広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ニュース

     広島の菊池涼介内野手(27)が春季キャンプ休日の5日、スポニチ本紙の単独インタビューに応じた。リーグ3連覇と日本一を大目標に掲げ、自身3年ぶりの全143試合出場に強い意欲を燃やす今季。従来通り先頭に立って攻守走で貢献するだけでなく、チームのまとめ役として「嫌われ役」をいとわない決意を激白した。(構成・江尾 卓也)

     ――キャンプは第1クールが終わった。自主トレを含めて順調?

     年末にロサンゼルスで自主トレし、股関節や肩甲骨周りの可動域を広げるトレーニングをやってきました。動いていなかったものが動くようになったので、感覚の違いは確かにあるし、今まで通りにプレーすると怖いので、確認しながらちょっと抑えめに、自分のペースで調整してきた感じですね。

     ――新年は静岡で自主トレを行った。

     帰国後すぐに自主トレを始め、休む期間がほぼなかったので、体が覚えているというか、(始動した)7日からすぐに動ける感じでした。(静岡では)バランスよく練習できたと思います。

     ――今キャンプは攻守走バランスよく?

     守備はノック量が多いし、対応できると思うので、いつもは打撃が主でした。ただ、マークがより厳しくなる今季は走塁の重要度が恐らく増す。一塁走者で出塁した時に(ヒット)1本で帰って来るとか。かき回す走塁は意識を持って取り組もうと思います。

     ――リーグ3連覇を目指す今季は、チームのまとめ役も担う。

     昨季の優勝は打線が(原動力)…と言われたけど、今季は投打が…言われるぐらいチーム力を高めたいですね。キャンプイン前日の1月31日に選手会メンバーで集まり、投手と野手で食事しながら話し合ったんです。

     ――どんな話を?

     お互いに意見を出し合おう…と。コーチ陣に対してもそう。唯々諾々と従うのではなく、気が付いたことがあれば現場の選手側から積極的に提案し、自分たちの思いを言葉にして伝えていく。意見を言うということは、自分に自信がないとできないし、責任も負う。そういう環境をつくっていこう…と皆で話をしました。空気を変えたい。投手陣には特に期待しています。

     ――今までは?

     野手から投手に言うことはあるけど、その逆は基本的にない。野球は投手が9割と言われているぐらいなので、そういう体質も変えないといけない。そこが変わってくれば、(今季は)面白くなると思いますね。

     ――菊池選手自身が周りに声を掛けるケースが増えていきそう。

     新井さん、石原さんからも“一番しんどい立ち位置かもしれないし、苦しいかもしれないけど、嫌われ役になってほしい”と言われているんでね。そういう立場だと思うし、先輩たちからもそう言われている以上、若い選手たちを気に懸けていかないといけない。

     ――なるほど。

     ただ、自分がしっかりしていないと、言えることも言えないのでね。活気あふれるチームになるよう、自分なりに締めるところは締めて、選手会長の会沢さんらと一緒に頑張ろうと思います。

     ――カープのよさは、ベテランから若手まで皆が同じ方向を向いて戦っていること。

     確かに新井さんや石原さんの存在は大きいけど、頼ってばかりではね。会沢さんやボク、丸、(田中)広輔らで締められればと思うので。そこが今季のカギだと思います。

     ――守備の話を聞かせてほしい。キャンプで意識している練習は?

     しっかり正面に入ること。正面のゴロが弱いと自覚しているので、正面でしっかりバウンドを合わせて捕ることを、練習では意識してます。

     ――菊池選手の守備に憧れる子どもは多い。上手になる秘訣は?

     小さい頃はヒマがあれば壁当てをしていました。でも、一番はめちゃくちゃノックを受けた高校時代。受けないとわからない感覚があるんです。4~5年一緒に自主トレしている庄司(隼人)が上手になった好例で、ノックを受けてなんぼ。もちろん基本は大事ですが、何百本、何千本のノックを受けて、自分で発見することが高校の時にはあった。それが大きいですね。

     ――プロに入って自信を得たのはいつ?

     野球の知識がほとんどない中で、1年目から(野村)謙二郎さんや高(信二)さん、(石井)琢朗さんに毎日ノックを受け、突っ走ってきました。1~2年目は、カバーリングやカットに入る位置とか、教えてもらうことばかり。3~4年目からいろんなことを覚え、徐々に自信が持てるようになったかな。下手クソでしたけど、自信を持って守っていれば…ね。野球はメンタルが大きいので。

     ――今季から併殺時のベースタッチがリプレー検証になる可能性がある。何か対策は?

