広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ニュース

     「広島春季キャンプ」(21日、沖縄)

     広島・堂林翔太内野手(25)がキャンプ休日の21日、“新井打法”の完成を目指し、23日からの対外試合に臨むと宣言した。20日に1次キャンプ地の日南から2次キャンプ地の沖縄へ移動。師匠の新井は日南に残るが、独り立ちに不安はない。金言を胸に刻み、鯉のプリンスが28日までの実戦6番勝負でも大暴れする。


     宮崎から沖縄に場所を移し、いよいよレギュラー争いが本格化する。22日に2次キャンプがスタートし、23日から28日まで対外試合6連戦。背水の覚悟でキャンプを過ごす堂林が、実戦6番勝負に挑む。

     「結果が出ても出なくても気にしすぎないようにしたい。後先を考えず、一打席一打席という気持ちを忘れずにやりたいと思います」

     決戦を前に、堂林は言葉をかみしめるように決意表明した。沖縄で目指すのは新井打法の完成だ。昨季はわずか47試合の出場にとどまり新井に弟子入り。打撃指導を受け「上からたたく」という意識を徹底した。「グリップが投手に見えないように、体側に手が隠れないように」。新井の教えを動画でチェックし、自分の形と比較。自然と師匠そっくりに変貌を遂げたフォームも板に付いてきた。

     日南キャンプでは実戦の結果につなげた。3度の紅白戦、オリックスとの練習試合の計4試合全てに先発出場。12打数4安打4打点、打率・333と快音を響かせた。「堂林はいい打撃の状態が続いている」。緒方監督からも高く評価され、キャンプ前半の“MVP”にも選出された。

     ここまでの取り組みが結果に反映され、堂林自身も納得顔だ。「この時期はいつも良くなかったけど、実戦でいい結果が出て、内容も良かった」。まだまだ手探り状態ながら、少しずつ手応えをつかみつつある。

     沖縄キャンプに師匠はいない。新井は日南に残り、打ち込みを行うことが決定。それでも不安はない。これまで通り、新井打法を貫くだけだ。「『継続できるように』という言葉をもらいました。『今の打ち方を変えることなく、続けていきなさい』と言われています」。キャンプ中に授かった金言は、しっかりと胸に刻んだ。

     今キャンプでは外野守備を猛特訓中。不慣れなポジションだが、「毎日少しでもいいので前に進めたらいい」と懸命に食らいつく。外野の開幕スタメンは中堅・丸、右翼・鈴木が既定路線。堂林は左翼をエルドレッド、松山、野間らと争う。プロ8年目は勝負の年。鯉のプリンスが沖縄でもMVP級の輝きを放つ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000013-dal-base

    <今日の一番>

     成人して一番初めの日に誓った。広島塹江敦哉投手が21日、沖縄で20歳の誕生日を迎えた。前日20日に宮崎・日南から沖縄市に移動。この日は22日からの2次キャンプを前にした休日で、十分に体を休めた。「今年はチームに貢献して、ビールかけをしたい。大人になったので責任感を持ってやっていきたい」


     まだ3年目。昨年、優勝決定後に1軍デビューし、3試合で経験を積んだ。合計の防御率は11点台と苦いものだったが、中日担当として忘れられないマウンドがあった。9月16日の中日戦(マツダスタジアム)。野村、大瀬良のあとを継いだ19歳左腕は、最終9回を3者凡退にして完封リレーを締めてみせた。

     0-8で大敗した中日はこの時点で、4年連続のBクラスが確定した。記者は「広島との絶望的な差を露呈」と書いた。その表現は、高卒2年目の若ゴイがはねるように150キロを投げ込む姿に導かれたといってもいい。中日担当でありながら、たまたま20歳の誕生日に立ち会い、しかも一番の笑顔を見てしまったが、シーズンでは「敵」になる。中日は昨年、広島に7勝17敗1分け。成人はおめでたいが、美酒を飲ませるわけにいかない。【中日担当 柏原誠】


    引用元 http://www.nikkansports.com/baseball/news/1782193.html

     「広島春季キャンプ」(22日~、沖縄市)

     沖縄2次キャンプが22日にスタートする。宮崎・日南での1次キャンプに続き、25日に沖縄市でも25年ぶりのリーグ優勝を祝う凱旋パレードが開かれる予定で、街中は歓迎ムードが高まっている

