広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    トレード

    rectangle_large_type_2_47891932aa4f887b69a3629f20ae60f7

    【広瀬真徳 球界こぼれ話】日本球界におけるシーズン中のトレードがここ数年、急増している。

     昨季は5組だったが、今季はすでに6組(金銭交換を含む)が成立。7月末の締め切り期限を前に早くも昨季の数を上回った。

     2016年(3組)、17年(4組)と着実に増え続けるシーズン中の選手交換。なぜ活発化し始めたのか。

     ちまたでは「トレードが頻繁に行われるメジャーに倣い始めた」という見方が強いが、理由はそれだけではない。パ・リーグの某球団編成担当は「メジャーの影響や米球界に精通する人物が球界内に増えたことは否定しませんが、球団や選手のトレードに対する意識の変化も大きいと思います」と現場の状況をこう説明する。

    「以前はトレードというと負のイメージが強く、球団側に主導権があるとはいえ、ファンの感情や選手の思いを配慮して消極的だった。でも、今の選手はトレードに前向き。悪い印象を持っていない。『活躍の場があるのなら』という意識が強いのか、ここ数年は契約更改の席などで移籍を直訴してくる選手も多い。今シーズン途中にチームが変わった選手の中には数年前から他球団への移籍を熱望していた選手がいました。そういった選手の気持ちを球団側がくみ『同一リーグでなければ』と柔軟な対応を取るようになってきているのです」

     時代とともに「球団格差」がなくなりつつある点もトレード誘発につながっている。

     かつてのプロ野球界は「人気のセ」と言われたセ・リーグを中心に動いていた。必然的に交換要員の選手を含めトレードの中身もセに有利な内容が多く、交渉が決裂するケースも珍しくなかったという。

    「現在はセパにおける人気面の格差は大きくない。むしろソフトバンク、日本ハム、楽天などは球界をけん引する勢力として年々、チームの存在価値を高めている。こうした流れにより、セパが対等にトレードできる環境が整ったことも一因でしょう」(前出編成担当)

     様々な思惑が絡むものの、トレードの主な目的は戦力の強化。当該選手がおのおのの新天地で活躍すれば球団、選手ともに利益を享受できる。実際、今季のトレードでも古巣で居場所を失いつつあった宇佐見(巨人→日本ハム)や松井雅(中日→オリックス)、下水流(広島→楽天)は早くも新たな環境下で躍動。日本ハム在籍時から主力投手の一人だった鍵谷(巨人)も移籍直後から貴重な中継ぎ右腕としてチームの快進撃を支える。

     成功例が増えるばかりか、今やマイナス要因を探す方が難しいシーズン中のトレード。増加傾向が続くのも無理はない。 

     ☆ひろせ・まさのり 1973年愛知県名古屋市生まれ。大学在学中からスポーツ紙通信員として英国でサッカー・プレミアリーグ、格闘技を取材。卒業後、夕刊紙、一般紙記者として2001年から07年まで米国に在住。メジャーリーグを中心に、ゴルフ、格闘技、オリンピックを取材。08年に帰国後は主にプロ野球取材に従事。17年からフリーライターとして活動。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000004-tospoweb-base

     前シーズンの反省や、退団選手の穴埋めを念頭に行われるオフシーズンの補強に比べ、シーズン途中の補強はレギュラーシーズンを戦い続けるうえで浮き彫りとなった課題、もしくは故障者のカバーといった、いわば不測の事態への緊急対応といった側面がより強いものとなってくる。


     昨季は開幕前の駆け込みトレード(阪神・榎田大樹投手と西武・岡本洋介投手)に始まり、シーズン中のトレードも6件成立した。そして、今季は7件と昨季を上回るペースで開幕後のトレードが行われ、多くの選手が新天地での飛躍を期している最中だ。

     前半戦が終わった今、あらためて昨季途中のトレードで移籍した選手たちの成績を確認してみると、新たなチームやリーグの環境により適応し、貴重な戦力として活躍している選手が存在することに気づかされる。そこで、今回はそれらの選手の現状について紹介していきたい。

    (昨季の成績は移籍後のもののみを掲載。今季の成績は8月2日の試合終了時点)

    ○ソフトバンク:市川友也捕手(日本ハム)

