広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    イチロー

     11月2日(日本時間3日)に開幕した「第2回 WBSCプレミア12」。来年に控える東京五輪の前哨戦となるこの大会で、稲葉篤紀監督率いる野球日本代表「侍ジャパン」は悲願の優勝を目指し、戦うことになる。11月5日、台湾・桃園市でのオープニングラウンド初戦でベネズエラと対戦する予定だ。


     この大会を中継するテレビ朝日系列で解説を務めるのが、元広島の前田智徳氏。かつて“天才打者”と称された前田氏がFull-Countの単独インタビューに応じ、今大会に臨む侍ジャパンについてや見どころなどについて語った。

     2015年の前回大会は3位に終わり、悲願の世界一を逃すことになった侍ジャパン。今大会こそは頂点に立ち、そして来年に控える東京五輪に向けて弾みをつけたいところだ。そういった国際大会で必ずと言っていいほど侍ジャパン打線に突きつけられる課題が、外国人投手が投げる”速く動くボール“への対応。前田氏によれば、こういったボールへのアプローチは右打者と左打者では異なるという。

     打者にとって手元で“速く動くボール”とは、どれほど厄介なのか。“天才”と称された前田氏は「見極めが難しいですよね。ピッチャーによって曲がりが遅かったり、速かったりするんです。そのボールを引きつけて我慢してポイントを近くしないといけないのか、もしくは曲がる前に捉えるのか」と語る。

     そして、そういったムービングファストボールへの対応の仕方は「右バッター、左バッターで変わってきます」と前田氏は言う。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00591404-fullcount-base

    広島ドラフト1位の小園海斗内野手(19)が後半初戦の15日DeNA戦(横浜)で再昇格し、1番を任される可能性が出てきた。

       ◇   ◇   ◇

    理想像はイチロー!? 小園は理想の1番に「積極的に打てて、甘い球が来たらホームランを打てる。安打の延長がホームランという意識。追い込まれれば粘って、足でも安打(を取れる)とか、嫌がられる打者」と描く。具体名は「イチロー?」と問われると「そうですね」とうなづき、「技術はまだまだですけど、そのくらいの打者になっていきたい」と大きな目標を口にした。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-07140627-nksports-base

    ◆ 白球つれづれ2019~第32回・天才と変態~

     天才と変態。広島の新1番打者・西川龍馬につけられたニックネーム?である。広角に打ち分ける打撃術には、僚友の鈴木誠也が「彼のバットコントロールは半端じゃない。天才ですよ」と目を見張る。

     12日現在(以下同じ)打率は「.294」でセ・リーグの打撃成績10位ながら8月の月間打率は「.353」とうなぎ上りで3割台到達も時間の問題だろう。その並外れた打撃術を強く印象付けているのが“変態”とも称される「曲打ち」だ。

     7月19日の巨人戦。相手エース・菅野智之の伝家の宝刀・スライダーが低めギリギリの膝元に食い込んでくる。地面すれすれのボールに下半身を動かさず、手首も返さないアクロバティックな打撃で右翼線に二塁打。同月24日の中日戦では山本拓実の顔面に近い速球を本塁打にした。

     まだある。同30日の巨人戦でも山口俊のワンバウンドしそうなフォークを、こともなげに左前打とする。悪球打ちは自らのバッティングを崩して、相手の術中にはまるのが常だが、この男に限っては例外なのだ。

     なるほど、天性の打撃に加えてどんなボールでも打ち返す変態性? かつてイチローもまた、ワンバウンドの投球を安打にしたことがある。不世出の天才打者と今季ようやくレギュラーの座を勝ち取った24歳とを比較するには無理があるかもしれないが、どこか、同じ香りがするのもまた確かだ。


    ◆ 94年組の新たなスター候補生に

     遅咲きのスター候補生。大谷翔平や鈴木誠也らと同じ94年生まれながら、ここまでたどり着く道のりはかなり屈折している。敦賀気比高時代は春のセンバツに出場も目立った働きは出来ずに社会人・王子製紙入り。ここでもレギュラーの座をつかむまで3年かかった。

     ドラフトも5位で広島入り。打撃力に定評はあったが、守る場所がなく主に代打要員。昨季は主に三塁で起用されることが増えたものの、守備でリーグワーストの17失策を記録して大きな課題を残した。

     そんな西川にとって、転機となったのが外野へのコンバート。昨年までの広島の外野陣と言えば、中堅・丸佳浩、右翼・鈴木誠也はまず不動。左翼に松山竜平、X・バティスタ、そこに野間峻祥が控えれば盤石の布陣だった。だが丸の巨人移籍で大きな穴が開く。キャンプ時点では野間や、丸の人的補償で獲得した長野久義らを代替え候補としたが、うまくはまらない。シーズンに入っても1番打者が固まらずに11連敗の泥沼状態、首脳陣が悩み抜いて出した結論は、打撃の良い西川の配置転換だった。

