広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    カープ

     お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(43)が8日、都内で行われた主演映画「鯉のはなシアター」(時川英之監督)の舞台あいさつに登壇した。



     2006年のM-1グランプリで優勝した徳井だが、「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)が、M-1審査員の上沼恵美子(63)に暴言を放った騒動については言及せず、主演俳優としてカープ愛を語った。

     広島ホームテレビで放送中の人気番組「鯉のはなシアター」から派生した同名小説の映画化。カープファンの徳澤(徳井)が、球団が培ってきた知恵を頼りに資金繰りに苦しむ広島の映画館に救いの手を差し伸べるヒューマンドラマ。この日から東京での上映が開始された。カープファンの徳井は、「1つの球団の映画は珍しい。北別府(学)さんなど選手も出てくれたので、誰が見ても嫌な気持ちにならないように使用と思った」としみじみ。完成した本編について「5回泣いた。自分が土下座で泣いているシーンで泣いた」と自信作に胸を張った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000051-sph-ent

    カープファンで知られるお笑い芸人有吉弘行(44)が、丸佳浩外野手(29)が国内フリーエージェント(FA)で広島から巨人への移籍を表明したことについて、「なんで広島の主力を取って行くんだよ。いいかげんにしてくれよ」と巨人に訴えた。

    有吉は2日放送のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」で、丸選手の移籍の話題に「チッ」と舌打ち。「『まだ、そんなことする?』っていう。広島からフリーエージェントで何人、選手を巨人に送り込んだ? マジで」とボヤいた。

    有吉は、川口和久投手や江藤智内野手といった、かつての広島の中心選手が巨人に移籍した例を挙げ「なんで広島の主力を取って行くんだよ。いいかげんにしてくれよ、本当に」と怒りをにじませ「選手に非があるとは全然思わないけど、巨人がすぐ取っちゃうから。なんであんなことすんのよ。かわいそうじゃない、生え抜きが。巨人の生え抜き」と非難した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00409284-nksports-ent

     ジャーナリストの池上彰氏が、6日放送の毎日放送/TBS系『教えてもらう前と後 池上彰が選んだ!2018年決定的瞬間』(後7:00~8:57)に出演。池上氏の視点で“どこよりも早い”今年の決定的瞬間を振り返り、ニュースを解説していく。

     池上氏が選んだのは、「米朝首脳会談の秘密」「広島カープの真実」「ロシアW杯決勝戦の裏側」「安室奈美恵 引退の経済効果」「安倍内閣の結束」など。今年をにぎわせた話題のニュースの背景に隠された真実を明らかにする。

     特に注目なのが、普段は冷静な池上氏が珍しく熱く語った広島カープの話題。実は広島勤務経験があり大のカープファンの池上氏が、カープとファンの絆として、あるモノが使われていることを熱血解説する。

     番組のメインMCは滝川クリステル、レギュラーとして博多華丸・大吉、ゲストには岡副麻希、陣内智則、田中道子、中山秀征、松田丈志、和田アキ子らが出演する。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000347-oric-ent

     広島県出身でカープ女子タレントのうえむらちか(33)が18日、東京・二子玉川ライズで行われた「まるごとHIROSHIMA博~ひろしまファミリーパーク~」に参加し、トーク&ライブイベントを行った。

     カープ女子応援企画や、お好み焼きソング構想についてのトークなどで会場を盛り上げた。ライブではカープ女子応援歌「鯉スル乙女」を披露。うえむらの所属事務所「スペースクラフト」から、関西学院大学在学中の末井櫻子(20)と、同曲の振付を担当した高田あゆみ(34)も加わってパフォーマンスを行った。

     出演後のインタビューでうえむらは、「(プロ野球・広島の)日本シリーズは悔しかったですが、リーグ4連覇と日本一を目指して来年も応援します」と笑顔で語った。同イベントに初参加した末井は「地元広島でのイベントへもぜひ参加したいです」と目標を掲げ、高田は「私の振付がたくさんの広島の方に披露されるのはうれしいです」と今後への期待を込めた。

     17~18日の2日間行われたイベントでは、東京で広島の名物を味わえるということもあり、多くの来場者で盛り上がった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00000133-spnannex-ent

     カープファンで知られる俳優の谷原章介(46)が17日、マツダスタジアムで行われたプロ野球セ・リーグのクライマックス(CS)ファイナルステージ第1戦、広島―巨人戦で始球式を務めた。

