広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ファン

    ◆広島4―1巨人(13日・マツダスタジアム)

     広島・岡田明丈投手(23)が、リーグトップの菅野(巨人)に1勝差と迫る11勝目を挙げた。

     初回、先頭の陽岱鋼に中越え三塁打を打たれ、無死三塁のピンチを背負ったが、続くマギー、坂本を連続三振。阿部を二ゴロに打ち取った。

     4―0の6回、連打に失策も絡んで1点を失ったが、6回1失点(自責0)で自身4連勝。突如崩れる悪癖も出ず、安定した投球だった。「そこが一番の課題として取り組んできた。良い結果につながったと思います」と振り返った。

     緒方監督も「岡田はテンポというか、リズムというか、走者を出してもそういうのがばらつかなかった。ナイスピッチング」とたたえた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-00000211-sph-base

     ◇セ・リーグ 広島14―1ヤクルト(2017年7月30日 マツダ)

     広島の鈴木が攻守で獅子奮迅の活躍を見せた。4安打5打点。右翼守備でも補殺をマークし、リーグ最速の60勝に導き「優勝という目標がある。そのために自分の役割を果たせるように、と思っている」と胸を張った。

     1―0の6回に2死一、二塁で大松の右前打に勢いよく前進し、本塁へ矢のような送球。二塁走者を刺し「ああいうプレーが出るとチームも乗ってくる。より守備の大切さが分かった」と納得顔だ。その裏の攻撃では無死一、二塁で左中間に21号3ラン。この回8得点で勝利を手繰り寄せた。5打点は自己最多タイで、リーグ単独トップの76打点。「今日のような打席が数多く出せれば、おのずといい結果がついてくる」と手応えたっぷりだった。

     ▼広島・新井(今季4度目の5番で先発し、先制打に8号3ランで計4打点)いいスイングができた。

     ▼広島・岡田(6回5安打無失点でチームトップに並ぶ9勝目)うれしい。最初から飛ばしていこうと思って、腕を振って投げた。

     ≪V確率100%≫広島が7月19日の阪神戦に並ぶ今季最多14得点で勝利。60勝リーグ一番乗りは75、79、80、16年に続く5度目で過去4度はいずれも優勝しており、V確率は100%。95試合目の到達は連覇した80年に並ぶ球団史上最速となった。

     ≪最短8・2M点灯≫優勝マジック点灯は最短で8月2日。1日からの阪神戦に連勝すれば、DeNAが中日との2試合中に1敗で「36」。阪神と1勝1分けでも、DeNAが2敗か1敗1分けで「37」が出る。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000073-spnannex-base&pos=4

     【江尻良文の快説・怪説】

     緒方孝市監督(48)率いる広島は4、5日の巨人戦(マツダ)で2年ぶりの2試合連続零封負けを喫したが、2位阪神に8ゲーム差(7日現在)の“1強”状態に揺るぎはない。このまま37年ぶりのリーグ連覇と日本一奪回を果たせば、リーグ優勝4回&日本一3回の古葉竹識監督が率いた常勝赤ヘル軍団に一歩近づく。そして古葉広島が乗り越えられなかった“壁”に挑むことになる。

     常勝イコール人気沸騰とはかぎらない。リーグ優勝4回、日本一1回の中日・落合博満監督は観客動員減で解任されている。広島市民球場を本拠地にしていた古葉広島も、常勝軍団といわれるようになってからは観客動員で悪戦苦闘した。

     球団創設25年目の1975年、就任1年目の古葉監督が球団史上初のリーグ優勝を達成。この年は前年の64万9500人から120万人と倍増近くの最高観客動員を記録している。

     そして5年ぶりのリーグ優勝、初の日本一を果たした79年には145万4000人の球団新記録。ところが初のリーグ連覇と2年連続日本一の翌80年は131万4000人にダウンした。

     以後81年2位、82年4位、83年2位と優勝から遠ざかり、104万7000人、103万7500人、そして100万人台割れの91万6000人。4年ぶりのリーグ優勝、3度目の日本一になった84年も110万3000人と伸び悩んだ。

     その間、広島の営業サイドはあの手この手の観客動員アップ作戦を展開。近県からもファンを動員しようと船会社、JRとタイアップし割安運賃&入場券、晩酌付き入場券etc…。

     しかし、観客動員増には結びつかず、球団関係者は嘆きながらこう結論づけた。「弱小球団が優勝したから初めは市民も熱狂してくれたが、勝つことが当たり前になると刺激がなくなり、球場から足が遠のいた。ファン心理は複雑です」

     あれから30年以上たち、25年ぶりにリーグ優勝した昨季のホームゲーム観客動員は球団新記録の215万7331人(1試合平均2万9963人)。今季も昨年比増(1試合平均3万67人)の状態が続いている。

     メジャーリーグ風と評判の本拠地マツダスタジアム、カープ女子という言葉に象徴される女性ファンの存在を切り札に、常勝赤ヘル軍団を超える新たな歴史を作れるか。(江尻良文)


    引用元 http://www.zakzak.co.jp/spo/news/170707/spo1707070017-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsListSpo

     12日の試合で今季前半戦を終えたセ・リーグの6監督が自チームの戦いを総括した。

     1位広島・緒方監督「攻撃陣が一段階、上がった感じがする。交流戦でも圧倒されず、カープらしい野球ができた。先発が少し不安定。投手中心に守り勝つ野球を目指している」

     2位阪神・金本監督「交流戦明けで負けが込んで(今季最多の)貯金12が半分ほどになったのは反省。とにかく打ち勝つこと。打たないとせっかくの強力リリーフ陣も使えない」

     3位DeNA・ラミレス監督「非常にいい前半戦。石田とウィーランドが故障で離脱して投手陣が苦しかった時期に、打線が頑張って成績が落ち込まなかったのが大きかった」

     4位巨人・高橋監督「前半戦はなかなかいい戦いができなかったけど、ここにきていい形の試合が増えてきた。厳しい状況に変わりはない。少しずつ、5割に近づいていきたい」

     5位中日・森監督(前半戦総括の会見は後日に行う)「ない、ない。何もない」

     6位ヤクルト・真中監督「(不振の原因は)故障者というより、他のチームに比べまだまだやることがある。投手のスタミナだったり野手のスイングスピードがないと戦えない」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000088-sph-base

     早くもVシフトだ。セ・リーグ首位を快走する広島は12日のDeNA戦(マツダスタジアム)に5―1で快勝。25年ぶりにリーグ優勝した昨年を上回る貯金23で、2位阪神に8ゲーム差をつけて前半戦を終えた。リーグ連覇を確信した地元商店街は来るべきXデーに向けた準備を開始。昨年の経験を生かして、前倒しに話を進めている。

     首位を快走する広島は25年ぶりにリーグ制覇した昨年を4つ上回る貯金23で前半戦を終えた。2位阪神とは8ゲーム差。リーグ連覇は間違いなしとばかりに、地元広島市内の本通商店街と金座街商店街では早くも鼻息を荒くしている。

     昨年は四半世紀ぶりのリーグVで大いに盛り上がり、経済効果は330億円とも340億円とも言われたが、一方で“誤算”もあった。優勝から遠ざかっている間に商店主らの世代交代が進み、ノウハウもないに等しかったからだ。1996年には最大11・5ゲーム差をつけた巨人に“メークドラマ”で優勝をさらわれた苦い経験もあり、金座街商店街の関係者は「昨年は7月の理事会で優勝したらどうしようかという議題が持ち上がったが、みんな半信半疑だった(笑い)」と当時を振り返る。

     それでも「準備だけでも進めようということになって、広告代理店と話し合って8月の理事会で決まった」(同)が、またまた誤算が生じた。優勝マジックが20で初点灯した8月24日の巨人戦から2度の4連勝を記録。わずか10日間でマジック7まで減った。本通商店街と金座街商店街はマジック10になると同時に巨大なボードを設置して、アーケードを通る市民とともに優勝の機運を高めようと計画していたが、設置に至ったのはマジック8のときだった。今年はそんなことがないように「そろそろ動きだそうかなと思っている」(金座街商店街関係者)という。

     昨年は球団側のV対策も手探りの状態だった。一時は球団ロゴの使用は不可との通達も受けたが「何度も連絡を取り合って使用することができるようになった」(本通商店街関係者)という経緯もあったようだ。商店街は公道でもあるため、イベントを仕掛けるには警察や市の許可や協力も欠かせない。それだけに昨年得たノウハウは貴重な財産にもなった。

     買い物客に喜んでもらうばかりでなく、売り上げ増につなげるための具体的なアイデアも浮かんでいる。レギュラーシーズンではマツダスタジアムの観戦チケットがプラチナ化していることもあり、関係者の間では「どうにか日本シリーズのチケットを入手して商店街の福引の景品にしたい」「もしソフトバンクと日本シリーズで対戦することになったら、ヤフオクドームのチケットでもいい」といった販促プランも出ているという。

     本通商店街では6月に昨年引退した黒田博樹氏の手形やピッチャーズプレートが埋め込まれた記念石碑が設置され、ファンの“聖地巡礼”の場ともなっている。昨年より早く優勝が決まっても対応できるよう、地元商店街の準備は着々と進む。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000027-tospoweb-base

     「胃がん」を患っていることを公表し、チームを離れていた広島赤松真人外野手(34)が11日、広島・廿日市市の大野練習場でリハビリ組の3軍に復帰した。抗がん剤治療中は先月22日に乳がんで死去した小林麻央さん(享年34)のブログも支えだった。1軍復帰へ、再スタートを切った。

     ゆっくり、ゆっくりと。ジョギングのペースも速くはない。「自分の足じゃないみたい」。測定した筋力の数値も「ひどい。驚愕(きょうがく)した」。だが約1時間半の練習中、赤松はずっと笑っていた。

     「ワクワクです。動けているのが楽しい」。野球など考えられない「ズタボロの状態」から、戻ってきた。

     昨年12月28日に「初期段階の胃がん」を公表。今年1月5日に摘出手術を受けた。その後の抗がん剤治療が、想像を絶する苦しみだった。「本当につらい。3日間ずっと寝込んじゃうとか。足も尋常じゃないくらい細くなる」。支え、励ましとなったのが、同じ病気と闘う人たちだった。

