広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    クリス・ジョンソン

     昨季のセ・リーグ王者が苦境に立たされている。

     順位こそ首位・阪神と0.5ゲーム差の2位につけているものの、23日の試合で野村祐輔が緊急降板。腰に異変を起こし、24日には一軍登録を抹消されてしまった。

     昨年は自己最多の16勝をマークし、最多勝に輝いた右腕。今季もここまで3勝1敗、防御率2.16と好投を続けていただけに、チームにとっては大きな痛手となる。

     これでエースのクリス・ジョンソンに続く、主戦投手の戦線離脱。今季の開幕前には、引退した黒田博樹の“10勝の穴”を指摘する声も多くあったが、開幕直後にジョンソンが戦列を離れ、ここに来て野村までも...。この左右の両輪で昨季は計31勝を記録したため、穴は合計“41勝”分にまで広がってしまった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00117746-baseballk-base

     「広島-ヤクルト」(23日、マツダスタジアム)

     広島の先発・野村祐輔投手が今季最短の3回6安打2失点で降板した。

     初回、2者連続三振を奪うなど完璧な立ち上がりを見せた。だが、二回から崩れた。先頭の雄平に中堅へ二塁打を浴びると、続くバレンティンに左翼フェンス直撃となる適時打で先制点を献上。その後も3連打を許し2点目を奪われた。

     三回は1死一、二塁のピンチを招いたが、後続を抑え無失点で切り抜けた。4回から薮田がマウンドに上がり、野村はわずか51球でマウンドを降りた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00000123-dal-base

     広島中崎翔太投手(24)が23日から1軍に復帰することが確実となった。

     荷物を持ってマツダスタジアムを訪れ、有酸素運動などで約1時間、汗を流した。3軍に落ちた際にトレードマークのヒゲをそり、2軍に昇格した際に頭は丸刈りにした。リセットしての1軍復帰に「下でもしっかり投げたし、大丈夫だと思う。体の不安もない。開幕のときよりもよくなっている。また戻ってくることが出来たので、しっかり力になれるようにしたい」と話した。


    引用元 http://www.nikkansports.com/baseball/news/1827748.html

     「ウエスタン、広島-オリックス」(20日、由宇)

     体調不良のため長期離脱している広島のクリス・ジョンソン投手が離脱後、初めて実戦に登板。3回2/3を2安打4奪三振無失点だった。全球種を投げ、直球は最速142キロを計測した。

     初回、宮崎に中前打を浴びたが、小田を二直併殺打に仕留めるなど無失点発進。二回以降は、抜群の制球力で打者を翻弄(ほんろう)した。四回は、先頭の宮崎に再び中前打を許し、送りバントを決められ1死二塁とされたものの、宗を空振り三振。球数が予定していた45球を上回る49球に達したため、ここで降板した。

     3月31日の阪神との開幕戦(マツダ)に登板後、体調不良を訴えた。咽頭炎を患い4月5日に出場選手登録を抹消。回復に努めてきた。今後は、2軍戦で球数や投球回を増やしていく。「どの球種もストライク先行でいけたし、良い所に決まっていた。真っすぐに力があり、いい球が投げられたと思う。復帰に向けワンステップ、近づいた」と充実した表情で汗をぬぐった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170520-00000072-dal-base

     体調不良で長期離脱中の広島クリス・ジョンソン投手(32)が16日、マツダスタジアムでシート打撃に登板した。小窪、堂林、天谷と対戦。打者のべ13人に対して55球を投げ、安打性3本、2四球、1奪三振。直球の最速は142キロだった。


     「感触は良かった。打者を立たせて投げられたのは非常にいいこと。内容はまだまだ。これからしっかり修正していきたい」

     開幕投手を務めながら、4月5日に咽頭炎で登録抹消。離脱後は落ち込んだという。

     「非常にきつい数週間だった。自分の人生の中でもケガ、病気、特に病気はあまりしない方だった。いきなり開幕して離脱しなければいけない状態に陥って、しかも思いもよらないぐらい長引いた。球団にも3年契約をしてもらって初めての年で、何とか一生懸命、自分のできることをさらに見せようと思ってシーズンインしたので…。いきなり離脱になって、精神的にきつい状態だった」

     次回は2軍戦で3イニングを投げ、徐々にイニングを伸ばして、1軍復帰を目指す。ジョンソンは「まずは次の試合に向けてコンディションを上げていきたい」と前を向いた。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/05/16/0010193378.shtml

     広島・野村祐輔投手(27)らが15日、マツダスタジアムで投手指名練習を行った。16日からのDeNAとの3連戦(16日尾道、17、18日マツダ)は野村、大瀬良大地投手(25)、中村祐太投手(21)で3連勝を目指す。

     今季初の地方球場での登板となる野村は「しっかりとした投球ができればいいですね」とうなずいた。大瀬良は「(今回の調整では)技術、フォームを見つめ直してやってきた。自信を持って勝負していきたいです」と話した。中村祐は筒香との初対戦を前に「いい打者との対戦は自分の力がわかる。自分の持ち味を出していきたいです」と腕をぶした。

     首位・阪神とのゲーム差は1・5。いきのいい右腕トリオで、一気に奪首をもくろむ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00000537-sanspo-base

