広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    オリックス・バファローズ

    ◆2011年5月20日 日本生命セ・パ交流戦 オリックス3―2広島(京セラD)

     冷静沈着な広島・野村謙二郎監督が、珍しく動揺しているのがモニターの画面越しにもわかった。試合前のメンバー交換。審判団に何事かを指摘され、三塁ベンチに向かって指で示したのは「×(バツ)」のサインだった。一方、どや顔のオリックス・岡田監督。あまりにわかりやすく、鮮やかなコントラストが描かれていた。

     問題となったのは「7番・DH」でスタメンに据えた投手の今村。当時の交流戦とセ・リーグは予告先発ではなく、相手先発が読み切れなければ、登板予定のない選手を“当て馬”として起用することがあった。この試合も右腕の木佐貫か左腕の中山か悩んだ末の「作戦」。だが、野球規則では、指名打者は相手先発に1打席を完了しなければならなかった。

     野村監督「予期していなかった。あれは僕の失敗、ボーンヘッド。言い訳しようがない」

     岡田監督「言うてやったんよ。(DHは1打席は)そのまま打席に立たなアカンてな」

     試合は7回に逆転されて敗れたが、試合前に流れを手放していた感は否めない。

     その今村が登場したのは2回1死一塁。木佐貫の初球を落ち着いて送り、お役御免で次の打席から石井に交代した。きっちりバントの仕事を果たした20歳が「ルールなので仕方ないですよ」と涼しい顔で振り返ったのが印象的だった。

     「よかった。(今村の打席で)チャンスになったらどうしようとドキドキしていた」。当時はBクラスが常連だったチームを後に再建した指揮官らしからぬミステイク。ほほえましくも苦い思い出になっているが、翌年には観客増などの狙いからセ・リーグでも予告先発が導入された。偵察要員は今後も起こりうるが、この日のようなケースはまず見られない珍事として記憶に残っている。

     ◇野球規則5・11 1(a―2)試合開始前に交換された打順表に記載された指名打者は、相手チームの先発投手に対して、少なくとも1度は、打撃を完了しなければ交代できない。ただし、その先発ピッチャーが交代したときは、その必要はない。

     ◇阪急・上田監督も 1982年8月12日の阪急・近鉄戦(日生)で阪急・上田監督が「5番・DH」で新人右腕の山沖を起用。初回1死満塁で見逃し三振を喫した。試合は13―5で阪急が逆転勝ちした。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200520-05170130-sph-base

     広島のアドゥワ誠投手(21)が7日、オリックス・山本由伸投手(21)のストレッチ法を導入しての投球フォームの可動域拡大と、背中の柔軟性を高めての球威向上を誓った。この日は廿日市の大野練習場で2軍寮生組の練習に参加し、ブルペンに入った。開幕延期を有効活用し、1軍昇格を目指す。

     柔も剛も兼ね備え、アドゥワがさらなる高みを目指す。4月上旬頃からオリックス・山本のストレッチ法を導入したことを明かした右腕。チームメートの高橋昂が取り組んで好感触を得ていることから、「自分も体が硬いから始めようと思った」と背景を語った。

     山本は昨年、最優秀防御率のタイトルを獲得した高卒4年目の同級生。150キロ超の速球を武器にプレミア12日本代表に選出されるなど、目覚ましい活躍を見せた。面識はないものの、アドゥワにとって大きな刺激となっており、学ぶ点は多い。

     ユーチューブやSNSで配信されている動画を参考に、見よう見まねでストレッチを行っている。ブリッジの体勢から回旋する動きや、逆立ちしながら足を前後させる動きなどさまざまな“由伸体操”に挑戦している。

     投球フォームの可動域拡大や、背中の柔軟性を高める効果が期待でき、体にしなりが生まれることで球威向上につながる。「柔らかくすることで負荷も減って、けがのリスクも減ると思います」と手応えを感じている。

