広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    オリックス・バファローズ

     ◇オープン戦 広島0―5オリックス(2017年3月23日 京セラD)

     広島・九里が、新人だった14年以来2度目となる開幕ローテーション入りをつかみ取った。6回3安打無失点の好投を受け、緒方監督からローテ入りを明言されて破顔一笑だ。

     「目標が達成できた。毎試合、自分の持ってる力を出して1年間、守れるようにしたい」

     この日はキレのある直球を武器に得点を許さなかった。3回2死二、三塁のピンチでは、西野を内角低めギリギリの直球で見逃し三振。4回二死一、二塁でも小島を遊ゴロに仕留めた。女房役を務めた会沢からは「2ストライクから高めに浮くような投げミスが少なくなった」と進歩を実感された。

     緒方監督も上機嫌だ。「真っすぐの質と使い方が(去年より)良くなっている。真っすぐがいいから変化球も生きる。(引退した)黒田の穴を彼が埋めてくれるんじゃないかという大きな期待をしている。それは言い過ぎかな? でも、ほめるときはほめないと」と笑った。開幕6戦目の4月6日の中日戦(ナゴヤドーム)に向かう見込み。「下克上ローテ入り」をきっかけに飛躍の年にしてみせる。 (柳澤 元紀)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000041-spnannex-base

     ◇オープン戦 広島0―5オリックス(2017年3月23日 京セラD)

     広島・新井貴浩内野手(40)が攻守で存在感を発揮した。23日、オリックスとのオープン戦(京セラドーム)に今春初めて「4番・一塁」で先発出場。難しい内角球を左前へ運ぶと、守備でも不規則に跳ねたゴロを処理し、右ヒザ強打の不安を一掃した。緒方監督は、順調な昨季MVPを頼もしく見つめつつ、若手に「今年もオンブにだっこではダメ」と奮起を求めた。

     積み重ねた19年の年輪はダテじゃない。前日22日の同カードで5試合ぶりに復帰した新井が、この日も精彩を欠く若ゴイ勢を抑えて攻守で目立った。中でもキラリと光ったのは一塁守備だ。本人は「普通でしょ」と切り出したが、戦況には確実に好影響を与えた。

     0―0の6回だ。先頭・西野が放った一塁線へのゴロ。直前に跳ね方が変わったが、倒れ込みながら機敏に捕球し、ベースカバーの九里にトスして出塁を阻止した。「守備は守備で集中してやらないと。イニングの先頭だったので」。好守で右腕を勇気づけた。

     15日の楽天戦(静岡)で一塁守備に就いた際、ゴロを止めようとして右ヒザを強打。4試合を欠場し、前日22日に復帰したばかりだった。「もう問題ない。大事を取らせてもらった」。開幕の足音が近づく中、ハッスルプレーで不安を一掃するあたりが新井らしい。

     打席でも集中力を発揮した。4回1死から左前打で出塁した丸がけん制死し、2死走者なしの場面だ。左腕・松葉を軒並み打ちあぐむ中、カウント1―2からの内角低め直球を、コンパクトなスイングで左前へはじき返した。厳しいコース。自画自賛の一打だった。

     「追い込まれていたけど、難しいボールにいい反応ができたと思う。順調にきているね」

     零敗を喫し、今春オープン戦の負け越しが決まった一戦。「攻守で最もゲームに集中していた。状態は一番いいんじゃないかな」。緒方監督は40歳の奮闘を称える一方、「新井が目立つようでは寂しい。今年もおんぶにだっこでは成長しない」と話し、若手へのゲキも忘れなかった。

     「4番・指名打者」での先発出場は3試合あるが、「4番・一塁」は今春のオープン戦で初。開幕後をにらんだ起用とみるのが妥当だが、新井は至って無関心だ。

     「打順は何番でも。言われたところで出るだけだし、出たところでしっかり貢献するだけ」

     不惑を迎えても、謙虚に全力を尽くす姿勢は不変。ベテランは相変わらず頼もしい。 (江尾 卓也)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000062-spnannex-base

