広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ファン

    <オープン戦:広島3-5オリックス>◇16日◇マツダスタジアム

    16日にマツダスタジアムで行われた広島-オリックス戦の試合後、昨季限りで現役を退いた新井貴浩氏(42)の引退セレモニーが行われた。


    試合前に続く催しで、ナイン、首脳陣、関係者に加え3万649人の観衆が見守った。新井氏のあいさつは以下の通り。

       ◇   ◇   ◇

    広島で生まれ、広島で育ち、小さな頃からの夢はカープの選手になることでした。アマチュア時代、たいした選手ではない私を、取って育ててくれた、カープ球団、そして、たくさんのすばらしい出会いのおかげで、この厳しいプロの世界で20年間もユニホームを着させていただきました。ユニホームを脱いで数カ月たちますが、うれしかったこと、楽しかったことより、苦しかったこと、悔しかったことのほうがはるかに多い野球人生でした。ですが最後は3連覇させてもらい、そして、日本シリーズという最高の舞台でユニホームを脱がせていただけたのは、今ベンチ前にいる、弟のようにかわいい後輩たちのおかげです。本当にみんな、ありがとう。彼らは今シーズンも、みなさんを大いに楽しませ、また、喜ばせてくれると思います。私もいま1度、カープファンに戻り、みなさんと一緒になって、かわいい後輩たちを応援していきたいと思います。

    最後になりますが、私の野球人生、無駄なことは何ひとつありませんでした。今思うと、すばらしい野球人生でした。7年間お世話になったタイガース球団、ならびにタイガースファンのみなさま、ありがとうございました。

    選手会長時代、いつも選手会の支援をしてくれ、また、背中を押してくれたプロ野球ファンのみなさま、ありがとうございました。

    そして最後に13年間、お世話になったカープ球団、、ならびにカープファンのみなさま、たくさん、怒らせ、たくさん、悲しませたのに、こんなにたくさん、応援していただき、ただ、ただ、ありがとうございました。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-03160437-nksports-base

     「オープン戦、広島-オリックス」(17日、マツダスタジアム)

     広島・長野久義外野手(34)が試合前に行われた「新入団選手紹介」に登場した。


     ドラフト1位・小園海斗内野手=報徳学園=らルーキー、新外国人に続いて名前を呼ばれると、球場は割れんばかりの大歓声に包まれた。長野は声援にお辞儀で応え、サインボールを客席へ投げ入れた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00000080-dal-base

    「仮面ライダービルド」のヒロイン・石動美空役で知られる高田夏帆が、ドラマ「恋より好きじゃ、ダメですか?」で連続ドラマ初主演を果たすとわかった。


    広島RCCテレビの開局60年を記念した本作は、広島東洋カープの野球中継が早終わりの際に放送される“リリーフドラマ”。高田は、小さい頃から大のカープファンとして充実した毎日を送っていたが、恋愛は失敗ばかりの主人公・日向あかりを演じる。劇中ではあかりが、元カープ選手の“ミスター赤ヘル”こと山本浩二と同じ名前の男性と出会うことから、物語が展開していく。主題歌には、広島出身であるPerfumeの「FAKE IT」が使用される。

    この発表にあたり、高田は「元カープ北別府(学)投手の投げるシュートのように、胸にグッとくるドラマにしたいです。放送日未定という前代未聞のこのドラマを、カープ戦と一緒にお楽しみください!」とコメントしている。

    「恋より好きじゃ、ダメですか?」は、各話15分、全12話構成となる予定。3月末から9月末にかけて、RCCテレビのカープ戦野球中継が早終わりとなったタイミングで放送される。

    ■ 恋より好きじゃ、ダメですか?
    RCCテレビ 2019年3月末~9月末 放送表内の野球中継時間が早終わりのタイミングで放送


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00000049-nataliee-movi

     昨季限りで広島を退団したブラッド・エルドレッド内野手が自身のインスタグラムで元気な姿を見せ、日本のファンを喜ばせている。アイコンも広島時代のイラストのままで、“カープ愛”は変わらないようだ。


     身長196センチ、体重122キロのエルドレッドは、その巨体でバスケのリングにつかまっている写真を公開。「どのくらい上手なの? おやつをくれたらわかると思うよ」とコメントを添えた。その他にも、家族と一緒に写った写真を投稿している。

     エルドレッドは2012年に広島に加入し、通算133本塁打、370打点をマーク。ファンから絶大な人気を誇ったが、昨季は38試合の出場にとどまり、打率.213、5本塁打、14打点。オフに2019年の契約を結ばないことが発表されていた。

     それでも、インスタグラムのアイコンは広島時代のイラストのまま。昨年12月8日の以来の投稿となったが、コメント欄には日本のファンの声が多く、「今でもエルを応援しています」「げんきそうなかおが見れてうれしいです」「アイコンがカープのエルちゃんで嬉しい!」「エルちゃ~ん。。。I want to see you.」「エルさん元気そうで嬉しいで」「元気そうで嬉しいです」などと喜ぶ人が多かった。エルドレッドと広島ファンの“相思相愛“の関係は続いているようだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00314328-fullcount-base

    広島の球団首脳と緒方孝市監督(50)会沢翼選手会長(30)ら1軍選手が5日、広島市内のホテルで開かれた「広島東洋カープ激励の集い」に参加した。

    深山英樹広島商工会議所会頭からは新加入の長野久義外野手に「広島を昼も夜も元気にしてもらえればと思います」と“珍激励”が飛んだ。緒方監督は壇上で「4連覇に向けて、日本一に向けてチーム一丸となって挑戦していきたいと思います」と誓った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-03050689-nksports-base

