広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    クリス・ジョンソン

     エースの座は自力で射止める。広島の野村祐輔投手(27)が13日、東京・府中市の明大グラウンドでの自主トレを公開した。昨季は最多勝&最高勝率の2冠で25年ぶりのリーグ優勝に貢献。黒田博樹氏が抜けた今季は投手陣の大黒柱として期待される。本人もその気になっているが、原動力の一つになっているのは、昨年末の大舞台でのある屈辱だ。

     新たに投手陣のキャプテンを務める野村は「イニング数」を重視すると言い「完投だったり、そういうところを増やしていかないと。もっと体を強くすることと技ですかね。投球の引き出しを増やして、任せてもらえる投手になりたい」と意気込みを口にした。

     昨季はキャリアハイの16勝を挙げたものの、完投数はわずか1。投球回数も152回2/3にとどまり、試合終盤をリリーフ陣に委ねることが多かった。ポスト黒田としてチームを背負うには寂しい数字だった。それに加えて野村が奮い立っているのは昨年のNPBアワーズで経験した恥ずかしい思いを二度としたくないとの決意があるからだ。

     僚友のジョンソンが沢村賞に選ばれたものの、すでに本人は米国へ帰国していたため、NPBアワーズは欠席した。授賞式では球団関係者に促される形で野村が代理で壇上へ。そのときのことを右腕は「恥ずかしかったですよ。自分が取ったわけでもないのに『おめでとうございます』とか言われて」と振り返り「沢村賞は先発投手なら誰もが憧れる、栄誉ある賞。すべての面でレベルアップして、いずれは正式に受賞したい」と雪辱に燃えているわけだ。

     昨季は沢村賞の条件に完投数、規定投球回数、防御率などで及ばなかった。エースとしての働きを求められる今季の野村は相手打者だけでなく、自チームの投手にも負けないつもりだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00000033-tospoweb-base

     今季来日3年目を迎えるクリス・ジョンソン。通算29勝のジョンソンは今季、バリントンが持つ球団外国人歴代最多の通算40勝超えに期待がかかる。

     ジョンソンは15年に加入すると、来日初登板となった3月28日のヤクルト戦(マツダ)で、6回までノーヒットピッチングを披露するなど、9回を1安打7奪三振無失点の完封勝利で来日初勝利。初登板で最高のスタートを切ったジョンソンは、当時のエース・前田健太、9年ぶりに日本球界に復帰した黒田博樹とともに、先発ローテーションを守り14勝をマーク。防御率は1.85を記録し、来日1年目で最優秀防御率のタイトルを獲得した。

     2年目の昨季は、3月25日のDeNA戦(マツダ)で自身初となる開幕投手を務めた。ジョンソンは前田が抜けた後のエースとして、チームを引っ張り、15勝7敗、防御率2.15を記録。25年ぶりのリーグ優勝の立役者となった。

     特に昨季は、4回4失点で降板した7月27日の巨人戦以外、全ての登板で6イニング以上投げた。QS(6回3自責点以内)も26試合中24試合で達成し、QS率は92.3%とリーグトップを記録。緒方孝市監督もジョンソンが先発の時は、安心してマウンドを送ることができたのではないだろうか。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-00099896-baseballk-base

     広島の野村祐輔投手(27)が6日(日本時間7日)、優勝旅行先のハワイからの帰国を前に、来季の開幕投手に名乗りを上げた。16勝3敗の好成績でリーグ優勝に貢献し、最多勝と最高勝率の2冠を獲得した右腕。沢村賞のジョンソンが有力候補だが、緒方監督は野村の発奮を見越してか「競争になる」と明言を避けており、「チャンスがあるならやりたい」と意欲を示した。

     その発言を耳にした瞬間に野村の目は輝いた。来季開幕となる3・31阪神戦(マツダ)の先発投手を問う声に、緒方監督が「新しい顔ぶれの台頭を目指し、その中での競争になる。勝ち切ってスタートに入ってほしい」と語ったことを伝え聞くと、即座に反応した。

