広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    クリス・ジョンソン

    【赤ペン!!赤坂英一】今年の広島キャンプはろくなことがない。先発復帰が期待される大瀬良が右脇腹の違和感で一軍から外れたと思ったら、守護神・中崎と二軍捕手・中村亘がインフルエンザで隔離。さらにはチームスタッフ10人が宿舎の食事が原因とみられる食中毒などで体調を崩した。

     ただでさえ、今年の広島は“黒田ロス”という大きなハンディを抱えている。昨季までの2年で21勝(16敗)という数字に収まらない精神的支柱、黒田が引退した穴は簡単に埋められるものではない。畝投手コーチもこう漏らしていた。

    「今年は、開幕したら、ああ、黒田がおらん、と感じることもきっとあるじゃろう。黒田がチームに合流するのはキャンプの後半からやったから、いまはそんなに感じないけどね。いざ、戦いの場になったら、われわれも穴の大きさを実感すると思うよ。やっぱり、あれだけの存在やったから」

     その黒田が抜けた投手陣については、「当たり前のことやけど、去年の2本柱、最多勝(16勝)の野村、沢村賞のジョンソン(15勝)にきちんと調整してもらうことが大前提や」と畝コーチは強調する。「2年連続で去年並みの数字を挙げられるかどうか。当然、今年は研究もされるやろうから」というのだ。

     大瀬良の先発復帰にも黄信号がつきそうな今、慶大から入ったドラフト1位右腕・加藤の存在も気にかかる。フリー打撃やシート打撃では鈴木のバットを折るなど、主力打者を球威で押す場面も見られたが、畝コーチの評価はどうなのだろう。

    「真っすぐには確かに力がある。空振りを取れる球もある。しかし、課題はコントロール。現状ではストライクとボールがはっきりし過ぎとるからね。どんな投球ができるのか、もっと実戦形式で投げさせてみて、使い方を考えるのはそれから」

     そんな加藤には、ちょっと珍しいエピソードが一つ。日南キャンプ中、慶大野球部マネジャーだった川合真帆さんが、加藤の激励に訪れていたのだ。彼女のほうは今春から巨人に就職、ファン事業部に配属されることが内定している。加藤が一軍メンバーに入れば、東京ドームでの巨人―広島戦でまた再会する機会もあるかもしれない。

     昨年の新人・岡田も、西武とのオープン戦では5失点と散々だったが、緒方監督の我慢が実って4勝を挙げている。今年もまたカープの“育てる力”に期待したい。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000009-tospoweb-base

     「広島春季キャンプ」(14日、日南)

     広島は今季、リーグ連覇と33年ぶりの日本一を目指す。最大の懸案事項は、先発陣の再整備だ。昨季限りで黒田博樹氏(42)が現役を引退。開幕ローテはクリス・ジョンソン投手(32)と野村祐輔投手(27)の2人しか決まっておらず、投手陣を引っ張ってきた右腕が抜けた穴を誰が埋めるのか。

     緒方監督、コーチ、選手の誰しもが口をそろえる。「今年は日本一が目標」。昨季、成し遂げた25年ぶりのリーグ制覇。そして日本シリーズでの敗北。喜びと悔しさの両方を経験したことで、一体感はさらに強さを増した。新井も「頂がはっきり見える」と言い切る。活気ある春季キャンプの現場を見ても意識の高さがうかがえる。

     連覇への課題は、先発投手の再整備だ。昨季はジョンソンが15勝、野村が16勝、黒田氏が10勝と3本柱がそろって2桁以上の勝ち星をマークした。だが、昨季限りでレジェンドが現役引退。開幕ローテは、ジョンソンと野村しか決まっておらず、残り4枠は未定だ。

     黒田氏が残した10勝、151回2/3の投球回数を埋めるのは簡単ではない。緒方監督は「競争」という言葉を連呼しながら“ポスト黒田”の台頭を願ってきた。

     順当なら大瀬良、岡田、福井の名前が挙がってくるだろう。彼らの存在を脅かしそうなダークホースが薮田と左腕・塹江。キャンプ序盤を終え、14年度ドラフトの同期入団である2人の株が急上昇している。