     小林麻央さんが亡くなった先月22日。赤松は寛子夫人と2人で泣いた。まさに抗がん剤治療中だった。

     「病院で見たの。嫁と2人で号泣。ダメだね。泣いちゃうねって。度合いも場所も違うんだけど、分かるのよ。つらさ」。同学年の34歳。面識はないが、ブログを見ては「強い人。つらいのにあの笑顔で」と支えになった。同じがん患者からの数え切れないほどの手紙も届き、読んでは泣いた。「オレなんか楽勝。やらないと失礼」と前を向けた。

     今月7日に最後の抗がん剤治療を終え、この日3軍に合流。もちろん、目標はここではない。

     「1軍の舞台が一番。そこで活躍するのが目標ですから。同じ病気の方に勇気を与えるのが僕の使命」。まずはトレーナーのメニューを軸に、自身の体と相談しながら筋肉量を上げていく。少し痩せたスピードスターは、必ず笑顔でマツダスタジアムに戻ってくる。【池本泰尚】

     ◆赤松真人(あかまつ・まさと)1982年(昭57)9月6日、京都府生まれ。平安(現龍谷大平安)-立命大を経て04年ドラフト6巡目で阪神入団。05、07年ウエスタン・リーグ盗塁王。07年オフ、阪神にFA移籍した新井の人的補償で広島へ移籍した。182センチ、75キロ。右投げ右打ち。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-01853963-nksports-base

     作曲家の横山菁児(せいじ)さんが8日、広島県内の病院で肺炎のために死去していたことが分かった。広島市出身、82歳。

     広島カープの応援歌「燃える赤ヘル僕らのカープ」や、「宇宙海賊キャプテンハーロック」「聖闘士星矢」、「超人機メタルダー」など人気アニメの劇中音楽の作曲を手がけた。

     アニメ「聖闘士星矢」で主人公・ペガサス星矢役を演じた声優の古谷徹(63)は自身のツイッターで「『聖闘士星矢』にはなくてはならない巨匠でした。心から御冥福をお祈り致します」と追悼した。


    引用元 http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/11/kiji/20170711s00041000196000c.html

     首位を独走するプロ野球広島東洋カープの試合を、昨季は50試合も観戦した元祖カープ女子タレント、うえむらちか(31)が、歌手&作詞家デビューすることが5日、分かった。

     カープ女子の応援ソング「鯉スル乙女」を今月上旬に配信。CD化も予定されているという。また、初めて自身が主人公のコミック「うえむらちかのカープごはん。」(ザメディアジョン)も26日に発売。このほど、うえむらが曲と本に込めた思いを語った。

     うえむらは歌手と作詞家デビューに「カープは生活の一部になっているので、その情景を1曲にまとめられたらと思って作詞しました」。さらに「歌うことも初めてなので、1人じゃ無理となり、広島出身の女の子がたくさん集まって歌う形です。みんな上手なので、私はのっかりました。カープ女子がカープを応援する気持ちだけは届くと思います」と語った。

     カープ女子は男性ファンとは違い、投手が打ち込まれてもやじらず、かばうという。歌詞には「母のような思いと球団への恋心を込めています」。

     タレント活動以外にも、小説家や漫画家としてマルチに活躍している。今回のコミックは、絵は別の漫画家が描いているが、物語はうえむらが担当。その上、うえむらが主人公だ。

     「広島では衣食住にプラスしてカープがあります。カープは生活の一部。その中で、ご飯は大事。ご飯を食べながら観戦し、カープ談議をします。広島の今のスタイルを切り取った本になりました」。カープファンが集まる飲食店を紹介するだけではないとし「カープの低迷期の苦労や努力など、球団の歴史と食事を絡めて泣ける物語。深い本になっています」とPRした。自身が主人公の絵には「本物よりかわいいです」と笑った。

     ◆うえむらちか 1985年(昭60)9月23日、広島県生まれ。06年に芸能事務所スペースクラフトに所属し、07年に「アイフル」のCMでタレントデビュー。同年フジテレビ系ドラマ「ライフ」や08年「チーム・バチスタの栄光」などに出演。映画は07年「白椿」、12年「ももドラ」など。10年に小説「ヤヌス」で作家デビュー。09年にはフリーペーパー「月刊ホームラン」で4コマ漫画を連載。血液型AB。


    引用元 http://www.oricon.co.jp/article/241923/

     「広島8-3中日」(30日、マツダスタジアム)

     広島は、球団最速の34試合目で100万人突破した。この日は3万704人の観衆を集め、主催試合の観客動員が101万7799人となった。

     緒方監督は「もう本当にありがたいこと。これだけファンの方が球場に足を運んでくれて、声援を送ってくれているおかげで、選手の力にもなっているし、マツダでの勝率にもつながっていると思う」とファンに感謝。続けて「ファンのためにも、明日からもカープの野球をしっかりやっていきたい」と引き締めた。

      これまでは昨年、一昨年の35試合目で100万人を突破していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170630-00000161-dal-base

    このページのトップヘ