広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ニュース

     広島は8日、菊池涼介内野手(29)から要望されたポスティングシステムを利用してのメジャー移籍を容認すると発表した。数日前に球団に申し入れがあり、鈴木清明球団本部長(65)が「彼はこれまで球団に多くの貢献をしてくれた。彼のチャレンジを尊重したい」とコメントした。

     菊池涼は昨年12月の契約更改後、ポスティングシステムを利用してのメジャー挑戦希望を表明。その席で「野球をやっている以上はトップのレベルでやってみたい」と公言していた。

     最大の売りは球界ナンバーワンの広い守備範囲と強肩。二塁手として2013年から7年連続ゴールデングラブ賞に輝いた。通算成績は1047試合で打率・271、85本塁打、379打点、107盗塁。16年には最多安打のタイトルを獲得した。今季の年俸は2億4000万円。メジャーの評価はどれほどなのか。

     メジャーリーグ事情に詳しいスポーツライターの友成那智氏はこう見る。

    「近年の打撃成績が物足りませんから、レギュラーというより、内野のユーティリティーという立場でなら可能性はあるかもしれません。チーム事情でいえば、まずはマリナーズでしょう。正二塁手のゴードンはもちろん、内野陣全体がボロボロで再建を迫られていて、内野の守備力が高い選手を求めています。現在、菊池雄星が在籍しているように、日本人選手を評価する球団でもあります。あとはレンジャーズ。二塁手のオドーアは打撃はいいが、守備はからっきし。機動力を重視するチームカラーのうえ、現在も2人のアジア人メジャー選手が所属している。ゴードンもオドーアも左打者のため、右打者の菊池涼を併用して起用することができます。1年契約で年俸は100万ドル(約1億1000万円)ほど。2年目は球団側に200万ドルのオプション、10万ドルのバイアウトがつく感じでしょう」

     米球界移籍が実現しなかった場合、球団は残留を受け入れる意向だという。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-00000021-nkgendai-base

     11月2日(日本時間3日)に開幕した「第2回 WBSCプレミア12」。来年に控える東京五輪の前哨戦となるこの大会で、稲葉篤紀監督率いる野球日本代表「侍ジャパン」は悲願の優勝を目指し、戦うことになる。11月5日、台湾・桃園市でのオープニングラウンド初戦でベネズエラと対戦する予定だ。


     この大会を中継するテレビ朝日系列で解説を務めるのが、元広島の前田智徳氏。かつて“天才打者”と称された前田氏がFull-Countの単独インタビューに応じ、今大会に臨む侍ジャパンについてや見どころなどについて語った。

     2015年の前回大会は3位に終わり、悲願の世界一を逃すことになった侍ジャパン。今大会こそは頂点に立ち、そして来年に控える東京五輪に向けて弾みをつけたいところだ。そういった国際大会で必ずと言っていいほど侍ジャパン打線に突きつけられる課題が、外国人投手が投げる”速く動くボール“への対応。前田氏によれば、こういったボールへのアプローチは右打者と左打者では異なるという。

     打者にとって手元で“速く動くボール”とは、どれほど厄介なのか。“天才”と称された前田氏は「見極めが難しいですよね。ピッチャーによって曲がりが遅かったり、速かったりするんです。そのボールを引きつけて我慢してポイントを近くしないといけないのか、もしくは曲がる前に捉えるのか」と語る。

     そして、そういったムービングファストボールへの対応の仕方は「右バッター、左バッターで変わってきます」と前田氏は言う。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00591404-fullcount-base

     広島の松山竜平外野手(34)が24日、国内フリーエージェント(FA)権を行使せずチームに残留すると明言した。

     秋季練習中のマツダスタジアムで取材に応じ、「宣言しないです。僕は出るつもりないです。(今季は)ふがいなかったので、借りを返さないと。来年、日本一になれるよう頑張ります」と明言した。さらに「(生涯広島?)その気持ちが強いです」と語気を強めた。

     松山は昨季、国内FA権の取得要件を満たしたが、昨オフは権利を行使せず残留していた。この日からFAの有資格者が権利を行使するための申請期間が始まり、11月1日に締め切られる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00000142-sph-base

