広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    エース

    広島大瀬良大地投手(28)が今秋に投球フォームを矯正することが10月31日、分かった。


    すでに秋季練習から2段モーションを封印。1度上げた左足をそのまま踏み出すシンプルなフォームでキャッチボールを繰り返した。下半身への負担減で安定感アップを目指す。飛躍を支えた投球フォームからの脱却は、さらなる進化への1歩になる。

      ◇    ◇    ◇

    2日から宮崎・日南では秋季キャンプが始まるが、エース大瀬良は広島に残る。マイペース調整を許可されているが、今季の悔しさと反省から大きな改造を決意した。昨年の投手2冠、今年の3年連続2桁勝利やリーグ最多6完投を支えた2段モーションと決別宣言。秋季練習ではすでにキャッチボールから左足を上げて、そのまま降ろすフォームを試している。「2段モーションを止めて、よりシンプルに投げていこうかなと思っています。イメージはシンプル。そこを目指したい」

    もともと2段モーションは偶発的に生まれた。上体が突っ込んだり、体重が軸足に乗り切らなかったりする癖を矯正するため、遠投で右足1本で助走をつけている形が2段モーション投法となった。奏功した結果、昨年はタイトルを獲得し、今年は周囲がエースと認めるまでに成長した。

    パフォーマンスの向上の代償に、下半身への負担が増した。2段モーションによる蓄積は長いシーズンで登板を重ねることで、影響が色濃くなった。今季終盤6試合で1勝3敗の数字にも表れている。「下半身を意識しながら投げる部分もあるし、1球1球の疲労感も違う。そこは軽減させたい」。もともと下半身が張りやすい体質。シーズン終盤にランニングの量を落とすなど対応してきたが、パフォーマンスの低下は否めなかった。

    すでにシーズン終盤に2段モーションの動きを小さくした形を試している。「小さくして安定して良かった。それなら(2段)なくても変わらないんじゃないかなって」。一定の手応えを得て、オフの大改造に入っていく。変化なくして、進化なし。今秋、鍛錬の日々を過ごすのは、秋季キャンプに参加する若手だけではない。王座奪還へ-。主力選手もまた、鍛錬の日々を送っていく。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-10310663-nksports-base

    <みやざきフェニックス・リーグ:ハンファ0-3広島>◇8日◇天福

    広島遠藤淳志投手(20)が「みやざきフェニックス・リーグ」で初先発し、韓国ハンファを相手に3回まで毎回三振の5三振を奪う完全投球を見せた。


    今年プロ初登板やプロ初勝利を記録したが、登板34試合はすべて中継ぎだった。遠藤は「来年は先発で投げたい。先発で勝負できるように、長いイニングを投げられるスタミナづくりに取り組みたい」と先発に強いこだわりを持つ。

    同リーグでは登板数を多くするためにイニング数が制限されている。この日も完全投球ながら予定通り3回降板となった。「実戦では短い回しか投げられませんが、登板翌日のブルペンで球数多く投げ込みたい」。昨秋はケガをしたが、今年は実りの多い秋とするつもりだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-10080425-nksports-base

    広島が10日から7連戦に臨む。初戦中日戦は大瀬良大地投手(28)が3週続けて中5日で先発。さらに7連戦最後の16日ヤクルト戦先発も見込まれ、先陣としんがりを努める。自身2連敗中だが、今季本拠地登板は4勝2敗。チームも本拠地で中日に7戦7勝と好相性を誇る。巨人&DeNAの上位2球団に6連勝と勢いに乗る竜を返り討ちにし、まずは2位浮上を目指す。


       ◇   ◇   ◇

    シーズン最後の大型連戦で、広島がラストスパートをかける。10日から本拠地での中日3連戦を皮切りに、首位巨人と敵地で2連戦。再び広島に戻り、ヤクルトと2連戦に臨む。4位阪神に3・5ゲーム差と広げ、2位DeNAには1ゲーム差に迫った。上位浮上へ最後の挑戦。6連勝中と勢いに乗る中日を迎える初陣は、エース大瀬良を中5日で立てて好発進を狙う。

    大瀬良 これまでもポイントのところで投げさせてもらいながら思うような結果を残せていない。しっかりといい流れをつくって、この連戦をみんなで戦っていきたい。

    自身2連敗中の右腕は表情を引き締めた。ただ自身6試合ぶりの本拠地登板は今季9試合で4勝2敗、防御率2・35と安定している。「やっぱりこの球場は特別。力になることもたくさんある。登板するすべての試合でチームを勝たせられる投球をしたい」。次々回も中5日が予想される7連戦最後の先発を含め残り3試合は、いずれも本拠地。大瀬良自身にとっても、良い形でシーズンを締めくくりたい。

