広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ジェイ・ジャクソン

     2017年は2年連続でセ・リーグを制覇しながら、クライマックスシリーズでDeNAに不覚を取り、日本シリーズ進出を逃した広島。1984年以来遠ざかっている悲願の日本一には辿り着けず、その夢は2018年に持ち越されることとなった。


     37年ぶりのリーグ連覇を果たした2017年は、ローテの柱として期待された左腕ジョンソンが離脱を繰り返してわずか13試合6勝止まりに終わったが、セットアッパーのジャクソンは60試合に投げて30ホールド、エルドレッドは116試合で27本塁打78打点と上々の結果を残した。育成選手からシーズン途中に支配下契約となったバティスタも、デビュー2打席連続代打本塁打の離れ業を演じるなど11本塁打を放った。

     悲願の日本一を狙う2018年に向け、ジョンソン、ジャクソン、エルドレッド、バティスタ、そして、こちらもシーズン中に育成選手から支配下に昇格し、ウエスタンリーグ首位打者となったメヒアが残留。ライアン・ブレイシア投手、ブレイディン・ヘーゲンズ投手、ラミロ・ペーニャ内野手が退団となったが、昨季、米MLBのブルージェイズで13試合に投げていたレオネル・カンポス投手を補強した。

     4人の外国人枠に対し、現状では投手3人、野手3人の陣容で日本一に挑むであろう広島。果たして、就任4年目となる緒方孝市監督はいかなる外国人起用を見せてくれるのか。2月1日のキャンプインまで、あと半月ほど。ここでは、広島カープの2018年の助っ人陣容をおさらいしてみよう。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00102212-fullcount-base

     年の瀬を迎え、各球団の補強はひとまず、一段落した。カープのリーグ3連覇阻止へ、2位阪神はロサリオ、3位DeNAは大和、4位巨人は野上、ゲレーロを獲得。ドラフト会議でも即戦力投手を1位指名し、チームの底上げをはかった。

     一方で、王者広島は今オフも目立った補強はなし。ドラフトでも将来性を見込んで高校生を中心に指名した。即戦力で言うと新外国人・カンポスを獲得。今季限りでブレイシア、ヘーゲンズが退団し、先発、中継ぎでの起用が検討されている。

     球団史上初の3連覇を目指すカープに死角はあるだろうか。来季戦力を見ると、攻撃力は他球団を圧倒する。1番田中、2番菊池、3番丸の「タナキクマル」は盤石。4番を鈴木、松山らが争い、そこに今季ブレークしたバティスタ、安部が続く。西川、エルドレッドも控え、ベテラン新井もまだまだ健在だ。

     守備力も安定する。今季は菊池、丸、鈴木がゴールデングラブ賞を獲得。遊撃・田中も年々、守備力を向上させている。秋季キャンプでは松山、バティスタが一塁に挑戦。シーズン開幕へ、どこまで実戦レベルに達するかが注目だが、起用の幅は広がりそうだ。

     鍵を握るのはやはり投手陣だろう。先発3本柱はジョンソン、野村、薮田で形成。4番手以降も大瀬良、岡田、中村祐と名前が挙がる。中でもジョンソンの復活は絶対条件だ。沢村賞に輝いた昨季のような姿を取り戻すことができれば、中継ぎの負担も軽減される。

     そのブルペン陣は近年の登板過多が心配されるが、中崎、今村、29日に来季の契約を結んだジャクソンは実績十分。来季も勝利の方程式が確立され、今季経験を積んだ一岡、中田もセットアッパーの座を狙う。ただ、CS敗退の一因に挙げられた中継ぎ左腕不足は解消されていない。オスカル、飯田がサイドスローに転向したが、未知数な部分もある。春季キャンプでは大きなテーマとなりそうだ。

     黄金期を迎えつつあっても、ナインに慢心はない。昨季ルナ、今季はペーニャと三塁を争った安部は「競争のないところに刺激はない」と覇気を込める。シーズンMVPを獲得した丸でさえ、「来年はダメになっている可能性もある。まだアピールする立場。結果を出さないといけない」と真顔で言う。今季はCS敗退で涙をのんだが、2位阪神に10ゲーム差、3位DeNAには14・5ゲームもの差をつけた。心配事はケガだけ。他球団からカープ包囲網を張り巡らされてもリーグ優勝の大本命。その座は簡単に揺らぎそうにない。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00000059-dal-base&pos=1

