広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ドラフト

     広島は17日、マツダスタジアム内で1、2軍首脳陣の合同スタッフ会議を開き、ドラフト1位・小園海斗内野手(18)=報徳学園高=の1軍日南キャンプ帯同を決めた。

     高ヘッドコーチが「例年に比べ、会議の時期が早いので、何があるか分からない」と説明したように、正式な発表は来週となる見込みだが、高卒野手の抜てきは極めて異例だ。また同2位の島内颯太郎投手(22)=九州共立大=、同6位の正随(しょうずい)優弥外野手(22)=亜大=もメンバーに入った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000131-sph-base

     広島は11日、広島市内のマツダスタジアムで今年最初のスカウト会議を開いた。高校、大学、社会人の全ての年代を確認し、224人をリストアップした。

     最速157キロ右腕で、“大谷2世”との呼び声が高い大船渡・佐々木朗希投手(2年)や昨秋の明治神宮大会で準優勝に導いた星稜・奥川恭伸投手(2年)、横浜・及川雅貴投手(2年)、創志学園・西純矢投手(2年)、日大三・井上広輝投手(2年)、木更津総合・根本太一投手(2年)に加え、大学生では明大・森下暢仁投手(3年)の映像をチェックした。

     会議を終えた苑田スカウト統括部長は「今年は高校生に良い投手が多い」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000050-dal-base

     ミスター三塁打だ。広島のドラフト7位・羽月隆太郎内野手(18)=神村学園=が10日、1年目から1軍出場し、自慢の足で魅了していく決意を示した。17年夏の甲子園では、2試合で2本の三塁打を記録。プロでもその足を駆使して先の塁を貪欲に狙い、ドラフト1位・小園に負けない存在感を際立たせていく。

     軽快な身のこなしでトレーニングを終えた羽月は、充実感たっぷりに汗をにじませた。新人合同自主トレ第1クール最終日。「アピールポイントは足」と胸を張り、ルーキーイヤーについて「(1軍昇格が)一番いいのは今年。ゆくゆくは足で人を魅了できる選手になっていければなと思っています」と闘志を燃やした。

     武器を存分に発揮する。50メートル走5秒7。高校2年時の夏の甲子園では、2試合で2本の三塁打を記録した。「(ベースの)少しの回り方で二塁打が三塁打になる。右中間や左中間(の打球)はしっかり最短で走れば、自分の足ならいけると思う。キャンプでも少しの回り方にこだわってやっていきたい」。磨きを掛け、盗塁だけでなく、ミスター三塁打としても魅せていく。

     この日のトレーニングでは、高い敏しょう性も示した。三浦トレーナーは「格段に動きがいい。(スピードを)0から100にするのが上手。高卒1年目でここまでの動きは見たことがない」と感嘆する。羽月も「ダッシュでも全力に近く実戦を考えてやっていました」とうなずいた。

     現在、特に課題とするのは「五流ぐらい」と自己分析する打撃面。日々成長を見据え、「ケガしない体作りはもちろん、小園に負けないように」と掲げた羽月。志高く、プロの階段を上っていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000034-dal-base&pos=4

     広島ドラフト6位の正随優弥(22=亜大)は、“大阪桐蔭魂”でプロの世界に挑む。目標と公言するのは、日本ハムの中田翔。「スラッガーという意味でとても活躍されているし、自分もそういう選手になりたい」。中学時代に所属した広島鯉城シニア、そして大阪桐蔭での7学年上の先輩でもある。右の長距離砲という特徴も重なり、「中学からの先輩でもあるのでよくしていただいてる。これから少しずつ近づきたい」と、偉大な先輩の背中を追いかける。

     広島出身で、高校進学の第1希望は地元の広陵だった。しかし、中学3年のときに藤浪(阪神)、森(西武)擁する大阪桐蔭が、広陵を圧倒した試合を現地観戦。そこから「ここでやりたい」と大阪桐蔭への進学を希望した。高校3年の夏の甲子園では、4番として全国制覇。学生時代から厳しい競争を勝ち抜いて、自分の居場所を確保してきた。「大学に行ったことで、今永さん(DeNA)とかいい投手と対戦できた経験はプラスになった」。大阪桐蔭、亜大と常勝を義務付けられた環境で育った経験を礎に、下克上が始まる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00000066-spnannex-base

     広島のドラフト1位・小園海斗内野手(18=報徳学園)は2日、プロ野球選手としての未来予想図を本紙に明かした。

     兵庫県神戸市の生田神社。マジックを手に悩んでいた。「すみません。どうしようかな……」。新年の誓いを求められてから約10分。色紙に「挑戦」と書き込んだ。

     「プロという世界に入って、何もかも新しいことばかり。どんなことにも挑むという覚悟で“挑戦”を選びました」

     挑戦から切り開くドラフト1位ルーキーの未来予想図は壮大で頼もしい。

     1年目の目標を問われると「開幕1軍です」と即答。緒方監督は春季キャンプの1軍スタートに関しては否定していない。確実に訪れるであろう首脳陣へのアピール次第で、プロ入り最初の目標を達成できるか決まる。