     実際にWBCでも1回検証され、(離塁が)早いと判断されてセーフになったことがありましたからね。ベースから離れるのが明らかに早いプレーもあるので、そこは厳しく取ってもらっていい。ボクらプレーヤーからすれば、確実にベースタッチしてから送球しないといけない。新しいチャレンジというかね。普通のことではあるけど、流れ作業ではいけないので、見つめ直さないといけない部分はありますね。

     ――なるほど。

     ただ、ボクはそんなに気にしていないですけどね。(二塁ベース上で)止まっていても、投げられる自信があるので。セカンドは止まって投げることが多いけど、ショートは流れで(ベースに)入っていくプレーが少なくないので、セカンドよりショートの方が気になるかも。

     ――では、3連覇を目指す今季は個人的にどんな1年にしたい?コンディション維持の上で苦しかった昨季の経験を踏まえて。

     一番の目標は元気で1年を過ごし、全試合に出ることですね。欠場した阪神戦で3つやられた(5月5日~7日)ように、ケガやコンディション不良でチームのワンピースが欠けたら、パズルが完成しない。センターラインの要と言われる以上、何とか元気な姿を1年間見せていたい。丸や広輔が全試合に出ている以上は一緒にプレーしたいし、元気でいないと打席にも立てないので、それが一番の目標です。

     ――昨季は守備だけでなく、攻撃でも黒子役に徹し、連覇に貢献した。体調が問題なければ多様な打撃ができる自信があるのでは?

     自信があるとは言い切れないけど、さっきも言ったように野球はメンタルなスポーツなので、体調が良ければ心も晴れ、何でもできるという自信につながる。しんどいとか痛いとか不安を抱えていると、打席でも守備でも小さくなってしまうので、やっぱりコンディションですよ。

     ――3月には侍ジャパンの一員としてオーストラリア戦(3日=ナゴヤドーム、4日=京セラドーム)に出場する。開幕前でどんな位置づけになる?

     日本球界にも外国人投手はたくさんいますからね。動くボールとか、上背があって近く感じたり。そういう体験ができるという意味では、シーズンにもプラスだと思います。

     ――2020年の東京五輪への思いは?

     もちろん、1回ぐらいはオリンピックを経験してみたいです。WBCとはまた違った緊張感があると思うしね。ただ、大前提として選ばれるには、個人的にしっかり成績を残さないといけない。そういう意味では、モチベーションが上がるというか。やっぱり出場したいですから。

     ――では、今季はチームでも個人でも充実感あふれる1年に。

     ぜひ、そうしたいですね。打順はわからないけど、2番を打つのであれば、つなぎ役を徹底してやっていかないといけない。欲を抑えないといけない役割なので、自己犠牲の精神は絶対に必要。欲を抑え切れないと失敗したり、空回りする。そこは去年たくさん学んだので、今年は割り切ってサイン通りにやっていきたいと思います。打ちたいと思う時に、バントのサインが出たりすると悔しい。そういう思いもありながら、チームのためとやってきましたけど、去年いろいろ学んだ分、今年は欲を抑えられると思うので。

     ――菊池選手は黒子に徹しながら、キバもむける。他の2番打者にはない強みがある。そこも磨きつつ?

     当然です。振れる時は、初球からどんどん振っていきたい。そういう怖さも相手に植え付けないといけないので。そこもひっくるめてコンディションが大事。頑張ります。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00000072-spnannex-base

    <今日の一番>

     広島一岡竜司投手(27)が日南キャンプ初日の1日、チーム一番と言えそうな充実の表情で投球練習を振り返った。

     自主トレ期間を合わせると実に10度目のブルペン入り。この日は50球を投じた。1月は計450球を投げてきたという。「真っすぐの質を追い求めてきた。明日紅白戦ができるくらいです」と仕上がりに胸を張った。

     投球後は、今季からセットポジションでの静止不十分によるボークの判定基準が緩和されることを受け、審判団に入念に確認。「今まで通りにしておけば大丈夫ということだった」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00114722-nksports-base

     【注目の記録】広島・菊池は通算250犠打にあと30。250犠打のスピード3傑は(1)川相昌弘(巨)723試合(2)田中浩康(ヤ=現D)826試合(3)宮本慎也(ヤ)1040試合。菊池は通算770試合だから、今季中に達成すれば宮本を抜き歴代3位で顔を出す。

     昨年は5試合に欠場し安打数は16年の181安打から153安打に減った。菊池は14年に188安打をマークしており、今季180安打以上なら3度目。シーズン180安打以上を3度以上ならイチロー(オ)、青木宣親(ヤ)の4度を筆頭に史上6人目になる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00000082-spnannex-base

