広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ドラフト

    広島育成ドラフト1位の旭川大高・持丸泰輝捕手(18)が8日、旭川市内のホテルで入団交渉し、支度金290万円、年俸240万円で仮契約を結んだ。


    台湾で行われている「プレミア12」に連日、刺激を受け「早く支配下登録になって、将来は自分も日の丸を背負って、国際大会で戦えるような選手になりたい」と話した。

    目線が変わった。「今までは左打者に注目して野球を見ていたが、今はプロの捕手のフットワークや送球を気に掛けながら見るようになった」。7日の台湾戦では先輩になる広島会沢が先発し、6投手を好リードして8-1勝利に貢献した。「実際に会って、捕手としてすべての技術を聞いてみたい」と弟子入りを熱望した。

    あこがれの捕手で、同じ育成出身のソフトバンク甲斐の動きも当然チェックしている。「素早いスローイングは競争を勝ち抜くには不可欠。自分も身につけたい。名前のタイキにちなんで“タイキャノン”と呼ばれるようになりたい」。今後は12月9日に入団発表、年明け1月10日に入寮、さらに合同自主トレと続く。近藤スカウトからはランニングとキャッチボールを続けるよう指示が出た。万全の準備で“下克上”につなげる。【永野高輔】

    ▽持丸の父知己さん(48) (自身も日本製紙旭川の捕手として00年まで5年間プレー) 夢ってかなうんですね。うれしいですが、本当の戦いはここから。見守っていきたい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-11080703-nksports-base

     広島のドラフト1位・森下暢仁(まさと)投手(22)=明大=が7日、都内のホテルで仮契約を結んだ。契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1600万円(金額は推定)。背番号は18に内定している。

     従来の1500万円から改訂された年俸の上限額で仮契約を交わした来年度のルーキーとして12球団1番乗り。「いい評価をしていただきました。結果を出してお返ししたい」と語気を強めていた。

     野球部を引退した現在は「広島の練習はキツいと聞いている」と、走り込みやウェートトレーニングに全力。特にウェートは現役時代の週2回から週4回に増やし、バーベルの重さも増やしてスクワットなどに取り組んでいるという。1日5~6食の“メシトレ”も実践。「今の体重が76キロなんですが、(合同自主トレが始まるまでの)2か月で80キロくらいにいけたら」とマッチョ化を誓っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000158-sph-base

     10月17日に行われた2019年プロ野球ドラフト会議では、総勢107名(支配下74名、育成33名)の選手たちが指名を受け、プロ野球への第一歩を踏み出した。中でも注目が集まったのはやはり、佐々木 朗希(大船渡)、奥川 恭伸(星稜)ら、「ドラフト1位」の選手たちだ。

     今回は、過去10年間の12球団ドラフト1位の選手たちを振り返り、その「生存率」を見ていきたい。

    近年強さを誇るソフトバンク、広島が生存率トップ


     まず、この10年間でドラフト1位指名を受けた選手は120名(東海大・菅野 智之が2年連続で1位指名を受けているが、数字の上では2名分として扱う)いるが、このコラムでは、現在も指名を受けた球団に所属する選手、MLBを含む他球団に移籍した選手、育成契約、引退の4つに分けて考えていく。

     2019年シーズンが終わり、今もなお現役のプロ野球選手として活躍しているのは109名。約1割の11名が引退しているのだ。さらに、現在も指名を受けた球団で活躍している選手は92名。約1/4が10年以内に所属を離れている計算だ。内訳としては移籍が15名、育成契約が2名に、上記の引退が11名となっている。

     この数字をさらに球団ごとに観ていくと、興味深いことが分かった。ソフトバンク、広島、日本ハムが指名した10名は全員、プロ野球界で戦い続けているのだ。指名後すぐに一軍の戦力になっている選手、時間をかけてから戦力になる選手と様々だが、近年特に強さを示しているソフトバンク、広島は、それぞれのドラフト1位戦略がある程度当たっていると言えるだろう。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00010003-hbnippon-base