     「開幕投手は目指したいところ。チャンスがあるならやってみたい。ポジションを取りたい」

     指揮官の言う「新しい顔ぶれ」が、右腕を指すのは言をまたない。何しろ、今季は16勝3敗、防御率2・71の好成績をマーク。ポストシーズンのDeNA戦、日本ハム戦でも白星を挙げ、チームの勝利に最も貢献してみせた。27歳には名乗りを上げる権利がある。

     「開幕投手はチームのエース。2番手、3番手の投手が務めることはないと思うし、1番手が開幕戦に投げるべき」

     野村に開幕投手のイメージを問うと、そんな答えが返ってきた。昨季の開幕投手で、沢村賞を獲得したジョンソンが筆頭候補か。だが、指揮官は「個人名は挙げない。2月1日になっても言うつもりはない」とも言っており、仕上がり次第で逆転指名の可能性はある。

     ハワイでのV旅行は最終日を迎え、一行はこの日、帰国した。侍ジャパンの一員として、11月11日にあったメキシコとの強化試合に登板した右腕は、当然ながら秋季キャンプに参加しておらず、早期の自主トレ始動に強い意欲を示した。

     「早い時期に体を動かさないといけない。今まで4年間、秋のキャンプをやっていないシーズンはないので。今までやってきたこと、新たに取り組むこと。やるべきことはたくさんある」

     3月に開催されるWBC日本代表に選ばれる可能性もあり、決勝に進んだ場合は22日(日本時間23日)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われる。「選んでもらえたら世界一を狙うチャンス。経験して成長できたら」。開幕投手を務めるとしても、日程的には支障がない。ジョンソンに待ったをかけるか。野村から目が離せない。(江尾 卓也)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00000054-spnannex-base

     「NPBアワーズ2016」(28日、グランドプリンスホテル新高輪)

     セ・リーグの最優秀選手(MVP)には、広島・新井貴浩内野手(39)が選ばれた。プロ18年目で初の受賞。広島選手としては1991年の佐々岡真司以来25年ぶりで、39歳シーズンでのMVPはセ・リーグ最年長記録となった。

     新井はあいさつの冒頭で「黒田(博樹)さんには思い切りガッツポーズでいけといわれたんですが…最初(受賞を)聞いたときは冗談かと思いました」と感想。さらにチームの快進撃を振り返り、「今年1年はまさかまさかの連続でしたが、最後にまさか僕が(MVPを)もらえるとは…この賞は監督はじめ、最高のチームメート、最高のファンに獲らせていただいた賞だと思います」と語った。

     続けてガッツポーズの封印について、「自分も他人事のような感じ。(MVPは)僕が獲ったのではなく、獲らせていただいた賞なのでできません」と理由を説明。野球に取り組む姿勢については、「普段通り、歳はとってますが、1試合1試合泥だらけになってやっているところを、若い人が見てくれ、時には若い人に僕が引っ張られた」と表現。チームを代表して、「勝っているときも負けてるときも、ベンチは元気で今年は逆転勝ちが多かった。少々のビハインドもあきらめてなかった」と話した。

     新井は最後に日本シリーズで敗れたことから、「最後の最後にちょっと悔しい思いをした。今年より厳しく険しくなると思うが、みんなで力を合わせるのがカープの良さ。一体となってがんばりたい」と来季へ向けた思いを示した。

     新井は今年4月、史上47人目の通算2000安打を達成した。シーズン67試合で4番に座り、25年ぶりのリーグ優勝に貢献。また、8月2日のヤクルト戦(神宮)では、42人目の300本塁打を達成。同月25日の巨人戦(東京ドーム)では、41人目の通算1000得点を記録した。123試合に出場し、6年ぶりの3割台となる打率・300、19本塁打、101打点をマークした。記録ずくめの1年に、セ・リーグナンバーワン選手の称号を手にした。

     広島の選手がMVPを受賞するのは、75、80年の山本浩二、79年の江夏豊、84年の衣笠祥雄、86年の北別府学、91年の佐々岡真司に次いで7度目(6人目)。

     また39歳シーズンでのMVP受賞は、40歳シーズンで受賞した88年の南海・門田博光に次ぐ年長記録。阪神・若林忠志が1リーグ時代の47年に、39歳シーズンでMVPを受賞している。セ・リーグでは、新井が最年長受賞となった。


