広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    エクトル・ルナ

     頼もしい男が1軍に帰ってきた。「クーちゃん」の愛称で親しまれている、広島のブルペン捕手を兼務するヘンディ・クレート通訳だ。ドミニカ共和国カープアカデミー出身のバティスタが8日から再登録され、それに伴ってのことだ。

     今季の“活躍”は、カープファンの間で大きな話題となった。マツダスタジアムでのバティスタのヒーローインタビューでのこと。「100%しっかりします!」。一生懸命なカタコト通訳が大うけし、いきなりスポットライトが当たった。

     昨季、スペイン語が母国語のルナが加入したことで1軍に“昇格”したのが始まりだ。だが、元々はブルペン捕手として来日し、今季で11年目を迎えた。来日当初、「日本語は本当に難しかった」という。習得は努力のたまもの。広島市内の専門学校に通い、勉強した。日本人選手とも積極的にコミュニケーションを図った。自身もプロ選手を目指し、ロッキーズのアカデミーを経て、カープアカデミーに入った。その経験を生かして2軍投手の球をブルペンで受け、感じたことを伝えた。成長を促すのも彼の役目だった。

     2軍時代に最も印象に残っている投手は、14年限りで引退した左腕・斉藤だという。「一番、真っすぐが良い投手だった。スピンがすごくて、ミットが上がったんだ」と懐かしそうに振り返った。

     毎年1月に来日し、11月の秋季キャンプにも参加。そのため1年の大半を日本で過ごす。母国には愛する妻子がいる。さみしい気持ちはもちろんあるが、ほぼ毎日、連絡を取り、明日への活力に変えてきた。

     「今年は日本一になりたい。その中でバティやメヒアが活躍してくれればうれしいよ」。チーム一丸でリーグ連覇へ突き進む広島にとって、欠かせない男だ。(デイリースポーツ・市尻達拡)
    引用元 https://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/09/10/0010540131.shtml

    「上位の方がつないでくれた。無駄にしないようにという思いで打席に入りました」

     お立ち台で球場を埋め尽くした赤ヘルファンから大喝采を浴びたのは、7日の阪神戦の五回に決勝の三塁打を放った安部友裕(28)だ。

     2位阪神との直接対決3連戦すべてで殊勲打をマーク。初戦はサヨナラ本塁打で、2戦目も貴重な同点打。逆転優勝を狙った阪神に事実上の引導を渡す3タテに大いに貢献した。

     福岡工大城東から2007年ドラフト1位で入団。10年目を迎え才能が本格的に開花した今季、チームトップの打率.314はリーグ3位。現在、首位打者のマギー(巨人)とは4厘差でタイトルも狙える位置にいる。

    ■遅咲きのドラ1

    「苦節10年といっていい。大型遊撃手として入団したものの、当時の遊撃は梵が君臨。同期の丸がレギュラーに定着し、遅れて大卒で入団した同学年の菊池、田中が主力の座を掴んでいく中、13年には梵の故障で遊撃での出場機会を得るも結果を残せず、14年、15年の2年間はなかなか出番に恵まれなかった。わずか29試合出場にとどまり、本人は『腐りかけていた』と言っていたほどです」(放送関係者)

     転機が訪れたのは昨年。三塁手の助っ人のルナが故障で離脱したチャンスを逃さず、三塁に定着。自己最多の115試合に出場し、脇役ながら25年ぶりのリーグ優勝に貢献。今季は一塁、三塁で併用されつつ、試合に出続けている。広島OBが言う。

    「これまで多くの選手と定位置を争ってきたタフさがある。三塁ではルナや堂林に加え、今季は新外国人のペーニャもライバルだった。社会人出身2年目でチームメートから『打撃は天才』と言われる西川が三塁を守る機会もあるし、一塁は新井、エルドレッドという大物がベンチに控えている。安部自身、ウカウカしてはいられないという意識は強いと思います」

     広島では04年、安部と同じ高卒10年目の「赤ゴジラ」こと嶋重宣(現西武コーチ)が首位打者を獲得するなど大ブレークした。遅咲きのドラ1はカープの連覇達成に欠かせない存在になった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00000018-nkgendai-base

     セ・リーグは広島の優勝マジックが消滅し、わずかながら阪神に優勝の可能性が出てきた。ペナントレースは過熱している。そんな中で、広島に新しい「正選手」が誕生した。三塁を守る安部友裕が、晴れて規定打席に達したのだ。

