広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    サビエル・バティスタ

    8月の月間MVPセ・リーグ投手部門に、ヘロニモ・フランスアが選ばれた。昨年、育成枠から支配下登録され大活躍したサビエル・バティスタ、アレハンドロ・メヒアに加え、今年育成から支配下に登録されたフランスアが早くも快挙。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00010001-jsportsv-base

     「ヤクルト2-4広島」(16日、神宮球場)

     広島・バティスタが大好きな神宮で大暴れした。初回、鈴木の右犠飛で先制点を奪い、なおも2死一、二塁の好機。高橋の直球を振り抜いた打球は大きな弧を描いてバックスクリーンへ着弾。2日ヤクルト戦(神宮)以来の24号3ランに、「高めの球を狙っていた。追い込まれていたので、ノーステップでコンパクトスイングしました」と胸を張った。


     緒方監督に「大仕事をしてくれた」と言わしめる一打で波に乗ると、六回にも中前打を記録。これでヤクルト戦は打率・365、7本塁打、18打点のツバメキラーだ。憧れというバレンティンの前で打ちまくり、「神宮はやりやすい。狭いからイイね!」と声を弾ませた。

     5日に新井が今季限りでの現役引退を表明し、バティスタもショックを受けた。「ちょっとびっくりした。いろんなアドバイスをもらったから。活躍したらすごく喜んでくれたし、活躍してほしいと思ってくれていた」。

     爆発力が影を潜めた8月中旬には横浜スタジアムの室内練習場で身ぶり手ぶりの指導を受けた。左肩の開きが早いことを指摘され「そこだけ意識すれば大丈夫と言われたよ」と感謝していた。新井サンと日本一に-。ドミニカンの思いもナインと同じだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00000041-dal-base

     「ヤクルト2-4広島」(16日、神宮球場)

     広島が2位ヤクルトに競り勝ち、優勝へのマジックを2つ減らして「4」とした。最短Vは21日。

     初回、先頭の野間が敵失で出塁するなど1死一、三塁とすると、鈴木の右翼への飛球を雄平が落球。三走・野間が生還して先制に成功した(記録は右犠飛)。

     その後1死一、二塁で打席にはバティスタ。カウント1-2から高橋の4球目、146キロ直球を仕留めた。バックスクリーンへ飛び込む24号3ラン。「追い込まれていたので、ノーステップでコンパクトスイングしました」と会心の一打を振り返った。

     投げては先発の岡田が6回を4安打2失点と好投し、8勝目をマーク。その後は一岡、フランスア、中崎が無失点でつなぎ逃げ切った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00000140-dal-base

     イースタン、ウエスタン両リーグは13日、「スカパー!ファーム月間MVP章」の8月度受賞選手を発表。イースタンは巨人の高田萌生投手(20)、ウエスタンは広島のアレハンドロ・メヒア内野手(25)が選ばれた。

     今季1軍デビューも果たした高卒2年目の高田は、4試合に投げ4勝0敗、防御率0・96の好成績をマーク。勝利数と投球回(28)、奪三振(29)もリーグトップで、月間首位(18勝5敗)のチームを先導した。

     メヒアは打率3割9分、5本塁打、15打点。リーグ3冠の成績に加え、得点圏打率(6割3分6厘)、長打率(8割7分8厘)、出塁率(4割8分)もダントツのリーグトップだった。

     両選手には賞金5万円と記念品が贈られる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000101-sph-base

     広島の新井貴浩内野手(41)が5日、マツダスタジアムでの阪神戦を前に記者会見し、今季限りでの現役引退を表明した。球団側に意向を伝えたのは8月上旬で強く慰留されたが、約1か月の“猶予期間”を経ても気持ちは変わらず、この日までに松田元オーナー(67)にも了承された。それにしても、なぜこの時期だったのか? あえてシーズン中の発表となったのは、誰からも愛された新井さんへの球団側の配慮でもあった。

