広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ニュース

     球宴を挟み、いわゆる後半戦がスタートしたのがちょうど1カ月前の7月17日。勝負の8月戦線を迎え、各リーグの順位表にも徐々に変化が表れてきた。

    【セ・リーグ後半戦順位】
    1位 広 島  26試=15勝9敗2分(.625) 
    2位 DeNA   23試=12勝9敗2分(.571)
    3位 巨 人  24試=13勝10敗1分(.565)
    4位 阪 神  26試=13勝12敗1分(.520)
    5位 中 日  24試=9勝13敗2分(.409)
    6位 ヤクルト 25試=8勝17敗0分(.320)

     セ・リーグでは、圧巻の強さで首位ターンを決めた広島の強さは衰え知らず。ついに優勝へのマジックナンバーが点灯し、V2へ向けて突き進んでいる。

     広島から10.5ゲーム差の2位につける阪神は、後半戦は貯金1つもリーグ内の順位でいうと4位。追いかけるDeNAと巨人の方が勢いがある。

     現在のところ、2位の阪神から4位・巨人までの差は5.5ゲーム。広島の優勝がいつ決まるのかと、阪神・DeNA・巨人による2つのイスを賭けたCS争いが大きな見どころとなる。


    【パ・リーグ後半戦順位】
    1位 西  武   26試=19勝7敗0分(.731)
    2位 ソフトバンク 25試=18勝7敗0分(.720)
    3位 楽  天   24試=13勝11敗0分(.542)
    4位 ロッテ    22試=8勝14敗0分(.364)
    5位 オリックス  24試=8勝16敗0分(.333)
    6位 日本ハム   21試=5勝16敗0分(.238)

     一方のパ・リーグは、首位ターンを決めた楽天を引きずり降ろしてソフトバンクが首位に浮上した。後半戦も7割を超える勝率をマークするなど、その勢いは留まるところをしらない。

     しかし、そのソフトバンクよりも凄まじい勢いで突き進んでいるのが3位の西武だ。

     前半戦終了時は楽天とソフトバンクの“2強”による争いの色が濃かったが、後半戦に入って期間限定の赤を基調とした“炎獅子ユニフォーム”を身にまとったチームは豹変。7月21日から8月4日にかけて13連勝を挙げるなど、驚異の猛追で上位2チームに割って入ろうとしている。

     3位の西武から4位・オリックスまでは16ゲーム離れているため、CS進出は上位3チームでほぼ当確か。あとはその順番。ホーム開催権もかかってくるだけに、この上位争いから目が離せない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00128281-baseballk-base

     11日終了時点で2試合連続本塁打を記録していた広島の鈴木誠也。8月の月間打撃成績は打率.308、4本塁打、11打点(11日終了時点)を記録し、首位を走る広島の4番打者としてチームを引っ張っている。

     打撃の状態が良いように見えるが、12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-巨人戦』で解説を務めた谷繁元信氏は「ホームランは出ているんですけど、外の変化球に少し脆さがあるんですよね」と話す。

     この日の第3打席も、巨人の先発・菅野智之が投じた外角のスライダーを当てにいくも二飛に倒れた。谷繁氏はこの打撃を見て「先っぽですね。最近追い込まれてからの変化球を当てにいくバッティングをしているんですよね」と指摘。

     「(外の変化球を)しっかり待って振れるようになれば、調子が良いと見ていい」。現時点で打率.304、25本塁打、87打点を記録する鈴木だが、外の変化球をしっかりと対応できるようになれば、さらに怖い打者になりそうだ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://baseballking.jp/ns/127857

     「広島-巨人」(11日、マツダスタジアム)

     巨人の試合用ユニホームなどを運ぶ荷物車の到着が遅れ、30分の試合開始遅延が決まった。本来ならば午後6時試合開始予定だったが、場内アナウンスでも開始予定時刻の約5分前に同6時30分の試合開始が説明された。

     スタンドからはどよめきが起こった。この日から3連休。お盆の帰省ラッシュと重なり、渋滞などに巻き込まれたものとみられる。

     場内アナウンスが「本日の試合開始時間を6時から6時30分に変更させていただいております。お客さまにはご迷惑をおかけしておりますが、今しばらくお待ちください」とが流れる中、2桁勝利に王手をかけている先発の田口はキャッチボールを繰り返した。荷物車が到着し、三塁側ベンチには巨人ナインも試合用ユニホームを着て円陣を組み試合開始に備えた。

     巨人は10日、東京ドームで阪神とナイターで戦い、この日は広島へ移動しての試合だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170811-00000087-dal-base

     不惑を迎えた今季も広島・新井貴浩内野手(40)は圧倒的な存在感を放っている。7月7日・ヤクルト戦(神宮)の七夕の夜。九回2死から代打出場し、小川から逆転3ラン。土壇場で最大6点差をひっくり返す劇的勝利の立役者となった。

     その貢献は打力だけにとどまらない。翌8日の同カードの七回。新井はベンチから飛び出して一塁の守備位置へ走った。試合展開は大量7点リード。丸、、菊池、エルドレッド、松山ら主力がベンチに下がる中、守備固めで途中出場したのだ。昨季は2000安打の金字塔を達成。40歳という年齢を考えても、珍しい起用法だろう。