     安部は福岡工大附属城東から2007年高校ドラフト1巡目で広島に入団。3年間はファーム暮らしだったが、2011年に1軍に初出場。それ以後は、内野のユーティリティ選手として起用されながら、打撃力の向上に合わせて三塁手での起用が多くなった。

     今季はここまで111試合に出場し、キャリア10年目で初めて規定打席に到達。打率.306でリーグ7位にランクインしている。昨季三塁だったルナが退団したことに加え、40歳の新井貴浩に代わって一塁での出場機会が増えたのだ。111試合のうち83試合で三塁を守り、22試合で一塁の守備に就いている。

     内外野で若手選手の台頭が著しい広島だが、三塁はレギュラー選手がなかなか定まらず。唯一の「泣き所」というべきポジションだった。

     過去10年間、広島で最も多く三塁を守った選手の打撃成績を見てみよう。()は三塁での出場試合数。順位は打率順位。▲は規定打席未達。

    2008年 シーボル(108)15本53打点 打率.273 ▲
    2009年 マクレーン(92)18本52打点 打率.244 27位
    2010年 小窪哲也(63)1本24打点 打率.207 ▲
    2011年 バーデン(61)3本20打点 打率.281 ▲
    2012年 堂林翔太(143)14本45打点 打率.242 22位
    2013年 堂林翔太(105)6本41打点 打率.217 ▲
    2014年 梵英心(63)8本41打点 打率.269 ▲
    2015年 梵英心(87)6本27打点 打率.237 ▲
    2016年 安部友裕(93)6本33打点 打率.282 ▲
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170905-00010017-fullcount-base

     ◇セ・リーグ 広島―中日(2017年7月1日 マツダ)

     広島のエルドレッドが1日の中日戦に6番一塁で先発出場。5―0とリードした5回裏一死から3打席連続本塁打となる21号ソロを放った。

     エルドレッドはこの日、2回に中日先発の小笠原から先制の19号ソロ。続く3回にも20号2ランを放って、迎えた5回に21号ソロを左翼席上段に放り込んだ。すべて投手は小笠原で、左翼席への本塁打だった。

     前日の試合でも本塁打を放っており、2試合で4本塁打を記録。中日・ゲレーロに並んでセ・リーグ本塁打ランキングのトップに躍り出た。

     プロ野球タイ記録のかかった第4打席の7回は空振り三振に倒れた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170701-00000106-spnannex-base

     衝撃のデビューだ。3日に育成枠から支配下登録された広島のサビエル・バティスタ内野手(25)が同日のロッテ戦(マツダ)でプロ初打席を代打本塁打で飾ったのに続き、4日の同カードでも代打2号2ラン。プロ初打席から代打で2打席連続本塁打は、1984年の阪急・村上信一以来史上2人目だ。

     ドミニカ共和国のカープアカデミー出身で、昨年3月に育成契約し、今季はウエスタン・リーグで打率・363、14本塁打、38打点と3部門でトップ。ある広島OBが「ファームにとんでもない選手がおった。早く支配下登録しないと、阪神あたりに取られるぞ」と心配していたほど。

     そんな声が上がり始めた矢先に広島は破格の6年契約ながら、契約金1120万円、年俸520万円プラス出来高払いの超格安で支配下契約。それこそ大砲不在の阪神などは、億単位を出してもほしいはずの逸材だ。

     他球団の編成担当は「今からでも30発は打てる力はある。どのチームも欲しがっていたが、カープアカデミー出身で代理人がいないので手の出しようがなかった」と歯ぎしりするばかりだ。


    引用元 http://www.sanspo.com/baseball/news/20170603/car17060317370005-n1.html

     広島・安部友裕内野手が26日の巨人戦(東京ドーム)で規定打席に達し、セ・リーグの首位打者に躍り出た。


     2007年度高校生ドラフト1位指名で福岡工大城東から広島のユニホームに袖を通した。身体能力が高く将来の遊撃手として期待された。2軍で結果を出し11年に1軍初昇格。12、13年に2年続けて100打席以上の1軍出場を果たしたが、14年にはわずか3試合、3打席に終わった。

     14年は遊撃に大学、社会人を経て入団した同級生の田中広輔内野手がレギュラーをつかみ、二塁も大学出で同級生の菊池涼介内野手が守る。2人に押し出されるように2軍暮らしが続いた。

