広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ジェイ・ジャクソン

    <広島6-7中日>◇26日◇マツダスタジアム

     広島が3点を追う9回に1点差まで肉薄したが、惜しくも届かず連勝は2で止まった。


     初登板初先発だった育成出身のフランスアは4回3失点で黒星。マツダスタジアムでは今月初黒星となった。以下は緒方孝市監督(49)の談話。

     -最後もう1歩

     緒方監督 あそこまで粘り強く、あとひと押しというところまで持っていってくれた。そこは攻撃陣を評価するところ。代打でいった選手もいい結果を残してくれた。

     -フランスアの投球は

     緒方監督 彼は助っ人じゃないんでね。育てている選手が、この場で投げられること自体が(意味がある)。とは言っても、初登板と考えた中ではもうひとつ。無駄な球が多かった。この場で投げてもらうには、もうひとつ制球力というところがね。守備のミスもあったし、そうしたプレーもこれから勉強していくことになる。スピードもあったし、空振りがとれる変化球も持っている。これから力をつけていってもらいたいというところです。

     -次回登板は

     緒方監督 課題もこうやって見えたし、また下でやってもらう方向です。

     -ジャクソンの3失点も先頭の四球から

     緒方監督 失点の内容がね…。(他の投手も含め)先頭打者からの四球というところが続いてもったいない失点になってる。守備のミスもあった。そういうところをチーム全体が反省していかないと。

     -丸が復帰後初打席(空振り三振)に立った

     緒方監督 問題ない。あとは実戦で数を増やしていって。(同点に)追いついたら、守備についてもらうつもりだったしね。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00220910-nksports-base

     「中日2-3広島」(17日、ナゴヤドーム)

     広島の3番手・ジャクソンが今季2勝目をゲットした。

     2-2の八回、2死二塁のピンチを招いたが、強気で攻めた。代打・藤井を150キロ超えの直球で空振り三振。ゲームの勝負所を抑え、勝利を呼び込んだ。

     試合後は「チームにとって価値ある勝利になった。ナゴヤドームが鬼門だと知っていたからね。今季2勝目はすごくうれしいよ!」とジャクソンスマイルを浮かべていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000157-dal-base

     「広島5-4ヤクルト」(19日、マツダスタジアム)

     広島が今季初の延長戦を今年初のサヨナラ勝ちで飾った。

     1点を追う九回に菊池の三塁打で追いつき延長十二回に下水流が決めた。

     試合後、緒方監督は「全員でつかみ取った勝利」とナイン全員をたたえ、こう続けた。

     「最後打った下水流も大したもんだけど、九回にああやってつないで、(田中)広輔が厳しいところで盗塁したし、キク(菊池)がああやって打ったし。中継ぎ陣もピンチを迎えながらもゼロで抑えてくれたから、最後の最後に勝利の女神がほほえんでくれた」

     今季初の5連勝で、貯金は6。首位の座をがっちりキープした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000162-dal-base

     首位の広島は18日、ヤクルトを3-2で下して4連勝を飾り、試合のなかった2位DeNAに1ゲーム差とした。今季初先発の中村祐が7回118球を投げて2安打1失点6奪三振の好投。自ら先制打も放つ活躍で、チームを勝利に導いた。

     中村祐は初回、山田哲、西浦、バレンティンから3連続三振を奪う好スタート。2回は1死から雄平に四球を与えたが、坂口、廣岡を打ち取り無失点。3回は再び3者凡退に仕留めた。

     すると、その裏に無死一、三塁の好機で打席へ。相手先発ハフからセンター前に運ぶタイムリーで、自ら先制点を叩き出した。広島はさらに、1死満塁の好機で丸が犠飛。追加点を奪った。

     中村祐は5回2死から廣岡にソロ本塁打を浴びて1点差とされる。しかし、6回は2死二塁のピンチでバレンティンを空振り三振。7回は1死から坂口にレフト前ヒットを許したが、前の打席でホームランを打たれた廣岡を遊飛に打ち取り、リードを守ったまま7回を投げきった。

     広島はその裏、2死一塁で代走の安部が二盗を試みると、ヤクルト捕手の中村が悪送球。カバーに入った中堅の青木も捕ることができず、ボールが転々とする間に安部は一気に生還して、貴重な追加点を奪った。

     広島は8回にジャクソンが1点を失うも、9回は中崎が抑えて勝利。中村祐は今季初登板で初勝利を飾った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00122034-fullcount-base

     「広島4-2ソフトバンク」(25日、マツダスタジアム)

