広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    キャンプ

     広島・丸佳浩外野手(28)が15日、“MVP打法”の進化に意欲を示した。今季は打率・308、23本塁打、92打点をマーク。シーズンMVP最有力候補と言われるが丸はさらなる高みを目指している。17日から始まる湯布院でのリハビリキャンプにも不参加。迎打撃コーチに「つかんだ」と明かした打撃を、宮崎・日南で極めていく。

     日南の西日に照らされ、丸がバットを振りまくった。緒方監督がトス役を買って出た夕方のロングティー。いつもの「シャー!」の声は「オリャー!」に変わっていた。

     約30分間、290球をフルスイング。ラスト1球を中前へ打ち返すと、スタンドの観客から拍手が起こった。さすがの丸も両ひざに手をついて「しんどかった」と苦笑い。「若い選手はもっと振っているので。普通にキャンプって感じです」と充実感を漂わせた。

     第2クール最終日、菊池、田中ら主力選手は昼過ぎに秋季キャンプを打ち上げ、帰広の途に就いた。17日からは湯布院でのリハビリキャンプがスタート。新井、石原らベテランも合流する球団の恒例行事だが、丸は不参加を決めた。第3クールも若手に交じって、日南で汗にまみれる。

     打撃を極める秋だ。プロ10年目の今季は143試合に出場し、打率・308、23本塁打、92打点を記録。最多安打のタイトルを獲得し、17年シーズンMVPの最有力候補と言われるが、「満足はしていない。より上を目指しているので。少しでも良くなればいいと思ってやっています」と事もなげに言う。

     昨秋のキャンプでは打撃フォームの改造を試みた。今年は「変えるというより高めていく」。手応えがある。練習中、迎コーチに「つかんだ」とつぶやいた。同コーチはその極意を「右肩は開いて右足はホームに入っていくイメージ」と解説。続けて「今年は左投手の内角球に手を出さなかった。最多安打だけじゃなく、打率も求める中、苦しいコースも振りにいかないと、と思ったんじゃないか」と丸の考えを推測した。

     今年の対左投手、コース別成績を見ると、内角高めの打数は7、内角低めも同8しかなかった。他のコースに比べて、振りにいくケースは少なかった。

     丸はフリー打撃でも逆方向へ強いライナーを連発。「基本はセンター中心。そこはぶれずにやっていきたい」。交流戦は打率・411で球団史上初の首位打者を獲得し、6月の月間MVPにも輝いた。このときの“MVP打法”が基本となる。「確率を上げること」をテーマに掲げる秋。究極の打撃を目指し、バットを振り続ける。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/11/16/0010736315.shtml

     広島の大瀬良大地投手(26)が宮崎・日南市で行われている秋季キャンプで腕を振り続けている。第1クール2日目の8日から4度ブルペンに入って計610球。フォームを固めるだけではなく「投げる体力」の強化も目的としている。

     今季24試合に登板して6回を持たずにマウンドを降りたのは9試合。規定投球回数を達成したのは最終登板となった9月28日のヤクルト戦だった。10勝をマークしたものの、周囲の評価は「野手や中継ぎに助けてもらった試合が多い」と厳しい。これは大瀬良自身も理解していて「6回から7回にかけて、球数が100に近づくと粘りきれなくなるのが課題だった。だからこそ、数をこなせる今は、どんどん投げていく」とキッパリ。

     スタミナ強化に躍起になっている右腕に対して、こんな声も上がっている。「大瀬良はある意味、自己満足してしまう部分がある。フォークにしてもカウント3―2から自信を持って投げられるくらいにしないといけない。投げ込みはいいことだけど、自分を客観視して手数を増やさないとね」

     来季は“追加注文”に応えて文句なしの成績を残せるか。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00000031-tospoweb-base

     「広島秋季キャンプ」(14日、日南)

     広島の安部友裕内野手(28)が14日、来季三塁で全試合出場を果たし、正真正銘のレギュラーの地位を築くことを誓った。今季は10年目で初めて規定打席に到達したが、死球を受けた影響でシーズン途中に戦線離脱。その悔しさから、16日に始まる湯布院リハビリキャンプへの参加を辞退し、日南での秋季キャンプで練習漬けになることを選択した。さらなる飛躍へ向け、実りの秋にする。

