広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ファン

     広島が15日、2019年度カープファン倶楽部「Rosso ffffff(ロッソ・フォルティッシシシシシモ)」の単年会員1万5000人を正午から募集し、わずか1時間以内で定員に達した。改めてカープ人気の高さを証明する形となった。

     今回は2018年度からの継続会員3万5000人と新規会員の計5万人を募集。早期入会特典として2019年度のマツダスタジアムの公式戦の入場券の先行販売、入会特典として会員証やオリジナルユニホームを贈呈、希望者は新入団選手などのイベントに参加したりと盛りだくさんの内容となっている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000571-sanspo-base

     今オフFA戦線の目玉となっている広島・丸佳浩外野手(29)に関する“臆測”が次々と広がっている。丸は広島市に本店を構える地方銀行のCMに出演中だが、ネット上では「契約を打ち切ったらしい」などの書き込みが散乱。移籍を前提としたかのような怪情報に周囲はピリピリしている。その一方で同僚の松山竜平外野手(33)は9日、今季取得した国内FA権を行使せずカープ残留を表明。こちらは一安心だ。

     丸は7日に今季取得した国内FA権の行使を表明した。球団サイドが宣言残留を容認していることから「他球団の評価を聞いてみたい」と決断。早速、巨人とロッテが丸獲得に名乗りを上げている。

     広島の鈴木球団本部長は「もし、向こう(丸)から契約についてでも何でも聞きたければいつでも聞く」と話したように交渉には快く応じる姿勢を貫いているが、9日にマツダスタジアムを訪れた丸は「特に(話はして)ないです」とだけ話し、屋内練習場で汗を流して帰路に就いた。

     そもそも事前に複数年契約を提示するなど交渉の話はまとまっており、鈴木本部長は「あとは彼の判断を待つだけ」と静観。改めて話し合う機会をセッティングする必要はないのかもしれない。そんな中、背番号9の動向には注目が集まるばかりで周囲からは様々な情報が飛び交っている。

     丸は現在、2014年からイメージキャラクターを務める「もみじ銀行」のCMに出演中。そのCM内では踊りを披露するシーンもあり“丸ダンス”として話題となったが、ネット上では「契約を打ち切ったようだ」「口座を解約したらしい」という情報源のはっきりしない書き込みが後を絶たない。

     これについて、もみじ銀行の担当者は「口座については個人情報ですので申し上げることができません」としながらも「インターネットではいろいろ書かれているのを見ましたが、CM契約の打ち切りの話などは全く出ていません。実際に今もテレビなどでCMを放送していますし、丸選手がチームに残るか他球団に行くのかが決まらないとこちらも動くことができないのです」と困惑した様子。ただ「丸選手の代わりになる人はいませんので、ぜひ残っていただきたいです」と残留を熱望した。

     一方「家族は関東に引っ越した」という一部情報に丸は「引っ越してないですよ!」とキッパリ否定。FA時に噂話はつきものだが、決着がつくまでこの手のデマに本人も周囲も散々悩まされそうだ。






    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181110-00000017-tospoweb-base

     広島・丸佳浩外野手(29)が7日、今季取得した国内FA権を行使することを明言した。マツダスタジアムで取材に応じ「決めたのは昨日。プロ野球選手である以上、他球団の評価を聞いてみたい。聞ける機会もなかなかあるものではないので」と決断理由を話した。球団側からは「しっかりと考えて、その上でできることなら残ってほしい」と改めて残留を要請されたといい「宣言残留を認めてもらえるのはありがたい。できる限り早く答えを出したい」と話した。


     丸にはすでにロッテなどが本格調査に乗り出している。4年の長期契約を提示している広島はFA宣言しての残留も認める方針。鈴木球団本部長は「球団としては最大限の提示はしている。リミット? 結論を急ぐことはない。代わりはいない。1人空いたから誰かを、とはならない」と、必要な戦力であることを強く訴えた。

     丸は千葉経大付高から2007年高校生ドラフト3巡目で広島に入団。走攻守全てに優れ、13年に盗塁王、昨季は最多安打のタイトルを獲得してMVPに輝いた。今季もリーグ2位の39本塁打で、最高出塁率のタイトルを獲得し、2年連続MVPの最有力候補となっている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000049-sph-base

