広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    コーチ

     広島は22日、OB会長でデイリースポーツ評論家の安仁屋宗八氏が来年の春季キャンプで臨時投手コーチを務めると発表した。16年から3年連続で、日程は2月5日~24日まで。

     安仁屋氏はこの日、広島市内の球団事務所を訪れ、要請を快諾。「2年間やらせてもらい、来年が3度目。やることは変わりない。若い投手が多くなると聞いているし、手助けになれれば」と意気込みを語った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00000059-dal-base

     広島の秋季キャンプは第2クールが終わった。大分での湯布院リハビリキャンプに参加するメンバーと、広瀬純外野守備走塁コーチも打ち上げた。

     第2クールのみの参加となったが、熱心に指導して選手の特徴をつかんだ。最終日となったこの日は、外野ノックでユニークな練習を行った。

     広瀬コーチの他に迎打撃コーチ、永田2軍守備走塁コーチがノックバットを持った。3人が同時にトスを上げるが、実際に打つのは1人だけ。打球の瞬時の判断力を鍛えた。

     広瀬コーチは「1人1人の守備、走塁のクセを見ることが出来た。春のキャンプでも、継続させて、飽きさせないメニューもどんどん取り入れたい」と語った。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00053699-nksports-base&pos=1

     ヤクルトは9日、今季限りで広島を退団した石井琢朗打撃コーチと河田雄祐外野守備走塁コーチの就任を発表した。ともに、広島をリーグ連覇へと導いた存在だ。石井コーチは、現役時代を含め広島に9年在籍。16年からは打撃コーチとなり、セ界最強打線をつくりあげた。



     石井コーチが選手を教える立場となり、信念としたのが「型にはめない」という考え方だった。「自分の持っている理論を披露するのが、コーチではないと思っている。それこそ、おしつけになってしまう。どちらかというと僕の引き出しを全部開けて、選手に持って行かせる、選ばせるという感じだった」

     現役時代、自らが積み上げてきた技術や理論が、それぞれのコーチにはあるはずだ。石井コーチにも、もちろんある。だが、教えるのは過去の自分ではなく、まして年齢やタイプが異なる選手たちだ。だからこそ、その選手に合った指導を心掛けてきたという。

     その引き出しは多岐にわたる。打撃コーチ就任直後の練習では、文字を書いた球でティー打撃を行うことで動体視力を養った。

     原点は自ら歩んできた道にある。ドラフト外で投手として大洋(現DeNA)に入団。1年目でプロ初勝利を挙げたものの、4年目から野手に転向した。「たくさんのことを監督、コーチに教えてもらった。0からのスタートだったから何でも吸収した。野手で入っていたら、それなりの先入観とか今までやってきたものあって、それが邪魔をして入ってこないことがあったかもしれない」

     石井コーチのDNAは、東出打撃コーチと迎打撃コーチに継承されている。秋季キャンプでは、フリー打撃を行う打者に、専門職のバッティングピッチャーではなく、野手が打撃投手を務めるメニューが加わった。専門でない人が投げることで、球筋は適度に荒れ、緊張感が保たれる。東出コーチは「試合ではエンドランのサインが出る。どんな相手でも絶対に振って当てないといけない。そういう力を磨いていければいい」と狙いを説明した。練習に飽きさせず、これまでと違った視点を持つことで、得るものはある。工夫をこらして、選手の成長を促している。(デイリースポーツ・市尻達拡)
    引用元 https://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/11/12/0010723890.shtml

     広島は6日、来季のコーチングスタッフを発表した。

     先日、コーチ就任が発表された広瀬純外野守備走塁コーチは1軍に、石井琢朗コーチが抜けた打撃部門は15年以来、3年ぶりに2人体制となる。
    【1軍】

    ▽監督 緒方孝市(48=鳥栖) 背番号79

    ▽ヘッド 高信二(50=東筑) 71

    ▽内野守備走塁 玉木朋孝(42=修徳) 90

    ▽外野守備走塁 広瀬純(38=法大) 75

    ▽打撃 東出輝裕(37=敦賀気比) 72

    ▽同 迎祐一郎(35=伊万里商) 91

    ▽投手 畝龍実(53=専大) 78

    ▽同 小林幹英(43=専大) 73

    ▽バッテリー 植田幸弘(53=南部) 84

    【2軍】

    ▽監督 水本勝己(49=倉敷工) 89

    ▽外野守備走塁 永田利則(56=広島商) 85

    ▽内野守備走塁 山田和利(52=東邦) 80

    ▽打撃 朝山東洋(41=久留米商) 83

    ▽同 森笠繁(41=関東学院大) 92

    ▽投手 佐々岡真司(50=浜田商) 88

    ▽同 沢崎俊和(43=青学大) 87

    ▽バッテリー 倉義和(42=京産大) 76

    【3軍】

    ▽統括 浅井樹(45=富山商) 82

    ▽投手 菊地原毅(42=相武台) 86

    ▽同 青木勇人(40=同大) 93
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00046363-nksports-base

     広島は31日、昨季限りで現役を引退したOBの広瀬純氏とコーチ契約を結んだと発表した。

     午後にマツダスタジアムで記者会見が行われる。

     広島はリーグ連覇に大きく貢献した石井琢朗打撃コーチと河田雄祐外野守備走塁コーチが、今季限りで退団した。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00000042-dal-base

