広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    エース

     広島の野村祐輔(28)が昨13日、今キャンプ最多となる210球の投げ込みを行い、「気持ちよく投げられた」と満足そうに汗をぬぐった。

     見守った畝投手コーチも、「球が低めに来ていた。最後の方のボールの方がよかったね」とスタミナを評価。昨季は防御率2・78ながら、9勝5敗と勝ち星は伸びなかった。2年ぶりの2ケタ勝利を目指して精力的に調整しているものの、7年目を迎えたこの右のエース格には、首脳陣からの不満の声も聞かれる。

    「1年目から先発ローテで投げてくれているとはいえ、監督はずいぶん気を使って起用しているんです。せめて、先発したら7イニングは安心して任せられるだけの体力と投球内容を見せて欲しいというのが、首脳陣の本音です」(関係者)

     134試合に先発して完投はたった3試合。6年間の1試合の平均投球回数は6回ちょっとで、野村の先発時にはリリーフ陣の負担が増す。16勝3敗でセの最多勝と最高勝率のタイトルを獲得した16年も、投球回数の少なさが問題視されて、沢村賞の獲得を逃した。

     昨年、25試合に先発した野村の投球回数は155回3分の1。同じ先発数の巨人・菅野のそれは187回3分の1だった。210球の投げ込みくらいじゃ、広島の首脳陣は物足りない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000015-nkgendai-base

     広島・野村祐輔投手(28)が5日、春季キャンプの第1クールを終え、デイリースポーツのインタビューに応じた。今キャンプは投手陣で日本選手最年長の立場。若手の手本となる責任感、3年連続で成績を残しエース道を歩む覚悟、リーグ3連覇への決意などを赤裸々に語った。

       ◇  ◇

     -キャンプ第1クールを終えて、ここまでの仕上がりは。

     「ケガなく、体も今のところ順調です」

     -若い頃と調整は変わった。

     「そうですね。今は任されているという感じです」

     -今キャンプは投手陣で日本選手最年長。

     「去年の秋のキャンプからそうだったんですけど、一番若い子とは10歳近く違いますからね。僕が入団したころ、10歳上の先輩は石原さん。1年目の時にいきなり石原さんに話しかけるというのは…(苦笑)。僕がその立場だったらまず話しかけられないから、僕から話しかけなきゃというのはあります」

     -話はできたか。

     「まだあまりできていないです。全員が(2次キャンプ地の)沖縄に行けるかどうかも分からないので、日南にいる間が話をするチャンスですね」

     -若手をどう見ているか。

     「まだ遠慮がちなのかなと見ていて思います。いいピッチャー、能力あるピッチャーはいると思う。『自分がやってやる』というのが見えた方が、すぐには出せないと思うけど、そういうのがあってもいいんじゃないかなと思います」

     -1年目のキャンプはどう過ごしたか。

     「最初は強制的にブルペンに入ったこともあったし、好きなタイミングで入ったこともありました。1年目はある程度、大目に見てもらっていましたね」

    エースに負けん

     -昨年は相手に研究もされた。

     「それももちろんありましたし、投げるところが変わった。一昨年はカードの2、3番目だった。カード頭で投げる難しさはありました」

     -エース級との投げ合いも増えた。

     「それを意識しないことはないし、エース級がきても勝たないといけない。先に点を与えるわけにはいかないですし、初戦はやっぱり大事だと思います」

     -以前、エースの条件として“3年成績を残し続けること”と挙げていた。

     「最低3年は続けないといけない。それでやっと(エースと)言えるんじゃないかと。成績はもちろんですけど、成績を出したからといってエースというわけではないと思う。いいときも悪いときも必ずあるので」

    見えてきたもの

     -エースの考え方とは。

     「一番はチームを思っている。自分が良ければいいという考えでは決してない。そういう考えをされていると思う。(若い頃は)自分がまずやってポジションをつかまないといけない。さすがにチームのことは考えられない。ある程度、年齢やキャリアを積んで、やっと周りが見えてくるんじゃないかと思います」

     -一昨年と昨年で、考え方が変わった。

     「一昨年はその前の2年が悪かったから何とか自分がポジションや立場をもう一度、作っていかないといけなかった。そこに本当に一生懸命だった。(昨年は)チームのために、チームがうまくいくように考えられるようになりました。去年の1年間がすごく大きかった。数字を見たら(9勝で)2桁は勝てなかったけど、大きな1年だったと思う。いい経験をさせてもらった1年でした」

