広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ジェイ・ジャクソン

     育成出身で、1軍でのデビュー戦で初先発勝利をあげた巨人のメルセデス。ドミニカ共和国にあるカープアカデミー出身であったことも話題となったが、今季、広島に加わったアカデミー生も負けてはいない。ヘロニモ・フランスア(24)だ。

     今年3月に育成契約を結ぶと、5月に行われたウエスタン・リーグの登板試合を緒方監督が直々に視察し、高評価。同月、支配下選手契約された。プロ初登板初先発となった同26日の中日戦(マツダ)は、4回3失点で降板し黒星を喫したが、中継ぎに転向後、能力の高さを発揮。2番手で登板した6月26日の巨人戦(マツダ)では150キロ台の直球とスライダー、チェンジアップを駆使し、5回を1安打9奪三振で無失点に抑え、プロ初勝利を手にした。

     ピッチング以上に強烈な印象を残したのが、打者顔負けのフルスイングだ。6月7日の日本ハム戦(マツダ)。3回の第1打席で、初球の変化球にヘルメットが落ちそうになるほどバットを振った。あまりの全力プレーに鯉党から歓声が沸くと、2球目も豪快に空振り。普段はベンチで表情を変えることなく戦況を見つめている緒方監督が、笑いをこらえるように顔を背ける様子は「You Tube」などの動画サイトでも人気だったりする。

     2014年9月に練習生として来日。16年は四国アイランドリーグplusの高知に派遣され、1シーズンを過ごした。1軍デビューまで4年近くを擁したが、あきらめることなく黙々とトレーニングを続けてきた。母国で活躍を祈る母には、定期的に仕送りを続けていたという心優しき左腕。プロ初勝利を決めた巨人戦では、お立ち台で「気持ち、すごくいいです。ずっと待っててくれた母にありがとうと言いたい」と、最愛の家族へ感謝の言葉を口にした。

     最近は勝ち試合での登板も増え、信頼も高まりつつある。現在は「ロングリリーフができる」(畝投手コーチ)と中継ぎで重宝されているが、実績を残し続ければ今後、先発への再転向もあるはずだ。その時には、あの「神スイング」をもう一度見てみたい。(記者コラム・種村 亮)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000162-sph-base&pos=2

     広島の新外国人ジョニー・ヘルウェグ投手(29)=前パイレーツ傘下3A=が17日、ウエスタン・中日戦(ナゴヤ球場)で実戦デビューを果たした。緒方監督、畝投手コーチが見守る中、1イニングを無安打無失点。速球の最速は157キロを計測した一方で、1死球、1四球を与えるなど制球に課題を残した。

     6月中旬以来の登板にヘルウェグは「前回から今日まで間隔が空いたけど、マウンドでしっかり投球できたことをうれしく思う。スコアボードにゼロを刻めたことが良かった」と収穫を強調した。

     緒方監督は「まだまだこれから」と上がり目に期待。畝投手コーチは「左バッターに抜け球があった。コントロールの精度を上げてほしい」と評した。

     


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000078-dal-base

     (セ・リーグ、中日1-5広島、13回戦、中日7勝6敗、16日、ナゴヤD)首位の広島が中日に快勝。リーグ3連覇に向け後半戦の好スタートを切った。先発のジョンソンは7回を投げて8三振を奪い、6安打1失点で6勝目(2敗)を挙げた。

     広島は一回、二死から丸が、中日の先発・吉見から右中間スタンドに運ぶ18号ソロを放ち先制。二回には松山の右中間スタンド最前列に突き刺さる8号ソロで追加点を挙げた。

     広島は四回にも二死から西川が左翼線二塁打を放つと、石原の中前適時打でさらに1点を追加した。

     中日は六回に無死二、三塁から平田の内野ゴロの間に三走・大島が生還し1点を返すが、広島は八回に西川が、九回には野間が適時打を放ち差を広げた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000583-sanspo-base

     広島は10日、マツダスタジアムで全体練習を行い、新外国人のジョニー・ヘルウェグ投手(29)=前パイレーツ傘下3A=が初参加した。

     キャッチボールやノック、ダッシュなどを行い、約1時間汗を流した。キャッチボールでは畝投手コーチを座らせて強めの球を投げる場面も。「球種ごとの(指にかかる)感覚を確認したんだ」と振り返った。

     12日の練習では、シート打撃に登板する予定だ。2日に初来日し、当初は時差ボケに悩まされていたが、それも解消されコンディションは万全に近い。「試合の感覚を取り戻すために、しっかりと投げたい」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000122-dal-base

     広島の首脳陣が新外国人、ジョニー・ヘルウェグ投手(29)の実戦デビューを生視察する方針であることが6日、明らかになった。早ければ16日のウエスタン・中日戦(ナゴヤ)に登板予定。当日は1軍もナゴヤドームで中日戦があり畝投手コーチは「行くよ。細かいところを見ないといけない」。緒方監督も訪れる可能性がある。

     ヘルウェグは2日に来日し、4日に初練習。5日は大野練習場で初めてブルペン投球を行い、直球や武器の高速シンカーなど31球を投げた。「もう1回(ブルペンに)入って、上で見ようかと思ってる」と畝コーチ。順調なら2度目のブルペン投球後、9日からの阪神3連戦中にマツダスタジアムでの3度目のブルペンで首脳陣が投球練習を生チェックする見通しだ。

     その上で実戦を視察し「クイックにしてもできてるかというところ。サインプレーやけん制も」と畝コーチ。救援陣の一角として期待が大きいだけに、早期昇格の可能性を探る考えだ。

