広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    オリックス・バファローズ

    「空振り三振は積極的にチャレンジした結果だが、見逃し三振は消極的な態度の表れ」ということで見逃し三振が咎められる傾向にあるようですが、見逃し三振覚悟でヤマを張り、狙い通りならバッティング、そうでなければ無理に体勢を崩さず見逃すことでバッティングが向上するという実例もあるようです。



     今回は打者の「空振り三振」と「見逃し三振」に分けてランキングを紹介していきます。

     まずは12球団の三振における「空振り三振」と「見逃し三振」の割合を見てみましょう。

    ○2018年チーム三振
    【パ・リーグ】
    オリックス
    空振り三振 811(80.9%) 見逃し三振 191(19.0%)

    楽天
    空振り三振 847(78.9%) 見逃し三振 220(20.5%)

    西武
    空振り三振 863(78.2%) 見逃し三振 236(21.4%)

    日本ハム
    空振り三振 856(77.7%) 見逃し三振 242(22.0%)

    ソフトバンク
    空振り三振 772(77.3%) 見逃し三振 220(22.0%)

    ロッテ
    空振り三振 680(76.6%) 見逃し三振 204(23.0%)

    セ・リーグ
    中日
    空振り三振 758(77.3%) 見逃し三振 207(21.1%)

    DeNA
    空振り三振 803(77.1%) 見逃し三振 227(21.8%)

    広島
    空振り三振 851(74.5%) 見逃し三振 276(24.1%)

    阪神
    空振り三振 801(73.8%) 見逃し三振 274(25.2%)

    ヤクルト
    空振り三振 682(73.3%) 見逃し三振 237(25.5%)

    巨人
    空振り三振 795(71.0%) 見逃し三振 305(27.2%)

     オリックスの空振り三振の割合が80%を超えています。積極的にスイングにいってはいるものの、ボール球に手を出す確率も多く、空振りが増えているという様子が伺えます。

    ○2018年 空振り三振ランキング (カッコ内順位は三振ランキング)
    山川穂高(西武) 111(1位)
    丸佳浩(広島) 108(2位)
    ペゲーロ(楽天) 102(5位)
    レアード(日本ハム) 100(3位)
    福田永将(中日) 100(7位)
    バレンティン(ヤクルト) 99(4位)

    ○2018年 見逃し三振ランキング (カッコ内順位は三振ランキング)
    鈴木誠也(広島) 42(11位)
    岡本和真(巨人) 39(5位)
    田中広輔(広島) 37(9位)
    筒香嘉智(DeNA) 36(17位)
    山田哲人(ヤクルト) 33(7位)
    嶋基宏(楽天) 33(38位)
    秋山翔吾(西武) 32(29位)

     空振り三振のランキングでは、三振上位の顔ぶれが並んでいますが、見逃し三振の方では必ずしも相関があるというわけではありません。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00329133-fullcount-base

     野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は18日、沖縄・那覇市内で記者会見を行い、3月9、10日に行う強化試合メキシコ戦のメンバー28人を発表。日本ハム・清宮幸太郎内野手、ヤクルト・村上宗隆内野手、オリックス山本由伸投手ら11選手が初選出となるなどフレッシュな顔ぶれが集まった。


     シーズン開幕2週間前で調整が難しい中で行われる国際試合。最多選出は昨年2年連続日本一を飾ったソフトバンク、巨人の4人。ソフトバンクからは下手投げ右腕の高橋礼、昨季守護神だった森唯斗、強肩で“甲斐キャノン”の異名を持つ甲斐拓也、攻走守三拍子揃った上林誠知外野手が選ばれた。巨人からは岡本和真内野手、17年13勝を挙げた左腕・田口麗斗を始め、小林誠司捕手は17年WBC以来2年ぶりの選出。プロ3年目で飛躍が期待される吉川尚輝内野手は初選出となった。