    ニッポン放送・洗川雄司アナウンサーが10月30日の「草野満代 夕暮れWONDER4」に出演、大学野球の逸材を紹介した。


    東京六大学野球を精力的に取材する洗川アナが注目するのは、今年のドラフトで広島から1位指名を受けた明治大・森下暢仁投手を超える逸材。

    その投手は、立教大の田中誠也投手。173センチ・65キロの小柄でヤクルト石川雅規投手のようなイメージで、高校時代は大阪の名門・大阪桐蔭高校で春センバツ3完投を記録。立教大に進学すると1年生から神宮のマウンドを踏むなど、早くからチームに欠かせない存在だった。

    今年のドラフト、大学生で一番注目された明治大・森下投手は大学通算15勝だったが、田中投手はそれを上回る17勝をマーク。もちろん、今年のドラフトで注目されること間違いなしの存在だったが、田中投手は今年の春の時点でプロ志望届を出すのを諦めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00000005-nshaberu-base

    NPBドラフト会議(10月17日)で広島から4位で指名された魚沼市出身の韮沢雄也内野手(埼玉・花咲徳栄)が10月31日、同校で指名あいさつを受けた。「夢がかなったという実感が湧いてきた」。11月中に仮契約の見通しで、12月9日に広島の新入団選手発表に臨む。



    カープの赤い帽子をかぶると韮沢はにっこりと笑った。この日訪れた広島の尾形佳紀スカウト(41)は「1年生からマークしていた。バットコントロールが良く、芯に当てるのがうまい。堅実な守備もいい」と技術の高さへの高い評価を口にした。「まずは2軍で体を作って、3~4年後に1軍のレギュラーをとってほしい」と期待を込めた。

    韮沢は手本としたい選手に同校の先輩で、16年ドラフト2位で広島入りした高橋昂也投手(21)の名前を挙げた。「尊敬する先輩。プロ選手だけでなく、日々の生活においても背中を見て、行動していきたい」。

    今後は実家のある新潟に戻り、知人らにプロ入りの報告をする予定。「支えてくれた人たちに恩返しができるプレーがしたい」。プロの舞台でも活躍を誓った。【山岸章利】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-10310639-nksports-base

     広島からドラフト2位指名を受けた宇草孔基外野手(22=法大)は27日、東京六大学野球秋季リーグの東大戦に「2番・右翼」で先発し、3打数無安打と快音残せず途中交代した。今秋は打率・100の不振に、苑田聡彦スカウト統括部長は“悩みのススメ”を説いて激励。この日の試合が学生最後の試合となる可能性もあり、宇草自身もプロでの雪辱を誓った。

     7回に1点差に迫り、なおも2死二塁の好機で、宇草は代打を送られて交代した。「悔しかった。だけど絶対にふてくされないようにと思って、彼(代打・西山)の目を見て“頼む。打ってくれ”と伝えました」。前日26日に4打数無安打に抑えられた左腕の小林大に対して、1打席目は左飛に倒れると、2、3打席目はともにワンバウンドするチェンジアップに空振り三振。「低めの球を振らないようにと思っていたけど…。実力不足です」と言い訳しなかった。

     打撃不振に苦しむ。今秋は40打数4安打で、打率・100、0本塁打、1打点。今春は同・339に加えて4本塁打を放った長打力が影を潜めている。そんな本領から遠のく姿を見守る苑田聡彦スカウト統括部長は“悩みのススメ”を説いた。

     「こういうときは安打が出ない方がいい。一からやり直せるからね」

     黒田博樹氏、金本知憲氏らを発掘した名物スカウト。「タイミングがズレているだけだと思う。変なクセとかではない」と心配無用を強調する。入団直前にぶつかった壁こそが、成功の糧になり得ると説く。

     「自分で会得するしかない。練習は嘘をつかないから。“悩め悩め”と言うのも酷かもしれないけど…。でも全く心配していない」

     リーグ戦を全て消化した法大は、優勝の可能性を残した。首位の慶大が11月2、3日の早大戦に連敗すれば、法大―慶大の優勝決定戦が行われる。一方、慶大が1勝すれば、宇草にとっては、今回の途中交代が学生最後の試合となる。

     「この悔しさには、絶対意味がある。大学で“積み重ね”を学びました。全てがつながっていると思う。プロで絶対にやってやろうと思いました」

     不振にも評価を落とさずドラフト2位指名を受けた原石には、下を向かない反骨心がある。

    (河合 洋介)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-00000020-spnannex-base