     -昨年は球種の割合の中で、ツーシームが一番多かった。

     「意外じゃないですね。ストレート系が多い、カットも多い。ストレートと大してスピードが変わらないので、そういうボールが主体になってくる」

     -今キャンプで磨く球種は。

     「ストレート。毎年ストレートです。ストレートが良くなったら他のボールも良くなるんです。基本はストレートとカーブ。いいフォームの状態にして、他の変化球にという感じです。カーブ以外はみんな投げ方が一緒。仲間なんです。カットもスライダーもツーシームもチェンジアップも一緒。カーブだけ別物だから難しい。カーブもストレートに近い投げ方にできるようにしたい」

     -変化球の精度については。

     「全然、納得していない。質ですね。(昨年は)ストレートが良くなかった。いいときと悪いときの差があったので」

     -昨年、ストレートの割合は2番目に少なかったが、来年は増えそうか。

     「ストレートが少ないのはイメージできていました。でも配球がある。ストレートがいいからストレートを使うわけではないですね」

     -新しい変化球は。

     「いろいろやっています。持っている球種の中でも種類を増やしたりとか。変化球は別の変化もさせられるので。小さいスライダーとか大きいスライダーとか、速いカーブ、遅いカーブとか」

     -リーグ3連覇のために必要なことは。

     「もう一度、一致団結すること。みんなで同じ方向を向いて戦っていかないといけない。1番上なので去年と変わらずしっかりやれたらいいと思う」

     -昨年は打線の援護に助けられたので、来季は野手に返したいと話していた。

     「どのピッチャーも野手に助けられたと思っている。そこを何とかして、と思っていると思います」

     -他球団は補強している。

     「どの球団も優勝を狙っているのはもちろんのことなので、それに負けないように、しっかりはね返せるように頑張っていきたいです」


    引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/14261699/

     広島の薮田和樹投手が10日、マツダスタジアムで自主トレを公開した。強めのキャッチボールを行い、その後は外野のポール間をダッシュした。


     昨季は15勝3敗、勝率・833で最高勝率のタイトルを初めて獲得した。今季はタイトルホルダーの看板を背負い、マウンドに上がる。相手球団のマークが厳しさを増すのは間違いないが、「自分のデータがいっぱいある中で投げるのは今年が初めてになる。でも自分の球を、いかに投げるかが大事だと思う」と自然体を強調した。

     4日から自主トレを開始しており、昨年オフと同様にネットスローなどをほぼ毎日行い肩を休めていない。「自分の状態だったり、良い感覚だったりを忘れないため。春季キャンプでは、去年以上の印象を与えられるように頑張りたい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-00000072-dal-base

     「デイリースポーツ創刊70年記念カープリーグ連覇パーティー」がこのほど、広島市のオリエンタルホテル広島で行われ、広島・中崎翔太投手(25)と薮田和樹投手(25)の同級生コンビがゲストとして登場し、約200人の参加者を沸かせた。


     1年だけでは終わらない。薮田は真価の問われる来季へ向けて3つの目標を掲げた。今季、最高勝率を獲得した右腕は、責任感と自覚を胸に4年目に挑む。

     「今年だけで終わってしまっては意味がない。もう1年間、1軍で投げ続けないといけない。勝負の年でもあるので、規定投球回、2桁勝利、3連覇を目指してやっていく」

     今季は開幕当初が中継ぎだったこともあり、129イニングで規定投球回に「14」届かなかった。広島で到達したのは野村、大瀬良の2人のみ。規定投球回数はシーズン通して先発を任される以上は最低限クリアしておかなければならない数字と位置づける。

     勝ち星の数も譲れない。今年はチームトップの15勝をマークした。来季も「先発として2桁勝利は1つの目標。個人的にはイニングと防御率にこだわりがあるが、周りからは勝ち数も求められる。その期待に応えたい」と決意を新たにした。

     パーティーでは球団史上初のリーグ3連覇を高々と宣言。「3連覇を狙えるチームは他にない。いい年にいいチームにいると思うので、勝利に貢献してとにかく高みを目指していきたい」と力強く話すと、約200人の参加者から大きな拍手が送られた。来季も右腕をフル回転させ、広島の街を再び熱くする。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00000039-dal-base

     広島・野村祐輔投手(28)が26日、広島駅ビルの「ASSE」で岡田明丈投手(24)とトークショーに参加。来季へ向けて、他球団エースとの投げ合いへ覚悟を示した。今季は先発ローテの柱として主に6連戦の初戦先発を担い、プレッシャーを力に変えてきた。来季は今年以上の成績を残し、球団史上初のリーグ3連覇に導く。

     約100人のカープ女子の熱気に包まれたトークショー。司会者からエース対決について聞かれると、野村は「プレッシャーはありました」と偽らざる本音を明かした。続けて「“岡田さん”が和らげてくれました」と笑わせたが、先発ローテの柱として重圧を感じ続けた1年だった。

