広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    オリックス・バファローズ

     オリックスからFA宣言した西勇輝投手が阪神への入団を決めた。広島からFA宣言した丸佳浩外野手は巨人への入団が決定。ともに西武からFA宣言した浅村栄斗(ひでと)内野手と炭谷銀仁朗捕手はそれぞれ、楽天、巨人への移籍が決まった。いずれの選手もFAで人的補償が発生するランクAやBに属しており、今年もFA移籍選手の代わりに掘り出し物の選手を取る球団があるのか、注目が集まる。

     今年、オリックスの投手で唯一、2けた勝利を挙げた大黒柱の西を引き抜いた形となった阪神だが、それなりの「出血」の覚悟は必要だ。阪神の谷本修球団本部長は、西の獲得で「来年も開幕は(西が慣れ親しんでいる)京セラドームから始まるし、大いに期待したい」と顔をほころばせたが、その一方で、選手の流出は免れない状況だ。

     西の今季年俸は1億2000万円で、Bランク(年俸額でチームの上位4位から10位までの間)とみられ、阪神からオリックスへの補償はプロテクトからもれた選手1人と金銭(旧年俸の40%)、あるいは金銭のみ(旧年俸の60%)の補償のどちらか。人的補償として甲子園を去らなければならない選手が一体誰になるのか、気になるところだ。

     オリックスが人的補償を選択した場合、阪神は提出する28人のプロテクト名簿(球団が保護する選手のリスト)から漏れた選手(外国人選手とドラフト獲得の新人選手は除く)を誰か一人、泣く泣く手放さないといけない。

     就任早々、在籍する選手の取捨を考えなければならない矢野燿大(あきひろ)監督は「めちゃくちゃ難しい。(チームを抜けると)痛い選手を取られる可能性が高い」と苦しい胸の内を明かす。「矢野監督は誰も出したくないだろうが、どこで割りきるか。監督も悩んでおられると思うので、相談する」と谷本本部長も言う。

     たとえプロテクト漏れの選手だからといって軽視はできない。たとえば、現在広島で活躍している一岡。2014年に広島からFA宣言して巨人入りした大竹の人的補償として広島に移籍してから中継ぎの柱として3連覇に大きく貢献している。

     阪神でも、結果的に貴重な戦力を手放してしまった苦い思い出がある。08年に新井貴が阪神にFA移籍した際、広島は人的補償で外野手の赤松を指名。その能力を買っていた当時の岡田監督は「そやから『赤松は危ない』(狙われる)てフロントに言うてたんや」と嘆き、実際に赤松は広島移籍1年目から定位置を獲得した。

     悲喜こもごものそうした悲喜劇が繰り返されるのか。今オフのFAの顛末は、引き続き目が離せない。(上阪正人)=金額は推定


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000556-san-base

    ■オリックス 4-1 広島(12日・京セラD大阪)

     広島は12日のオリックス戦に1-4で敗戦。打線が散発の2安打とオリックス投手陣に抑え込まれたものの、名手・菊池が美技で敵地・京セラドームを沸かせる場面があった。


     この試合、先発の福井が2回に大城に先制2ランを被弾。さらに、4回はT-岡田の犠飛で追加点を許した。5回に新井のソロ弾で1点を返すも、6回には福井がロメロにソロ弾を被弾。再び引き離された。

     苦しい戦いが続く中、広島にとって数少ない見せ場の1つとなったのが、8回の菊池の守備だ。2死一塁の場面で、吉田正の二遊間へのゴロを猛然と追いかける。驚異的な守備範囲で打球に追いつくと、深い位置から倒れ込みながら送球。見事に吉田正をアウトに仕留めた。

     広島は9回、2死から丸が四球で出塁するも、最後は鈴木が空振り三振に倒れて完敗。菊池自身も4打数無安打2三振に終わるなど打線がふるわず、魅せるプレーも勝利にはつながらなかった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00137275-fullcount-base

     広島・緒方孝市監督(49)が11日、苦手の助っ投攻略のキーマンに新井貴浩内野手(41)を指名した。12日のオリックス戦(京セラD)からの6連戦はDH起用が可能。「新井は右、左に関係なく一番手の選手。切り札になる」と期待を寄せた。

     リーグ屈指のカープ打線も、交流戦に入り、相手先発が外国人の試合は4戦全敗。12日も7勝を挙げている左腕・アルバースと対戦する。新井は今季、助っ人投手に7打数3安打の打率4割2分9厘。「苦手意識はない。振っていく中で合わせる感じ。DHも経験はあるし、準備をしっかりしたい」と胸をたたいた。

     迎打撃コーチは「ボールを動かしてくる外国人(投手)はゴロを打たされてしまうことが多い。センター方向に打つ意識を徹底させたい」と対策を明かした。チームは15年からオリックスに9連勝中。相性の良さも生かし、ラストスパートで交流戦を締めくくる。(表 洋介)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000008-sph-base

     広島は11日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で投手指名練習を行った。12日からのオリックス3連戦(京セラ)に先発予定の福井、岡田、フランスアらが参加し、キャッチボールやダッシュなどで調整した。

     フランスアは「ドームは初めてです。球が速く見えるし、涼しいし、いいと思います」と心待ちにしていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00000051-dal-base

     【データプラス】 すっかり定着したQS(クオリティースタート)は先発投手が6回以上、自責点3以下に抑えると記録される指標。ここでは各球団のQS率とQS達成試合の勝率などに注目する。 (記録課・志賀 喜幸)

     今季、球界全体のQS達成試合の勝率を調べると・671。チーム別に見ると、両リーグ最高のQS率66・7%を誇る西武はQS試合で・769の高勝率。また、広島は唯一、これを上回る勝率・783とセ、パの首位が効果的な援護でQS試合をものにしている。

     対照的にQS試合を生かせないのがオリックス。QSを西武の26に次ぐ25も記録しながら、その試合の勝敗を見ると14勝11敗の勝率・560止まり。チーム主力のQS達成試合の勝敗を見ても西がQS7試合で2勝4敗、山岡が同6試合で2勝3敗と好投が報われない。現在4位に沈むチームの浮上はQSに応える打線の援護が鍵になる。

     次に、HQS(ハイクオリティースタート=7回以上、自責点2以下)試合の勝率も計算すると球界全体で・793。QSよりも大幅に勝利の可能性がアップするが、そのHQS率の両リーグ1位は日本ハムの39・0%。開幕41試合で16ものHQSを記録し、その試合は・813(13勝3敗)の高勝率だ。チーム内のHQSトップは上沢の5。HQS率は71・4%となり、セ、パ規定投球回到達投手では菅野(巨)、メッセンジャー(神)、則本(楽)の62・5%を抑えるNo・1だ。打線はパ5位の打率・228と復調途上の日本ハムだが、上沢ら強力先発陣の活躍で西武を脅かす存在になりそうだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000082-spnannex-base

    このページのトップヘ