広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    アレハンドロ・メヒア

     広島が13日、マツダ室内でチーム練習を再開し、サビエル・バティスタ外野手(27)、ドラフト1位・小園海斗内野手(19)、支配下登録されたばかりのエマイリン・モンティージャ投手(23)が合流。バティスタは5月の快進撃の再現を誓った。

     20年ぶりの11連敗で前半戦を終えた鯉に、反撃のキーマンが帰ってきた。5月は打率3割5分2厘、10本塁打、21打点と大当たり。球団記録の月間20勝の立役者になった。しかし6月は打率2割4分7厘と調子を落とし、同月11日の日本ハム戦(札幌D)で放った18号以来、アーチも不発。「1」しかない外国人野手枠を巡り、メヒアとてんびんにかけられる形で今月3日に降格した。

     普段通り、リラックスした雰囲気で練習をこなした大砲は「1軍は楽しいね。バティ(バティスタ)が打ったらチームは勝てる。後半戦は5月みたいな気持ちで打席に入りたい」と気合満点。陽気なドミニカンが、後半戦の逆襲へと導く。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00000174-sph-base

     「阪神3-1広島」(5日、甲子園球場)

     広島・山田和利内野守備走塁コーチがメヒアの守備に苦言を呈した。

     同点の六回無死一塁。糸原のバントは小フライとなりグラウンドへポトリと落ちると、一塁手・メヒアと投手・大瀬良が“お見合い”した後に交錯。メヒアが処理したが、内野安打となり、その後の決勝点献上へとつながった。

     山田コーチは「前に出ていたのだから取れないアウトではない。まだ経験不足。どう動くか覚えるしかない」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00000147-dal-base

     【球界ここだけの話】

     ドミニカ共和国のカープアカデミーの元コーチで現在は2軍で臨時コーチを務める、古沢憲司氏(71)が5月31日の阪神戦(マツダ)にやって来た!! 1軍で活躍するサビエル・バティスタ外野手(27)とヘロニモ・フランスア投手(25)が練習を終えてあいさつに来ると「頑張れよ」と肩をたたいて激励した。

     古沢氏は「きょう来た理由はないよ。“締め”に来ただけ。みんな良くなっているね」とブラックジョークを飛ばして笑った。

     同氏はサイドスローの右腕で現役時代は16歳で阪神にテスト入団後、西武、広島でプレーし、プロ通算19年で87勝115敗、防御率3・72。引退後は阪神と広島で指導者となり、2001年から同アカデミーのコーチに就任。その後何十年に渡って、ドミニカ共和国で日本の野球を教えた同アカデミーの“父”的存在だ。

     “育休”で故郷ドミニカ共和国に帰国中のヘンディ・クレート氏(35)に代わって、1軍でスペイン語通訳を務めるファン・フェリシアーノ氏(39)は古沢氏をよく知る人物だ。現役時代は同アカデミーで古沢氏の指導を受け、2004年から3シーズン広島でプレー。引退後は同アカデミーの投手コーチに就任し、古沢氏と一緒に育成に尽力した。その指導方法は「とても礼儀に厳しかったですね。あいさつの声が小さいと怒られました。厳しかったですけど、熱心に教えてもらいました。ドミニカのみんな古沢さんに感謝していると思います」と明かした。

     同アカデミーで古沢式の猛特訓を経験したバティスタ、フランスアは練習生として来日し、育成契約を経て、支配下登録を勝ち取った。昨年2人は投打の柱としてセ・リーグ優勝に貢献するなど今や広島に欠かせない存在となった。

     フェリシアーノと同様「(古沢さんは)厳しかった」と回想するバティスタ。“古沢チルドレン”が現在の常勝軍団を支えている。(柏村翔)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00000520-sanspo-base

     「DeNA2-2広島」(30日、横浜スタジアム)

     雨のため20分遅れで試合開始となった一戦は延長十二回、引き分けに終わった。


     2-2の十二回。DeNAの守護神・山崎の前に三者凡退に仕留められ、広島の勝ちはなくなった。その裏に投入の7番手・遠藤も奮起。DeNA打線を3人で斬り、得点は許さなかった。

     広島は勝利目前で追いつかれた。2-1で九回を迎えたが、1点を守り切れず。5番手のフランスアが2死三塁で佐野に右前へ同点打を運ばれ、延長にもちこまれた。

     直前の九回表に無死満塁と絶好の追加点のチャンスを作りながら国吉の前に無得点に終わったのも響いた。

     意地を見せていた。1点を追う七回。先頭の鈴木がこの日2安打目となる中前打で出塁。続くメヒアが藤岡から逆転の2号2ランを右翼へ運んだ。鈴木は四回に14打席ぶりの安打を放っていた。

     先発の床田は三回に筒香に先制二塁打を許したが、6回を3安打1失点の好投だった。

     引き分けたDeNAは35勝36敗で阪神と並び、同率の3位に浮上した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190630-00000130-dal-base

     交流戦最下位に終わった2位・広島は、リーグ戦再開後の初戦となったDeNAに3-13で敗れた。

     広島はエースの大瀬良大地を先発に立てたが、5回途中12被安打7失点でノックアウト。4番手で登板した中村祐太も2回を投げて6失点と、DeNA打線を止めることができなかった。