     春季キャンプ中は開幕ローテの一角を争っていたが、2月24日の巨人とのオープン戦では、3回6安打3失点と結果を残せなかった。その後は登板機会に恵まれず、ローテ争いから脱落。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が不透明な状況。自身の投球を見つめ直すという意味では、この延期期間をプラスに捉えることができる。

     現在は、直球の精度アップとキレを磨くことに熱を入れている。「真っすぐの精度を上げるように投げている。試合がないので、試す期間だと思う。いろいろやっていきたい」と意欲を示した。

     この日は2軍寮生組の練習に参加し、体幹トレーニングやブルペンで投げ込むなど精力的に汗を流した。今季4年目を迎える背番号48。自身の課題と向き合いながら2軍でアピールを続け、1軍昇格に向けて研さんを積んでいく。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200508-00000021-dal-base

     2020年4月22日。米国のMLB、日本のNPB、韓国のKBO、台湾のCPBLという4つのプロ野球リーグで勝利を飾るというレアな記録を達成した人物がいる。それが30歳右腕のドン・ローチだ。今季からCPBLの統一ライオンズに所属するローチは、この日、富邦ガーディアンズ戦に先発すると台湾での初勝利を記録。アメリカとアジアで合計13球団を渡り歩く“ジャーニーマン”は、2018年に2か月だけオリックスでプレーした経験を持つ。「Full-Count」ではローチに電話取材を行い、記録達成の喜び、そして気になるCPBLの新型コロナウイルス対策などについて聞いた。



     米韓日台という4つのプロ野球リーグで白星を飾るレアな記録。「達成する前は気にも留めていなかった」というが、今では「とてもクールなことだと思うし、ハッピーな気分だ。自分を誇りに思うよ」と話す。

     南ネバダ大から2010年ドラフト3巡目でエンゼルスに入団するが、メジャー昇格前の12年にパドレスへトレード移籍。メジャー初昇格を果たした14年に初勝利を飾った。カブス、マリナーズなどを経て、2017年にKBOのKTウィズに入団。海外リーグへ移籍することにためらいはなかったのか。

    「もちろん、初めは慣れない国での生活は大変だったけど、これまで過ごしてきた瞬間瞬間を心から楽しめている。そして、こういうチャンスを与えてくれた野球に感謝しているよ。野球選手としても、一人の人間としても成長する機会を与えてくれたんだから」

     そもそもが「郷に入っては郷に従え」というタイプ。韓国、日本、台湾に生活の拠点を置いても「言葉のバリアがある時は、その地域のやり方を理解するのに時間がかかることもあるけれど、自分が常識だと思っていることを無理矢理押しつけるわけにはいかない。まずは受け入れること。些細なことに囚われず、広い視野を持つことが大切だと思う」と話す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200504-00765036-fullcount-base

    広島は延期となった開幕までの調整方針を固めた。

    鈴木球団本部長は「4月の頭からパ・リーグの球団と練習試合をやりたい。相手もあることなので、2軍(派遣)も含めて考えていきたい」と説明。4月上旬にソフトバンクなど西日本に本拠地を置くパ・リーグ球団に練習試合を打診。パが練習試合を再開する4月10日以降も、中日などセ・リーグ球団に打診する考えを明らかにした。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-23240694-nksports-base

    2年目の広島羽月隆太郎内野手は「パルクール」で飛躍を目指す。障害物を跳び越えていく体操の新種目で、フランスの軍隊訓練から発展した。


    東広島市内の施設でオリックス山岡らと昨年12月から約1カ月実施。「体の使い方、動作の1歩目だったり、スムーズに体が使えるようになりました」。山岡には打撃投手を務めてもらい「打者のどういう反応を見てるのか、いろいろ教えていただきました」と充実感を漂わせた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-01220779-nksports-base

     オリックスが若手中心で“常勝軍団”を目指す。今オフは早々にFA戦線から不参加を表明したばかりか、ドラフトも5人中3人が高校生。さらに育成枠を8人も獲得するなど育成を念頭に置いた動きを見せた。