     右肩の故障を抱えながら入団した薮田は、3年目を迎え不安がない。オフは過去2年のオフにできなかったキャッチボールやブルペンでの投球を続けた。昨季までは、古傷をかばうような投げ方だったが、今春は「肩がスムーズな動きをしている。しっかりしたテークバックが取れている」と畝投手コーチ。8日のシート打撃登板では、この時期にもかかわらず自己最速タイの153キロを計測した。球威はチーム屈指で、スタミナもある。

     先発、中継ぎを問わず、広島は左腕不足の解消がここ数年の課題だ。塹江は、右打者の内角へ投げ込む左腕独特のクロスファイヤーが持ち味。昨季、1軍を経験したこともあり、精神面でたくましさを増した。走者を背負っても動じない投球ができるようになりつつあり、失点しても次の点を与えない粘り強さが出てきた。

     今春は多くのチャンスが与えられる予定。経験を積むことで緒方監督が先発に求める安定感が生まれてくるはずだ。

     リリーフ陣に大きな配置転換はない。守護神は3年連続で中崎が務め、セットアッパーはジャクソンか新外国人・ブレイシアのどちらかが担う予定。七回は今村が濃厚だ。昨季とほぼ同じ布陣で勝利への扉を開いていく。

     指揮官が思い描く理想の投手編成は、リリーフを含め「20人」の1軍級を整備すること。昨季は故障者や不調な選手が出た場合でも、2軍から昇格したヘーゲンズや九里、中村恭らがカバーして戦力を維持した。田中、菊池、丸、鈴木ら強力な攻撃陣がいるが、目指す野球を「投手を中心とした守り勝つ野球」と言い切る。昨季は前田が抜け、そして今季は黒田氏がいない。それでも激しいチーム内競争から選手を育て、連覇へとつなげていく。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000033-dal-base

     「広島春季キャンプ」(12日、日南)

     広島ドラフト2位の高橋昂也投手(18)=花咲徳栄=が12日、1軍キャンプに初参加し、ブルペンで64球の熱投を披露。しなるような腕の振りからキレのある球を投げ込んだ。今回は1軍の“1日体験”のため13日からは2軍キャンプに戻るが、投球を見守った松田オーナーや首脳陣は評判通りの実力を見せつけた左腕を大絶賛した。

     午前10時20分から始まった投手陣のブルペン練習。その先陣を切って高橋昂がマウンドに上がった。受けるのは正捕手の石原。その後方では緒方監督が目を光らせ、松田オーナーも視察に訪れた。右隣ではエース左腕のジョンソンも投球練習を開始。並の新人なら腕が縮こまってしまいそうなシチュエーションだが、強心臓の18歳は物怖じすることなく、快速球を投げ込んだ。

     自慢のストレートに2種類のカーブ、スライダー、フォーク、シュート。多彩な持ち球を駆使しながら64球の熱投。投げ終えると石原から「ナイスボール!」という賛辞とともにグータッチを求められた。高橋昂はちょっぴり戸惑いながらもコブシを合わせて1軍初投球を終えた。

     「あれだけ多くの人には見られたことがなかったので…。でも、思ったよりも自分のペースで投げられた。すごくいい経験をさせてもらいました」。この日は他の高卒新人3人とともに1軍を“1日体験”。前夜は、みんなで「1軍ってどんな雰囲気なんだろう」と想像をかき立てた。緊張感いっぱいで天福球場にやってきたが、そこは「高校BIG4」と評され、甲子園の大舞台も経験した左腕。少々のことで萎縮するような心臓ではない。

     畝投手コーチは「腕の遅れて出てくる感じはジョンソンとよく似ている。特に右打者の外へのボールはいい球だった」と話せば、緒方監督も「いい素材が入ってきた。楽しみを感じた」と絶賛。さらに松田オーナーも「監督が見ていて、石原が受けて、あの状況であれだけの球を投げられるのはすごいと思わんか?度胸がある。慌てることなく大きく育てていきたい」と、期待値の高さを口にした。

     大物の片りんを見せつけた高橋昂だが、足元はしっかりと見据えている。16勝右腕の野村の投球をじっくり観察。「テンポが良くてコントロールもいい。これぐらいの制球力と球のキレがないと1軍では通用しないんだなと感じた」と自らの目指すレベルも確認した。

     13日から再び2軍での練習が始まるが、「できるだけ早く(1軍の戦力として)チームに貢献したい」ときっぱり。この日の貴重な経験を胸に刻み、未来のエース左腕はさらなる進化を誓った。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/02/12/0009910799.shtml

