広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    ニュース

    <阪神担当・酒井俊作記者の「旬なハナシ!」(10)>

     鉄人の跡を追う足音が大きく聞こえたのは昨年11月下旬だった。広島市内のトレーニングクラブ「アスリート」を訪れると16年リーグMVPの広島新井が汗を流していた。まだ、大分・湯布院でのリハビリキャンプに参加しているはずだが…。いぶかって聞くと「湯布院から、そのまま来たよ。それより来年、阪神はどう?」と事もなげに言う。
     1月10日の日刊スポーツ大阪版で、阪神金本監督の「鉄人前夜」をクローズアップする企画「猛虎のルーツ」を担当した。プロ1年目の92年から、試合後でもジムを訪れたのだという。当時のトレーニングシートも掲載し、2軍時代の歩みが分かる内容だ。もう25年もたったが、いまも同じことをしている人たちがいる。トップアスリートの志に直接、触れられるのは野球記者として、いや、ひとりの人間として幸せだ。

     今季40歳の新井に慢心なし。時間を縫って練習を継続する姿に感服していると平岡洋二代表が意外な事実を明かした。「鈴木誠也がシーズン中に10キロも体重が増えていたんや。あり得ない。金本でもシーズン中、5キロほど体重が減るのが当たり前。コツコツ、ウエートやっていたんだろうな」と舌を巻く。昨年11月は82キロだったが、丸1年で92キロまで増量したのだという。

     ブレークした昨季は打率3割3分5厘、29本塁打、95打点で優勝に貢献。「神ってる」流行語大賞にスポットライトが当たるが、舞台裏では、たゆまぬ練習を続けていたのだろう。あまりにもひそやかな、常識破りの10キロ増に、新たなスター候補生の自負を見た。

     日本ハム時代、金本に師事した、米大リーグ・レンジャーズのダルビッシュは今オフ、筋力トレーニングの重要性をSNSで発信する。かつて指導した平岡代表は「『真っすぐが速くなった。疲れにくくなりました』と言うていた」と思い起こす。かつては走り込み至上主義でウエートトレーニングNGだった、投手の練習法に一石を投じた。金本監督の歩みが、プロ野球のトレーニング風景を変えた。【酒井俊作】

     ◆酒井俊作(さかい・しゅんさく)1979年(昭54)、鹿児島県生まれの京都市育ち。早大大学院から03年に入社し、阪神担当で2度の優勝を見届ける。広島担当3年間をへて再び虎番へ。昨年11月から遊軍。今年でプロ野球取材15年目に入る。趣味は韓流ドラマ、温泉巡り。

     ◆ツイッターのアカウントは@shunsakai89


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-01763415-nksports-base

     広島の新人合同自主トレが8日、廿日市市の大野練習場でスタート。ドラフト1位の最速153キロ右腕、加藤拓也投手(22)=慶大=は早速、ウェート場で居残りトレーニングを行うなど「筋肉IQ」の高さを見せつけた。

     新人6選手による全体メニューが終わった後、加藤は1人、ウェート場に残った。大の筋トレマニアで、ベンチプレスでは140キロを上げるパワーの持ち主でもある慶応ボーイは、三浦トレーナーから付きっきりで約1時間、体幹の鍛え方などを学び「いろいろと聞きたいことがあった。ためになりました」と充実の表情。三浦トレーナーも「サプリメントの取り方とか、どのプロテインを使えばいいかとかを聞かれたり、知識量がすごい。質の高い話ができた」と舌を巻いた。(角野 敬介)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-00000246-sph-base

     広島は5日、「胃がん」で広島市内の病院に入院していた赤松真人外野手(34)が切除手術を受けたと発表した。入院期間は1~2週間。運動再開の見込みは1~2カ月という。


     赤松は12月28日にマツダスタジアムで会見を開き「初期段階の胃がん」が見つかったことを公表していた。「復帰をして、野球ができる状態になるのかはわからない。でも早く治して、前例になるようにしたい。前向きにしか考えていない」と覚悟を決めていた男。今後はリハビリを開始しグラウンド復帰を目指す。



    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170105-01761304-nksports-base

     広島・赤松真人外野手(34)が28日、胃がんを患っていることを公表した。

     15日に広島市内の医療機関で検査し発覚した。初期段階で、来年1月上旬に広島市内の病院で手術を受ける予定。

     赤松はこの日、マツダスタジアムで会見。「命にかかわることはないが、手術をしなければならない。手術を受けて復帰した前例があるのかはわからないが、早く治して前例になるようにしたい」と話した。