     広島のクリス・ジョンソン投手(32)が来週中にも打者相手の投球を行うことが12日、分かった。この日は廿日市市内の大野練習場で離脱後4度目のブルペン投球。打席に下水流、土生を立たせて、本番を想定した。5月30日から始まる交流戦での1軍復帰へ、光が差した。

     ジョンソンが勝負師の顔に戻った。静かなブルペンで、ルーキー・坂倉のキャッチャーミットは甲高い音を鳴らし続けた。捕手後方のネット越しには水本2軍監督の指示で塹江、飯田ら左投手がズラリ。佐々岡2軍投手コーチら首脳陣の熱視線を受けながら、復帰へ強烈なデモンストレーションを披露した。

     本番さながらの熱投だった。右打者・下水流への投球を終えると、5分間インターバル。ペットボトルを手に取って喉を潤し、左の土生と対した。直球、カットボール、ツーシーム、チェンジアップ…。投球後は変化球の軌道を打者に確認し、投球フォームを動画で入念にチェックした。本人の希望でコメントは控えたが、鋭いボールが復調を物語った。

     ここまで長い道のりだった。3月31日・阪神戦(マツダ)で2年連続の開幕投手を務めながら、四回途中KOされると、4月5日に咽頭炎で離脱。自宅などでの静養を強いられ、体重も激減した。

     同22日の練習再開から、ようやく実戦登板が見通せるまでに回復し、首脳陣も胸をなで下ろした。水本2軍監督が「ボールはまだまだだけど、ゲームに入る準備はできた」とうなずけば、佐々岡2軍投手コーチも「段階を踏んでやっていく」と次のステージへGOサインを出した。

     今後は青写真に沿って、1軍への復活ロードを歩んでいく。来週中にも屋外フリー打撃やシート打撃に登板する見込みで、問題がなければ2軍戦に登板する。徐々にイニングを伸ばしていく方向で、5月30日から始まる交流戦が1軍復帰のメドとなりそうだ。

     エースの表情にも、明るさが戻ってきた。ウオーミングアップ中にはチームメートへ「今日はヘーゲンズの誕生日なんだ」と知らせた。仲間から祝福されたヘーゲンズは照れ笑い。そんなエースが不在の1軍投手陣は、投壊状態だ。

     右の柱・野村は安定した投球を続けているが、他の先発陣が踏ん張れずに阪神、ヤクルトに2カード連続で負け越し。中継ぎ陣にも疲労の色がにじむ。ジョンソンの復調は何よりもうれしい知らせ。一日でも早く苦しむチームを救いたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170513-00000008-dal-base

    【大下剛史「熱血球論」】広島は明らかに前日6日の大逆転負けを引きずっていた。どう立て直してくるのか注目していたが、何の抵抗もない。初回に一死満塁のチャンスをつかんだが、5番の新井と6番に入ったペーニャが2者連続で空振り三振。勝ちたいのかどうかも分からないような迫力のなさで、あっさりと阪神に零敗だ。

     ちょうどこのぐらいの時期は開幕からの疲労がピークを迎える。順調に4月を首位で終えて、気の緩みも出ていたのだろう。9点差をひっくり返された6日の試合では象徴的なシーンがあった。6回二死満塁で先発の岡田から中田にスイッチした場面だ。

     リリーフカーに乗ってブルペンから姿を現した中田はグラブで顔を隠しながら、どこかニヤニヤしていて、口もモゴモゴと動いていた。3連投中で出番なしと踏んでいたのか、あってももう少し後だと思って腹ごしらえをしていたのかもしれない。5回まで1失点と快調に投げていた岡田が急に崩れたことによるスクランブル発進だったのだろうが、押し出し四球に適時三塁打を許したのは当然の結果でもあった。ベンチとブルペンの意思疎通も十分にできていなかったようにも思う。

     長いシーズンには山もあれば谷もある。どんなチームでも順風満帆に1年を過ごすことはできない。広島にとっては今が谷で、考えようによっては気を引き締める機会を阪神に与えてもらったとも言える。

     経験上から、こういうときは選手を責めてはいけない。焦って選手の入れ替えなどするより、今いるメンバーで酒でも酌み交わしながら、原点回帰するための話し合いをすることの方が得策だ。

     幸いなことに9日からの神宮でのヤクルト戦に備えて、広島は8日から東京の宿舎に泊まる。それぞれが家族の元へ帰らなければいけない地元と違って選手やスタッフも集めやすく、ミーティングをするには絶好のタイミングだ。

     広島のチーム力はライバルと比べて抜けているが、かといって安心できるほどでもない。悪い流れを断ち切るためにも、今こそチーム一丸となってもらいたいものだ。(本紙専属評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000006-tospoweb-base

     広島中村祐太投手(21)が1日、マツダスタジアムで行われた1軍練習に参加した。3日中日戦でプロ初登板初先発が見込まれる。

     先発投手陣が集まったグラウンドに、高卒4年目の右腕も姿を見せた。ランニングやキャッチボールで汗を流すと、マツダスタジアムのマウンドへ。登板2日前のブルペン投球代わりに本拠地マウンドで真っすぐにスライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ44球投げ込んだ。「試合当日は緊張するかもしれないけど、今は楽しみの方が大きい」。練習後は笑顔で額の汗を拭った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-01816393-nksports-base

    このページのトップヘ