広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    クリス・ジョンソン

     広島のクリス・ジョンソン投手(33)は、7月度の「日本生命月間MVP」を受賞し、8日マツダスタジアム内で記者会見を行った。

     来日4年目での初受賞に「ありがとうございます。思っていたより受賞に長い期間がかかったけど、うれしい限り。一生懸命やってきたことが現れたということだと思う」と笑顔をみせた。

     7月は4試合に先発し4勝0敗、防御率2・03と安定感抜群の投球を披露して、チームの首位独走に貢献。「チームのターニングポイントの季節。重要な時期に貢献できたことがうれしい」とうなずいた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000099-spnannex-base

    <広島6-2中日>◇7日◇マツダスタジアム

     広島は1回に丸から3者連続適時打で3点先制。2回は菊池の適時打で4点目。3回は鈴木が右越え18号ソロでさらに引き離した。

     中日は5回に反撃。四球と安打で無死一、三塁から福田の二ゴロの間に1点を返した。広島が4点リードで終盤に入った。

     7回に両軍1点ずつを奪い合ったが、広島が8回から継投で逃げ切って3連勝。ジョンソンは7連勝で9勝目。中日は3連敗。ガルシアが6敗目。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00292207-nksports-base

     「ヤクルト3-6広島」(31日、神宮球場)

     広島が勝ち、月間成績を12勝5敗で7月を終えた。

     最短で8月2日にマジックが点灯するが、緒方監督の通算300勝にもあと2勝としており、区切りの勝利でマジック点灯の可能性もある。

     なお、広島監督で通算300勝以上は、古葉竹識711、山本浩二649、白石勝己581、三村敏之337、野村謙二郎321の5人。

     試合は同点の六回にバティスタが適時二塁打を放ち、1点の勝ち越しに成功。八回には安部の4号2ラン、田中の7号ソロで3点を追加した。

     投げては先発・ジョンソンは5回5安打2失点で8勝目(2敗)。4点リードの九回は中崎が1点を失い、なおも2死満塁でバレンティンを迎えたが二ゴロに打ち取り、逃げ切った。

     勝ち越し打を含む2本の二塁打を放ったバティスタはヒーローインタビューを受け、「とにかく前へ飛ばす気持ちで打席に入りました。点が入ってすごくうれしいです。最近は調子がいい。3連覇、目指していきます」とコメントした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000140-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島6―3ヤクルト(2018年7月31日 神宮)

     広島は2―2の6回にバティスタの左越え適時二塁打で勝ち越し、8回には安部と田中の本塁打で加点。2位ヤクルトとの直接対決初戦に快勝し、ゲーム差を9・5に広げた。

     初回に松山の適時打で先制。直後に逆転を許したが、4回2死一塁から安部の中越え適時打三塁打で同点に。6回には無死一、二塁からバティスタが左翼フェンス直撃の勝ち越し適時二塁打を放ち、8回には安部の3号2ランと田中の7号ソロで突き放した。

     先発のジョンソンはいきなり3連打を浴びるなど初回に2点を奪われたが、以降は走者を出しながらも無失点。5回97球を投げ、5安打2失点と先発の役割を果たした。6回からは一岡、永川、フランスワとつなぎ、9回は守護神の中崎が締めて逃げ切り。ジョンソンが自身6連勝となる8勝目を挙げた。

     ヤクルトは初回に山田哲と川端の適時打で逆転に成功したが、その後はジョンソンに苦戦。先発の小川は6回3失点と粘ったが、援護がなく今季神宮初黒星を喫した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000152-spnannex-base

     広島の投手指名練習が30日、マツダスタジアムで行われた。31日からのヤクルト3連戦(神宮)はジョンソン、九里、岡田の順番で先発する見込みだ。

     九里は前回の阪神戦(甲子園)で4回8安打5失点と打ち込まれ3敗目を喫した。「先頭バッターだったり、2アウトから四球を出したりしたのが失点した原因。それを反省して、同じ失敗は繰り返さないようにしたい」と意気込んだ。

     岡田の前回登板(26日阪神・甲子園)は、雨の影響で開始時間が約1時間、遅れる中でのマウンドだった。「今までになかった経験」。気持ちや体を準備するのには難しい時間となり、結果的に自己最短となる3回4安打1失点でマウンドを降りた。

     7月1日のDeNA戦(横浜)以来、白星から遠ざかっている。約1カ月ぶりの勝利へ向け「バッターをしっかりと打ち取っていきたい」と力を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000110-dal-base

    “他人任せ”を打破できるか――。広島は27日のDeNA戦(マツダスタジアム)に10―1で快勝し、今季最多の貯金17とした。1―0の3回、バティスタが自身初の16号満塁弾でリードを広げ、6―1の7回一死満塁では田中にもグランドスラムが飛び出して試合を決めた。緒方監督は「2本の満塁弾が大きい。これだけの得点になる」と好調打線を称賛した。

     2試合連続で2桁安打を放った野手陣の活躍が首位を快走するチームを支えているが、気になる点もある。先発投手が立て続けに早いイニングでマウンドを降りている現状だ。

     20日の巨人3連戦(マツダ)から7カード連続で屋外球場での試合が組まれている緒方カープはここまで7試合を消化して6勝1敗。しかし先発が6回以上を投げたのは24日の阪神戦(甲子園)のジョンソン(6回1/3)のみで、打線の援護や中継ぎ陣の踏ん張りによって白星を拾っている試合が目立つ。