     広島は29日、育成ドラフト3位の畝章真(うね・たかまさ)投手(24)=四国IL香川=に高松市内の同球団事務所で指名あいさつを行い、支度金290万円、年俸300万円で仮契約を結んだ。

     サラブレッドながら“雑草派”だ。父は今季まで広島1軍投手コーチを務めた同OBの畝龍実氏(55)。しかし内野手だった広島新庄高では3年間を通して公式戦でベンチ入りできなかった。しかし引退前後に「父も投手だったんだから、俺もやってみよう」と投手に転向。自ら名古屋商大のセレクションを受験して合格し、3年秋のリーグ戦で公式戦初マウンドを踏むまでに成長した。

     昨春、四国IL香川入り。投手転向から昨年までスリークオーター右腕だったが、また“転向”した。NPBで通用する一芸を求めて、今年の後期シーズンからアンダースローに近いサイドハンドに変えたのだ。西武・潮崎(現西武編成ディレクター)、ヤクルト・高津(現ヤクルト監督)の画像に見入り、シンカーを習得。母・深雪さん(55)には試合動画の撮影をお願いし、現役時代は左サイドだった父に見てもらい、アドバイスを求めた。「これはダメだ」「もっとこうすべきだ」というスマホ越しの金言に耳を傾けた。

     その父は来季から育成選手らを指導する3軍統括コーチに就く。それでもジュニアは「自分で区別しないといけない。父ではあるがコーチ。いち選手として扱ってもらう」と無用の甘えを断ち切るつもりだ。父は故障に悩まされ、プロでは7試合の登板に終わり、白星を挙げることはできなかった。「父の強い思いを引き継いで、応えたい。1軍で登板を果たして、白星も飾りたいです」。まずはファームで結果を出し、支配下登録を勝ち取る。そして親子鯉2代の悲願をかなえる。

     ◆畝 章真(うね・たかまさ)1995年9月9日、広島市安佐北区出身。24歳。口田小3年から口田育成会ソフトボールクラブで三塁手としてソフトボールを始め、口田中(野球部)、広島新庄高、名古屋商大を経て2018年に四国IL香川入り。最速142キロの直球を軸に、スライダー、カットボール、フォーク、シンカー、ツーシームを投げ分ける。右投両打。177センチ、83キロ。家族は両親と弟。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00000152-sph-base

     ◇東京六大学野球秋季リーグ第7週第1日 1回戦 明大5―5立大(2019年10月26日 神宮)

     広島からドラフト1位指名された明大・森下暢仁投手(22)は、5回2/3、3失点(自責0)にまとめる投球術の高さを見せた。5回まで2安打、1与四球。5―0の6回2死から四球と失策で一、二塁とされると、5番・江藤に右越え3ランを献上して降板を告げられた。

     最速は148キロ。カットボールを多投しながら、緩急自在に6回途中73球の“省エネ投法”を披露した。前回の20日慶大戦は159球での2失点完投ながら「制球がバラバラだった」と修正。中5日で課題を克服する潜在能力の高さを見せたが、「点を取られてはいけないところで取られてしまったのは反省です」と表情は冴えなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00000223-spnannex-base

     広島・西川が25日、後輩の指名を歓迎した。

     母校・敦賀気比の木下元秀外野手が育成ドラフト2位で指名され、東監督から連絡があったという。

     木下は2年時の昨年はエースとして、今夏は4番として2年連続の甲子園出場に大きく貢献。今夏は甲子園で12打数7安打6打点と大活躍した。

     西川は面識こそないものの、木下の甲子園でのプレーは記憶しており、「一緒の高校から入ってきてくれるのは楽しみです」と声を弾ませていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191025-00000135-dal-base

     広島から5位指名を受けた天理大・石原貴規捕手(21)が18日、大学でドラフト報告を行った。

     二塁送球完了タイム1秒85で、阪神大学リーグ優勝決定試合でも2連続盗塁阻止を決めた強肩は、「練習が厳しく、ファンは熱い。いい環境で野球が出来るチームだと思う。1位の森下くんとバッテリーを組むのが楽しみ」と抱負を語った。

     リーグ戦では春秋ともに打率4割超えをマーク。「ライバルはソフトバンク2位の海野(東海大)。創志学園と関西で高校時代から意識していた存在なので負けたくない」と闘志を燃やした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00000191-spnannex-base

    このページのトップヘ