広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ファン

     「鈴木誠也+(たす)大瀬良大地=?」「緒方孝市監督-(ひく)野村祐輔=?」-。プロ野球・広島東洋カープの背番号で足し算や引き算を行う「カープ計算ドリル」が、アプリになってリリースされた。昨年5月に出版された書籍版は、漢字ドリルや英単語ドリルも加わって計6種類になり、累計で1万部以上が売れる人気シリーズ。発行元の出版社「メディアジョン」(広島市西区)は「シリーズのおかげでカープファンのつながりが広がった」とアプリ版の拡大にも期待を込める。


     ■カープ愛を養うクイズも

     セ・リーグ4連覇を目指すカープは、オールスターゲームが行われる前に引き分けを挟んで11連敗。15日現在で4位とふるわず、後半戦の巻き返しにファンの期待が高まっている。

     そんな中、6月にリリースされたアプリは、選手の背番号で計算するのを楽しめるだけでなく、「カープクイズ」や「カープ選手名鑑」も配信。難易度は1の「ルーキー」から4の「レジェンド」まであり、通勤時間だけでなく、試合開始までの待ち時間などを使って“カープ愛”を養えるとしている。

     アプリはもともと、書籍として発行された。「背番号で計算ができたらドリルになると思った」(メディアジョン編集担当、石川淑直さん)という発想から、「カープ計算℃℃℃(ドドド)ドリル」を発売。あっという間に1万部を超える人気商品になった。

     すると、昨秋には「カープ漢字ドリル」小学1~3年生用の3種をまとめて販売。例えばカッコ内の漢字を書かせる問では「この(よ)はカープのためにある」「エルドレッドが大きなホームランを(う)った」など、文章は監督やコーチ、選手に絡んだものばかりだ。さらに今春には「はじめてのカープ英単語ドリル」も出版した。

     石川さんによると、ドリルの出版をきっかけに、カープファンの予備校講師が協力を名乗り出て、漢字ドリルや英単語ドリルへ発展していったという。掲載されるイラストも、カープ好きのイラストレーターが手がけたといい、カープファンによる“カープ愛”が詰まったドリルに仕上がっている。

     ■山本浩二さん名言ボトル、テレビCMも

     カープ人気に伴い、広島では関連グッズの発売が相次ぐ。

     大手飲料メーカー「サントリー食品インターナショナル」(東京)は中国・四国エリア限定で、カープの歴代選手の名言をラベルにデザインした「サントリー烏龍茶 カープ名言ボトル」を数量限定で販売。6月からは広島県福山市出身のタレント、小林克也さん(78)を起用したテレビCMを広島、山口両県で放送している。

     デザインされた名言は、前田智徳さん「理想の打球への夢は簡単に諦めたくない。」▽大野豊さん「我が選んだ道に悔いは無し。」▽佐々岡真司さん「置かれた場所で結果を出してこそプロ。」▽山本浩二さん「山本浩二は幸せな男です。」▽達川光男さん「ピッチャーは信頼しても信用するな。」-の5種類。

     このうちテレビCMでは山本浩二さんと大野豊さんの名言について、選手の名言を人生訓に日々成長している男の子とおじいちゃん(小林克也さん)のやり取りが描かれている。

     カープ愛あふれる商品が続々と販売される理由について、石川さんは「球団は地元企業に対して関連グッズの展開に寛大な姿勢を見せてくれる。球団公認が得られれば、ファンも安心して買いやすい」と指摘している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190722-00000573-san-base&pos=5

    今回、関西空港で声をかけたのは、米国からやって来たアニータさん一家(左から、母・娘・孫)。16年前から広島に住んでいる息子さんに会って、みんなで大好きな広島東洋カープの試合を観に行くんだって。法被やTシャツなど、応援グッズもばっちり持参。これまで母娘で6回の観戦経験があり、「昨年は満塁ホームランを2発も見た!」と喜ぶ、カープ愛溢れる家族なのだ。「メジャーリーグより、日本のカープが好きじゃけん!」という一家と一緒に応援がしたいと密着を申し込むと、大歓迎してくれたので密着決定!