    昨季成績:25試合 2本塁打 5打点 打率.167
    今季成績:1軍出場なし

     開幕直後に捕手陣に故障者が続出したことにより、緊急補強としてシーズン開幕直後に金銭トレードで移籍。新天地でも5月から7月初旬まで控え捕手としてチームを支えたが、8月4日の試合を最後に1軍での試合出場からは遠ざかった。今季もここまで2軍では打率.313と打撃好調だが、まだ1軍では試合に出場していない。

    ○オリックス:白崎浩之内野手(DeNA)

    昨季成績:30試合 1本塁打 9打点 打率.239
    今季成績:18試合 1本塁打 4打点 打率.212

     昨季移籍後に打撃で結果を残し、8月には12試合で打率.300と好調をアピール。8月12日には移籍後初本塁打を放って存在感を示したが、9月の再昇格後は7試合で打率.158と振るわず、最終的には年間打率も.239にとどまった。2019年は2軍で27試合で打率.281と一定の数字を記録しているものの、1軍では18試合で打率.212と確実性に課題を残している。

    ○オリックス:高城俊人捕手(DeNA)

    昨季成績:1軍出場なし
    今季成績:5試合 0本塁打 0打点 打率.182

     2018年の移籍後は1軍出場が1試合もなく、1軍メンバー入りを勝ち取った今春のキャンプでは初日に肉離れで離脱を強いられた。苦難を乗り越え、今季の5月に移籍後初出場を果たして5試合に出場したが、その後は再び2軍での調整が続いている。2軍でも打率.130と打撃面で結果を残せず、元中日・松井雅人選手の加入も向かい風か。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190803-00486563-fullcount-base

     過去に例のないシーズン中の交換トレード頻発。4日には、阪神・石崎剛投手とロッテ・高野圭佑投手の交換トレードが発表された。

     6月26日に発表された日本ハム・鍵谷陽平&藤岡貴裕投手と、古巣復帰の巨人・吉川光夫投手&宇佐見真吾捕手の2対2の交換トレードが第1弾。続いて同30日には中日・松井雅人捕手&松井佑介外野手とオリックス・松葉貴大投手&武田健吾外野手の2対2第2弾が発表された。

     さらに今月2日、第3弾として楽天・三好匠内野手と広島・下水流昂外野手の1対1。そしてこの日の1対1の交換トレードは第4弾となる。トレード期限が今月末までとはいえ、突然火が付き、一気に活性化したトレード戦線。例年にない異様な事態だ。

     その裏では、12球団経営者サイドと労組・日本プロ野球選手会(炭谷銀仁朗会長=巨人)との“綱引き”が見え隠れする。選手会側は「移籍の活性化」の切り札として今オフにも、出番の少ない選手に対し他球団でのチャンスを与える「現役選手ドラフト」の導入を要求しているのだ。

     6月27日の事務折衝でも、日本野球機構(NPB)選手関係委員会に対し12球団側の統一見解を求めた。今月12日に都内のホテルで行われる労組・日本プロ野球選手会総会で報告、最終的な対応策を検討するためだ。

     12球団側は選手会の希望を入れ、2日に都内で行われた実行委員会で統一見解案を検討したが、結論は出なかったという。各球団にそれぞれの思惑と意見があり、いざ統一見解となると足並みが簡単にそろわないのが現実だ。

     そんな現状の中で、突然相次いで成立した4件の電撃的な交換トレード。これほどトレードが活発に行われるなら、「現役ドラフト制度」の喫緊の必要性は薄れるといえなくもない。

     今回の交換トレードラッシュには、そんな“現役選手ドラフト潰し”という、12球団側の思惑も見え隠れする。

     トレードは球団側に一方的な人事権があり、飼い殺し状態の選手を救済する「現役ドラフト制度」の必要性は変わらない。12球団側と選手会がひと揉めする危険性を秘めており、今後の展開から目を離せない。(江尻良文)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00000010-ykf-spo

     広島・下水流昂外野手(31)と楽天・三好匠内野手(26)との1対1の交換トレードが2日、両球団から発表された。

     下水流は球団の広報を通じて「大変驚いています。カープ球団には6年半、お世話になりました。その中で優勝も経験させてもらい、とても素晴らしい時間でした。東北楽天ゴールデンイーグルスへ行っても、力になれるように精いっぱい頑張ります。カープファンの皆さま、6年半応援ありがとうございます」とコメントした。

