広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ニュース

     プロ野球ドラフト会議から約2週間。投打の「二刀流」で注目され、4球団競合の末に中日入りした根尾昂(あきら、大阪桐蔭高)は、プロでは遊撃手で勝負することを明かした。そのショートで根尾に負けない評価を得たのが、広島が1位指名で交渉権を得た小園海斗(兵庫・報徳学園高)だ。高評価の理由は何だったのか。

     ドラフト当日。照明がともった報徳学園のグラウンドで、小園は仲間から祝福された。遠巻きで目を細める大角健二監督がつぶやいた。「まさか、ここまで評価されるとは思っていませんでした」

     9日に広島と仮契約した小園は、4球団から1位指名された。報徳学園では1年からレギュラーをとり、2年で高校日本代表の正遊撃手を任された。俊足強打の左打者として、3年夏の甲子園では8強入りの原動力になった。ただ、周囲は今年のドラフトの目玉だった根尾と同等まで評価が上がるとは思っていなかった。

     ところが、スカウトたちの目は違った。ソフトバンクは、ドラフト前に王貞治会長が小園の1位指名を公言した。永井智浩編成・育成部長兼スカウト室長は、「守備で肩も、捕る能力もある。3割30盗塁はいける選手だと評価している」と語った。オリックスの長村裕之球団本部長も、「ショートでしっかりレギュラーをとれる走攻守がある」と、全ての面で評価していた。

     DeNAの高田繁・前GMは根尾との違いについて語った。「足がスペシャルだからね、彼の場合は。バッティングも守備も根尾に負けないところがある」。50メートル走は根尾の6秒1に対し、小園は5秒8。機動力を武器に相手の隙を突く報徳学園で磨かれた脚力で高評価を得た。

     そんな逸材を引き当てたのは広島だった。担当した鞘師(さやし)智也スカウトは報徳OB。小園が1年の頃から追いかけてきた。「脚力もあり、打撃にも柔らかさがある。三拍子そろった選手で、カープの野球にぴったり」と指名理由を語った。「今年の1月までは単独指名でいけると思っていたけど、彼の頑張りもあって、最後は神頼みでした」と、4球団が競合したことについて苦笑いで振り返った。

     遊撃手としては、どうか。根尾は高校時代、投手との「二刀流」に挑んでいたこともあり、ショートとしては伸びしろがあるとみられている。一方の小園はショート一筋。現段階では、経験値で上回っており、今夏の日本代表でも小園が遊撃を任され、根尾は外野と投手で先発した。

     広島と中日。同じセ・リーグに飛び込む根尾を、小園自身はどう見ているのか。「ずっとショートとしてライバルと思っているのが根尾。全てにおいて負けたくない」。今夏の全国選手権を沸かせた「100回世代」を代表する2人は、次はプロでもしのぎを削ることになりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000079-asahi-spo

    活躍への感謝を込めたポスターが車内にあふれています。

    今季限りで現役引退したカープの新井貴浩選手の特別電車をJR西日本が特別編成しました。

    JR広島駅に滑り込んできた電車の外観はいつもの通勤電車でした。

    しかし、一歩車内に入った乗客はいつもと違う様子に気づきました。

    「すごいですね、新井さん。お疲れさまでしたという感じです」
    (女性客)

    6両編成のうち前から3両は、全ての広告枠が新井選手への感謝を伝える113枚のポスターで埋まりました。

    写真は、クライマックスファイナルで同点打と決勝打を放った新井選手と菊池選手が肩を組んでファンからの祝福に応えるシーンでした。

    乗客は携帯電話で写真を撮影したり、SNSにアップしたりしていました。

    「黒田選手と抱き合った時にすごく感動したので、お疲れさまでしたと言いたいですね。盛り上げてくれてありがとうございます」

    「こういう企画はあまりないので珍しいと思いますし、長く続いてほしいと思います」
    (以上 男性客)

    この特別電車は11月下旬まで毎日、山陽線と呉線、可部線のいずれかの区間を走ることになっています。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00212100-rccv-l34

