広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ソフトバンクホークス

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム:CATCH!!>

     東京・神田にあるニコライ堂は五月雨にぬれていた。ホークスの監督でもあった故根本陸夫氏(享年72)が今も静かに眠っている。「母の日」でもあった13日、隆子夫人と親族らが19回目の祈りをニコライ堂の緑青色のドームの中に眠る故人にささげた。4月30日の命日から2週間。スケジュールを調整して隆子夫人ら親族は久々にそろった。



     「球界の寝業師」とも呼ばれた根本さんが世を去って19年の歳月が過ぎた。あの世から今のプロ野球界をどう見守っているのだろうか…。根本さんが生前、こっそりと話してくれたことがある。

     「ヤクルトを辞めた栗山くんがいるだろう。彼をなあ、西武の時、球団に誘ったんだ。彼はしっかり勉強もしとるしなあ。でも残念だったなあ」。根本さんが人を誘った話をするのは珍しかった。だから深く記憶に残っていた。そしてこの日、ヤフオクドームにいた日本ハム栗山監督も鮮明にその出来事を覚えていた。いや、今でも根本氏の言葉を肝に銘じているような話しぶりだった。

     「現役を辞めて、マスコミの仕事をすることになっていたので、根本さんから誘われましたが、西武球団まで行って丁重にお断りさせていただきました。すると、根本さんは『マスコミの人がどんな感じで仕事をしているのか、しっかり勉強しなさい。君のためになるから』と言われて…」。もう30年近く前の話である。根本氏は当時の栗山監督を編成部門を統括するフロントマン、自らの後継者として育てたいと思っていたようだった。縁とは不思議なものだ。その栗山監督は日本ハムの監督に就任する際に球団幹部から「根本陸夫になりませんか?」と口説かれたという。

     今季、連覇を狙うホークスにとってライバルになりそうな栗山ハム。一昨年は日本ハムに大逆転Vされ昨年はホークスが雪辱V…。故人をしのびつつここ数年を振り返ってみると、何とも因縁深いではないか。【ソフトバンク担当 佐竹英治】



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00208311-nksports-base

     広島・薮田和樹投手(25)が26日、開幕までのラスト登板で結果を残すことを誓った。27日のウエスタン・リーグのソフトバンク戦(由宇)の先発に向け、ランニング、キャッチボールなどで調整。「いつも通りゼロを目指して投げるだけです」と力を込めた。

     薮田は13日の日本ハム戦(マツダ)で5回5失点と崩れると、20日のオリックス戦(ほっと神戸)でも4回途中6失点と炎上。昨季15勝を上げた右腕が苦しんでいる。「内容と結果を求めていきたい」と意気込んでいた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000097-sph-base

    ◆オープン戦 広島―ソフトバンク(25日・マツダスタジアム)

     広島・大瀬良大地投手(26)が5回3安打1失点の好投でシーズンに向け、復調の兆しを見せた。4回に松田の犠飛で1点を失ったものの、150キロ超の直球を軸に4奪三振。「しっかりゲームの中でいいものが出せた」と満足げに振り返った。

     18日の楽天戦(静岡)では5回7安打4四球で5失点。この試合までオープン戦防御率は9・00と結果が出ていなかった。「どうしても投げ急いでしまっていた。ゆったりと体を大きく使いながら体重移動していくイメージが出せました」と手応えを感じていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00000134-sph-base

     「オープン戦、ソフトバンク6-5広島」(24日、ヤフオクドーム)

     広島は丸が三回に1号先制満塁弾。先発・ジョンソンは6回3安打1失点とシーズン前最終登板で安定感を示した。

     ソフトバンクは七回に猛攻を仕掛け、松田が2戦連続の3ランを放つなど一気に5点を奪った。先発・武田は6回8安打4失点。開幕へ不安の残る内容だった。九回は抑えのサファテが無失点で締めくくった。

    【赤坂英一 赤ペン】今年、ソフトバンク・達川ヘッドコーチの頭髪が真っ白になっている。びっくりして理由を聞くと「おお、健康のためよ」と、こう力説された。

    「白髪染めが良くないと聞いてやめたんじゃ。もう62歳じゃけん、若く見せる必要もない。白髪染めから毒素が体の中に入って、内臓に悪い影響があると困る。一回白髪染めしたら、落ちるまでに5か月かかるんで。それだけ毒素が強いということなんじゃ」

     ちなみに「白髪染め」「危険」で検索すると、確かに白髪染めは健康に良くないとする説は少なくない。もっとも「テレビインタビューに出るときはちょこっと染める。襟足のところぐらいは」と言うあたりが達川ヘッドらしいが…。

     しかし、そんな理由を知らないファンが達川ヘッドの頭髪を見たら、さぞや心労が多いのではと気の毒がるのではないか。そう言ったら「いや、ウチのチームにそんな心配をする必要はない」という答え。

    「今年もウチは強いで。キャンプに来て、選手の動きを見たらようわかった。内川、柳田、松田、今宮、中村晃と、勝ち方を知っとる選手が多いじゃろう。みんな年齢的にも充実の時期にある。そういう選手がオフの間も休まんと、きっちり体をつくっとる。やっぱり、ぎょうさん給料をもろうとる分、やるべきこともしっかりやっとるよ」

     そう自信満々に語る達川ヘッド、今年の個人的目標は「古巣のカープと日本シリーズで戦うこと」。昨季はカープと交流戦勝率1位を争い、マツダスタジアムでの直接対決で勝ち越して、見事頂点に立っている。誰よりも、広島の元名捕手、元監督の達川ヘッドにとって、大変感慨深い勝利だったに違いない。

