広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    クリス・ジョンソン

     2017年は2年連続でセ・リーグを制覇しながら、クライマックスシリーズでDeNAに不覚を取り、日本シリーズ進出を逃した広島。1984年以来遠ざかっている悲願の日本一には辿り着けず、その夢は2018年に持ち越されることとなった。


     37年ぶりのリーグ連覇を果たした2017年は、ローテの柱として期待された左腕ジョンソンが離脱を繰り返してわずか13試合6勝止まりに終わったが、セットアッパーのジャクソンは60試合に投げて30ホールド、エルドレッドは116試合で27本塁打78打点と上々の結果を残した。育成選手からシーズン途中に支配下契約となったバティスタも、デビュー2打席連続代打本塁打の離れ業を演じるなど11本塁打を放った。

     悲願の日本一を狙う2018年に向け、ジョンソン、ジャクソン、エルドレッド、バティスタ、そして、こちらもシーズン中に育成選手から支配下に昇格し、ウエスタンリーグ首位打者となったメヒアが残留。ライアン・ブレイシア投手、ブレイディン・ヘーゲンズ投手、ラミロ・ペーニャ内野手が退団となったが、昨季、米MLBのブルージェイズで13試合に投げていたレオネル・カンポス投手を補強した。

     4人の外国人枠に対し、現状では投手3人、野手3人の陣容で日本一に挑むであろう広島。果たして、就任4年目となる緒方孝市監督はいかなる外国人起用を見せてくれるのか。2月1日のキャンプインまで、あと半月ほど。ここでは、広島カープの2018年の助っ人陣容をおさらいしてみよう。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00102212-fullcount-base

     広島は27日、外国人4選手と来季の契約を更新したと発表した。3年契約の2年目となるクリス・ジョンソン投手(33)は年俸300万ドル(約3億4000万円)。2年契約の2年目となるブラッド・エルドレッド内野手(37)は年俸100万ドル(約1億1300万円)。サビエル・バティスタ内野手(25)は年俸17万5510ドル(約2000万円)、アレハンドロ・メヒア内野手(24)は年俸10万ドル(約1150万円)で更新。4選手はそれぞれ複数年契約を結んでおり、プラス出来高で契約した。

     海の向こうからうれしい知らせが届いた。複数年契約を結ぶ4人の助っ人が来季の契約を更新。エース復権を目指すジョンソンは、「カープでの4年目のシーズンを楽しみにしています。来シーズンは健康な状態を維持し、再びチームを優勝に導きたいです」とコメント。優勝請負人として使命感を燃やした。

     来日1年目の15年は14勝、2年目の16年は15勝を挙げ、沢村賞に輝いた。だが、2年連続開幕投手を任された今季はケガに泣いた。開幕直後に咽頭炎を発症。夏場には左太ももを痛めるなど、離脱を繰り返し、わずか13試合で6勝3敗、防御率4・01。不完全燃焼の1年に終わった。

     同じ過ちは繰り返せない。このオフは健康維持をテーマに掲げ、コンディション管理を徹底。「いいスタートを切れるように、現在はキャンプに備え、トレーニングを頑張っています」と続けた。

     3年連続開幕投手となれば、阪神・メッセンジャー、南海・スタンカに続いて、外国人史上3人目の快挙だ。メッセージの最後は「カープファンの皆さん、いつも熱い応援ありがとうございます」と感謝の言葉で締めくくった。リーグ3連覇へジョンソンの復活は絶対条件。真の復活を遂げ、リーグ3連覇、日本一へと導く。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000029-dal-base

     広島は27日、複数年契約を結ぶ外国人4選手との来季契約を更新することが決まったと発表した。


     3年契約の2年目となるクリス・ジョンソン投手(33)は年俸300万ドル(約3億4500万円)プラス出来高で契約。球団を通じて「4年目のシーズンを楽しみにしています。健康な状態を維持し再びチームを優勝に導きたい」とコメントした。

     2年契約の2年目となるブラッド・エルドレッド内野手(37)は年俸100万ドル(約1億1500万円)プラス出来高で契約。「7度目のシーズンを迎えられることにとても誇りを感じています。私や家族は広島を愛しており、第2の故郷と呼べることに感謝しています」とコメントした。

