広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ニュース

     野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は18日、沖縄・那覇市内で記者会見を行い、3月9、10日に行う強化試合メキシコ戦のメンバー28人を発表。日本ハム・清宮幸太郎内野手、ヤクルト・村上宗隆内野手、オリックス山本由伸投手ら11選手が初選出となるなどフレッシュな顔ぶれが集まった。


     シーズン開幕2週間前で調整が難しい中で行われる国際試合。最多選出は昨年2年連続日本一を飾ったソフトバンク、巨人の4人。ソフトバンクからは下手投げ右腕の高橋礼、昨季守護神だった森唯斗、強肩で“甲斐キャノン”の異名を持つ甲斐拓也、攻走守三拍子揃った上林誠知外野手が選ばれた。巨人からは岡本和真内野手、17年13勝を挙げた左腕・田口麗斗を始め、小林誠司捕手は17年WBC以来2年ぶりの選出。プロ3年目で飛躍が期待される吉川尚輝内野手は初選出となった。

     一方で、1人も選出されなかったのが昨季10年ぶりのリーグ優勝を飾った西武だ。昨年11月の「2018 日米野球」には常連の秋山翔吾外野手を始め、多和田真三郎投手、森友哉捕手、山川穂高内野手、源田壮亮内野手、外崎修汰内野手の5人選出。12球団最多となる6人が選ばれたが、一転して12球団唯一の選出なしとなった。

    「2018 日米野球」では阪神、オリックスが選出なしだったが、阪神から昨季打率.274、初の2桁11本塁打をマークした大山悠輔内野手、オリックスからは救援から先発転向する山本由伸、プロ3年目の先発右腕・山岡泰輔、昨季打率.321、26本塁打、86打点をマークした4番の吉田正尚外野手が選ばれた。セ・リーグ3連覇中の広島からは野間峻祥外野手が唯一選出された。

    ソフトバンク(4人):高橋礼、森唯斗、甲斐拓也、上林誠知
    巨人(4人):田口麗斗、小林誠司、吉川尚輝、岡本和真
    日本ハム(3人):清宮幸太郎、近藤健介、西川遥輝
    オリックス(3人):山岡泰輔、山本由伸、吉田正尚
    ロッテ(3人):松永昂大、田村龍弘、中村奨吾
    DeNA(3人):山崎康晃、今永昇太、三上朋也
    ヤクルト(3人):梅野雄吾、原樹理、村上宗隆
    楽天(2人):森原康平、田中和基
    広島(1人):野間峻祥
    中日(1人):京田陽太
    阪神(1人):大山悠輔



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00300969-fullcount-base&pos=1

     「広島春季キャンプ」(16日、沖縄)

     広島は16日、庄司隼人内野手と山口翔投手が「インフルエンザA型」に感染したと発表した。

     2人はこの日の練習を回避。沖縄市内の病院で診察を受けていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000066-dal-base

     赤ヘルのニューヒーローがサッカー界のレジェンドと夢の合体だ。広島・長野久義外野手(34)が休養日の8日、同じ宮崎・日南市内でキャンプを行うJ2横浜FCをお忍び訪問。少年時代から憧れる“キング”ことFW三浦知良(51)との対面に大ハシャギした。
     球春をにぎわす男はこの日、サッカー場にいた。横浜FCの練習終わりを見届けると、カズの手招きに応じてグラウンドへ飛び出し、緊張の面持ちで握手。カズの誘いで始まったリフティング合戦はノーバウンドで7回続き「サッカー選手になるのも夢だったんです」と豪語していただけの足技をバスケットシューズで披露した。驚いたキングから拍手を送られると長野は満面の笑み。最後はあいさつしようとした瞬間、互いの頭がぶつかって2人とも大笑いするなど、終始ほほ笑ましい光景が繰り広げられた。

     長野によればカズとはあいさつを交わす程度の面識はあったというが、これほど濃密に触れ合ったのは初めて。普段は注目される側のスターも、この日ばかりは一サッカーファンの表情だ。

