広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    クリス・ジョンソン

     広島は2019年4月21日、マツダスタジアムでDeNAと対戦し、7-4で勝利した。1回、先頭・田中広輔内野手(29)が中前で出塁すると、3番・野間峻祥外野手(26)から4連続安打と押し出しで4点を先制。2回までに6点の援護を受けた先発クリス・ジョンソン(34)は、5回1失点の投球で今季初勝利を挙げ、チームは今季初の4連勝を飾り最下位を脱出した。

     20日の第2戦に続いて序盤での猛攻で試合を決めた。DeNAは中継ぎの国吉佑樹投手(27)を先発のマウンドに送る「オープナー」制で広島打線の目先を変えようと試みるも、上り調子の鯉打線には通用しなかった。打線は2試合連続の2ケタ安打をマークし、期待の左腕にようやく初白星。復調の兆しを見せる王者だが、昨年までヤクルトのコーチを務めていた野球解説者の野口寿浩氏(47)はどう見るか。J-CASTニュース編集部が聞いた。

    ■「ここぞという時の集中打はすごいものが...」

     野口氏は「17日の巨人戦で劇的な勝ち方をしたことで波に乗った感じですね。打線は完全に乗ってきています。去年、ヤクルトのコーチとして色々と対策をしてきましたが、広島打線のここぞという時の集中打はすごいものがありました。1イニングに4点以上、得点する場面が見られるようになりましたし、完調に近いでしょう」と指摘する。

     また、野口氏はジョンソンの初勝利が、チームの投手陣に与える影響は大きいという。ジョンソンは今季、3試合に先発して勝ち星はなし。この日は初の中4日でのマウンドで、苦手とするDeNA相手に5回1失点で投げ切った。昨シーズン11勝の左腕は今季、3年契約の最終年となるが、春季キャンプ前に2020年の1年契約を勝ち取り、球団からの期待も大きい。

     ローテーションの柱となるべくジョンソンの初勝利に野口氏は「1つ勝ったことで自分の中のモヤモヤが取れる。これで精神的にもだいぶ楽になったと思います。外国人選手は割り切りが上手なので、これから乗ってくるでしょう。ジョンソンの活躍につられて、九里(亜蓮)投手や岡田(明丈)投手も引っ張れていくと思いますので、投手陣も上向いていくでしょう」と、ジョンソンの1勝が投手陣にもたらす効果を指摘した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00000004-jct-spo

    <広島7-4DeNA>◇21日◇マツダスタジアム

    広島先発ジョンソンが5回4安打1失点で今季初勝利を挙げた。DeNA打線が早打ちであることを序盤に察知し、ファーストストライクから厳しいところを突いたのが勝因。序盤は際どいコースに投げる制球があり、球威もあった。


    ただし、この日の相手は淡泊だった。初回の守りで取るべき併殺を取れず、1死一、二塁で西川の飛球を左翼筒香がグラブに当てながら落球(記録は安打)。国吉が連続押し出し四球を出すなど、いきなり4失点した。これで打線が意気消沈したわけではないだろうが、難しいボールに手を出し、ジョンソンに楽に投げさせてしまった。

    大量援護に守られたジョンソンは、3回に突然フォームのバランスを崩しピンチを招くなど、不安も露呈した。本人もわかっており、もどかしいと思う。いい投球ができるイニングはあるのだから、それを継続して信頼を取り戻したい。(日刊スポーツ評論家)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-04210905-nksports-base

     ○広島7―4DeNA●(21日・マツダスタジアム)

     上昇気流に乗った赤ヘル打線は、相手の付け焼き刃の戦術をものともしなかった。救援投手が先発して短いイニングを抑えて継投する「オープナー」戦術を粉砕した。

     救援で最速161キロを記録したDeNA先発右腕・国吉に対し、一回に先頭の田中広が「飛ばしてくると思っていた」と初球の直球を狙い打って中前に運び、猛攻の口火を切った。野間の二塁打などで1死二、三塁から4番・鈴木が左前に落とす先制適時打。さらに1死満塁でバティスタが右前適時打で続くなど、広島は5長短打などでこの回に4点を奪った。

     バティスタは二回に中前2点適時打、七回にも今季1号の左越えソロと3安打4打点の大活躍。昨季25本塁打を放ちながら、今季は前日まで打率1割台で本塁打なしと苦しんでいたが、この日は「スイングの始動を早くした」ことが奏功。加えて「暖かいと動きやすい」といい、温暖な母国・ドミニカ共和国には及ばないが、最高気温が26.7度まで上昇したこの日の広島市の気候も幸いしたようだ。同郷の通訳、クレートさんが今月末から妻の出産準備で長期帰国するため、カリブの強打者は「その前に打ててよかった」と笑う。