     5月から6月にかけては27試合連続安打と、リードオフマンの輝きを放てば、7月には月間4本の先頭打者アーチで球団記録を打ちたてる。チームの浮上は天才のバットからもたらされた。

     広島の人材発掘と育成のうまさには定評がある。西川を獲得した時も担当スカウトの松本有史は「他の選手と比較してバットにボールが接する時間が長く、バットコントロールも巧みだった」と語る。その姿に長くカープの主軸を務めた前田智徳をダブらせたとも言う。前田と言えば、イチローがその打撃技術を尊敬した数少ない選手。その意味でも西川はイチローの延長線上にいる男なのかも知れない。

     初の「1番」定着に初の規定打席到達も目前、さらに初の2ケタ本塁打もマーク。ようやく、類まれな打撃センスを発揮する場所を得た。チームはリーグ4連覇を賭けた正念場の戦いが続く。天才にして変態的な曲打ちまで実践する西川の異能ぶりがどこまで相手投手に衝撃を与え、震え上がらせるか? 夏の陣、もうひとつの注目ポイントである。


    文=荒川和夫(あらかわ・かずお)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00199390-baseballk-base

    <広島4-2DeNA>◇31日◇マツダスタジアム

    広島西川龍馬内野手が球団記録に並ぶ月間42安打を記録した。1回に右前打で出塁すると、2打席凡退で迎えた6回の第4打席。中前打を放ち、月間42安打とした。



    「もう1打席回ってきたら狙おうと思っていた。そんなに打っていたんだという感じ。びっくりしています」。78年8月の水谷、04年4月の嶋と肩を並べ、球団史にその名を刻んだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190831-08311053-nksports-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    広島緒方監督は5つ下の外野手、イチローの現役引退に際し「ファンの視点でしか見ていない。(45歳までプレーして)感謝しかない」と話した。99年のオールスターで、敵味方に分かれて戦った関係。96年の日米野球では左翼緒方、中堅イチローの布陣でスーパースター軍団を迎え撃っている。現役監督という立場で、同時代に生きた選手に「ファン」という言葉を使うには勇気がいる。それでもそう言い切るだけの存在ということなのだろう。

    緒方監督の話を聞いて、私も記者の立場を忘れた過去を思い出した。オリックス担当だった03年、オフの楽しみはOBイチローの自主トレを見学することだった。帰国したイチローが夜な夜な古巣の室内練習場に現れるのだ。日付をまたぐこともあった練習は、芸術的だった。ランニング、キャッチボール、フリー打撃…。一挙手一投足がしなやかで美しく、おそろしく力強かった。原稿を書くのも忘れ、ただ、見とれた。

    「今の、首くらい?」。ある日、イチローの問いかけが練習場に響いた。フリー打撃で鋭いライナーを打ち返した際の、投球の高さを確認する言葉だった。ベルトでもなく、脇でもなく、首の高さのクソボールを、難なく打ち返していたのだ。元プロの投手が本気で投げたボールだったから、それなりにスピードは出ていたはず。全盛期のイチローの“ストライクゾーン”の広さを知り、鳥肌が立った。そういえば、オリックス時代の00年5月13日ロッテ戦では、ワンバウンドを安打にしている。

    イチローはやはり、不世出である。引退の時を迎え、改めてそう思い返す人は多いのではないだろうか。【広島担当 村野森】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190331-03280017-nksports-base

     広島の4番・鈴木誠也(24)が好発進だ。

     31日の巨人戦で3打数2安打2打点。初回に中前打で先制点を叩き出すと、1点を追う三回には同点犠飛。さらに1点を追う八回には先頭打者として中前打で出塁した。前日の2戦目には巨人先発ヤングマンから、開幕6打席目で自己最速となる今季1号を放った。巨人との開幕カード3試合は9打数5安打3打点1本塁打で4番の存在感を見せた。

     広島OBでコーチ、編成部長などを歴任した川端順氏がこう指摘する。

    「成長の跡を感じます。この3試合を見ると、狙い球を絞って4番らしくフルスイングする場面、出塁したい場面は確実に単打狙い、犠飛で最低限の仕事をする場面など、状況に応じて意識しながら打席に入っていましたね」

