広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ドラフト

     8月10日に開幕予定だった第102回全国高校野球選手権大会(甲子園)が、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、スポーツ報知既報通り中止が決定的になった。20日の運営委員会で正式決定し発表される。夏の甲子園の中止は米騒動の1918年、戦局が深刻化した41年に次いで79年ぶり3度目で、戦争での中断を除けば春夏の連続中止は初めて。

     今夏の全国高校野球選手権が中止される方針を受け、広島・白武佳久スカウト部長(60)は15日、今後の活動の困難ぶりを吐露した。「残念ですし、視野が狭くなる。担当以外の選手を見られなくなるので、見比べることができない。ビデオだけでは見極めが難しくなるが、そこで決めないといけなくなってしまう」と複数のスカウトの目でクロスチェックができなくなる難点を挙げた。

     甲子園で注視する点として同部長は「お客さんの前で投げられる度胸や、グラウンドでの態度」と明かした。松山聖陵(愛媛)のエースとして16年夏に熱投を演じたアドゥワや、17年夏に広陵(広島)の正捕手として1大会6本塁打の新記録をマークした中村奨ら、大舞台で急成長する球児も多いだけに「練習だけでは分からないところを全国大会で見るので(判断が)難しくなる」と顔をしかめた。

     一方で広島はこれまで、甲子園未経験ながら球界を代表する選手に成長した鈴木誠ら隠れた逸材を発掘、育成してきた。「地方大会を勝ち抜いたチームが全国大会に来るので、各担当スカウトが選手を地方大会でしっかり見ていれば問題はないかと思う」と一定の自信も示した。(坂口 愛澄)




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200516-05150316-sph-base

     野球の世界には「松坂世代」を始め、有力選手が集まった世代を「〇〇世代」と形容する流れがある。毎年12名のドラフト1位が生まれるので、平均すれば各世代に12名のドラ1がいることになるのだが、多い世代、少ない世代というのが出てくる。そこで世代別にドラフト1位を集計し、その現在地を見ていきたい。今回は高卒12年目、30歳を迎える90年世代だ。

    元U18日本代表監督や横浜高校など、この春にあった主な人事異動一覧



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200505-00010000-hbnippon-base

     ドラフト候補の勢力図が変化しそうな気配だ。

     コロナ禍により、野球界が活動休止や自粛を迫られる中、アマ球界では大都市圏と地方圏で活動内容に差異が表れ始めている。7日に緊急事態宣言が発令されたことで、対象となった東京、大阪などの高校、大学などは一斉に休校となり、これと並行して部活動は休止。選手寮も一時閉鎖が相次いでいる。

     現在はスカウト活動を自粛しているというパ球団の関東地区担当スカウトが解説する。

    「関東地方では、宣言の対象である東京、神奈川などに限らず、群馬、茨城など北関東の学校も活動を休止するケースがある。数班に分けて自主練習を行う一部の学校はあるものの、関東圏の大半の野球部は学校で練習さえできない状況です」

     東京では、政府が3月2日から臨時休校を要請したこともあり、早実、国士舘など強豪校はかねて活動を休止。練習を継続していた高校、大学も、ここにきて練習をストップせざるを得なくなった。国士舘の渡辺野球部長は、「今年は対外試合を行っておらず、寮生は3月中旬に自宅へ戻っている。東京は人口が多く、早めに動かないと逆に動けなくなる可能性を考慮しました」と言う。

     春夏8回の優勝を誇る大阪桐蔭も、緊急事態宣言を機に、全ての寮生が自宅へ帰省した。同校の平井教頭が言う。

    「本校の野球部の施設は、山の上にありますので、他の方々と接触する機会は少ない。帰省するより寮にいる方が安全ではないかという意見もあり、非常に難しい判断になりました。公共交通機関を避けるため、長い時間をかけて車で迎えに来られた親御さんもいます。少なくとも5月6日まで学校が休校になり、全運動部が活動休止。教員も現在は自宅待機中であることや、緊急事態宣言の期間がどうなるかの見通しが立たないことも考慮し、判断しました」