     チームは4連勝で単独5位に浮上。リーグ3連覇中の王者がいよいよ地力を発揮し始めた。【田中将隆】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000049-mai-base

    ■広島 7-4 DeNA(21日・マツダスタジアム)

     広島は21日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に7-4で勝利し、4連勝となった。初回から打線がつながり、4連打と押し出し四球で4点を先制し、2回にも2点を追加して6対0として試合の大勢が決した。先発のジョンソンが5回1失点で今季初勝利。リリーフ陣が終盤に失点したが、序盤の大量点で危なげない勝利だった。



     今季初の同一カード3連勝に、緒方監督は「週の最後にいいゲームをファンに見せることができてよかった」と喜んだ。指揮官が「野手陣が1回からいい攻撃をしてくれた」と評したように、今季初先発の国吉を初回から攻略した。1番の田中が初球をセンター前に運ぶと、1死後に野間、鈴木、西川、バティスタの4連打で先制点を奪い、試合の流れを一気に引き寄せた。

     今季初の中4日での先発となったジョンソンは、3回に3安打を集中されて1点を失い、4回にも無死から2四死球でピンチを作るなど、5回終了まで96球を要してマウンドを降りた。ジョンソンは「やっと勝てた、という感じ」と安堵した表情だったが、緒方監督は「ジョンソンはいい投球内容ではなかった。あんな投球内容だと、攻撃につながらなくなる」と苦言も呈した。

     それでも「白星が付いたので、また新たな気持ちでやってくれると思う」と左腕エースに期待し、「明日は試合がないので選手も休養を取れるし、来週からまた頑張りたい」と、チームの復調に手応えを感じているようだった。今季初の4連勝でチームは最下位脱出となったが、緒方監督は「ひとつ、ひとつやるだけです」と、いつもと変わらない姿勢を強調した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00352137-fullcount-base

     「広島7-4DeNA」(21日、マツダスタジアム)

     息を吹き返した王者・広島が今季初の4連勝をマーク。同率5位で並んでいた阪神がこの日敗れたため、最下位を脱出した。



     先発した国吉を攻め、1死二、三塁から鈴木が先制の左前適時打。さらに西川の左前打で1死満塁となると、バティスタが右前適時打を放った。さらに安部、石原が連続押し出し四球を選び、2点を追加した。

     先制適時打の鈴木は「チャンスだったので、先制点につながって良かった」と話した。バティスタは「打ったのはストレート。コースに逆らわずうまく捉えることができた」と振り返った。

     二回にも2死満塁からバティスタの2点適時打でリードを広げると、七回にはバティスタが今季1号となるソロを放った。先発のジョンソンは大量点に守られ、5回4安打1失点で、4試合目の先発で今季初勝利をマークした。

     DeNAは、ローテ順通りの京山ではなく、中継ぎの国吉を先発させる「オープナー」で臨んだが、この投手起用が裏目に出た。DeNAは今季初の5連敗を喫した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000114-dal-base

     15日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』に出演した井端弘和氏が、広島について言及した。

     リーグ4連覇を目指す広島は、開幕から5カード連続負け越し。ここまで投打が噛み合わず、4勝11敗の最下位に沈む。16日から広島は、3位・巨人と2連戦だ。巨人とは開幕カードで対戦し、開幕戦こそ勝利したが、連敗で1勝2敗と負け越した。

     井端氏は「(初戦の先発が)ジョンソンですし、前回登板も結構初回に点を取られていますので、踏ん張らないと」と前回登板の9日ヤクルト戦で、3回6失点でノックアウトされた予告先発・ジョンソンの奮起を促し、「先発ピッチャーがある程度投げて、試合を作っていけばいつもの広島らしいゲームができると思いますね」と話した。

     また、打線についても井端氏はショウアップナイターの公式Twitterで「1、2番が開幕してから両方が良いという時がないので、田中が打てば菊池が打てない。菊池が打てば田中が打てないという流れなので、この辺が繋がれば、鈴木もだいぶ上がってきましたので今までの打線ではないのかなと思います」と得点力を上げるためにも1、2番がカギを握りそうだ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00185670-baseballk-base

     開幕してから約3週間が経過したプロ野球。セ・リーグではヤクルトとDeNA、巨人が首位を争う。その一方で昨季まで3連覇中の広島が5カード連続でカード負け越しとなり、大きく出遅れる波乱が起きている。パ・リーグは昨季2年連続日本一に輝いたソフトバンクが怪我人を多く抱えながらも首位に立ち、楽天、日本ハム、西武が追う展開となっている。



     各球団が14試合ないし15試合を消化した4月の半ば。それぞれの球団の戦いぶりを識者はどう分析しているのか。中日、オリックス、楽天で27年間に渡ってプレーし、史上3人目となる両リーグでの本塁打王にも輝いた野球解説者の山崎武司氏が「Full-Count」のインタビューに応じ、ここまでの戦いへの見解を語った。

