広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ジェイ・ジャクソン

     広島が14日、ブラッド・エルドレッド内野手(38)、ジェイ・ジャクソン(31)、レオネル・カンポス(31)両投手と来季の契約を結ばないと通告したと発表した。

     エルドレッドは2012年6月に米大リーグのタイガース傘下のチームを経て広島に入団。球団ではジム・ライトル(1977-82年)を抜いて外国人選手としては球団史上最年長となる7年間在籍した。通算では577試合に出場し、打率・259、133本塁打(球団外国人選手では歴代2位)、370打点。「日本人より日本人らしい」真面目で勤勉な人柄、マツダスタジアムへの通勤は“ママチャリ”を使用するなど多くのカープファンに愛される助っ人だった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000550-sanspo-base

     広島のジョニー・ヘルウェグ投手(30)が5日、米国に帰国するため、広島駅を出発した。今年6月にカープと契約し、途中加入した右腕は「もちろんチャンスがあれば、広島に帰ってきたい。町も平和で安全だし、素晴らしい体験ができた。もう一度、やりたいね」と残留を熱望した。

     ヘルウェグは今季、シーズンは8試合の登板にとどまったものの、日本シリーズではチーム最多タイの4試合に登板。制球に課題は残すものの、150キロ台半ばのツーシームは、ソフトバンク打線の脅威となっていた。来季の契約は流動的だが「日本はいい野球をしているし、何人もレベルの高い素晴らしい選手がいた。ただ自分の持っているもので通用することは分かった」と手応えを口にしていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000055-sph-base

     日本シリーズは27日にマツダスタジアムで開幕するが、広島が今季は一軍で7試合しか登板していない“6番手助っ人”が秘密兵器として爪を研いでいる。

     201センチの長身右腕、広島のジョニー・ヘルウェグ投手(29)が初出場となる日本シリーズに向けて猛アピールだ。24日、マツダスタジアムで行われたシート打撃で打者5人と対戦し1安打1四球ながら、最速153キロの剛速球を連発。5人目のメヒアとの対決では内角に食い込んでくる152キロのツーシームでバットを砕いて遊ゴロに打ち取り、畝投手コーチも「秘密兵器になるかもしれない」と満足そうな表情を浮かべた。

     怪力自慢のドミニカンも“お手上げ”の様子だった。「シュート回転でけっこう動いていた。今年対戦した投手の中でもトップクラスの球威だ」とメヒア。してやったりのヘルウェグは「今日は味方の打者に当ててケガをさせなかったことが収穫」と控えめに話す一方で「ツーシームをゾーンの中に投げることができたし、打者の内角を突けて良かった」と手応えも口にした。

     日本シリーズでその日のベンチ登録が可能な外国人選手は4人まで。第2戦での先発が予想されるジョンソンは登板日のみの登録になる見込みだが、野手には今季25本塁打のバティスタと巨人とのCSファイナルSで2試合にスタメン出場したメヒア、救援陣にも中崎とのWストッパーとして期待されるフランスアに経験豊富なジャクソンがいる。それでもヘルウェグのツーシームは右打者にとって脅威で、チーム内には「内川、デスパイネ、グラシアルに有効かもしれない」と見る向きもある。

     シーズン途中加入で一軍公式戦では登板7試合ながら防御率1・13。大一番では右の強打者へのワンポイントで起用される可能性も十分にある。「ベストピッチなら抑えられる自信はある」。鯉のビッグユニットは静かに出番を待つ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-00000033-tospoweb-base

     2018年のプロ野球もレギュラーシーズンがほぼ終わり、セ・リーグは13日の中日対阪神(ナゴヤD)、パ・リーグは楽天対ロッテ(ZOZOマリン)の1試合ずつを残すのみ。同日にはクライマックスシリーズのファーストステージが始まり、ポストシーズンの戦いもスタートする。


     143試合を戦い抜き、長いシーズンがついに幕を閉じる。今季も数多くのドラマが起きたプロ野球だが、球界を盛り上げてくれたのが、助っ人外国人の存在。各球団で重要な役割を担った選手もいれば、開幕前に寄せられた期待ほどの結果を残せなかった選手も…。そして、シーズン途中に加入し、救世主のごとく活躍した選手もいる。