    ◆オープン戦 広島―DeNA(9日・福山)

     福山市民球場が真っ赤に染まり、地方開催のオープン戦としては異例の大入り袋が報道陣に振る舞われた。

     この日の観衆は1万3345人。収容人員1万5299の球場の87%を埋め尽くした格好で、うち98%が赤いユニホームや法被に身を包んだ鯉党とみられた。

     球場関係者によると、試合開始7時間前の午前6時頃から自由席の開場を待ちわびるファンが列を作るフィーバーぶり。広島の担当記者は「大入り袋? 最高です。もらえると思ってなかった。友達に自慢します」などと感無量の表情だった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00000146-sph-base

    【赤坂英一 赤ペン!!】広島が今年もまたチケット問題に揺れている。

     入場券を購入するための抽選券をマツダスタジアムの窓口で配った先月25日、約5万人が約1キロの長蛇の列をなし、JRの踏切に人があふれる異例の事態に発展。球団側が警察の指導を受け、約1万人を残して配布を打ち切り、罵声と怒号が飛び交う大騒動となった。

     ネット上には、謝罪を繰り返す球団職員に人々が「土下座せえ、土下座を!」「土下座はせんでええ! ちゃんと抽選券を配りんさい!」と食ってかかる動画が拡散。行列の中には、持病の発作で倒れ、救急車で運ばれた高齢者もいたという。

     抽選の結果は27日に発表され、今月1、2日に当選者へ入場券が販売された。球団は不正転売防止のため、大量購入者には身分証明書の提示、および転売しないとの誓約書に署名を求める対抗策を実施。それでも、販売されて間もなく、メルカリなどにチケットが出品されている。

     そもそも、広島が入場券の販売を先着順制から抽選制に変更したのは、「転売ヤー」と呼ばれる購入者を排除するため。先着順制だった昨年までは、発売日の数日前から窓口の前にテントを張る多数の“業者”が出没。順番を巡ってケンカをしたり、窓口で数百万円の札束を出し、入場券を買うのに長い時間をかけたりしていたからだ。

     しかし、抽選制に切り替えても大混乱となった揚げ句、「転売ヤー」を防ぐことができず。球団では来年に備えて新たな販売方式を検討中だが、今のところ抜本的な解決策は考案されていない。

     広島OBの達川光男氏は、「わしが子供のころ、昔の広島市民球場が本拠地じゃった時代は、試合のある日に行けばすぐに切符が買えたもんじゃ。時代は変わったのう」と話している。広島出身の私が観戦していたころも同様で、当時は練習日になると無料で球場に入ることもできたのだ。いまどきのファンにはとても信じられないだろうが。

     フェンスに駆け寄って選手を呼べば、その場でサインをもらえた。打撃練習で客席に飛び込んだ硬球をひそかに持ち帰り、自分の練習に使って腕を上げた知り合いもいる。

     昔は、そんな子供たちの中から地元の強豪高校に進み、甲子園へ行って、現実にカープに入団する選手が現れたものだ。

     ああいう幸せな時代は二度と来ないのか。私のようなオールドファンには寂しい限りである。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00000005-tospoweb-base

     「オープン戦、広島-巨人」(5日、マツダスタジアム)

     広島・長野久義外野手が、七回2死二塁の好機に代打で登場した。

     チームの本拠地初戦はベンチスタート。だが、背番号5がネクストサークルでバットを振って準備を始めると、広島ファンは待ってましたとばかりに大歓声を送った。巨人ファンからも拍手が起こった。

     坂本工との対戦で初球ストライクを見送り、2球目はファウル。3球目、ボール気味の外角変化球にバットを出したが、右邪飛となった。守備にはつかず、1打席で交代となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00000080-dal-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     広島の今季主催試合のチケット購入に必要な抽選券をめぐり、25日に大騒動が発生。もともとカープの観客動員には、波瀾万丈の歴史がある。

     球団史上初のリーグ優勝を飾った1975年。最下位だった前年に64万9500人だった入場者数が、球団史上初めて100万人を突破し、倍近い120万人を記録した。

     古葉監督の下で2度目のリーグ優勝と初の日本一を達成した79年は、145万4000人の球団新記録。翌年もリーグ連覇、2年連続日本一に輝いたが、なぜか入場者数は131万4000人に減少した。その後も84年に4度目のリーグ優勝、3度目の日本一を達成したものの、110万3000人とさらにダウンした。

     この怪現象を球界関係者は「ファンの間に『勝って当たり前』という風潮が広まり、弱小球団から初優勝へ駆け上がった頃の新鮮な刺激が失われたんじゃないか。それに広島の人口を考えれば、集客はこれくらいが限界だろう」などと分析したものだ。

     だが、2016年の25年ぶりのリーグ優勝以降、新赤ヘル軍団の人気はすさまじい。入場者数は215万7331人、217万7554人、223万2100人と右肩上がりだ。

     “カープ女子”が社会的に認知され、本拠地マツダスタジアムだけでなく、ビジターゲームでも抜群の集客力を実証して、他球団から感謝感激されている。平成に代わる新元号初年度の今季に起こった、抽選券争奪大騒動。全国区人気にのし上がった新赤ヘル軍団を、象徴する出来事といえるだろう。 (江尻良文)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000006-ykf-spo&pos=5

    このページのトップヘ