    残り11試合。広島投手陣は総力を結集する。大瀬良だけでなく、11日先発の床田も3週続けて中5日登板。中4日登板で8日阪神戦に11勝目を挙げたジョンソンも次回、中5日で14日の首位巨人戦先発が見込まれる。抑えフランスアのイニングまたぎも解禁。首脳陣は上位浮上へ「最後のひと踏ん張りで何とか必死に試合をつくろう」と投手全員の奮起を促した。

    13日から2連戦の巨人、15日から2連戦のヤクルトはともに今季のカード勝ち越しを決めている相手。10日から3連戦の中日には今季マツダスタジアム7戦7勝無敗を誇る。「本拠地球場なので、一体となって立ち向かっていきたい」と大瀬良。セ界浮上へ、好相性を追い風とする。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-09090741-nksports-base

     広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(62)が古巣の2試合連続サヨナラ勝ち&4連勝に大興奮でブログを更新した。

     今季は大型連敗に大型連勝、最下位から首位までジェットコースター並みの乱高下を繰り返しているセ・リーグ3連覇中の王者・広島。20年ぶりの11連敗(1分け挟む)へ10日にピリオドを打つと、19日~21日に行われた首位・巨人との3連戦(マツダ)にすべて劇的な勝利で3連勝を飾って23日の中日戦(マツダ)も敗色濃厚な9回にバティスタの起死回生の2ランで追いつき、延長10回に先頭・安部のアーチで劇的なサヨナラ勝ちを収めて4連勝を決めた。

     試合終了直後の23日夜に「バティスターーー」とのタイトルで更新したブログでは通常より特大文字で「バティスタ」と記すと「カープアカデミーからのカープの2軍で下積みからのこの活躍ですよ」と大興奮の北別府さん。「もちろん最後の安部も!!」と後輩たちの奮闘ぶりを称えた。

     そして、24日には「まだ尾を引いている」のタイトルでブログを更新。「昨夜の名残りがまだ尾を引いているという感じ」「それほど大きなバティスタ、安部のホームランでした」と一夜明けてもまだ冷めやらぬ興奮をつづり「中継ぎ陣もよく踏ん張った!」と、先発投手のアドゥワが5回途中5失点KOされた後を無失点で18アウトを積み重ねた菊池保、遠藤、レグナルト、島内、フランスアのリリーフ陣に対しても賛辞を忘れない北別府さんだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190724-00000189-spnannex-base

     なんとか首の皮一枚つながった。

    広島は負ければ自力Vの可能性が消滅する大事な一戦に逆転勝ち。4―6の8回に鈴木と松山の連打で1点差に迫り、一死二塁から選手会長の会沢が真っ赤に染まった右翼席へ決勝の9号2ランを放り込んだ。

     本拠地での連敗を6で止めた緒方監督は「後半戦のマツダのスタートの試合で、うちらしい野球というか、粘り強くあきらめない本当にいい野球をファンの前で見せられた」とホッとした表情を見せた。

     首位・巨人に一泡吹かせて4位に浮上したが、喜んでばかりもいられない。エースの大瀬良大地(28)がピリッとしないからだ。6月5日の西武戦で勝利したのを最後に4連敗。この日は勝ち負けこそつかなかったが、今季最短の4回5失点でKOされた。

     不調の原因に心当たりはないようで、大瀬良は「悪いと思って投げていない。真っすぐ、カット、スライダー、カーブ、フォークを全部打たれていますからね…。何とか(原因を)見つけて次に生かしていければ」と話す。バッテリーを組む会沢は「この時期は疲れもあるし…明日また話し合おうと思っている」と首をかしげ、佐々岡投手コーチも「悪い球じゃないように見えるんだけど、簡単に打たれるというのは何か原因があるとは思うんだけど…」と歯切れが悪い。

     白星に恵まれないだけでなく、直近4試合ではいずれも7回のマウンドに上がれていない。「チームに迷惑ばかりかけている。この状況を打破しなきゃいけない」と大瀬良。巻き返しにエースの完全復調は欠かせない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00000012-tospoweb-base

    JR広島駅からマツダスタジアムへ続く「カープロード」沿いに30日、「津田恒美記念館」がオープンする。広島の守護神として活躍し、脳腫瘍のため1993年(平5)に32歳の若さで他界した「炎のストッパー」、津田恒実さんゆかりの品100点あまりが展示される。


