広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    キャンプ

    ◆ 佐々岡新体制が本格始動

     広島は20日、2月1日から始まる春季キャンプのメンバー振り分けを発表した。新人はドラフト1位の森下暢仁投手(明大)、2位の宇草孔基外野手(法大)、5位の石原貴規捕手(天理大)が一軍メンバー入り。一軍は2月11日まで宮崎県日南市でキャンプを行い、13日から26日まで沖縄市で二次キャンプを実施。覇権奪還を目指す広島キャンプの注目ポイントを探った。

    ●昨シーズン不安定だったブルペン整備

     昨秋のドラフトで、即戦力右腕・森下の一本釣りに成功。先発陣の層が厚くなった一方で、昨シーズン不安定だったブルペン陣の立て直しは急務だ。昨年11月に右膝半月板の手術を受けた中崎翔太は二軍スタート。守護神候補のヘロニモ・フランスアとともに、リリーフタイプの新外国人であるDJ.ジョンソン、テイラー・スコットの両右腕も一軍キャンプスタート。新助っ人は楽しみだが枠の問題があるだけに、ハイレベルな競争と日本人投手の台頭に期待したい。

    ●内野陣のレギュラー争い&底上げ

     メジャー挑戦を目指していた菊池涼介が残留。菊池退団に備え、昨秋のキャンプで二塁守備に挑戦していた小園海斗は、復活を期す田中広輔、守備に定評のある三好匠らと正遊撃手を争う。正三塁手を目指す安部友裕、堂林翔太、アレハンドロ・メヒアは一塁も守れ、一塁と左翼を兼務する松山竜平は復活をアピールしなければならない立場。メジャーで主に二塁と左翼を守った新助っ人のホセ・ピレラも含め、キャンプでは目まぐるしくポジションが入れ替わりそうだ。

    ●佐々岡新監督の舵取り

     チームをリーグ3連覇へ導き、昨季まで5シーズン指揮した緒方前監督は、キャンプ中盤の練習試合の段階から、田中広、菊池涼、丸佳浩(現巨人)、鈴木誠也、松山をスタメン上位で並べ続けるなど、キャンプ中からレギュラーと控えを明確に分ける起用法が印象的だった。監督が代わり再スタートする広島。佐々岡新監督の舵取りも注目したいポイントだ。

     広島キャンプのメンバー振り分けは以下の通り。

    【一軍】

    投手:九里亜蓮、矢崎拓也、大瀬良大地、岡田明丈、森下暢仁、野村祐輔、薮田和樹、床田寛樹、ケムナ誠、一岡竜司、塹江敦哉、菊池保則、クリス・ジョンソン、高橋樹也、山口翔、アドゥワ誠、DJ.ジョンソン、中村恭平、遠藤淳志、テイラー・スコット、ヘロニモ・フランスア

    捕手:中村奨成、會澤翼、石原慶幸、坂倉将吾、石原貴規

    内野手:曽根海成、上本崇司、田中広輔、安部友裕、堂林翔太、三好匠、小園海斗、西川龍馬、アレハンドロ・メヒア

    外野手:鈴木誠也、ホセ・ピレラ、野間峻祥、宇草孔基、正隨優弥、高橋大樹、松山竜平

    【二軍】

    投手:今村猛、中﨑翔太、中田廉、高橋昂也、藤井皓哉、島内颯太郎、鈴木寛人、戸田隆矢、田中法彦、玉村昇悟、中村祐太、平岡敬人、エマイリン・モンティージャ、畝章真、藤井黎來、佐々木健、アルフレッド・メナ

    捕手:白濱裕太、磯村嘉孝、持丸泰輝

    内野手:小窪哲也、菊池涼介、林晃汰、桒原樹、韮澤雄也、中神拓都、羽月隆太郎

    外野手:長野久義、大盛穂、永井敦士、木下元秀




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200126-00215919-baseballk-base

    急ピッチ調整弾だ! 広島松山竜平外野手(34)が10日、鹿児島・鹿屋市の母校鹿屋中央高で自主トレを公開した。7日から始動したばかりにもかかわらず、校舎を直撃する推定飛距離130メートル弾など柵越えを連発。例年とは違う調整法が早い仕上がりにつながっている。「5番一塁」の定着を目指し、長打力向上とともに急ピッチで調整を進めていく。


       ◇   ◇   ◇

    ゴォンッ! 校舎の3階下の壁で白球が大きくはねた。推定飛距離130メートルの“危険な”弾道にも、松山は涼しい顔で打撃練習を続けた。休み時間にベランダに出てきた生徒たちはプロの弾道にくぎ付けとなり、気づけば拍手や驚嘆の声を上げていた。