     新任の森川球団本部長は「立派な設備があるんだから合宿所からいい選手を育てる。今年は一軍を経験した若手も多いので来季が期待できる」と鼻息が荒く、別のフロント関係者も「完全に育成の方針になったということ。来年どうこうよりも3年後、5年後を見据えている。それまでは外国人に頼ってしのいでいくしかないですよ」と話すほどだ。

     モヤ、ロメロを超える最強助っ人探しは急務とはいえ、基本的には自前モードに突入だ。オリックスは優勝したソフトバンクを勝ち星で上回った2014年オフに大補強を敢行。中島(巨人)、ブランコ、小谷野(オリックス二軍コーチ)、バリントンを獲得したほか、金子(日本ハム)と平野(ダイヤモンドバックス)と大型の複数年契約を結ぶなど約20億円をかけて頂点を狙った。しかし、期待の新戦力は思うように機能せず、森脇監督が6月に休養するなど結果は5位。その時の教訓から補強には慎重になり、ドラフトも即戦力を中心に獲得している。

     あるコーチは「自前で広島みたいなチームをつくらないといけない。まず補強ありきではない」と張り切るが、球団内には「今はそういう周期なのだろう」の声も…。23年間も優勝から見放されるなど長らく迷走状態が続くオリックス。育成が結実するか。 


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000023-tospoweb-base

     ◇2019ドラフト会議(2019年10月17日)

     【ドラフト総括】例年に比べて候補選手の全体数が少ない中で行われた今年のドラフト。各球団のスカウトの腕が試され、し烈な情報戦も展開された印象だ。

     野手が補強ポイントだった球団は、数少ない実力派内野手をめぐり早めの指名を目指した。DeNAは徹底した情報管理で外れ1位候補筆頭だった桐蔭学園・森の単独指名に成功。1位指名の情報は球団上層部でもごく一部で共有。他球団による当日の事前予想も情報が錯綜(さくそう)しただけに、戦略勝ちだった。

     オリックスは石川を1位指名した。将来的なスター候補として佐々木の指名を最後まで検討していた一方で、スカウト陣の中では将来のクリーンアップ、レギュラーの三遊間候補として石川を推す声も多く上がっていたという。こちらもクジ引き役を公表しないなど徹底した情報統制。当たりクジは巡ってこなかったが、最終的に現場スカウトの意見が尊重されたもようだ。

     最大の注目だった163キロ右腕・佐々木はパのみ4球団が入札してロッテが交渉権を獲得。佐々木と双璧だった奥川はセのみ3球団が入札とリーグの特性がはっきりと表れた。

     結果的に明大・森下の1位指名を事前公表して一本釣りした広島は大成功のドラフトとなった。奥川を引き当てたヤクルトはウエーバー1巡目の利を生かし、1位級の評価を得ていた日体大・吉田を指名。奥川、吉田ともに今年の日本代表。実力派投手を1、2位で指名しこちらも成功したと言える。(アマ野球キャップ・松井いつき)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00000147-spnannex-base

     13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、規定投球回に到達している投手が3人しかいないパ・リーグの先発投手について言及した。

     昨年はセ・パあわせて17人の投手が規定投球回に到達したが、今季はここまでセ・パあわせて12人しかいない。パ・リーグは菊池雄星がメジャーに挑戦し、則本昂大(楽天)、岸孝之(楽天)、上沢直之(日本ハム)、マルティネス(日本ハム)など各球団先発投手の故障者や成績不振の投手が多かったとはいえ、規定投球回に到達している投手が9月15日時点で3人というのは、かなり寂しい。

     江本氏は「いくらバッター中心の野球界になったとしても、ピッチャーとバッターのバランスがとれて野球ですから。このまま終わったらイカンですよ。パ・リーグはちょっと考えないとね。ピッチャーに重きをおくよりも、打線に重きを置いている一つの証拠でしょうね」と苦言を呈した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00202963-baseballk-base