     広島・緒方監督がオープン戦を総括した。今年は3勝9敗2分けで2年連続の11位に沈んだが、「最後しっかりした内容で締められた」とうなずいた。



     打撃でアピールしたメヒアについては「打撃内容がいい」と開幕1軍入りを示唆。コンディション不良で2試合連続欠場の会沢に関しては「大事を取ってね。開幕は迎えられると思っている」と説明した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00000153-dal-base

     「広島4-2ソフトバンク」(25日、マツダスタジアム)

     広島のセットアッパー・ジャクソンが不安を残した。八回に登板し1回2安打1失点。3つの暴投を記録するなど大荒れだった。



     前日24日の同カード(ヤフオク)も2/3回を5安打5失点。緒方監督は「ボール自体はいい」としながら、「昨日から気持ちを切り替えた投球を見られなかったのが残念。信頼してとりあえずスタートはいくけど、気持ちの切り替えができないようなら、役割は変わってくる」と、本来の投球を取り戻せなければ、配置転換する可能性も示唆した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00000139-dal-base

     「オープン戦、広島4-2ソフトバンク」(25日、マツダスタジアム)

     セ・リーグ3連覇を狙う広島がオープン戦最終戦を白星で飾った。

     1点を追う四回に3点を奪い逆転した。1死から丸が左前打を放つと、鈴木は四球、松山は左前打で満塁の好機。続く安部の放った一塁方向への打球が敵失となり2者が生還。なお一、三塁となり、エルドレッドの中犠飛でさらに1点を追加した。

     五回に丸が適時打を放ち、4戦連続打点をマーク。前回登板の18日楽天戦(静岡)で5回7安打5失点と乱れた先発・大瀬良は、不安を払しょくする5回3安打1失点で開幕前最終登板を終えた。

     ソフトバンクは先発・中田が5回3安打4失点。4番・内川はマルチ安打で結果を残した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00000118-dal-base

     「オープン戦、ソフトバンク6-5広島」(24日、ヤフオクドーム)

     広島は丸が三回に1号先制満塁弾。先発・ジョンソンは6回3安打1失点とシーズン前最終登板で安定感を示した。

     ソフトバンクは七回に猛攻を仕掛け、松田が2戦連続の3ランを放つなど一気に5点を奪った。先発・武田は6回8安打4失点。開幕へ不安の残る内容だった。九回は抑えのサファテが無失点で締めくくった。

     「オープン戦、広島3-3ヤクルト」(11日、福山市民球場)

     ドクターKの本領を発揮した。広島のカンポスが3者連続三振で1回無失点の完璧救援だ。打者を翻弄(ほんろう)した伝家の宝刀スライダーは威力抜群。「効果的に三振が奪えた。素晴らしい結果だ」と手応えを口にした。

     七回に出番が来た。先頭の古賀を3球で仕留めると大松、荒木のバットも空を切らせた。昨季はブルージェイズで13試合に登板し奪三振率9・9を残した助っ人右腕。「僕のスライダーは真っすぐ縦に落ちるんだ」。春季キャンプも見てきた他球団のスコアラーに、うなり声を上げさせるほど鋭い切れ味だった。

     米国より柔らかいとされる日本のマウンドに慣れつつある。スパイクの歯の長さを変えるなどはしておらず、数多くの球場で登板した経験を生かし適応してきた。「悪い投球をしてもマウンドのせいにはできない」。厳しい競争社会を生き抜いてきた誇りがある。

     外国人枠は4つ。「野手2、投手2」が基本線だ。投手はジョンソンが決定的で残る1枠をジャクソンと争う。リーグ2連覇の立役者であるジャクソンは例年以上に調整ペースが速く、状態が良い。カンポスが開幕1軍を勝ち取るためには結果を残し続けるしかない。

     「登板するごとに良くなっている。全ての力を出し切って結果を待ちたい」。スライダーを武器にスコアボードに「0」を刻み続ける。


    引用元https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00000040-dal-base

     「プロアマ交流戦、広島6-0社会人オール広島」(7日、マツダスタジアム)

     広島の先発・ジョンソンが今季2度目の対外試合に臨み、貫禄の投球を見せた。

     社会人相手ながら、5回を2安打無失点と好投。最速146キロの直球、変化球はキレがあり、7三振を奪った。昨季はわずか6勝に終わったが、今年は復活の予感だ。

     六回からはセットアッパー・ジャクソンが登場。1イニングを1安打無失点に抑えた。

     開幕まで1カ月を切る中、両助っ人の仕上がりは順調だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180307-00000072-dal-base

    このページのトップヘ