    引用元 http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2016/11/28/0009706221.shtml

     セ、パ両リーグの今季のベストナインが25日、発表され、日本一に輝いた日本ハムから、史上初の“二刀流受賞”を果たした大谷に加え、中田、レアード、西川が選出された。25年ぶりにリーグ優勝した広島からは、いずれも初受賞の野村、石原、鈴木、11年ぶり2度目の新井、丸が選ばれた。最多受賞はオリックス糸井の5度目で、巨人村田は4度目、ヤクルト山田、巨人坂本は3度目の選出となった。有効投票総数はセが269票、パが245票で、両リーグ最多得票は広島鈴木の266票。パでは日本ハム・レアードの238票。ソフトバンク、楽天、阪神、中日からの選出はなかった。最優秀新人、最優秀選手(MVP)は、28日のNPBアワーズで発表される。


     得票数も神ってる!? 広島鈴木が両リーグ最多得票(266票)で初のベストナインに輝いた。打率3割3分5厘、29本塁打、95打点と活躍。3戦連続決勝弾などで緒方監督から「神ってる」と表現された若武者が、ゴールデングラブ賞に続く勲章を手にした。だが本人は「実感はないです。すごい賞なので、想像もしていなかった」と驚いていた。

     来季は真価が問われる1年になる。「想像以上のいい成績を残せたと思います。でも来年は来年。1回忘れて、また新たな自分に出会えるようにやっていきたい」。シーズン後も侍ジャパンに選出され、秋季キャンプも参加していない。12月1日からの優勝旅行は「ハワイではいい時間を過ごしたいけど、何かしらはやらないといけない」。限られた時間でも準備を進めていくつもりだ。

     大きな目標がある。打率3割、30本塁打、30盗塁のトリプルスリーだ。「目の前で(ヤクルト)山田さんが2年連続でやっている。すごいなと思うし、ああいう数字を残せる選手になりたいと思ってやっています」。侍ジャパンで技術の高さを目の当たりにしてスイッチも入った。「神ってる」1年は終わった。来季は「本物」ということを証明する。【池本泰尚】


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161126-01743372-nksports-base

     外国人選手の活躍なしに25年ぶりの優勝は果たせなかったのは間違いない。ハイレベルの助っ人が揃い、外国人枠の争いも熾烈だった広島。中でもMVP級の活躍を見せたのがクリス・ジョンソン投手だった

     来日2年目の左腕は1年目の14勝を上回る15勝を挙げ、防御率2.15と抜群の安定感を誇った。勝ち星、防御率はいずれも2位でタイトルこそ逃したが、先発した26試合のうち、24試合でクオリティースタート(6回以上投げて、自責点3以下)を達成。QS率92パセーンはリーグトップの数字で、外国人では1964年のバッキー(阪神)以来、52年ぶりとなる沢村賞を受賞した。

     投手では共に来日1年目のジェイ・ジャクソン、ブレイディン・ヘーゲンズも獅子奮迅の活躍。ジャクソンは8回を投げるセットアッパーとして67試合に登板。球団の最多ホールド記録となる37ホールドをマークした。ヘーゲンズも当初は中継ぎとして、勝利の方程式の一角を務めたが、先発の駒不足となった8月以降に先発に転向。50試合に登板し7勝、防御率も2.92と大活躍だった。

     一方、投手で3枠を占めたため、打者は長打力のブラッド・エルドレッドと勝負強いエクトル・ルナのどちらかを起用する形に。来日5年目のエルドレッドは95試合の出場で21本塁打。日本シリーズでも3本塁打を放つなど、結果を残したが、来日4年目、中日から移籍1年目のルナは67試合で5本塁打34打点とやや物足りない成績に終わった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161117-00010000-fullcount-base

     近年まれに見る激闘が繰り広げられた日本シリーズからまもなく2週間――。

     シリーズを振り返ってみた時、流れを大きく左右したのが“助っ人のはたらき”だったように思う。

     日本ハムはMVPに輝いたレアードを筆頭に、バースはリリーフだけで3勝を挙げる活躍。ロングリリーフで好投したメンドーサも接戦の中で非常に貴重なはたらきを見せた。

     敗れた広島の方も同様。沢村賞投手・ジョンソンは2試合で防御率0.71とその実力をいかんなく発揮し、エルドレッドは第1戦からの3戦連発などで敢闘賞を獲得。ジャクソンも最後の第6戦での打ち込まれた印象が強くなってしまったが、それまでの5試合すべてにリリーフ登板してチームを支えていた。