     翌日、高ヘッドコーチに聞けば「(主力選手は)休められるときは休まさないとね。田中は記録(連続フルイニング)があるから」と説明し、「(一塁を守れる選手は)松山、安部もいるけれど、新井の方がうまい。エルドレッドとの守備力も考えてね」と続けた。新井は阪神時代の08年に一塁手部門でゴールデングラブ賞を獲得するなど、守備の評価も高い。緒方監督が今季「投手を中心とした守り勝つ野球」を掲げて戦う中、新井は守備でもチームに必要な戦力というわけだ。

     新井は日頃から「言われたところで結果を出すだけだよ。そのための準備をしっかりとしたい」と繰り返す。だから試合前から全力だ。週2、3回は午前中のウエートトレーニングを実施。試合前の練習でも汗びっしょりになりながら白球を追う。打球を肘に当てるアクシデントに見舞われたこともあったが、走塁練習でも一切、手を抜かない。遠征先では今年から午前中に公園をウオーキング。唯一の趣味とも言えるサウナでたっぷり汗をかき、水風呂で体を引き締める。40歳の夏も新井は元気いっぱいだ。

     守備から途中出場した翌9日の同戦では、再び九回に代打で2点二塁打。相変わらずの勝負強さで同点とし、熱戦の末、ドローに持ち込んだ。今季はスタメン出場の機会こそ減らしているが、その存在感は唯一無二。石井打撃コーチの「新井はベンチにいてくれるだけでいい」という言葉が信頼の証しだ。史上最速Vへ突っ走るチームを攻守に献身的なベテランが支えている。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/08/03/0010427965.shtml

     ◇セ・リーグ 広島14―1ヤクルト(2017年7月30日 マツダ)

     広島の鈴木が攻守で獅子奮迅の活躍を見せた。4安打5打点。右翼守備でも補殺をマークし、リーグ最速の60勝に導き「優勝という目標がある。そのために自分の役割を果たせるように、と思っている」と胸を張った。

     1―0の6回に2死一、二塁で大松の右前打に勢いよく前進し、本塁へ矢のような送球。二塁走者を刺し「ああいうプレーが出るとチームも乗ってくる。より守備の大切さが分かった」と納得顔だ。その裏の攻撃では無死一、二塁で左中間に21号3ラン。この回8得点で勝利を手繰り寄せた。5打点は自己最多タイで、リーグ単独トップの76打点。「今日のような打席が数多く出せれば、おのずといい結果がついてくる」と手応えたっぷりだった。

     ▼広島・新井(今季4度目の5番で先発し、先制打に8号3ランで計4打点)いいスイングができた。

     ▼広島・岡田(6回5安打無失点でチームトップに並ぶ9勝目)うれしい。最初から飛ばしていこうと思って、腕を振って投げた。

     ≪V確率100%≫広島が7月19日の阪神戦に並ぶ今季最多14得点で勝利。60勝リーグ一番乗りは75、79、80、16年に続く5度目で過去4度はいずれも優勝しており、V確率は100%。95試合目の到達は連覇した80年に並ぶ球団史上最速となった。

     ≪最短8・2M点灯≫優勝マジック点灯は最短で8月2日。1日からの阪神戦に連勝すれば、DeNAが中日との2試合中に1敗で「36」。阪神と1勝1分けでも、DeNAが2敗か1敗1分けで「37」が出る。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000073-spnannex-base&pos=4

     広島は28日、ドラフト3位の床田寛樹投手(22)が27日に群馬県内の病院で左肘関節の手術を受けたと発表した。

     手術の内容は「左肘関節内側側副靱帯(じんたい)再建術・尺骨神経剥離術」で、復帰まで8~10か月を要する見込み。松原チーフトレーナーは「保存療法も念頭にあったが、長い目で見たときに再発の可能性も考えられた。年齢的にもこれから長いから」と、手術に踏み切った理由を説明した。

     床田は開幕ローテ入りし、登板2試合目の4月12日の巨人戦(東京D)でプロ初勝利。同19日のDeNA戦(マツダ)で登板した後、患部の違和感を訴え、20日に「左肘内側筋筋挫傷」で出場選手登録を抹消されていた。今後は来季の早い時期の復帰を目指してリハビリを行う。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170728-00000112-sph-base

     世論調査・市場調査の専門機関である一般社団法人・中央調査社が全国意識調査の結果を発表し、最も好きなスポーツ選手にマーリンズに所属するイチロー外野手が輝いた。イチローは2年連続の1位。また好きなプロスポーツの1位はプロ野球、好きなプロ野球球団の1位は巨人となった。


     今回発表されたのは今年5月12日から同21日にかけて行った「人気スポーツ」に関する全国意識調査の結果(回答者数1251人)。無作為に選んだ全国の20歳以上の男女個人を対象に個別面接聴取法で行っており、好きなプロスポーツはプロ野球で1996年から1位を継続。また2位には大相撲、3位はプロサッカー、4位はプロテニス、5位はプロゴルフと続いた。

