広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    コーチ

     広島を代表する“レジェンド捕手”、ソフトバンクの達川光男ヘッドコーチ(62)が22日、広陵・中村奨成捕手(3年)を「城島・古田級」になれると断言した。

     近年は捕手の人材難ともいわれ、一時代前の古田敦也氏、城島健司氏のようなスター捕手はいなくなってきている。ただ、達川ヘッドは「なれる。絶対なれる。10年に1人、20年に1人の選手だから」と断言。プロともなれば守備面で課題が出てくる可能性もあるが「そのままでいい。習うより慣れろ。それくらいの選手じゃ」と話した。

     清原超えの大会6号弾を放った打撃はもちろん、強肩、俊足で抜群の身体能力を誇る。「捕手じゃなくても、内野手でも、どこでもできる感じじゃの」。そして「リードもすごいうまいよ。(天理戦の)最終回のリードを見ても落ち着いている。文句ない。広陵で1年から出とるだけある」と大絶賛だ。

     さらには「目もええと思うよ。キャッチングもうまいもん。プロに入ってからサファテくらいの球なら差し込まれる、負けるんやけど。もう2、3回捕ったら、すぐ対応できるんじゃない。動体視力がすごい。選球眼もええしね。ボール球を振らない。今までいろんなすごい選手見たけど、比較対象する選手がいない」と続けた。

     現役時代はもちろん、指導者としても広島で監督を務めたほか、ダイエー(当時)、阪神、中日でもバッテリーコーチとして幾多の捕手を見てきた。広陵は母校・広島商と県内の球史を築いてきたライバルで、思い入れのある面も少しはあるかもしれないが、それを差し引いたとしても最上級の評価といえる。それほど期待している選手ということだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170823-00000031-tospoweb-base

     「高校野球福岡大会・決勝、東筑3-1福岡大大濠」(28日、小郡市民球場)

     東筑が福岡大大濠を下し、21年ぶり6度目の夏の甲子園出場を決めた。

     同校のOBで広島・高信二ヘッドコーチ(50)は「非常にうれしい。強豪校を倒して勝ち上がっていく中で、自信をつけていったのかな。カープも頑張ります」と母校の活躍を喜んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170728-00000091-dal-base

     4月18日の広島―DeNA戦(マツダ)。3回無死二塁の先制機で、広島・新井は二ゴロを打って走者を三塁へ進めた。カウント2―1からの外角チェンジアップ。「右方向へ打ってつなぐイメージ。もちろんヒットになれば一番いい」。得点にこそ結びつかなかったが、4番打者のこうした姿勢が快進撃を支えているのは間違いない。

     新井だけじゃない。今や赤ヘル新打線の代名詞になりつつある「後ろにつなぐ野球」。それは打席に立つ者すべてに深く浸透する共通認識だ。1点が入れば、無死満塁で併殺打でもOK。一般的には否定される結果でも皆で称え合う。いきおい、選手は前向きな気持ちになりやすい。活気あふれる打線は決して偶然の産物ではない。

     「打者はよく打っても3割。7割は失敗する。だったら、その7割をどう生かしながら点を取るか。点を取って勝つ野球と、打撃技術を磨く野球は違うんですよ」

     そう話すのは石井琢朗打撃コーチだ。後ろにつなぐ野球の提唱者。現役時代には、マシンガン打線と評された横浜(現DeNA)の切り込み隊長を長く務め、歴代11位の2432安打を放っている。そんな希代のヒットメーカーが「つなごう」と唱えるから面白い。「点を取って勝つ野球」も、昨季のリーグ優勝を見れば説得力を持つ。

     異質と言ってもいいだろう。技術指導が主とされる打撃コーチ職。その実績と理論をもってすれば、個人技に優れた打者の育成に目が向きそうだが、石井コーチは「技術はボクにはわからない。打撃に正解はないので」と笑う。無論、半分はジョークだろうが、「どちらかと言うと野手目線。守っていてイヤだな…と思うことを考える」と話す際は真顔だった。