     「セCSファイナルS・第5戦、広島3-9DeNA」(24日、マツダスタジアム)

     最後まで最前線で戦い抜いた。死力を尽くしたが頂点へはたどり着けなかった。今季限りでの退団を発表した広島・石井琢朗打撃コーチ(47)と河田雄祐外野守備走塁コーチ(49)。有終の美は飾れなかったが、2人にやり残したことはない。



     功績は計り知れない。持っている全ての知識を選手らに授けた。石井コーチは打撃の意識を改革。無死満塁で併殺でも1点を奪えばOKと、つなぐ攻撃を徹底させた。鯉の機動力野球を復活させたのが河田コーチだ。指導を受けた田中は盗塁王を獲得。試合中には外野へ細かい指示を送り、相手の得点機を何度も阻止した。

     2人が去ってもチームカラーは変わらない。これからも「石井・河田イズム」は継承されていく。恩返しは来季へ持ち越し。球団史上初のリーグ3連覇、34年ぶりの日本一を目指す。今後のコーチ人事については近日中に発表される。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00000037-dal-base&pos=1

    いまやセ・リーグ随一の攻撃力を誇る赤ヘル打線も、シーズン4位に終わった2015年終了時点、つまりほんの2年前までは「貧打」「得点力不足」が代名詞だった。同年のチーム打率.246はリーグ5位、506得点はリーグ3位の成績で、お家芸の盗塁もやはりリーグ4位の80にとどまっている。105本塁打と473打点、長打率.368は3位ながら出塁率.312は同5位。得点圏打率は同6位の.235と低調で、“あと1点”“あとひと押し”が足りず、15年の1点差試合は25勝26敗と負け越しいる。そんなチームを生まれ変わらせたのが、石井琢朗打撃コーチ、そして河田雄祐守備・走塁コーチだ。2人の起こした“革命”を、あらためて振り返る。(文=小林雄二)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00010000-victory-base

      連覇を達成した広島に衝撃が走った。広島は5日、石井琢朗打撃コーチ(47)、河田雄祐外野守備走塁コーチ(49)が球団に辞任を申し入れ、今季限りで退団することを了承されたと発表した。この日までに選手、フロントなどチーム内にあいさつを済ませた。共に家族を東京に残して単身赴任をしており、家族との時間を大切にしたいとの意向から、退任となった。連覇を支えた2人がポストシーズン後に、広島を去る。全体練習終了後に、記者会見を行う。


     石井打撃コーチは現役通算2432安打を放ったバットマンで、09年から広島でプレー。内野守備走塁コーチをへて、16年から打撃コーチとなった。巧みな理論と多くの引き出し、徹底した練習量で「ビッグレッドマシンガン打線」を作り出し、昨季の25年ぶりリーグ優勝に貢献。「打率はよくて3割。失敗の7割をどう生かすか」を選手に説き、凡打でも内容を求めた。15年に不調だった菊池、丸を復活させ、若い鈴木の成長をアシスト。今季は安部や西川などチーム全体の底上げにも尽力した。

     河田外野守備走塁コーチは三塁コーチとして抜群の判断力を発揮。16年に導入されたコリジョン・ルールにもいち早く対応し、機動力野球を復活させた。走塁面では今季の盗塁王が確実な田中や代走要員の野間など、潜在能力を開花させた。守備面でも積極的なプレーを推奨。鈴木が前方の飛球に突っ込んで後逸した際には「俺はああいう教え方をしている。誰がなんと言おうとオレは曲げない」と選手を守った。

     松田元オーナーは「革命を起こしてくれた2人。チームにとってはもちろん痛手だが、それでも前に進まないといけない」と語った。33年ぶりの日本一を2人へのはなむけとしたい。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00000109-sph-ent

     広島の連覇の土台にあるのは、圧倒的な打力だ。チーム防御率は上位3球団とほぼ変わらず、失点数(18日現在513)は3チームで最多。盤石とは言い難かった投手陣をカバーした。

     今季の逆転勝ちは41試合。阪神の金本監督が「広島との差を一番感じたのは得点力。本塁打の数も足も全然違う。あの打線を抑え込める投手力をつけないと勝てない」と脱帽する迫力だった。

     その攻撃陣を支えるのが石井琢朗(47)、東出輝裕(37)、迎祐一郎(35)の打撃コーチ3人だ。球団の方針で昨季から打撃コーチ(補佐含む)を2人から3人に増員。当初は、「船頭多くして船山に登る」と不安視する声があったが、広島の場合はそれぞれの役割分担が明確。石井琢コーチは練習メニューや育成方針など大枠を決めるリーダー役。東出コーチはメーンの打撃指導を任され、時には厳しい叱り役にもなる。

     昨季まで打撃補佐だった迎コーチは選手と年齢も近いことから相談相手であり、ナイターの7~8時間前に球場入りして若手の早出練習に付き合った。

     選手も混乱することはない。首位打者争いを演じる安部友裕(28)はこう言う。

    「3人もいることは本当に恵まれていると思います。たくさんのことを吸収したい。コーチの話を聞いて、今年のキャンプから逆方向のバッティングを意識する取り組みを始めました。これまでは右方向ばかり狙っていたせいで落ちる球に対応できなかったので、しっかりボールを潰して逆方向に叩く練習を徹底しています」

     リーグ連覇はトロイカ体制の成功でもあった。
    引用元 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/213837

    このページのトップヘ