     広島の1軍キャンプが1日、宮崎・日南でスタートした。

     初日はあいにくの雨。野手陣は室内でノックと打撃練習を行った。

     緒方孝市監督(49)は若手投手が多く入ったブルペンを視察し、その後は打撃練習に視線を送った。

     「若い投手がブルペンに入ったが、投球を見ても、野手を見ても、しっかり練習してこの場に来ているなと感じた。若い選手にとっては、この日南での2週間が勝負の場になる。いいものを見せてくれないと(16日からの)沖縄の2次キャンプに入れない」と競争をあおった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00114455-nksports-base

     2月1日から始まるプロ野球の春季キャンプ。昨季リーグ連覇を果たした広島は、56年目となる宮崎県日南市でのキャンプを迎える。キャンプ地では街全体で盛り上がるために、球場から最寄りの油津駅舎の“カープ化”を進めている。2月4日のオープニングセレモニーで完成となる予定だ。


     今まで白を基調としていた油津駅は真っ赤に染まった。通称「カープ油津駅」へと一新。駅舎には球団のマスコットキャラクター・カープ坊やや球団ロゴも描かれており、同駅ではファンが記念撮影する姿も珍しくない。昨年は油津商店街から球場に続く「カープ一本道」の歩道部分など一部が、赤く舗装された。年々、街がカープと一体化されている。

     「カープ駅」実現への発起人となったのは株式会社油津応援団の代表・黒田泰裕氏。経緯を、こう語る。

     「去年2連覇したけどCSで負けてしまって、ここからカープを応援しようという声も高まっていきました。日本一のカープ駅にすれば町も盛り上がる。JR日南線も乗客が少なくて赤字になっていて、みんなが注目して乗り降りする人が増えるようにというのもあります」

     動き出したのは11月初旬。JR九州に快諾を得た上で、黒田氏は自ら広島に赴き、球団にロゴなどの使用許可も得たという。改装への資金は、インターネットを通じて出資し支援する「クラウドファンディング」で募った。全国各地から支援が集まり、目標の200万円には既に到達。反響も大きく、広島在住のファンからも「ありがとう、カープのためにしてくれて」などの声も上がっているという。

     駅舎の一部の塗装は始動日となった1月14日、約200人の市民やファンの手によって行われた。前日の13日には「カープと共に日本一」などのメッセージを市民らがそれぞれ駅舎に記した。真っ赤な色の奥にはカープを応援する者たちの、熱い思いも宿られている。

     4日のセレモニーでは緒方監督が最後の一塗りを行い、「カープ油津駅」が出来上がる。「球場に来られた方は、街も見てほしいですね」と黒田氏。今年の日南は、さらに活性化することになるだろう。(デイリースポーツ・田中哲)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00000067-dal-base

     広島は30日、マツダスタジアムの新パーティー席「アウトドアデッキ」と「オブジェデッキ」を発表した。

     アウトドアデッキは1、3塁側の2階に新設され、ソファーやビーズクッションが置かれている。くつろぎながらゆっくりと試合観戦できるのが魅力。

     オブジェデッキはコンコース1塁側の「かば広場」の上に新設。当席でしか見ることができない、サングラスをかけた12体の赤い動物オブジェが売り。試合が見えにくいエリアだが、大型モニターを設置するなどして観戦環境を整えている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00000098-dal-base

     12球団監督会議が25日、都内のホテルで開催された。NPBは今季から導入するリプレー検証制度「リクエスト」などを各監督に説明。監督側からは、一連の動作から“流れでアウト”となっていた併殺プレーでの二塁封殺について、二塁カバーに入った野手の足が捕球の際にベースから離れたとして厳密にリクエストするべきかなどの意見も出た。広島・緒方孝市監督(49)は春季キャンプで審判団に疑問点をぶつけ、疑問を解消していく考えを示した。

     2時間超の監督会議を終えた緒方監督は、勝負師の顔に変わっていた。会議ではいろんなケースを想定して、議論が交わされたという。だが、シーズンでは「それ以上のことが絶対に起こる」と指揮官は語気を強める。

     それらの疑問点を事前に解消するため、審判団がキャンプ地を訪問した際に「質問、疑問をぶつける。審判団も気づくこと、発見があるだろうから」と熱い口調で話した。

     今季から新しく導入されるリクエスト制度については「勝負を大きく左右する」と言い切った。同制度は本塁打かどうかの判断や全ての塁でのアウト、セーフの判定に対して使うことができる。監督自身、昨年4月19日・DeNA戦(マツダ)で打者走者の一塁判定を巡ってプロ初の退場処分を受けた。