     今季育成選手から支配下選手となったドミニカ共和国出身の2選手も契約。ともに6年契約の2年目となる。サビエル・バティスタ内野手(25)は年俸17万5510ドル(約2018万円)プラス出来高で契約し「目標は35本、打率2割8分、100打点です」と宣言。年俸10万ドル(約1150万円)プラス出来高で契約したアレハンドロ・メヒア内野手(24)は「レギュラーに定着し、チームに貢献出来るように頑張ります」と意気込んだ。(金額は推定)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00087150-nksports-base

     広島の会沢翼捕手(29)が9日、広島市内のショッピングモールで行われた「アサヒビールプレゼンツ カープ応援フェア」のトークショーに出演。終了後に報道陣の質問に答え、来季はジョンソンのハートを射止めてチームをけん引すると誓った。今季、13試合に登板した助っ人左腕とは一度しか先発バッテリーを組めなかった。信頼を勝ち取り、真の正捕手になる。

     真の正捕手になるためには、避けては通れない道だ。ジョンソンとバッテリーを組んでチームを勝利に導くことが、来季、自らに課すミッション。会沢自身もそれを自覚し、思いを言葉に変えた。

     「(ジョンソンと組む)準備はしています。そこを頭に入れておかないといけない。組んだら、僕の色を出していきたいと思っています」

     助っ人左腕が先発した今季13試合のうち、会沢が先発マスクをかぶったのはレギュラーシーズン最後の登板となった9月30日・DeNA戦(横浜)の1度だけ。15年の初来日から左腕の女房役は常に石原だった。15年は全28試合、16年も全26試合をベテランが初回からリードした。

     積み重ねた経験などもあり、優れた洞察力が石原の大きな武器だ。試合中に投手の状態を的確に見極めながら、球種や配球を決めて勝利に導いてきた。会沢が来季を前にテーマとするのが、その臨機応変な組み立て。「試合前のブルペンが良くてもマウンドに上がると違うときがある。思い描いた通りにいかないときこそ、キャッチャーが本領を発揮するとき。そういうときに何とかしないといけない」と力を込めた。

     今季87試合でスタメンマスクをかぶり成功も失敗も経験した。それを次への糧とする。一方でジョンソンの投球はベンチから1球たりとも見逃さなかった。「こういう球が狙われているとか、感じるところはあった。(基本となる)データは頭の中に入れようと思って、ずっと見ていた」。あとは来年の春季キャンプから積極的にコミュニケーションを図って信頼関係を構築し、コンビを組めば自らを信じてサインを出すだけだ。

     自己最多106試合に出場し、初のベストナインにも選ばれた飛躍の1年。「レベルアップをしないと、この世界では食っていけない。来年は今年以上の成績を出すのが目標」と言い切る。今秋から新選手会長に就任した。リーグ3連覇と日本一を目指す18年シーズン。扇の要、そしてチームの中心として会沢がグラウンドに立つ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000012-dal-base

     広島の選手、家族、スタッフらが7日午後、優勝旅行先のハワイから広島空港着のチャーター機で帰国した。緒方孝市監督(48)は「いい骨休めになった」と5泊7日のバカンスを振り返ると、来季の開幕投手争いについて言及。来年3月30日・中日戦(マツダ)の先発マウンドには誰が上がるのか。「自分は全員に期待している。実績だけで決めようとは思っていない。チームの方針は競争」と高らかにゴングを鳴らした。


     2年連続で開幕投手を務めたジョンソンが今季6勝と落ち込み、来季の開幕投手争いは混沌(こんとん)とした状況だ。すでに野村は「やりたい。目指したい」と立候補。今季は先発の柱として奮闘し、自覚も備わっている。

     3年目でブレークを果たした薮田も、CSファイナルS初戦の先発を任されるなど候補の一人だ。3年ぶり2桁勝利をマークした大瀬良、自己最多の12勝を挙げた岡田にもチャンスはある。

     開幕投手を決める上で判断材料となるのは投球内容だ。結果だけに左右されず本質を見抜く。指揮官は「キャンプから結果だけではなくて、内容もアピールした中で最終的なところ(で判断する)。明言はしない」と開幕ギリギリまで見極める方針を示した。