     ―他球団の評価を聞きたくなかったか。

     「それはね、まあ…。けれど、やっぱり先ほども言いましたが、やっぱりカープの評価がどれくらいなのかというのが一番だったのかなと思います」

     ―家族の反応は。

     「そうですね。そこは一番悩みました。親父の勝手な都合で子供に迷惑をかけられないなっていうのもあったし。(家族も広島に残りたがっていた?)そうですね。子供たちに聞いても『広島が好き』ってのがありました。まあ嫁にはね『もうあなたに任せます』という言葉をもらったので」

     ―佐々岡監督には決断を伝えたか。

     「はい伝えてます。『よろしく、ありがとう』と(言ってもらえた)。はい」

     ―監督の慰留が決断に影響したのか。

     「それは間違いなくあります。はい」

     ―条件は。

     「一応、複数年ということで。3年ですね、はい」

     ―3年契約はうれしかった。

     「まあそうですね。やっぱり会見でも言いましたけど、誠意っていうのが一番心に響いたというか、はい」

     ―権利を持つ野村、菊池涼、松山のチームメートにメッセージを。

     「それはね、僕はもう、一緒にプレーしたいというのが本音です。僕もやっぱりFA権を取って考えることがたくさんあったので、その気持ちも分かります。でも基本は一緒にプレーしたいというのが本音です」

     ―ファンの手紙は届いたのか。

     「はい。球団の方に。(残留を願う内容?)まあ、ありましたし、うれしかったですね」

     ―気持ち的にスッキリしたのか。

     「スッキリはしてますけど、やはり今年のシーズンは悔しい思いをしたので、そこは来年に向かってやっていかなくちゃいけないと思っています」

     ―生涯広島でプレーするつもりか。

     「やっぱり僕は1年勝負だと思ってますから、この世界は。成績が伴わなかったらダメだと思います」

     (退室間際に頭を下げながら)

     「これからもよろしくお願いします」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00000123-sph-base

     ―今後の役割は。

     「やっぱり今年はホントに悔しい思いをしましたし、それはみんなが思っていることだと思う。この秋はそういう(V奪還へという)方向に向かっていると思う。僕も一緒になってやっていきたいと思います」

     ―他球団の評価は聞きたくなかったか。

     「一番はやっぱり、カープがどれくらい僕のことを評価してくれるかっていうことだった。その中で球団から、すごい温かいお言葉、うれしいお言葉をいただいた。そこまで悩まなかったっていうのも、正直な感じではあります」

     ―評価のポイントは。

     「僕はキャッチャーですし、選手会長もやらせてもらっているので、そういうところも評価していただいたのかなと思います。うん、そんな感じですかね」

     ―今の気持ちは。

     「一番はホッとしたというよりも、また来年やってやるぞという思いが強いです」

     ―佐々岡監督の胴上げへ。

     「やはり今年の成績は、ひとりひとりが反省しなくちゃいけないと思ってます。僕もしっかりと反省をして、監督とともに、もう一回リーグ優勝を目指していきたいなと思っています」

     ―ファンにメッセージを。

     「はい。えー、うん。ファンのみなさんには、えー、手紙もたくさんいただきましたし、うん。熱い声援も、これからね、またしてくれると思います。うん。また、うん(声を詰まらせる)。うん…うん。ファンの皆さんと一緒に喜びをね、分かち合えるように、必死になって頑張っていきたいと思います」

     (囲み会見)

    ―最初から残留の方向性だったのか。

     「そうですね。その方向性の方が高かったですね」

     ―誰と相談したのか。

     「いろんな人です(笑い)。やっぱり相談して、いい言葉(をもらったこと)もありましたけど、最終的に決めるのは自分だと思っていたので。でも『残ってほしい』とか『出ていかない方がいいんじゃないか』という言葉もたくさんいただきましたね」

     ―ファンへのメッセージのくだりで感極まる場面も。

     「まあ『どこに行こうが応援する』っていう言葉をたくさんいただきましたし、やっぱり『残ってほしい』という言葉もたくさんもいただいたので」

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00000122-sph-base




    再会、そして再戦へ。広島長野久義外野手(34)が25日、マツダスタジアムでの全体練習に参加した。巨人阿部の引退表明後、初めて公の場に姿を見せて先輩への感謝の思いを口にした。