     「新人王という目標も持っているのでシーズンが終わったときにその権利を獲得できる位置にいないと。そのためには開幕から1軍にいないといけないのかな」

     球団の高卒野手で1年目に遊撃を守ったのは99年の東出が最後。さらに、ハードルを上げ、開幕1軍にすると、1989年からの平成では一人もいない。それだけの高い目標を課して、プロの世界に飛び込む。

     30歳を迎える11年後の30年シーズン。現在の広島でいえば「タナ・キク」世代にあたり、チームを背負う立場になる。ただ、小園は、チームの立ち位置よりも広い視野で想像を膨らませていた。

     「侍(ジャパン)に入って、日本のショートなら小園と言ってもらえるような存在になっていたいなと思います」

     目標として公言し続けている「日本一のショート」を、30歳までには達成しようと思い描いていたのだ。さらに、トリプルスリー、ベストナイン……と堂々と宣言できるのも小園のスケールならうなずける。

     心躍る未来予想図も、一歩目が肝心。「体がなまってしまうと最初からついていけなくなるので、他の選手よりも力を出せるようにしておきたいです」と来たる新人合同自主トレ、春季キャンプに向けても油断はない。2019年の干支は「亥」。猪突猛進で突っ走る。(河合 洋介)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000011-spnannex-base

     広島のドラフト1位・小園海斗内野手(18)=報徳学園高=が、新年の決意を語った。色紙に「挑戦」と記した高校NO1遊撃手は、同じくロッテのドラ1・藤原恭大外野手(18)=大阪桐蔭高=と年始に合同トレーニングすることを明かした。

     中学時代は同じ「枚方ボーイズ」に所属し、高校日本代表でも一緒にプレーした。以前から家族ぐるみの付き合いがあり、年始も両家族で旅行に出かける予定だ。「(旅行先でも)体を動かすことは絶対にやります。2人で? そうですね」と、ドラ1同士による合同トレに意欲を見せた。

     年明けからの入寮、合同自主トレに備え、現在はウェートなど基礎練習にも余念がない。「期待に応えられるよう、結果を追い求めていく」と気合十分だ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00000189-sph-base

     今秋のドラフト会議で、広島は4球団競合の末にドラフト1位で小園海斗内野手(18)=報徳学園=の交渉権を獲得した。今回は、生い立ちや横顔を連載で紹介する。プロへと羽ばたくために心技体を身につけた中学、高校時代を振り返る。



      ◇   ◇

     宝塚リトルを経て、光ガ丘中1年の夏から、小園は枚方ボーイズで汗を流した。現在も「ライバル」の藤原恭大(大阪桐蔭)らがひしめきあった強豪チーム。体験入団の際には当時の鍛治舎巧監督(現県岐阜商監督)から「うちに入れば人生が変わるぞ」との言葉を受けた。「チャレンジしたい」。入団して間もない9月から、遊撃のレギュラーとなった。

     藤原とは当時から競い合う仲だった。階段ダッシュなどのメニューでは「新記録、新記録」とその日の目標を2人で早くクリアし、お互い自主練習。刺激し合い、2度の全国優勝も経験した。田中直樹監督は「練習もやらされるより、やっていた」と評価する一方、「ここぞで弱い時があった。高校でそこが一番成長したのでは」と語る。

     報徳学園では1年春から定位置を奪取。技術面も精神面も成長したが、2年のセンバツ後に大角健二監督からハッパをかける意味で「このままだったら、ショートをクビにするぞ」とゲキを飛ばされた。「横の動きはうまかったけど、正面のゴロを確実にさばくことに上体だけで済ませるところがあった」と指揮官。隙のない守備力を身につけるため、下半身を使う基本動作を徹底的に植え付けた。

     精神面は3年春に大きく成長した。打てない時は態度に表れ、守備や走塁にも影響が出ていた。大角監督からは「プロが見ているのはそういうところ。打つ以外がいかにできるか」と諭された。練習試合では枚方ボーイズからの仲間だった神藤勇介主将が「副主将の責任感が欠けていた」と監督に頼み、途中交代となったこともあった。

     そこから考え方、顔つきが変わる。特に変化を示したのは、夏の東兵庫大会四回戦の滝川二高戦。1-1の七回に決勝2ラン。中学時代の勝負弱さも払しょくし、甲子園出場にもつなげた。