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00010001-tvtplus-life

    ■広島 – ヤクルト(15日・マツダスタジアム)

     昨年まで広島でプレーしたエルドレッド氏が15日、引退セレモニーのため、マツダスタジアムを訪れた。



     エルドレッド氏は、広島の試合前練習が終わった後、昨年までのユニフォーム姿で打撃練習を行った。18時試合開始の開門後に行われたため、大勢のファンがエルドレッド氏の最後の勇姿を見守った。

     大きな歓声を受けてグラウンドに入ったエルドレッド氏は、ティーバッティングを行なった後にバッティングゲージに入り、鈴木や菊池涼ら多くの選手が見守る中、約30球スイングした。現役時代の豪快なスイングは変わらなかったが、なかなか柵越えが出ず。自らバットをへし折るパフォーマンスを見せるなど、試合前にも関わらずスタジアムは声援に包まれた。10球を過ぎたあたりでようやくレフトへライナー性の当たりで柵越えが出ると、観客からは大きな拍手が起こった。

     エルドレッド氏は「久しぶりにマツダスタジアムで打撃練習ができて楽しかった。1本は必ず(柵越えを)打とうと思っていた。打つまではゲージを出ないつもりだったので、打ててよかったよ」と笑顔を見せた。

     7年間、プレーした日本の思い出は「いろいろあるが、初めて日本に降り立った日、初めてクライマックスシリーズ出場が決まった日、初めてリーグ優勝した時」の3つを挙げた。「7年間、広島でプレーして、チームが変わっていくところを経験できた。自分がその中にいたことを誇りに思う」と感慨深そうに話した。

     チームは2位争いを続けているが、長年チームに貢献した“ビッグパパ”は「自分も現役時代にやっていたことだが、最後まで諦めずに一生懸命プレーしてほしい。これから全力を尽くせば、まだ何かが起こる位置にいると思うので、1試合1試合、必死に戦ってもらいたい」とエールを送った。

     試合後には、最後の挨拶や記念撮影など、セレモニーが行われる予定となっている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190915-00539510-fullcount-base

     「広島-ヤクルト」(15日、マツダスタジアム)

     広島のブラッド・エルドレッド氏が15日、引退セレモニーを前にマツダスタジアム内で記者会見を行った。一問一答は以下の通り。

     -カープ歴代最長外国人。

     「7年間やるということは自分でも想像できなかったですし、7年間このチームに自分なりにインパクトを与えられて、同じチームでやったことは誇りに思います。7年できるとは最初は思ってなかったんですけど、できたということは誇りに思ってます」

     -スカウトのオファーを受けて。

     「詳しくはいつオファーが来たか覚えてないんですけど、選手としてのオファーがなくて今後どうしようかなと考えていた時にカープ球団の方から『スカウトの仕事をやってみないか』という打診を受けて、新しく気持ちが高ぶったというか、うれしかったです。なぜかというと自分の愛着のある球団ですし、その球団が新しい仕事をくれて今後も一緒にやっていこうと言ってくれたことに対して感謝の気持ちが表れてきましたし、今後も一緒にやってきた選手、組織に働いてる方とまた一緒に仕事ができる機会を与えてくれたことに感謝しています」

     -スカウトとしてどんな仕事を。

     「もちろんスカウトとして初めて仕事をするわけで、いろいろ今から勉強していかないといけないことがあると思います。2人の駐米スカウトにまずは手ほどきをいただいて、どういうことをするかを学ばないといけないと思います。2人のスカウトもこのチームにいい選手を連れて来ました。そういうことが自分にもできるようにいろいろと勉強していくわけですが、ただ選手としてのタレントがそろった選手だけでなく、日本で野球をやって長年日本のチームに在籍したい、そういう気持ちを持った選手を探したいと思います。そういう気持ちがないと日本で成功するのは難しいと思うんでね。1年だけやって帰るような選手がいてもチームのためにならないと思うので、まずはスカウトの勉強をしながらそういう存在を発掘できたらなと思います」