     広島は29日、ジェイ・ジャクソン投手(30)と来季の契約に合意したと発表した。

     再契約金は50万ドル(約5650万円)で、年俸は今季から12万5000ドル増の100万ドル(約1億1300万円)プラス出来高払い(金額は推定)。来日2年目の今季は60試合に登板して2勝2敗30ホールド1セーブ、防御率2・03。球団を通じ「戻ってくることができて、とてもハッピーな気持ちです。再び広島に優勝を届けたいです」とコメントした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171230-00000025-sph-base

     広島は27日、外国人4選手と来季の契約を更新したと発表した。3年契約の2年目となるクリス・ジョンソン投手(33)は年俸300万ドル(約3億4000万円)。2年契約の2年目となるブラッド・エルドレッド内野手(37)は年俸100万ドル(約1億1300万円)。サビエル・バティスタ内野手(25)は年俸17万5510ドル(約2000万円)、アレハンドロ・メヒア内野手(24)は年俸10万ドル(約1150万円)で更新。4選手はそれぞれ複数年契約を結んでおり、プラス出来高で契約した。

     海の向こうからうれしい知らせが届いた。複数年契約を結ぶ4人の助っ人が来季の契約を更新。エース復権を目指すジョンソンは、「カープでの4年目のシーズンを楽しみにしています。来シーズンは健康な状態を維持し、再びチームを優勝に導きたいです」とコメント。優勝請負人として使命感を燃やした。

     来日1年目の15年は14勝、2年目の16年は15勝を挙げ、沢村賞に輝いた。だが、2年連続開幕投手を任された今季はケガに泣いた。開幕直後に咽頭炎を発症。夏場には左太ももを痛めるなど、離脱を繰り返し、わずか13試合で6勝3敗、防御率4・01。不完全燃焼の1年に終わった。

     同じ過ちは繰り返せない。このオフは健康維持をテーマに掲げ、コンディション管理を徹底。「いいスタートを切れるように、現在はキャンプに備え、トレーニングを頑張っています」と続けた。

     3年連続開幕投手となれば、阪神・メッセンジャー、南海・スタンカに続いて、外国人史上3人目の快挙だ。メッセージの最後は「カープファンの皆さん、いつも熱い応援ありがとうございます」と感謝の言葉で締めくくった。リーグ3連覇へジョンソンの復活は絶対条件。真の復活を遂げ、リーグ3連覇、日本一へと導く。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000029-dal-base

     広島は27日、複数年契約を結ぶ外国人4選手との来季契約を更新することが決まったと発表した。


     3年契約の2年目となるクリス・ジョンソン投手(33)は年俸300万ドル(約3億4500万円)プラス出来高で契約。球団を通じて「4年目のシーズンを楽しみにしています。健康な状態を維持し再びチームを優勝に導きたい」とコメントした。

     2年契約の2年目となるブラッド・エルドレッド内野手(37)は年俸100万ドル(約1億1500万円)プラス出来高で契約。「7度目のシーズンを迎えられることにとても誇りを感じています。私や家族は広島を愛しており、第2の故郷と呼べることに感謝しています」とコメントした。

     今季育成選手から支配下選手となったドミニカ共和国出身の2選手も契約。ともに6年契約の2年目となる。サビエル・バティスタ内野手(25)は年俸17万5510ドル(約2018万円)プラス出来高で契約し「目標は35本、打率2割8分、100打点です」と宣言。年俸10万ドル(約1150万円)プラス出来高で契約したアレハンドロ・メヒア内野手(24)は「レギュラーに定着し、チームに貢献出来るように頑張ります」と意気込んだ。(金額は推定)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00087150-nksports-base

     広島は20日、新外国人選手のレオネル・カンポス投手と契約が合意に達したと発表した。契約金は25万ドル(約2800万円)、年俸40万ドル(約4500万円)+出来高。背番号は70に決まった。

     ベネズエラ出身の右腕は30歳。今季はトロント・ブルージェイズで13試合、13回2/3を投げ0勝0敗、防御率2・63を残した。

     生年月日・1987年7月17日生まれ、188センチ、97キロ、右投げ右打ち。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171220-00000046-dal-base&pos=4

     広島は26日までに、ジェイ・ジャクソン投手(30)に対して3年目のオプションを行使し、契約更新のオファーを出した。年内の締結を目指す。今季は60試合に登板し、2勝2敗1セーブ、防御率2.03。リーグ4位の30ホールドをマークし、主にセットアッパーとして活躍した。


     また、来季の新外国人として「先発と中継ぎ、どちらでもできるタイプの投手」(球団首脳)を調査中だ。複数年契約を結ぶジョンソン、エルドレッドは残留確定。野手はバティスタ、メヒアの成長が著しいことから補強に動いておらず、来季は助っ人6人態勢で臨むことになりそうだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000014-spnannex-base

    このページのトップヘ