     主催の広島東洋カープパレード実行委員会によると、午後4時半から緒方孝市監督(48)や選手らが沖縄市空港通りをパレード。その後、ミュージックタウン前の特設ステージで、優勝報告セレモニーが行われる。

     5日に開催された宮崎県日南市でVパレードでは、1万2千人の観衆が詰めかけ、熱い声援を送った。南国の地でも再びファンを盛り上げる。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/02/21/0009934212.shtml

     「広島春季キャンプ」(19日、日南)

     会沢がバットでアピールした。紅白戦に白組の「8番・捕手」で先発出場し、両軍無得点で迎えた三回2死一、三塁から岡田の直球を捉えると、打球は右中間を深々と破った。

     13日、14日に行われた紅白戦でも計5安打しており、好調をキープしている。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/02/19/0009928707.shtml

     広島は19日、宮崎・日南市内で行われている春季キャンプに参加している打撃投手とブルペン捕手の10人が体調不良を訴え、練習を欠席していると明かした。

     鈴木球団本部長は「一昨日、昨日から打撃投手とブルペン捕手が体調不良を起こした。大量発生している。(今日は)チームに合流せず、ホテルで待機させている」と説明した。

     この日の打撃練習では緒方孝市監督(48)がトス打撃のトス役、石井琢朗打撃コーチ(46)がフリー打撃の打撃投手を務めるなど、1軍コーチ陣が一人二役でフル回転している。


    引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/12693814/

     広島・鈴木誠也外野手(22)が日南キャンプから“秘密兵器”を導入したことが9日、わかった。スポーツ用品メーカーの(株)アシックスが開発した打撃に特化したスパイクで、地面をかむグリップ力を高めるため、両足の外側に4枚のブレード(刃)を配置したのが特徴。昨季使用したものと比べると軽量化にも成功しており、トリプルスリー達成を後押ししそうだ。

     早くから公言する“目標”達成に向け、心強いアイテムが見つかった。第2クール最終日を迎えた日南春季キャンプ。例年以上のスイング量をこなし、活気あふれる若ゴイたちの中で一際、異彩を放つのが誠也だ。評論家や他球団007から挙がる感嘆の声。足もとに秘密の一端があった。

     「グリップ力は確かに上がる。下(地面)をかんでいると感じるので。ブレードが多いので、左右の動きにも効果があると思います」

     スポーツ用品メーカーの(株)アシックスが研究開発した、打撃に特化したスパイクがそれだ。用具提供を受けていることから、昨年末に提案され、オフの自主トレで試用。同社とアドバイザリー契約を結ぶ選手に先駆け、プロとして初めて本格的に使い始めた。

     その特徴はブレードにある。右打者だと、軸足の右足で踏ん張って左足で止まる動作の際、地面をしっかりグリップするよう、左右両足の外側に4枚のそれを集中的に配置。同社の担当者によると、アマチュア選手のデータではスイングスピードが向上したという。

     昨季までは、同学年で仲の良い日本ハム・大谷と同じスパイクを使用。夏場に疲れが出やすいことからクッション性を重視し、9枚のブレードをバランスよく配置したものを履いていた。今回導入したそれは、昨季のものと比べると若干軽量化にも成功。走塁面でも効果が見込めるもようだ。

     「今は試している段階です。自分はシーズン中に感覚が変わるタイプ。人工芝と土の球場でも感触は変わると思うので」

     今春は「慣れるため」守備走塁でも既に着用する。打率・335、29本塁打はもとより、昨季の16盗塁にも上積みが期待できるとあれば、フィットした際には「自分は入った時からずっと、そこを目指してやってきている」と公言する3割、30本塁打、30盗塁達成を後押ししそうだ。(江尾 卓也)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-00000083-spnannex-base

     夕暮れの中で、懸命にボールを追っていた。広島がキャンプを張る日南市。1軍が居を構える天福球場から車で15分ほど離れたところにある東光寺球場に、彼の姿はあった。キャンプ3日目。2軍がキャンプを開始する7日まで使用可能なこの地で、外野手の特守に汗を流していた。



