広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    クリス・ジョンソン

     広島・石原慶幸捕手(40)が13日、体のメンテナンスのためマツダスタジアムを訪れ、国内FA権を行使せず広島残留を表明した会沢との共闘を誓った。後輩の潔い決断をベテランは大歓迎。V奪回と悲願の日本一へ、球界最年長捕手となる来季も会沢と共にチームを引っ張っていく。

     男気あふれる決断を心から歓迎した。10日に会沢が国内FA権を行使せず、広島残留を表明した。ベテラン石原は「チームにとってすごくいいことだし、今年は悔しい思いをしたので、一緒に日本一を目指して頑張っていきたいね」とタッグ継続を喜んだ。

     後輩の悩める心情は誰より理解できた。石原も2010年に国内FA権を取得。去就が注目を集める中、悩み抜いた末に残留を表明した。当時のチームは低迷期。会見では今回の会沢と同じように残留を願う手紙をくれたファンに感謝し、「強いカープの時代を作っていけるように頑張りたい」と誓っていた。

     その宣言通りチームは16年からリーグ3連覇を達成した。今季は4連覇こそ逃したが、石原は存在感を発揮。ジョンソン先発時にマスクをかぶり、正捕手会沢をサポートした。

     「(会沢は)今年も選手会長として頑張っていたからね。そばで見ていたし、チームの中で力になれることがあれば、助けになれることがあれば、協力してやっていきたいね」

     巨人の阿部が今季限りでの現役引退を表明したため、来季は球界最年長捕手となる。「そこを目指してきたわけじゃないからね。そうなっただけ。こだわりはないよ」と言うが、ベテランの存在は頼もしい限り。プロ19年目の来季も、いぶし銀の輝きを放つ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00000034-dal-base

     広島の九里亜蓮投手(28)が8日、マツダスタジアムを訪れ、来季の先発ローテーション定着へ向けて意気込んだ。シーズン終了後から今季の投球内容を映像やデータで振り返り、自己分析の真っ最中。9日から始まる秋季練習では、気になる部分があれば“質問魔”となって野手にも助言を求める構えだ。ウイークポイントを洗い出して克服に努めていく。

     九里は何度も「ゾーンの中で勝負する」と口にしてきた。来季もそれを突き詰めて貫くためには、自身の投球を知り、配球のバリエーションを増やすことが重要だ。今季を振り返りながら「このカウントではこの球種が多いとか少ない、とか。カーブが2%しかないなら増やしてみようかな、とか。それが分かれば良い」と力を込めた。

     対セ・リーグ5球団の映像や投球データなどと毎日にらめっこ。この日もマツダスタジアムのロッカーで集めた資料に目を通した。徹底的に自己分析するようになったのは16年の春季キャンプから。田中スコアラーに助言を受けたのがきっかけだった。

     それ以降は投手だけではなく「ゾーンの中で勝負するためには、野手から見たときに何が嫌なのかと思った」と東出打撃コーチに話を聞いたこともある。9日から本拠地で始まる秋季練習。投手、野手、コーチなどの垣根を越え、自身のレベルアップのために気になったことを質問攻めする意気込みだ。

     今季は8勝8敗、防御率3・51で終えた。開幕ローテ入りしながら、最終盤は中継ぎに回った。「先発をしたい。その思いは変わらない」。来季こそ、その場所を守り抜くために貴重なオフを過ごしていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00000025-dal-base

    広島は自力CSへ先発陣が全員ブルペン入りも!? 

    27日のリーグ最終戦の中日戦に勝つしかない。先発はクリス・ジョンソン投手が予想され、23日に続き、野村と床田、九里のローテーション投手もブルペン入りすることが濃厚。さらに23日に登板した大瀬良も中3日でブルペン待機する可能性があり、エースは「どちらでも、心の準備はしています」と総力戦を覚悟した。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-09250765-nksports-base

    9月23日放送の『みみよりライブ5up!』
    北別府学の「週刊GOup!」のテーマは「最後は頼むぞクリス・ジョンソン!9月好調、長野久義!」

    まずはジョンソン投手!


    現在、防御率リーグ1位。21日の阪神戦に登板し、6回被安打3、2失点。
    5回まで1安打しか許さず好投していたが、2-0の6回、先頭への四球をきっかけにピンチで2度のワイルドピッチ。2点を失った。

    そのジョンソンの状態について北別府さんは「前回登板はもったいない失点だったが、最近は球も低めに決まりキレも良くなっている。以前はボール先行が多くマウンド上でイライラもしていたが、今はある程度ストライク先行の投球でそういう態度も見られなくなった。投手有利で早めに追い込んで、上手くボール球を打たせるという自分の投球ができている。好調は維持している!」と語りました。

    リーグ戦最後の27日、中5日で登板も考えられるかについては「信頼度からいけば充分登板は考えられる。今季の中日戦、ジョンソンは防御率0.86、完封勝利もあるというデータからも不安感はないだろうしマイナス要素もない。ジョンソンのペースで入っていければ期待通りの投球をしてくれるだろう!」



    続いては、長野久義選手。



    9月は全試合スタメンで4番5番の中軸を担い、9月の月間打率.333、3HR、12打点と頼もしい活躍をしていることについて触れ、
    「状態は上がってきているし、スイング自体もヘッドスピードが上がり振れている。
    前半戦は甘い球をファウルにし、外や低めの誘う球を空振りしていた。今は甘い球をしっかり捉えている。ただヒットを打ってもその後の打席で簡単に凡打したりする場面も見られるので、もう一つ“しつこさ”が欲しい。古巣の優勝など本人はもう割り切っているだろう。こうなった以上、CSで勝ち上がって巨人を見返してやろうという姿勢を最後まで見せてほしい!」と話しました。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00010001-hometvv-l34

