広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    サビエル・バティスタ

     昨季までセ・リーグ3連覇を果たしていた広島。4年連続Vを狙った今季は4シーズンぶりのBクラスと悔しい結果に終わった。振り返れば、悪い事だけでなく、良かった時期や活躍した選手も多かった。5シーズンを率いた緒方孝市監督の最後のシーズンはどんな1年間になったのか。2019年の広島10大ニュースを振り返る。



    ○4連覇逃し、4シーズンぶりBクラス転落

     5月は11日のDeNA戦から11連勝、さらに28日のヤクルト戦から再び連勝し、月間20勝3敗1分と驚異の数字を残した。月間20勝以上は2002年8月の西武以来、プロ野球8度目、セ・リーグ5度目だった。だが、交流戦は5勝12敗で最下位となり、失速。丸佳浩外野手の移籍や田中広輔内野手、松山竜平外野手、中崎翔太投手らの不振もあり、4シーズンぶりのBクラスに沈んだ。

    ○鈴木誠也、首位打者&最高出塁率&通算100本塁打

     オフには野球日本代表「侍ジャパン」の4番として世界一になった鈴木。広島の4番としては140試合に出場し、打率.335、28本塁打87打点、167安打、25盗塁とキャリアハイを更新する活躍を見せた。首位打者に加え、最高出塁率.453を記録した。オフには結婚も発表し、公私共に充実の1年となった。

    ○大瀬良が6完投&3年連続2桁勝利

     今季はリーグ最多の6完投、同2位の173回1/3を投げ、11勝9敗、防御率3.53の好成績を残した。2桁勝利は3年連続。またヤクルト戦ではプロ入り1年目から無傷の12連勝まで伸ばし、リーグ記録を更新した。大瀬良も1月に結婚を発表しており、オフには結婚式を行った。

    ○バティスタがドーピング違反で出場停止

     8月17日にドーピング検査で陽性となったことを球団が発表、処分は6か月間の出場停止となった。今季は103試合に出場し、打率.269、26本塁打64打点、100安打といずれもキャリアハイの成績を残していたこともあり、終盤戦に大きな戦力ダウンとなった。

    ○西川龍馬が27試合連続安打

     27試合連続は球団2位の記録。また7月には21日の巨人戦、24日の中日戦、27日の中日戦、31日の巨人戦で初回先頭打者本塁打を放った。4カード連続で初回先頭弾が出るのはプロ野球史上初の記録。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00649599-fullcount-base

     広島は臆することなくサビエル・バティスタ外野手(27)と再契約すべきだ。記者はそう考えている。

     バティスタがドーピング検査に引っかかり、禁止物質に指定されているホルモン調節薬「クロミフェン」と、その代謝物「ヒドロキシクロミフェン」が検出されたのはご存じの通り。だが本人は意図的な摂取について否定している。記者は当初、そんなバティの「私は禁止薬物が成績を上げる助けにはならないと考えているため、今までステロイドや他の薬品を使用したことはありません」という声明や「何に禁止薬物が含まれていたのか検証できませんでした」というアナウンスを眉唾で見聞きしていた。だが、複数の関係者によると、意図的でない可能性が本当に高いのだそうだ。

     関係者の話を総合すると、バティは今年2月頃、沖縄の米軍施設内で、いずれも日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の認証を受けていない海外製のサプリメントを2種類購入して服用したとみられる。うち1種類が当該物質に汚染されていた可能性が高かったという。球団などは可能であれば“汚染サプリ”を検証するつもりだったが、(1)消費済み(2)海外製(3)購入場所が特殊 の理由で実現できなかった。

     関係者の1人は「私は薬物については素人だが」と前置きした上で、こう説明した。「クロミフェンもその代謝物も隠蔽物質ではないし、そもそも現在の検査技術では、筋肉増強剤の服用を隠蔽することは、ほぼ不可能だと聞いている」。同関係者によると、クロミフェンが単体で検出されるケースは、汚染されたサプリによる“うっかりドーピング”がほとんどだという。昨年度、検査でクロミフェンが単体で検出された国内の陸上競技選手が処分を受けたが、こちらも海外製サプリが汚染されていたと主張。意図的な服用を否定している。