     下水流は2013年にホンダからドラフト4位で広島に入団した。昨季は7月20日の巨人戦(マツダ)で逆転サヨナラ2ランを放つなど印象的な活躍をしたが、今季は2月のキャンプ中に左脚を痛めて離脱するなど2試合で4打数無安打。外野の選手層は厚く、1軍昇格の機会がなかなか巡ってこなかった。

     一方で三好は2012年に九州国際大付高からドラフト3位で楽天に入団した。今季は代走、守備固めとして17試合に出場し、4打数1安打だった。遊撃を含めた内野の複数のポジションを守ることができ、手薄な内野陣の中で貴重な存在となりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00000520-sanspo-base

     2日、楽天・三好匠内野手(26)と広島・下水流昂外野手(31)との1対1のトレードが両球団から発表された。

     三好は昨季、打率・104と低調ながら、主に内野の守備固めとして自己最多の70試合に出場。今季も17試合に出場しながら、4打数1安打と打席数は限られていた。

     一方の下水流は昨季、自己最多の67試合に出場し、打率・263、4本塁打、12打点。持ち前の打力でアピールしながら、今季は2試合のみの出場にとどまり、4打数無安打だった。

     下水流は球団を通してコメントを発表。「大変驚いています。カープ球団には約6年半、お世話になりました。その中で優勝も経験させてもらい、とても素晴らしい時間でした。東北楽天ゴールデンイーグルスへ行っても、力になれるように精一杯頑張ります。カープファンの皆様、6年半応援ありがとうございました」。

     三好も球団を通じ「まずは、高校を出てからここまで育ててくださった、チーム、球団関係者の皆さん、大変お世話になりました。そして、いつも応援してくださった東北のファンの皆さん、8年間、ありがとうございました。心機一転、カープの優勝に貢献することが皆さんへの恩返しになると思っています。そして、秋にはイーグルスと日本シリーズで対戦し、皆さんに元気な姿をお見せしたいです。高校を出てからずっと仙台だったので、今では仙台は第二の故郷です。その仙台を離れるのは寂しいですが、広島でも頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします」とコメントした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00000094-spnannex-base

     【球界ここだけの話】広島に「タナ」と「キク」が新たに加わって球団内はざわっとした。広島・鈴木清明球団本部長(64)がその理由を明かした。

     「菊池もそうだし、最近中村とか、同じ名字が増えた。“本家”を超えるようになると、いろいろと考えないといけないな」

     広島で「タナキク」と言えば田中広輔と菊池涼介両内野手だが、今オフに楽天とのトレードで菊池保則投手が、ドラフト5位で田中法彦投手=菰野高=が入団した。来季、田中と菊池の登録名はどのように変更するか、注目が集まった。

     どの球団でも姓と名前の一文字目を合わせるのが一般的で「中村」の場合は祐太、恭平、奨成から、中村祐、中村恭、中村奨になる。「高橋」の場合も樹也、昂也は高橋樹、高橋昂と表記されていたが、チームの顔である「タナキク」は別格。同本部長は来季田中広輔と菊池涼介は「田中」、「菊池」のまま。新入団の菊池保則は「菊池保」、田中法彦は「田中法」にすると明かした。

     近年広島は支配下選手に加えて、育成で入団する選手もいて選手数は増加の傾向にある。今後も同姓の選手が増える可能性もあるため、同本部長は再来年以降、イニシャルと漢字を組み合わせた登録名も認める可能性を示唆した。

     他球団では個性的な登録名の選手が存在している。今季引退した元DeNA・後藤武敏氏は「後藤武敏G.」、「後藤G武敏」、「G.後藤武敏」「G後藤武敏」と4年連続で改名。ほかにもDeNA・大和、ヤクルト・雄平・楽天・銀次の名前のみのパターンやオリックス・T-岡田のような「Takahiro」の頭文字と名字を組み合わせたものもある。