     ■「どっから聞いたんですか?」 夕刊フジが直撃

     今年の日本シリーズはソフトバンクが4勝1敗1分けで広島を破り、2年連続9度目の日本一を達成して幕を閉じた。プロ野球はシーズンオフに突入したが、最も注目されるのが、国内フリーエージェント(FA)権を取得した広島・丸佳浩外野手(29)の去就だ。夕刊フジは「丸の家族はすでに関東に引っ越した」と気になる未確認情報を得て、本人を直撃した。すると…。(山戸英州)

     日本シリーズ最終戦となった第6戦終了から2時間以上経過した、4日午前0時過ぎ。丸がマツダスタジアムの関係者駐車場に姿を見せると、一斉に報道陣が取り囲んだ。

     「悔しいシリーズになってしまった。一度相手に行ってしまった流れがこっちに来なかった」

     6戦合計で25打数4安打、打率・160の不振に終わり唇をかんだ。

     とはいえ、今季レギュラーシーズンでは打率・306、39本塁打、97打点。今季限りで現役を引退した新井に次ぐチームリーダーで、今季セ・リーグMVP選出も有力。FA宣言すれば、資金力豊富で来季は原監督復帰初年度とはいえ5年ぶりのリーグ優勝が至上命題となる巨人、丸の出身地・千葉を本拠地とするロッテなど、複数球団が手を上げるとみられる。

     「今のところ何も決めていない。まだ日本シリーズが終わったばっかりで、正直あまり考えていない。とはいえ期間があるんで、しっかり考えたい。複数球団が興味? 示してもらわないよりは、いいんじゃないですか」と淡々と答えたが、実は夕刊フジは丸について気になる情報を得ていた。

     地元広島の飲食店オーナーが「丸の家族はすでに関東に引っ越したそうだ」というのだ。さらに広島の球団関係者も「全然違うところから、それと同じことを聞いた」と証言。本当だとすれば、丸はすでに関東の球団へのFA移籍を決意し、すでにその準備に入っているということなのか。

     夕刊フジは報道陣の輪が解けるのを待ち、丸を単独で直撃。「ご家族が引っ越されたと、複数から聞いたのですが?」と聞いた。

     「そのウワサ、どっから出たんですか?」

     一瞬驚いた表情を浮かべた丸だったが、「ウワサはウワサでしかないんで…」とだけ言い残すと、特に強く否定することもなくタクシーに乗り込んだ。

     丸の今季年俸は2億1000万円(金額は推定、以下同)。広島は出来高込みで4年総額17億円を提示し引き留めに躍起とみられる。巨人はそれ以上の大型契約を用意しているともいわれるが、ある広島OBは「去就のポイントは金額ではなく、契約年数」と指摘する。

     「あれだけの実績があるのだから、どこの球団だってそれなりの金額は用意する。だが、丸には来年小学校に入学する子供がいて、その教育環境の安定を最優先に考えている。そのために、5年以上の長期契約を希望しているようだ。家族思いだけに、今後所属チームがコロコロ変わる可能性を消しておきたいのが本音だろう。ダメなら移籍も辞さない構えと聞いた」

     仮に5年以上の“超長期契約”となれば、広島も大きなリスクを背負うことになるが、交渉の結果、どんな結論が出されるか。

     また、今月2日には巨人が橋本到外野手(28)を楽天へ金銭トレードで放出。丸と同年代(丸が1歳上)で、同じ右投げ左打ちの外野手とあって、球界関係者の間では「丸獲得のメドが立ったからこそ、整理したのではないか」とささやかれた。

     一方、丸をよく知る球界関係者は「移籍を決断した場合、最有力候補となるのは巨人だろうが、心配だ。横浜(現横浜DeNA)から移籍した村田(修一=来季巨人ファーム打撃コーチ)は数年活躍もしたが、ちょっと不振が続けばあっさり自由契約。それなら広島で生え抜きとして愛され大事にされた方がいいのではないか」と語る。

     FA有資格者が権利を行使する手続き期間は5日から始まり、土日を除く7日間以内で、13日に締め切られる。FA宣言選手は14日に公示され、15日から全球団との交渉が可能になる。FA宣言した上で広島に残留するケースもありうる。

     走攻守そろったスラッガーでチームの精神的支柱にもなりうる男の熟考のタイムリミットは、刻一刻と迫っている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000009-ykf-spo

     広島が2年ぶり8度目の日本シリーズ出場を決めた19日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦を生中継した広島テレビ(日本テレビ系)の「広島×巨人」(金曜後9・00~9・29)の地元・広島地区での平均視聴率が49・1%(ビデオリサーチ調べ)だったことが22日、分かった。