    ■地方のドラ1候補は148キロマーク

     大都市圏が“フリーズ”する一方で、地方圏では練習を継続している学校が少なくない。たとえば沖縄は全国で唯一、高校野球の春季大会を準々決勝まで行った。

     今秋ドラフト1位候補で最速155キロ右腕・伊藤大海を擁する苫小牧駒大は、現在休校中でリーグ戦の開幕も延期しているものの、部員の外出に制限をかけたり、部の関係者以外は施設内への立ち入りを禁止するなど対策を講じた上で、練習を継続中だ。同校の大滝監督は伊藤について「1日あたり2時間程度の練習ですが、3月末のシート打撃では、148キロをマークするなど、故障なく順調に調整を進めています」と言う。

     同じくドラフト候補である八戸学院大の右腕・大道温貴はつい先日、自身のSNSで、練習で150キロマークしたことを報告した。八戸学院大も苫小牧駒大と同様、学校は休校中ながら練習は継続。コロナ感染者が比較的少ない東北地方の高校・大学では、練習時間を短縮したり、練習内容を簡素化したりしつつも、練習を行っているところが少なくない。セ球団のスカウトが言う。

    「公式戦の試合数が減れば球団の収入は減る。補強費は例年より縮小され、ドラフト指名人数も減る可能性がある。もともと、今年は逸材が少ない年である上に、成長の過程をチェックできないため、評価は無難な形に落ち着くはず。その中でも練習できる学校の選手は、多少なりともアドバンテージになるし、その結果、良い状態で試合に臨めれば、評価は上がりやすいでしょう」

     今は微差でも、時間が経てば大差になることもある。今年のドラフトは、地方出身選手が多く名を連ねるかもしれない。



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/8c1cd0673b41653fc8a79b5f60b2f3d14fb598b0

     【伊藤幸男の一期一会】球音が途絶えて久しい。今年プロ入りを目指すドラフト候補選手にとって、もどかしい時間が過ぎている。新型コロナウイルス感染拡大の影響で高校・大学・社会人の公式戦は中止か延期に。人材を発掘したいプロ、アマ球界関係者も落胆を隠せなかった。それどころか、ある球団スカウト幹部は「今年はドラフト1、2位を絞るのが難しい。球団の収入が減るだろうし、それに見合う選手が出てくるだろうか」と明かしたからだ。

     確かに一理ある。いまだ開幕の見通しが立たないプロ野球。たとえ開幕しても例年の143試合制は厳しく、交流戦18試合を断念した125試合制が現実的となる。ただファンへの感染防止を考慮すれば、当面は1人ずつ数メートルずつ空けての観戦制限を敷くことになりそう。つまり1試合1億円と言われる入場料収入、シーズンシートの見直し、ジェット風船販売自粛など収入ダウンは確実だ。

     スカウト幹部が続けた。「例年、上位選手は1億円近い金額で契約してきたけど、今年はどうなるんだろう。視察する機会は少なくなるから、判断材料も少なくなる」。

     将来性豊かな高校生がその例に当てはまる。全国の春季大会はすべて中止。甲子園につながる夏季大会だけがスカウト陣の判断材料だが、予選序盤で敗退した候補生の評価が難しい。1位クラスの選手なら普段の練習からマークはするが、緊張が増す公式戦での投球や打席が重要な決め手となってきた。今夏は甲子園と全日本大学選手権が重なるため、地方大学の有力選手を全スカウトでダブルチェックすることも難しくなった。

     現時点で今年のドラフトは11月5日が予定されている。まさか1位指名を返上する球団はないと思われるが、評価基準が少なくなったのは確かだ。一刻も早くコロナ禍が収束することを祈りたいが、来季のチーム像を模索する球団フロントにとって、頭を悩ますシーズンが続く。




    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/8d03fe8cb91e38db005af6d46e2f5255db8e6f28

    「今年はセンバツがなかったし、春の大会も軒並み中止。本来ならいつものようにスカウト全員で夏の甲子園を見るはずだったんですが……」

     プロ野球在京球団のあるスカウトがこう言って頭を抱えている。

     現時点で今夏の甲子園大会は8月10~25日の日程で開催される予定。ネット裏には12球団のスカウトが勢揃い、全出場校の初戦を見届けてチェックするのが常だ。が、例年は6月に行われている全日本大学選手権が新型コロナ感染拡大の影響で開幕延期が決定。8月12~20日に開催されることになったため、プロのスカウト陣は、大学選手権が行われる神宮球場と分散してドラフト候補のチェックをすることになるのだ。