     昨季は124試合に出場。4番として打率.320、自己最多の30本塁打、94打点をマークし、リーグ3連覇に貢献した。今季からは広島では特別な背番号「1」を背負う。さらに、不動の3番だった丸が巨人へFA移籍。精神的な支柱でもあった新井も抜け、周囲の期待を一身に受ける立場になった。そんな中、オフには「僕はプレーで引っ張っていく。勝って個人タイトルを取れるのが一番。打点王を狙っていきたい」と堂々とタイトル奪取宣言。春のキャンプでは「4番を任された時から負けたら自分の責任だと思って試合に出ています。丸さんが抜けたからって、さらに責任が増すという感覚はありません」と日刊ゲンダイに力強く語っていた。

     前出の川端氏が続ける。

    「タイトルのことも、勝敗を背負うということも、はっきり口にできるようになった。昨年まではどこか丸などに遠慮をしていたんでしょう。自覚が増した証拠です。誠也は年々、熱心に相手投手の研究をするようになっているそうです。主に配球などですね。そして、ベンチではひとときも相手投手から目を離さない。配球はもちろん、クセなどを見つけるためです。これは打席で気付いたことなどをベンチでメモしている丸の影響が大きい。(2017年の)右足首手術の影響があった昨年は、4月に2週間ほど離脱した時期がありましたが、今年は充実しているように見ます。自身初のタイトルどころか、三冠王を狙って欲しい。緒方監督ら首脳陣は、最初からそれぐらいの能力があると思って育成していますから」

     機は熟した。04年の松中(ダイエー)、セ・リーグでは1986年のバース(阪神)以来となる三冠王獲得は、広島のリーグ4連覇に直結する。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-00000014-nkgendai-base

     世論調査・市場調査の専門機関である一般社団法人・中央調査社が全国意識調査の結果を発表し、最も好きなスポーツ選手にマーリンズに所属するイチロー外野手が輝いた。イチローは2年連続の1位。また好きなプロスポーツの1位はプロ野球、好きなプロ野球球団の1位は巨人となった。


     今回発表されたのは今年5月12日から同21日にかけて行った「人気スポーツ」に関する全国意識調査の結果(回答者数1251人)。無作為に選んだ全国の20歳以上の男女個人を対象に個別面接聴取法で行っており、好きなプロスポーツはプロ野球で1996年から1位を継続。また2位には大相撲、3位はプロサッカー、4位はプロテニス、5位はプロゴルフと続いた。

     好きなスポーツ選手は1位・イチロー、2位・錦織圭(テニス)、3位・浅田真央(フィギュアスケート)、4位・稀勢の里(大相撲)、5位・羽生結弦(フィギュアスケート)、6位・大谷翔平(野球)、7位・長嶋茂雄(野球)、8位・内村航平(体操)、坂本勇人(野球)、10位・松山英樹(ゴルフ)という結果に。イチローは男性でトップ、女性で3位(1位は錦織)で、年代別では20代で3位(1位は錦織)になった以外は、30代、40代、50代、60代、70代以上で1位となった。

     また一番好きなプロ野球チームでは1993年以来、1位・巨人、2位・阪神は不動となっており、今年、広島が初の3位に。4位以下は日本ハム、ソフトバンク、中日、楽天、横浜、西武、ヤクルト、ロッテ、オリックスとなっている。

     今回の調査では今年3月のWBCとその後のプロ野球観戦、また高校野球の全国大会での「タイブレーク制」導入、プロ野球での「敬遠の申告制」導入についてもアンケートを実施。WBCを「観戦した」が4割となり、そのうち、その後のプロ野球を昨年より観戦するようになったが9%、「昨年までと変わらない」が8割近くにのぼった。

     タイブレーク制導入については賛成が37.4%、反対が36.8%。また今年からメジャーリーグで導入された敬遠の申告制の日本プロ野球での実施については賛成が27.6%、反対が44.7%となっている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170722-00010000-fullcount-base

    【カリフォルニア州ロサンゼルス発】ドジャース、ヤンキース、広島で活躍し、昨季限りで現役引退した黒田博樹氏(42)が18日(日本時間19日)、古巣ドジャースの本拠地ドジャー・スタジアムを訪れた。

     この日からドジャースはマーリンズと4連戦。遠征してきたイチロー外野手(42)にあいさつするのが目的だった。

     黒田は練習に出てきたイチローに頭を下げるとしばらく話し込み、小走りであいさつに訪れた田沢純一投手(30)を激励。また旧友のエース左腕クレイトン・カーショー(29)とキャッチボールしながら談笑するなど、“里帰り”を楽しんだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000008-tospoweb-base