     午後6時15分~7時までの平均視聴率は30・0%、同7時~9時までは41・8%。瞬間最高は試合後セレモニーの場面で午後9時16分の56・0%。試合中の瞬間最高は午後9時2分の54・0%だった。

     球団初のリーグ3連覇を果たした広島がレギュラーシーズン3位からCSファーストステージを勝ち上がった巨人に5―1で3連勝。6試合制で行われるCSファイナルステージの通算成績を上位チームのアドバンテージ1勝を加えて4勝0敗とし、2年ぶり8度目の日本シリーズ出場を一気に決めた。この日が巨人・高橋由伸監督のラスト采配となり、試合後にはマツダスタジアムの広島ファンからも由伸コールが起こり、巨人の応援席からは現役時代の応援歌も流れた。

     広島は27日からの日本シリーズで34年ぶりの日本一を目指す。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000143-spnannex-base

     【沖縄】プロ野球広島が巨人を破って日本シリーズ進出を決めた19日夜、キャンプ地・沖縄市のコザ・ミュージックタウンのパブリックビューイングでは、赤色を身にまとったファン約70人が集まり、喜びを爆発させた。

     広島は着実に得点を重ね、守備でも巨人を抑え込んだ。好プレーの度に「よっし!」と声が上がり、日本シリーズ進出が決まると会場の歓喜は最高潮に。桑江市長を胴上げし、喜びを分かち合った。

     広島出身で沖縄市に住んでいる今田祐二さん(35)は「この勢いだったら日本シリーズも制覇し、念願の日本一も夢ではない」と笑顔。広島出身の阿南卓さん(44)は「クライマックスシリーズは3連勝。日本シリーズは絶対に4連勝して日本一になれる。カープが負ける姿が想像できない」と期待した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00332625-okinawat-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     セ、パ両リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージが13日に開幕。セは一時、2日前の11日に確定したCS出場チームと最終順位が一致しないおそれがあった。前代未聞の危機は回避したが、一難去ってまた一難だ。

     神宮球場で2位ヤクルトと3位巨人が対戦する、セのファーストステージ。先に2勝した方がファイナルステージに進出し、17日からリーグ3連覇を達成した広島とマツダスタジアムで日本シリーズの出場権をかけて戦うことになる。

     「仏の顔も三度まで」。仏ならぬ熱狂的な広島ファンは、3度目の挑戦となる日本一獲りに今年も失敗したら、怒り大爆発必至。それも、仮に今季限りでの辞任が決まっている高橋由伸監督率いる3位巨人に日本シリーズ出場を阻止されでもしたらなおさら、何が起こるか予測不能だろう。

     25年ぶりのリーグ優勝を達成した一昨年は、日本シリーズで日本ハムに敗れても、ファンにまだ余裕があった。「今年は四半世紀ぶりのリーグ優勝で“おなかいっぱい”。日本一は来年の楽しみに取っておけばいい」と言っていたが、昨年は様子が違った。

     ファイナルステージで3位横浜DeNAに翻弄され、セ・リーグ史上で初めて、3位からの日本シリーズ出場という“下克上”を許したことで、広島のふがいない戦いぶりのみならず、リーグ優勝チームにとって理不尽なCS制度自体が批判の対象になった。

     「2位に10ゲーム差をつけて優勝したのに日本シリーズに出られないなんて、おかしい」

     「CSを廃止するか、せめてゲーム差が2ケタの場合は、優勝チームのアドバンテージを2勝にすべきだ」

     熱狂的な赤ヘル党にとどまらず、広島OBたちからもこうした声が沸き起こった。

     今季雨天中止が異常に多かった阪神は、CS出場チームが確定する11日までにレギュラーシーズン全日程を終えられず、展開によっては「CS進出ならず、しかし最終順位は3位」という珍妙な結果になることもあり得た。そうなれば猛虎党の大反発が予想され、日本野球機構(NPB)関係者は戦々恐々だった。阪神の最下位が早々と確定し杞憂に終わったが、今度は赤ヘル党の不満爆発におびえる日々だ。(江尻良文)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000014-ykf-spo

     広島は、優勝パレードを日本一を達成した場合にのみ開催することが分かり、ナインは34年ぶりの日本一へ結束を新たにした。今度こそ真の頂点に立つために、球団は決断を下した。