     1日にプロ野球はキャンプイン。今季もカミネロ(巨人)、ジェンセン(ソフトバンク)、アラウホ(中日)など多くの新外国人選手が入団した。新外国人の活躍がチームの命運を分けることも少なくない。ここでは、最近5年間で広島の新外国人選手がどんな成績を残したのか見ていきたい。

    【2012年】

     12年は投手がミコライオ、野手がニック、エルドレッド(途中加入)が入団した。

     ミコライオは入団当初はセットアッパーを任されていたが、シーズン途中から抑えに配置転換となり21セーブをマーク。

     野手ではニックが5月8日の阪神戦で3打席連続本塁打を放つなど、5月までの2カ月で9本塁打を記録。しかし、6月11日のオリックス戦で大怪我し離脱。

     ケガしたニックに代わる大砲として、シーズン途中からエルドレッドが入団。エルドレッドは、8月と9月の2カ月で11本塁打を放った。

    <投手>
    ミコライオ
    12年成績:61試 3勝5敗21S 防2.79

    <野手>
    ニック
    12年成績:52試 率.238 本9 点24

    エルドレッド
    12年成績:65試 率.262 本11 点35
    ☆途中加入

    【2013年】

     この年、球団初となるCSに出場した広島。シーズン途中に加入したキラが、打線の起爆剤となり、CS進出の立役者となった。

     キラは7月9日のDeNA戦でデビューを飾ると、同試合から3試合連続本塁打を記録。シーズン終盤には3番キラ、4番エルドレッドの大砲2人が打線を引っ張った。

     また、ルイスは開幕から1番打者として出場を続けていたが、日本の投手に対応できず、8月16日のDeNA戦を最後に一軍出場がなかった。

    <投手>
    ソコロビッチ
    13年成績:11試 0勝2敗 防0.79

    <野手>
    ルイス
    13年成績:79試 率.268 本4 点20

    キラ
    13年成績:66試 率.259 本14 点45
    ☆途中加入

    【2014年】

     この年は前年からプレーする助っ人外国人と、新助っ人で4つの外国人枠を巡った激しい争いが繰り広げられた。

     特にロサリオは、5月1日の阪神戦で4安打2打点の活躍を見せるも、外国人枠の関係で二軍落ちということもあった。シーズン序盤は一、二軍の往復が多かったが、9月2日の巨人戦でサイクル安打を記録するなど、シーズン終盤にはチームに欠かせない存在となっていた。

     投手は途中入団したヒースが、ナックルカーブを武器に7試合に登板して、3勝を挙げた。

    <投手>
    フィリップス
    14年成績:9試 1勝0敗 防3.27

    ヒース
    14年成績:7試 3勝0敗 防2.38
    ☆途中加入

    <野手>
    ロサリオ
    14年成績:69試 率.336 本14 点49

    【2015年】

     24年ぶりにリーグ優勝を目指したこの年、契約初年度の助っ人では球団史上最高額となる年俸1億円(推定)でグスマンを獲得するなど、球団の本気度が伺える補強を敢行。

     グスマンは打率.230、3本塁打、12打点と期待外れに終わったが、投手のジョンソンが素晴らしい働きを見せた。来日初登板となった3月28日のヤクルト戦、1安打完封で来日初勝利を挙げると、その後も安定した投球を見せ、リーグトップの防御率1.85、リーグ2位の14勝を挙げた。

    <投手>
    ジョンソン
    15年成績:28試 14勝7敗 防1.85

    ザガースキー
    15年成績:19試 0勝0敗 防2.40

    <野手>
    グスマン
    15年成績:34試 率.230 本3 点12

    シアーホルツ
    15年成績:65試 率.250 本10 点30
    ☆途中加入

    【2016年】

     ジャクソン、ヘーゲンズ、ルナの3人はチームの中心として、25年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