     今季は主に6連戦の初戦を任され、巨人・菅野、マイコラス、阪神・メッセンジャー、DeNA・今永ら、相手エース級との投げ合いに臨んだ。155回1/3を投げ9勝5敗、防御率2・78。トークショーで今季の成績の自己評価を求められると「60点」と採点した。イニングは「もう少し投げたかった」。防御率も「昨年より下がってしまったので」と不満顔。それでも「試合が終わった時にチームが勝っていればいい。負けないことが大事」という信念を貫き、シーズンを通して重責を全うした。

     16勝を挙げ、最多勝に輝いた昨季は「自分が投げることで精いっぱい」だったという。左腕エースのジョンソンと黒田氏の背中を追い、無我夢中でシーズンを駆け抜けた。今季は違う。チームの先頭に立ち、視野も広がった。何より、その醍醐味(だいごみ)を知った。来季のエース対決へ「チームにも自分にもプレッシャーがかかるけど、自分が抑えてチームが勝てればいい」と力を込めた。

     真のエースになるために、まだ進化の途中だ。今季はウエートトレーニングの強度を上げ、自己最高の数字を記録した。「数字に慣れてきた」と今後もトレーニングを継続する方向で、体の「バランス」を重視しつつ、さらなるスケールアップを目指している。秋季キャンプでは疲労回復に努め、由布院のリハビリキャンプでもリフレッシュ。首脳陣から調整を任され「ありがたかった。若い子が頑張っていたので、負けないように」と発奮した。

     トークショーの最後には「次こそ日本一を目指せるように頑張ります」とファンへ決意表明した。エース対決も上等。リーグ3連覇に挑む来季も野村が火曜のマウンドに立ち、100点満点の結果を残す。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000015-dal-base

    <日本生命セ・パ交流戦:広島7-2オリックス>◇15日◇マツダスタジアム

     4点リードの6回2死で広島岡田に代打が出た。6回2失点での降板。球数は86球だった。ベンチの判断材料は6回の投球だろう。2死から下位打線に連打を浴びた。それも浅いカウントからボールが中に集まって打たれた。突然崩れる悪癖がある岡田だけに、その傾向を察知したはずだ。「打たれる→甘くなってはいけない→四球→ピンチを背負う」という悪循環に陥る前のジャッジと見る。

     投げているボールは超がつくほどの一級品。伸びのある直球にはほれぼれする。だが、このタイミングでの交代が、偽らざる今の岡田の評価だ。与えた四球は4回の1つだったが、直後に2ランを浴びていては信頼は得られない。精神的にも余裕がなくなっていることが見て取れた。今後は経験を積み、力の入れ時、抜き時を学んでいってほしい。そして、何よりの原動力となる悔しさを持ち続けてほしい。(日刊スポーツ評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-01840781-nksports-base

     広島・野村祐輔投手(27)が13日、東京都府中市の母校・明大グラウンドで、ロッテ・関谷との合同自主トレを公開した。今季から投手キャプテンにも就任し、キャリアハイとプロ1年目以来となる防御率1点台を目標に掲げた。昨季限りで現役を引退した黒田氏の言葉を心に刻み、他球団の大黒柱、特に巨人・菅野に投げ勝ってエースを襲名する。

     野村らしい糸を引くようなボールが後輩・関谷のグラブに収まる。母校の懐かしい空気に触れ、決意は新た。「去年、黒田さんから『来年は大事だぞ』と言われました。今年しっかりやっていかないといけない」。真価が試される17年。広島のエース道を歩む覚悟を決めた。

     昨季は16勝3敗、防御率2・71で最多勝と最高勝率の2冠を獲得。黒田氏が抜けた今季は「投手キャプテン」の肩書通り、ジョンソンとローテの軸を担う。他球団エースとの投げ合いが増えると予想されるが、スタンスは不変だ。「チームが勝つためにやっているので、相手どうこうは関係ない」と真っすぐ前を向く。

     ただ1人、意識する相手がいる。巨人・菅野だ。大学時代、ロッテ・藤岡と共に「ビッグスリー」に数えられた右腕とは2年秋に大学日本代表で出会い刺激を受けた。先にプロ入りした野村は1年目に新人王を獲得。2年目以降、伸び悩む間に菅野は球界のエースにまで上り詰めた。

     昨季は8月5日に1度だけ投げ合い、白黒付かず。昨秋の侍ジャパン強化試合では食事に出掛け、野球談議に花を咲かせたという。再び同じ土俵に立ち、「ボールの握りとか、いろんな話をしました。本当にいいピッチャーなので負けないようにしたい」。今季こそ勝敗を決する。

     今季の目標は大きくキャリアハイだ。中でも防御率1点台は1年目に達成。「クリアしたい。今までよりいい成績を残したい。すべてで超えたいと思っています」。志も高い。キャッチボールではWBC公認球の使用を継続。「少しずつ慣れてきました。どういう状況になっても対応できるようにしたい」。侍ジャパン入りの朗報を待ちつつ、最善の準備を尽くしている。