     果たして、今季プロ野球界でプレーした選手で、最もコストパフォーマンスが良かった助っ人は、どの選手だろう。今季の各助っ人の推定年俸と、今季の成績を振り返ってみたい。今回は広島が3年連続リーグ制覇を成し遂げたセ・リーグ編だ。6球団の全助っ人の成績は以下のようになる。

    ◯広島(計8人、6億9380万円)
    クリス・ジョンソン(3億4500万円)
    24試合11勝5敗0セーブ0ホールド 144.2回 防御率3.11

    ジェイ・ジャクソン(1億1300万円)
    48試合3勝2敗1セーブ25ホールド 45.2回 防御率2.76

    ジョニー・ヘルウェグ(3300万円)
    7試合0勝0敗0セーブ2ホールド 8回 防御率1.13

    レオネル・カンポス(4500万円)
    1試合0勝0敗0セーブ0ホールド 1回 防御率0.00

    ヘロニモ・フランスア(880万円)
    47試合3勝4敗1セーブ19ホールド 65回 防御率1.66

    ブラッド・エルドレッド(1億1500万円)
    38試合80打数17安打5本塁打14打点 .213 出塁率.330

    サビエル・バティスタ(2200万円)
    99試合273打数66安打25本塁打55打点 .242 出塁率.308

    アレハンドロ・メヒア(1200万円)
    22試合41打数11安打3本塁打7打点 .268 出塁率.318

    ◯ヤクルト(計6人、7億9550万円)
    デービッド・ブキャナン(1億4000万円)
    28試合10勝11敗0セーブ0ホールド 174.1回 防御率4.03

    マット・カラシティー(7800万円)
    32試合7勝3敗3セーブ1ホールド 94.2回 防御率4.18

    デビッド・ハフ(1億4700万円)
    35試合3勝6敗0セーブ7ホールド 94.1回 防御率4.87

    ジョーダン・アルメンゴ(7800万円、途中退団)
    1軍登板なし

    ジェイソン・ウルキデス(1650万円)
    5試合0勝0敗0セーブ0ホールド 5.1回 防御率5.06

    ウラディミール・バレンティン(3億3600万円)
    142試合514打数138安打38本塁打131打点 .268 出塁率.370


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00225957-fullcount-base

     ぶっちぎりの強さで球団史上初のリーグ3連覇を飾った広島カープ。阪神をはじめとする他球団を寄せ付けなかった強さの秘密はどこにあるのか。デイリースポーツの広島取材班が3連覇を飾った裏側に迫る。

     リーグ3連覇は、エリック・シュールストロム氏(49)とスコット・マクレーン氏(46)の駐米スカウトの存在なくして語れない。今季もジョンソンをはじめ、ジャクソンやエルドレッドなどがチームを支え続けてきた。

     広大な米国を東西で分ける。ニューヨークなどの東部地区はマクレーン氏、ロサンゼルスなどがある西部地区をシュールストロム氏が担当する。シーズンが進み、気になる選手がいれば東西を入れ替え確認。シュールストロム氏は、その狙いを「投手と野手の視点を入れることが大事。ダブルチェックをしないと公正な評価ができない」と説明した。

     投手で言えば、技術面は球速、投げ方がスムーズか、角度があるかなどをチェック。その中で最も重要視するのは「三振が取れるかどうか」だという。ジョンソン、ジャクソンとも米国時代は高い奪三振率を誇った。かつて獲得したコルビー・ルイス、サファテ、ミコライオらもそうだった。日本の打者は球に対するコンタクトに優れているだけに、それをねじ伏せられる力や球種があるかが最も重要な判断材料となる。

     もちろん性格面も考慮する。「本来の投球ができなかったときの態度や、野手で言えば凡打したときにヘルメットを投げつけるとか。そういう姿を見れば日本でプレーしたときの姿が見えてくる」。03年から駐米スカウトを務めているだけに、メジャー30球団に加えマイナーリーグにも太い人脈を持つ。内面を近い人から聞けることは、大きなメリットになっている。

     毎年100人超のリストを作って年に1度来日し、球団首脳や編成担当に映像やレポートで報告する。レポート用紙にはびっしりと特徴や感想が書かれている。「すべての質問にしっかりと答えなければいけないから」。その眼力と熱意に球団は絶大な信頼を寄せている。

