広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ニュース

     マツダスタジアムは曇天のなか全体練習が行われた。練習前に球団職員がシートを引き上げて整備を行った。気になる18日の天気は17日午後6時の時点で、曇りのち雨。午前中の降水確率は10%と低いが、練習が始まる正午から試合開始の午後6時までの降水確率は40%。さらに試合が行われる午後6時以降は70%まで上がる。

    【写真】さすが阪神園芸さん匠の技!無事プレーボール/詳細

     全体練習終了後のグラウンドには整備の後、普段通りシートがかけられた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00030403-nksports-base

     刻一刻と迫る大一番へ、セ・リーグ覇者に抜かりはない。広島は15日の全体練習で、急きょマツダスタジアムのナイター照明の下、外野の芝の上で約1時間、野手全員が順番にノックを受けた。

     雨が降りしきるグラウンドにナインの声が響き渡った。CSファイナルSが開幕する18日と、翌19日の天気は雨予報。どんなグラウンド状況にも対応できるよう、当初予定になかった屋外ノックをメニューに組み込んだ。

     くしくもこの日、甲子園でのCSファーストS、阪神-DeNA戦は雨の中で行われた。両軍選手がぬかるみに足を取られ、水たまりで勢いを失う打球に苦戦した。それだけに河田外野守備走塁コーチは「やらないでやられると後悔する。やっときゃよかったと思う。そういうのをなくしたいと思って」と、自らバットを握り飛球を打ち続けた理由を説明した。

     同時に、選手が本拠地のナイター照明の下でプレーするのは9月28日のヤクルト戦以来。田中が「久しぶりだったので、距離感など確認した。シーズン中から悪天候でも守ることはあるので特に変わりはないですが、全てに注意しながら守った」と話せば、外野手の野間も「ナイターや雨の中ではボールの見え方が全然違う。普段以上に警戒心を持ってやらないといけない」。勝つための備えは十分。あとは、相手を待つだけだ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00000034-dal-base

     「練習試合、広島15-2JR西日本」(11日、マツダスタジアム)

     広島が5本塁打を含む20安打15得点と快勝した。「4番・左翼」で出場した松山竜平外野手(32)は三回に2ランを放った。


     2-1の三回2死一塁。左腕・西川の初球、内角寄りの132キロ直球を完璧に捉えた。打球は高々と舞い上がり右翼席へ着弾。リードを広げる2ランとなった。「外の真っすぐを想定していたら、甘くきたので、しっかりと振れました」と納得の一打。18日からのCSファイナルSに向けて頼もしい姿を見せつけた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000111-dal-base

     広島育成の松浦耕大捕手(24)が4日、来季の契約を結ばないことを通達された。

     松浦は14年育成ドラフト1位でMSH医療専門学校入団。16年には四国アイランドリーグplusの愛媛に派遣された。

     在籍3年も結果を残せず「何とか支配下になって1軍に上がってと思っていたけど。プロに入ってレベルの高さを痛感した。独立リーグに派遣してもらったり、いろんな経験をさせてもらった」と語った。トライアウトを受けるかも含め、今後は未定。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00019377-nksports-base

     プロ野球の広島東洋カープが37年ぶりのリーグ連覇を果たし、興奮も冷めやらぬ9月20日、外国人観光客でにぎわう古都奈良で、カープ優勝記念の「豆腐の無料配布」が行われた。広島と奈良の共通点として思い浮かぶのは、奈良公園と宮島にたわむれる鹿くらい。なぜ奈良でカープなのか?そしてなぜカープ優勝で豆腐なのか?