     華々しい舞台で活躍するプロ野球選手も人の子。少年時代もあれば、我々と同じようにプロ野球ファンだった時代もあるのだ。

     「チームを愛し、チームの勝利に貢献する」ことが求められるプロ野球選手だが、なかには「実は他球団のファン」という選手も少なくない。

     そんなプロ野球界の“他球団ファン選手”を紹介しよう。

    ◎トリプルスリー男からあふれるカープ愛

     現在のプロ野球界で最も他球団愛を露にする男がソフトバンク・柳田悠岐だ。広島出身の柳田は筋金入りのカープファン。ソフトバンクに所属する今もカープ論評を繰り返しており、「ホークスは好きだけど、ファンにはならんっす」と球団広報誌にすら、揺るがぬ鯉心を表明。

     ついには「FA権を取得したらカープにいきたい」と“失言”まで飛び出すほどの並々ならぬカープ男子だ。

     最近はNGが入ったのか、ややトーンダウンしているように見えるが、広島が絶好調の今季は「日本シリーズで対戦して、親をマツダスタジアムに招待したい」と意気込んでいた。チームは日本ハムとの優勝に敗れ2位。勢いが落ちているところでクライマックスシリーズを迎えることに。また、柳田自身もケガで離脱中だが、CSに間に合わせるのは難しいと言われている。はたして、柳田の願いは叶うのか!?

    ◎中日投手陣の危ない他球団愛

     中日の主力投手陣も何やら隠れ他球団ファンが多いようだ。

     まず、今年スッパ抜かれたのは若松駿太。今も熱心なジャイアンツファンであると一部スポーツ紙が嬉々として報じ、何でも球団公認のポロシャツも黒地にオレンジで作らせたとのこと。その画像を見てみると、完全に巨人カラー。ジャイアンツ愛にあふれすぎている。

     しかし、若松は巨人戦通算5勝2敗。昨季は防御率2.30、今季も防御率2.74の好成績を残している。好きだからこそ、弱点もわかるのではないだろうか。

     先発陣では大野雄大もかつては大の阪神ファンだった。佛教大から2010年にドラフト1位で中日入りした大野だが、大学時代まではバリバリの虎党。阪神入団を夢見ていたが、中日入団が決まり、携帯電話につけていたトラッキーのストラップを慌てて取り外したという。

     「元ファンです」と今は語っているが、果たして……。大野の国内FA権取得は順調にいけば、2018年の予定だ。

     また山井大介も熱狂的虎党。社会人時代までは甲子園のライトスタンドで法被を着て阪神を応援していたという。そのこともあり、2014年にFA権を取得した際には阪神移籍確定とも囁かれた。

    ◎メジャー勢にも熱狂的他球団ファンが!

     メジャーに移籍した日本人選手のなかにも他球団ファンは存在する。

     有名なのはイチロー(マーリンズ)だ。愛知県出身のイチローは大の中日ファン。特にエースの小松辰雄の大ファンで、オリックスに指名された際にはずいぶん落ち込んだという。

     岩隈久志(マリナーズ)も西武ファンであると公言している。西武グループのお膝元である所沢市からほど近い、西武鉄道の沿線である東京都東大和市で育った岩隈は、小学生の頃はファンクラブに入って西武球場に通い詰めていたそうだ。

     大阪出身の上原浩治(レッドソックス)も阪神ファンであると巨人時代から公言している。

    ◎阪神→巨人→阪神→巨人

     ライバル関係にある阪神と巨人だが、実は面白い法則がある。これまでチームを代表する「ミスター」が、相手球団に所属する選手のファンだったのだ。

     まず、巨人の代表的4番といえば長嶋茂雄。華麗なプレーで昭和を代表する大スターに登り詰めたが、少年時代は藤村富美男(元阪神)にあこがれ、藤村のようになりたいとサードを選んだという。

     藤村も派手なプレーやパフォーマンスで黎明期のプロ野球を沸かせた。長嶋の日本中を沸かせたプレーには「藤村イズム」が流れていたのだろう。

     その長嶋に惚れたのが掛布雅之(元阪神)だ。プロ入り初安打を記録した試合では、三塁でタッチアウトになったが、「憧れの長嶋にタッチされた」と内心大喜びだったという。

     そして、掛布雅之に魅せられたのは松井秀喜(元巨人ほか)。また、阿部慎之助(巨人)も父親が高校時代、掛布のチームメートだった縁もあり、掛布に憧れていたという。

     平成に入ってから阪神には「ミスター・タイガース」たる4番打者は現れていないが、次は松井や阿部に魅せられた選手がその座につくかもしれない!?(※成績は10月1日現在/『週刊野球太郎』編集部)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00000099-spnannex-base

    このページのトップヘ