     「自分が見てきたものを包み隠さず、正直に伝えることが大事。間違っていることがあるかもしれない。でも自分にしか見つけられないものがあるかもしれないんだから。それが信念だ」。敏腕スカウトは力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000041-dal-base

     3日のセ・リーグ公示は次の通り発表された。

     【出場選手登録】

     広島 岡田明丈投手、ジャクソン投手、メヒア内野手

     DeNA 京山将弥投手、山下幸輝内野手

     ヤクルト 武内晋一内野手

     【同抹消】

     広島 一岡竜司投手、ジョンソン投手、バティスタ外野手

     DeNA 中後悠平投手、中川大志内野手

     巨人 アダメス投手

     ヤクルト 高橋奎二投手、青木宣親外野手

     ※再登録は13日以降


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000094-dal-base

    <広島7-3阪神>◇21日◇マツダスタジアム

    広島ヘロニモ・フランスア(24)が左腕では歴代2位タイとなる158キロを計測した。


    1点リードの8回に登板。2死二塁で迎えた糸原に対し、カウント2-2からの5球目に計測した。結果はファウルだった。

    フランスアは今季開幕前に広島と育成選手契約。5月に支配下選手契約を結ぶと、セットアッパーとして大車輪の活躍を続けている。

    15日に中日の新外国人ジョエリー・ロドリゲスが159キロを記録し、最速を塗り替えた。それまでの左腕最速は西武菊池雄星の158キロだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00338092-nksports-base

     新日本プロレス17日の大分・別府ビーコンプラザ大会で鈴木みのる(50)と一騎打ちする内藤哲也(36)が14日、王様の“島流し”を予告した。NEVER無差別級選手権(王者・後藤洋央紀VSタイチ)を差し置き、2人のノンタイトル戦がメインに据えられたことについて、みのるを糾弾。鈴木軍メンバーを残し、1人で新日マットから撤退するべきと勧めるが…。

     愛するカープの本拠地・広島に到着した内藤は、本紙記者をお好み焼き屋に緊急招集。店内には赤いユニホームに身を包み、いい年をしてはしゃぐ制御不能男の姿があった。

     だが上機嫌なのは表面上だけ。話題が別府決戦に及ぶと表情を一変させ「向こうが求めてきたシングルマッチなのに、なぜ何も言わないのか!?」と今シリーズ、沈黙を続けるみのるを批判した。

     問題視するのは、この試合がメインになった点だ。3月6日の大田区大会で当時IWGPインターコンチネンタル王者だったみのるは、真壁刀義との防衛戦がセミで、オカダ・カズチカVSウィル・オスプレイのノンタイトル戦がメインになったことにかみついた。

     内藤は「あの時、散々文句言って、今度は自分がメインになってしまっているんだから(セミに)代わってあげたほうがいいんじゃない?」と言行不一致を指摘。さらに鈴木軍の存在意義にも疑問を呈した。

    「お宝(ベルト)集めに来たのに、お宝を持たない俺のところに来てるし、本来の目的見失ってるんじゃないの。くだらない軍団だけど、俺はあの中で唯一ザック(セイバーJr.)とやりたいし、タイチも今回のNEVERでちょっと注目されてる。王様(みのる)がいなくなって解放されたほうが鈴木軍のメンバーも今より輝くかもしれないよね。今回の試合を機に、あなただけ次の航海に出発されてはどうですか?」

     言いたいことを言い終えると、内藤のケータイに広島カープのジェイ・ジャクソン投手(30)から着信が…。すると「これから会えるか? もちろん。えっ、なに? 電波悪いな…。ちょっと待って、いま外に出るから」と通話しながら“LIJメンバー”との緊急会合へ向かった。日本語で話していたのが妙に引っ掛かるが、とにかくテーブルの上にはこの日も伝票だけが残された。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00000032-tospoweb-fight

     「広島-中日」(15日、マツダスタジアム)

     広島・ジャクソンが左太ももを痛め、交代した。

     八回、2死満塁。大島の一ゴロで、一塁へベースカバー。一塁手・新井からトスを受けてベースを踏んだ際、痛みに顔をゆがめた。

     判定はアウトだったが、中日・森監督がリクエスト。リプレー検証の末、判定が覆り、セーフとなった。続投が不可能となったジャクソンは交代となり、アドゥワがマウンドに上がった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00000099-dal-base

    このページのトップヘ