広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ソフトバンクホークス

     (セ・パ交流戦、広島3-2ソフトバンク、2回戦、1勝1敗、17日、マツダ)広島がソフトバンクに逆転勝ち。交流戦の勝率単独1位となり、18日にソフトバンク戦に臨む。

     広島は一回、ソフトバンク・今宮に先制本塁打、四回に松田に適時打を浴び0-2とリードされた。それでも、四回裏の攻撃でエルドレッドが同点2点打。八回には3番・丸の12号ソロで勝ち越した。

     九回には、3番手・今村が二死二、三塁とピンチを招くも、最後は今宮を三ゴロに仕留め試合終了。八回に登板した2番手・中崎が今季2勝目となった。

     お立ち台に上がった丸は大歓声に「サイコーです!」とシャウト。八回のソロ本塁打は、相手投手が岩崎に代わった直後だった。そのことについては「甘い球はどんどんいこうと。初球から甘い球を1スイングで捉えられた」と振り返った。

     2日間で4本塁打の活躍。「なかなかこんな機会はないと思うので、勘違いせず今後もきっちりやっていきたい」と謙虚なコメント。18日に交流戦勝率1位をかけた試合に向け、丸は「チームの目標として、まず交流戦を優勝する、という一番身近な目標をたてているので、まずあした、そこに向けて勝ちたいと思います」と力強く語った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170617-00000543-sanspo-base

     広島などで通算110試合に登板し、シドニー五輪代表としても活躍した河野昌人(かわの・まさと)さんが16日、虚血性心疾患のため39歳の若さで急死した。15日にホークスジュニアアカデミー佐賀校の講師を務め、その夜、居酒屋で食事した後、帰宅したが、佐賀市内の自宅前のガードレール横に仰向けで死亡しているのが、翌朝発見された。

     河野さんは04年の現役引退後、地元の佐賀に戻り、病院勤務のかたわら、クラブチーム「佐賀魂」でコーチを務めたり、最近ではジュニアアカデミー4校で少年野球の指導に携わっていた。

     14日にはヤフオクドームで行われた草野球イベントに、ホークスOBチームの一員として参加。河野さんは投手としてマウンドにも立ち、打席では軟式球で本塁打性のファウルを豪快に飛ばしていたという。球団関係者は「全然、元気にプレーしていたのに…。突然のことで驚いています」と話した。

     河野氏は佐賀・龍谷高から96年ドラフト3位で広島に入団。00年には46試合登板で、4勝5敗9セーブと抑え投手として活躍した。同年には松坂、杉内らとシドニー五輪日本代表にも選出され、3試合に登板した。04年にダイエーに移籍したが、同年限りで現役引退。通算成績は7勝16敗10セーブ、防御率5・82だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000154-spnannex-base

     「ウエスタン、ソフトバンク-広島」(29日、筑後)

     広島のドラフト3位床田寛樹投手(22)=中部学院大=が先発した。6回、89球を投げて3安打1失点。プロ初先発が濃厚な4月5日の中日戦(ナゴヤドーム)に向けて最終調整を行った。

     前回登板の22日・オリックス戦(京セラ)では、5回10安打5失点と課題を残した。外角一辺倒の投球が失点の要因と自己分析。ソフトバンク戦では内角への制球をテーマに登板し、粘り強い投球を見せた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000060-dal-base

     「ウエスタン、ソフトバンク-広島」(28日、タマホームスタジアム筑後)

     広島・野村祐輔投手(27)が28日、ウエスタン・リーグのソフトバンク戦に先発し、6回を7安打1失点。球数は94球を投げ、順調な調整ぶりを見せた。

     昨季16勝を挙げ、ジョンソンと共に先発ローテーションの柱として期待される右腕。今季の初登板は、4月4日の中日戦(ナゴヤドーム)に先発する予定だ。残り約1週間で最終調整を行う。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000085-dal-base

     広島の大瀬良大地投手が開幕ローテ入りを確定させた。26日、オープン戦最終戦となるソフトバンク戦に先発。5回4安打1失点と結果を残し、先発ローテに滑り込んだ

     初回は2者連続三振など3者凡退と上々の立ち上がり。2回は内川の中前打と四球で無死一、二塁とピンチを背負ったが、後続を断ち無失点に抑えた。5回無死で松田に甘く入ったカットボールを打たれ、左翼席へ特大の一発を浴びたが、最少失点で切り抜けた。

     キャンプで右脇腹痛を発症し出遅れていた右腕。前回18日の日本ハム戦(マツダ)でオープン戦初登板を果たし、3回2/3を無失点と好投。この日の登板が開幕ローテへの最終テストの位置づけだった。

     順調なら開幕カードの阪神3連戦で先発が予想される。ポスト黒田の期待もかかる4年目が何とか開幕に間に合わせた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00010025-fullcount-base

     「オープン戦、ソフトバンク1-0広島」(25日、ヤフオクドーム)

     広島が31年ぶりの屈辱を味わった。ソフトバンクの松坂、五十嵐、サファテの3投手の前に無安打無得点に抑えられた。オープン戦に限れば、1986年3月27日の近鉄戦(藤井寺)以来となる継投によるノーヒットノーランを喫した。
     2打数無安打に終わった丸は「きょうは内容ではなく、結果で示そうと(野手で)話し合っていただけに投手に申し訳ない」と肩を落とした。3打数無安打の新井も「オープン戦とシーズンは違うとはいえ、いい気はしない。自分たちのやるべきことをしっかりとやらないと」と複雑な表情で振り返った。

     オープン16試合でチーム打率は12球団中10番目となる・222と低迷。WBC組の菊池、田中、鈴木の3人が不在だったとはいえ、1週間後に迫った開幕へ向けて不安は尽きない。緒方監督は「結果だけで見るつもりはないが、無安打はいただけない」と渋い顔。石井打撃コーチも「この結果を真摯に受け止めないと。選手が何を感じて、今後にどう生かすかだ」と奮起を求めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00000136-dal-base

     広島の2年目右腕・岡田明丈投手が、開幕前最後の登板で順調な仕上がり具合を見せた。25日、ソフトバンクとのオープン戦(ヤフオクD)に先発。6回まで投げ、5安打無失点と好投し、「ストレートをしっかりインコースに投げ切れれば、シーズンでもしっかり投げられるじゃないかと思います」と手応えをつかんだ様子だった。


     初回、今宮に四球、柳田に死球を与えたが、「コースをきっちり投げようとした。死球は勝負しにいった結果。慌てたところはない。粘ることが出来た」と内川、デスパイネを打ち取った。

     2回以降は150キロ近い真っすぐを軸に内角もきっちり攻め、走者を出しながらも、6回まで無失点投球。85球で降板した。

     開幕カード第2戦となる4月1日の阪神戦(マツダ)での先発が有力視される右腕。「(真っすぐで)空振りも取れていたので、腕は振れていると思う。去年よりも慌てることはないかなと思う。去年の経験が今年は生かせている」という。ルーキーイヤーの昨季は4勝。黒田博樹が抜けた穴を埋める存在として、期待がかかる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00010026-fullcount-base

    このページのトップヘ