広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    ニュース

     ◇侍ジャパン強化合宿(2017年2月24日 宮崎市・宮崎県総合運動公園)

     侍ジャパンの重要な打順を鈴木が担う。ソフトバンク戦では、4番・筒香、5番・中田の後の「6番・右翼」に名を連ねた。

     走者がたまった場面での打席が増えることも予想されるが「自分で決めようとは思わない。1点をどう取るか。それが勝敗に関わってくるし、ヒットじゃなくても点は取れる」と、得点するためのチーム打撃に徹する心構えを示した。

     打撃練習では62スイングで4本の柵越え。バント、右打ちなどチーム打撃も確認した。「いろんなことが求められる打順。練習から意識していかないと、試合でうまくいかない」。鈴木の働きによっては、大量得点につながる可能性もある。昨季29本塁打した長打力も大きな魅力。鈴木の自在性が侍ジャパンの得点力の鍵を握っている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170225-00000088-spnannex-base

     昨季のセ・リーグMVP、広島の新井貴浩(40)が、宮崎・日南での2軍キャンプに居残って懸命の打ち込みを続けている。盟友だった“男気”黒田博樹氏が、昨季限りで電撃引退。キャンプ初日には、「ここに黒田さんがいないのは寂しいなあ、とつくづく感じる」と、ホームシックならぬ“黒田シック”にかかっている複雑な心境を口にしていた。

     これまでは、黒田の練習に取り組む姿勢と、試合では相手に向かっていく気迫を見せることでチームはひとつにまとまり、新井は、その黒田をフォローするようにリーダーシップを発揮していた。だが、昨年10勝8敗を挙げたチームの精神的支柱がいなくなったのだ。

     新井は、「代役は僕が務める」と意気込んでキャンプインしたが、リーダーの責任をたった一人で背負わねばならなくなった。そういうプレッシャーも、“黒田シック”につながっていたのかもしれない。だが、新井は「もうその気持ちは吹っ切れました」とキッパリと言う。

    「いつまでもあると思うな、黒田さん……なんです。もう黒田さんがいたらなんて言っている場合じゃない。僕もそうだし、黒田さんの抜けた穴をどう埋めるかを託されているピッチャー陣もそう。選手みんながよくわかっています。昨季もマエケンが抜けてどうするんだ? と言われましたが、全員で埋めましたよね」

     確かに昨季は、ポスティングでドジャースに移籍した前田健太が、前年の2015年に残した29試合に先発、206回3分の1を投げて15勝8敗という数字を綺麗に埋めて優勝を飾った。

     数字だけで比較すれば、黒田の24試合先発、151回3分の2、10勝8敗の成績を埋めるのは、マエケンのそれよりはハードルが低いのかもしれない。だが、前述したように黒田には、チームを内側からひとつにまとめるという数字に現れないプラスアルファがあった。結果と共に、背中と行動でチームを引っ張ったのである。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000002-wordleafs-base

     第4回WBCに出場する侍ジャパンのキーマンに胸の内を聞くインタビューは広島・鈴木誠也外野手(22)が登場。昨季大ブレイクした野手最年少の神ってる男は、「全部勝ちたい。ウンともスンとも言わせたくない」と、強気に語り、無傷での世界一を力強く宣言した。(取材・構成=角野敬介、長田亨)

     胸が高鳴る。燃えてくる。鈴木は初体験となる世界一決定戦へ向けて、きっぱりと言い切った。

     「全部勝ちたい。ウンともスンとも言わせたくない。手も足も出ませんでした、と。やっぱり日本すごいわ、と。今まではチームでは勝っても、個々では勝てないと、言われることもあるじゃないですか。そうは言わせたくない」

     WBCへの憧れは昔から強かった。過去を振り返りながら、自身が立つ舞台に思いをはせた。

     「1回目はタッチアップでの誤審【注1】。2回目はイチローさんのヒット【注2】。見てたのは見てたんですけど、漠然と見ていただけ。いつか代表に選ばれたいなと思っていたけど、こんなに早く選ばれるとは思っていなかった」

     4年目の昨季、大ブレイクを遂げた。神懸かり的な活躍【注3】で、緒方監督が鈴木を評した「神ってる」は流行語大賞を受賞。リーグを代表する外野手に成長し、野手では最年少ながら激戦区の侍の外野のレギュラー争いに割って入る存在になった。