     そしてバティは9月3日、NPBから来年3月2日まで6か月間の出場停止処分を科された。また、処分についての異議申し立てをしなかった。

     まあ、怪しげなサプリをのんだバティに大きな非はある。でも記者は、カープ・アカデミーを経て広島入りしたドミニカンの後輩たちが怠惰な振る舞いをしようものなら「日本人はこういうのが一番嫌いなんだ。日本で成功しようと思うのなら真面目に練習しよう」と優しく諭す彼のような人物が、筋肉増強剤に頼るアスリートとして最低のズルを働くとは到底思えないのだ。関西人的に言うと「許してやったらどうや」という思いしかない。

     だがネット世論は厳しい声が大きい。特に出場停止処分中のバティが、母国・ドミニカ共和国のウィンターリーグで(不振を極めてはいるが)普通にプレーしていること、そして今月2日に公示された保留選手名簿に名前が記載されたことについて、グレタ・トゥンベリさんばりに「よくもそんなことを!」という“正義の論調”が多数だ。

     この点に関して、記者は「球団やバティを責めるのはお門違いではないか」という旨、ツイッターで発信してきた。確かに処分は甘い。というかシーズンオフも処分期間に組み込んでしまったら、ペナルティーとして実効性がない。あるツイッターユーザーから「大リーグのように処分を『期間』ではなく『試合数』にすべきだ」と返信をいただいたが、おっしゃる通りだ。だが現行制度にのっとってバティに処分を下したのはNPB。球団もバティも、その処分に沿って粛々と動いているに過ぎない。

     ところで近年、ネットを中心に「正義マン」という言葉が流行しているそうだ。正義のために、悪事を働いた(とされる)人物を徹底的に叩く者を(嘲笑して)そう呼ぶらしい。「正義マン」の正義は往々にしてはき違えており、常磐道のあおり運転殴打事件で、無関係の女性が「正義マン」のデマにより被害に遭ったことは記憶に新しい。さらにデマを広めた「正義マン」が別の「正義マン」に叩かれたり…なんてカオスも甚だしかった。

     一度やらかした人物が“ネットリンチ”に遭い、再チャレンジできない社会こそ、記者からすれば正義に背いていると思う。バティと広島を叩く人々は、小さい頃、立ちションもしたことがない「正義の権化」なのかしら。「おまえはドーピングを肯定するのか」という声も聞こえてきそうだが、そういう方はこの記事の2~6段落目あたりをもう一度ご覧ください。

     ちなみに広島は、バティと再び契約するか否かを決めかねている様子。鈴木球団本部長は「引き続き契約するかは(来年)3月2日をめどに判断する」と説明している。重ねて、ネット世論に臆することなく再契約すれば良いと思っている。

    (記者コラム・田中 昌宏)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191219-12190147-sph-base

     V奪回を狙うカープが今オフ、3人の新外国人選手を補強した。DJ・ジョンソン投手は長いヒゲ、テイラー・スコット投手はロングヘアーがトレードマーク。個性的な外見の2人は佐々岡監督がリリーフに求める「150キロ以上の強い真っすぐ」という条件もクリア。セットアッパー、クローザーとして期待されている。課題のブルペン陣に厚みが増した中、野手唯一の新助っ人となったのが、ホセ・ピレラ外野手だ。



     メジャー6年間で通算17本塁打。朝山打撃コーチが「パワーヒッター、シンプルに強く振れる」とほれ込んだ大砲はアグレッシブな打撃が最大の魅力だ。約2カ月前、佐々岡監督は就任会見でこんなことを言っていた。

     「走って1点を取るのがカープ野球。今の野球はランナーをためて長打が出るというのも必要なのかな。(今季の)クリーンアップは誠也(鈴木)だけが固定されて他は固定できなかった。長打力が少なかったのも得点不足(の原因)と思うので、クリーンアップの長打力の補強は欲しいところではあります」