     好きなスポーツ選手は1位・イチロー、2位・錦織圭(テニス)、3位・浅田真央(フィギュアスケート)、4位・稀勢の里(大相撲)、5位・羽生結弦(フィギュアスケート)、6位・大谷翔平(野球)、7位・長嶋茂雄(野球)、8位・内村航平(体操)、坂本勇人(野球)、10位・松山英樹(ゴルフ)という結果に。イチローは男性でトップ、女性で3位(1位は錦織)で、年代別では20代で3位(1位は錦織)になった以外は、30代、40代、50代、60代、70代以上で1位となった。

     また一番好きなプロ野球チームでは1993年以来、1位・巨人、2位・阪神は不動となっており、今年、広島が初の3位に。4位以下は日本ハム、ソフトバンク、中日、楽天、横浜、西武、ヤクルト、ロッテ、オリックスとなっている。

     今回の調査では今年3月のWBCとその後のプロ野球観戦、また高校野球の全国大会での「タイブレーク制」導入、プロ野球での「敬遠の申告制」導入についてもアンケートを実施。WBCを「観戦した」が4割となり、そのうち、その後のプロ野球を昨年より観戦するようになったが9%、「昨年までと変わらない」が8割近くにのぼった。

     タイブレーク制導入については賛成が37.4%、反対が36.8%。また今年からメジャーリーグで導入された敬遠の申告制の日本プロ野球での実施については賛成が27.6%、反対が44.7%となっている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170722-00010000-fullcount-base

     「広島-中日」(21日、マツダスタジアム)

     広島県がん検診啓運動のPRのため、アーティストのデーモン閣下が始球式を行い、悪魔を表す666の背番号が入ったユニホームを着てマウンドに立った。


     ダイナミックな投球フォームから投じられたボールは京田の背中を通る大暴投に。6年連続の大役を終え「キャッチボールもする機会も少なく、稽古不足というところ。年々、ストライクが入らなくなってきている」と振り返った。

     広島では、赤松が胃がんを発症。1月に摘出手術を受け、現在は3軍で体力作りに励んでいるが「早く見つかってよかったよね。焦らずに体を作り直して、来季復活してもらいたい」とデーモン閣下はエールを送った。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/2017/07/21/0010391935.shtml

     広島・安部友裕内野手(28)が16日、マツダスタジアムで全体練習に参加。17日からの阪神3連戦(甲子園)に向けて「まず頭を取れるように、しっかり戦っていきたいです」と気合を入れた。

     前半戦は76試合に出場し、打率・307をマーク。「相手も対策してくると思うので頭に入れて準備していきたい」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170716-00000092-dal-base

    <マイナビオールスターゲーム2017:全セ2-6全パ>◇第1戦◇14日◇ナゴヤドーム

     全セが全パのパワーに圧倒されて敗れた。2連勝を狙っていた全セの緒方孝市監督(48)は笑顔で試合を振り返ったが、時折悔しさをにじませた。昨季の日本シリーズで敗れた「栗山監督に負けたみたい」と冗談も飛ばした。

     -パ・リーグのパワーに圧倒された

     緒方監督 3本くらい打たれたっけ。逆方向あり、バックスクリーンあり、特大ありでね。これだけ打たれたら負けるよね。

     -打線は一時勝ち越した

     緒方監督 こっちもこれだけの選手をそろえたなかでね、何点くらい入るのかなと思って見ていたけど。ただ相手もパ・リーグを代表する投手が投げてくるからね。これだけの打者を並べてもそう簡単には点は入らんよね。あらためてそういうところはあったけど。まあ明日はね。今日負けたので、明日は打ち勝ってくれるでしょう。

     -目に留まった選手は

     緒方監督 試合に限らずみんなフリー打撃からね、すごいスイングをする、鋭い打球を打つ選手ばっかりなのでね。あらためて身近で見させてもらって、糸井のスイングの力強さ、飛距離とか。ゲレーロのインパクトの強さとか。かなりそういう部分は感じたよね。

     -打順は自分で

     緒方監督 自分で考えた。いろいろ優先的に出したいメンバーもいたし。そのへんで打順を繰り上げたりした。

     -投手陣は

     緒方監督 先発したバルデスも中1日で投げてくれたわけだし。少し体調面が心配だったけど。田口もすごいバランスよく投げていたし。後半あらためて手ごわい投手なのは間違いないなと感じたね。岡田ね…。岡田のコメントはちょっと。後半戦考えるところがあるからね。

     -明日はどんな戦いを

     緒方監督 明日はね。やっぱり細かい作戦はないなかで。勝つ、勝つといっても難しい部分はあるかもしれないけど。出る選手は賞を目指してね。やっぱり勝たないとね。勝てばリーグから3人くらい選ばれて賞金がもらえるし。まずはチームが勝てるようにみんなにやってほしいというのと。球宴だけどね。(昨年の日本シリーズで負けた)栗山監督に負けているみたいで(笑い)。悔しさもまたあるので。明日はしっかり勝ちたいです。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-01855509-nksports-base

    このページのトップヘ