     広島が9日、鈴木誠也外野手(24)が広島市内の病院で、昨年の手術箇所である右足関節の抜釘手術を行ったと発表した。

     鈴木は昨年8月下旬に右くるぶしを骨折。手術を経て、今季は124試合に出場した。打率・320、30本塁打、94打点の好成績でチームをリーグ3連覇に貢献。日本シリーズでも打率・455、3本塁打を放つ活躍で、敢闘賞に輝いていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000128-dal-base

     今オフFA戦線の目玉となっている広島・丸佳浩外野手(29)に関する“臆測”が次々と広がっている。丸は広島市に本店を構える地方銀行のCMに出演中だが、ネット上では「契約を打ち切ったらしい」などの書き込みが散乱。移籍を前提としたかのような怪情報に周囲はピリピリしている。その一方で同僚の松山竜平外野手(33)は9日、今季取得した国内FA権を行使せずカープ残留を表明。こちらは一安心だ。

     丸は7日に今季取得した国内FA権の行使を表明した。球団サイドが宣言残留を容認していることから「他球団の評価を聞いてみたい」と決断。早速、巨人とロッテが丸獲得に名乗りを上げている。

     広島の鈴木球団本部長は「もし、向こう(丸)から契約についてでも何でも聞きたければいつでも聞く」と話したように交渉には快く応じる姿勢を貫いているが、9日にマツダスタジアムを訪れた丸は「特に(話はして)ないです」とだけ話し、屋内練習場で汗を流して帰路に就いた。

     そもそも事前に複数年契約を提示するなど交渉の話はまとまっており、鈴木本部長は「あとは彼の判断を待つだけ」と静観。改めて話し合う機会をセッティングする必要はないのかもしれない。そんな中、背番号9の動向には注目が集まるばかりで周囲からは様々な情報が飛び交っている。

     丸は現在、2014年からイメージキャラクターを務める「もみじ銀行」のCMに出演中。そのCM内では踊りを披露するシーンもあり“丸ダンス”として話題となったが、ネット上では「契約を打ち切ったようだ」「口座を解約したらしい」という情報源のはっきりしない書き込みが後を絶たない。

     これについて、もみじ銀行の担当者は「口座については個人情報ですので申し上げることができません」としながらも「インターネットではいろいろ書かれているのを見ましたが、CM契約の打ち切りの話などは全く出ていません。実際に今もテレビなどでCMを放送していますし、丸選手がチームに残るか他球団に行くのかが決まらないとこちらも動くことができないのです」と困惑した様子。ただ「丸選手の代わりになる人はいませんので、ぜひ残っていただきたいです」と残留を熱望した。

     一方「家族は関東に引っ越した」という一部情報に丸は「引っ越してないですよ!」とキッパリ否定。FA時に噂話はつきものだが、決着がつくまでこの手のデマに本人も周囲も散々悩まされそうだ。






    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181110-00000017-tospoweb-base

    FA権行使を宣言したことで、今後の去就が気になる広島カープの丸選手ですが、いち早く、丸選手への思いを打ち出した企業があります。

    丸選手がイメージキャラクターを務める広島市のもみじ銀行本店では、2つの懸垂幕を掲げました。

    『まるで夢のよう!感動の三連覇!』もう一つは、『よし!ひろしま一丸で次の夢へ!』。

    一見すると、普通のメッセージですが・・・。
    そこには、丸選手の名前、『まる』『よしひろ』が隠されています。

    【もみじ銀行経営管理部・來島康浩部長】
    「皆さんが気付かれるかな?という風に思っていましたけどもかなりツイッターなどでつぶやかれているようでしたので、その反響の大きさにびっくりしました」

    もみじ銀行では、丸選手が誰からも愛され走攻守3拍子揃っていることから、そういった企業でありたいと願い5年前からイメージキャラクターに抜擢しています。
    懸垂幕には、『まるで感動』『まるで三連覇』『丸』…と丸選手への愛であふれています。