    すでに優勝を決めている巨人と再戦するには、CS圏内の3位に入らないといけない。まずは自力進出へ、27日中日戦で必勝を期す。

       ◇   ◇   ◇

    普段はあまり多くを語らない長野が珍しく胸の内を言葉に乗せた。昨年までのチームメート巨人阿部が引退を表明。直接連絡をもらい「頑張れよ」と声をかけられた。プロとしての姿勢、主力選手としての立ち居振る舞いなどを教えてくれた先輩への感謝と再戦の思いが自然と口をついた。

    「9年間、本当に一緒にプレーさせてもらって勉強になりました。自主トレに連れて行ってもらって、野球だけでなくいろんなことを教えてもらいました。寂しいですね」

    10年の巨人入団から昨年までお世話になった。11年からはグアム自主トレに同行。野球に取り組む姿勢だけでなく、痛みに耐えながらグラウンドに立ち続ける背中を見てきた。「捕手という一番大変なポジションで毎日試合に出る準備を教えてもらった。(自分が)ケガをしても痛いとは言えなかったのは、阿部さんがいたから」。最後はいたずらっぽい笑顔を見せたが、学んだことは数え切れない。ともに過ごした時間は長野の血肉となっている。

    今年は敵として戦った。広島は4連覇こそ逃したが、優勝した巨人と再戦するチャンスは残っている。3位に入り、クライマックスシリーズ(以下CS)に勝ち進めば、ファイナルステージで対戦することになる。阪神が残り3試合で1試合でも落とすか、27日の中日との最終戦に勝利すればCS進出の3位が決まる。「(再戦の)チャンスもあるので、しっかり27日の試合をみんなで勝つことを、だと思います」。中軸での先発出場が見込まれる最終戦で必勝を期す。

    9月は月間打率3割3分3厘を残し、最近3試合では打率5割3分8厘、1本塁打、5打点をマークする。巨人時代にCS36試合を経験し、日本一も知る長野が日本シリーズ出場権をかけた最高の舞台での再会を目指す。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-09250797-nksports-base

     広島・鈴木誠也外野手との真剣交際が報じられた元新体操日本代表でタレントの畠山愛理が18日、都内で行われた「いきいき茨城ゆめ国体」の記者発表会見に出席した。


     畠山は熱愛発覚後、初の公の場に登場。取材対応では報道陣が「広島の…」と切り出したところで関係者が質問を制し、畠山は「すみません…」と笑顔でペコリ。体操の山室光史がその様子を見てニヤリとするなど、和やかな空気が流れた。

     ふたりの交際は8月に写真週刊誌「FRIDAY」が報道。これを受ける形で鈴木もデイリースポーツの取材に「いいお付き合いをさせてもらっています」と、認めた。同い年、同じ東京出身、同じアスリートと共通点も多いビッグカップルとして注目を集めた。

     畠山は12年ロンドン、16年リオと2大会連続で五輪に出場。現在はキャスターとしてNHK「サンデースポーツ2020」に出演している。

     山室、競泳の坂井聖人と行ったトークショーでは国体について「都道府県対抗で、国内の五輪という印象。若い選手が世界で活躍している選手と同じ舞台で戦える」と魅力を語った。今後の目標は「新体操を日本でもっとメジャーに!」と掲げ、「指導者はいつかやってみたい。将来的に子どもたちに新体操の楽しさを伝える存在になりたい」と瞳を輝かせた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00000114-dalv-ent

    今回、関西空港で声をかけたのは、米国からやって来たアニータさん一家(左から、母・娘・孫)。16年前から広島に住んでいる息子さんに会って、みんなで大好きな広島東洋カープの試合を観に行くんだって。法被やTシャツなど、応援グッズもばっちり持参。これまで母娘で6回の観戦経験があり、「昨年は満塁ホームランを2発も見た!」と喜ぶ、カープ愛溢れる家族なのだ。「メジャーリーグより、日本のカープが好きじゃけん!」という一家と一緒に応援がしたいと密着を申し込むと、大歓迎してくれたので密着決定!