     キレイに打ちたい――。理想は、しかし、時として打者を狂わす。「ボクら(打撃コーチ)が見ているのはそこじゃない。グシャ(という当たり)でもいい。打席でいかに気持ちを見せるか」。先頭打者ならどんな形でも出塁する。塁上に走者がいれば後ろにつなぐ。徹底されているからこそ集中打が生まれる。

     リーグの頂点に立った昨季もしかり…だ。開幕ダッシュに成功した赤ヘル。自己犠牲の精神を併せ持ちつつ、7割の失敗を勝つ野球に転化する。打線は水ものと言われるが、石井打撃コーチの唱える「つなぐ野球」は、今季も安定した力を発揮しそうだ。(広島担当・江尾 卓也)


    引用元 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/04/21/kiji/20170420s00001173272000c.html

    <今日の一番>

     広島河田雄祐外野守備走塁コーチは、日南キャンプで一番元気だ。

     早出練習では丸佳浩外野手(27)と堂林翔太内野手(25)に捕球からスローイングまでの動きを指導。全体練習後の重点練習では、鈴木誠也外野手(22)と育成のサビエル・バティスタ外野手(24)に「今のは捕れただろ~」や「誠也ぁ~、それじゃセンターは守れんぞぉ~」と大声を挙げながらノックの嵐を浴びせた。

     キャンプ2日目も濃密な1日となった。それでも河田コーチは「まだまだ。(ノックバットが)しっくり来ていない。振っていかないといけないな」と最後まで元気だった。【広島担当 前原淳】


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-01773562-nksports-base

     若ゴイたちに朗報だ。今季限りで現役引退した黒田博樹氏(41)に来季、広島の“臨時コーチ”を務める可能性が浮上した。当の本人が「タイミングが合えば(練習場のある)由宇や大野へ行き、苦しんでいる2軍の選手を手助けできれば」と明かした。時期や期間は未定だが、球団側は申し出を歓迎。レジェンドの助言が、悩める若手の血となり肉となるのは間違いない。

     発展途上の若ゴイにとっては、願ってもない話だろう。日米通算203勝を誇り、栄光に輝く20年間の現役生活に別れを告げた黒田氏の“臨時コーチ”就任。それは“来年、野球にどう関わるのか”という質問への答えとして、本人の口から明かされたものだ。

     「2軍で苦しんでいる選手がいれば、由宇や大野へ行って、ちょっと手助けできればいいかな…と。ただ、がっつり居ることはできない。たまにフラッと来て…という感じでよければですが」

     その助言は実際、1軍の若手投手陣に大きな影響を与えてきた。「1軍は勝負の場。教えることなんてないと思う」と謙遜するが、薫陶を受けた野村は最多勝、勝率1位の2冠を獲得。生き字引として、精神的支柱として、25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。

     ただ、現役引退後に目を向けたのは2軍。伸び悩む若ゴイのサポートを買って出るあたりが、いかにも黒田氏らしい。自身もプロ入り後の2~3年は苦しみ、そこから日米球界のトップへとはい上がった経験を持つ。その原体験は鮮烈だ。

     97年4月25日、プロ初登板の巨人戦(東京ドーム)。9回6安打1失点の完投でプロ初勝利を挙げたが、「それが自信にならず“オレは何をしているんや”と思った」と後に語っている。会話の引き出しは豊富。その一言一言が、若ゴイには金言になるに違いない。

     現役引退後は家族の住む米国ロサンゼルスが生活の拠点。来日時期や期間は未定だが、レジェンドの申し出を球団は歓迎する。鈴木清明球団本部長は「フラッと遊びにくる感覚でOBとして若い選手やコーチ陣と話をしてくれたら」と語った。

     「ボクはコーチじゃないので、適当なことは言えないし、適当なこともできない。そこをしっかり頭に入れつつ…という感じですかね」

     2軍の水本監督や佐々岡、沢崎両投手コーチとは率直な意見を交わせる間柄。フランクでプライドをひけらかさない黒田氏だけに、若ゴイにとっては貴重で魅力的な体験になるはずだ。 (江尾 卓也)



    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00000009-spnannex-base

    このページのトップヘ