    「例年(右中間防球ネットを)越えてもそれほど頻繁には越えなかった。その点で言えば、振れている」

    スロースターター脱却の思いが飛距離に表れていた。昨季は4月を終えた時点で打率1割4分。後半戦から本来の打撃を取り戻したものの、出遅れを取り戻せなかった。本人も「ふがいない」と唇をかむ。今オフは急ピッチ調整にシフト。例年はシーズン終了から年明けまではバットを握らず筋力トレ中心だったが、今オフは振り続けた。まだ自主トレ4日目だが、母校の後輩たちに例年以上の早い仕上がりを見せつけた。

    今オフは長打力も追求する。相棒のバットを昨季の操作しやすいモデルよりも、重さのバランスをバットの先にしたものをテスト。「小さくならないように、しっかり振りたい。昨年なんかはほとんど背中に、バットが当たっていない。それを取り戻したい」。背中に当たるまで振り抜く形が調子のバロメーターであり、持ち味。力強いスイングができるよう、オリックス吉田正モデルのバットとともに試行錯誤していく。

    朝は9時からウエートトレーニング、短距離走や中距離走、階段ダッシュで体の切れを出すメニューをこなし、午後はひたすらバットを振る。同行する広島の後輩林や楽天小郷には打撃指導を惜しまない。自身も「(今年で)まだまだ35(歳)ですから。その年齢でバリバリやっていた人もいる」とさらなる可能性を信じている。「5番一塁」での全試合出場にこだわる今季、原点に立ち返ってスタートを切った。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-01100913-nksports-base

     広島の塹江敦哉投手(22)が今オフのテーマにフォークの精度向上を掲げている。夏場から取り組みを始め、秋季キャンプでもレベルアップに努めた球種だ。1軍定着を目指す来シーズン。右打者対策を万全にしてマウンドに立ち続ける。

     投球の幅を広げて勝負の1年に臨む。秋季キャンプで一定のメドがついたのは、フォークだ。今夏から挑戦を始めた変化球。塹江は「腕を振って投げられるようにしたい。今のスライダーのような精度になれば」と話す。ウイニングショットとして使えるような球種を目指している。

     落ちる球はチェンジアップがあった。ただ、球を抜くようなイメージで投げることが苦手のため、最後まで決め球として使えるまでには至らなかった。悩む中で、小林投手コーチからフォークを勧められ、挑戦を決めた。

     「右打者から遠くに逃げて行くような球にもなれば良い」。今季は3年ぶりに1軍に昇格。11試合で0勝1敗、防御率6・10だった。左打者の被打率が・250に対し右打者は・263。1回を投げ切るためには、右打者も確実に抑えなければいけない。

     今季、楽天から移籍してきた菊池保はチーム2位の58試合に登板。打者を手玉に取ったのはフォークだった。セ・リーグにはフォークを投げる投手が多くないため効果が大きかった。塹江も習得できれば武器になる。

     秋季キャンプは充実した3週間になった。ブルペンでは投球直後に動画で確認して再び投げる練習により、イメージと体の動きとの差異を少なくしていった。「踏み出した足のかかとの着き方とか、細かいところを修正できた」。ほぼ毎日、投げ込み、技術に磨きを掛けた。

     来季が高卒6年目。後輩たちの足音が大きくなる中で勝負の年になる。「1年間、1軍で投げられるようにならないといけない」。現在はマツダスタジアムを中心に自主トレ中。2月1日の春季キャンプ初日から全開投球できる準備を進めていく。(デイリースポーツ・市尻達拡)




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00000039-dal-base

     「広島秋季キャンプ」(20日、日南)

     秋季キャンプメンバー最年長の堂林が締めのあいさつを行った。輪の中心で大きな声を張り上げ「佐々岡新監督の下、V奪回と日本一をつかみとれるように、全員が同じ方向を向いて、ワンチームで戦っていきたいです」と決意表明した。

     今キャンプでは二塁に再挑戦。「自分の中で昨年よりも手応えがある。何とか1軍にしがみつけるようにしたい」と覚悟を示した。佐々岡監督は「よく練習していた。二塁守備もサマになってきた」とたたえていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00000099-dal-base

     「広島秋季キャンプ、紅白戦」(18日、天福球場)

     広島のルーキー羽月が持ち味の足でアピールした。「1番・二塁」で先発出場。三回先頭で四球を選ぶと、続く小園の初球に二盗を決めた。「四球はヒットだと思っている。(盗塁したら)2ベースと同じ」と振り返った。



     今季ファームでは打率3割、チームトップの23盗塁を記録した。来季2年目は定位置取りが目標だ。「レギュラーを取るつもりです。打てて守れて走れるようにしたい」と力強く話した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-00000127-dal-base

     秋季キャンプ打ち上げを翌日に控えた19日、広島・佐々岡監督考案のスペシャルメニューが登場した。景色が美しい日南海岸国定公園の浜辺をダッシュする投手陣対象の強化練習。笑顔と活気にあふれたそれは、とんだドタバタ劇からスタートした。

     天福球場から約3キロの距離をランニング移動した15選手は、砂浜の大部分が満潮で消滅していることにビックリ仰天。指揮官は「下調べしたんだけどね」と苦笑しつつ、大小の石が散在する近くの広いスペースに場所を変え、選手、コーチに報道陣を巻き込む突貫工事で石を取り除いた。

