広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    ジェイソン・プライディー

     広島は23日、来季契約について、エクトル・ルナ内野手(36)ら外国人3選手と、契約を結ばないことを発表した。

     今季から加入したルナは、主に「4番・三塁」でリーグ優勝に貢献。だが、10月12日のCSファイナルS第1戦、DeNA戦(マツダ)で負傷交代した。六回に遊ゴロで一塁を駆け抜けた際に転倒。トレーナーに付き添われながらベンチに戻り、試合中に広島市内の病院に直行し、精密検査を受け、「右肩関節唇損傷、右肩肩鎖関節捻挫」で、全治3カ月と診断されて帰国していた。今季は67試合に出場し、打率・272の成績だった。

     また、スティーブ・デラバー投手(33)、ジェイソン・プライディ外野手(33)とも、来季契約を結ばないことを発表した。


    引用元 http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2016/11/23/0009691578.shtml

    ◆SMBC日本シリーズ2016 ▽第6戦 広島―日本ハム(29日・マツダスタジアム)

     広島はジェイ・ジャクソン投手(29)、ブレイディン・ヘーゲンズ投手(27)、ブラッド・エルドレッド内野手(36)に来季の残留を要請することが29日、分かった。クリス・ジョンソン投手(32)とは来季からの3年契約を締結している。エクトル・ルナ内野手(36)、ジェイソン・プライディ外野手(33)は今季限りでの退団が濃厚。シーズン中に加入したスティーブ・デラバー投手(33)は新外国人投手の調査と並行しつつ去就を判断する。

     また、首脳陣については緒方孝市監督(47)、高信二ヘッドコーチ(49)ら1軍スタッフは大幅な入れ替えはなく、来季も続投する方向だ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-00000068-sph-base

    <巨人3-5広島>◇29日◇東京ドーム

     エルドレッドの2発が広島の完全優勝を決めた。

     7回、田口から20号2ラン。8回は宮国から21号2ラン。今季44度目の逆転勝利を飾り、巨人にも勝ち越しを決めてセ・リーグ全球団に勝ち越した。「自分はパワーヒッター。打線に入れば何か起こすことが出来ると、今日は証明出来たと思う」と主砲はご機嫌だった。1日以来の1発に緒方監督も「そんなに打ってなかったの? いいことじゃないか」と喜んだ。

     ▼通算100本塁打=エルドレッド(広島) 29日の巨人25回戦(東京ドーム)の7回、田口から今季20号を放って達成。プロ野球279人目。初本塁打は12年8月4日の阪神12回戦(マツダ)で安藤から。

     ▼広島が巨人との今季最終戦に勝ち、このカードを13勝12敗として2年連続勝ち越し。球団史上、セ・リーグ全5球団に勝ち越したのは75、86年に次いで30年ぶり3度目。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000015-nksports-base

     広島は27日、ジェイソン・プライディ外野手(32)が米国に帰国すると発表した。

     米大リーグ、アスレチックスなどでプレーし、今季から加入した大砲候補だったが1軍での出場はなし。ウエスタンでは89試合に出場し261打数60安打40打点9本塁打、打率・230だった。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160927-00000521-sanspo-base

     高校球児の熱闘に助っ人右腕が発奮した。広島は14日のDeNA戦(横浜)で今季初先発のブレンディン・ヘーゲンズ投手(27)が好投。この日、一軍登録されたブラッド・エルドレッド外野手(36)にも一発が飛び出し3―2で勝利。両外国人の活躍でカード勝ち越しを決めた。

     ヘーゲンズはこれまで7日の巨人戦(マツダ)で3イニング投げたのが最長だったが、この日は5回を投げ1失点にまとめた。岡田らの離脱による突然の配置転換。いつもは勝利の方程式として活躍する助っ人右腕は「ゲームが作れてよかった。気持ちは中継ぎと同じだと思ったが、いつもより少しアドレナリンが出たね」と充実の表情だ。

     漢字や日本語の勉強を行うなど日本文化を積極的に吸収している。時間があるときは“日本独特の文化”として高校野球もテレビで観戦しているという。

    「若い子たちが勝ちにこだわり一生懸命やっている姿には感銘を受ける」というヘーゲンズは「そのなかでも彼らは楽しんでやっている。僕は野球を仕事にしてしまったので、そういう気持ちがなかなか持ちづらくなった。ああいう姿を見るとあのころの気持ちを思い出させてくれるよ」と甲子園の熱闘から大きな刺激を受け、好投につなげた。

     一方、17号ソロで自ら一軍復帰の“祝砲”を放ったエル砲は「競った展開のなかヘーゲンズは少しでも長い回を投げようと努力していた。彼は素晴らしい投球をしたよ」とチームメートをねぎらった。

     首脳陣は今後もヘーゲンズの先発起用の可能性を示唆。ハズレ助っ人が「0」の広島が終盤戦も勢いを加速させそうだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160815-00000042-tospoweb-base

     広島は2位の巨人に10ゲーム差をつけて首位に立つ。26日に長良川球場で行われる予定だった巨人戦は雨天中止となり、今日から舞台を京セラドームに移して2試合戦う。この直接対決に広島が連勝すれば、優勝マジック38が点灯する。

     チームが好調の要因の1つとして、オールスターに出場したエルドレッドが二軍にいるなど、4枚の一軍枠を巡り熾烈な争いを繰り広げる外国人選手たちの競争が挙げられる。



    引用元 http://baseballking.jp/ns/81326

    このページのトップヘ