広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ファン

     声援は力になる。逆に言えば、プレッシャーになることだってある。ただ、広島の選手を見ていると、本当に大歓声を一身に受けて力を発揮しているようにも見える。甲子園で見られる盛り上がりも迫力はあるが、マツダスタジアムも異様な雰囲気だ。

     虎党と鯉党の大きな違い。それは選手のプレーに対する厳しさだろう。聖地では失策をすれば、怒号が舞う。投手に向けても、四死球を与えれば「なにしとんやあ!」と容赦ない罵声が。打者に対して3ボールになっただけで、スタンドはざわつく。藤浪らも「ヤジがすごい」と口をそろえて言うように、甲子園は独特だ。

     一方で、マツダスタジアムはアットホームな空気に包まれる。広島の選手は、ファンに守られている雰囲気だ。3ボールになっても怒号はそれほど聞こえない。聞こえてもごく一部。むしろ球場全体から拍手が湧き起こる。「がんばれー」といった言葉とともに。励まされている。阪神の球団関係者からすれば「アレはなんや?」と驚くほど。市民球団だからだろうか。県民性かもしれない。それに加え、近年は実力もつけて連覇を達成。“強いカープ”ともなれば、余計に応援したくなる気持ちも分かる。

     ただ、阪神の選手は日々、「ファンの目」とも戦っている。2軍施設のある鳴尾浜にも連日多くのファンが。伝統球団だけに、プレッシャーは大きい。その重圧に打ち勝ってこそ、一流のスターが生まれるはずだ。

     かつて聞いた。9月28日限りで退任した掛布雅之前2軍監督は「昔は今よりももっとすごかったんだよ。物が飛んでくるのは当たり前だった」。4番に座り、常人には想像も付かないほどの圧に立ち向かった。「ファンの目」と戦い続け、実績も残した。だからこそ、オールドファンは今でも掛布を応援し、愛し続ける。そして「ミスタータイガース」と呼ぶ。これから再び、そんな選手を生みだすのもファンの力ありきだろう。(デイリースポーツ・山本真吾)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00000075-dal-base

     プロ野球広島カープがセ・リーグ連覇を達成後、JR広島駅構内で好調な売れ行きを見せている弁当があります。その名は「カープ日本一優勝祈念弁当」。カープの応援弁当を10種類以上販売する広島駅弁当(本社・広島市東区)が昨年に続き販売しています。優勝後は1日に400個以上売れている験かつぎ弁当にはファン心理をくすぐる仕掛けと担当者の熱い思いが込められています。


     昨年の「カープ日本一優勝祈念弁当」はペナントレースと日本シリーズを重ねて勝つという願いを込めた「ミルフィーユカツ」、ウィナー(優勝者)にちなんだ「ウィンナー」などの具材でした。今年はセ・パ11球団の本拠地のご当地グルメなどを詰め合わています。

     フタを開けると、色とりどりの食材です。セ・リーグは、たこ焼きが阪神、シューマイ・ごま団子がDeNA、かんぴょう巻が巨人とヤクルト。パ・リーグは辛子めんたいこがソフトバンク、みそポテトが西武、牛タンが楽天……。広島がCS(クライマックスシリーズ)、日本シリーズで対戦する可能性のあるチームのご当地グルメもあります。

     広島駅弁当営業部の小田一彦課長(60)のよると、具材を選ぶのに苦労した球団もあったそうです。「阪神のたこ焼き、楽天の牛タンはすぐに思いつきましたが、巨人とヤクルトの東京はぴったりとくる具材がなかなか見つからず、焦りました」。発売時期は昨年と同様に9月上旬と決めていましたが、広島のマジックが昨年よりも早く8月上旬に点灯。時間との勝負でした。

     17年度バージョンの弁当には「敵チームを食べて打ち勝とうという思いを込めました」と小田さん。弁当のパッケージには「今年こそ絶対日本一??」の文字とともに緒方監督が選手に胴上げされているイラスト。指揮官が笑顔で宙を舞っています。

     昨年のパッケージは緒方監督の胴上げシーンは同じですが、文字は「絶対見たい、この瞬間!!」でした。17年度バージョンでは胴上げに参加する選手の顔ぶれ、選手の胴上げする位置も変わっています。小田さんは言います。「今年活躍した選手がなるべく真ん中にくるようにしました」。細かいことですが、実はこの配慮こそが、一番大事なことだと思います。担当者のカープ愛を感じます。