    「もし日本シリーズでカープとやれたら、もう辞めてもええ。勝っても負けてもかまわん。いっぺんカープとやれたら、もうユニホームを脱いでもええと思うとるよ。それぐらい、シリーズでカープと対決したい」

     そのシリーズに今年のドラフト1位、捕手の後輩でもある中村奨が出てくれば面白い。が、この大物新人については「出てくるのは3年後よ」と、こう言った。

    「高卒の新人は、二軍でじっくり育てる。それがカープのやり方。中村奨本人も先を見据えとるはずよ。まだ焦らせちゃいけん、焦らせちゃ」。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00000011-tospoweb-base

     いよいよプロ野球の2018年シーズンが動き始める。各球団とも2月1日から各地で春季キャンプがスタート。唯一海外でキャンプを行う日本ハムはすでに1次キャンプ地の米アリゾナ州へと移動した。オフのチーム編成を経て12球団がどのような仕上がりを見せるのか注目される。 



     そんな中、あらかじめ振り分けられたメンバーでは1軍(A組)に抜擢された新人も数多くいた。昨季リーグ王者の広島、ソフトバンクは分厚い選手層も影響し、1軍スタートはゼロとなったが、全体で30人のルーキー(ロッテのみ1、2軍の振り分けなし)が抜擢。ドラフト1位では7球団が競合した清宮幸太郎内野手が日本ハムの新人で唯一1軍スタートするなど、7人の“ドラ1”が1軍に入った。 

     またヤクルトでは最多のルーキー6人が1軍スタート。次いでDeNAと楽天が5人、オリックスが4人と続く。今年も高校通算111発の清宮をはじめ、社会人ナンバーワン左腕と評された田嶋大樹投手(オリックス)、最速155キロ右腕・馬場皐輔投手(阪神)、中日で唯一1軍スタートとなった鈴木博志投手ら注目の選手多数。この中からどの選手が開幕1軍をつかみ、飛躍を遂げていくのか。ルーキーたちの熱い戦いに注目だ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00104456-fullcount-base

     2017年はソフトバンクが日本一に輝いたプロ野球。2月1日から各球団がキャンプインし、今年もまた新シーズンへ向けて動き出す。昨年覇者の広島、ソフトバンクを止める球団が出てくるのか、注目が集まるところだが、今回は12球団の過去10年の勝敗数を集計。どのようなランキングになっているか、見ていきたい。

     793勝を挙げトップとなったのは、やはり巨人。人気実力を兼ね備え、球界をリードしてきた名門だが、2008年からの10年間でリーグ優勝5回、日本一2回と堂々たる数字を残している。過去10年でBクラスは昨シーズン(4位)のみ。世代交代が進まないと言われる中でも安定した成績を残しているといえるだろう。

     巨人に次いで2位となったのは例年、圧倒的な戦力を誇るソフトバンクだ。08年こそ最下位に終わっているが、リーグ優勝は巨人と並び5回、日本一は巨人を上回る4回、Aクラス入り8度と“常勝軍団”といっても過言ではない。柳田、今宮、千賀、武田ら世代交代がうまく進み、外国人補強でも李大浩、デスパイネら他球団の主力を迎え入れるなど隙のないチーム構成といえる。育成+補強が見事にマッチした球団だ。

     勝率5割以上をキープしているのは日本ハム、西武、阪神、広島だ。3位の日本ハムはリーグ優勝3回、日本一1回、Aクラス入り7度。ダルビッシュ、糸井、大谷ら球界を代表する選手を輩出しているが、球団独自の経営方針により、戦力を無理に留めることはしない。そのかわりソフトバンクと同様に将来を見据えた育成プランを掲げ、主力が抜けてもすぐにカバーする選手が出てくるのが特徴的だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00101823-fullcount-base

     プロ野球の球団の補強は、長期的な視点で行われる。1年単位ではなく、もう少し長いスパンで各球団の勝敗を見ていくと、両リーグの勢力図が見えてくる。ここ3年間の勝敗と、順位の推移を見ていこう。 



    〇パ・リーグの3年間の勝敗と順位の推移 
    ソフトバンク 267勝152敗10分 勝率.637・1→2→1 
    日本ハム 226勝198敗5分 勝率.533・2→1→5 
    西武 212勝206敗11分 勝率.507・4→4→2 
    ロッテ 199勝224敗6分 勝率.470・3→3→6 
    楽天 196勝224敗9分 勝率.467・6→5→3 
    オリックス 181勝242敗6分 勝率.428・5→6→4 

     ソフトバンクは過去3年、勝率が6割を超えている。戦力的には圧倒的だ。90人近い選手を擁し、1~3軍で多くの試合を消化する競争環境で、生え抜きの有力選手が次々と登場している。 

     これに次ぐ日本ハムは、70人の選手登録枠以内にしぼった選手を徹底的に鍛えている。昨年は大谷翔平の戦線離脱、中田翔、有原航平らの不振で5位に沈んだが、育成力は健在だろう。 

     西武は戦力的にはソフトバンク、日本ハムに次ぐが、大きな連敗をするなど、采配、用兵のまずさもあって2015、16年と4位に甘んじた。一方、昨年は投打がかみ合い、2013年以来のポストシーズン進出を果たした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-00101691-fullcount-base

    このページのトップヘ