     「分からないことだらけだからこそ楽しみ。思いきってやりたいですね。若いんで、ビビっててもいいことないですから」

     右翼が本来の定位置だが、状況によっては中堅、左翼を守る可能性もある。代打、代走、守備固め…。フル回転が求められる立場だ。

     「日本のためならどこでも、何でもやる。持っているのは出したい。(試合に)出てナンボだとは思うけど、とにかく勝てればいい。自分が出て打って勝てればいいんですけど、この大会はそうではない。みんなで勝ちにいくことの方が大事。そんなに自分が自分が、というふうにはならない」

     国際大会は、2年目の14年のシーズン終了後に第1回21UW杯(台湾・台中)を経験。昨秋の強化試合は、それ以来の日の丸を背負ってのプレーだった。

     「やっぱりチームで戦うのと緊張感が違った。負けたくないし、ほかの国になめられたくないというのはあった。そのプレッシャーが違った」

     それは鈴木の野球哲学にも通じる。自他共に認める負けず嫌い。国を背負って戦う以上、その気持ちはより強くなる。

     「シーズン中は自分自身がなめられたくないと思ってやっている。それと日本という国がなめられたくないという思いは、また変わってくる。とにかく負けたくない。強化試合でも負けたくない。ぼくは小学校からあまり強いチームでやってこなかった。ワンマンというか、自分で投げて打ってというチームで、よりそういう気持ちが強かった。弱いチームだけど、絶対になめられたくない、負けたくない、そういう気持ちでやっていた」

     たとえ打撃練習だったとしても、納得いく打撃ができなければ心の底から悔しがる。いつでも、どんなシチュエーションでも勝利への欲求は人一倍強い。だからこそ、WBCで絶対に忘れられないシーンがある。2009年の第2回大会、第2ラウンドの韓国戦だ。

     「韓国に旗を立てられた試合【注4】。あれはやっぱり見ててイラッとしたし、悔しかった。人になめられるのあまり好きじゃないから」

     8年前、日本は世界の頂点に立った。だがそれ以上に、当時14歳だった鈴木にはライバルに負けた記憶が強く残る。

     「何とも思わない人もいるけど、ボクは嫌っすね。野球では誰にも負けたくないという気持ちがあるから」

     侍の「51番」の先輩にあたるイチローは、06年大会で「戦った相手が、向こう30年は日本には手が出せないなと、そんな感じで勝ちたい」と言い放ち、世界一へと引っ張った。新しい「51番」も、強烈な自負を胸に戦いに臨む。

     【注1】06年の2次リーグ、日本・米国戦。同点の8回1死満塁から岩村の左飛で三塁走者・西岡が生還するも、デービッドソン球審はタッチアップが早過ぎるとして、セーフの判定を覆しアウトに。「誤審」で日本の勝ち越し点を消滅させた。

     【注2】09年の第2回大会。韓国との決勝戦でイチローは延長10回2死二、三塁で守護神・林昌勇から中前へ決勝の2点打を放った。

     【注3】昨年6月18日のオリックス戦(マツダ)の9回に2試合連続となるサヨナラ弾。緒方監督が「今どきの言葉で言うなら『神ってる』」と絶賛した。

     【注4】09年の第2回大会、第2Rの韓国戦。日本に4―1で完勝しお祭り騒ぎの韓国ナインが、ペトコ・パークのマウンド上に国旗を突き刺した。06年の第1回大会でも同様のシーンがあった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000061-sph-base

     「広島春季キャンプ」(21日、沖縄)

     広島・堂林翔太内野手(25)がキャンプ休日の21日、“新井打法”の完成を目指し、23日からの対外試合に臨むと宣言した。20日に1次キャンプ地の日南から2次キャンプ地の沖縄へ移動。師匠の新井は日南に残るが、独り立ちに不安はない。金言を胸に刻み、鯉のプリンスが28日までの実戦6番勝負でも大暴れする。


     宮崎から沖縄に場所を移し、いよいよレギュラー争いが本格化する。22日に2次キャンプがスタートし、23日から28日まで対外試合6連戦。背水の覚悟でキャンプを過ごす堂林が、実戦6番勝負に挑む。