     高校2年から2年連続でU-18日本代表、ドラフトでは大阪桐蔭・根尾とともに4球団競合で1位指名を受けた。報徳学園時代を「人間性が成長できたかなと思う」と振り返り、「努力が大事。一日一日を大切にしていきたい」と力を込めた。固い決意を胸に、プロでのサクセスストーリーを築いていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00000018-dal-base

     12月も終盤に差し掛かり、2018年もあとわずか。プロ野球界もすっかりシーズンオフとなり、話題はストーブリーグが中心となっている。各球団の契約更改も進み、FA権を行使した選手たちの去就も全て決定。新助っ人の補強も、続々と発表されてきている。

     そして、今秋のドラフト会議で指名された各球団期待のルーキーたちも正式に契約を締結。各球団で新入団選手発表会も行われており、お披露目されている。中日に入団した根尾昂内野手やロッテの藤原恭大外野手、広島の小園海斗内野手、日本ハムの吉田輝星投手、西武の松本航投手、ソフトバンクの甲斐野央投手らが注目を集める中で、来季、一体どの選手が輝きを放つのか、楽しみだ。

     ただ、ルーキーたちがいきなり1年目から活躍するのは、なかなか至難の技。昨年のドラフトで指名された今季のルーキーたちも然り。清宮幸太郎内野手が大きな注目を集めた中で、大きく活躍したのはDeNAの東克樹投手ら、一握りの選手だけだった。

     ドラフトの成果は5年、10年経ってみないと分からないと言われるもの。では、5年前から10年前の各球団のドラフトが、今季どのように成果として発揮されたか、1年ずつ検証していってみよう。今回はちょうど10年前、2008年のドラフト【セ・リーグ編】だ。

    【巨人】
    1大田泰示内野手(→日本ハム)104試合383打数105安14本59点 .274
    2宮本武文投手(2012年戦力外)
    3齋藤圭祐投手(2012年戦力外)
    4橋本到外野手 1軍出場なし(→楽天)
    5笠原将生投手(2015年失格)
    6仲澤広基内野手(→楽天、2014年戦力外)
    育1杉山晃紀投手(2011年戦力外)
    育2尾藤竜一投手(2011年戦力外)
    育3山本和作内野手(→オリックス、2015年戦力外)
    育4福元淳史内野手(→ソフトバンク、2013年戦力外)

    【阪神】
    ×松本啓二朗外野手
    ×藤原紘通投手
    1蕭一傑投手(→ソフトバンク育成、2013年戦力外)
    2柴田講平外野手(→ロッテ、2017年戦力外)
    3上本博紀内野手 20試合45打数19安打1本6点 .422
    4西村憲投手(2014年戦力外)
    育1野原祐也外野手(2012年戦力外)
    育2吉岡興志投手(2012年戦力外)
    育3藤井宏政内野手(2013年戦力外)

    【中日】
    1野本圭外野手(2018年引退)
    2伊藤準規投手 11試合2勝0敗1H 3.95
    3岩崎恭平内野手(→オリックス、2017年戦力外)
    4高島祥平投手(2012年戦力外)
    5岩田慎司投手(2016年引退)
    6小熊凌祐投手 8試合3勝4敗 6.23
    7井藤真吾外野手(2014年戦力外)
    育1加藤聡外野手(2012年戦力外)
    育2小林高也外野手(2011年戦力外)

    【広島】
    1岩本貴裕外野手 10試合7打数1安打0本0点 .143
    2中田廉投手 15試合0勝1敗3H 13.14
    3小松剛投手(2013年戦力外)
    4申成鉉内野手(2013年戦力外)
    育1松田翔太投手(2011年戦力外)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181223-00270807-fullcount-base

     広島の新入団発表会見が10日、広島市内のホテルで行われた。ドラフト6位・正随優弥外野手(22)=亜大=は元カープ選手の祖父・三原卓三さん(80)へ恩返しの活躍を誓った。幼少時代からマンツーマン指導を受け、プロ入りを喜んでくれた。孫の晴れ姿を見届けた三原さんも当時の思い出話を披露した。

     鯉党600人が集結した会場は期待と熱気に包まれていた。ドラフト1位・小園から始まった代表インタビュー。6番目にマイクを持った正随は堂々と決意表明し、祖父へ感謝の言葉を述べた。

     「多くの方の前で開いていただいて、緊張しています。身内でも広島の人が多いので、頑張っている姿を見せられるのはうれしい。(祖父は)小さい時、野球を始めたきっかけです。教えていただいたのもおじいちゃん。素直にうれしいです」

     物心つく前からおもちゃのバットを握っていた。祖父から「しっかり振らないと飛ばないぞ!」と教えられ、中学まで広島市内にある比治山公園で指導を受けた。日が暮れると持参した懐中電灯の出番だ。明かりをともし、祖父の上げるトスを夢中で打ち続けた。