     打線は2回に田中広輔の犠飛、3回に高橋大樹、4回にメヒアの本塁打が飛び出したが、5回以降はDeNA投手陣を捉えることができなかった。

     28日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-広島戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、広島について「投打のバランスが良いというのが特徴ですけど、ちょっと崩れてきていますよね。交流戦最下位というのもなんとなくわかる気がしますよね。対パリーグは関係ないですよ。内容が悪くなりすぎていますよね」とバッサリ。

     さらに、投手陣については「ピッチャーが良かったんですけど、救世主的な投手が出てこないとダメですよね。大瀬良が崩れたら苦しいですよね。(前回登板で完封勝利の)九里だって好投が続くかわからないですからね。あきらかに足りない」と台所が厳しいのではないかと指摘した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00193807-baseballk-base

     すんでのところで首位陥落を免れた。交流戦最下位でリーグ首位の広島は、16日の楽天戦(楽天生命パーク)に4―2で逆転勝ち。負ければ巨人にリーグ首位を奪われるところだったが、どうにか連敗を3で止めた。

     交流戦に入って強力コイ打線の不振が続いていた。そのためこの日は、大幅な打順変更が行われた。5番から3番に昇格した西川が7回に決勝打を放てば、DHで5番に入った会沢は、4打数3安打1打点の大活躍。

     4月30日から3番を打っていたサビエル・バティスタ外野手(27)は7番降格となったが、これに奮起したのか2、6回にともに同点に追いつく適時打を放つなど、3打数2安打2打点と結果を出した。

     バティスタは「7番? 関係ないよ。打席ではとにかくコンパクトに振ることだけを考えていた。今日みたいな自分の打撃を続けていきたい」と気合を入れた。そんな助っ人主砲には心に秘める2020年の目標がある。

     それは母国・ドミニカ共和国の代表として東京五輪に出場することだ。「チーム(広島)から(出場の)許可がもらえたら」と前置きしながら、バティスタは「自分が今いる日本で開催されるわけだからね。当然、出たいと思っているよ」と話す。

     もちろん、13年のWBCで優勝しているドミニカ共和国代表には、メジャーのトップクラスの大物がずらり。バティスタがメンバーに名を連ねるには、そう簡単にはいかない。

     ただ、WBCとは違って五輪となれば、時期的な問題でMLB球団が選手の派遣により協力的ではなくなる。バティスタは来年の大舞台での夢をつなぐためにも、日本でいい成績を残すつもりだ。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190617-00000031-tospoweb-base

    楽天 - 広島
    <3回戦・楽天生命パーク>

     初回に第5号ソロを放った広島の菊池涼介がその裏、守備でも魅せた。

     菊池は、1-0の初回無死走者なしから茂木栄五郎がセカンドベース後方に放った難しい打球をキャッチし、右膝をつきながら一塁へ送球しアウトにした。

     このプレーにTBCラジオ制作でニッポン放送でも放送されている25日の『楽天-広島戦』で解説を務める上岡良一氏は、「完全にセンター前に抜けたと思ったんですけど、追いついてなおかつ、ハーフバウンドで一番難しい当たり。それをさばいて、体勢が崩れているんですけど、しっかり投げ切った。本当に神業ですよね」と絶賛した。

    (提供:TBC POWERFUL BASEBALL)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00193398-baseballk-base

     広島のアレハンドロ・メヒア内野手(26)が24日、1軍に合流。同日の楽天戦が雨天中止となったため、楽天生命パークに隣接する室内練習場でナインと汗を流した。2軍では63試合の出場で打率・294、リーグトップの19本塁打、45打点。緒方監督から「後半戦のキーマン」に指名されたドミニカンが、交流戦最下位に沈むチームの救世主となる。

     ようやく1軍から声がかかった。リーグ戦再開まで登板機会がないため、23日に先発したジョンソンの出場選手登録を抹消。チャンスが到来したメヒアは「うれしい。ずっとファームで、この機会を待っていた。すごく調子がいいので、いい時に呼んでもらえた」と喜びを隠さなかった。

     18年ファーム4冠王(打率・337、20本塁打、59打点、出塁率・397)は、今季も2軍で無双状態だ。19本塁打、45打点はリーグトップを走り、打率・294も同4位と、手が付けられない。練習前、東出打撃コーチからは「いい結果を出しているのはいつも見ていた」と声をかけられたと言い、「チーム事情は分かっている。イライラやストレスはなかった。1軍で自分の力を見せたい」と爆発を誓った。

     好調をアピールするように、フリー打撃では鋭い当たりを連発。後ろで見守っていた鯉将もニンマリだ。「ずっと良かったし、上げたいと思っていた。なかなかチャンスはなかったが、後半戦(リーグ戦再開後)のキーマンになってくれるかもしれない」。帰り際には「ビッグチャ~ンス!」と大きな声で直接ゲキを飛ばされた。

     交流戦は得点力不足に陥り、5年ぶり最下位が決定した。25日の楽天戦に敗れると、パ・リーグ全球団に勝ち越しなしとなる。メヒアは指名打者での出場が濃厚だ。ドミニカンの一打で不名誉な記録を阻止したい。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00000030-dal-base

    このページのトップヘ