     「オープン戦、オリックス-広島」(22日、京セラドーム大阪)

     広島・飯田哲也投手が危険球で退場となった。七回、3番手として登板したが、先頭・西野への投球が頭部付近を直撃したため、危険球を宣告されて即退場となった。打者1人、わずか4球でマウンドを降りることになった。

     今年のオープン戦では、巨人・沢村投手が4日の日本ハム戦(札幌ドーム)で、初球を清水の頭部に当ててしまい、1球で危険球退場となっていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000136-dal-base

    <オープン戦:オリックス5-4広島>◇22日◇京セラドーム

     開幕ローテ入りが有力視される広島のドラフト3位床田寛樹投手(22=中部学院大)が先発したが5回を投げ、1本塁打を含む10安打5失点の乱調だった。

     「球が全部高かった。全然ダメでした。ナイターもドームも初めて。暗くてサインが見えなくて…」

     1回、オリックス西野の打席の3球目にはサインミスで、捕手の石原が捕球できずに吉本球審を球が直撃してしまう場面もあった。

     床田によると石原が出した「カーブ」のサインに「真っすぐかな?」と思って投げたところ、そういう事態になったという。その後、石原はあわててマニキュアを塗った模様だ。

     緒方監督は「分からなかったら投げなければいいようなものだけど…」と苦笑。それでも実力は買っている様子で「いいボールもあったから」と最終登板を見て、判断する構えだ。

     「ドーム自体、初めてなんで…。雰囲気が違うなと思った」。ルーキーとはいえ、今どきめずらしい初々しさで床田は話していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-01796188-nksports-base

     広島のドラフト3位ルーキー・床田寛樹投手(22)が22日のオリックスとのオープン戦(京セラD)に登板する。

     21日はマツダスタジアムの室内練習場で調整。前回の16日・楽天戦(静岡)で5回1失点など、ここまでオープン戦で安定した結果を残している左腕は「結果と内容両方を求めていきたい。今までやってきた課題をクリアして、確実にローテに入りたいですね」と力を込めた。好投で開幕ローテーション入りを決めたいところだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000094-sph-base

     広島のドラフト1位ルーキー加藤拓也が、開幕ローテ入りへ課題を残した。20日のオリックスとのオープン戦(マツダ)に先発。立ち上がりから制球に苦しんだ。


     初回、2回と2死から四球。3回は鈴木昂の中前打と、吉田正への四球などで1死二、三塁のピンチ。小谷野に三塁打を打たれ、2点を失った。

     ストレートの最速は148キロを計測。フォークを中心に4つの三振を奪うなど、5回4安打2失点とゲームは作ったが、高めに抜けるはっきりとしたボール球が多く、4四球を与えるなど、要した球数は102球。前回14日の楽天戦でも5回98球。球数の多さを課題として挙げられていたが、克服しきれなかった。投げ合ったオリックスのドラフト1位ルーキー・山岡泰輔が、8回1死での降板まで96球だったのとは対照的だった。

     キャンプ中の対外試合を含め、この日が5試合目の登板。計19イニングで3失点と結果は悪くないが、制球面で苦労する場面が目立っている。プロでローテーションを守っていくには、少ない球数でイニング数を稼ぐことも条件の一つ。課題の詰まった102球となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-00000016-tospoweb-base

     出遅れたラッキーボーイが不安を振り払う一振りを見せた。

     3月5日、京セラドーム大阪で行われた侍ジャパンの強化試合。2点ビハインドで迎えた2回表、無死二、三塁のチャンスで打席には7番の鈴木誠也が入る。

     1ボールからの2球目。オリックスの2年目右腕・近藤大亮が投じた外寄り高めの速球をフルスイングすると、高々と上がった打球はレフトスタンドへ。劣勢をひっくり返す逆転の3ランに、球場の雰囲気が一変した。