     そんな安部に転機が訪れた。14年オフに広島に復帰した新井貴浩内野手の存在だ。左の中距離ヒッターである安部と05年に本塁打王に輝き、昨年まで306本塁打を放った右の大砲の新井。タイプは違うが、新井のバットを譲り受け、打撃練習を繰り返した。

     15年は安部モデルと新井モデルのバットを併用したが、16年には15年の新井モデルを使用した。15年のみ背番号「28」を背負った新井。16年に安部が使用したバットには「C28」と刻印されていた。シーズン中に「あと5本しかないんですよ」と大事そうに「C28」とグリップエンドに刻印されたバットを持っていた姿が、今も思い浮かぶ。

     新井バットで昨年、キャリアハイの成績を残した。115試合に出場し、外国人のルナらと併用される形で主に三塁手として259打数73安打、打率・282の数字を残した。昨年を足掛かりに今季は三塁を主戦場にしながら好調な打撃を生かして一塁なども守っている。

     残り5本だった新井バットは「シーズンが終わるときには1本しか残ってなかった」という。今季のバットは「去年と型は同じ」と、自身が愛用するメーカーに新井バットと同じ型を発注した。「今はたくさんバットがありますよ」。グリップエンドに自身の背番号が刻印された新井型バットを相棒に安打を量産する。(デイリースポーツ・岩本 隆)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00000046-dal-base

     昨季25年ぶりにリーグ優勝した広島の課題のひとつにサードの固定が挙げられる。昨季は中日から獲得したルナが、レギュラーとして活躍が期待されるも、故障に泣きサードでの出場は53試合にとどまった。最も多く出場したのは、安部友裕の93試合だった。また、広島のサードは阪神へFA移籍する前の新井貴浩を最後に、長く固定できていない印象がある。

     最近10年の広島のサード最多出場者を振り返ると、07年が新井貴浩、08年がシーボル、09年がマクレーン、10年が小窪哲也、11年がバーデンと前半の5年間は、毎年のように最多出場選手が変わった。特に新井が退団した後は、サードを主戦場にする外国人を獲得したが、思うような力を発揮できなかった。

     そんな中、12年に堂林翔太がサードのレギュラーに抜擢され、143試合に出場。リーグワーストの29失策、150三振とミスは目立ったが、本塁打はチームトップの14本を記録した。堂林はファンから“プリンス”の愛称で親しまれるなど人気も高く、将来は人気と実力でチームを引っ張っていくものだと思われた。

     13年も105試合に出場した堂林だったが、翌年以降はショートを守っていた梵英心が膝の不安などもありサードへコンバート。14年と15年は梵がチーム最多出場した。そして、リーグ優勝した昨季は安部が93試合の出場だった。

     今季はペーニャが加入し、、再び熾烈なレギュラー争いを繰り広げられることが予想される。


    引用元 https://baseballking.jp/ns/104073

     広島の新外国人、ラミロ・ペーニャ内野手(31)が15日、来日し、広島市のマツダスタジアムで会見した。背番号は5。打率3割を目標に掲げ、シュアな打撃と堅実な守備を武器にチームのリーグ連覇と悲願の日本一に貢献することを誓った。

     あごひげをたくわえた顔に柔和な笑みを浮かべて会見に臨んだペーニャ。自身のプレースタイルには「オーバーアクションをするような選手じゃない。冷静沈着にプレーするタイプだと思う」。来日を決めた理由は「米国ではメジャーとマイナーを行き来していたので、(広島から話をもらい)いいチャンスだと思った」と語った。

     メキシコ代表で二遊間を組んでいた巨人・クルーズからも日本の野球についての情報を得ており、「日本の投手に慣れることが大事」と助言を受けた。

     持ち味はシュアな打撃だ。昨季、メジャーでは30試合の出場で打率・299、1本塁打、10打点。今季の目標には「打率3割」を掲げた。「自分は体がそんなに大きくないので本塁打は10本ぐらい。。二塁打を多く打ちたい。打率にこだわって3割をマークしたい」と意気込んだ。

     今季の支配下外国人はエルドレッド、ペーニャの野手2人に、投手はジョンソン、ジャクソン、ヘーゲンズ、ブレイシアの6人態勢となった。し烈な外国人競争、さらに安部ら日本人選手との正三塁手争いも待っているが、「ベストを尽くすことができれば大丈夫。自信はある」と目を光らせた。17日に春季キャンプ地の宮崎・日南に入る。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000097-dal-base

    このページのトップヘ