広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    コーチ

     広島ドラフト2位の宇草孔基外野手(22)=法大=が16日、広島県廿日市市の大野練習場での合同自主トレに参加し、初のフリー打撃を行った。視察に訪れた東出輝裕2軍打撃コーチ(39)はスイングの強さを絶賛。ルーキーは自身のスタイルである「センター返し」を貫き、開幕1軍を目指すことを誓った。

     シャープなスイングで猛アピールした。キャッチボールやノックなどをこなし、宇草が合同自主トレ初となるフリー打撃を室内で行った。打撃マシンと打撃投手を相手に豪快なスイングで快音を響かせ、真剣な表情で2時間ほど汗を流した。

     ネット越しに熱いまなざしで見守った東出2軍打撃コーチは「強く振れている。インパクトの強さを持っている。トップがしっかりしているし、ヘッドの利かせ方がなんとなく分かっている感じ」と絶賛。非凡な打撃センスに目を細めながら、大きな可能性を感じ取った。

     宇草自身は「シンプルに、投手の足元に打ち返していく」ことを重要視しているという。契機は大学3年の夏。長打への欲を捨て、センター返しを心がけることにした。その結果として逆に長打が増え、18年秋のリーグでは打率・333をマーク。意識改革が功を奏し、飛躍的に成績が向上した。

     苦しみ抜いた分、打撃に対するこだわりは人一倍強い。「打たなきゃ出られない。バッティングにこだわっているし、強く振ることを意識している」。50メートル走5秒8の俊足を生かすには、塁に出ることが絶対条件。加えてレギュラー奪取には打撃力向上が欠かせないが、「走り打ち」は決してせず、長打が打てる外野手を目指していく。

     チームの外野手争いは、し烈を極める。鈴木誠や西川、長野、野間などライバルは多いが、戦うのは相手ではなく自分自身。好不調の波はないと個人的に考えており「周りに左右されず、やっていくだけ」とスタンスはブレず、己との戦いに勝っていく。

     約20分間の打撃練習で、見る者の視線を奪った期待のドラフト2位ルーキー。セールスポイントを存分に生かし、開幕1軍の座を狙う。





    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00000021-dal-base

     プロ野球界では出場機会の少ない選手を対象にした「現役ドラフト」の導入が検討されている。大リーグでは「ルール5ドラフト」として定着し、移籍によって成功した選手も少なくない。日本球界では継続して議論が行われているが、ファームでの指導歴が長かった内田順三氏に同制度への期待、ファームでの注目選手などについて聞いた。

     ◇ ◇

     非常にいい制度だと思うよね。メジャーでもやっているけど、チームが変わって選手が生き返るケースはあるから。

     日本ハムへ移籍して成功した大田もそうだったけど、選手の使い方というのは大事。巨人から近鉄に移籍して活躍した吉岡なんかもいい例で、梨田(当時の近鉄監督)はその能力を評価して『10試合、目をつぶってやるから結果を出せ』とハッパをかけたらしい。これなら選手からすれば、1試合ダメでも『次、また次』となるよね。精神的に余裕があれば、数字が伸びてくるケースもある。

     力を発揮できない要因はさまざまだけど、ひとつの球団にいると先入観念を持たれている選手がいる。少し使われてダメだと、すぐに「やっぱりあいつは…」となってしまう。自分がカープで指導した選手では10年目に首位打者を取った嶋がそうだった。腰が悪いという先入観念を持たれ、長続きしない。9年目のオフには戦力外も検討されていたけど、自分がコーチに戻って「まだ勝負できる」と球団に残すよう頼んだ。

     素材は素晴らしいと思う選手はファームにたくさんいる。例えばDeNAの関根は14年のフレッシュオールスターで見た時、素晴らしい選手だと思った。足も速く、ミート力もあって、西武からレッズに移籍した秋山のようになれると。当時、西武の山川やロッテの井上も一緒のチームにいたけど、関根はその中でもものすごく目立っていた。

     巨人では捕手の岸田。入団3年目になるけど、広角に打てるようになって打力が上がっている。1軍には炭谷、小林、大城といるけど、岸田も力は付けてきている。外野では松原もポカが多いけど、あの足は魅力。一芸がある選手は、チームによってはまる可能性を秘めている。

     球団それぞれの方針もあるからね。ロッテ・安田のように、1軍で出られる成績も残しているけど、下でじっくり育てている。カープのように5年後を考えて選手を獲得している球団もある。坂倉なんかもいい振りをしているよ。そうなると、対象選手について、入団後の年数や時期をどうするかが難しいだろう。