     -広島の街やファンは。

     「長年ファンの方は自分の家族を非常に大切にしてくれたと思っています。言葉では表せないぐらい感謝しています。今回広島に来た時も街を歩いていると必ず声をかけてくれて、温かい声援をしてくれたんですけど、それは自分だけでなく自分の家族に対しても優しい声援をしてくれたので、この場を借りて非常に感謝していることを伝えたいと思います」

     -今のチームにメッセージを。

     「私も現役時代にやってきたことなんですけど、最後まで諦めずに一生懸命プレーをしてほしいと思います。まだまだ試合も残ってます。諦めてる選手は1人もいないと思います。そこでこれから全力を尽くせばまだ何が起こるかわからないポジションにいると思うので、とにかく自分がやってきたように毎試合毎試合、1試合1試合を必死に戦ってほしいと思います」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190915-00000145-dal-base&pos=1

     「広島-ヤクルト」(15日、マツダスタジアム)

     昨季まで広島でプレーしたブラッド・エルドレッド氏(39)が五回終了後にグラウンドに登場。真っ赤に染まるスタンドからは大きな声援を送られた。

    【写真】家族4人 仲良く行進!ファン声援!

     左翼側から背番号55のユニホーム姿でママチャリをこぎ、家族とともに現れたエルドレッド氏。スタンドには背番号55のユニホームや、「ありがとう エルドレッド」とプラカードを掲げるファンの姿もあった。その後右翼まで移動すると、「CCダンス」も披露した。

     エスコートしたのは、カープデザインの赤い上衣と白のスカートに身を包んだ美しい愛妻と、4人の娘たち。外野でダンスを踊ると、そのかわいらしさにファンは大歓声を送っていた。

     試合終了後には引退セレモニーが行われる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190915-00000182-dal-base

     「広島-阪神」(6日、マツダスタジアム)

     元広島のエルドレッドが試合中に“サプライズ登場”した。三回の広島の攻撃前に、イニング間のオーロラビジョンで流れる遠隔電話映像で「こんばんは、エルドレッドです。選手のみなさん、ファンのみなさんお久しぶりです。アリゾナは5時すぎです」と日本語で語りかけた。



     15日に引退セレモニーが行われる予定で、「マツダスタジアムにいきます。皆さんに会えるのを楽しみにしています」とスマイル。先制ソロを放った会沢には「ナイスホームラン、アイザワ!」。ファンも大喜びだった。

     広島は4日にエルドレッドの現役引退と米国駐在スカウトとして契約する方針を発表。 エルドレッドは12年途中に加入し、14年には37本塁打でタイトルを獲得。通算133本塁打は球団外国人選手歴代2位。「これからもずっとカープの家族の一員でいられることを誇りに思っている」とコメントしていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000114-dal-base

     広島の主砲・鈴木誠也外野手(25)が18日、自身のブログを38日ぶりに更新。“25歳の誓い”を宣言した。

     この日、誕生日を迎えた鈴木は「25才」のタイトルでエントリー。「連日猛暑の中いつも熱い応援ありがとうございまーす」とまずはいつも通り礼儀正しく全国の鯉党に感謝すると「毎日楽しくしていたらいつのまにか僕は25才になってました笑笑」と明るく報告。

     「これからはもう少し大人になろうと思いますが」と記した後で改行を重ね、「そんな事僕にはできましぇ~ん笑笑」とファンにはおなじみ、本拠マツダスタジアムでの“ちょけた”選手紹介の画像を貼り付け「25才も変わらず楽しくいきま~す笑笑」と明るく宣言した。