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00010001-tvtplus-life

     ロンドン、リオデジャネイロ五輪の新体操日本代表で、スポーツキャスターの畠山愛理(24)が11日、キャスターを務めるNHK「サンデースポーツ2020」(日曜後9・50)に出演。広島の鈴木誠也外野手(24)と交際していることが明らかになってから初の出演で、交際をイジられる場面があった。



     冒頭で、大越健介キャスター(57)から「きょうはプロ野球の取材ですか?」と聞かれると、畠山は照れながらも「いいえ、違います。お台場の海に行ってきました」と笑顔で答えたもの。

     8日には、鈴木が報道陣からの質問に「隠すつもりはありません。いいお付き合いをさせてもらっています。ただ、シーズン中ですし、相手のお仕事もあることなので」と堂々の交際宣言。畠山の所属事務所も「プライベートなことは本人に任せております」としている。

     この日、畠山は何も語ってはいないが、輝くばかりの笑顔が順調な交際をうかがわせていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00000248-spnannex-spo

     「阪神4-2巨人」(31日、甲子園球場)

     阪神の鳥谷敬内野手(38)が8月31日、甲子園球場で取材に応じ、球団から現役引退の勧告を受け、今季限りで退団することを明らかにした。今季が5年契約の最終年となる鳥谷は「タイガースでユニホームを着てやるというのは今シーズンで最後」と語った。今後は引退か他球団での現役続行かの選択となるが、球団との会談の中では現役へのこだわりを見せたという。


     その指先は、静かに震えていた。あふれる思い、紡ぎ出す言葉。鳥谷がタテジマ一筋の16年間に、別れを告げる。「タイガースのユニホームを着てやるのは、今シーズンで最後になります」。残された選択肢は引退か他球団での現役続行。そのどちらにも、阪神・鳥谷は存在しなかった。

     「自分の言葉で伝えたい」-。

     喜びも、苦しさも味わってきた。今季は「野球を続けるか、辞めなきゃいけないか。大事な1年になる」と話していた5年契約の最終年。その去就が注目される中、ベテランを突き動かしたのはファンへの思いだった。

     「ファンの皆さんに、今シーズンでタイガースのユニホームは脱ぐということを伝えたいなというのが、一番の思いです」

     時刻は23時を過ぎていた。30日・巨人戦の試合後。球場を一歩出ると、そこには美しい景色が広がっていた。「たくさん自分のタオルを広げて、今まで以上にたくさんの方々が広げてくださってる姿を見てね」。雨上がりの空の下。名前が刻まれたタオルは何枚も揺れ、鳥谷の瞳に映った。

     試合前練習後、甲子園室内練習場控室で行われた写真撮影NGの会見。5分間の激白は、ファンへの感謝の時間となった。29日の午前中に、球団事務所で揚塩健治球団社長らと行われた会談。その席で「引退してくれないか」と言われたことを包み隠さず明かし、「事実上の戦力外だと思う」と自らの立ち位置を受け止めた。会談の席で、鳥谷自身は現役続行への強いこだわりを見せていたというが、この日は「いろいろ考えながら決めていきます」と話すにとどめた。

     神宮の空につぶやいたあの日から、5日がたった。「最後になるかもしれないから」。不退転の覚悟を胸に、これからも進んできた道を信じ続ける。誰もいない室内練習場に、この日も真っ先に足を踏み入れた。

     「CSに出られれば、優勝のチャンスも出てきますし。そこを一番に考えて、しっかりチームに貢献したい」

     この日は七回1死、梅野の打席中にネクストバッターズサークルに姿を見せたが、梅野が三振に倒れるとベンチへ。ドリスの代打に送られた中谷が決勝ソロを放ち、鳥谷の出番は最後までなかった。

     残されたのはファンに「ありがとう」を伝える時間だ。どんな選択をしたとしても、最後まで鳥谷敬は鳥谷敬であり続ける。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190901-00000022-dal-base

    このページのトップヘ