     赤松は立命大から2004年ドラフト6位で阪神入団。08年に広島に移籍した。走塁のスペシャリストとして活躍。今季は主に代走、守備固めとして89試合に出場。19打数7安打、打率3割6分8厘、12盗塁をマークし25年ぶりの優勝に大きく貢献した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161228-00000099-sph-base

     広島がキャンプ地の宮崎県日南市、沖縄県沖縄市でも優勝パレードを行うことが26日、明らかになった。来春のキャンプ中で、日南市では2月5日、2次キャンプ地の沖縄市では同25日に行う。

     11月に広島市内で行われた25年ぶりの優勝パレードでは、約3キロの沿道を31万3000人が埋め尽くした。街中が真っ赤に染まったあの感動と興奮がキャンプ地でよみがえることになる。

     1次キャンプ地の日南で行うパレードのコースは、天福球場や球団宿舎がある油津商店街周辺で約1時間を予定。広島では選手は大型バスやオープンカーに分乗して進んだが、日南ではなんと徒歩。ごく間近で選手と触れ合い、感動を分かち合えるカープらしい“アットホーム”なパレードになる見通しだ。市の担当者によると「県外のファンからも相当な問い合わせがあります」と、早くもフィーバー必至の状況だ。

     2月20日から2次キャンプを行う沖縄市では、嘉手納基地第2ゲート入り口付近から胡屋(ごや)十字路までのコースを予定。その総距離はたったの約400メートルだが、あくまで混雑状況次第になるが、スタートからゴールまで一緒について歩くことも可能な距離だとも言える。

     ファンの声援、後押しに対する感謝の思いを込めた“出張パレード”。カープ旋風は来年2月まで続く。(角野 敬介)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161227-00000028-sph-base

     広島・小窪哲也内野手(31)が23日、家族ぐるみで親交のある広島県出身の女子プロゴルファーの佐伯三貴(32)から刺激を受けたことを明かした。

     「いろいろ体のことについて大切さを学んでいる。プロ意識が高く、見習うべき部分がある。僕も頑張らないといけない」。通算7勝の佐伯は右手関節炎などで昨年5月から今年4月までツアーを欠場しながら復帰後に来季シード権を確保。今月も食事を共にする機会を持ち、来季への活力を得た。

     今季は選手会長として25年ぶりリーグ優勝の陰の功労者となった一方、打率・217、2本塁打、10打点で個人的には満足できない成績に甘んじた。もちろん、チーム全体を思う姿勢は不変で先日も知人を交えて後輩の西川と会食。来季は三塁の定位置を争う間柄ながら、「若い選手にいろいろ伝えていきたい。チームが良くなるのが一番。みんなが良い方向を向けるようにしたい」と誓った。33年ぶりの日本一を目標にする来季。就任2年目を迎える選手会長はチームとしても個人としても今季を超える充実を期した。 (柳澤 元紀)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161224-00000036-spnannex-base

     男子ゴルフの谷原秀人(38=国際スポーツ振興協会)が21日、都内のホテルで行われた「報知プロスポーツ大賞」表彰式に出席し、プロ野球・広島の新井貴浩内野手と対面した。谷原は広島出身で子供の頃からのカープ・ファン。25年ぶりのリーグ優勝に貢献しMVPを受賞した主砲を目の前にして「(優勝を)待ってました、かなり(長い間)」と興奮気味に話した。

     控え室で会話も交わし「会話できるだけで幸せ。アスリートとして共感できる部分があるし、新しい発見もあった。インタビューを聞いていても話が面白い」と話した。

     また来年、広島戦で始球式を行う話があることを明かし「アスリートとして肩を作っていかないと。オフは(ゴルフの)打ち込みとキャッチボールをやらないとけない」と笑顔を見せた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00000103-spnannex-golf

     広島・菊池涼介内野手(26)が19日、広島市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み6000万円増の年俸1億4500万円でサインした。これで全選手の契約更改を終了したが、25年ぶりの優勝にもかかわらず日本選手の総年俸はダウン。チームからは戸惑いの声も上がっている。

     球団の日本選手最高年俸となった菊池は「チームで一番の評価をしてもらったので納得しました」と笑顔をはじけさせた。球団幹部によれば、プラスポイントのトップは丸佳浩。しかし、マイナスポイントの少なさなどから500万円の“僅差”で菊池がトップに。守備だけでも「例えるなら100打点ぐらいの(査定の)点数だった」(同幹部)という。