     今季のプロ野球で、この3週間での最大のサプライズといえば、やはり広島の出遅れだろう。開幕から5カード連続で負け越し、現在、4勝11敗の借金7。チーム打率.212はリーグ最下位、チーム防御率4.09はリーグ5位と、3連覇中の常勝チームとは思えないほどの不振に喘いでいる。

     広島が苦戦を強いられている要因はどこにあるのか。かつて在籍した中日、楽天を中心に解説、評論を行い、セパ両リーグをチェックしている山崎氏は「ピッチャーがてんてこ舞いになっている。理由は簡単。ピッチャーが全く機能していない。そこに尽きる」と、投手陣が原因にあると指摘する。

     エースの大瀬良や床田、野村は奮闘しているが、頼みのジョンソンが防御率9.00と結果を残せず、開幕ローテに入った岡田は2試合連続で炎上し、防御率10.80で2軍降格となった。守護神の中崎はすでに2敗を喫し、フランスアも防御率7.20と不振だ。

     丸佳浩が巨人にFAで流出したものの、山崎氏は「丸がいなくなったから、というのは思わない。やっぱりピッチャーが悪い。ジョンソンも良くないし、岡田もダメ」とする。これまでも、打線に比べ、投手力の弱さは指摘されてきた。それでも、年替りで若手が台頭したり、と、課題を何とか潰してきており、山崎氏は「今年まだそれが出てきていない」という。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00347334-fullcount-base

    広島の緒方孝市監督は改めて「1つ1つやるだけ。それしかない」と平常心の大切さを強調した。ここまで連勝は1度もなく、勝率2割6分7厘、45得点、80失点、19失策、チーム打率2割1分2厘はいずれもリーグワースト。



    それでも、苦しい戦いになることは当初から想定済み。相手に応じて打線を組み替えながら、復調のときを待つ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-04150721-nksports-base

     広島のクリス・ジョンソン投手(34)が15日、マツダスタジアムでの投手指名練習に参加した。16日の巨人戦(鹿児島)に先発する助っ人は入念なキャッチボールを行うなど不振脱出に向けて燃えている。

     開幕2カード目初戦となった2日の中日戦(ナゴヤドーム)では5回3失点、前回9日のヤクルト戦(マツダ)でも3回6失点と2試合続けて早期降板。練習後、通常通りジョンソンは無言のままベンチ裏へ。担当の通訳者も「ジョンソンは登板前日に話さないことになっているので」と配慮を求めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000562-sanspo-base

     「広島2-6ヤクルト」(11日、マツダスタジアム)

     明らかに、我を失っていた。

     二回、先発の岡田がストライクが入らなくなり、4者連続四球。捕手の会沢や遊撃手の田中広が声をかけても効果なく、たたきつけるワンバウンドのボールや抜けた変化球が打者の頭部付近に向かうなど、明らかなボール球を連発した。1回0/3を2安打6四球6失点でKO。自滅でチームは4連敗となった。

     デイリースポーツ評論家の関本四十四氏は「立ち上がりから調子が悪く、『まずい』と焦ってしまい、バランスが崩れた。間違いなく、メンタル面が影響している。いわゆるイップスのようなもの。上体と下半身の連動がバラバラになって、本人もパニックになって、どこを修正したらいいか分からなかったと思う」と振り返った。

     前夜は十回に一挙12失点で惨敗。一夜明けても本拠地に重い空気が漂っていたが、岡田はその雰囲気を払しょくするどころか、一気に飲み込まれてしまった。

     4連敗中の失点はトータル「40」。先発陣が4戦連続で5回持たず、厳しい戦いを強いられている。ただ、この日も松山の失策が失点に絡んだように、トータル18失策は断トツの両リーグワースト。野手陣も焦りからミスを連発し、本来のプレーを見失っている。バットも湿り、頼みの主砲・鈴木も17打席ノーヒットと、力みからミスショットを繰り返している。

     関本氏は「口に出したくはないだろうが、丸や新井が抜けたことで弱くなったと言われたくないと思っていたはず。ただ、負けが続いて『あれ、おかしいな』と思っているうちにズルズルとあり地獄にはまってしまった。こういう時はエースの大瀬良が完封したり、鈴木がドカンと一発を放ったり、何か勢いのつくきっかけがほしいところだが、『俺がやらないと』、『何とかしないと』などと必要以上に思うと裏目に出る。全員が地に足をつけてプレーしていくしかない」と語った。

     12試合で3勝9敗となったのは10年以来、9年ぶり。ただ、巻き返す時間は十分に残されている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000150-dal-base

    このページのトップヘ