広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ドラフト

     日本野球機構(NPB)は10月25日に開催する「プロ野球ドラフト会議supported byリポビタンD」の観覧希望者をあす14日から募集する。

     今年も大阪桐蔭・根尾昂内野手、同・藤原恭大外野手、報徳学園・小園海斗内野手ら将来のプロ野球をも担う逸材が勢揃い。競合となった場合、各球団監督、編成責任者による「くじ引き」を間近で体験できるチャンスだ。開催場所はグランドプリンスホテル新高輪 国際館パミールで開場は15時半予定。

     観覧希望者はNPB公式サイト(別掲)まで。受付期間は14日~28日正午まで。応募フォームには1人だけ登録可(応募は1人1回限り。重複応募は無効)。入場は小学生以上。当選権利の転売、譲渡は一切禁止、会場までの交通費などは当選者負担。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000130-spnannex-base

     第100回全国高校野球選手権大会はベスト4が出そろい、残すは準決勝と決勝の計3試合だけとなった。奪三振ショーに豪快なホームラン、華麗なボールさばき…。過去最多の56校が参加した今大会、将来性豊かな逸材たちが好プレーを見せてきた。今秋のドラフト会議を見据えて目を光らせてきたプロ野球のスカウト陣に注目選手を聞いた。(坂井朝彦)

     「わくわくするプレーヤー」と阪神の畑山スカウトが表現するのが、大阪桐蔭(北大阪)の根尾だ。投手と遊撃手の「二刀流」として、準々決勝までの4試合のうち2試合に先発し、打っては14打数6安打で本塁打も2本放った。打撃の勝負強さに守備の動きもよくなった上、投手としても「いいものを持っている」。将来性については「(投打の)どちらかに絞れば(どちらでも)一流になれる」と太鼓判を押した。

     3本塁打9打点を挙げている大阪桐蔭の不動の4番、藤原は「好調をキープしている。彼らしいプレーが見られるようになった」と分析。昨年10月に痛めた右膝の不安がなくなったことが右方向への強打や走塁に現れているといい、「魅力あふれる選手。走攻守にハイレベル」と高評価を与えた。

     野手では1試合二塁打3本の大会タイ記録を達成した報徳学園(東兵庫)の遊撃手、小園の評価も高い。広島の苑田スカウト統括部長は「(プロ入り直後の)野村謙二郎より上」と駒大から広島に入団し、後に名球会入りした名手の名も挙げて完成度の高さを絶賛する。俊足に加え肩も強く、打撃も「自分の打てるポイントを持っている」。ドラフトでは「1位指名があるだろう」と目玉の一人に挙げた。

     投手では、金足農(秋田)の吉田が甲子園で評価を上げた。最速150キロを誇る右腕は準々決勝までの4試合を1人で投げ抜き、いずれも2桁の計51奪三振。伸びのある直球にスライダーやツーシームなどの変化球、さらには巧みなフィールディングも魅力だ。巨人の岡崎スカウト部長は「まっすぐの質がよかった。まとまったピッチャー」とした。

     吉田に負けないドクターKぶりを発揮したのが、創志学園(岡山)の西。1回戦では16奪三振の無四球完封と圧巻の投球を見せた。ただ、まだ2年生。岡崎部長は「もちろん来年が楽しみ」とさらなる成長に期待を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00000532-san-base

     広島のドラフト6位・平岡敬人投手(22)=中部学院大=が近い将来の1軍デビューへ向けて地道なレベルアップに励んでいる。2軍戦ではここまでウエスタンで8試合に登板し0勝2敗、防御率4・18。先発でも4試合に登板し「だいぶ、こういう打者がいるんだなというのが分かってきた」。大学時代は3年時に右肩を故障し通算3勝。プロ1年目は登板機会を増やし、実戦感覚を養うことも大きなテーマだ。



     持ち味はキレのある平均140キロ中盤の直球。プロでも一定の手応えを感じているものの、「もっと真っすぐの質を磨いて、空振りやファウルが取れたら攻めるのも楽になる」とさらなるレベルアップを図る。

     そのためにもフォームの安定感を求める。球数が増えてくると上体で投げてしまう悪癖があるといい、佐々岡、沢崎両2軍投手コーチからは下半身を使って投げるようにと指摘され続けている。先発として調整する約1週間の中で2日連続でブルペンに入るなど、課題克服への歩を進めている。

     ウエスタンのマウンドでも貴重な経験を積んでいる。阪神・高山と対戦した時には「オーラというか、どの球でも打つぞというのを感じた。上にいったらこういう人がたくさんいるんだなと感じた」。先輩から学ぶことも多く、1軍経験豊富な中田からは「真っすぐをより打者に怖がらせられるかどうか。見せ球でカーブを投げたり真っすぐで押したり。自分に合った投球スタイルを見つけたらいい」と助言を受けたという。

     1軍マウンドに立つ思いも強まった。2軍戦初先発だった6月16日・ソフトバンク戦はマツダスタジアムが舞台だった。「初先発でもあったので緊張はしたけど、1軍だったらもっと観客も増える。早く上がって、もう1回あのマウンドで投げられたらいいなと思います」。真っ赤に染まる本拠地に足を踏み入れるべく、ルーキーは成長の跡を刻み続ける。(デイリースポーツ・田中 哲)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00000058-dal-base

    このページのトップヘ