       ◇   ◇   ◇

    広島の現背番号14、大瀬良大地投手は、津田さんの魂を引き継ぐ覚悟を改めて示した。入団1年目の14年10月に墓参りをした際は、津田さんの親族の厚意で生家を開けてもらい、今回広島に持ち込まれたトロフィーなどを特別に見せてもらっている。「カープの14は重みのある番号です。津田さんの前にも、偉大な方がつけてこられた。そういう思いをしっかり背負って投げていきたい」と話した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-05280028-nksports-base

    <日本生命セ・パ交流戦:西武1-9広島>◇5日◇メットライフドーム

    広島大瀬良大地投手(27)は、6回6安打1失点で自身3年連続4度目の5連勝で今季6勝目を挙げた。

    同投手は14年に5連勝、17年に7連勝、18年に7連勝している。

    広島の投手でシーズン5連勝以上を3年連続で記録したのは84年に5連勝、85年に6連勝、86年に7連勝した北別府が最後だった。

    ▼大瀬良が4月25日中日戦から5連勝。同投手の5連勝以上は14年5連勝、17年7連勝、18年7連勝に次いで4度目。広島で3年以上続けて5連勝以上は53~55年長谷川(9→5→9)78~82年北別府(6→6→8→5→11)84~86年北別府(5→6→7)以来3人、4度目。今年も7連勝すれば球団史上初の3年連続7連勝となるが、どこまで連勝を伸ばせるか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-06050753-nksports-base

     広島が29日のヤクルト戦(神宮)に5―3で逆転勝ち。先発の大瀬良大地(27)は7回を5安打無四球3失点で今季5勝目を挙げ、デビュー以来同一カード11連勝(23試合無敗)の球団新記録を樹立した。チームも2試合を残して月間最多タイ記録の18勝に到達。王者が4連覇へばく進している。

     球団新記録にも「5点取られても逆転してくれて勝った試合もある。チームが伸ばしてくれた連勝。みんなに感謝しています」と謙虚に語った大瀬良だが、チームのために腕を振りながらも、頭の片隅に置いているのが来年に迫った東京五輪出場の夢だ。

    「本当に片隅に、ですけどね。チャンスがあるのなら、そういうプレッシャーの中でやってみたいです。人生で(地元開催の)オリンピックに出られるチャンスはもうないでしょうからね。シーズンをしっかり戦っていった結果の中で選んでもらえると思うので、僕はまだまだこれからですが」

     今月中旬、広島を訪れた侍ジャパンの稲葉監督から直接激励を受け、思いをより強くした。

     神宮球場の周囲でも新国立競技場の建設が進み、五輪開幕への準備が進んでいるのを目の当たりにした。夢のマウンドまで1年。コイのエースから日本のエースを目指し、負けられない戦いが続く。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000034-tospoweb-base

    話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、5月22日の中日戦で完投勝利を挙げ、チームを9連勝に導いた広島のエース・大瀬良大地投手のエピソードを取り上げる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190526-00010034-nshaberu-base

     温厚な性格の広島・大瀬良大地投手(27)大瀬良の“野球観”が変わったプレーがある。2017年8月16日の阪神戦(京セラドーム)。2回の打席で藤浪から左腕に死球を受けた。

     球場内は一時騒然。しかし、大瀬良が笑顔で「大丈夫」と藤浪にサインを送ったことで不穏なムードはすぐに収まった。この行為にネット上では「神対応だった」など称賛の声が挙がった。

     大瀬良は「別にあれは神対応だとは思ってない」と振り返る。「僕が小さいころから学んできた野球観がそういうものだったので、そういう対応をした」と当たり前のことをしただけだった。しかし、この行為が思わぬ波紋を呼んだ。16年限りで引退したレジェンド黒田氏から「大地のやったことを肯定も否定もしない。ただ、やるかやられるかという気持ちは必要」との指摘を受けたのだ。

    「“アマチュアの野球観”と“プロの野球観”に違いがあるというのは、そこで勉強させてもらった」。少年時代から高校、大学を通して自らを形成してきた野球に対する考えを見直すきっかけになったという。

     ただ「変えなくてもいい価値観もある」とも言う。チームメートとの接し方。後輩に対して言葉で伝えることやコミュニケーションを取りやすい環境をつくることは継続していくつもりだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000012-tospoweb-base

    このページのトップヘ