     この日先発した野村祐輔(29)も5回までに103球を費やしてしまい、3安打無失点ながら直後の攻撃で代打を送られた。指揮官は「5回までだったが、しっかり投げきる姿を見せてくれた」とねぎらったものの、異論も噴出した。

    「交代は点差が縮まる前に(代打で)手を打ったというのもあるが、球数が多かったから。やっぱり6、7回は投げてほしかった。このままでは中継ぎの負担が大きくなるばかりだからね」(チーム関係者)。5―0とリードした展開だっただけに、できる限りブルペン陣を休ませたいところだった。

     野村は「慎重になりすぎて球数を増やしてしまい、中継ぎ陣に迷惑を掛けてしまいました」と反省。次回登板では周囲をうならせる投球を見せたいところだ。


    引用元 https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1077559/

    <阪神1-3広島>◇24日◇甲子園

     広島が1回、菊池の2ランで先制し、6回には鈴木のソロで加点した。3点のリードを先発ジョンソンら3投手のリレーで1失点にしのぎ、4連勝。貯金を今季最多15まで伸ばし、2位巨人とのゲーム差を9に広げた。広島緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。

     -菊池が1回に2ラン

     緒方監督 キクの先制パンチは効いたね。本当にいい打撃をしてくれた。

     -先発ジョンソンも試合をつくった

     緒方監督 ジョンソンも粘りながらね。今日はちょっと状態がそこまで良くなったけど、走者を出してもしっかり粘り強く投げてくれた。

     -2番手フランスアが連日いい働き

     緒方監督 しっかりと投げてくれている。今、結果でも内容でもしっかり残してくれている。投げる度に自信をつけてくれている。使わない手はない。

     -中継ぎで貴重な存在

     緒方監督 本当、急成長。1試合ごとに成長している。たとえ打たれても、また次の試合にしっかり入ってくれている。

     -鈴木のソロも大きかった

     緒方監督 チャンスはたくさんつくったけど、誠也のあの1発が大きな1点になったと思う。キクの本塁打も大きかったけど、誠也の本塁打も大きかった。

     -4連勝

     緒方監督 いいゲームができている。また明日、しっかり守って点を取る野球をね。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00279009-nksports-base

     「阪神1-3広島」(24日、甲子園球場)

     4連投の広島・フランスアが、見事な投球で5ホールド目を挙げ4連勝に貢献した。

     先発のジョンソンが七回に代打俊介に適時打を許し、1死一塁の場面でフランスアが登板。糸原、北條を連続空振り三振に仕留めると、八回も福留、糸井の3、4番から空振り三振を奪い4者連続空振り三振。ロサリオを三ゴロに仕留め、阪神打線の反撃ムードを断った。

     巨人3連戦でも3連投の左腕は、4試合連続登板で4連勝に貢献。先制弾の菊池、2戦連発の鈴木そして7勝目を挙げたジョンソンを押しのけ、ドミニカ出身の左腕がヒーローインタビューを受けた。

     昨年、バティスタの登場で一躍有名になった「カタコト通訳」のクレート通訳とともにマイクの前に立ったフランスアは、流ちょうな日本語で「ありがとうございます」と一言。ここからはクレート通訳の登場だ。

     ピンチでの登板の気持ちを聞かれると「あの場面で、バッター抑える気持ちで入りました」。4者連続三振は「まあ、追い込んでから三振、狙いました」。大事な場面で登板が続くことには「まあ、いいところ使ってくれるから、自分で自信はまっすぐ、他の球種も自信あります」。次回登板については「まあ、次の登板きたら自分の仕事したいです」と通訳した。

     “勝利の方程式”に名をつらねるフランスアの出現で、クレート通訳の出番も増えそうな予感。貯金を今季最多の16に伸ばし、喜んでいるカープファンにとって「カタコト通訳」の登場は楽しみが増える。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00000151-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島3-1阪神(2018年7月24日 甲子園)

     広島が阪神を下し4連勝。貯金は今季最多を更新する16に伸ばした。

     初回、広島は無死一塁で菊池が6月28日以来となる左中間への9号2ランを放ち先制。6回には鈴木の左中間への14号ソロで加点した。

     投げてはジョンソンが6回1/3、98球を投げ、5安打1失点で7勝目。中崎が最後を締め24セーブ目。

     阪神は7回、四球を足場に1死二塁とし、代打・俊介の中前打で1点を返したがそこまで。連勝が2で止まった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00000154-spnannex-base

     広島の投手指名練習が23日、マツダスタジムで行われ先発投手が参加した。24日から甲子園での阪神3連戦はジョンソン、九里、岡田の順番で先発する見込み。

     後半戦最初のカードとなった中日戦は2勝1敗。前カードの巨人戦は3連勝で終えた。好調な打線に支えられ、チームは勢いに乗る。2戦目が濃厚な九里は「しっかりと自分の投球をして、チームの勝ちにつなげたい」と意気込んだ。

     第3戦に先発が予想される岡田は、強気の投球を予告した。阪神打線は糸井、福留、ナバーロなど左の好打者が並ぶ。外角一辺倒では的を絞られやすいため「しっかりとインコースを突いていきたい。チームは良い流れなので、自分もそれに乗っていけるように頑張りたい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000103-dal-base

    このページのトップヘ