     一方、カズは長野について「新たな場所で新たな挑戦をするのは素晴らしいし、僕も刺激を受けます」。自身は若手時代から国境を越えてチームを転々としてきた。長野へ向けた言葉を求められると「みんな野球を愛する人たちだと思いますので、それは(どこでも)同じだと思います。カープはチャンピオンチーム。長野さんもその中で結果を出すという気持ちでやっていると思いますから、そういう気持ち、情熱を失わず、(年齢が)上の人間が移籍してきても純粋に野球に取り組んでいれば、若い選手も付いてきてくれるのかな」とエールを送った。

     横浜FCのキャンプ地を離れてからも、キングに金言を送られた長野の興奮は覚めやらない。「カズさんは小さいころからの憧れの人。僕にとってのスーパースターなんです。お会いできたことが本当にうれしいです。あっ、サインを頂いておけばよかった…」。新チームでの生活に疲れを隠せなかった長野だが、レジェンドのオーラを浴びてすっかり元気になった様子だった。その後は西武の南郷キャンプも電撃訪問し、巨人時代の先輩・内海をサプライズで激励。日南の休日をたっぷり満喫した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000011-tospoweb-base

    <カープ観測 7日>

    日刊スポーツはキャンプ期間中「カープ観測」と題し、広島のさまざまなデータを計測し、その強さを探っていきます。

      ◇    ◇    ◇

    鈴木が「神ってるバット」と決別した。16年6月18日オリックス戦で2試合連続サヨナラ弾を放ち、緒方監督から「今どきの言葉で言うなら、神ってる」と称賛された。翌19日には3試合連続決勝弾を放ち、25年ぶり優勝の原動力となった。そのときから使い続けてきたものを、今季から変更しているという。

    アシックス社の佐々木邦明さん(34)は「鈴木選手は昨年、製作現場に実際に足を運び、スイングしながらリクエストしていました。納得した形をつくるためコンマ1ミリ単位で調整し、振り抜きやすさを追究したんです」と説明する。

    変更点は長さ86・5センチ→85・1センチと少し短くなり、最も太い部分が直径65・2ミリ→64・0ミリとやや細身に。グリップ部分は直径25・0ミリで変わらないが、グリップエンドに左手の小指がしっかりかかるよう、形状を変更したという。重さ900グラムは同じで、素材はメープルとホワイトアッシュの2種類をつくった。

    鈴木の原点は「もっとうまくなりたい」ということ。今キャンプではスケールアップしたスイングでスタンドの度肝を抜いている。過去の栄光にすがらず、さらなる進歩を目指す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00473282-nksports-base

     広島のキャンプ地、宮崎・日南市の天福球場に男性2人組の人気ロックユニット、ポルノグラフィティの新藤晴一(44)がやってきた。キャメルのコートに黒縁メガネのオシャレコーデでセ・リーグ王者の練習を視察した。

     ファンの間でポルノのハルイチで親しまれるギタリストは地元広島・因島市(いんのしま、現尾道市)出身で少年時代は野球チームに所属。2016年のDeNAとのクライマックスステージ・ファイナルステージ第4戦(マツダ)の始球式に登場したときは「神聖なプレートは外して」投げるなど熱狂的なカープファンで知られている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000523-sanspo-base

    広島アレハンドロ・メヒア内野手(25)が9日、宮崎・日南の1軍キャンプに合流した。

    小雨の中、球場入りし「ガンバリマス」と話した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00475945-nksports-base

    広島長野久義外野手(34)が3日、春季キャンプ第1クールを走り抜いた。前日まで一部別メニューも、この日は広島流のローテーション打撃にも参加。最終クール最後の広島名物メニュー、ロングティーでも1カゴ分を打った。移籍後初のほぼフルメニュー参加となった濃い1日を終え、夜は新チームメートと歓迎会が開かれた。


