広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ソフトバンクホークス

     パ・リーグ優勢が続く交流戦は、今年はどうなるのか。昨季までパのロッテで監督を務めたスポニチ本紙評論家・伊東勤氏が展望した。

     交流戦の様相は今年は少し変わるかもしれない。パに昨季までの決め手がない。セを圧倒してきた最大の要因は先発投手の差だった。今年はどこも絶対的なエースが不振というか、試合を任せれば勝つという投手は西武の多和田らごく一部だろう。その分、どの球団も中継ぎ陣に負担がかかっている。昨季王者のソフトバンクも投手陣に疲れが見える。サファテがいない(右股関節の手術)のも大きい。付けいる隙はある。

     セで打線がいいチームにはチャンスだ。DeNAは上がっている。面白い存在だ。広島も相変わらずしっかりつながる。この2チームには打線を引っ張る選手がいる。いい試合ができるだろう。

     パは決め手がない。西武も一時期の勢いはない。その中で外国人選手が打ち始めた楽天は注目だ。スタートダッシュに失敗した分、交流戦でひと暴れしようという勢いがある。

     指名打者(DH)制があるパが有利と言われるが、セにも打てる野手はいる。むしろ普段投手が打席に入らないパの方が不利といえる。パの監督は投手を何番に入れるかも迷うし、投手に代打を出すタイミングもある。戦い方が違うセの本拠地はパには難しい。

     交流戦は同一リーグで「一人負け」も起こる。昨年までパで指揮を執ったが、リーグ順位より目の前の敵と戦うことに集中した。球場に表示されるから他球場の途中経過は嫌でも目に入ってしまうけどね。 (スポニチ本紙評論家)

     《セ本塁打増》セは今季、本塁打が増加傾向にある。6球団の本塁打は53本のDeNAを筆頭に計235本。昨季の交流戦開幕前の時点では計189本で46本も増えている。長打率も・387で昨季の同時期の・361からアップ。過去13年の交流戦はパが通算981勝872敗55分けとセを圧倒しているがセは長打力が増した打線で巻き返せるか。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000082-spnannex-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム:CATCH!!>

     東京・神田にあるニコライ堂は五月雨にぬれていた。ホークスの監督でもあった故根本陸夫氏(享年72)が今も静かに眠っている。「母の日」でもあった13日、隆子夫人と親族らが19回目の祈りをニコライ堂の緑青色のドームの中に眠る故人にささげた。4月30日の命日から2週間。スケジュールを調整して隆子夫人ら親族は久々にそろった。



     「球界の寝業師」とも呼ばれた根本さんが世を去って19年の歳月が過ぎた。あの世から今のプロ野球界をどう見守っているのだろうか…。根本さんが生前、こっそりと話してくれたことがある。

     「ヤクルトを辞めた栗山くんがいるだろう。彼をなあ、西武の時、球団に誘ったんだ。彼はしっかり勉強もしとるしなあ。でも残念だったなあ」。根本さんが人を誘った話をするのは珍しかった。だから深く記憶に残っていた。そしてこの日、ヤフオクドームにいた日本ハム栗山監督も鮮明にその出来事を覚えていた。いや、今でも根本氏の言葉を肝に銘じているような話しぶりだった。

     「現役を辞めて、マスコミの仕事をすることになっていたので、根本さんから誘われましたが、西武球団まで行って丁重にお断りさせていただきました。すると、根本さんは『マスコミの人がどんな感じで仕事をしているのか、しっかり勉強しなさい。君のためになるから』と言われて…」。もう30年近く前の話である。根本氏は当時の栗山監督を編成部門を統括するフロントマン、自らの後継者として育てたいと思っていたようだった。縁とは不思議なものだ。その栗山監督は日本ハムの監督に就任する際に球団幹部から「根本陸夫になりませんか?」と口説かれたという。

     今季、連覇を狙うホークスにとってライバルになりそうな栗山ハム。一昨年は日本ハムに大逆転Vされ昨年はホークスが雪辱V…。故人をしのびつつここ数年を振り返ってみると、何とも因縁深いではないか。【ソフトバンク担当 佐竹英治】



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00208311-nksports-base

     広島・薮田和樹投手(25)が26日、開幕までのラスト登板で結果を残すことを誓った。27日のウエスタン・リーグのソフトバンク戦(由宇)の先発に向け、ランニング、キャッチボールなどで調整。「いつも通りゼロを目指して投げるだけです」と力を込めた。

     薮田は13日の日本ハム戦(マツダ)で5回5失点と崩れると、20日のオリックス戦(ほっと神戸)でも4回途中6失点と炎上。昨季15勝を上げた右腕が苦しんでいる。「内容と結果を求めていきたい」と意気込んでいた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000097-sph-base

    ◆オープン戦 広島―ソフトバンク(25日・マツダスタジアム)

     広島・大瀬良大地投手(26)が5回3安打1失点の好投でシーズンに向け、復調の兆しを見せた。4回に松田の犠飛で1点を失ったものの、150キロ超の直球を軸に4奪三振。「しっかりゲームの中でいいものが出せた」と満足げに振り返った。

     18日の楽天戦(静岡)では5回7安打4四球で5失点。この試合までオープン戦防御率は9・00と結果が出ていなかった。「どうしても投げ急いでしまっていた。ゆったりと体を大きく使いながら体重移動していくイメージが出せました」と手応えを感じていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00000134-sph-base

     「オープン戦、ソフトバンク6-5広島」(24日、ヤフオクドーム)

     広島は丸が三回に1号先制満塁弾。先発・ジョンソンは6回3安打1失点とシーズン前最終登板で安定感を示した。

     ソフトバンクは七回に猛攻を仕掛け、松田が2戦連続の3ランを放つなど一気に5点を奪った。先発・武田は6回8安打4失点。開幕へ不安の残る内容だった。九回は抑えのサファテが無失点で締めくくった。

    このページのトップヘ