     クリーンアップ固定が理想だが、今季26本塁打を記録したバティスタはドーピング違反により、来季の契約が不透明。新3番としてピレラへの期待は大きくなって当然だ。朝山コーチは「4番鈴木」構想を描き、「誠也の周りをしっかり固めたい」と5番候補に松山の名前を挙げる。今季は3番に悩まされただけに、新助っ人が機能すれば、赤ヘル打線に復活の予感が漂う。

     ピレラのポジションは外野に加えて二、三塁も守れるという触れ込みだ。不動の二塁・菊池涼がメジャー移籍を目指してポスティングを申請し、三塁も絶対的なレギュラーは不在。守備位置は春季キャンプで判断される見込みだが、内外野競争は激しくなりそうだ。

     高ヘッドコーチはピレラについて「まずはキャンプで見てからだね。外国人は分からない。キャンプ、オープン戦で見てだけど、シーズンに入っても分からないよ」と慎重に話す。チーム打率は17年・273、18年・262、今季は・254と急降下。鯉の新助っ人は救世主となれるか。来春、日南でベールを脱ぐ日が待ち遠しい。

    (デイリースポーツ・杉原史恭)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00000071-dal-base

     7年間で約1億2000万円の申告漏れなどを東京国税局から指摘され、お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(44)が活動自粛している件を受け、広島市こども文化科学館は8日、徳井が出演しているプラネタリウム番組「太陽系シリーズを制覇せよ!」を10日をもって終了すると発表した。

     同館の公式サイトに「このたび、プラネタリウム番組『太陽系シリーズを制覇せよ!』につきまして、番組に出演している徳井義実さんの税務申告漏れ等による活動自粛を受け、社会的な影響や、当館が社会教育施設であることを踏まえ、上記の番組の投影を、11月10日(日)をもちまして、終了いたします。番組の時間枠には、11月12日(火)から、プラネタリウム新番組『眠れない夜の月』を投影します。ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんが、ご理解いただきますよう、お願い申し上げます」との文章が掲載されている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000207-spnannex-ent

     広島ひと筋に17年間プレーし、昨季限りで現役を引退したプロ野球解説者の天谷宗一郎さん(35)が18日、自身のブログを更新。ドーピング検査で陽性反応を示したことにより、前日17日に出場選手登録を抹消された広島のサビエル・バティスタ外野手(27)について思いをつづった。

     「バティスタが初めて日本に来た時から一緒に練習をしてきました。第一印象はデカくてまじめ。それは今も変わっていません」とまずは昨季までともにプレーした元チームメートの印象について記した天谷さん。

     「キャンプでは日本人の若手と一緒に朝から晩まで猛練習」していた大事な仲間。「そんなバディが。今は最終結果待ちです。今の段階では、何とも言いにくいですが一緒にやってきた身としては本当に信じられません」と複雑な胸中を明かした。

     バティスタは6月上旬に実施された検査で陽性反応があり、別検体での再検査でも16日午後9時に再び陽性が確認された。17日午前に横浜から帰広。2軍の練習参加も認められず自宅謹慎を命じられ、今後は希望する弁明機会を経た後、開かれる調査裁定委員会で裁決される。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00000187-spnannex-base

     広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(62)が18日、自身のブログを更新。古巣・広島のサビエル・バティスタ外野手(27)がドーピング検査で陽性反応を示したことにより、前日17日に出場選手登録を抹消されたことについて言及した。

     まずは冒頭で「昨日は色々とありすぎて会議も心ここに在らずだった」「まだ修行が足りんなと思う次第です」と自身も大きな衝撃を受けたことを明かした北別府さん。

     続いて「普段飲んでいる薬や健康食品でさえ、医者と連携を取ったトレーナーに尋ねてから飲むという習慣がありました」とした上で「ただし、外的に?使う目薬や皮膚の塗り薬などは相談していなかった事を思い出しました」と自身の現役時代を回想した。

