広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    ソフトバンクホークス

     広島の大瀬良大地投手が開幕ローテ入りを確定させた。26日、オープン戦最終戦となるソフトバンク戦に先発。5回4安打1失点と結果を残し、先発ローテに滑り込んだ

     初回は2者連続三振など3者凡退と上々の立ち上がり。2回は内川の中前打と四球で無死一、二塁とピンチを背負ったが、後続を断ち無失点に抑えた。5回無死で松田に甘く入ったカットボールを打たれ、左翼席へ特大の一発を浴びたが、最少失点で切り抜けた。

     キャンプで右脇腹痛を発症し出遅れていた右腕。前回18日の日本ハム戦(マツダ)でオープン戦初登板を果たし、3回2/3を無失点と好投。この日の登板が開幕ローテへの最終テストの位置づけだった。

     順調なら開幕カードの阪神3連戦で先発が予想される。ポスト黒田の期待もかかる4年目が何とか開幕に間に合わせた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00010025-fullcount-base

     「オープン戦、ソフトバンク1-0広島」(25日、ヤフオクドーム)

     広島が31年ぶりの屈辱を味わった。ソフトバンクの松坂、五十嵐、サファテの3投手の前に無安打無得点に抑えられた。オープン戦に限れば、1986年3月27日の近鉄戦(藤井寺)以来となる継投によるノーヒットノーランを喫した。
     2打数無安打に終わった丸は「きょうは内容ではなく、結果で示そうと(野手で)話し合っていただけに投手に申し訳ない」と肩を落とした。3打数無安打の新井も「オープン戦とシーズンは違うとはいえ、いい気はしない。自分たちのやるべきことをしっかりとやらないと」と複雑な表情で振り返った。

     オープン16試合でチーム打率は12球団中10番目となる・222と低迷。WBC組の菊池、田中、鈴木の3人が不在だったとはいえ、1週間後に迫った開幕へ向けて不安は尽きない。緒方監督は「結果だけで見るつもりはないが、無安打はいただけない」と渋い顔。石井打撃コーチも「この結果を真摯に受け止めないと。選手が何を感じて、今後にどう生かすかだ」と奮起を求めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00000136-dal-base

     広島の2年目右腕・岡田明丈投手が、開幕前最後の登板で順調な仕上がり具合を見せた。25日、ソフトバンクとのオープン戦(ヤフオクD)に先発。6回まで投げ、5安打無失点と好投し、「ストレートをしっかりインコースに投げ切れれば、シーズンでもしっかり投げられるじゃないかと思います」と手応えをつかんだ様子だった。


     初回、今宮に四球、柳田に死球を与えたが、「コースをきっちり投げようとした。死球は勝負しにいった結果。慌てたところはない。粘ることが出来た」と内川、デスパイネを打ち取った。

     2回以降は150キロ近い真っすぐを軸に内角もきっちり攻め、走者を出しながらも、6回まで無失点投球。85球で降板した。

     開幕カード第2戦となる4月1日の阪神戦(マツダ)での先発が有力視される右腕。「(真っすぐで)空振りも取れていたので、腕は振れていると思う。去年よりも慌てることはないかなと思う。去年の経験が今年は生かせている」という。ルーキーイヤーの昨季は4勝。黒田博樹が抜けた穴を埋める存在として、期待がかかる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00010026-fullcount-base

     昨年25年ぶりのリーグ優勝を果たし、現役引退した広島カープの黒田博樹投手(42)の背番号「15」が永久欠番となることが決定したが、それについて、野球評論家、野村克也氏(81)が、自ら連載している2月20日発売の月刊『本の窓』(3、4月合併号)の「野村の日本プロ野球史」のなかで異議を唱えている。


     広島カープでの永久欠番は“ミスター赤ヘル”こと山本浩二の「8」、“鉄人”衣笠祥雄の「3」に続く三例目。松田元オーナーは、「理由はふたつ。彼の残した成績と優勝したこと。それとお金だけではない価値観をいまの社会に示した」と話した。