    【もみじ銀行経営管理部・來島康浩部長】
    「ぜひ広島に残ってがんばって頂きたいなという思いが少しでも伝わればという事でこの懸垂幕を作らせて頂きました」

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000003-tssv-l34

     ◇SMBC日本シリーズ第6戦 広島0―2ソフトバンク(2018年11月3日 マツダ)


     広島は3日、ソフトバンクとの日本シリーズ第6戦(マツダ)に0―2で敗れて4連敗を喫し1984年以来、34年ぶりの日本一には届かなかった。今季限りで現役引退する新井貴浩内野手(41)は8回に代打で出場したが遊ゴロに終わった。20年間のプロ人生に終止符を打ち、本紙に独占手記を寄せた。

     最高の舞台を最後にユニホームを脱ぐことができた。こんなに幸せな野球人生はない。今回と同じように引き分けから始まった32年前の日本シリーズ、当時は小学4年生のカープファンだった。第8戦に敗れた後、引退する山本浩二さんが胴上げされた光景を覚えている。同じように…とは思わない。ただ、完全燃焼できたと胸を張って言える。やり残したことは何もない。

     後輩たちには感謝しかない。この6試合。勝敗を超えて素晴らしい戦いだった。ベンチから応援する時間が多くても、一緒に戦えたことが誇らしい。みんな2年前の日本シリーズから成長し、本当にチームとして一つにまとまった。誠也は自分が打った時だけでなく、チームメートが打った時も全身で喜びを表した。初めて4番を任され、自分のことで精いっぱいだった昨季とは違う。ひと回りも、ふた回りも大きくなった。みんな自慢の後輩たち、自慢の弟たちだ。日本一の夢は弟たちに託したい。きっとやってくれる。

     すべての人との出会いに感謝したい。入団当時は駒大の先輩で大下剛史さんがヘッドコーチだった。厳しく指導された。だから、いまがある。歴代の監督にも感謝しかない。山本浩二さんには迷惑ばかりをかけた。金本知憲さんには若い頃はかわいがってもらって、どこ行くにも一緒だった。不振で一番落ち込んだ時に打撃を教えてくれた。

     そして、黒田博樹さん。自分にないものを持っている。プロとしての厳しさであり、プライドだ。実績を積んだメジャーから帰ってきても全く変わっていなかった。だから格好いい。ぶれない。自分をしっかり持っていて、どこにいこうが流されない。

     野球の神様はいる…と信じてやってきた。中学でも高校でも大学でも自分よりもうまい選手はたくさんいた。長所は何か…と考えた時にへたくそでも、とにかく一生懸命やる、全力で何事も取り組むしかないと思った。プロである以上、結果は大事だ。同時に結果が全てではないとも思う。だから、20年間を振り返った時に誇れるのは数字や記録ではない。どんな時も一生懸命にやるという原点だけは忘れなかった。

     もう二度と戻れないと思ったカープで最高の時間を、それも4年間も過ごすことができた。復帰後最初の打席では罵声を覚悟した。なのに…。あの大歓声はいまも胸に残る。もうユニホームを脱いでもいいとさえ思った。それほど大切な宝物をもらった。ファンの方には感謝以外ない。本当にありがとうございました。(広島東洋カープ内野手)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00000073-spnannex-base

    <SMBC日本シリーズ2018:広島0-2ソフトバンク>◇第6戦◇3日◇マツダスタジアム


    ありがとう、新井さん-。広島新井貴浩内野手(41)が、20年間のプロ野球生活に幕を下ろした。日本シリーズはソフトバンクに1勝4敗1分けで敗退し、新井の現役最後の試合となった。8回、先頭打者の代打で登場し、本拠地の大歓声の中、遊ゴロ。34年ぶり日本一で花道を飾ることはできなかった。

       ◇   ◇   ◇

    新井コールが幾重にも連なった。8回、代打で2-2から武田の直球をフルスイングした。遊ゴロ。歯を食いしばって一塁へ疾走。全力プレーを貫いた。家族が見守る中、これが最後の打席となった。9回は守り慣れた一塁に入り、終戦を迎えた。ベンチで腕組みし、ソフトバンクの胴上げを見つめた。

