広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ジェイ・ジャクソン

     広島・中崎翔太投手(24)が21日、マツダスタジアムで行われた全体練習に参加。キャッチボールなどで汗を流した。

     不調のジャクソンに代わり「八回の男」に指名されたが、「何も変わらない。言われたところでしっかり投げるだけです」とサラリと話した。

     持ち場が「七回」から「八回」に変わっても、スコアボードに0を並べ続けるだけだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000095-dal-base

     18日(日)の最終戦に勝てば「交流戦最高勝率チーム」の称号を獲得できた緒方広島だったが、ソフトバンクに敗れて無念の2位フィニッシュ。12勝6敗と同じ成績ながら、直接対決で負け越したため“V逸”してしまった。昨年(11勝6敗1分)を上回る数字を残してガッチリ首位をキープした一方、この成績でも2位・阪神に3差しかつけられていないのもまた事実。昨年は交流戦終了時で2位の巨人に6差をつけ、独走態勢に入っていた。阪神の健闘とも取れるが、25年ぶりのリーグ優勝へ一気に突き進んだ昨年ほどの怒涛の勢いはまだない。

     2年連続で春季キャンプの臨時コーチを務め、鯉のご意見番的存在の野球評論家・安仁屋宗八OB会長は、交流戦での広島の戦いをこう評価する。「丸ら主力がいつも言っていたが『今年こそ交流戦で優勝する!!』という強い思いを皆が持っていた。12勝6敗という数字はその表れ。最高勝率チームにはなれなかったけど、この成績は立派なものとワシは思っとるよ」。中継ぎから先発に回り、交流戦で3勝をマークした薮田や、チームトップの7勝を挙げている岡田ら若い投手たちが結果を残した。今年から先発ローテーションに入っている大瀬良、そしてプロ初勝利から3勝を挙げた4年目・中村祐なども台頭。ジョンソン、野村、中崎といった故障で離脱していた選手も復帰し、駒も一応揃った。そんな状況での好数字だけに同氏の評価もうなずける。

     ただ、リーグ戦再開に向けて不安も残した。9日の楽天1回戦(コボパ)で今季初勝利を挙げた左腕エース・ジョンソンが、復帰2戦目となった16日のソフトバンク1回戦(マツダ)では5回5失点KO。球威、変化球のキレ共に本来にはほど遠く、四球、暴投など自らの自滅で失点するシーンも見られた。この試合を球場で直接見た広島OBの野球評論家・横山竜士氏は「交流戦後を占う意味で注目していたんですが…状態が上がっていないのは本当に不安ですね」と話した。たとえ薮田や岡田らが今後もいい状態をキープできたとしても、経験不足は否めず過剰な期待は禁物。その意味でも、昨年の沢村賞左腕の“復肩”はリーグ連覇を目指す上で必須なのだが…。

     横山氏が「もう一つの不安」と指摘したのは、勝利の方程式の重要パーツであるジャクソンの調子落ちである。開幕当初こそ安定感抜群の投球を見せていたが、交流戦に入って急落。18日の最終戦を含め、登板4試合連続で失点するという結果で首脳陣の期待を裏切った。畝投手コーチは「このままでは勝ち試合には難しい」と配置転換を示唆しているほど深刻だ。横山氏も「昨年、今年と2年連続で勝敗に直結する大事なポジションを任してきた投手だし、何とか復調してもらわないと困る。(投げる)順番を変えてみるとか、何らかの工夫が必要でしょう」と指摘した。

     助っ人2人に不安を抱えながら、23日(金)から2位・阪神との直接対決3連戦に突入する。対戦成績3勝6敗と苦手な相手だが、圧倒的勝率を誇る本拠地マツダに迎え撃つ有利さはある。去年もリーグ戦再開の相手は阪神で場所もマツダ。そして結果は3連戦3連勝だった。大きな不安を払しょくして去年の再現ができれば。一気に連覇へ突き進めるが…。ジョンソン&ジャクソンをどう起用するか。緒方監督のお手並みを拝見したい。(デイリースポーツ・中村正直)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000058-dal-base

     ◇日本生命セ・パ交流戦 広島4―7ソフトバンク(2017年6月18日 マツダ)

     広島は球団初の交流戦最高勝率の座を逃しても、昨年の勝率・647(11勝6敗1分け)を上回る過去最高・667(12勝6敗)で終え、緒方監督は「我々の野球ができた。1位にはなれなかったけど、自信を持っていいと思う」と前を向いた。