     オフにオリックスから日本ハムへ移籍した金子千尋はもともとフルネーム表記であるのに加えて、今回の移籍を機に金子弌大と大胆な改名をして世間を驚かせた。

     来季広島はリーグ3連覇の立役者「タナキクマル」の一角、丸が巨人へ移籍して「タナキク」となる。田中と菊池への期待は当然だが、新加入の菊池保と田中法の両投手にも注目したい。(柏村翔)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000539-sanspo-base

     福井とのトレードで広島へ移籍した菊池保が広島市のマツダスタジアムで入団記者会見に臨み、楽天時代と同じ背番号59のユニホームに袖を通した。

     新天地では先発、リリーフを問わず、投手陣に厚みを加える役割を期待されている。同僚には同姓で同学年の菊池涼がおり、あだ名も「キク」と同じ。「日本を代表する野手の菊池選手がいるので、負けず覚えてもらえるように頑張っていきたい」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181215-00000044-spnannex-base

    広島は29日、福井優也投手(30)と楽天菊池保則投手(29)の交換トレードが合意に達したと発表した。福井は「突然のことで驚いていますが、ここまで育ててもらった広島東洋カープとファンの方に、新天地で頑張って活躍している姿を見せることが、一番の恩返しだと信じて頑張ります!」と球団を通じてコメントした。



    右腕の福井は済美(愛媛)、早大を経て10年ドラフト1位で入団し、ここまでプロ通算29勝36敗。1年目に8勝、15年には9勝を挙げたが、今季は自己最少の3試合登板で0勝3敗、防御率8・40と5年ぶりの未勝利に終わっていた。移籍先で復活を目指すことになる。

    菊池は07年高校生ドラフト4位で楽天入団。先発、中継ぎをこなす万能右腕だが、今季までの3年間で17試合登板にとどまっていた。

    菊池は球団を通して「11年間、大変お世話になりました。チーム、球団の皆さん、そして、東北のファンの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。楽天イーグルスでの一番の思い出は、やはり13年の日本一で、今でも鮮明に覚えています。仙台に11年いましたので、僕にとって、東北・仙台は第2の故郷です。来シーズンからは広島東洋カープの一員としてチームの勝利に貢献することが皆さんへの恩返しになると思います。広島で心機一転頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします」とコメントした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00405929-nksports-base

     広島・福井優也投手(30)と楽天・菊池保則投手(29)の1対1の交換トレードが成立し、29日、両球団から発表された。先発補強が急務の楽天と投手全体の底上げを図る広島の思惑が一致した。

     福井は10年ドラフト1位で早大から広島に入団。1年目から8勝(10敗)を挙げるなど、先発ローテの一角を守ってきた。だが15年に自己最多の9勝(6敗)を挙げたのを最後に成績が下降し、今季は3試合の登板で0勝3敗、防御率8・40。5年ぶりの未勝利に終わった。

     菊池は07年の高校生ドラフト4巡目で常磐大高から楽天に入団。切れ味鋭い速球とスライダーを武器に14、15年は4勝を挙げた。この2年は未勝利だったが、今季は9月に1軍昇格すると、先発1試合を含む3試合の登板で防御率1・38、投球回を上回る15三振を奪う好投を見せた。

     福井は球団を通じ「突然のことで驚いていますが、ここまで育ててもらった広島カープとファンの方に新天地で頑張って活躍している姿を見せることが一番の恩返しと信じて頑張ります」とコメントを発表した。

     ◆福井 優也(ふくい・ゆうや)1988年2月8日、岡山県生まれ。30歳。愛媛・済美高では2004年のセンバツで初出場初優勝するなど、甲子園に春夏通じて3度出場。05年の高校生ドラフトで巨人に4巡目指名を受けるも辞退。その後に一般入試で早大を受験したが、不合格となり、1浪して07年に早大入学。斎藤佑樹(現日本ハム)、大石達也(現西武)ら同期生としのぎを削った。プロ通算8年間で29勝36敗、防御率4・51。178センチ、85キロ。右投右打。

     ◆菊池 保則(きくち・やすのり)1989年9月18日、茨城県生まれ。29歳。常磐大高から07年高校生ドラフト4巡目で楽天に入団。2010年9月23日の西武戦(西武D)でプロ初登板初先発初勝利をマークした。プロ11年間の通算成績は69試合、12勝15敗1セーブ、防御率4・23。180センチ、80キロ。右投左打。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000102-sph-base

    このページのトップヘ