     監督スペシャルではハプニングも起きた。約7メートル間隔に置かれた箱の中のボールを、3人ずつ5チーム対抗で移し替え、着順を争うもの。砂浜を1人15往復する過酷なレースだけに、ドミニカ共和国カープアカデミー出身のメナは右足がつり、無念の途中リタイアとなった。

     佐々岡監督が2軍投手コーチを務めていた時に実践していたというメニュー。「瞬発と切り替え。楽しく、キツく。キャンプの締めで…ね」。来季の先発枠入りを目指す遠藤は「キツかったけど、楽しかったです」と充実した表情だった。 (江尾 卓也) 



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00000041-spnannex-base

    広島野間峻祥外野手が2年連続の開幕スタメン奪取を誓った。今秋からバットを後頭部後ろに倒してから始動する新フォームに取り組み、実戦7試合で2本塁打を含む21打数9安打。課題の打撃でアピールに成功した。


    「来年やる形が見えてきた。開幕からレギュラーで出て、優勝、日本一に貢献したい」。佐々岡監督は打撃で結果を残した坂倉とともに野間の名を挙げ、「打撃で格の違うところを見せてくれた。野間はもともと打てばレギュラー」と評価した。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-11200835-nksports-base

     「広島紅白戦、白組1-3紅組」(18日、天福球場)

     広島の高卒1年目・中神拓都内野手(19)がキャンプ最後の紅白戦で猛アピールした。紅組の「7番・三塁」で先発出場し、3打数2安打と活躍。今キャンプは途中合流だったが、きっちり存在感を発揮。佐々岡監督ら首脳陣の評価を高めた。

     南国に冷たい雨が降る中、高卒1年目の中神は無我夢中でバットを振り抜いた。2点リードの六回だ。1死から5番手・岡田の剛球を強振。打球が右中間を破ると、全力疾走で二塁を蹴り、鬼の形相で三塁へ滑り込んだ。

     「岡田さんの真っすぐは速いので負けないようにしっかり一発で捉えられるようにと思っていました。長打になって良かったです」

     二回の第1打席で先発・遠藤から放った安打は工夫が見えた。3球で追い込まれるとノーステップ打法に切り替え、コンパクトに右前へ。「タイミングが合っていなかったので、ノーステップでしっかり対応できました」。1軍クラスの投手からマークしたマルチ安打に、納得顔だ。

     巻き返しの秋だ。今キャンプは大野残留組からスタート。同じ高卒1年目の小園、林、羽月らは日南組に抜てきされた。悔しい思いを抱きつつも、9日から日南キャンプに途中合流すると、持ち味を発揮。首脳陣の評価を高めてきた。

     東出2軍打撃コーチは「ガッツがある。小力があって肩が強い」と評価。佐々岡監督も「1年生はみんな必死にやっている。中神もよく練習するし、声も出ている」と満足そうにうなずく。今キャンプも残り2日。ライバルたちと切磋琢磨(せっさたくま)して、レベルアップを図る。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00000032-dal-base

     「広島秋季キャンプ」(17日、日南)

     投手陣再建へ、希望が膨らんだ。広島の横山竜士投手コーチ(43)が17日、所用のため一足早く秋季キャンプを打ち上げた。指導者として初めて選手と接し「すごくいいものを見させてもらった。楽しみな選手が多い」と手応え。“秋のMVP”にはケムナと塹江の名前を挙げた。

     「ケムナはボールが強い。課題はあるけど良くなっている。塹江も左でいいボールを投げていた。それを実戦で出すだけだったが、実戦の中でも投げきれるようになってきた」

     来季、飛躍が期待される剛腕2人だ。ケムナは大卒2年目の今季、初めて1軍を経験。5年目の塹江も3年ぶりに1軍マウンドに上がった。この秋もみやざきフェニックス・リーグ、秋季キャンプと好調を維持し、首脳陣へアピールを続けてきた。

     佐々岡監督はリリーフの条件に「強い真っすぐ」を挙げ、「他のチームを見ても150キロは当たり前、バッターも対応している。そういう投手を後ろに置きたい気持ちはある」と構想を明かす。

     横山コーチも監督の期待に応えるように、斬新な“インターバルピッチ”を導入するなど精力的に動いた。次回ナインとの再会は来春キャンプ。“新鬼軍曹”は若鯉の成長を心待ちにして、キャンプ地の日南を離れた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-00000037-dal-base

     「広島秋季キャンプ」(19日、日南)

     将来のクリーンアップと期待される広島・林晃汰内野手が体力強化を誓った。


     秋季キャンプは紅白戦8試合に出場し、22打数7安打、打率・318の高打率をマークした。

     自慢の長打力も発揮したが、「前半は良かったんですが、後半疲れたときに自分の形で打てていなかった」と反省。「オフの課題が出ました。そういうところを強化したいです」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00000103-dal-base

    このページのトップヘ