     プロ20年目の大ベテランが一大決心を固めたのは「交流戦が終わったころ」。同世代の選手は捕手の石原ぐらいで、中心となっているのは一回り以上、年下の選手たち。「若手がすごく力をつけてきている。これから2年後、3年後、5年後のカープを考えたときに(引退するのは)今年がいいんじゃないかなと思った」

     球団に意向を最初に伝えたのは8月上旬。鈴木球団本部長からは「考え直せ。まだやめるな」と強く慰留されたという。さらに約1か月の再考期間を与えられたが、新井の決意が変わることはなかった。前日4日には松田オーナーへのあいさつも済ませ、ナイターで行われた阪神戦後にはともに汗水を流してきた選手や球団スタッフにも今季限りで身を引く考えを伝えた。

     ただ、チームは球団初のリーグ3連覇と34年ぶり日本一に向けて戦っている。新井自身にも引退表明はすべてが終わってからの方がいいのではないかとの思いはあった。それでもこのタイミングで発表に踏み切ったのは球団側の配慮で、鈴木本部長は「これだけ愛されたキャラクター。東京、神宮、名古屋と試合も残っているし(発表は)早い方がいいかなと。多くのファンに応援してもらえると思う」と説明。現時点で引退試合やセレモニーに関しては白紙ながら、同本部長は「残りの毎試合を引退試合のつもりで見てもらえたら」とも話した。

     今季は左ふくらはぎ痛で開幕二軍スタート。松山やバティスタに出場機会を譲ることも多く、主な働き場は代打で打撃成績は出場50試合で打率2割2分、4本塁打、20打点。スタメン出場は19試合にとどまっている。ただ、首脳陣も“空気”は察しているようで、起用法は従来通りながら、東出打撃コーチは「たまにスタメンもあるかも」。約1か月ぶりに先発出場した8月29日の巨人戦(東京ドーム)では吉川光から3ランを放つなど3安打3打点と大暴れしており、最後にひと花もふた花も咲かせる可能性は十分にある。

     かつてOBの黒田博樹氏(43)には、新井にきれいな引き際は似合わないとして「ボロボロになるまでやれ」と言われた。今もグラウンドでは元気な姿を見せているが、本人的にはすでにボロボロだった。「僕も41歳ですから。試合に出ていなくても、寝起きに体の節々が『あいたたた』なんてこともある。普通の41歳と変わりませんよ」。ファンの大声援を力に頑張ってきたが、結果で恩返しする機会が減っていることにもどかしさも感じていた。それだけに6日の阪神戦も含めた残り24試合は、新井にとってファンへの“恩返し行脚”にもなる。この日の試合でも、代打で出場した5回の打席で三振に倒れたが、ひときわ大きな声援が飛んだ。

     2014年オフに阪神から復帰した際は「カープのために少しでも力になりたい。力になれなければすぐにやめよう」と思ったが、4シーズンを過ごした上に2度のリーグ優勝も経験し「感謝しかない」。一軍にいる以上は戦力にならなければいけないとの思いもある。「本当の戦いは10月、11月。自分もチームの力になれるよう最後の最後までかわいい後輩たちと喜び合えるようにしたい」。ファンのため、ともに戦ってきた仲間たちのため、新井は最後の瞬間まで全力疾走する。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-00000032-tospoweb-base

     8月30日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた山崎武司氏は広島・バティスタについて言及した。

     山崎氏は「力がありますね」とバティスタを評し、「バッティング技術というのを力でカバーしているバッティングスタイルなんですけど、まだまだ日本の野球に慣れてくると、30発は軽くクリアしてくれるポテンシャルを持っていますね」と期待を寄せた。

     山崎氏は「体の回転でボールを飛ばすイメージをもったおかげで、少しばかりホームランを打つことができました」と自身の経験談を語り、「(バティスタは)なんとなく僕に似た打ち方のスタイル。それを少し変えて、下半身を止めて上半身で打てるぐらいの力を持っていますので、体を突っ込んでいって欲しくないですね」とアドバイスを送っていた。