     午後1時半過ぎ、近鉄奈良駅前の広場に突如現れた赤備えのスタッフたちが手にするのは、真っ白な豆腐、豆腐、豆腐。カープの帽子にカープの法被、ズボンや靴まで全身真っ赤でキメた「きたまち豆腐」店主の藪田洋輔さん(40)が、昨年に続いて計画した「豆腐の消費拡大キャンペーン」のふるまい豆腐が始まると、待ち構えていた人たちや通りすがりの観光客が列を作り、約200丁用意した手づくり豆腐は20分ほどでなくなった。

     しかし、テーブルの前をよく見てほしい。晴れがましくプリントされているのは「広島東洋カープ連覇おめでとう」の文字。奈良生まれ奈良育ちの藪田店主、実は小学1年生から大のカープファンなのだ。2009年、阪神なんば線の開通によって甲子園と一直線になったはずの奈良だが、言わずと知れた近鉄王国。当時の野球少年はパ・リーグは「近鉄」、セ・リーグは「巨人」か「広島」のファンが多かったのだとか。

     13年にオープンした「きたまち豆腐」は現在、奈良市内に2つの店舗を構える。厳選した国産大豆を使って毎朝手づくりされる、なめらかでもっちりとした豆腐のほかに、豆乳おからドーナツや豆乳プリン、この夏登場した豆乳ソフトクリームも好評だ。店主自らラッパを手にしたリヤカーでの引き売りは、奈良のちょっとした風物になりつつある。

     とはいうものの、豆腐消費は年々減少、製造事業所も5万以上あった1960年(昭和35年)をピークに今では全国で8000カ所ほどに。県内の豆腐店で修業したあと、「豆腐受難時代」にあえて独立開業した藪田店主の「豆腐愛」と、店内の壁一面にカープグッズを飾るほどの「カープ愛」、この2つが「カープ優勝記念ふるまい豆腐」を実現したというわけだ。

     さらにこの日は「奈良に熱烈なカープファンがいるらしい」という情報を聞きつけた広島ホームテレビ「あっぱれ!熟年ファイターズ」がふるまい豆腐の取材に。番組のMCを務める渡辺弘基氏とレギュラーの松本裕見子さんも豆腐の配布に参加した。渡辺氏はカープ初優勝の75年(昭和50年)に中継ぎとして活躍、当時の古葉竹識監督から「陰のMVP」とたたえられた往年の名選手。「タイガースファンも巨人ファンもどうぞ!」と豆腐を配っているところに、愛用するタイガースグッズを見せつけながら豆腐をゲットするつわものの女性も。

     カープ優勝が、遠く古都奈良で思わぬ活気を生み出した今回のふるまい豆腐。日本シリーズで優勝した暁には、ビールかけのあと豆腐で一杯、としてもらいたいところだ。

     ふるまい豆腐の様子は、広島ホームテレビで9月30日の朝9時30分から生放送「あっぱれ!熟年ファイターズ」内の特集「奈良はじめて物語」で放映される予定だという。(デイリースポーツ特約記者・鹿谷亜希子)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00000038-dal-life

     プロ野球広島カープがセ・リーグ連覇を達成後、JR広島駅構内で好調な売れ行きを見せている弁当があります。その名は「カープ日本一優勝祈念弁当」。カープの応援弁当を10種類以上販売する広島駅弁当(本社・広島市東区)が昨年に続き販売しています。優勝後は1日に400個以上売れている験かつぎ弁当にはファン心理をくすぐる仕掛けと担当者の熱い思いが込められています。


     昨年の「カープ日本一優勝祈念弁当」はペナントレースと日本シリーズを重ねて勝つという願いを込めた「ミルフィーユカツ」、ウィナー(優勝者)にちなんだ「ウィンナー」などの具材でした。今年はセ・パ11球団の本拠地のご当地グルメなどを詰め合わています。

     フタを開けると、色とりどりの食材です。セ・リーグは、たこ焼きが阪神、シューマイ・ごま団子がDeNA、かんぴょう巻が巨人とヤクルト。パ・リーグは辛子めんたいこがソフトバンク、みそポテトが西武、牛タンが楽天……。広島がCS(クライマックスシリーズ)、日本シリーズで対戦する可能性のあるチームのご当地グルメもあります。