    「最後まであきらめていなかった。もちろん悔しさもあるが、それ以上にみんなにありがとうという気持ちが強い」。敗戦直後はチームメート1人ずつと握手して感謝を伝えた。

    体力、技術の衰えは感じない。食欲もそう。よく同席する球団スタッフは変わらぬ食事量に驚く。動体視力の低下もないという。「よくベテランが真っすぐを捉えたと思って空振りとか言うでしょ。でも自分は去年、12球団で真っすぐをヒットにする確率が一番高かったんですよ」。今季は変化球で攻められ「それを狙い打った」。まだまだ現役でやれる。でも、惜しまれつつ、ユニホームを脱ぐ。「自分が決めたことだから」と後悔はしていない。

    金本前阪神監督とチームメートだった中堅時代、大目玉を食らった。チャンスで凡退し、悔しくてベンチにヘルメットを乱暴に置いた。試合後、尊敬する兄貴分から「あの行動は何や! 野球は1人でやるんとちゃう。チームの雰囲気が悪くなる」と殴られかけた。怒りを示すより先にやることがあると教えられた。それが今も生きている。チームは家族同然なんだと。

    今シリーズ第5戦は7回に代打で登場。そのまま指名打者に入ったが、延長10回は代打曽根を送られた。「自分が代わったことじゃなくて、海成、頑張れと思っていた。頼むぞと。代打でバントってすごくプレッシャーがかかる。すごいよね。一発で決めるんだから」。悔しさよりも、後輩を全力応援。その姿勢が実に新井らしい。

    「カープは家族のようなチーム。今みんなすごく結束している。引き継いでいって欲しい」。果たせなかった日本一は後輩に託す。記録にも記憶にも残る希代のスター。ありがとう、新井さん。感謝を込めた歓声は、いつまでも続いた。【大池和幸】

    ◆新井貴浩(あらい・たかひろ)1977年(昭52)1月30日、広島県生まれ。広島工-駒大を経て98年ドラフト6位で広島入団。05年に球団タイの6試合連続本塁打。07年オフにFAで阪神移籍。08年北京五輪では日本代表の4番を打った。同年12月から12年まで労組プロ野球選手会会長。

    14年オフ、阪神に自由契約を申し入れ広島復帰。通算2000安打を達成した16年に打率3割、101打点でリーグMVP。05年本塁打王、11年打点王。ベストナイン2度、ゴールデングラブ賞1度。実働20年の通算成績は2383試合、7934打数2203安打(打率2割7分8厘)、319本塁打、1303打点。189センチ、102キロ。右投げ右打ち。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00381878-nksports-base

     球団史上初となるセ・リーグ3連覇の偉業を果たした広島カープ。菊池涼介内野手は二塁手として両リーグトップの守備率.995を記録し、華麗な守備で栄冠に貢献した。17日からは、マツダスタジアムで行われる巨人とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージに挑む。


     5年連続でゴールデングラブ賞を受賞した名手はメジャーリーガー顔負けの華麗な守備でスタジアムを沸かせている。圧倒的な守備範囲とトリッキーで高度な技術は一体どうやって培ったのだろうか。菊池はFull-countの単独インタビューで、最強二塁手誕生に大きな影響を与えた大学4年間について語ってくれた。

    ――菊池選手の守備については、日本の野球ファンなら誰もが知るところです。WBCでは海外メディアでも「忍者守備」と称賛されました。学生時代からの練習の賜物だったのでしょうか?

    「高校時代(武蔵工業大学第二高校)はひたすら基礎練習でした。しこたまノックを受けましたし、ランニングスローなんてやったことはありませんでした。その後、進学した大学(中京学院大)がすごく自由で。大学時代にノックを受けた回数は滅茶滅茶少ないです。その代わり、自分でどうすれば効率よくアウトを取れるのか。高校の3年間が基礎だとすると、大学の4年は応用ばっかりやってきました。ランニングスローとか、グラブトスとか……。格好付けていただけかもしれませんが、この4年間でやってきたことが今、生きているのかもしれませんね」

    ――高校時代の3年間に徹底した基礎がベースとなった(大学の)4年間の応用の日々なんですね。菊池選手は中京学院大の自由な雰囲気と守備の応用編へのレベルアップを求めて、進学を決めたのでしょうか?