     中継ぎにはジャクソンらもおり、外国人枠は限られている。それでも投手力に不安はあるだけに「戦力になってほしい」と切なる願いを込めた畝コーチ。ヘルウェグも入団会見時に「チームの勝ちに貢献したい」と話していた。身長200センチの大型右腕が首脳陣の前で適応力の高さを見せられるか。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00000032-dal-base

     広島の新外国人ジョニー・ヘルウェグ投手=前パイレーツ傘下3A=が5日、廿日市市の大野練習場で来日後、初めてブルペン入りした。変化球を織り交ぜ31球。直球を軸に武器である高速シンカーやツーシーム、チェンジアップなど全球種を投げた。

     米国に比べ、湿り気があるとされるNPB球について「しっくりをきている」と迅速に適応。変化球の曲がり方などにも手応えを感じている様子だ。

     2日に初来日した。当初は時差ボケに悩まされていたが、徐々にそれもなくなっておりコンディションは整ってきた。今後は2軍の全体練習に参加し、サインプレーの確認などをしながら実戦登板へ向け調整していく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00000094-dal-base

     広島の新助っ人のジョニー・ヘルウェグ投手(29=パイレーツ傘下3A)は3日、マツダスタジアムで入団会見を行った。今季は、自己最速となる100マイル(約161キロ)を計測するなど状態は最高潮で、昨季、広島に在籍したブレイシアから、“カープ道”を注入済みであることを明かした。16日からのウエスタン・リーグ、中日3連戦中にも初実戦が予定されており、早ければ7月中の1軍デビューもありそうだ。

     身長2メートルとあって、会見場に現れただけで風格は十分だった。異国で腕を振る覚悟を決めたヘルウェグ。前日の夜に広島に到着したばかりのハードな日程にも、待望の来日に笑顔がこぼれた。

     「ここ2、3年日本に来たいと思っていたので、オファーはうれしかった。日本の野球は、大リーグに近いレベルと聞いていた。そういうところで野球をやりたいと思っていた」

     念願の日本行きを手にして、状態は最高潮だ。今季は3Aで24試合に救援登板して1勝1敗11セーブ、防御率1・33と好成績を収めただけではない。「自己最速の100マイル(約161キロ)が出たよ」と今季、ついに大台に到達したというのだ。「パワーピッチャー」と自己評価する右腕。スリークォーターのフォームから投じる直球と高速シンカーを軸に、スライダー、カーブ、チェンジアップと持ち球も多彩だ。

     予習も万全に済ませた。米国でプロ野球経験者を徹底リサーチ。特に、昨季広島に在籍したブレイシアとは熱心に話し込み、“カープ道”を注入してから来日した。

     「広島でプレーした選手だし、このチームのこと、日本のことを彼からよく聞いた。全国どこに言ってもカープのユニフォームを来たファンがいる。去年リーグ優勝したことも、今年も首位にいることも知っている。攻撃面、守備面で成長している素晴らしいチームの一員になれたことをうれしく思う」

     現在は今村、中田が2軍調整中で中継ぎ陣の不安は消えず、首脳陣からは勝利の方程式に割って入る期待を寄せられている。初実戦は、球宴明けの16日からのウエスタン・リーグ、中日3連戦を予定。7月中の1軍デビューも見据える。

     「これまでは試合の終盤を担ってきたし、そこを任せてもらえれば光栄。個人の成績が良ければ、必ずそれがチームに反映すると思う」

     チームは、首位を快走しながら161キロ腕を補強して一切の油断はない。この一手が成功となれば、3連覇へより盤石となる。(河合 洋介)

     ◆ジョニー・ヘルウェグ 1988年10月29日生まれ、米ミシガン州出身の29歳。08年のドラフト16巡目(全体499番目)でエンゼルス入り。トレードでブルワーズ移籍後の13年にメジャーデビュー。メジャーでの登板は同年の8試合のみで1勝4敗の防御率6・75。以降パドレスなどを経て17年8月からパイレーツ所属。2メートル、106キロ。右投げ右打ち。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000028-spnannex-base

    ● 阪神 3 - 11 広島 ○
    <10回戦・甲子園>

     広島が一発攻勢を見せ、阪神戦4連勝。約2カ月ぶりの一軍登板となった先発・野村は、6回途中無失点で今季3勝目(1敗)を手にした。阪神は引き分けを挟み、今季3度目の4連敗。ヤクルトと並びリーグ最下位へ後退した。

     広島は初回、3番丸が10号2ランを右翼席へ運び先制。丸は5回にも11号ソロを右翼席へ運び、交流戦ラストの日本ハム戦から、3試合で計4発となった。6回には8番西川が2号3ランを放ち6-0とリードを広げた。

     3点差に詰め寄られた8回には、4番鈴木が左犠飛を放ち再び4点差。9回には途中出場・下水流の2号2ラン、代打・松山の2点適時三塁打で、ダメ押しの4点を加えた。終わってみれば13安打で11得点。計4本塁打の一発攻勢が光った。

     4月26日のDeNA戦(横浜)以来、約2カ月ぶりの一軍マウンドとなった先発・野村は、3回まで無安打投球。中盤以降は走者を背負う投球が続いたが、2併殺を奪うなど持ち味を発揮した。球数が100球を越え5回2/3で降板したが、4安打3奪三振2四球で無失点。自らの復帰戦を白星で飾った。

     阪神は前夜同様、相手先発から得点を奪えず、終盤7回に3点を返すのがやっと。岩貞は丸への2被弾による5回3失点で、3敗目(3勝)を喫した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00157013-baseballk-base

    このページのトップヘ