     バティスタは昨季支配下登録を勝ち取ると11本塁打を放ち、今季もここまで80試合の出場ながら23本のアーチを描いている。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00164572-baseballk-base

     広島が2日のヤクルト戦(神宮)に7―3で勝利した。先発の戸田隆矢(25)は3回途中を与四球3、3安打3失点とピリッとしなかったが、打線が奮起した。今季3度目の6連勝で2位ヤクルトとは14ゲーム差。優勝マジックは13となった。

     活躍したのはサビエル・バティスタ外野手(26)だ。初回に先制の23号3ランを放つなど5打数3安打4打点と大暴れ。バティスタは「チームを助けるためにいるので、6連勝できてよかった。自分の仕事はできました」とにんまり。

     緒方監督は「選手全員の力でいい戦いができた。救援陣もしっかり投げてくれたし、バティスタも一振りで(試合を)決めてくれた」と満足そうに振り返った。球団史上初のリーグ3連覇まであと少しのところまで来ている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180903-00000031-tospoweb-base

     「ヤクルト3-7広島」(2日、神宮球場)

     広島が6連勝。優勝へのマジックナンバーを「13」に減らした。


     試合後、緒方監督は「ビジター6連戦は初戦から厳しい戦いが続いたけど、選手全員で戦ってくれた。打って勝った試合が多かったけど、今日のように救援陣がしっかりとしたピッチングをつづけてくれたことが勝ちに結びついた」と話した。

     23号3ランを含む3安打4打点と爆発したバティスタについては「一振りで決めてくれた。いい攻撃をしてくれた」と称賛した。

     3日からはマツダスタジアムで阪神と3連戦。「本拠地に帰っても変わらない気持ちで戦っていく」と表情を引き締めていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00000136-dal-base

     「ヤクルト3-7広島」(2日、神宮球場)

     広島が今季10度目の同一カード3連勝で今季3度目の6連勝、マジックを13とした。

     初回、バティスタの23号3ランで先制。三回には菊池の12号2ラン、バティスタの適時打などで4点を加えた。

     今季2度目の先発戸田は、三回に制球を乱し3失点で降板。16年7月以来となる白星はお預けとなった。

     三回途中からアドゥワが六回まで無失点。救援陣が踏ん張った。アドゥワが5勝目を挙げた。

     先制3ランを含む3安打4打点のバティスタは「バッターボックスに入ったときに甘い球を狙いました。見事な仕事をしたので感触は良かった」と先制弾を振り返った。続けて「チーム助けるためにバッターボックスに入りました。練習から一生懸命やっているから自分の仕事ができたと思います」と胸を張り、「マジックナンバーを減らしたからすごくいいと思います。地元で優勝を決めたいと思います」と力強く言った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00000120-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島―ヤクルト(2018年9月1日 神宮)

     神宮球場で開催されたセ・リーグ首位・広島と2位・ヤクルトの直接対決は、降雨のため1回表の途中で試合が中断される波乱のスタートとなった。

     カラシティー(ヤクルト)、大瀬良(広島)の両先発で午後6時に試合開始。先攻の広島は初回、1番・野間が4球で見逃し三振に倒れ、打席に入った2番・菊池は3球で1ボール2ストライクと追い込まれた。ここで雨脚が強くなり、開始からわずか3分で試合中断。グラウンドにはシートが敷かれ、両軍の選手はそれぞれのベンチへ下がった。

     丸刈り頭をさらに短く刈り込んだ広島の主砲・鈴木は三塁側ベンチで目をつぶり、両手を合わせて天気回復をお祈り。これが効いたのか、16分間の中断後、試合は再開された。だが、菊池は再開後にカラシティーが投じた初球、外角の変化球を空振りして三振に終わり、続く3番・丸も2ボール2ストライクからの真ん中直球を空振り。雨に翻弄されながら3者連続三振というスタートとなった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00000129-spnannex-base

    このページのトップヘ