     広島への原爆投下から74年の「原爆の日」を迎えた6日、広島・床田寛樹投手(24)が亡くなった方の無念を背負い、被爆者の声援に応える投球を誓った。

     2016年12月14日。カープの一員になった入団会見の翌日、家族とともに初めて広島平和記念資料館を訪れた。被爆した3歳児の遺品で赤さびた「伸ちゃんの三輪車」を目にして「衝撃を受けました。大変なことがあったんだなと思いました」と振り返る。

     被爆者と思われる高齢者の応援は、特に心に染み込んでくるようになったという。「投手にできることは限られていますが、どれだけ負けてても(リードされてても)あきらめず頑張りたいと思うようになりました。自分たちのプレーで勇気を与えられたら」。死没者に祈りをささげ、広島市民の期待に応える投球を続ける。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190806-00000086-sph-base

     「巨人5-6広島」(14日、東京ドーム)

     広島・佐々岡真司投手コーチが投手陣に苦言を呈した。


     先発ジョンソンが判定にイライラした姿には「なかなか冷静になれないな。でも粘り強く投げた」と言及。それでも6投手によるリレーでジョンソンが5四球、中村恭が2四球、フランスアも2四球を与え「ずっと言っているけど、四球絡みで点が入っている。東京ドームの怖さなのか」と歯がゆそうだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-00000122-dal-base

    <巨人5-6広島>◇14日◇東京ドーム

    序盤3回まで両チーム無得点。巨人沢村は3回無安打6奪三振で降板し、広島ジョンソンは3回まで無安打無失点と好投した。



    広島は4回に鈴木の27号ソロで先制。巨人は4回、丸が27号2ラン。5回は敵失で1点追加。広島は6回に2本の適時打で逆転。

    巨人は1点を追う9回、丸が左前へ同点適時打。1死満塁としたがゲレーロ、大城が凡退し、延長戦に突入した。

    広島は延長10回、巨人大城の捕逸で勝ち越し。今村が締めて逃げ切った。巨人は小刻みな投手継投を展開したが及ばなかった。

    広島フランスアが8勝目、今村が今季初セーブ、巨人鍵谷が今季初黒星。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-09140081-nksports-base

     追いすがる虎を何とか振り切った。広島が8日の阪神戦(マツダ)に3―2で競り勝ち。中4日で先発したジョンソンが6回無失点の好投で11勝目を挙げれば、打線は4番長野が先制の2点適時打を放つなど、少ないチャンスをものにした。2カード連続の勝ち越しで、4位・阪神とのゲーム差を再び3・5に広げ、2位・DeNAに1ゲーム差に接近した。

     移籍後、初めてのお立ち台に立った長野が「遅くなったので申し訳ない気持ちしかない。すごく大きな声援をいただいたので、すごく感謝しています」と晴れやかな表情で話すと、割れんばかりの歓声が湧き上がった。

     まずは守備で魅せた。0―0の3回、阪神先頭・木浪の打球は左前に落ちるかと思われた当たり。すると左翼・長野が猛チャージしてこれをスーパーキャッチ。2試合ぶり2度目の4番となった打撃でも3回、二死満塁で左前に先制の2点適時打。「二死からみんながつないでチャンスをつくってくれたので何とかまっちゃん(松山)につなごうと打席に入った結果、いいところに転がってくれました」と笑顔を見せた。

     緒方監督は「僅差を勝ち切れて良かった」とホッとした表情。このままCS圏を死守して王者の意地を見せられるか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00000010-tospoweb-base

     「広島3-2阪神」(8日、マツダスタジアム)

     広島が1点差を逃げ切り、カード勝ち越し。CS圏内のAクラスを争う4位阪神との差を3・5ゲームに広げた。



     存在感を示したのは長野だった。まずは守備で魅せた。0-0の三回、先頭の木浪が放った左翼線へのライナーをスライディングキャッチ。マウンドのジョンソンも帽子を取って感謝の思いを示す、大きなプレーだった。

     直後の攻撃では4番の仕事も果たした。三回、2死満塁でしぶとく三遊間を破り、先制の2点適時打。5試合連続安打となる一打で、流れを引き寄せた。

     先発ジョンソンは6回4安打無失点の好投で11勝目。七回から菊池保、中村恭、フランスアとつないで逃げ切った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-00000095-dal-base

    ◆ヤクルト0―3広島(3日・神宮球場)

     広島のクリス・ジョンソン投手(34)が8回を2安打無失点の快投で10勝目を挙げた。4度目の2ケタ勝利は自身の3度を更新する球団の外国人最多記録。「今日はストライクを投げて守備陣にしっかり仕事をしてもらうことができた」と振り返った。

     4回に先頭・青木に中前安打を許した直後に降雨が強まり、25分間の中断。思わぬアクシデントに見舞われながらも淡々と投げ続けた。再開後は8回1死に中村に左前安打を浴びるまでツバメ打線を完璧に封じた。

     これで18イニング連続無失点。111球を投げたが、次回は中4日で8日の阪神戦(マツダ)に向かう可能性もある。「石原のサインにうなずいて、彼のミットをめがけて投げるだけ」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00000218-sph-base

    このページのトップヘ