       ◇   ◇   ◇

    クール最終日に選手が並んで行うロングティーは広島キャンプ恒例だ。そこに長野の姿もあった。新加入の34歳は時折腰に手を当てながらも、1カゴ分250球~300球をヘッドを利かせたバットスイングで最後まで放物線を描いた。この日は広島名物の異なる12カ所で打撃を行うローテーション打撃にも初参加。広島流を感じた濃い1日で、第1クールを完走した。

    スイング量が増えても、キャンプ序盤の調整に対する意識はぶれない。「あまり大きいのを打とうとすると、体が開いてしまいます」。前日2日は高橋前巨人監督の視察で力が入って柵越えを記録も、この日は初日に見せた中堅から右方向への打撃を徹底。柵越えはなかった。

    自己流調整ではあるが、今年は例年以上にハイペースと本人は認める。「ちょっと早いくらいですかね。力も入ります」。打撃練習中に左親指のテーピングを巻き直すほど。昨季までとの比較ではない。昨季までとは環境がまったく違う。気配り目配りの人。クールに見せても気疲れは当然ある。調整も周囲のペースから大きく外れるわけにはいかない。「バテました」ともらした言葉が本音だろう。

    フリー打撃時には左翼で打球を追った。巨人では右翼か中堅。「レフトは僕がルーキーイヤー以来守っていないと思うので、景色も違います。いっぱい練習しないといけないなと思いました」。10年10月7日広島戦で守った左翼が、広島での新しい定位置となるかもしれない。

    この夜には、野手だけでなく投手も含め約30人が集まり、歓迎会が開かれた。「みんなといろんな話をしたいし、どういう性格かも知りたいです。名前の呼び方もどうしようかと思っています」。昼は広島流も、夜は長野流。得意の“飲みニケーション”に広島の輪に入っていく。【前原淳】

    ◆広島緒方監督のコメント 周りのペースが早いので戸惑いもあるだろうけど、焦らずに1日1日体をつくっていってほしい。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00469468-nksports-base

    広島新人3選手がキャンプ休日で半日の観光体験を行った。3人とも初体験という「いちご狩り」で真っ赤に実ったいちごをほお張った。

    ドラフト6位正随優弥外野手(22=亜大)は「20個は食べました。いちごのように(チームカラーの)赤く染まっていきたい」と笑った。その後うなぎつかみ取りと試食。ドラフト1位小園海斗内野手(18=報徳学園)は「開幕1軍を“つかんで”しっかりと定着できるようにしたい」とうまいコメントを残した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00470962-nksports-base

    プロ野球解説者の江本孟紀がラジオ番組「草野満代 夕暮れWONDER4」(1月30日放送)で、2019年のプロ野球順位予想を行った。




    2月1日から、いよいよ始まるプロ野球春季キャンプ・・・球春到来!ということで、ニッポン放送・ショウアップナイター解説者で元プロ野球選手の江本孟紀が、日本一早い順位予想を行った。

    2019年のセ・リーグ1位は・・・『読売ジャイアンツ』!江本氏は、FAなどで補強した戦力を考え、こう話した。

    「これだけの戦力、これだけの年俸を払っていれば、ちゃんと働いてもらわないとおかしい。そういう意味で、普通に優勝してもおかしくないと思いますよ。きちんと働くかどうかは、やってみなければわかりませんね」

    今年、4連覇がかかる『広島カープ』はどうなのか?江本氏は、2位と予想した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00010016-nshaberu-base

     「広島春季キャンプ」(3日、日南)

     広島県の「庄原市カープ応援隊」が天福球場を訪れ、緒方監督に同市の名産品を贈呈した。

     14回目の訪問となる今年は庄原米、比婆牛、乳団子、カレーパン、広島菜漬けが贈られた。緒方監督は「いつもありがとうございます。また食堂で選手コーチ、みんなでいただきます。今年も厳しい戦いになると思いますが庄原市の力をもらいたいと思います。応援よろしくお願いします」とあいさつした。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00000040-dal-base

    このページのトップヘ