     堂林翔太、25歳。中京大中高時代にエースで4番として母校を全国制覇に導き、鳴り物入りで広島に入団。将来のスター候補として期待されてきた男だが、はや8年目。背水の覚悟で、2017年シーズンのスタートを切った。

     元来、内野手が本職の堂林だが、昨秋、首脳陣の方針もあって、外野手へコンバートされることになった。14年に47試合で守ったことはあるものの、15、16年は経験なし。「まだまだ素人なんで、日々前進していく、上手くなっていければいいかなと思います」と、外野手としての力をつけるために、キャンプでは必死に打球を追いかけている。

     プロ3年目の12年に144試合に出場した。488打数118安打、打率.242、14本塁打、45打点をマーク。一気にレギュラー定着、球界を代表する打者への飛躍を期待されたが、そこから成績は下降線を描いた。昨季は47試合出場。60打数14安打は、双方とも12年以降で最少の数字だった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170204-00010004-fullcount-base

    ◆広島 休日予定=6、10、15、21日(宮崎・日南市、22日から沖縄・沖縄市)

     25年ぶりにチャンピオンチームとして迎えるキャンプ。注目は2月5日に行われる優勝パレードだ。午前9時に日南第一ホテル前を出発し、油津商店街を経由して天福球場まで約800メートルの道のりを徒歩で練り歩く。ファンは選手に手が届きそうな距離で喜びを分かち合えるはずだ。

     広島のキャンプといえば、伝統のなが~い練習。現地訪問の際の見どころの一例を挙げてみる。まず午前8時半頃からは若手中心の早出練習。ここでは堂林に注目。プリンスが泥だらけになってボールを追いかける姿は必見だ。守備練習では菊池の曲芸のような守備力に感動し、お昼のランチ特打は新井やエルドレッドが快音を連発する。午後のシート打撃では野村VS丸の真剣勝負が見られるかも? 居残り練習のロングティーでは鈴木が豪快な打球を飛ばしまくる。1日の訪問でも満喫できるはずだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-00000096-sph-base

     緒方孝市監督(48)をはじめ広島首脳陣は27日、マツダスタジアムでスタッフ会議を行い、春季キャンプのメンバーや方針などを確認した。

     新人ではドラフト1位・加藤拓也投手(22=慶大)、同3位の床田寛樹投手(21=中部学院大)が一軍メンバーに。新加入のライアン・ブレイシア投手(29=前アスレチックス傘下3A)も一軍スタートとなった。一方でここまで攻撃陣の目立った補強はない。指揮官は「若い選手にはチャンスがたくさんある。チーム内の競争なくして底上げなんてない」と個々のレベルアップで補うとした。

     石井琢朗打撃コーチ(46)も緒方監督の意見に同意した上で、こう付け加える。「今の戦力に加え、去年の(鈴木)誠也みたいに“特効薬”になってくれる選手が出てきてくれればいい」。具体的には秋季キャンプで鍛え上げた堂林翔太内野手(25)、野間峻祥外野手(24)の2人を挙げ「ドカン!と出てきてくれると期待している。そうすれば外国人に匹敵する戦力になる」とゲキを飛ばした。

     その裏には上位打線の“解体構想”がある。昨季は1番・田中、2番・菊池、3番・丸を固定。同級生の「タナキクマル」は赤ヘル打線の生命線となり、チームを25年ぶりのリーグ制覇に導いた。しかし、今季は菊池に加え、田中も侍ジャパンの有力候補となり、実戦練習に入る2月下旬には2人がチームを離れる事態もありうる。これを想定し、特に俊足の野間について石井コーチは「1、2番を脅かすぐらいになってほしい」と期待を寄せるのだ。

     某球団のような大補強はないものの、現状打破で連覇をもくろむ赤ヘル軍団。これも優勝チームの余裕かもしれない。


    引用元 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/645525/

     広島の鈴木が、マツダスタジアムでの合同自主トレに合流し、いきなり60分間の居残り特打を敢行した。

     26日まで宮崎でソフトバンク・内川と自主トレを行い、打撃理論を吸収。「緩い球を打つ方が難しい。タイミングを取るのが、僕は下手なので」と、山なりのスローボールに上体が突っ込まないように右足で引きつけ一気に振り抜くことを繰り返した。打ち損ねると、怒りの絶叫が室内練習場に響き渡った。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00000029-spnannex-base

    このページのトップヘ