広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ネタ

     首位・広島が3日のDeNA戦(横浜)に13―6で大勝。4本塁打を含むチーム17安打の猛攻で今季最多得点をマークし、貯金も今季最多タイの16とした。5カード連続の勝ち越しで2位・中日とのゲーム差は今季最大の10。緒方孝市監督(47)もさぞかし笑いが止まらないかと思いきや、ネット上でウワサになっている「汚パンツ騒動」には困惑している様子。本紙が直撃した真相は…。

     リーグ最強の強力打線は健在だった。新井が初回に3ランを放つなど4安打5打点の大暴れを見せれば、6回から代打で途中出場の4年目の下水流も2打席連続本塁打で存在感を発揮。頼りになるベテランが火付け役となる形で打線は17安打13得点を叩き出し、乱打戦を制した。

     試合後の緒方監督はヒーローとなった新井について「初回の本塁打もそうだし、終盤のダメ押しもあった。本当に頼もしい」と満足げにコメント。だが、その一方では本紙にこんな“怒りの反論”もぶちまけていた。

     それは一部で「連勝中はパンツを替えない」と報じられ、尾ひれ背ひれが付いて11連勝中にはネット上で「さすがに臭そう」などと面白おかしくイジられていること。指揮官は「服もパンツも靴下も、ちゃんと替えている。あんな形で話が大きくなって迷惑。家族も心配している」と力説。さらに「安心してください、替えてます」と声を大にして訴えた。

     勝負の世界では確かにゲンを担ぐ人は多い。勝ち続けているうちは同じ服で球場入りしたり、ヒゲをそらない…、逆に連敗中は球場までの道順を毎日のように変える。この程度のことはよくある話で、特に珍しいわけではない。

     話がおかしくなったのは先月末のことだ。6月14日の西武戦から始まった連勝は、あれよあれよという間に伸びて11試合に。その間は4度のサヨナラを含む7度の逆転勝ちと神がかっていたことから、ネット上で緒方監督の“パンツ事情”を心配する声が自然と大きくなっていった。

     あまりに騒ぎが大きくなりすぎたことで、無視できなくなった。かな子夫人にも「替えてなかったっけ?」と心配され、緒方監督は「そんなことはない。昨日も今日も、ちゃんと着替えたよ」と家族の不安を解消しなければならない事態に陥ったという。

     6月30日のヤクルト戦で大型連勝は途切れたものの、まだまだ広島の独走態勢は揺るぎそうにない。再び連勝が続けば、またぞろ“異臭疑惑”をかけられないとも限らない。「こんなことで否定会見をするのもおかしいし、ちゃんと(勝敗に関係なく)パンツも靴下も着替えていると伝えてほしい」。そう訴える緒方監督の表情は真剣そのものだった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160704-00000036-tospoweb-base

    <広島10-4DeNA>◇7日◇マツダスタジアム

     マツダスタジアムの新イベントとして開催されているお化け屋敷「ざくろ女の家」のざくろ女が、始球式を務めた。


     白いワンピースを着て、顔を覆う長髪に、はだしで登場。抱え持っていたグラブと広島の帽子を取り出すと、血のように赤で染まった腹部があらわに。さらに背中の布をはがすと、「カープ女」の文字が書かれていた。プレーボール直前のマツダスタジアムを震え上がらせたが、投球はノーバウンドで見事ストライク。悲鳴は歓声に変わった。

     「ざくろ女の家」は4月22日から、公式戦開催日限定でマツダスタジアム屋内練習場デッキ付近で開催されている。企画を手がけた「お化け屋敷プロデューサー」五味弘文氏が、始球式の捕手を務めた。

     広島に新加入したお仕事ロボット、Carppepper(カープペッパー)が9日、広島市内の球団事務所で入団会見を行った。

     カープの帽子をかぶり、「今日は“わし”のために集まってくれてありがとう」と広島弁であいさつ。

     14日、パシフィコ横浜で行われる「セ・リーグファンミーティング」でデビュー。イベントやグッズ、フードの紹介する。その後は、早ければ21日にもマツダスタジアムで働く予定だ。「電池の許す限り頑張っていくけんよろしくね」と意気込みを語った。

    このページのトップヘ