     出身高校や大学、社会人チームとの信頼関係もあるからね。選手を生かすためのシステムにできるか。クビになりそうな人材が動くのではなく、相手側から評価されていくケースが増えれば日本球界の活性化につながるんじゃないか。

     ◆内田 順三(うちだ・じゅんぞう)1947年9月10日生まれ、72歳。静岡県出身。現役時代は左投げ左打ちの外野手。東海第一から駒大を経て、69年度ドラフト8位でアトムズ(現ヤクルト)入団。75年日本ハム移籍。77年ヤクルト移籍後、82年限りで現役引退。通算成績は950試合485安打25本塁打182打点、打率・252。83年以降は2019年まで広島、巨人で1軍打撃コーチ、2軍打撃コーチ、2軍監督などを歴任した。20年からはJR東日本の外部コーチを務める。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00000057-dal-base 

     昨季限りで現役引退し、今季から広島の2軍外野守備・走塁コーチに就任した赤松真人コーチ(37)が10日、東京・銀座のひろしまブランドショップ「TAU」で行われたトークショーにゲスト出演した。

     京都府出身の赤松コーチは、平安高、立命館大を経て2005年にドラフト6巡目で阪神に入団。その後、08年にFA移籍した新井貴浩(現スポニチ本紙評論家)の人的補償として広島に移籍した。持ち前の俊足と強肩で外野手として活躍した赤松コーチを一躍有名にしたのが、10年8月4日にマツダスタジアムでの横浜戦で、村田修一が放った本塁打性の飛球をフェンスによじ登っての好捕。米国でも衝撃プレーとして取り上げられるなど、世界に名をとどろかせた。

     しかし、25年ぶりのセ・リーグ優勝した16年オフに胃がんを公表し、翌17年1月5日に胃の半分を切除する手術を行い、その後は抗がん剤投与など治療やリハビリをこなし、18年春季キャンプに参加、1軍復帰に向けトレーニングを重ねてきたが、昨季限りで現役を引退した。

     来場者から花束を受け取った赤松コーチは昨年9月27日に行った引退セレモニーに関して「実は僕が球団に(セレモニーを)やらなくていいですと言ったんです。実際に凄い成績を残した選手でもなかったし。でも、病気になってから声援してくれた全国のファンの人たちに最後の姿を見せるためにはいい場所だと思ったんです。やってみて凄く良かったですね」と話した。

     続けて、引退を決意した理由を聞かれると「引退って言ったら格好良いんですけど、引退じゃないんです。力及ばずなんです。1軍にはいない、いても試合にほぼ出ないのであれば、身を引くべきだと思います。あと1年できたかもしれませんが、そうなると1人の選手が枠に入れなくなる訳で、自分から引退するって言いに行きました」と説明した。

     今後は2軍外野守備・走塁コーチとして後進の育成に携わることになるが「野球選手にとって、やりがいのある仕事だと思います。コーチ業って皆さんが思っている以上に体力を使うんで、選手あがりの方がやりやすいと思います」と、現在はノックを打つための練習を行っているという。

     最後に来場者に対して赤松コーチは「今後、コーチ業をしますが、たぶんコーチングという(ような)大きなことを言えないと思います。しっかりとサポートをして選手の意見を聞き、やりやすい環境を作ってあげることに重点をおいてきたいと今年は思っています。年ごとに僕もレベルアップしていきたいですし、ファンの方々にもレベルアップしていただき、諦めない心で今後も野球を、そしてカープを応援していただければありがたいですね」と、熱いメッセージを送った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00000209-spnannex-base

    昨季まで巨人で巡回打撃コーチを務めた内田順三氏(72)が、社会人野球のJR東日本で外部コーチを務めることになった。

    6日に指導を開始した。同氏は82年の現役引退後もユニホームを脱ぐことなく、37年間にわたり、広島、巨人でコーチ、2軍監督などを歴任。野村謙二郎、前田智徳、高橋由伸、阿部慎之助ら数多くの好打者を育て上げた。JR東日本は元ヘッドコーチの浜岡武明氏(47)が新監督に就任。内田氏にとって駒大の後輩にあたる。名門のさらなる強化に、名伯楽が協力する。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-01060218-nksports-base

     野球人生“終活”の場と言っていいだろう。12月1日に広島の古豪・呉港の監督に就任した片岡新之介氏は「甲子園で勝てるチームを作りたい。あとは指導者を育てていきたい」と72歳の野球人は目を輝かせた。