    引用元 https://baseballking.jp/ns/105913

     第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は5日、「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン強化試合」でオリックス(京セラドーム)と対戦。初回に先発・藤浪晋太郎投手(阪神)が乱れ、四球やエラーなどが絡んでいきなり2点を先制されたが、2回に鈴木誠也外野手(広島)の逆転3ランが飛び出し、すぐさま逆転した。



     WBC前最後の強化試合に臨んだ侍ジャパン。初回は先頭・山田がヒットで出塁するも、菊池のバント失敗などで得点ならず。さらに、その裏には藤浪の適時失策などで2点を奪われる苦しい展開となったが、「神ってる」男が一振りでムードを変えた。

     2回、中田の右前打、坂本の左中間への二塁打で無死二、三塁とすると、鈴木が打席へ。1ボールから2番手・近藤の高めへの133キロを捉えた。打球はレフトスタンドへ。22歳の一振りで侍ジャパンがあっという間に逆転に成功した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170305-00010035-fullcount-base

     広島は18日、今年初の対外試合オリックスとの練習試合を5-5で終えた。広島緒方孝市監督(48)の試合後の談話は以下の通り。

     -ドミニカ共和国出身の2選手が本塁打を放った。

     緒方監督 昨年も打ったよな。初戦でああやってアピールする1発を打ってくれると、目に留まる。初の対外試合で結果を出して自信を持ってもらうと、いいものをみせてくれると次もチャンスを与えたくなる。沖縄の方にも連れて行ってチャンスを与えようと思う。こういう結果を自信にしてもらいたい。まだ守備とか課題はあるけど、いいんじゃない。

     -外国人枠の争いもある。

     緒方監督 意味合いからすると、ドミニカアカデミー出身選手は日本人の若い選手と同じ考え。外国人であろうと、育てて、鍛えてとこっちに引っ張ってきている。近い将来大きな戦力になってくれるんじゃないかなという姿を見せてくれている。

     -投手はそれぞれ課題が見えた。

     緒方監督 なかなか3者凡退がなかったので、試合の全体のリズムが攻撃の方につながらなかった。打者に対する入り。先発投手であろうと、中継ぎ投手であろうと、マウンドに上がったら打者の1球目から自分の投球ができる準備をして入ってくれと何度も言っていること。そういう姿があまり見られなかった。九里は本塁打を打たれたけど、良かったかな。後の投手は2イニング目にいい投球ができるなら、なぜそれを最初のイニングからできないのか。そういうところを反省してもらいたい。そうすると今までやってきたことがつながる。

     -中崎投手がインフルエンザとなった。

     緒方監督 しょうがない。沖縄に行って、状態を上げて行ってもらおうと思っていたけど、こっちに残して経過を見ながら。症状が軽ければ沖縄の終盤に参加してもらうか。それかファームで組んでいる練習試合に登板してチームに合流してもらうか。とにかくチームとの移動はなくなった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-01780929-nksports-base

    <今日の一番>

     ラミロ・ペーニャ内野手(31)加入によって激しさを増す三塁争いの渦中にいる、安部友裕内野手(27)が初の対外試合で2安打を放ちアピールした。

     「7番三塁」で先発出場。5回の第2打席で左前打を放つと、8回の第4打席には中前打を記録した。14日の紅白戦に続くマルチにも、本人は2回先頭ステフェン・ロメロ外野手(28=マリナーズ)の当たりを弾いた守備(記録失策)を猛省。「チームの足を引っ張ってしまった。もっと練習しないといけない」。試合後は反省弁を並べた。

     115試合に出場した昨年から着実な成長を見せる安部に、緒方監督も「内容が良かった。昨年本当にいい成績が自信になっている。2回にエラーはあったにせよ、打撃内容は4打席とも良かったと思う。彼もレギュラーをつかむためにどんどんアピールしてもらいたい」と目を細めた。打撃に加え、この日は6回裏から二塁のポジションに就くなど、ユーティリティー性も示した。【広島担当 前原淳】


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-01780919-nksports-base

    このページのトップヘ