     「元々、津田さんが好きで、大瀬良さんがその背番号を受け継いだので」と、偶然にもこの日の先発・大瀬良と同じ背番号14のユニフォームでマウンドに立った。投球はノーバウンドながら打者・坂本の背中後方へと大きく逸れた痛恨の一球。「当てたらダメと思っていたらいっちゃった…。この前はど真ん中にいったのに」と無念の表情を浮かべた。コイ党とあって、「今年は新井さんが最後で、衣笠さんも亡くなられた年。CSは通過点ですので、日本一に向かって突っ走ってもらいたい」とエールも忘れなかった。

     始球式前には、同県福山市出身の小林克也(77)が国歌独唱を行った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000136-spnannex-base

    【ザ・ギース尾関高文 コイのターゲット】広島東洋カープのみなさま、そしてファンのみなさま、球団初のセ・リーグ3連覇、おめでとうございます! 40回の逆転勝ちに象徴される劇的な試合の連続に何度涙を流したことでしょう。緒方孝市監督(49)をはじめとしたチームのまとまりも素晴らしく、今年は34年ぶりの日本一も間違いないでしょう。今年は丸佳浩外野手(29)や鈴木誠也外野手(24)、大瀬良大地投手(27)がMVP級の活躍をしてくれましたが、陰で優勝を支えてくれた方もたくさんいらっしゃいました。わたくし、ザ・ギースの尾関高文が独断と偏見で選んだ「カープ裏MVP」をご紹介します!

    <選手部門>磯村嘉孝捕手

     今年は大瀬良投手とともにお立ち台にも上がった磯村さん。第3捕手として、安定したこの人がいるからこそカープの捕手陣がうまく回ってたのではないでしょうか。

     常にベンチでも声を出し、チームを盛り上げてくれました。その人柄からチームメートにも愛され、バティスタ選手からは「キハ!(スペイン語でアゴが長いの意)」との愛称で呼ばれています。カラオケでウルフルズの「バンザイ~好きでよかった~」の歌い出しが「イエーイ!」ではなく、アゴの関係で「シェーイ!」になってしまう磯村捕手の魅力は底が知れません。

    <スタッフ部門>一軍チーフトレーナーの松原慶直さん

     緒方監督の初年度から一軍チーフトレーナーとして活躍をされている松原さん。ケガのケアをすることはもちろん、ケガを未然に防ぐことを何よりも大事に考えていらっしゃいます。選手としっかりコミュニケーションをとり、メンタル面もケア。去年から何度も大瀬良投手とは話し合いをされたそうです。

     少しふっくらされている松原さんは今年、菊池選手に「3連覇したら、ライザップしてくださいね!」と約束させられたとか。選手全員の合言葉「3連覇でライザップを」がチームに勢いを与えたかどうかは…わかりません。

    <特別部門>マツダスタジアム施設運営部の皆様

     今年一番の大敵は、天候だったと言っても過言ではありませんでした。今まで類を見ないほどの雨にも見舞われました。急な雨にもしっかり対応し、グラウンドを素晴らしい状態にしてくださったのが、施設運営部の皆様でした。

     雨が降った時にグラウンドにかぶせるシートは敷くのはたったの3分ほど。しかし、翌日になってたたむのに2時間ほどかかるそうです。素早く仕事をして、見えないところでしっかりと仕事をしてくださる皆様には頭が下がる思いです。

     受賞されたみなさま、おめでとうございます! うれしいかどうか分かりませんが、34年ぶりの日本一を目指して頑張ってください!


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000001-tospoweb-base

    <広島4-13阪神>◇22日◇マツダスタジアム

    デーモン閣下が貫禄のストライク投球を成功させた。がん検診啓発特使を務める閣下は、マツダスタジアムで6度目の登板。


    慣れてしまったがゆえに、近年は奇をてらって暴投を繰り返していたが「どうしたらうまく投げられるか、気合を入れて研究した」。成果を発揮して、見事なストライク投球だった。

    広島は閣下にとって人間界の故郷。当初、カープの優勝決定日になる可能性が高いと言われた日だったが、マジック3での登場。「ここに来て少しもたついているが、これでみんな気を引き締められる。去年は順調にいきすぎてCSで足をすくわれた」と落ち着いたまなざしで歓喜の瞬間を待っている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00338793-nksports-base

     新日本プロレス17日の大分・別府ビーコンプラザ大会で鈴木みのる(50)と一騎打ちする内藤哲也(36)が14日、王様の“島流し”を予告した。NEVER無差別級選手権(王者・後藤洋央紀VSタイチ)を差し置き、2人のノンタイトル戦がメインに据えられたことについて、みのるを糾弾。鈴木軍メンバーを残し、1人で新日マットから撤退するべきと勧めるが…。