     前出のスカウトが、「今年の高校生の上位候補は、中森(明石商)、高橋(中京大中京)といったごく一部の選手に限られ、全体的にタマが少ない。各地区の春の大会が中止になり、冬の間に伸びた選手がチェックできていない。本来なら夏の甲子園はスカウト部全員の目でチェックしたいところなんですが……」と、こう続ける。

    「大学選手権も重要ですから。普段はあまり見ることができない地方の大学から、毎年必ず有力選手が出てくる舞台でもある。2016年大会で初優勝した中京学院大(岐阜)の吉川尚輝(巨人1位)なんてまさにそう。大学選手権での活躍でドラフトの順位が上がりました。今年は甲子園より大学選手権の方がドラフト候補が多くいそう。両大会の出場校にもよりますが、不作の高校生を捨てて、豊作の大学生を重点的に見る球団は多いのではないか。例年なら下位で指名されるようなレベルの高校生が、『判断材料不足』で指名を見送られるケースも出てくると思います」

     夏の風物詩、甲子園からスカウトが消える――。

     プロ入りを目指す高校3年の球児にとっては「センバツ・春の県大会中止」「長期練習自粛」「スカウト減少」の三重苦。特にドラフト指名当落線上の高校生には不運な年になりそうだ。




    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/59326a48fb1bcbb81eb761fa18492948ac0744d1

     プロ野球・巨人や大リーグで投手として活躍した上原浩治氏が5日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS」に出演。ドラフトの際のくじ引きに新提案?した。

     サッカー元日本代表で、浦和で活躍した鈴木啓太氏から、「ドラフト制度はおかしいなと思いまして。サッカーは自分で入るチームが決められるじゃないですか。それが野球って野球って選べない。誰かに人生を決められるみたいな感じ」と疑問を呈された。

     上原氏は「はい、おかしいです」と認めたながらも「ただ、僕のときは逆指名だったので」と苦笑い。そしてくじ引きについて「もし3チーム競合となったら指名された本人が(くじを)引けばいい。そうしたほうが後悔もない」と話した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200405-00000092-dal-base

    <史上初のセンバツ中止6>

    選手発掘の場ともなる晴れ舞台が消えた。センバツ中止。プロ野球のスカウトには、シーズン最初の「仕事場」になるはずだった。広島苑田聡彦スカウト統括部長(75)は中止が決まると、大学、社会人のオープン戦をスケジュールに入れた。観戦の可否を電話で確認し、グラウンドに足を運ぶ。「無観客でやる試合があるんです。見せてもらえるなら行かんとね」。


    スカウトになって43年、甲子園に通わない春は初めてだ。「一番楽しみにしている大会なんですよ。冬場に鍛えた選手の成長が分かる。この時期が一番成長するんじゃないかな」。秋に新チームが始動し、体力強化の冬場を越えて、新たなシーズンを迎えるとき。高校生は、この短期間で急成長するという。今、巨人で活躍する丸佳浩外野手も、そんな1人だった。

    79回大会(07年)に出場した。千葉経大付の外野手兼投手は一冬越え、エースになって登場した。苑田スカウトは、そんな丸に、打者としての成長を見いだした。「ハンドワークが柔らかくて球の捉え方がいい。瞬発力、足もある。投手じゃなく、野手だと思いました」。夏は千葉大会で敗れたが、その年の高校生ドラフトで3巡目指名した。

    アマ選手でも動画が流され、投球の回転数や、打球速度まで分かる時代になった。それでも苑田スカウトは「自分の目」を信じる。「データは参考になるが、あてにはできんですよ。自分で見ないと分からんことがあるんで」。2試合連続して20奪三振の投手がいるとの情報を得て、北海道に飛んだことがある。実は低レベルの試合で達成された記録。ドラフト対象には、ほど遠い投手だった。