     「日本一にならないとしない。中途半端ではなくて、日本一になってパレードをする。そういう強い気持ちを持ってやってほしい」

     過去2年は広島市中心部の平和大通りでオープンバスに選手、監督らが分乗して、約3キロの優勝パレードを行った。25年ぶりのリーグ優勝だった16年は、41年ぶり2度目のパレードに31万3000人のファンが詰めかけた。リーグ連覇した昨季はクライマックス・シリーズでDeNAに敗れながら、約30万3000人が集まり、喜びを分かち合った。しかし、3年連続で日本一を逃すとなれば、同じように祝ってもらうわけにはいかない。悲壮な決意のもとに、短期決戦に乗り込むことになる。

     ナインにとっても感謝を伝える貴重な場。この日、マツダスタジアムでの投手指名練習に参加した野村は、「2年連続でたくさんの方が集まってくださって、ああいう形でファンに接することもできない。日本一が最大の目標だし、しっかりと勝っていくだけ」と意欲を示し、九里も「昨年もその前も悔しい思いをしている。僕もチームの勝利に貢献できるようにしたい」と決意を新たにした。

     11日の全体練習後には、ナインが一同に介しての決起集会が行われた。選手会長の会沢は「まずはCSを突破しないと日本一になれない。チーム一丸になって戦っていきましょう」と気合を注入したという。34年ぶりの日本一へ、結束も申し分ない。“祝祭”を開催してコイ党に喜んでもらう――。頂点に立たなければならない理由が、また一つ増えた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000076-spnannex-base

     熱烈な鯉党で知られるチュートリアル・徳井義実が29日、MBSの情報番組「せやねん!」にVTR出演。「かけなあかんのはお金じゃない。手間と愛情です」と広島の強さを解き明かすと同時に、阪神に耳の痛い提言をした。

     「まさかの3連覇!正直、1年目の高揚感があるかと言われれば…だけどつらい時代があったので、6連覇までは喜べる。まさかこんな強いチームになるとは」と相好を崩した。広島の強さを「若手がどんどん出てきてブレークする。新井選手が引退しても次々いる」と解析。「結局、どこから取ってくるといっても限界がある。地道に育てた方が、ドドっとくる」と育成の大切さを改めてアピールした。

     「フランソワとかカープアカデミーから来て、かなり貢献している。ドミニカの選手は広島出身(笑)」と、ファンは親近感を持っていることを明かした。さらに「バティスタは2000万円。すごく広島に、日本になじもうとしてくれている。大金をはたいた人はドライになる」と持論を展開。「ロサリオは3億円超え。かけなあかんのは手間と愛情なんです」とばっさり。それでも「阪神にもいた新井選手が、CSでも必ず活躍するので、応援してほしい」と阪神ファンに訴えた。

     番組では推定年俸2000万円のバティスタは25本塁打で1本あたり単価は80万円。同3億4000万円のロサリオは8本塁打で1本あたり4250万円と紹介していた。

     そんな徳井の分析に、阪神ファンのトミーズ・雅は「ぐうの音も出えへん」とため息。「あなたの言っていることが正しいです」と肩を落としていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000055-dal-ent

     現役時代に通算213勝を挙げた元広島の大エース、北別府学さん(61)が23日、自身のブログを更新。古巣・広島が松山のサヨナラ打でDeNAに2―1で勝ち、球団初の3連覇に向けた優勝マジックを「1」としたことを喜んだ。

     前日22日の阪神戦(マツダ)は13失点大敗を喫しただけに「昨夜の情けない試合を払拭する様な素晴らしい試合を見せてくれてありがとう!!」と北別府さん。「さあいよいよだ」と短くブログを締めくくった。

     また、芸能界の鯉党も球団初の3連覇&1991年以来27年ぶりとなる地元Vにマジック「1」となったことでワクワクが止まらない様子だ。男性デュオ「CHEMISTRY」の堂珍嘉邦(39)は「優勝、3連覇まで、あと『マジック1』明日も応援しよっ!!目が離せんねっ!!!」とツイート。”カープ芸人”のゴッホ向井ブルー(28)は現地観戦したスタンドから撮影した拳を突き上げる松山の写真とともに「カープサヨナラ勝ち決めました!!!松山選手の歓喜の瞬間と少し遅れて輪に向かう田中選手です!!わー!!優勝マジックが1です!!!」とツイッターで伝え、お笑いコンビ「ザ・ギース」の尾関高文(41)は「カープサヨナラ!!マジック1!!あした地元優勝が決まる!」と喜びツイートを投稿した。

     広島は24日のDeNA戦(マツダ)に勝てば無条件で球団初の3連覇、そして1991年以来27年ぶりとなる地元での優勝が決まる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00000173-spnannex-base






    このページのトップヘ