     「高校、大学、社会人、プロで選手としてやらせてもらった。そしてプロ、社会人、専門学校、高校の指導をさせてもらっている。野球界になにか恩返しできれば」-。

     プロでは捕手として活躍したが、倉敷工時代には平松政次(元大洋=現DeNA)、松岡弘(元ヤクルト)、森安敏明(元東映=現日本ハム)と並んで岡山四天王と呼ばれる投手としても活躍した。

     芝浦工大、社会人のクラレ岡山を経て1969年度ドラフト会議で西鉄(現西武)から捕手として5位指名を受けた。社会人・クラレ岡山で70年はプレーし、71年から西鉄のユニホームを着た。一時はレギュラー捕手として活躍したが75年オフに阪神へトレード。田淵幸一、若菜嘉晴らの控え捕手として活躍、80年オフに阪急(現オリックス)に移籍し、86年限りで現役を終えた。

     87年から広島のバッテリーコーチに就任し、指導者へと転身した。17年間1、2軍のバッテリーコーチを務め、西山、倉、石原らを指導してきた。2004年から社会人・JR九州のコーチ、07年からはMSH医療専門学校の監督を務めた。

     今は選手として歩んだ道を指導者として逆に歩んでいる。「もうこの年だから最後やろうね」と呉港での指導生活が、野球人生最後の場とする覚悟でいる。ただ、体力、気力は衰えることはない。JR九州のコーチ時代に胃がんを患ったが「その後は一切病院にかかっていない」と胸を張った。ノックバットを握り、ときには捕手の構えを見せ選手をハッとさせる。

     負けられない相手がいる。呉港の監督に就任した12月、長男・寛典氏が社会人野球の名門・JX-ENEOSの投手コーチになった。広島商、駒大を経てJX-ENEOSとアマ球界の名門で投手として活躍。野球を引退してからは社業に専念していたが、この12月に大久保秀昭監督の復帰とともに投手コーチとなった。

     「最初は仕事にも慣れ、野球部に戻るのは複雑だったみたい。それがオープン戦を終えて野球人としての血が騒いだようだ。メールに“勝つチームにする”と力強く書いてきたよ」と、目を細めた。野球人のDNAを受け継ぐ息子のメールは、大いに刺激になったようだ。

     呉港は、広島の高校野球界はもちろん阪神OBにとって特別な高校だ。初代ミスタータイガース・藤村富美男さん(故人)の母校である。また片岡新監督にとっては、阪神時代に指導を仰いだ富美男さんの弟・藤村隆男さん(故人)の母校でもある。「阪神時代にはお世話になったし、縁を感じるよね」という。

     近年、甲子園から遠ざかっているものの、戦前は夏の選手権大会で全国制覇を果たすなど、春夏11度の甲子園出場を誇る古豪である。「古豪復活の力に少しでもなれればと思っている。まずはみなさんから『ごこう』と読んでもらえるようにしないと。『くれみなと』としか読まんから」。倉敷工で硬球を握って50年以上がたつ。選手として指導者として野球人生を歩み、最後の働き場とする呉港の今後に注目したい。(デイリースポーツ・岩本 隆)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00000065-dal-base

    目指せ20発!! 広島野間峻祥外野手(26)が24日、マツダスタジアムで約3時間汗を流した。例年通り、年内は広島市内のジムと本拠地で筋力強化と技術練習を続ける。年明けにはプロ入り初の合同自主トレを同僚の鈴木らとともに宮崎県内で予定する。秋季キャンプで好感触を得た新打撃フォームを確立させていく。


      ◇    ◇    ◇

    明確な方向性と両手に残る好感触を持ち、野間はバットを振り続けた。例年通り広島市内のジムで筋力強化を行い、マツダスタジアムではマシン打撃や素振りなどの技術練習を並行するオフを過ごす。手探りだったこれまでのオフとは違い、今年は打撃感覚の変化や確かな手応えを感じられる日々を送っている。

    「(来季から1軍打撃コーチの朝山)東洋さんには20発くらいは、と言われている。年間通して普通にやれば、それくらい打てる力。それを求めてやっていきたいと思います」

    キャリアハイは18年の5本塁打だが、高い潜在能力は誰もが認める。来季から1軍担当となった朝山打撃コーチは秋季キャンプ中に「ロングティーを見てもらえれば分かりますが、飛ばす能力はものすごくある」と柵越えを連発するパンチ力を認めていた。