     ジャクソンは抑えの中崎翔太に繋ぐ、セットアッパーとして67試合に登板して、37ホールドをマーク。ヘーゲンズは先発、リリーフの両方をこなし、7勝を挙げた。

     中日から加入したルナは、広角に打ち分ける打撃で春先は4番打者としてチームを引っ張った。故障で離脱することが多く、シーズン通してプレーすることはできなかった。

    <投手>
    ジャクソン
    16年成績:67試 5勝4敗 防1.71

    ヘーゲンズ
    16年成績:50試 7勝5敗 防2.92

    デラバー
    16年成績:2試 0勝0敗 防0.00

    <野手>
    ルナ
    16年成績:67試 率.272 本5 点34
    ☆中日から加入

    プライディ
    16年成績:一軍出場なし



    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00102879-baseballk-base

     広島の一軍キャンプに参加していた戸田隆矢が調整不足のため、二軍へ降格との報道がでた。

     戸田はプロ5年目の昨季、7月10日の阪神戦でプロ初完封勝利をマークするなど5勝を挙げたが、7月下旬に左手を負傷。シーズン終盤に二軍戦で復帰したが、一軍のマウンドにあがることなくシーズンを終えた。今季はジョンソンに次ぐ左の先発候補として期待されたが、キャンプ序盤で躓いてしまった。

     戸田の他に広島の左の先発候補をみると、プロ3年目の塹江敦哉がいる。塹江はプロ2年目の昨季、リーグ優勝した翌日の9月11日の巨人戦でプロ初登板。巨人打線を抑えてアピールしたいところだったが、0回1/3を4安打2四死球6失点と、ホロ苦いデビューとなった。

     それでも、プロ先発した9月19日のDeNA戦では敗戦投手となったが、5回を2安打2失点に抑えてみせた。今キャンプは一軍スタートを切っており、アピールして開幕先発ローテ入りを果たしたいところだ。

     今季プロ7年目を迎える中村恭平もそうだ。中村恭は昨季5月29日のDeNA戦で、5回2/3を無失点に抑え、3年ぶりに一軍で勝利投手となった。その後の登板はピリッとせず、昨季は8試合に登板して、1勝1敗、防御率5.40だった。左で150キロ近いストレートを投げるのは魅力ではあるが、制球に不安を抱える。制球難を克服して、今季こそ先発ローテーションに定着して欲しいところだ。

     左の先発はジョンソンのみ。この中から、先発ローテに割って入る左投手が出てくるだろうか…。



     引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00102891-baseballk-base

     昨季、最多勝と最高勝率のタイトルを獲得した広島の野村祐輔投手(27)が順調な仕上がりを見せている。宮崎キャンプ3日目の3日、今キャンプで早くも2度目となるブルペン入り。変化球を交えて、55球を投げ込んだ。
     チームをリーグ優勝に導いた昨季は16勝3敗、防御率2.71の好成績をマークした。2年連続のリーグ制覇を狙うチームにあって、左腕のジョンソンとともに二本柱として期待される。「まだ始まったばかり。(ブルペンでは)体重移動をしっかり意識しながら投げています」。チームの命運を背負う右腕は、開幕に向けて、じっくりと調整のペースを上げていく。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00010017-fullcount-base

     エースの座は自力で射止める。広島の野村祐輔投手(27)が13日、東京・府中市の明大グラウンドでの自主トレを公開した。昨季は最多勝&最高勝率の2冠で25年ぶりのリーグ優勝に貢献。黒田博樹氏が抜けた今季は投手陣の大黒柱として期待される。本人もその気になっているが、原動力の一つになっているのは、昨年末の大舞台でのある屈辱だ。

     新たに投手陣のキャプテンを務める野村は「イニング数」を重視すると言い「完投だったり、そういうところを増やしていかないと。もっと体を強くすることと技ですかね。投球の引き出しを増やして、任せてもらえる投手になりたい」と意気込みを口にした。

     昨季はキャリアハイの16勝を挙げたものの、完投数はわずか1。投球回数も152回2/3にとどまり、試合終盤をリリーフ陣に委ねることが多かった。ポスト黒田としてチームを背負うには寂しい数字だった。それに加えて野村が奮い立っているのは昨年のNPBアワーズで経験した恥ずかしい思いを二度としたくないとの決意があるからだ。

     僚友のジョンソンが沢村賞に選ばれたものの、すでに本人は米国へ帰国していたため、NPBアワーズは欠席した。授賞式では球団関係者に促される形で野村が代理で壇上へ。そのときのことを右腕は「恥ずかしかったですよ。自分が取ったわけでもないのに『おめでとうございます』とか言われて」と振り返り「沢村賞は先発投手なら誰もが憧れる、栄誉ある賞。すべての面でレベルアップして、いずれは正式に受賞したい」と雪辱に燃えているわけだ。