     今季はこうしたケースで「リクエスト」を要求できる。指揮官は「カメラとかいろんな技術が発展して、明らかなミスが出ている。審判もある意味かわいそう」とした上で「正しいジャッジで勝敗が決まっていく。時代の流れ」と受け入れた。

     ルール改定による混乱を防ぐため「こうして、シーズンが始まる前じゃなくて、キャンプ前にやることが大事」と指揮官は前を向く。納得のタクトを振り、リーグ3連覇を目指すシーズンを戦う。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180126-00000036-dal-base&pos=2

     頭部に赤い「C」マークが浮かぶコイが、プロ野球・広島東洋カープのファンらに人気だ。その名も「カープちゃん」。山口県光市の冠山総合公園の池で2年前に見つかって以来、カープの快進撃は止まらない。他のコイを押しのけてエサに食らいつくカープちゃんに、リーグ3連覇の夢を重ねる。


     公園管理事務所によると、日本庭園が広がる修景池に、カープちゃんが「発見」されたのは2016年の夏ごろ。市観光協会のスタッフがホームページを作成するため、公園内の風景を撮影していて見つけたという。

     池には独特な模様から「リボンちゃん」や「ボタンちゃん」と名付けられたコイがすでにいたが、Cマークのコイは知られていなかった。カープが25年ぶりのリーグ制覇へとひた走る中での発見に、「盛り上がるね」と「カープちゃん」と名付けたという。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180124-00000010-asahi-soci

     胃がんからの復活を目指す広島・赤松真人外野手(35)が21日、春季キャンプ中の実戦復帰に意欲を見せた。2軍スタートとなるキャンプでは全メニューを消化する意気込みで、2月中旬に「代走」として復帰する姿を思い描く。この日は岩本、薮田と共に広島県江田島市大柿町の大柿高校で野球教室に参加。18チーム、総勢277人の小中学生に指導し、1軍復帰を約束した。



     穏やかな瀬戸内海に浮かぶ江田島で、赤松が2年ぶりに大柿の子どもたちと再会した。小学生には優しく、自身の経験から「難しい時期」と語る中学生には時折厳しい声をかけ熱心に指導した。約3時間の野球教室を終えると爽やかに笑った。

     「元気と勇気をもらいました。1日1日を大事にしているので、生きていること、人と触れあうことに感謝しています。たくさんの人に励ましてもらったので、恩返しできるように。早く1軍に復帰して勇気を与えられる存在になりたいです」

     2月1日のキャンプインを前に、早期1軍復帰を約束した。キャンプは2軍スタート。「まだ全体練習に入っていないので、ついて行けるか分からない」と慎重に話すが、「全部のメニューをやるつもり。今は不安より楽しみの方が大きい」と声を弾ませる。疲労と相談しながら「無理せず、ゆっくり、自分のペースで」復帰への道のりを歩んでいく。

     キャンプでは第1、2クールで肉体的、体力的な不安を取り除き、その後は「技術を求めていきたい」と言う。見据えるのは2月中旬の実戦復帰。例年、練習試合などが組み込まれる時期だ。「徐々に上げていって実戦に入る準備をしていかないといけない」と青写真を描いた。

     1軍戦力として「求められるのは走力と守備。どれだけ勘を取り戻せるか」と力を込める。代走での途中出場を想定し、「そこで一発で走れるのか」を最大のテーマとした。手術後、走力のタイムは測っていないという。だが「走塁、盗塁は技術。ごまかしがきく」ときっぱり。足のスペシャリストには通算136盗塁の経験がある。投球モーションを盗むなど「そこを磨いていけばいい」と自信たっぷりに言い切った。

     野球教室の開始前、総勢277人の少年少女から「赤松選手、お帰りなさ~い!」と、大歓声で迎えられた。昨年1月5日の胃がん手術から約1年。抗がん剤治療など苦しい過去も「大したことなかった」と今は振り返ることができる。「もともと打たれ強い。野球の方がしんどい」と赤松。再び全力疾走できる日が来ると信じて、前に進むだけだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-00000017-dal-base

     広島・菊池涼介内野手(27)が23日、3月に開催される「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」の日本代表「侍ジャパン」第1次メンバーに選ばれた。この日、都内で会見を行った稲葉篤紀監督(45)が菊池ら6選手を発表した。

     菊池は広島球団を通して「選んでいただき、光栄です。日本代表として全力でプレーし、2020年の東京オリンピックでも選んでいただけるようにアピールしていきたいと思います」とコメントした。

     日本はオーストラリアを相手に3月3日(ナゴヤドーム)、4日(京セラドーム大阪)の強化試合2連戦に臨む。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180123-00000097-dal-base

    このページのトップヘ