広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    クリス・ジョンソン

    ■広島 2-1 楽天(9日・マツダスタジアム)

     広島は9日、マツダスタジアムで行われた東北楽天戦に2-1で勝利した。広島ジョンソン、楽天則本の両先発による投手戦となったが、7回の攻防が勝敗を分けた。緒方監督は「今日はバッテリーの勝利」と、最少得点差の勝利に満足そうだった。


     両先発の好投で6回までは両チーム無得点。試合が動いたのは7回だった。まず楽天が、四死球と内野安打で作った1死満塁のチャンスで嶋がスクイズを決めて均衡を破った。その裏、広島は先頭の鈴木が四球で出塁すると、続く松山はレフトスタンドにライナーで飛び込む逆転の2ランを放ち、これが決勝点となった。

     緒方監督は「ウータン(石原)が3人の投手をしっかりリードして1点に抑えてくれた」とベテラン捕手を勝因に挙げた。さらに夫人の出産の立会いで一時帰国し、約3週間ぶりの1軍マウンドとなったジョンソンについても「復帰初戦で不安もあったが、立ち上がりからいい調子だった」と評価し、「先発の人員が固まっていない状況で、やってくれないと困る投手」と、エース左腕の今後に期待した。

     打線は則本に6回まで無得点に抑えられた。それでも「得点圏に進めた場面でも素晴らしい投球をされたし、あれだけ低めに決められたらなかなか打てない」と緒方監督も脱帽したパのエースから、松山が逆転の一発を放った。「前の打席の感覚が良かったみたいだから」と指揮官が褒めた一発で、チームは6カードぶりの勝ち越しを決めた。

     先発投手の2試合続けての好投で連勝したチームは貯金を2桁の10に戻し、交流戦成績も5勝5敗と勝率5割とした。崩壊状態となっている中継ぎ陣の再整備など、まだまだ課題は残るが、頼れる左腕が復活したチームは再加速の波に乗りつつある。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00136680-fullcount-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     セ・パの5月度月間MVPが7日に発表され、セ・リーグは初受賞コンビの「投手部門」広島・大瀬良大地(26)と「打者部門」中日のソイロ・アルモンテ外野手(28)。パ・リーグは3度目の楽天・岸孝之投手(33)と5度目のソフトバンク・柳田悠岐外野手(29)が選出された。

     受賞者4人の中で、チームへの貢献度ナンバーワンとしてクローズアップされるのが大瀬良だ。“ドングリのセ比べ”の中で、球団史上初のリーグ3連覇へ堅実に首位の座をキープする広島の原動力になっている。

     5月は登板したすべての試合で勝ち、リーグトップの4勝。5日のヤクルト戦(神宮)では3年ぶりの完投勝利。25日の中日戦でも今季2度目の完投勝利を挙げた。

     プロ入り自己最多勝利は昨年と新人王になった14年の10勝。今季はすでに9勝をあげ、セ・リーグハーラーダービーのトップに立っている。「広島のリーグ3連覇は難しい。先発陣が苦しい」という開幕前の下馬評を覆したのは、大瀬良が新しい柱になり投手陣を引っ張っているからだ。

     広島の投手部門では、一昨年の四半世紀ぶりのリーグ優勝の原動力になった野村祐輔が同年6月に受賞して以来の月間MVP。大瀬良がエースの座を死守すれば、3連覇も現実味を帯びる。(江尻良文)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00000016-ykf-spo

     「交流戦、広島2-1楽天」(9日、マツダスタジアム)

     広島が逆転勝ちで6カードぶりに、カード勝ち越しを決めて、貯金を10とした。

     1点を追う七回、松山が左翼へ5号2ランを放ち逆転に成功した。先発のジョンソンは7回を6安打1失点の好投で4勝目。九回は中崎が締めた。

     左翼ポール際へ逆転弾を放り込んだ松山は「風に乗ってくれて最高の結果になった。最高にうれしかった」と満面の笑みだった。

     楽天は先発・則本が8回を5安打2失点と奮闘したが、打線は七回にスクイズで奪った1点が唯一の得点。借金は今季ワーストの18となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00000082-dal-base

     広島福井とジョンソンが1軍に合流した。福井は7日日本ハム戦、ジョンソンは9日楽天戦(ともにマツダスタジアム)の先発が予想される。

     福井は5月18日に1軍合流したが、降雨中止の影響で2軍に逆戻りしていた。今日5日から6日にかけて広島は雨予報だが、「やれると信じて、調整するしかない。春先よりも自分の球を投げられている」と昨年8月17日以来の1軍マウンドを見据えた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00229660-nksports-base

     ロッテは1日、本拠地のZOZOマリンで行われるセ、パ交流戦の広島3連戦(1~3日)で広島名物などを取りそろえた限定メニューを発売すると発表した。メニューと発売店舗は次の通り。

     【ジョンソン投手プロデュース ヘルメットチキンフィンガー】(900円=フライドマリン・フロア2 内野3塁側211、212通路の間)

     【広島東洋カープヘルメットアイス】(500円=一文字屋ワゴン・キッズワゴン)

     【広島風汁なし担々麺・坦々うどん】(担々麺750円=鉄板焼き・かずさ家フロア1外野レフトスタンド下、坦々うどん650円=唐揚げ専門店 上総屋フロア2内野3塁側213・214通路の間)

     【広島風お好み焼き】(650円=Chikurin竹りん・フロア2 内野1塁側202通路横)

     【瀬戸内風あなごめし】(1000円=ほそや・フロア2内野バックネット裏208通路付近)

     【もみじ饅頭、生もみじ】(もみじ饅頭800円、生もみじ850円=マーくんかすてぃらワゴン・フロア2 内野3塁側212通路付近)

     【レッドサワー】(500円=唐揚げ専門店上総屋・フロア2 内野3塁側213・214通路の間)、鉄板焼きかずさ家


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00000532-sanspo-base

     広島の新外国人レオネル・カンポス投手(30)が18日、ジョンソンの帰国によって来日初の1軍昇格を果たした。2軍では14試合に投げ、1勝1敗、防御率2・51と好成績をマーク。直球、変化球の安定感を増した投球で1軍生き残りを目指す。


     新助っ人がいよいよベールを脱ぐ。ジョンソンの帰国によって、カンポスが1軍合流。曇り空の下、キャッチボールやダッシュで汗を流すと、表情を引き締めて冷静に言った。

     「自分の仕事をきっちりこなしていくだけだと思う。どういった試合展開であっても、登板機会が巡ってきたら、自分のすべてをマウンドで出して結果を待ちたいと思います」

     開幕から1軍外国人の内訳は「野手2、投手2」。投手ではジョンソン、ジャクソンがそれぞれ先発、中継ぎの役割を果たし、出番は訪れなかった。それでも2軍では14試合に投げ1勝1敗、防御率2・51とモチベーション持続。ひたむきに汗を流し、1軍からお呼びがかかるのを待っていた。

     「一日一日を必死で練習する、試合に登板することしか考えていませんでした。自分がどこのレベルにいて、どの場所にいても、自分ができることを一生懸命することだけを考えていました」

     17日のウエスタン・中日戦(ナゴヤ)では緒方監督、畝投手コーチら1軍首脳陣が視察に訪れる中、1イニングを3人でピシャリ。2軍では「直球と変化球の安定感」を追求。その成果をきっちりと示した。「2軍で登板数を重ねてきた。数字的なもの、内容も悪くない」と語る助っ人が本領を発揮する。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00000033-dal-base

    このページのトップヘ