広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ニュース

     広島ホームテレビ(テレ朝系)のカープ学習バラエティー「カープ道」(かーぷどう=水曜深夜、広島ローカル)にスポーツ5紙の番記者が集結し、選手、首脳陣に見られちゃマズいマル秘情報を、20日、27日の2週またぎで大いに語る。

     MCの広島ローカルタレント・中島尚樹(44)にそそのかされるまま「投手のキーマンは?」「ニューヒーローは現れる?」などをテーマに、大胆予想&激論トーク。同局は「登場するのは一流スポーツ紙のカープ担当記者5名」と持ち上げるが、真の一流記者はいったい誰か?

     スポーツ報知の広島担当・田中昌宏記者は「デスクにオンエアを見られたら『そんなオイシいネタをなぜテレビでしゃべるんだ!』と激怒されること必至。大阪にも東京にも放送されないのをいいことに、言いたいことを言いたいだけ言いました」とニヤリだ。

     【出演】柏村翔(サンケイスポーツ)、河合洋介(スポーツニッポン)、田中哲(デイリースポーツ)、田中昌宏(スポーツ報知)、前原淳(日刊スポーツ)、MC・中島尚樹

     【放送】20日深夜0時35分、27日深夜0時20分

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00000155-sph-base

    「仮面ライダービルド」のヒロイン・石動美空役で知られる高田夏帆が、ドラマ「恋より好きじゃ、ダメですか?」で連続ドラマ初主演を果たすとわかった。


    広島RCCテレビの開局60年を記念した本作は、広島東洋カープの野球中継が早終わりの際に放送される“リリーフドラマ”。高田は、小さい頃から大のカープファンとして充実した毎日を送っていたが、恋愛は失敗ばかりの主人公・日向あかりを演じる。劇中ではあかりが、元カープ選手の“ミスター赤ヘル”こと山本浩二と同じ名前の男性と出会うことから、物語が展開していく。主題歌には、広島出身であるPerfumeの「FAKE IT」が使用される。

    この発表にあたり、高田は「元カープ北別府(学)投手の投げるシュートのように、胸にグッとくるドラマにしたいです。放送日未定という前代未聞のこのドラマを、カープ戦と一緒にお楽しみください!」とコメントしている。

    「恋より好きじゃ、ダメですか?」は、各話15分、全12話構成となる予定。3月末から9月末にかけて、RCCテレビのカープ戦野球中継が早終わりとなったタイミングで放送される。

    ■ 恋より好きじゃ、ダメですか?
    RCCテレビ 2019年3月末~9月末 放送表内の野球中継時間が早終わりのタイミングで放送


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00000049-nataliee-movi

    広島中崎翔太投手はしばらくノーワインドアップで復調のきっかけを探っていく。

    これまではセットポジションからの投球だったが、連動性など投球感覚が上がらずキャンプ後から試してきた。9日のDeNA戦では実戦で初めて実践した。「故障するリスクを避けるためにもスムーズに体を使えないといけない。もう少しタイミングを合わせていきたい」。試行錯誤しながら、開幕までに仕上げていく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-03100795-nksports-base

     巨人OBの槙原寛己氏(55)が7日未明放送のTBS系「今秋開幕!世界野球プレミア12 ~侍ジャパン世界一奪還へ~」で「侍ジャパン夢のベストナイン」を選んだ。

     今回はNPB所属選手限定で選出した。槙原氏が選んだベストナインは以下の通り。

     ▽投手 菅野智之(29)=巨人=

     「悩みません。国際大会でしっかり実績を残してます。日本のマウンドを守って欲しい」

     ▽捕手 甲斐拓也(26)=ソフトバンク=

     「そんなに国際大会は点が入らないですから、そういう意味では盗塁を許すというのは、非常に失点をする可能性がある。“甲斐キャノン”は国際舞台でも通用する」

     ▽一塁手 山川穂高(27)=西武=

     「4番をしっかり争うような打撃を期待しています」

     ▽二塁手 山田哲人(26)=ヤクルト=

     「言うまでもない実績。トリプルスリー3回、とんでもない選手ですよ。足も使えて打撃力もある」

     ▽三塁手 岡本和真(22)=巨人=

     「若手有望株、急成長。何とか中心を担う選手になって欲しいという期待も込めて」

     ▽遊撃手 坂本勇人(30)=巨人=

     ▽外野手 筒香嘉智(27)=DeNA=、柳田悠岐(30)=ソフトバンク=、鈴木誠也(24)=広島=

     「守りなれたところがいいと思う。(レフトの)筒香は簡単に決めました。(柳田は)左の大砲はどうしても欲しい。もっと伸びていく鈴木をライトに」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00000182-sph-base

     「オープン戦、広島4-1巨人」(5日、マツダスタジアム)

     巨人・原辰徳監督が指揮官として4年ぶりに対戦した広島の強さを口にした。



     リーグ3連覇王者との今季初対決は、相手の2ラン2本の前に敗戦。自軍の攻撃は好機にあと1本が出ず「(相手は)少ないチャンスをものにする、ああいう場面で長打が出るというのはね。壁はかなり高いなという感じですね」と表情を引き締めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00000110-dal-base

