残せない中、全試合で存在感を発揮。一塁だけでなく、安部がインフルエンザ感染の影響で出遅れる三塁も虎視眈々(たんたん)と狙う。「いい状態が続いている。コンパクトに振れている」。アピールに欠くライバルたちを尻目に、昨年ウエスタンリーグ4冠が、定位置取りへ貪欲に結果を求めていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190224-02241227-nksports-base

    このページのトップヘ