     「毎年成績を残せる投手がチームの柱になれる。黒田さん、ジョンソン、マエケンさん(ドジャース・前田)もそうだった。そういう投手に近づけるようにしたい。自分はまだ1年だと思っている」

     言葉の端々に自覚がにじみ出る。新球習得を封印し、すべての面で底上げを図る。重圧をはねのけ、エースの道を歩んでいく。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00000011-dal-base

     ハワイ優勝旅行に参加中の広島・福井優也投手(28)が5日(現地時間4日)、オアフ島のシンボルでもある標高232メートルのダイヤモンドヘッドに登頂。

     名高いパワースポットで、「(来季は)勝負の1年。11勝したい。最低でも2桁勝ちたい。結果を出し、自分で(先発ローテーションの座を)獲りに行きたい」と復権を誓った。今季は2度に渡って2軍落ちを経験。中継ぎ待機したCSファイナルSは敗戦処理で1試合に登板、日本シリーズでは最後まで出番が無かった。13試合で5勝4敗、防御率4・34。これでは満足できるはずもない。

     プロ入りして初めて口外した数字の目標は、背番号と同じ11勝だ。技術面ではカーブに活路を開く考えで、実戦でも既に投げているが現在取り組んでいるそれは従来と一変。「腕を早く振り、ボールが遅れて来るイメージ」。緩急をつけるだけでなく、勝負球としての青写真を描いていた。 (米ハワイ・江尾 卓也)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161206-00000028-spnannex-base

     25年ぶりの優勝へ、マジック「9」となった広島カープ。その原動力となっているのが、ここまでチームメートのジョンソンに次いでリーグ2位の12勝(3敗)を挙げている野村祐輔だ。

     2011年のドラフト1位で明治大から入団した27歳の右腕は5月25日の巨人戦から8連勝をマーク。プロ2年目でマークした自己最多の12勝に到達した。防御率も9月1日時点でリーグ4位の2.87。勝率はリーグトップの.800を誇る。

     プロ5年目で飛躍を遂げた右腕を周囲はどう見ているのか。大学時代から野村を見てきた明治大学野球部コーチの田中武宏さんに大学時代のエピソードや今季好調の要因を聞いた。

     明大時代は東海大の菅野智之(現・巨人)、東洋大の藤岡貴裕(現・ロッテ)とともに大学BIG3と呼ばれていた野村だが、体格的には3投手の中で一番恵まれていなかった。

    「やはり体が小さいから、ほかの2人に比べてエンジンが違うんですね。でも、野村は牽制やフィールディング、サインプレーがうまいんです。善波達也監督は『一番勝てるのは野村だ』と、いつも言っていましたよ」


    引用元 http://full-count.jp/2016/09/02/post44429/

     セ・リーグの首位を独走する広島の今季の最大のテーマは、昨季15勝をマークし今季から活躍の舞台をメジャーに移した「エース・前田健太の抜けた穴」をどう埋めるか…だった。しかし、その答えはもう出ている。なぜなら、野村祐輔がその穴を埋めているからだ。

     野村は2011年ドラフト1位で広島に入団すると、1年目から先発ローテーションの一角として、27試合に登板し、9勝11敗ながら防御率は1.98。セ・リーグの新人投手では、1966年堀内恒夫(巨人)以来46年ぶり5人目となる防御率1点台をマークし、新人王を獲得した。翌13年は12勝を挙げ、球団初のクライマックス・シリーズ進出に大きく貢献。その活躍から将来のエース候補として期待されていたが、ここ2年間は苦しいシーズンが続いていた。

    12年 27試 9勝11敗 防1.98
    13年 23試 12勝6敗 防3.74
    14年 19試 7勝8敗 防4.39
    15年 15試 5勝8敗 防4.67
    16年 15試 11勝2敗 防2.50

     今季は、この2年間の鬱憤を晴らすように、白星を積み重ねている。5月25日の巨人戦から自身初の7連勝中(広島の投手で勝敗なしの試合を挟まず、7戦7勝は、86年の北別府学氏以来30年ぶりの快挙)。ここまで、両リーグ最多の11勝目を挙げるなど、かつての輝きを取り戻している。

     さらに5月4日の巨人戦で、球団投手では99年6月28日の中日戦で紀藤が記録して以来、17年ぶりに1試合2安打を記録するなど、バッティングでもチームの勝利に貢献している。

     これから徐々に疲れが出てくる過酷な後半戦。広島のエースへの道を歩み始めた野村祐輔が、 好調を維持できれば、25年ぶりのリーグ優勝に大きく近づく ことは間違いない。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160722-00080628-baseballk-base

    このページのトップヘ