     また黒田は引退会見で、「話を聞いたときは鳥肌が立った。恐縮する気持ち。携わっていただいた方のお蔭。ぼく個人というよりも、皆さんの背番号かなと」と語った。このニュースを聞いた野村は、こう綴っている。

    「メジャー球団から年俸二十億円ともいわれるオファーを受けながらも古巣に復帰し、二十五年ぶりのリーグ優勝に貢献した“男気”が評価されたということなのだろう。とはいえ──黒田に対しては何のうらみつらみもないものの──このニュースを聞いて、正直、思った。“永久欠番も安っぽくなったなあ……”」

    たしかに、日本における永久欠番は、巨人軍・沢村栄治の「14」を嚆矢に、川上哲治、金田正一、長嶋茂雄、王貞治など、黒田以前にはわずか十四人しかいない。野村は続ける。


    黒田の功績にケチをつける気は毛頭ない。しかし、彼の背番号が永久欠番になるのなら、ほかになってしかるべき選手がいると思うのだ。その代表がこの私だ。おこがましさを承知で書くが、私の『19』が永久欠番になっていないのはおかしくないか? 

     
     私のほかにも、三冠王を三度も獲得した落合博満や、歴代二位の三百五十勝をあげた米田哲也、通算千六十五盗塁という空前絶後の記録を残した福本豊、川上さんと人気を二分した大下弘さん、稲尾とともに西鉄の黄金時代を築いた中西太さんもなっていない。



    引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170219-00000020-pseven-spo

     【鈴木誠治の我田引用】広島の黒田博樹投手が、日本シリーズ第3戦の登板を最後に引退した。MLBのヤンキースから2015年に古巣の広島に復帰。日米通算200勝を達成した今季は、チームの精神的支柱の役割も果たして、25年ぶりのリーグ制覇に導いた。

     「かっこよすぎる引き際だね。男気と形容される通りの、潔さだね」

     女勝負師のスゥちゃんに話し掛けた。

     「まあ、男のロマンってやつじゃないの」

     黒田投手はFA権を取得した06年、「君が涙を流すなら 君の涙になってやる」という感動的な広島ファンの横断幕に心動かされ、広島に残った。翌07年に夢だったメジャー挑戦の決断をしたが、14年オフに10億円ともいわれたメジャー球団のオファーを蹴って、推定年俸3億円で広島に復帰した。男気伝説には事欠かない。

     武士道といふは 死ぬ事と見付けたり 二つ二つの場にて 早く死ぬ方に片付くばかり也 別に子細なし 胸据わって進む也

     江戸時代、佐賀藩の武士の心得として書かれた「葉隠」に出てくる有名な一節だ。生死を選択せざるを得ないような場面では、死ぬ確率が高い方を選べと言う。実際にその場に遭遇すると、ゆっくり考えている時間がないから、常日ごろから死を近くに考えよ、というほどの意味のようだ。

     黒田投手は「引き際は常に考えている。ボロボロになるまでやりたくない」という美学を持っていた。リーグ優勝を果たしたことで、その引き際と判断したのだろう。今季も10勝を挙げただけに、引き留める声もあったが、自らの引き際の美学を貫いた。

     「死を引退に置き換えれば、黒田投手の決断は武士道に通じるね」

     そう話すと、スゥちゃんは「うーん」とうなって、こう答えた。

     「それを言うなら、松坂なんじゃない?」

     やはりMLBから昨季、日本球界のソフトバンクに復帰した松坂大輔投手は、右肩手術などを経て今年10月2日、10年ぶりに日本の1軍のマウンドに上がった。だが、立ち上がりの4連続四死球などで5失点し、1回で降板した。それでも、「平成の怪物」と言われた名投手は、プエルトリコのウインターリーグ参戦を直訴するなど、現役にこだわっている。

     「現役を続けても、活躍できる保証はないし、だめならボロクソに言われる。あれだけの実績を残した投手がボロクソに言われるのはきついと思う。それでも、やる。相当な根性だと思うわ。美学の質が、二人は違うわね」