     元TBSの枡田絵理奈アナウンサーが12日、ブログを更新。「広島友達」のタイトルで、タレント・木口亜矢とのツーショットを掲載した。


     ふたりは高校時代からの友人で、「学校は違ったものの、家も近くて、生放送の帯番組で共演していたのもあって、毎日一緒にいたし、しょっちゅう我が家に泊まりに来ていました」という。

     高校時代のツーショットも公開。「そんなあやが、広島に引っ越してきて、しかも同級生の子供ができて、一緒に広島で支え合って子育てできていることが幸せだし奇跡的」「あやが来てから、一気に広島にホーム感がましました」と、喜びも記した。

     枡田の夫は、プロ野球の広島・堂林翔太内野手。互いの子供がプールで遊ぶ写真も載せ、「ワンオペでプールはなかなか大変だけど、こうやって一緒に遊べると助け合えるし、楽しさ倍増 あや ありがとう」と感謝した。

     木口の夫も元プロ野球選手の堤裕貴氏で、オリックスでプレーした。今年4月、木口は自身のブログで「広島で保育園の先生をしています」と報告していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190812-00000097-dal-ent

     前シーズンの反省や、退団選手の穴埋めを念頭に行われるオフシーズンの補強に比べ、シーズン途中の補強はレギュラーシーズンを戦い続けるうえで浮き彫りとなった課題、もしくは故障者のカバーといった、いわば不測の事態への緊急対応といった側面がより強いものとなってくる。


     昨季は開幕前の駆け込みトレード(阪神・榎田大樹投手と西武・岡本洋介投手)に始まり、シーズン中のトレードも6件成立した。そして、今季は7件と昨季を上回るペースで開幕後のトレードが行われ、多くの選手が新天地での飛躍を期している最中だ。

     前半戦が終わった今、あらためて昨季途中のトレードで移籍した選手たちの成績を確認してみると、新たなチームやリーグの環境により適応し、貴重な戦力として活躍している選手が存在することに気づかされる。そこで、今回はそれらの選手の現状について紹介していきたい。

    (昨季の成績は移籍後のもののみを掲載。今季の成績は8月2日の試合終了時点)

    ○ソフトバンク:市川友也捕手(日本ハム)

    昨季成績:25試合 2本塁打 5打点 打率.167
    今季成績:1軍出場なし

     開幕直後に捕手陣に故障者が続出したことにより、緊急補強としてシーズン開幕直後に金銭トレードで移籍。新天地でも5月から7月初旬まで控え捕手としてチームを支えたが、8月4日の試合を最後に1軍での試合出場からは遠ざかった。今季もここまで2軍では打率.313と打撃好調だが、まだ1軍では試合に出場していない。

    ○オリックス:白崎浩之内野手(DeNA)

    昨季成績:30試合 1本塁打 9打点 打率.239
    今季成績:18試合 1本塁打 4打点 打率.212

     昨季移籍後に打撃で結果を残し、8月には12試合で打率.300と好調をアピール。8月12日には移籍後初本塁打を放って存在感を示したが、9月の再昇格後は7試合で打率.158と振るわず、最終的には年間打率も.239にとどまった。2019年は2軍で27試合で打率.281と一定の数字を記録しているものの、1軍では18試合で打率.212と確実性に課題を残している。

    ○オリックス:高城俊人捕手(DeNA)

    昨季成績:1軍出場なし
    今季成績:5試合 0本塁打 0打点 打率.182

     2018年の移籍後は1軍出場が1試合もなく、1軍メンバー入りを勝ち取った今春のキャンプでは初日に肉離れで離脱を強いられた。苦難を乗り越え、今季の5月に移籍後初出場を果たして5試合に出場したが、その後は再び2軍での調整が続いている。2軍でも打率.130と打撃面で結果を残せず、元中日・松井雅人選手の加入も向かい風か。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190803-00486563-fullcount-base

    このページのトップヘ