     一方で、1人も選出されなかったのが昨季10年ぶりのリーグ優勝を飾った西武だ。昨年11月の「2018 日米野球」には常連の秋山翔吾外野手を始め、多和田真三郎投手、森友哉捕手、山川穂高内野手、源田壮亮内野手、外崎修汰内野手の5人選出。12球団最多となる6人が選ばれたが、一転して12球団唯一の選出なしとなった。

    「2018 日米野球」では阪神、オリックスが選出なしだったが、阪神から昨季打率.274、初の2桁11本塁打をマークした大山悠輔内野手、オリックスからは救援から先発転向する山本由伸、プロ3年目の先発右腕・山岡泰輔、昨季打率.321、26本塁打、86打点をマークした4番の吉田正尚外野手が選ばれた。セ・リーグ3連覇中の広島からは野間峻祥外野手が唯一選出された。

    ソフトバンク(4人):高橋礼、森唯斗、甲斐拓也、上林誠知
    巨人(4人):田口麗斗、小林誠司、吉川尚輝、岡本和真
    日本ハム(3人):清宮幸太郎、近藤健介、西川遥輝
    オリックス(3人):山岡泰輔、山本由伸、吉田正尚
    ロッテ(3人):松永昂大、田村龍弘、中村奨吾
    DeNA(3人):山崎康晃、今永昇太、三上朋也
    ヤクルト(3人):梅野雄吾、原樹理、村上宗隆
    楽天(2人):森原康平、田中和基
    広島(1人):野間峻祥
    中日(1人):京田陽太
    阪神(1人):大山悠輔



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00300969-fullcount-base&pos=1

     【新井さんが行く オリックス編】スポニチ本紙評論家の新井貴浩氏(42)がキャンプ地を巡る「新井さんが行く!!」はオリックス編。西村徳文監督(59)のもと、若手中心で生まれ変わろうとしている現状に注目を寄せた。

     西村監督とは共通の知人がいて以前から、お話しする機会が度々あった。対話をすごく大切にする印象がある。若い選手が多いオリックスにはフィットするんじゃないかな。頭ごなしに自分の考えを押しつけるのではなく、若い子と同じ目線に立って気持ちを共有できる方だと思う。

     まだ2年目の福田君を新キャプテンに指名した理由を聞いた。「若いチームだから、若い人に引っ張ってほしい」と。「困ったことがあったら、いつでも言って来い。俺たち(首脳陣)が助けてやるから」と背中を押してあげたそうだ。

     副キャプテンが山岡君だ。野手と投手の両方から新しいリーダー候補を選んだ形になる。「チームがうまくいかなくなると、野手と投手が、お互いに対して不満を抱えがちになる。だから、2人でコミュニケーションを取ってほしい」と期待していた。実は2人とも広島の高校出身。注目していきたいね。

     いまのオリックスは低迷していた頃の広島とかぶる。まだ20代だった頃、黒田さんが「俺が投手を引っ張るから、おまえが野手を引っ張れ。一つになってやっていこう」と言ってくれた。オリックスもベテラン選手が一気に抜けて新しいチームになろうとしている。今後がすごく楽しみだね。

     テストに合格した成瀬も本当によかった。北京五輪の時からよく知っている。けがもあってヤクルトでは思ったような力を発揮できなかった。こうして活躍できる舞台ができたことが自分のことのようにうれしい。がんばれ、成瀬!!




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000067-spnannex-base

    <カープ観測 7日>

    日刊スポーツはキャンプ期間中「カープ観測」と題し、広島のさまざまなデータを計測し、その強さを探っていきます。

      ◇    ◇    ◇

    鈴木が「神ってるバット」と決別した。16年6月18日オリックス戦で2試合連続サヨナラ弾を放ち、緒方監督から「今どきの言葉で言うなら、神ってる」と称賛された。翌19日には3試合連続決勝弾を放ち、25年ぶり優勝の原動力となった。そのときから使い続けてきたものを、今季から変更しているという。