     今オフの契約更改では菊池も含め新井貴浩、石原慶幸、野村祐輔、丸と5人の1億円プレーヤーが誕生。黄金時代到来を印象づけた一方、日本選手の総年俸は16億7190万円で、今季の18億9791万円から微減となった(今オフの契約更改から税抜き金額での提示に変更)。

     今季主催の72試合で球団史上最多の215万7331人を動員。グッズ売り上げも去年の35億円を上回り、史上最高額を見込むなど経営面はいたって順調だ。引退した黒田博樹の今季年俸6億円分を差し引けば、総年俸はアップしている格好だが、ある主力選手は「今季は優勝しフィーバーもすごかったので、大盤振る舞いになるかと思ったけど、思ったほど上がらなかった。来年は人気も落ち着くだろうし…。期待しすぎたかな」と困惑の声を上げた。

     逆に言えば“バブル”に影響されず、厳格な査定が行われている証拠。来季も結果を出して実力で大幅アップを勝ち取るしかない。(金額は推定)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000032-tospoweb-base

     広島は19日、来年2、3月に宮崎県と沖縄県で行う春季キャンプの日程を発表した。

     1軍の1次キャンプは宮崎県日南市の天福球場で、2月1日~20日に行う。20日に沖縄市へ移動し、22日から3月1日までコザしんきんスタジアムで2次キャンプを行う。休日は6日、10日、15日、21日。

     2軍は2月7日~3月4日まで、宮崎県日南市の東光寺球場でキャンプを行う。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00000076-dal-base

     【宮入徹の記録の風景】あれがアウトになるのか--。ヒット性の打球を巧みにさばき、どれだけ凡打に終わらせたことだろう。菊池涼介内野手(26)の広い守備範囲は他の二塁手の追随を許さない。内野手の補殺(アシスト)は主にゴロを処理すると記録される。今季の菊池はこの補殺数が525。セでは次いで多いヤクルト・山田の417を100以上も引き離しリーグ最多だった。

     歴代二塁手のシーズン最多補殺記録は1位から3位まで菊池が独占している。内訳は1位14年535、2位13年528、3位16年525。4位は05年中日・荒木雅博496、5位は49年巨人・千葉茂495と続く。つまり二塁手の500補殺以上は菊池以外にいない。大リーグでは500本塁打以上の達成者を称して「500本塁打クラブ」、3000安打以上を「3000安打クラブ」などという。菊池はいわば二塁手の「ひとり500補殺クラブ」といったところになるだろうか。

     全ポジションを見渡してもシーズン500補殺以上は三塁手で55年大映・坂本文次郎522、遊撃手で48年中日・杉浦清502、54年近鉄・鈴木武501とわずか3人で3度。複数回記録したのはプロ野球の長い歴史の中でも菊池しかいない。広範囲に動いてゴロをさばく技術は抜きんでている。

     今季の活躍ぶりは守備だけではない。安打数はリーグ1位の181本。犠打も23本でセでは最多と、打撃面でも貢献度の高い働きを見せた。昨年まで同一シーズンに最多安打と最多犠打を記録した打者はおらず、菊池はプロ野球初のケースになった。それでもMVPの投票では同僚の新井がセ最多の781票を集めたのに対し、菊池は2位の429票と大差。攻守とも際立った成績を考慮すれば、もっと接戦になってもおかしくなかったと思う。

     話は飛ぶが、これまで500補殺にあと一歩まで迫った遊撃手がいる。右へ左へと抜群のフットワークを誇った小坂誠だ。同氏は巨人の2軍内野守備走塁コーチに就任したばかりだが、現役時代はロッテ、巨人、楽天と14年間で3球団に所属。ロッテ在籍時の00年489、01年492、03年483と480以上の補殺を3度記録した。今も歴代最高の遊撃手として小坂を推す声が少なくない。こうした数字からも、いかに優れたプレーヤーだったかが分かる。

     今季セの遊撃手では菊池と二遊間を組む田中広輔がリーグ最多の467補殺を記録。昨年も遊撃手として両リーグ1位の476補殺をマークしており、菊池同様守備範囲は広い。同一球団で2人そろって500補殺はもちろん過去にない。菊池、田中は昔風に表現すれば守備でゼニの取れる選手。来季はコンビで前人未到の高みを目指してほしい。(専門委員)

     ◆宮入 徹(みやいり・とおる)1958年、東京都生まれ。同志社大卒。スポニチ入社以来、プロ野球記録担当一筋。94年から15年まで記録課長。本社制定の最優秀バッテリー賞の選考委員会には、1回目の91年から26回連続で資料説明役として出席。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161217-00000094-spnannex-base

    このページのトップヘ