     「結果が出ても出なくても気にしすぎないようにしたい。後先を考えず、一打席一打席という気持ちを忘れずにやりたいと思います」

     決戦を前に、堂林は言葉をかみしめるように決意表明した。沖縄で目指すのは新井打法の完成だ。昨季はわずか47試合の出場にとどまり新井に弟子入り。打撃指導を受け「上からたたく」という意識を徹底した。「グリップが投手に見えないように、体側に手が隠れないように」。新井の教えを動画でチェックし、自分の形と比較。自然と師匠そっくりに変貌を遂げたフォームも板に付いてきた。

     日南キャンプでは実戦の結果につなげた。3度の紅白戦、オリックスとの練習試合の計4試合全てに先発出場。12打数4安打4打点、打率・333と快音を響かせた。「堂林はいい打撃の状態が続いている」。緒方監督からも高く評価され、キャンプ前半の“MVP”にも選出された。

     ここまでの取り組みが結果に反映され、堂林自身も納得顔だ。「この時期はいつも良くなかったけど、実戦でいい結果が出て、内容も良かった」。まだまだ手探り状態ながら、少しずつ手応えをつかみつつある。

     沖縄キャンプに師匠はいない。新井は日南に残り、打ち込みを行うことが決定。それでも不安はない。これまで通り、新井打法を貫くだけだ。「『継続できるように』という言葉をもらいました。『今の打ち方を変えることなく、続けていきなさい』と言われています」。キャンプ中に授かった金言は、しっかりと胸に刻んだ。

     今キャンプでは外野守備を猛特訓中。不慣れなポジションだが、「毎日少しでもいいので前に進めたらいい」と懸命に食らいつく。外野の開幕スタメンは中堅・丸、右翼・鈴木が既定路線。堂林は左翼をエルドレッド、松山、野間らと争う。プロ8年目は勝負の年。鯉のプリンスが沖縄でもMVP級の輝きを放つ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000013-dal-base

    <今日の一番>

     成人して一番初めの日に誓った。広島塹江敦哉投手が21日、沖縄で20歳の誕生日を迎えた。前日20日に宮崎・日南から沖縄市に移動。この日は22日からの2次キャンプを前にした休日で、十分に体を休めた。「今年はチームに貢献して、ビールかけをしたい。大人になったので責任感を持ってやっていきたい」


     まだ3年目。昨年、優勝決定後に1軍デビューし、3試合で経験を積んだ。合計の防御率は11点台と苦いものだったが、中日担当として忘れられないマウンドがあった。9月16日の中日戦(マツダスタジアム)。野村、大瀬良のあとを継いだ19歳左腕は、最終9回を3者凡退にして完封リレーを締めてみせた。

     0-8で大敗した中日はこの時点で、4年連続のBクラスが確定した。記者は「広島との絶望的な差を露呈」と書いた。その表現は、高卒2年目の若ゴイがはねるように150キロを投げ込む姿に導かれたといってもいい。中日担当でありながら、たまたま20歳の誕生日に立ち会い、しかも一番の笑顔を見てしまったが、シーズンでは「敵」になる。中日は昨年、広島に7勝17敗1分け。成人はおめでたいが、美酒を飲ませるわけにいかない。【中日担当 柏原誠】


    引用元 http://www.nikkansports.com/baseball/news/1782193.html

     「広島春季キャンプ」(22日~、沖縄市)

     沖縄2次キャンプが22日にスタートする。宮崎・日南での1次キャンプに続き、25日に沖縄市でも25年ぶりのリーグ優勝を祝う凱旋パレードが開かれる予定で、街中は歓迎ムードが高まっている

     主催の広島東洋カープパレード実行委員会によると、午後4時半から緒方孝市監督(48)や選手らが沖縄市空港通りをパレード。その後、ミュージックタウン前の特設ステージで、優勝報告セレモニーが行われる。

     5日に開催された宮崎県日南市でVパレードでは、1万2千人の観衆が詰めかけ、熱い声援を送った。南国の地でも再びファンを盛り上げる。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/02/21/0009934212.shtml

     「広島春季キャンプ」(19日、日南)

     会沢がバットでアピールした。紅白戦に白組の「8番・捕手」で先発出場し、両軍無得点で迎えた三回2死一、三塁から岡田の直球を捉えると、打球は右中間を深々と破った。

     13日、14日に行われた紅白戦でも計5安打しており、好調をキープしている。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/02/19/0009928707.shtml