     このように、リーグを制して頂上決戦で激闘を演じた両チームには、優秀な助っ人の存在があった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-00095162-baseballk-base

     広島・ジョンソンが6日、今季限りで現役引退した黒田の“魂”継承を誓った。チームの勝利のために奮投した男気の精神を受け継ぎ、先発投手陣で最年長となる来季に向けてリーダーとしての自覚を強くにじませた。

     「黒田サンがいなくなると(32歳の)私が最年長投手になる。いい見本になり、才能ある投手陣とともに戦いたい。強い気持ちを持って、彼が成し遂げてきたことを引き継いでいきたい」

     黒田が復帰した15年に広島入り。「精神的な支柱。若い投手から尊敬されていた」ベテランの影響力を感じながら2年間で29勝を挙げ、1年目は最優秀防御率、リーグVに貢献した今季は沢村賞に輝いた。それでも助っ人は言う。

     「いろんな部分を修正することでベストは尽くせたが、正直に言うと、今年は1年目ほどの成績が残せなかったと思う」

     シーズン途中に契約を更新し、来季は3年契約の1年目。「オフが短いので早く始動し、コンディションを整えてチームに合流したい。来年は1年目のような投球をしたい」。左腕は言葉に力を込め、羽田空港から帰国の途に就いた。 (江尾 卓也)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161107-00000065-spnannex-base

     108年ぶりのワールドチャンピオンに輝いたカブス。チームを再建した立役者は、MLB最高の編成担当と称されるセオ・エプスタイン編成本部長だ。彼の腹心がドラフト&育成担当の重役ジェーソン・マクロード氏で、ブライアント、シュワバーらワールドシリーズでも活躍した有望株をドラフトしてきた。その2人が、日本でプレーしているある選手の活躍に目を細めた。

     エプスタイン氏が「それは良かった」と言えば、マクロード氏は「日本でそんなに活躍しているなんて本当に良かった。大学生だった彼をドラフトで指名したスカウト部長としては嬉しい」。今年、沢村賞を受賞した広島の左腕クリス・ジョンソンのことだ。

     2人がレッドソックス時代の06年に、ウィチタ州立大のジョンソンをドラフト1巡全体40番目で指名した。当時GMだったエプスタイン氏は「3つの球種をコントロールよく投げられるし、メジャーでもローテーションに入れると思った」と振り返る。21歳だった期待の左腕は育成プログラムに沿って順調にステップを踏み、09年には3Aに昇格。しかし、そこで壁にぶつかった。

     敏腕スカウト部長としてジョンソン指名に携わったマクロード氏は「ケガもあったが、一番は気持ちの問題。打者に向かってもっと攻めればいいのに、それができない。コーナーを狙いすぎてカウントを悪くし、ストライクを取りにいって打たれる繰り返しだった」と話す。毎年、有望株が大量に入ってくるメジャーでは、結果が出るまで待つほど甘い世界ではない。11年5月に解雇され、その後は独立リーグを経て、パイレーツ、ツインズと渡り歩いた。パ軍時代の13年9月1日、28歳にしてようやくメジャー初先発のチャンスを得たが、2回5失点KO。3Aではいい成績を残すが、メジャーでは結果を出せない、いわゆる「4A」のレッテルを貼られてしまった。

     メジャーでは結局、7試合登板で1勝もできなかったが、異国の地で花開いた。マクロード氏は自分が目をつけた選手だけに、どこに行こうが成功を願っている。「私は09年を最後にレッドソックスを離れた後、一度どこかでクリスに会って話した記憶があるけど、結果が出なくてしんどそうだった。日本での成功を教えてくれてありがとう」。心の底から喜んでいる笑顔だった。 (奥田秀樹通信員)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161105-00000109-spnannex-base

    このページのトップヘ