広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    アレハンドロ・メヒア

     「広島7-4ヤクルト」(17日、呉市二河野球場)

     広島のサビエル・バティスタ外野手が、今季1軍初昇格を安打で飾った。


     「6番・一塁」でスタメン出場すると、先頭打者で迎えた二回無死から左翼線を破る二塁打を放った。今季、初打席で放った初安打をきっかけに打線がつながり2点。コンパクトなスイングでチャンスメークし、「点につながるヒットになって良かったよ」と白い歯をのぞかせた。

     三回と五回の打席では、打ち気を我慢して四球をゲット。六回1死満塁では初球を打ち上げ三飛に倒れた。この日は2打数1安打2四球だった。好機での凡退は悔しさが募るが「バットは振れている。それは良いこと」と前を向いた。

     バティスタは、2月21日・ロッテとの練習試合(コザ)で左手に投球を受け、沖縄市内の病院で「左第5中手骨骨挫傷」と診断された。キャンプ終盤は別メニュー調整を余儀なくされ、開幕も2軍で迎えた。4月15日のウエスタン・中日戦(廿日市)で2本塁打を放つなど調子を上げ、この日1軍出場選手登録された。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000159-dal-base

     16日のプロ野球公示で、西武はウルフを登録抹消した。ウルフは15日の楽天戦に先発したが、わずか26球で緊急降板。1/3回を投げて8失点していた。



     また、広島はメヒア内野手、阪神は岩貞祐太投手、ソフトバンクは堀内汰門捕手を抹消した。

    【パ・リーグ】

    ■出場選手登録

    なし

    ■出場選手登録抹消

    ソフトバンク
    捕手 堀内汰門

    西武
    投手 B.ウルフ

    【セ・リーグ】

    ■出場選手登録

    なし

    ■出場選手登録抹消

    広島
    内野手 A.メヒア

    阪神
    投手 岩貞祐太


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00181451-nksports-base&pos=5

     「阪神1-5広島」(12日、甲子園球場)

     広島の安部友裕内野手が3安打2打点の活躍で連敗ストップに貢献した。

     0-1の二回。先頭で打席に立ち右翼フェンス直撃の二塁打で出塁。この一打がきっかけとなり、この回3得点。逆転に成功した。

     三回に右中間への二塁打を放つと、3-1の七回無死満塁では、左投手の高橋聡からリードを4点に広げる右前2点適時打を放った。「当たりはゴミでゴミヒットだったけど、Hのランプがついて良かった」。打点は、3月30日の開幕開幕戦以来だ。

     13日からは敵地に移動して巨人と対戦する。一夜にして奪い返した首位を守るためにも、「これに一喜一憂せずにまた、あしたから頑張りたい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000145-dal-base

     「ヤクルト3-6広島」(3日、神宮球場)

     広島・メヒアが代打でまた打った。六回2死二塁の好機で登場。ヤクルトの2番手近藤のスライダーを捉えて鋭く三遊間を破った。

     「真っすぐで入っていったがスライダーが甘く入ってきたのでしっかり踏み込んで打つことができた。追加点になって良かったね」

     今季は全て代打で3打数3安打。初の開幕1軍を勝ち取ったドミニカンも開幕4連勝に貢献している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00000158-dal-base

    <ヤクルト3-6広島>◇3日◇神宮

     広島が4試合連続の逆転勝利で93年以来の開幕4連勝とした。


     1点を追う6回。1死一、二塁で西川の一、二塁間のゴロを捕球した一塁坂口が一塁ベースカバーに入った投手へ悪送球し、一塁走者まで一気に生還した。さらに野間や代打メヒアの適時打で加点し、ヤクルトを突き放した。

     25年ぶりの開幕4連勝となったものの、広島にも拙守や四球連発などミスが目立った。緒方孝市監督(49)は先発薮田について「結果を見れば試合を作ったことにはなるけど、また次回修正してくれることを期待している」と5回7四死球と制球を乱した右腕の立て直しに期待。さらに「ミスも出ているし、しっかり反省するところは反省していかないといけない」と引き締めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00169020-nksports-base

     「広島8-3中日」(1日、マツダスタジアム)

     広島が3試合連続の2桁安打で2005年以来13年ぶり開幕3連勝を飾った。

     二回に下水流の1号ソロで先制。逆転された四回には丸の2号ソロで同点とした。五回には、田中が2点適時二塁打を放ち、勝ち越しに成功した。

     七回には菊池の適時打とエルドレッドの2号3ランでダメを押した。

     先発した大瀬良は六回途中4安打2失点で今季初勝利を挙げた。

     中日は先発・笠原が6回8安打4失点で敗戦投手。ビシエド、平田にソロが出たが主導権を握れなかった。

     「6番・右翼」で今季初先発となった下水流は「今年初めての試合だったので何とか一本と思っていた。完璧に打てました。去年は何もできなかったので今年はチームのためにできるようにと思っていた。こうして打ててうれしい。温かい声援、僕らの力になっている」とお立ち台で笑顔を見せた。

     決勝打の田中は、開幕戦に続き、2度目のお立ち台に上がり、「いい形でつないでくれたので、何とかしたかった。これからも連勝を続けていけるように頑張りたい」と振り返っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00000114-dal-base

    <広島6-3中日>◇30日◇マツダスタジアム

     広島が1回に松山の犠飛で先制。2回に中日松井雅の犠飛で同点に追い付かれるも、広島は3回に鈴木の適時二塁打で勝ち越した。



     中日が6回に京田の適時打などで逆転するも、その裏に広島がエルドレッドの1号ソロで追いつき、田中の2点打で勝ち越した。

     7回にも1点を追加した広島が必勝リレーで逃げ切った。緒方監督就任初、マツダスタジアム開場初の開幕戦白星となった。

     広島野村1勝、中崎は1セーブ目。中日小笠原が1敗。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00164081-nksports-base

     広島の開幕1軍登録メンバーは以下の通り。(○は新人)

    【投手】

    九里亜蓮

    大瀬良大地

    今村猛

    野村祐輔

    中崎翔太

    中田廉

    一岡竜司

    ジョンソン

    アドゥワ誠

    ジャクソン

    【捕手】

    会沢翼

    石原慶幸

    磯村嘉孝

    【内野手】

    田中広輔

    安部友裕

    堂林翔太

    菊池涼介

    庄司隼人

    エルドレッド

    美馬優槻

    西川龍馬

    メヒア

    【外野手】

    丸佳浩

    下水流昂

    野間峻祥

    松山竜平

    鈴木誠也


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00163343-nksports-base

    ◆オープン戦 広島4―2ソフトバンク(25日・マツダスタジアム)

     広島のアレハンドロ・メヒア内野手(25)の自身初の開幕1軍入りが25日、決定的となった。オープン戦では14試合に出場し、打率3割、4本塁打、10打点をマーク。緒方監督は「打撃内容はいい。打てない時期は来るかもしれないけど、今の状態で入っていってね。この形でいくと思います」と戦力として計算していることを明かした。

     外国人の4人枠は、メヒア、エルドレッドの助っ人砲とジョンソン、ジャクソンが名を連ねる。1軍に帯同していた中継ぎ右腕のカンポスは2軍で調整する見込み。またキャンプ終盤に左手小指を痛めたバティスタも、ウエスタン・リーグで実戦を積む予定だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000033-sph-base

    このページのトップヘ