     球団史上初のリーグ3連覇へ、来季に向けてのキーワードも「競争」だ。すでに4番争いについても鈴木、松山、新井らの名前を挙げて競争を明言。来春のキャンプで繰り広げられる先発ローテ争いももちろん競争だ。開幕投手争いも例外ではない。レベルの高いチーム内競争の中で柱を見定める。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/12/08/0010799011.shtml

     【ワイキキ(米ハワイ州)5日(日本時間6日)】広島の優勝旅行5日目は球団行事がなく、選手は自由行動を楽しんだ。

     ジョンソンは夫人のカーリンさんと宿舎近くを散歩してリフレッシュした。昨年の沢村賞左腕は今季、体調不良や左太もも裏の筋損傷で6勝3敗、防御率4.01。「数字的なことより、1年間健康でいることができなかった。オフは体調を管理して、健康な体をつくっていきたい」と巻き返しを誓う。米国ではキャッチボールなどをして、来年2月のキャンプに備える予定だ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000031-sanspo-base

     37年ぶりのリーグ連覇を飾った広島。2位に10ゲーム差をつける独走劇は、外国人選手の活躍なしには語れない。ほぼ全員が活躍した2016年に比べれば、全体的な貢献度はやや下がったが、エルドレッドやジャクソンは結果を残し連覇に貢献した。

     来日初年度に14勝、そして昨季は15勝をマークし、外国人としては52年ぶりの沢村賞を受賞したジョンソン。今季も開幕投手を任されるなど、大車輪の働きが期待されたが、2度の離脱が響いて6勝にとどまった。今季が3年契約の1年目。来季の巻き返しに期待したいところだ。

     ジャクソンは昨季はセットアッパーとして67試合の登板で球団最多記録となる37ホールドをマーク。今季も60試合の登板で30ホールドと記録し、救援陣の中で欠かせない存在だった。

     先発、中継ぎで50試合に登板した昨年同様の活躍ができなかったのがヘーゲンズだ。11試合の登板にとどまり、0勝0敗で防御率6・60。外国人枠の関係もあって、チャンス自体が少なかったが、結果が残せず今季限りで退団となった。

     投手で唯一新加入のブレイシアも当初はセットアッパーとして期待されたが、26試合の登板で2勝1敗。層の厚い救援陣の中で存在感は薄かった。ヘーゲンズと同様すでに、退団が発表されている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00093547-fullcount-base

    ◆2017ローソンチケット セ・クライマックスシリーズ最終S第3戦 広島0―1DeNA(20日・マツダスタジアム)

     広島が勝負所で「あと1本」が出ずに2連敗。対戦成績は1勝のアドバンテージを含め2勝2敗のタイとなった。

     先発のクリス・ジョンソン投手(33)が投手に浴びた適時打が、重い決勝点となった。2回2死から嶺井、柴田に連打を浴びると、井納にも149キロの低め直球を右前にはじき返された。「試合の流れが全てベイスターズに行ってしまった。(6本の被安打のうち)明らかにいい当たりは(嶺井の)1本しかない。修正するところはない」と憮然(ぶぜん)とした表情で5回1失点の投球内容を振り返った。

     そのジョンソンの相棒として先発マスクをかぶった石原慶幸捕手(38)にとっては、ハードラックな1日となった。2回1死一、二塁では三ゴロ併殺打。5回無死一塁では送りバントを試みたがファウル、空振りで追い込まれ、3球目は見逃せばボールの外角高めの球に飛びついてバントをしたが結果はファウルで3バント失敗。7回無死一塁でも送りバントを試みたが捕手・嶺井の好フィールディングもあり、捕―遊―二の併殺打に終わった。「(バントを)決めないといけない。俺のせいで負けた。みんなが作ってくれたチャンスを1人でつぶして申し訳ない」とうなだれた。

     緒方孝市監督(48)も「1点が遠かった。(中継ぎ)投手陣はしっかりゼロに抑えてくれたが、攻撃の形を作れなかった。自分の責任だと思っている」とガックリと肩を落とした。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00032085-nksports-base

    このページのトップヘ