     サブグラウンドに安部の声が響き渡った。「地道の積み重ね」。玉木内野守備走塁コーチのノックを軽快な足さばきで受ける。そして100球目を処理すると、右手を高く突き上げた。11年目を迎える来季へ。覚悟と自覚を持ち、秋季キャンプに臨んでいる。

     「キャンプでもう一度、感覚を取り戻したいというのがテーマ。バットを振り込むことだけでなく、体を動かしながら。まだ感覚的には違うかなという感じがある」

     今季はプロ入り10年目で初めて規定打席に到達。チームトップの打率・310を記録したが、右ふくらはぎに死球を受けた影響で9月26日に出場選手登録を抹消された。レギュラーシーズン残り4試合としたところで無念の離脱。その後、懸命なリハビリを重ね、CSファイナルS第4戦には間に合ったもののチームはDeNAに敗れ、日本シリーズ進出を逃した。

     不完全燃焼で終わった今季。休んでいる暇はない。16日からは大分県由布市で、活躍した主力やベテランが参加する湯布院リハビリキャンプが行われる。温泉につかり、疲労した体を癒やす球団からのプレゼントだが、安部は辞退を申し出たという。「(右足を)手術したこともあったので、もう少しやりたい。しっかり体を動かして本来の状態に戻るように準備したいと思っている」。キャンプ地の日南に残り、21日の打ち上げまで練習漬けの日々を送る。

     守備の課題にも取り組んでいる。123試合の出場中91試合で三塁を守り、8失策で守備率・964。不満の残る成績に「球際が課題。グラブに当たったら全部捕る。守備に上限はないので、やるだけ」と気迫を込めた。ただ玉木コーチは「捕ってからのスローイングはいい。これまでは慌てる癖があったが、試合で経験を積むにつれて安定感が出てきた」と説明。成長しているのは間違いない。

     安部にとって来季は真価の問われる1年だ。「まだまだレギュラーだという気持ちはない。規定打席に到達したが、それよりも全試合三塁で出場したいというのはある」。妥協なき姿勢を貫き、鍛錬の日々を過ごす。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00000016-dal-base

     「広島・秋季キャンプ」(15日、日南)

     田中が秋季キャンプを打ち上げ帰広した。午前中は遊撃の守備練習などで軽快な動きを見せ「しっかり練習が出来ました」と納得顔だった。

     今季は球団史上初の2年連続遊撃でのフルイニング出場を達成。自身初の盗塁王、最高出塁率のタイトルも獲得した。

     17日からは湯布院でリハビリキャンプに参加予定で、「あとはしっかり休みたいと思います」と笑顔で話していた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00000130-dal-base

     広島中村祐太投手(22)が14日、今秋キャンプ初のシート打撃に臨んだ。打者5人を無安打1四球、無失点。最速は141キロをマークした。

     体を追い込んだなかでの140キロ超えに「思ったより出ていた。いつも130キロ後半なので。真っすぐに関してはよかったと思います。ただ空振りを奪えなかった。後は変化球で抜けてしまったり、引っかけてしまうところがあった。その感覚を合わせていければいいかなと感じています」と振り返った。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00052838-nksports-base

     広島の丸佳浩外野手(28)が11日、現在のテーマにフォーム固めを掲げた。昨秋のキャンプで左肘を使ってタイミングを取る打撃フォームに改良。今季171安打でDeNA・ロペスと並ぶ最多安打を記録するなど結果を出したことで、今回の秋季キャンプでは現フォームを揺るがないものにするためバットを振る考えだ。

     つかんだ感覚を忘れるわけにはいかない。自主練習でも連日バットを振り込んでいる丸は「同じフォームで打てるかというところをテーマにしている。基本的には打撃フォームを固めることをやっている」と明かした。

     この日は秋季キャンプ初の休日だったが、天福球場で約1時間半、体のケアに努め、12日からの第2クールに備えた。結果を残しても安心感はない。どん欲な姿勢を貫き、来シーズンもフル回転でチームをけん引する。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171112-00000034-dal-base&pos=3