     「強制はしていないけど、あの子は野球が好きだった。河原に行っても石を投げてね。根性もあった。小中学校の時でも怒ると、泣きながら『教えてください』と。辞めるとは一度も言わなかった」

     三原さんは晴れ舞台に立つ孫へ優しいまなざしを向け、懐かしそうに振り返った。三原さんもカープの選手だった。1956年から4年間プレー。元監督の阿南準郎氏(81)は同期入団、ドラフト当日も「おめでとう。優弥君、良かったね」と祝福の電話をくれた。「うれしかった。涙がぽろっとね」。夢に見た瞬間が訪れ、思わず感極まったという。

     正随は右の長距離砲と期待される。憧れの打者は鯉城シニア、大阪桐蔭の先輩である中田翔(日本ハム)だ。「スラッガーで活躍されている。スイングスピード、当たった時の打球のスピードは自信があります」。大卒らしくプロ1年目から勝負に挑む覚悟で、「開幕1軍でスタートしていきたい。1軍で活躍することを目標にしています」ときっぱりと言った。広島で見守ってくれる祖父へ、恩返しの活躍を届ける。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181223-00000041-dal-base

     12月半ばに差し掛かり、2018年もあとわずかとなった。ソフトバンクが2年連続で日本一に輝いたプロ野球界もすっかりシーズンオフとなり、話題はストーブリーグが中心に。各球団の契約更改も進み、FA権を行使した選手たちの去就も全て決定。新助っ人の補強も、続々と発表されてきている。



     そして、今秋のドラフト会議で指名された各球団期待のルーキーたちも正式に契約を締結。各球団で新入団選手発表会も行われており、お披露目されている。中日に入団した根尾昂内野手やロッテの藤原恭大外野手、広島の小園海斗内野手、日本ハムの吉田輝星投手、西武の松本航投手、ソフトバンクの甲斐野央投手らが注目を集める中で、来季、一体どの選手が輝きを放つのか、楽しみだ。

     ルーキーたちがいきなり1年目から活躍するのは、なかなか至難の技である。昨年のドラフトで指名された今季のルーキーたちも然り。清宮幸太郎内野手が大きな注目を集めた中で、大きく活躍したのはDeNAの東克樹投手ら、一握りの選手だけだった。

     ドラフトの成果は5年、10年経ってみないと分からないと言われるもの。では、5年前から10年前の各球団のドラフトが、今季どのように成果として発揮されたか、1年ずつ検証していってみよう。今回は6年前、2012年のドラフト【セ・リーグ編】だ。

    【巨人】
    1 菅野智之投手 28試合15勝8敗0H0S 2.14
    2 大累進内野手(→日本ハム、2018戦力外)
    3 辻東倫内野手(2018戦力外) 8試合10打数1安0本0点 .100
    4 公文克彦投手(→日本ハム) 57試合2勝0敗11H0S 2.17
    5 坂口真規内野手(2017戦力外)
    育1 田原啓吾投手(2016戦力外)
    育2 松富倫内野手(2013戦力外→ソフトバンク育成、2014戦力外)

    【中日】
    1 福谷浩司投手 29試合0勝1敗0S4H 5.00
    2 濱田達郎投手(2016戦力外→育成)1軍出場なし
    3 古本武尊外野手(2017戦力外)
    4 杉山翔大捕手 1軍出場なし
    5 溝脇隼人内野手 1軍出場なし
    6 井上公志投手(2014戦力外)
    7 若松駿太投手(2018戦力外)

    【ヤクルト】
    × 藤浪晋太郎投手
    1 石山泰稚投手 71試合3勝2敗35S7H 2.08
    2 小川泰弘投手 18試合8勝5敗0S0H 2.75
    3 田川賢吾投手 1試合0勝0敗0S0H 0.00
    4 江村将也投手(2015戦力外)
    5 星野雄大捕手(2017戦力外)
    6 谷内亮太内野手 36試合45打数10安0本7点 .222(→日本ハム) 
    7 大場達也投手(2015戦力外)

    【広島】
    × 森雄大投手
    × 増田達至投手
    1 高橋大樹外野手 6試合15打数5安0本0点 .333
    2 鈴木誠也内野手 124試合422打数135安30本94点 .320
    3 上本崇司内野手 59試合11打数1安0本0点 .091
    4 下水流昂外野手 67試合80打数21安4本12点 .263
    5 美間優槻内野手(→ソフトバンク)30試合36打数5安0本1点 .139
    育1 辻空投手(2018戦力外)1軍出場なし
    育2 森下宗外野手(2015戦力外)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00266862-fullcount-base

    このページのトップヘ