     先発の中村祐がプロ最短の1回2/34失点でプロ初黒星。サファテから2点を返した9回の反撃及ばず、最終決戦に敗れた。「相手の抑えから、あきらめることなく点を取ってくれた」。粘りをたたえた緒方監督は2位の阪神を本拠地で迎え撃つ23日からのリーグ戦再開へ手を打った。

     4試合連続で失点したジャクソンの配置転換だ。畝投手コーチは「今のままで8回を任せるのは苦しい。元のポジションを競争の中で取り戻してほしい」と説明。1軍に残して復調を促す方針で、代わって中崎を8回のセットアッパー、好調の中田や一岡を7回に当て込むことを決めた。交流戦終了時点での貯金16は昨季11を上回るペース。目指す連覇へ歩みは止めない。 (柳澤 元紀)

     ▼広島・加藤(中継ぎで1軍復帰。9回に登板し、最速153キロを記録し3者凡退)自分が投げたいようなフォームで投げられた。後はないと思う。自分の力を出し切らないといけない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000027-spnannex-base

     「交流戦、広島4-7ソフトバンク」(18日、マツダスタジアム)

     再昇格を果たした広島のドラフト1位右腕・加藤(慶大)が九回のマウンドに上がり、1回を3人で抑えた。

     先頭の福田を150キロの直球で空振り三振に仕留めると、続く今宮もフォークで連続三振。さらに柳田も150キロの直球で二塁ゴロに打ち取った。

     「自分がやろうとしていたことはできました。投球フォームも自分が投げたいように投げられました」。

     2軍落ちの原因となった制球難は影を潜め、ストライクが先行。5月5日以来の1軍マウンドで結果を残し、心地よい汗をぬぐった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000110-dal-base

     ○広島7-6オリックス●(マツダスタジアム・14日)

     広島が今季3度目のサヨナラ勝ちで交流戦単独首位に。投手陣が踏ん張れず最大5点差を一度は追い付かれたが、延長十二回に鈴木がソロで決着をつけた。オリックスはロメロの2打席連続本塁打などで粘りを見せたが、力尽きた。

     広島・緒方監督 4番が最後に仕事をしてくれた。攻撃はいい形ができていた。中継ぎ陣は疲れが出ているよう。(八回に同点3ランを浴びた)ジャクソンはスライダーの精度が落ちていて気になるが、その後はみんな、いいボールを投げてくれた。

     オリックス・福良監督 よく追い付いたんですけどね。(広島戦は15年から8連敗)明日、何としても取らないと。やられっぱなしでは。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000109-mai-base

     「交流戦、日本ハム3-5広島」(8日、札幌ドーム)

     セ・リーグ首位の広島が逃げ切り、5連勝。オリックスが負けたため、ソフトバンクと3チームが7勝2敗となり交流戦首位に並んだ。

     初回2死から丸が遊撃内野安打で出塁すると、鈴木が左翼席へ12号先制2ラン。五回には2死一、二塁から丸の右中間2点適時二塁打で加点した。

     日本ハムは六回にレアードの適時打で反撃。八回にはジャクソンを攻め、杉谷とレアードの連続適時打で1点差とした。しかし、広島は九回に1死三塁から会沢の右犠飛で突き放した。

     先発の岡田が七回途中1失点で6勝目。九回を締めた今村が11セーブ目を挙げた。

     岡田は「野手が守ってくれたんで、すごく投げやすかったです。良かったと思います。ストレートが走っていたと思うんで変化球もよかった」と振り返った。初回に鈴木の2ランで先制点をもらい「すごく楽になりました」と話した。

     広島は昨年の日本シリーズで本拠地・広島で2連勝して札幌に乗り込んできたが、3連敗を喫したことで日本一を逃した。屈辱を味わった札幌の地で3連勝。9日からは仙台に移動してパ・リーグ首位の楽天と“頂上決戦”に挑む。交流戦首位に並んでいるオリックス、ソフトバンクとの争いから抜け出すために連勝街道を続ける。

     日本ハムは5連敗。先発浦野は今季初黒星を喫した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170608-00000158-dal-base

    <中日5-3広島>◇19日◇ナゴヤドーム

     驚異の粘りも、勝利につながらなかった。広島は2度同点に追いつきながら、延長10回に開幕から18試合連続無失点のジャクソンが打たれ、今季2度目のサヨナラ負けを喫した。