     愛するカープの本拠地・広島に到着した内藤は、本紙記者をお好み焼き屋に緊急招集。店内には赤いユニホームに身を包み、いい年をしてはしゃぐ制御不能男の姿があった。

     だが上機嫌なのは表面上だけ。話題が別府決戦に及ぶと表情を一変させ「向こうが求めてきたシングルマッチなのに、なぜ何も言わないのか!?」と今シリーズ、沈黙を続けるみのるを批判した。

     問題視するのは、この試合がメインになった点だ。3月6日の大田区大会で当時IWGPインターコンチネンタル王者だったみのるは、真壁刀義との防衛戦がセミで、オカダ・カズチカVSウィル・オスプレイのノンタイトル戦がメインになったことにかみついた。

     内藤は「あの時、散々文句言って、今度は自分がメインになってしまっているんだから(セミに)代わってあげたほうがいいんじゃない?」と言行不一致を指摘。さらに鈴木軍の存在意義にも疑問を呈した。

    「お宝(ベルト)集めに来たのに、お宝を持たない俺のところに来てるし、本来の目的見失ってるんじゃないの。くだらない軍団だけど、俺はあの中で唯一ザック(セイバーJr.)とやりたいし、タイチも今回のNEVERでちょっと注目されてる。王様(みのる)がいなくなって解放されたほうが鈴木軍のメンバーも今より輝くかもしれないよね。今回の試合を機に、あなただけ次の航海に出発されてはどうですか?」

     言いたいことを言い終えると、内藤のケータイに広島カープのジェイ・ジャクソン投手(30)から着信が…。すると「これから会えるか? もちろん。えっ、なに? 電波悪いな…。ちょっと待って、いま外に出るから」と通話しながら“LIJメンバー”との緊急会合へ向かった。日本語で話していたのが妙に引っ掛かるが、とにかくテーブルの上にはこの日も伝票だけが残された。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00000032-tospoweb-fight

    明日8月22日(水)、29日(水)深夜放送の「カープ道」(広島ホームテレビ)にて新企画「あの人にカープファンになってもらいたい」が展開され、ロンドンブーツ1号2号・田村淳がゲスト出演する。

    球団史上初の3連覇がかかる広島東洋カープにさらなる勢いをつけるべく、新しい親衛隊メンバーを発掘しようという新企画。番組MCの中島尚樹とカープ芸人・極楽とんぼ山本が「カープ道」なりのおもてなしをして著名人を鯉党へと誘う。

    2人のほかに、カープ女子“神3”こと大井智保子、古田ちさこ、天野恵が集結。淳は彼女たちとカープグッズに触れ、スクワット応援を体験する。

    ■ カープ道
    広島ホームテレビ 2018年8月22日(水)、29日(水)24:15~24:35


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00000043-natalieo-ent

     広島の九里亜蓮投手(26)が10日の楽天戦(マツダ)に先発し、6回3安打無失点と好投。自身に白星こそつかなかったものの、チームの3―0の勝利に貢献した。

     5回一死まで相手打線を無安打に抑えるなど丁寧なピッチング。降板後は「結果抑えられてよかったが、内容がよくなかった」と、5四球を反省していたが“御前試合”で雄姿を見せることに成功した。この日は九里が尊敬するプロレスラー・内藤哲也(35=新日本プロレス)がスタンドから見守っていたからだ。

     九里は今季からマウンドに向かう際の登場曲を「STARDUST」に変更。これは内藤がリングに入場するときに流れるテーマと同じものだ。共通の知人の紹介で内藤と知り合い“本家”の許可を得て使用するようになった。

     鯉党で知られる内藤も、登場曲の冒頭に決めぜりふの「トランキーロ! あっせんなよ」を“アフレコ”するサービスっぷりで九里のボルテージを上げまくっており、九里は「結果ばかりを求めすぎて自分の投球ができないのが一番イヤ」と、マウンドでは焦らないよう心がけているという。

     また動画配信サイト「新日本プロレスワールド」の会員にもなっている九里は、内藤と本紙記者のファミレス会談にも興味津々の様子で「ぜひ行ってみたい」。このまま白星を重ねることができれば、実現も十分あり得そうだが、内藤のファミレス支払い時の“伝票芸”だけはまねしないほうがいいかもしれない。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00000024-tospoweb-base

    このページのトップヘ