     昨年はファンの願いはかなわず、日本一を達成することはできませんでした。リーグ連覇後、広島の街では日本一を願う声が多く聞かれました。今年の「カープ日本一優勝祈念弁当」には担当者らの強い思いが込められています。昨年の「絶対見たい、この瞬間!!」から「今年こそ絶対日本一??」。

     弁当は税込み1080円。販売期間は日本シリーズ終了まで設定していますが、広島がCS(クライマックスシリーズ)で敗退、日本一を逃した時点で販売は終了する予定ですが、小田さんは「負けは想定していません」。33年ぶりの日本一へ、弁当には応援用のユニホームが抽せんで33人に当たる応募はがきが付いています。【松浦隆司】(ニッカンスポーツ・コム/コラム「ナニワのベテラン走る~ミナミヘキタヘ」)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00010790-nksports-ent&pos=1

     広島の江草仁貴投手(37)が20日、今季限りでの引退を球団に申し入れ、了承された。小気味良いテンポで凡打の山を築いた左腕は「思うような球を投げられず、イメージするようなアウトが取れなくなった」と引退理由を明かした。

     今季は1軍登板はなく8月には決意していたが「優勝を目指すチームに水を差したくない」との意向で、この日の発表となった。バレーボールの元日本代表だった竹下佳江夫人からは「好きなようにしたらいいと思う」と労われた。

     阪神時代の05年には同じ中継ぎ投手陣の桟原、橋本、江草の頭文字を取って「SHE」と称され、リーグ優勝に貢献。西武移籍を経て、広島県福山市出身で幼いころからファンだった広島に12年に移籍した。「一度マツダスタジアムのお立ち台に立ちたかった。(11年オフに西武からの)トレードが決まったときは正直うれしかった。ユニホームを着られたことを誇りに思う」

     今後については「本当に何も決めていない。これから決めていきたい」と話した。練習前にはチームメートにあいさつ。全員と握手を交わして別れを惜しんだ。33年ぶりの日本一をめざすチームには「普通にやれば勝てるチーム。一生懸命やって勝ってほしい」とエール。一人のファンに戻っていた。

     ◆江草 仁貴(えぐさ・ひろたか)1980年(昭55)9月3日生まれ、広島県出身の37歳。盈進、専大を経て、02年ドラフト自由枠で阪神入団。主に中継ぎで活躍し、05年には桟原、橋本とのトリオ「SHE」で優勝に貢献。シーズン50試合以上登板を4度こなした。11年5月にトレードで西武移籍。12年3月に再びトレードで移籍した広島では、在籍6年で52試合に登板した。1メートル78、83キロ。左投げ左打ち。
    引用元 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/09/21/kiji/20170920s00001173414000c.html

    <広島-DeNA>◇14日◇マツダスタジアム

     試合開始6時間以上も前から、マツダスタジアムには優勝を待ちわびる広島ファンの長蛇の列があった。

     午後0時前の時点で、内野自由席の入場を待つ列が約150メートル。球場を沿うように、たくさんのファンが並んだ。テントで待つファンもおり、最前列近くに並んだ人は、13日の試合終了後から夜通しで並んでいたと言う。マツダスタジアムはすでに熱気でいっぱいだ。

    引用元 https://www.nikkansports.com/baseball/news/201709140000388.html

     13日のDeNA戦に勝ち、リーグ優勝へのマジックを2とした広島は14日の同戦に勝ち、阪神が巨人に敗れると37年ぶりの2連覇が決まり、2009年に新設されたマツダスタジアムで初の胴上げとなる。地上波テレビ生中継は、NHK総合(後7・30、後6・00~7・30と後8・44~はサブch)。当初は中国地方向けだったが、マジック2となり、注目度の高さから、急きょ全国放送に切り替えた。

     関東地区は当初「人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ」(木曜後7・30)「所さん!大変ですよ」(木曜後8・15)を放送予定だったが、広島戦中継に差し替えた。

     昨年9月10日、25年ぶりの優勝を決めた巨人戦を生中継したのもNHKで、地元・広島地区の平均視聴率は60・3%(ビデオリサーチ調べ)と驚異的な数字をマークした。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000085-spnannex-ent

    このページのトップヘ