    「実はそうではないんですよ(笑)。最初は行きたい学校もあって親に相談したんですけども、お金がかかるって言われたんで。(学資を)払えないということで断念した時に、中京学院大が選択肢に出てきました。ここの監督が決まったから相談したらどうだ、と言われて。そこで電話してみたんですよ。まあ、練習参加に行った時は驚きました。『何だこれは』というぐらい、草野球のような印象でした。『オレはこんなところでやるのか』と実は心の中で思ったんですけど(笑)。いざ入ってみたら楽しく野球をすること、みんなでバッティング練習に行ったりするのが、今までない新鮮さで。すごく楽しかったですね。

     違う野球をやれると言うか、失敗したらすごく怒られるとか、高校時代の部活ではそういう部分を過ごしてきた反動もあったからかもしれません。だからみんなで負けた後も、『じゃあ次、次!』っていう感じで切り替えられるところを見て、こういう野球もあるんだっていういい意味で衝撃を受けました。自由の中に厳しさもありました。大学の野球部の出会いが自分のキャリアにとっては大きかったですね」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00228240-fullcount-base

     27日に開幕する日本シリーズの対戦カードが、広島―ソフトバンク戦に決まった。広島のホームであるマツダスタジアムで開幕する。7試合とも開始予定は午後6時30分。主な開催要項は以下の通り。

     (1)試合方式 7試合制。一方のチームが4勝した時点で終了。

     (2)日程 雨天などでの中止は、その球場で順延。第1、2戦での中止の場合は第2、3戦の間に移動日を設ける。第3戦以降が中止となった際は移動日は設けない。

     (3)第8戦以降 引き分けがあって第8戦が必要な場合、第7戦の翌日に同じ球場で実施。第9戦は移動日を設け、もう一方の球場で行う。

     (4)延長 第7戦までは延長12回で打ち切り。第8戦以降は制限を設けない。サスペンデッド・ゲームは行わない。

     (5)DH(指名打者) ソフトバンクがホームの第3~5戦で採用。

     (6)審判 6人制。

     (7)開門 原則として試合開始の2時間前。

     (8)出場有資格者 10月25日正午までに、出場資格のある監督、コーチ、選手の名簿をコミッショナーに提出する。選手は8月31日現在の支配下選手で、40人以内。名簿が公示された以降は変更できない。

     (9)ベンチ入り 監督1人、コーチ8人、選手25人、マネジャー1人、トレーナー1人、スコアラー1人、通訳2人、広報担当1人。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000147-spnannex-base

     19日、セ・リーグCSファイナルS第3戦でセ・リーグ3連覇の広島が巨人を5―1で破り、アドバンテージを含む4連勝で2年ぶり8度目の日本シリーズ進出を決めた。


     広島の圧倒的な強さに思わぬ余波を受けたのが、俳優の八嶋智人(48)だ。20日のシリーズ4戦目で始球式に登場する予定だったが、3戦目で早くも決着がついたため出番がなくなった。

     八嶋は広島の2年ぶりとなる日本シリーズ進出が決まると、すかさず自身のツイッターで「カープ日本シリーズ出場決定!おめでとうございます。本当にうれしいです」と祝福。「明日始球式する者としては複雑な広島の夜です。でもでもクライマックスシリーズ通過を広島で味わえて幸せなのです。ありがとうございました」と複雑な心境をつづった。

     さらに「幻の始球式。日本シリーズ出場は目出度い。だからもうホテルの部屋で投げて街に繰り出してみたよ」とホテルの一室で投球する写真と、広島の背番号25のユニフォーム姿のまま街を歩く写真を投稿。このツイートは反響を呼び、ファンからは「幻と言わず、是非日本シリーズで始球式をして下さい」などの声が寄せられていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00000079-spnannex-ent

    このページのトップヘ