    ナマの観戦では、性格や生活習慣まで垣間見ることがある。数日前に訪れた大学では、ドラフト候補のスパイクが気になった。人工芝なのに、泥汚れが目立った。「用具を大事にしていない。私なら、あんな選手はイヤですね」。若いころは年間の観戦試合が360を超えた。今でも200試合近く見る。

    周囲は「目を保護した方がいい。サングラスを使ったら」と心配するが、本人は冗談交じりにこう言う。「サングラスをかけたら、相手に失礼だと思うんですよ。色メガネで見ちゃいかんでしょう」。春の甲子園が消えても、慌てず騒がず開催される試合を探して選手をチェックする。「ドラフトはあるんだろうから、逆に腕の見せどころかもしれんね」。

    衰えを知らない年長のスカウトは、いつも通りに「マイ座布団」を持参してネット裏に陣取る。【米谷輝昭】



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200401-23310272-nksports-base

     今季も数多くのルーキーたちがプロの世界に飛び込んできた。ただ、ルーキーたちは誰しもが入団して即、活躍するわけではない。身体作りに励み、3年、5年が経ってからようやく花開く選手たちも多くいる。ドラフトの真の成果は、ある程度の年数が経ってから分かるものだ。


     では、かつてのドラフト会議で指名された選手たちは、一体どういった結果を残しているのか? 当時のドラフト直後の12球団の指名評価を振り返り、現在、その年々の指名選手たちがどうなったのか、検証してみよう。

     今回は今から7年前の2013年ドラフトを見ていきたい。この年の目玉は森友哉、松井裕樹の高校生2人、大瀬良大地、吉田一将、石川歩ら。ただ、藤浪晋太郎や大谷翔平らが目玉だった前年と比べると、年度全体として“不作”と評されていた。

     1巡目では松井裕樹に最多の5球団、大瀬良に3球団、石川に2球団が競合。外れ1位で柿田裕太に3球団、杉浦稔大に2球団、そして外れ外れ1位で岩貞祐太に2球団が入札した。松井は楽天、大瀬良は広島、石川はロッテ、柿田はDeNA、杉浦はヤクルト、岩貞は阪神がそれぞれ交渉権を獲得。オリックスは吉田、西武は森を一本釣りした。

     この年のドラフトで12球団のうち、最も評価が高かったのはオリックスと楽天だった。オリックスは吉田を一本釣りし、2位の東明も即戦力として期待された。吉田は1軍で主に中継ぎとして活躍し、東明は2年目に2桁10勝をマーク。3位の若月は正捕手となっている。ただ、期待値からすれば、物足りないか。

     松井を5球団競合の末に引き当てた楽天。松井は前評判に違わぬ活躍を見せて2年目から守護神として大活躍した。2015年から3年連続30セーブ超え。最年少100セーブも達成し、昨季は最多セーブのタイトルを獲得した。ただ、2位以下はやや厳しい結果か。2位の内田は大砲候補として期待されているが、ここからの覚醒はあるか。

     広島市南区の球団事務所で広島は今年初のスカウト会議を開き、274選手をリストアップ。このうち8選手を映像で確認した。「投手はもちろんだが、長打力のある打者を探していきたい。今後育てていくためにも」と田村恵スカウト課長。

     上位候補には、野手で中大・牧秀悟、近大・佐藤輝明、投手でトヨタ自動車・栗林良吏、東海大・山崎伊織、中京大中京・高橋宏斗らの名前が挙がっている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00000066-spnannex-base

    広島は10日、広島市内の球団事務所で今年初のスカウト会議を行い、今秋ドラフト候補を274人リストアップした。

    この日は8人の候補を映像で確認した。田村恵スカウト部課長は「現状で脚力のある若い選手が増えてきた。投手はもちろんですけど、長打力の素質を持った選手を探していこうという形です」とテーマを明かした。

    上位候補として、社会人NO・1右腕のトヨタ自動車・栗林良吏(りょうじ)投手(23=名城大)、近大・佐藤輝明内野手(3年=仁川学院)、東海大・山崎伊織投手(3年=明石商)、中央大・牧秀悟内野手(3年=松本第一)、中京大中京・高橋宏斗投手(2年)らの名前が挙がったとみられる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-01100363-nksports-base

    このページのトップヘ