     広島の堂林翔太内野手が18日、韓国・起亜タイガースとの練習試合で豪快な2ランを放ち、三塁の定位置奪取へ猛アピールした。


     スタメン予定だった安部友裕がインフルエンザにかかったことが試合直前に発表され、急きょスタメンとなった堂林。「(移動の)バスで(安部がインフルエンザになったことを)聞きました。準備はできていました」。1、2打席目では凡退したものの、5回に迎えた3打席目でバックスクリーンに2ランを叩き込んだ。会心の一撃に「自分でも良いスイングができたと思います。反省点は多々ありますけれど、まず打てたことは良かった」と安堵の表情を浮かべた。

    「前の打席で投手側に体が流れる悪い癖が出ていたので、それを出さないように心掛けました」と振り返った。課題については「守備です。もう、下手くそすぎて……。今日の守備も全然ダメでした」。時折見せた堅守について振られても、自身の守備を酷評し続けた。

     今季から本格的に三塁の練習を“再開”。「まだ練習あるのみです。今年はもう、結果を出すのみ。1日1日を無駄にせず、過ごしていきたい」。堂林は10年目のシーズンに向け、最後は表情を引き締めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00301413-fullcount-base

     「練習試合、広島-KIA」(18日、コザしんきんスタジアム)

     広島・堂林翔太内野手が2ランを放った。5点リードの五回、無死一塁からバックスクリーンへ突き刺した。

     この試合は安部がスタメン予定だったが、インフルエンザ発症のため欠場。代わって「6番・三塁」で出場した堂林がチャンスをモノにした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000081-dal-base

     「練習試合、広島-KIA」(18日、コザしんきんスタジアム)

     広島・安部友裕内野手がインフルエンザに感染したため、練習を欠席した。インフルエンザ感染は庄司、山口に続きチーム3人目となった。

     「6番・三塁」で先発予定だった今年初の対外試合、韓国・KIA戦には、代わりに堂林が入る。

     練習試合の先発は以下の通り。

     【広島】

    1番・遊撃 田中広

    2番・二塁 菊池涼

    3番・DH 長野

    4番・右翼 鈴木

    5番・左翼 松山

    6番・三塁 堂林

    7番・一塁 メヒア

    8番・捕手 坂倉

    9番・中堅 野間

       投手 床田



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000052-dal-base

     野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は18日、沖縄・那覇市内で記者会見を行い、3月9、10日に行う強化試合メキシコ戦のメンバー28人を発表。日本ハム・清宮幸太郎内野手、ヤクルト・村上宗隆内野手、オリックス山本由伸投手ら11選手が初選出となるなどフレッシュな顔ぶれが集まった。


     シーズン開幕2週間前で調整が難しい中で行われる国際試合。最多選出は昨年2年連続日本一を飾ったソフトバンク、巨人の4人。ソフトバンクからは下手投げ右腕の高橋礼、昨季守護神だった森唯斗、強肩で“甲斐キャノン”の異名を持つ甲斐拓也、攻走守三拍子揃った上林誠知外野手が選ばれた。巨人からは岡本和真内野手、17年13勝を挙げた左腕・田口麗斗を始め、小林誠司捕手は17年WBC以来2年ぶりの選出。プロ3年目で飛躍が期待される吉川尚輝内野手は初選出となった。

     一方で、1人も選出されなかったのが昨季10年ぶりのリーグ優勝を飾った西武だ。昨年11月の「2018 日米野球」には常連の秋山翔吾外野手を始め、多和田真三郎投手、森友哉捕手、山川穂高内野手、源田壮亮内野手、外崎修汰内野手の5人選出。12球団最多となる6人が選ばれたが、一転して12球団唯一の選出なしとなった。

    「2018 日米野球」では阪神、オリックスが選出なしだったが、阪神から昨季打率.274、初の2桁11本塁打をマークした大山悠輔内野手、オリックスからは救援から先発転向する山本由伸、プロ3年目の先発右腕・山岡泰輔、昨季打率.321、26本塁打、86打点をマークした4番の吉田正尚外野手が選ばれた。セ・リーグ3連覇中の広島からは野間峻祥外野手が唯一選出された。

    ソフトバンク(4人):高橋礼、森唯斗、甲斐拓也、上林誠知
    巨人(4人):田口麗斗、小林誠司、吉川尚輝、岡本和真
    日本ハム(3人):清宮幸太郎、近藤健介、西川遥輝
    オリックス(3人):山岡泰輔、山本由伸、吉田正尚
    ロッテ(3人):松永昂大、田村龍弘、中村奨吾
    DeNA(3人):山崎康晃、今永昇太、三上朋也
    ヤクルト(3人):梅野雄吾、原樹理、村上宗隆
    楽天(2人):森原康平、田中和基
    広島(1人):野間峻祥
    中日(1人):京田陽太
    阪神(1人):大山悠輔



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00300969-fullcount-base&pos=1

     「広島春季キャンプ」(16日、沖縄)

     広島は16日、庄司隼人内野手と山口翔投手が「インフルエンザA型」に感染したと発表した。

     2人はこの日の練習を回避。沖縄市内の病院で診察を受けていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000066-dal-base

    このページのトップヘ