     バティスタは6月上旬に実施された検査で陽性反応があり、別検体での再検査でも16日午後9時に再び陽性が確認された。17日午前に横浜から帰広。2軍の練習参加も認められず自宅謹慎を命じられ、今後は希望する弁明機会を経た後、開かれる調査裁定委員会で裁決される。

     「まだ、結果が分かるまでは不用意な事は言えませんが、私はバティスタを信じて結果を待ちたいと思っています」。北別府さんはそうブログを締めくくった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00000186-spnannex-base

     【球界ここだけの話】

     今月17日に、日本野球機構のドーピング検査で陽性反応が出たとして出場選手登録を抹消された広島のサビエル・バティスタ外野手(27)の問題で、波紋が広がっている。広島市のこども文化科学館では、同選手が出演しているプラネタリウム「太陽系シリーズを制覇せよ!」の上映が中止となった。

     同館の担当者は「当日の朝、球団から連絡をいただきました。中止はやり過ぎではないかという意見もあったのですが、教育の場ということで、中止という判断になりました」と肩を落とした。

     マツダスタジアムに通じるカープロードの大型パネルは撤去され、グッズショップや公式通販サイトからも背番号「95」のユニホームなどの商品が姿を消した。ドミニカ共和国のカープアカデミー出身で、抹消時点でチーム最多の26本塁打をマークしていた人気者だっただけに、その影響は計り知れない。

     現在は自宅謹慎中で近日中に正式に処分が決まる。過去6人の事例で比較的軽い処分だったのが、2011年の中日・井端弘和氏で、医療目的が主因(目の疾患の治療薬に禁止薬物の成分が含まれていた)としてけん責処分。重いのはことし6月のオリックスのジョーイ・メネセス内野手=契約解除=らで、筋肉増強剤が検出され、1年間の出場停止処分、そのまま契約解除となった。

     ドーピング検査で禁止物質が検出されれば、選手の意志に関わらず違反となる。春先に花粉症に悩まされる若手選手は「市販の薬は飲めないです。(ドーピングに)引っかかるかもわからないので」。別の中堅選手は「シーズン中は口に入れるものに気を使いますね。特に海外のものは何が入っているか、わからない。病院に行くときは禁止物質が記載されている手帳を持ち歩いています」と対策の一端を語る。

     球団も選手に市販の薬や成分表記が不正確な海外製のサプリメントを使用しないように呼びかけ、チーム内では禁止物質の入っていない薬やサプリメントを常備するなどして対策しているが、問題が起きてしまった。セ・リーグ4連覇を狙うカープに激震が走ったバティスタ問題。どのような形で収束するのか、注目される。(柏村翔)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00000516-sanspo-base

     昨季まで広島でプレーし、今季は無所属だったブラッド・エルドレッド内野手(39)が日本時間20日までに、現役引退を正式決断していたことが分かった。複数の関係者が明かした。


     エルドレッド氏は2012年6月に米大リーグ・タイガースから広島入り。14年には37本塁打でタイトルを獲得するなど長距離砲として貢献した。昨季まで広島の外国人選手として歴代最長の7年に渡って所属し、同じく球団の外国人選手として歴代2位の通算133本塁打を放った。子供を広島市内の公立小学校に通わせ、自身も球場まで“ママチャリ通勤”する姿や、「カントリー」のニックネームなどでファンからの人気も高かった。

     しかし昨季は不振とバティスタの台頭で出場機会が激減。首痛の影響もあり、6月9日の2軍落ちから再昇格できないまま出場38試合でシーズンを終えた。同年11月に球団が翌年の契約を更新しないと発表。今年はNPBでの現役続行を目指して米フロリダ州で“浪人生活”を送っていたが、オファーは届かなかった。