     「広島秋季キャンプ」(10日、日南)

     広島・岡田明丈投手(24)が10日、縦に曲がるスライダーの習得に取り組んだ。今季は規定投球回到達こそ逃したが、自己最多の12勝をマーク。ほぼ1年間、先発ローテを守り「ゴロを打たせる変化球」の必要性を痛感したという。まだ理想と誤差はあるが、3年目の来季へ向けて完全習得を目指す。

     真価が問われるプロ3年目へ、岡田が新球に挑戦中だ。これまでの持ち球は直球、カーブ、フォーク、横に曲がるスライダー。ここに「もう一つ落ちる球がほしい」と縦に曲がるスライダーの習得に着手した。まだ思い描く理想の軌道とギャップはあるが、右手には確かな手応えが残る。

     「ある程度軌道のイメージはしていますが、安定していないので、調子によっても変わってくる。これからいろいろ試しながらやっていこうと思います」

     ブルペンで55球投げ終え、進ちょく状況を明かした。2年目の今季は12勝をマークしたが後半に失速し、CSの先発ローテからも外れた。投球の幅を広げるために、岡田が感じたのは「緩急」の重要性だ。

     「カーブを使うより縦のスライダーでゴロを打たせたい。その方が打ち取りやすいのかなと思う。反応でゴロを当てるだけになる」

     剛腕は理想のアウトを「三振」と言うが、長いイニングを投げるためには1球でアウトを取る球種も必要だと痛感。縦に落ちるスライダーは「投げられれば一番有効になるのでは」と期待を持っている。

     キャンプでは両肩に竹ざおを背負った状態から投球フォームを繰り返し、フォーム固めに汗を流す。連日の居残り練習も「納得するまでやりたい方なので。無駄にならないようにしたい」ときっぱり。理想を追い求め、実り多き秋とする。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000041-dal-base

     「広島秋季キャンプ」(10日、日南)

     広島・大瀬良大地投手(26)が10日、日南キャンプでプロ入り最多となる230球のブルペン投球。下半身を使うことを意識し、習得を目指す落差の大きいフォークも交えながら投げ込んだ。今季は10勝2敗で3年ぶりの2桁勝利。主戦を任される投手となるべく、決死の覚悟で投げ込む。



     止まらなかった。力を込めたボールが次々とミットに吸い込まれる。プロ入り最多の230球。ブルペンに一番乗りで入った大瀬良が、最後に出てきた。約1時間半、自分の世界にのめり込んだ。

     「170球くらいからいいモノが出てきた。疲れてくると、下半身をしっかりして投げないといけないので、意識しながら投げた。疲れてきたときでもいいバランスで投げられるように、最後のひと踏ん張りができるようにしたい」

     額から大粒の汗が流れ落ちたが、100球を超えても球威は衰えなかった。「下半身を使って投げられた最後の方がよかった」。手応えをつかんだのは上半身の力が抜け、下半身主導の投球フォームに切り替わってから。予定では200球で終わるつもりだったが、“おかわり”で30球。納得いくまで投げ込んだ。

     習得を目指す落差の大きいフォークも多投。捕手を務めた船越と意見交換しながら試行錯誤を繰り返した。徐々に習熟度は上がってきている。

     開幕ローテ入りした今季は10勝2敗、防御率3・65で3年ぶりの2桁勝利。一方で、完投は15年から2年遠ざかっている。「六、七回までではなく、八、九回まで体力が続くようにしたい」と投げ込みの意図を示した。

     CSファイナルSは4番手として先発が予定されていたが、第4、5戦が雨天中止となったこともあり、先発のチャンスは回ってこなかった。「(先発を)任せてもらえるように、もっと信頼される投手になりたい」と2桁勝利を挙げながらも、来季の巻き返しを誓った。

     畝投手コーチは「元々上半身に力が入るので、下半身を使ったフォームを覚えてくれるといい。疲れがたまった中でもこれだけのボールを投げられていたらいい」と右腕の取り組みを高く評価した。

     この日で第1クールが終了し、12日から第2クールが始まる。「しっかり数を投げる中で、意味のある球を投げていきたい」と投げ込みは継続する考えだ。生まれ変わった姿で来季こそ、先発ローテの主軸となる。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000023-dal-base