     昨季は沢村賞の条件に完投数、規定投球回数、防御率などで及ばなかった。エースとしての働きを求められる今季の野村は相手打者だけでなく、自チームの投手にも負けないつもりだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00000033-tospoweb-base

     今季来日3年目を迎えるクリス・ジョンソン。通算29勝のジョンソンは今季、バリントンが持つ球団外国人歴代最多の通算40勝超えに期待がかかる。

     ジョンソンは15年に加入すると、来日初登板となった3月28日のヤクルト戦(マツダ)で、6回までノーヒットピッチングを披露するなど、9回を1安打7奪三振無失点の完封勝利で来日初勝利。初登板で最高のスタートを切ったジョンソンは、当時のエース・前田健太、9年ぶりに日本球界に復帰した黒田博樹とともに、先発ローテーションを守り14勝をマーク。防御率は1.85を記録し、来日1年目で最優秀防御率のタイトルを獲得した。

     2年目の昨季は、3月25日のDeNA戦(マツダ)で自身初となる開幕投手を務めた。ジョンソンは前田が抜けた後のエースとして、チームを引っ張り、15勝7敗、防御率2.15を記録。25年ぶりのリーグ優勝の立役者となった。

     特に昨季は、4回4失点で降板した7月27日の巨人戦以外、全ての登板で6イニング以上投げた。QS(6回3自責点以内)も26試合中24試合で達成し、QS率は92.3%とリーグトップを記録。緒方孝市監督もジョンソンが先発の時は、安心してマウンドを送ることができたのではないだろうか。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-00099896-baseballk-base

     広島の野村祐輔投手(27)が6日(日本時間7日)、優勝旅行先のハワイからの帰国を前に、来季の開幕投手に名乗りを上げた。16勝3敗の好成績でリーグ優勝に貢献し、最多勝と最高勝率の2冠を獲得した右腕。沢村賞のジョンソンが有力候補だが、緒方監督は野村の発奮を見越してか「競争になる」と明言を避けており、「チャンスがあるならやりたい」と意欲を示した。

     その発言を耳にした瞬間に野村の目は輝いた。来季開幕となる3・31阪神戦(マツダ)の先発投手を問う声に、緒方監督が「新しい顔ぶれの台頭を目指し、その中での競争になる。勝ち切ってスタートに入ってほしい」と語ったことを伝え聞くと、即座に反応した。

     「開幕投手は目指したいところ。チャンスがあるならやってみたい。ポジションを取りたい」

     指揮官の言う「新しい顔ぶれ」が、右腕を指すのは言をまたない。何しろ、今季は16勝3敗、防御率2・71の好成績をマーク。ポストシーズンのDeNA戦、日本ハム戦でも白星を挙げ、チームの勝利に最も貢献してみせた。27歳には名乗りを上げる権利がある。

     「開幕投手はチームのエース。2番手、3番手の投手が務めることはないと思うし、1番手が開幕戦に投げるべき」

     野村に開幕投手のイメージを問うと、そんな答えが返ってきた。昨季の開幕投手で、沢村賞を獲得したジョンソンが筆頭候補か。だが、指揮官は「個人名は挙げない。2月1日になっても言うつもりはない」とも言っており、仕上がり次第で逆転指名の可能性はある。

     ハワイでのV旅行は最終日を迎え、一行はこの日、帰国した。侍ジャパンの一員として、11月11日にあったメキシコとの強化試合に登板した右腕は、当然ながら秋季キャンプに参加しておらず、早期の自主トレ始動に強い意欲を示した。

     「早い時期に体を動かさないといけない。今まで4年間、秋のキャンプをやっていないシーズンはないので。今までやってきたこと、新たに取り組むこと。やるべきことはたくさんある」

     3月に開催されるWBC日本代表に選ばれる可能性もあり、決勝に進んだ場合は22日(日本時間23日)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われる。「選んでもらえたら世界一を狙うチャンス。経験して成長できたら」。開幕投手を務めるとしても、日程的には支障がない。ジョンソンに待ったをかけるか。野村から目が離せない。(江尾 卓也)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00000054-spnannex-base

    このページのトップヘ