    アシックス社の佐々木邦明さん(34)は「鈴木選手は昨年、製作現場に実際に足を運び、スイングしながらリクエストしていました。納得した形をつくるためコンマ1ミリ単位で調整し、振り抜きやすさを追究したんです」と説明する。

    変更点は長さ86・5センチ→85・1センチと少し短くなり、最も太い部分が直径65・2ミリ→64・0ミリとやや細身に。グリップ部分は直径25・0ミリで変わらないが、グリップエンドに左手の小指がしっかりかかるよう、形状を変更したという。重さ900グラムは同じで、素材はメープルとホワイトアッシュの2種類をつくった。

    鈴木の原点は「もっとうまくなりたい」ということ。今キャンプではスケールアップしたスイングでスタンドの度肝を抜いている。過去の栄光にすがらず、さらなる進歩を目指す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00473282-nksports-base

     広島は8日、3月16日のオープン戦・オリックス戦(マツダスタジアム)で、昨年引退した新井貴浩さんの引退セレモニーを開催すると発表した。

     当日は13時試合開始で、11時開門の予定。試合前には新井さんが始球式に登場する。さらに、試合後は新井さんからの挨拶があり、花束も贈呈される予定。なお、雨天などにより試合中止となった場合は、セレモニーは翌17日に行われる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00294999-fullcount-base

     オリックスからFA宣言した西勇輝投手が阪神への入団を決めた。広島からFA宣言した丸佳浩外野手は巨人への入団が決定。ともに西武からFA宣言した浅村栄斗(ひでと)内野手と炭谷銀仁朗捕手はそれぞれ、楽天、巨人への移籍が決まった。いずれの選手もFAで人的補償が発生するランクAやBに属しており、今年もFA移籍選手の代わりに掘り出し物の選手を取る球団があるのか、注目が集まる。

     今年、オリックスの投手で唯一、2けた勝利を挙げた大黒柱の西を引き抜いた形となった阪神だが、それなりの「出血」の覚悟は必要だ。阪神の谷本修球団本部長は、西の獲得で「来年も開幕は(西が慣れ親しんでいる)京セラドームから始まるし、大いに期待したい」と顔をほころばせたが、その一方で、選手の流出は免れない状況だ。

     西の今季年俸は1億2000万円で、Bランク(年俸額でチームの上位4位から10位までの間)とみられ、阪神からオリックスへの補償はプロテクトからもれた選手1人と金銭(旧年俸の40%)、あるいは金銭のみ(旧年俸の60%)の補償のどちらか。人的補償として甲子園を去らなければならない選手が一体誰になるのか、気になるところだ。

     オリックスが人的補償を選択した場合、阪神は提出する28人のプロテクト名簿(球団が保護する選手のリスト)から漏れた選手(外国人選手とドラフト獲得の新人選手は除く)を誰か一人、泣く泣く手放さないといけない。

     就任早々、在籍する選手の取捨を考えなければならない矢野燿大(あきひろ)監督は「めちゃくちゃ難しい。(チームを抜けると)痛い選手を取られる可能性が高い」と苦しい胸の内を明かす。「矢野監督は誰も出したくないだろうが、どこで割りきるか。監督も悩んでおられると思うので、相談する」と谷本本部長も言う。

     たとえプロテクト漏れの選手だからといって軽視はできない。たとえば、現在広島で活躍している一岡。2014年に広島からFA宣言して巨人入りした大竹の人的補償として広島に移籍してから中継ぎの柱として3連覇に大きく貢献している。

     阪神でも、結果的に貴重な戦力を手放してしまった苦い思い出がある。08年に新井貴が阪神にFA移籍した際、広島は人的補償で外野手の赤松を指名。その能力を買っていた当時の岡田監督は「そやから『赤松は危ない』(狙われる)てフロントに言うてたんや」と嘆き、実際に赤松は広島移籍1年目から定位置を獲得した。

     悲喜こもごものそうした悲喜劇が繰り返されるのか。今オフのFAの顛末は、引き続き目が離せない。(上阪正人)=金額は推定


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000556-san-base

    このページのトップヘ