     確かに、死を「苦難」に置き換えれば、葉隠の言葉は松坂投手にも当てはまる。

     葉隠はこう続ける。

     図に当たらぬは犬死などといふ事は 上方風の打上がりたる武道なるべし (略)若し図にはづれて生きたらば腰抜け也 この境危うき也 図にはづれて死にたらば(略)恥にあらず

     「早く死ぬ方」を選んで目的を達成できなくても、犬死にではない。生きる方を選んで目的を達成できなければ、腰抜けである。犬死には恥ではないと言うのだ。

     美しいまま去るのか、ボロボロになるまで続けるのか。

     同じ大投手が見せる、引き際の美学の違い。もちろん、武士道と野球は違うものだし、美学に正しいも間違いもない。来季以降は、黒田投手とは対照的な松坂投手の引き際も、見守りたい。

     ◆鈴木 誠治(すずき・せいじ)1966年、静岡県浜松市生まれ。立大卒。ボクシング、ラグビー、サッカー、五輪を担当。軟式野球をしていたが、ボクシングおたくとしてスポニチに入社し、現在はバドミントンに熱中。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161104-00000097-spnannex-base

     ソフトバンクが前中日チーフバッテリーコーチの達川光男氏(61)=野球解説者=に、ヘッドコーチ就任を要請することが16日、分かった。工藤監督の就任後設置していなかった同コーチを豊富な指導歴を持つ達川氏に託し、来季就任3年目となる工藤監督を全面的にサポートしてもらう考えだ。

     3年連続日本一の夢が絶たれ、来季の組閣が本格化する。目玉は3年ぶりに設置されるヘッドコーチ。後藤球団社長兼オーナー代行は「監督をサポートでき、信頼をもとに監督が助言を受けられる方」と説明した。詳細は控えたが、達川氏に白羽の矢を立てる。

     達川氏は広島監督も含め計4球団で指導歴があり、明るいキャラクターを含めて円滑なベンチワークを進めるに当たって適任者と判断したもようだ。


    引用元 http://www.daily.co.jp/baseball/2016/10/17/0009587756.shtml

     「交流戦、広島2-1ソフトバンク」(5日、マツダスタジアム)

     延長十二回、広島がサヨナラ勝ちで連敗を2で止めた。1-1の無死一、二塁から丸がサファテから中前適時打を放った。巨人が敗れたため、広島が首位に浮上した。

     丸は「皆さんも思っているかもしれませんが疲れました…」とファンの笑いを誘ってから「(疲れが)吹き飛びました!」と喜んだ。首位浮上には「この時期なので、しっかりと目の前の試合を戦っていって差を広げていければと思います」と語った。

     広島は0-1の六回、菊池の中越え6号ソロで同点。先発・中村恭は5回4安打1失点。

     ソフトバンクは連勝が2で止まった。初回は2死から柳田が内野安打で出て、内川の左中間適時二塁打で1点を先制。先発・武田は7回4安打1失点。

     3日のソフトバンク戦に先発した広島の黒田博樹投手が、3回に3者連続本塁打を許すなど、日本球界復帰後、自身ワーストとなる4本塁打を浴びて3敗目を喫した。日米通算200勝まであと3勝と迫っている黒田だが、4月30日以降、4試合連続で勝ち星から遠ざかることになった。

     7回を投げて被安打8で5失点。立ち上がりに城所に先制のソロ本塁打を許すと、3回には柳田、内川、松田のクリーンアップに3者連続本塁打を打たれた。

     黒田は「(ホームランは)3本とも甘かった。柳田に関しては、勝負にいった球を打たれた。今日は変化球のキレが良くなかった。あの3本は、流れ的にはね」と悔やんだ。

     3、4月に4勝と、好調なスタートを切ったが、5月は登録抹消もあり、未勝利に終わった。「状態はいつもと変わらないですけど……」。日米通算200勝を目前にして続く足踏みに、黒田の口調は最後まで重かった。

    このページのトップヘ