    苦しんだシーズン終了後に打撃フォームを大きく変えた。チームメートの西川や西武FAの秋山のようにバットを後頭部の後ろに倒して構える形にし、秋季練習で確かな手応えを得た。「(キャンプでは)飛距離も結構出て、今もいい感じで振り抜けている」。周囲の評価も上々だった。年々増加する筋肉量に、確かな技術力も加われば、一気に長打力が開花する可能性も秘めている。

    年明けには鈴木や堂林ら広島5選手で宮崎県内でプロ入り初の合同自主トレに臨む。同世代で仲がいい。ただ、厳しいことも言い合える関係でもある。「みんなで思ったことを言えるメンツだと思うので、いろいろ指摘してもらいながら、いろいろ聞きながらやっていきたい」。打撃投手や栄養士を同行させる徹底ぶりで、妥協は許さない覚悟だ。リーグ優勝を逃し、ここ数年よりもオフ期間は長い。多くのものを吸収し、激しい外野手争いへの臨戦態勢を整えていく。【前原淳】



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191224-12240748-nksports-base

    「投手王国の再建」。
    佐々岡真司新監督のもとで、この大きな任務を背負うのは、来季より一軍投手コーチに就く沢崎俊和氏。
    広島ホームテレビ『ひろしま深掘りライブ フロントドア』では、沢崎コーチをスタジオに招き、2020年カープ投手陣の展望を聞いた。



    カープ一筋23年の沢崎コーチは1996年にドラフト1位でカープに入団。同期のドラフト2位は、後に日米通算203勝をあげた黒田博樹氏。
    1年目の1997年はアマチュア球界No.1の呼び声通りの力を発揮し、先発・リリーフにフル回転。チームトップの12勝をあげ新人王を獲得した。その後は故障に泣き、2度の手術を経て、9年目の2005年に現役引退。翌2006年にコーチ就任。以降14年にわたり一軍から三軍まですべてのコーチを歴任した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00010001-hometvv-l34

    「4番・鈴木」。
    来季より一軍の打撃コーチに就任する朝山東洋氏は、来季の理想の打順を聞かれて、答えたのは「4番・鈴木誠也」のみ。「ここは絶対変えたくない。あえて加えるなら“6番・會澤翼”。思い描くオーダーはあるが、全て言ってしうまうと選手のモチベーションに関わるので」と気遣う。



    朝山コーチは1994年にドラフト3位でカープに入団。
    走攻守の三拍子そろった野球センスでファンを魅了した。
    プロ5年目に一軍デビューを果たすと翌2000年にはプロ初アーチを含む、5本の本塁打を放って活躍。
    以来毎年一軍で出場するもののケガに泣かされ、2004年に現役引退。
    2005年からカープの二軍打撃コーチ、二軍外野守備走塁コーチなど歴任し、カープが誇る強打者たちを育成した。
    そしてコーチ歴16年目の来季、佐々岡新体制のもと、初めて一軍の打撃コーチに就く。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191216-00010000-hometvv-l34

     広島の「2019年広島カープOB会懇親会」が7日、広島市内のホテルで開かれ、本紙評論家の安仁屋宗八OB会長が佐々岡監督へエールを送った。


     安仁屋会長は「今年は4位に落ちて…」と悔しがると、「来年は、来年は、もう一回、言います」と声のボリュームを上げ、「来年は!大いに期待できる監督が就任いたしました!他の監督に体じゃあ負けていません。度胸もいい。来年は絶対やってくれます!」と声を張り上げた。

     さらに采配についても言及。「野手のことは高ヘッドコーチに任せたらいい。野手がダメなら高コーチを責めてください。投手のことは監督を責めてください」と笑わせた。

     続けて壇上に立った佐々岡監督は「安仁屋OB会長、温かい激励の言葉をいただき、ありがとうございます」と感謝し、「今年は悔しい1年だった。来年はV奪回と日本一を目指して頑張ります!」と誓っていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00000109-dal-base

    「8」
    この数字はカープに所属するキャッチャーの人数。石原慶幸、白濱裕太、會澤翼、磯村嘉孝、坂倉将吾、中村奨成に、2019年ドラフト5位の石原貴規、同じく育成ドラフト1位の持丸泰輝という8名の捕手。層の厚い鯉の捕手陣の評価と課題とは?



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-00010002-hometvv-l34

    このページのトップヘ