     広島は19日、宮崎・日南市内で行われている春季キャンプに参加している打撃投手とブルペン捕手の10人が体調不良を訴え、練習を欠席していると明かした。

     鈴木球団本部長は「一昨日、昨日から打撃投手とブルペン捕手が体調不良を起こした。大量発生している。(今日は)チームに合流せず、ホテルで待機させている」と説明した。

     この日の打撃練習では緒方孝市監督(48)がトス打撃のトス役、石井琢朗打撃コーチ(46)がフリー打撃の打撃投手を務めるなど、1軍コーチ陣が一人二役でフル回転している。


    引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/12693814/

     広島・鈴木誠也外野手(22)が日南キャンプから“秘密兵器”を導入したことが9日、わかった。スポーツ用品メーカーの(株)アシックスが開発した打撃に特化したスパイクで、地面をかむグリップ力を高めるため、両足の外側に4枚のブレード(刃)を配置したのが特徴。昨季使用したものと比べると軽量化にも成功しており、トリプルスリー達成を後押ししそうだ。

     早くから公言する“目標”達成に向け、心強いアイテムが見つかった。第2クール最終日を迎えた日南春季キャンプ。例年以上のスイング量をこなし、活気あふれる若ゴイたちの中で一際、異彩を放つのが誠也だ。評論家や他球団007から挙がる感嘆の声。足もとに秘密の一端があった。

     「グリップ力は確かに上がる。下(地面)をかんでいると感じるので。ブレードが多いので、左右の動きにも効果があると思います」

     スポーツ用品メーカーの(株)アシックスが研究開発した、打撃に特化したスパイクがそれだ。用具提供を受けていることから、昨年末に提案され、オフの自主トレで試用。同社とアドバイザリー契約を結ぶ選手に先駆け、プロとして初めて本格的に使い始めた。

     その特徴はブレードにある。右打者だと、軸足の右足で踏ん張って左足で止まる動作の際、地面をしっかりグリップするよう、左右両足の外側に4枚のそれを集中的に配置。同社の担当者によると、アマチュア選手のデータではスイングスピードが向上したという。

     昨季までは、同学年で仲の良い日本ハム・大谷と同じスパイクを使用。夏場に疲れが出やすいことからクッション性を重視し、9枚のブレードをバランスよく配置したものを履いていた。今回導入したそれは、昨季のものと比べると若干軽量化にも成功。走塁面でも効果が見込めるもようだ。

     「今は試している段階です。自分はシーズン中に感覚が変わるタイプ。人工芝と土の球場でも感触は変わると思うので」

     今春は「慣れるため」守備走塁でも既に着用する。打率・335、29本塁打はもとより、昨季の16盗塁にも上積みが期待できるとあれば、フィットした際には「自分は入った時からずっと、そこを目指してやってきている」と公言する3割、30本塁打、30盗塁達成を後押ししそうだ。(江尾 卓也)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-00000083-spnannex-base

     夕暮れの中で、懸命にボールを追っていた。広島がキャンプを張る日南市。1軍が居を構える天福球場から車で15分ほど離れたところにある東光寺球場に、彼の姿はあった。キャンプ3日目。2軍がキャンプを開始する7日まで使用可能なこの地で、外野手の特守に汗を流していた。



     堂林翔太、25歳。中京大中高時代にエースで4番として母校を全国制覇に導き、鳴り物入りで広島に入団。将来のスター候補として期待されてきた男だが、はや8年目。背水の覚悟で、2017年シーズンのスタートを切った。

     元来、内野手が本職の堂林だが、昨秋、首脳陣の方針もあって、外野手へコンバートされることになった。14年に47試合で守ったことはあるものの、15、16年は経験なし。「まだまだ素人なんで、日々前進していく、上手くなっていければいいかなと思います」と、外野手としての力をつけるために、キャンプでは必死に打球を追いかけている。

     プロ3年目の12年に144試合に出場した。488打数118安打、打率.242、14本塁打、45打点をマーク。一気にレギュラー定着、球界を代表する打者への飛躍を期待されたが、そこから成績は下降線を描いた。昨季は47試合出場。60打数14安打は、双方とも12年以降で最少の数字だった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170204-00010004-fullcount-base

    このページのトップヘ