     「広島秋季キャンプ」(9日、日南)

     広島の戸田隆矢投手(24)が9日、シート打撃に登板し、2回を無安打無失点の2奪三振と好投。緒方監督ら首脳陣が見守る中、最速141キロの直球を軸に力強い投球で猛アピールした。今春キャンプは1軍に帯同しながらも準備不足で強制送還された左腕。秋季キャンプで巻き返し、来季へとつなげる。



     1球1球を丁寧に投げ込んだ。船越のバットが空を切ると、乾いた捕球音がグラウンドに響き渡った。今キャンプ初のシート打撃。戸田が2回を無安打無失点のパーフェクトに抑えた。

     「バランスは良くなかったが結果が出て良かった。真っすぐ中心の投球でファウルもカウントも取れたのが収穫」

     手応えはバッチリだ。最速141キロの直球を軸にスライダーなどキレのある変化球を織り交ぜてストライク先行の投球を披露。2イニング目は無死一塁の設定だったが、堂林を二ゴロに仕留めるなど三者凡退で登板を終えた。

     同じ左腕には負けられない。塹江や高橋樹、高橋昂ら5人の左投手が登板。競争意識を高めるために、意図的に組み込まれている。「左は毎年チャンスだと言われているが、モノにできていない。今年はそこに入れるようにしたい」と意気込んだ。

     巻き返しを図る場でもある。今春のキャンプでは調整不足などで第1クールで降格。「正直、悔しかった」。今季は1軍登板3試合に終わり、この日の契約更改交渉では500万減の1800万円でサインした。

     勝負となる7年目の来季。「先発でも中継ぎでも使ってもらえるところで投げたい」。チームの戦力になり、全力で左腕を振る。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000036-dal-base

     広島の秋季キャンプ第1クール3日目の9日、ルーキー・高橋昂也投手(19)が初めてシート打撃に登板した。2回で6安打3失点とホロ苦い結果に終わったものの、2イニング目には制球面で修正能力を発揮して無難に零封。来季の1軍先発枠入りを目指す大型左腕は、反省の弁を口にする中で手応えも感じ取っていた。

     初々しい。1軍の秋季キャンプに初めて呼ばれ、しかも緒方監督ら首脳陣がネット越しにズラリと並ぶ前で、初のシート打撃登板。いいところを見せたいと思うのが当然で、力んでしまうのは自然の成り行きでもある。高橋昂は頭をかく。

     「力みは、ボクのチェックポイント。今日は入りがダメでした。ただ、最初は力が入って甘いところに行ったけど、2回に修正できたのはよかったです」

     先頭打者を二ゴロに抑えたものの、高橋大に中越え二塁打を許すと、上本にも一塁線突破の適時二塁打。2死後、美間、磯村、一巡後の高橋大に単打を浴び、四球も絡んだ。いきなり5安打3失点。ただ、これで終わらないのが19歳の力だ。

     無死一塁想定の2イニング目は、制球面を修正。先頭・上本にゴロで三遊間を破られたが、けん制死を挟み、野間を三飛に、美間を遊ゴロにそれぞれ斬った。直球の最速は141キロ。本調子を欠く24球だったのは明らかだ。畝投手コーチは言う。

     「あの高さに行くとやられる。2回は修正していたけどね。球威より、しっかりした切れが出てくればいい。これからの選手。今日(の結果)をステップにしてくれれば」

     体力づくりが主眼の1年目にして存在感を発揮した。ウエスタン・リーグ7試合で2勝0敗、防御率1・29。10月7日、巨人とのファーム日本選手権(宮崎)では先発で6回2失点と好投し、26年ぶり2度目の出場で初の日本一に貢献、優秀選手に輝いた。

     「1年目は貴重な経験をさせてもらった。この秋は、来春の1軍キャンプに呼んでもらえるようにアピールしていきたい。1軍の雰囲気にもっと対応していかないといけない」

     ホロ苦い結果は成長への活力源だ。先発、中継ぎともに左腕が手薄な1軍。高橋昂にはチャンスがまだ十分ある。 (江尾 卓也)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000026-spnannex-base

    このページのトップヘ