     広島駅弁当営業部の小田一彦課長(60)のよると、具材を選ぶのに苦労した球団もあったそうです。「阪神のたこ焼き、楽天の牛タンはすぐに思いつきましたが、巨人とヤクルトの東京はぴったりとくる具材がなかなか見つからず、焦りました」。発売時期は昨年と同様に9月上旬と決めていましたが、広島のマジックが昨年よりも早く8月上旬に点灯。時間との勝負でした。

     17年度バージョンの弁当には「敵チームを食べて打ち勝とうという思いを込めました」と小田さん。弁当のパッケージには「今年こそ絶対日本一??」の文字とともに緒方監督が選手に胴上げされているイラスト。指揮官が笑顔で宙を舞っています。

     昨年のパッケージは緒方監督の胴上げシーンは同じですが、文字は「絶対見たい、この瞬間!!」でした。17年度バージョンでは胴上げに参加する選手の顔ぶれ、選手の胴上げする位置も変わっています。小田さんは言います。「今年活躍した選手がなるべく真ん中にくるようにしました」。細かいことですが、実はこの配慮こそが、一番大事なことだと思います。担当者のカープ愛を感じます。

     昨年はファンの願いはかなわず、日本一を達成することはできませんでした。リーグ連覇後、広島の街では日本一を願う声が多く聞かれました。今年の「カープ日本一優勝祈念弁当」には担当者らの強い思いが込められています。昨年の「絶対見たい、この瞬間!!」から「今年こそ絶対日本一??」。

     弁当は税込み1080円。販売期間は日本シリーズ終了まで設定していますが、広島がCS(クライマックスシリーズ)で敗退、日本一を逃した時点で販売は終了する予定ですが、小田さんは「負けは想定していません」。33年ぶりの日本一へ、弁当には応援用のユニホームが抽せんで33人に当たる応募はがきが付いています。【松浦隆司】(ニッカンスポーツ・コム/コラム「ナニワのベテラン走る~ミナミヘキタヘ」)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00010790-nksports-ent&pos=1

     プロ野球・広島東洋カープのセ・リーグ連覇を祝おうと、緒方孝市監督の実家が経営する鳥栖市本通町の鮮魚店「フィッシュ金梅(かねうめ)」が23日、優勝記念セールを行い、本マグロの解体ショーもあった。開店前から長蛇の列ができ、身動きが取れないほどの客でにぎわった。

    開店と同時に100人を超す買い物客が店内に殺到した。緒方監督の妹婿で社長の内山洋さん(48)らがカープのユニフォーム姿で接客。2連覇にちなみサンマ5尾を200円の特価で提供し、2千円の福袋もあっと言う間に売り切れた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00010003-saga-l41

     ◇セ・リーグ 広島3―2巨人(2017年9月23日 マツダ)

     広島のドラフト4位ルーキー、坂倉将吾捕手(19=日大三)が23日、”憧れの人”阿部慎之助捕手(38)のいる巨人戦(マツダ)でプロデビューを飾った。

     3―2と1点リードで迎えた8回、1死走者なしの場面で9番に入っていた2番手投手・ジャクソンの代打としてプロ初出場。ルーキーのデビュー戦にスタンドのカープファンからは大きな拍手が送られた。

     注目のプロ初打席は巨人3番手の左腕・池田といきなり左対左の対決。だが、1球見逃した1ストライクからの2球目、内角直球を振った当たりはレフトフライに終わり、守備にはつかず交代となった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000114-spnannex-base

     広島のサビエル・バティスタ内野手(25)が20日、マツダスタジアムで行われた全体練習に参加。フリー打撃で快音を連発した。

     リーグ連覇を決めた18日阪神戦(甲子園)では決勝打をマーク。ここ一番で勝負強さを発揮し「タイミングの取り方を変えたんだ」と好調の秘訣を明かした。

     その夜は人生初のビール掛けを体験。「初めてだったけど、楽しかったです。みんなにビールを掛けられた」と笑顔で振り返った。人気のクレート通訳も参加したそうで「楽しかったです。畝コーチ、迎コーチにビールを掛けました。またやりたいね」と笑った。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000120-dal-base

    このページのトップヘ