     前日17日のDeNA戦(横浜)では2015年9月25日の阪神戦(マツダ)以来1422日ぶりに3番に入り、8回に18試合ぶりの一発となる特大の23号ソロを放った。

     チームは3―8で敗れ、42日ぶりの2位浮上から一夜で3位に後退、首位・巨人とも5・5ゲーム差に開いたが、コメント欄には全力プレーの一方で常に明るさを忘れない主砲へ向け、ファンから祝福と感謝のメッセージが殺到。「いつもチームを明るく盛り上げてくれてありがとうございます」「もう少し子供の誠也くんでいてくださいね」「変顔やポーズがおもしろくて元気がない時に見ると笑顔になります」「50年後もそのままの誠也くんでいてください!」と全力でふざける鈴木に癒される言葉や「のまのまといつまでも仲良くね」と2学年上ながら“親友”の野間峻祥外野手(26)との永遠の仲を願う言葉が並んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00000182-spnannex-base

     ◎広島県のがん検診啓発特使として広島―DeNA戦の始球式を務めたデーモン閣下。記者に検診の重要性を熱弁してポツリと「なんで悪魔がこんなこと言ってんだろ…」。10万56歳、健康です。

     ◎ロッテ・鳥越ヘッドコーチは久しぶりに顔を見た少し太めの若手記者に「おう、4連休とか休みすぎやで」。言い当てられた記者は脂汗かいていました。

     ◎真夏の陽気となった楽天生命パーク宮城で日本ハム・蕭一傑通訳は報道陣から「台湾の夏はどんな感じか?」と問われ「最高気温は37、38度ぐらいで、日差しは肌をかんでくる感じです」。想像するだけで暑いです。

     ◎広島県出身のDeNA・石田。地元での3連戦に「昨日は家族が見に来ました。昨日は投げていないですけど。ま、そんなもんです」。中継ぎ再転向後3試合目で初めて登板がありませんでした。

     ◎前日、登板22試合目でヤクルト・山田哲に被弾し、今季初失点した中日・藤嶋は「10回ぐらいビデオを見て落ち込みました」。リベンジを期待しています。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00000130-spnannex-base

     女優の高田夏帆(23)が9日、都内でデビューシングル「大航海2020~恋より好きじゃ、ダメですか?ver.~」の発売記念イベントを行った。

     同曲は広島地区で放送中の初主演ドラマ「恋より好きじゃ、ダメですか?」(RCC中国放送)の劇中歌。広島カープの試合中継が早く終わった時のみ放送する異例のドラマで、高田は“カープ女子”日向あかりを演じている。

     4月3日に放送された第1話は逆転勝ちした試合終了直後に放送され、18・0%の高視聴率をマーク。6月5日放送の第6話は23・0%を叩き出した。

     しかし、広島は9日の中日戦も敗れ、とうとう10連敗。最大14あった貯金を使い果たし、現在は借金4の4位に転落。首位の巨人に10ゲーム差をつけられてしまった。

     高田は「一緒に頑張りましょう!としか言えないです…。(選手らは)私よりも、もっと大変ですから」。続けて「負けちゃったら縁起悪すぎるなと思って、ヒヤヒヤしてます。本当に頑張ってほしいです! 私もたくさん応援します!」とエールを送った。

    「試合の結果で高田やドラマへの反響も違い、負けると厳しい意見が届くとか。最近は高田に“勝利の女神になってほしい”など、祈るような声が多い。“放送される日は必ず勝つ”といったジンクスが生まれればいいのですが…」(テレビ局関係者)

     歌手としての夢を聞かれると「カープの赤ということもあって、紅白! 夢は大きく。アーティストとしては新人なので、小園(海斗)さんのユニホームを着て出たいです」とドラフト1位ルーキーの名前を挙げた。

     厳しい戦いの続く広島にとって、高田は“勝利の女神”になれるか?(視聴率はビデオリサーチ調べ、広島地区)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190710-00000059-tospoweb-ent

    このページのトップヘ