     1点を追う9回、連続三振で簡単に2死を取られた。代打・西川が四球を選ぶと、代走の切り札、野間を投入。中日の抑えの田島を揺さぶり、田中の死球でチャンスを広げた。菊池は2ボールからの外角球をコンパクトにたたいて中前に転がした。二塁から野間が生還。土壇場で追い付いた。

     中盤の2点ビハインドも、2死から追いついた。5回2死走者なしから田中と菊池の連続二塁打で1点差。6回は2死二、三塁から石原が右前にはじき返した。

     だが、延長10回。ジャクソンは2死としながらも二塁内野安打など際どい判定もあり、走者を一塁に残して4番ビシエドを迎えた。「外の低めをうまく打たれた。あそこまでに3アウトを取っておきたかった」。打球は左中間スタンドに消えた。

     緒方監督は打線の粘りを「素晴らしい。よく追い付いた」とたたえ、今季初失点がサヨナラ負けにつながったジャクソンも「何も言うことがないよ」と責めようとはしなかった。打つべき手は打った。首位阪神も敗れ、ゲーム差は1・5と変わらない。明日20日、仕切り直しだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-01826267-nksports-base

     「中日5-3広島」(19日、ナゴヤドーム)

     広島が、今季2度目のサヨナラ負けを喫した。3-3で迎えた延長十回、ジャクソンがビシエドに左越え2ランを浴びた。助っ人右腕が開幕から続けてきた連続無失点試合は、18試合でストップした。

     2死1塁。初球のスライダーを振り抜かれ、左翼席に運ばれた。「コース的には悪くなかった。それをしっかりとはじき返された。うまく運ばれた」と振り返った。

     開幕から剛球で相手をねじ伏せ、チームを勝利に導いてきた。右腕にとっては、登板19試合目での失点だ。それでも信頼は不変。緒方監督は試合後、「(失点したからと言って)何も言うことはない」と力を込めた。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/05/19/0010204618.shtml

     広島・一岡竜司投手(26)が、地味にスゴい記録を継続している。「昨季から2試合連続失点なし」だ。セ・リーグで昨年25試合以上に登板した51投手の中で、継続しているのは一岡、阪神・ドリス、DeNA・三上の3人だけ。記録については「知らなかった」というが「打たれた試合の次が一番大事」という思いを強く持っているという。

     5日の阪神戦(甲子園)で今季6戦目にして初失点したが、次回登板となった9日ヤクルト戦(神宮)では同点の延長10回から登板し1回を無安打無失点。最後の打者・大引を空振り三振に斬ったときには、珍しくマウンド上でほえていた。

     「思わず声が出てしまいました。打たれた次の試合が大事だと、後輩の(高橋)樹也にも言っていたので抑えられてよかったです」と照れ臭そうに笑った。

     15年5月に登板4試合連続で失点。2カ月間、2軍生活を余儀なくされたことを機に、周囲のアドバイスなども踏まえて考え方を改めたという。

     「“次は大丈夫だろう”と簡単な気持ちで次の試合に臨んでいたのを、打たれたその日のうちに反省した上で次どうすればいいか、というのをまとめるようにしました」。自分に合った気持ちの切り替え方を体得し、結果に結びつけている。

     一岡の記録に接するにあたって、感心させられたことをふと思い出した。昨年の秋季キャンプで今村、ドミニカ人の練習生・フランソワ、通訳の3人を伴って一岡が出掛けるところに出くわした。フランソワを食事に誘い「焼肉を食べたい」という要望を聞いて、ごちそうしたという。

     「ケガをして3軍調整をしていたときに一緒に練習をしたのもあって誘いました。僕も海外で野球をしたことがあるけど、いろいろ大変でした。キャンプはそれよりも長いから、もっと大変だと思う。ちょっとした気晴らしになればいいなと。そんなに深く考えてなかったです」

     巨人時代の13年秋にプエルトリコでのウインターリーグを経験したこともあり、外国人選手も思いやることができる右腕。若手投手からの人望が厚いのも納得だ。

     予期せぬことだったが、17日のDeNA戦(マツダ)で一岡は失点を許して2敗目を喫した。心優しき青年が“リベンジ”に燃え、記録を継続させることを願ってやまない。(柳澤 元紀)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000093-spnannex-base

    このページのトップヘ