     15日(日本時間16日)には約3か月ぶりに自身のインスタグラムを更新。カープのロゴ入りミニギターでガンズ・アンド・ローゼズの「リヴ・アンド・レット・ダイ」をとどろかせながらエアギターを熱演。同じロゴのTシャツを着た子供も登場させ「子供たちにリアル・ミュージックを教えているんだぜ!」と変わらぬカープ愛を強調していたが、追伸としてハッシュタグで「#retiredlife」(引退後の生活)とも書き加えていた。

     


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00000093-sph-base

     広島は17日、日本野球機構(NPB)のアンチ・ドーピング委員会からサビエル・バティスタ外野手(27)がドーピング検査で陽性反応を示したとの通知を受けたと発表した。同日に出場選手登録を抹消した。今後については調査裁定委員会の裁決を待って発表されるが、屈指の人気球団としてのイメージも、4連覇へ向けての戦力も、大幅ダウンは避けられそうにない。



     首位巨人を追走する広島に激震が走った。午後3時前、大型バスで球場入りしたナインの中に、バティスタの姿はなかった。ベンチの打撃メニューボードも背番号95のマグネットは外されていた。異様な雰囲気の中で練習は始まり、午後3時半にバティスタがドーピング検査で陽性反応を示したため、出場選手登録を抹消すると、球団から発表された。

     遠征先の横浜で対応した鈴木球団本部長は「発表の通りです」と認め「本人もショックを受けている。検査の過程にはいろいろ段階があって、最終的に昨日(16日)の試合後に連絡があった」と説明した。「結果として、とても残念。戦力的に痛い?当然そうだけどそれは仕方ない」と沈痛の面持ちで話した。ナイン、スタッフらには球場到着後に説明。バティスタはこの日の朝に広島へ帰し、自宅謹慎としたという。

     NPBによると6月初旬に、バティスタに対して、最初の検査を実施。前日16日の午後9時に分析班からB検体の報告があり、広島に通知した。バティスタが異議申し立てをしているため、薬物の詳細は公表していない。

     バティスタは今季ここまで103試合に出場、打率・269、チームトップ26本塁打、64打点を記録。シーズン途中から3番に定着し、赤ヘル打線を引っ張っていた。

     球団にとっても痛恨だ。ドミニカ共和国にあるカープアカデミー時代に才能を見いだし、2015年秋に練習生として初来日。育成選手を経て、2017年にブレークした。他の日本選手と同様に手塩にかけて育ててきただけに、今回の一件が事実であれば、裏切られたことになる。

     同日行われたDeNA戦でのオーダーにも苦悩の色がにじみ出た。バティスタ離脱を受けて、鈴木が3番に繰り上げられ、一塁にはメヒアが入った。八、九回に鈴木、西川の本塁打で3点を挙げたが、反撃の遅さは否めない。勝負の夏にバティスタの存在は不可欠だったはずだ。“バティショック”のダメージは計り知れない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00000032-dal-base

    ◆DeNA8―3広島(17日・横浜スタジアム)

     広島がバティスタの離脱ショックもあり、打線が奮わず、3位に転落した。

     序盤からDeNAの先発・石田を攻めあぐねた。3回には3連打から2死満塁のチャンスを作ったものの、松山が一ゴロに倒れた。8回に鈴木がソロ、9回に西川が2ランを放ったが、反撃が遅すぎた。

     試合前にドーピング検査の陽性反応が出たため、サビエル・バティスタ外野手(27)の出場選手登録が抹消された。鈴木がバティスタに代わって15年9月25日の阪神戦(マツダ)以来、4年ぶりの3番に座り、4番には5番から松山が繰り上がったが、苦肉のオーダーもこの日はつながらなかった。

     チームは首位・巨人に5・5ゲーム差をつけられた。先発したモンティージャが2回5失点と炎上し、7回からマウンドに上がったレグナルトも2イニングを2被弾で3点を奪われた。「6番・一塁」で先発したメヒアも2三振。近年はし烈な外国人争いがリーグ制覇の原動力となってきたが、今季26本塁打のバティスタが抜け、確固たる助っ人を欠く事態となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00000178-sph-base

    このページのトップヘ