広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ファーム

     ナインからも驚き、ねぎらい、感謝の声が相次いだ今月5日の新井の現役引退表明。07年オフに阪神にFA移籍した際、人的補償で広島に加入した赤松真人外野手も2軍生活を送る中、尊敬の念を抱き、その思いを口にした。


     14年オフに新井が広島に復帰してから同じユニホームを着てプレー。弱音も文句も一切吐かない姿が特に印象的だといい、「選手の鑑(かがみ)」と語る。

     例えば、代打の時だ。「万が一、用意していなくても『次いくぞ』って時がある。プロだから余計に準備はしたいと思うけど、万全であるように新井さんがパフォーマンスを最大限に出されていた」。突然の出番でも、フルパワーを出し切り仕事を全うする-。自らも足のスペシャリストとして代走での出場が多かっただけに、その姿に感服する。

     自身は昨年1月5日の胃がん手術から、今年グラウンドに復帰。3月4日の春季教育リーグ・中日戦が約15カ月ぶりの実戦だった。ウエスタンではここまでフル出場こそないものの、52試合に出場し打率・224、1本塁打、5打点、4盗塁(21日現在)の数字を残している。

     チームは球団史上初のリーグ3連覇が目前に迫る。その一方で「胃が半分ない野球選手っていないからね」とプレーしながら体重減少など己とも戦う日々だ。プロ20年目の背番号25への敬意を胸に、プロ14年目は1軍での出場を目指し全力疾走している。(デイリースポーツ・田中 哲)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00000032-dal-base

     「ウエスタン、中日7-6広島」(19日、ナゴヤ球場)

     8月5日のDeNA戦(横浜)で右手中指を骨折した広島の安部友裕内野手(29)が19日、ウエスタン・中日戦(ナゴヤ球場)で実戦復帰した。「2番・三塁」で先発出場し、3打数1安打1四球。守備でも無難に打球を処理し、ブランクを感じさせない動きを見せた。今後も2軍で実戦を重ねるが、早ければ今月末からの1軍昇格が見えてきた。

     元気ハツラツの安部が帰ってきた。投手を盛り上げ、ベンチでは声を出し続けた。もちろん、プレーでもブランクを感じさせない動きだ。6週間ぶりの実戦に「打球も飛んできてくれた。良かった」と汗をぬぐった。

     まずは三塁の守備で無難なプレー。二回2死。近藤の打球を前進して捕球すると、素早い送球で三ゴロに仕留めた。内野安打の場面を含めて5度の守備機会で4度、アウトを奪った。バットでは五回先頭で左中間への二塁打を放った。

     8月5日のDeNA戦で右手中指を骨折した。全力での打撃練習は今月上旬、送球練習再開は先週末だった。リハビリ期間を含め、当初のプラン通りに復帰ロードを歩んできた。

     この日を含め、2軍は24日の阪神戦(由宇)まで6連戦。「焦る必要はない」としながら「この1週間が終わって上に報告できる」と水本2軍監督。実戦感覚やコンディションが整えば、早ければ今月末には1軍復帰する道が見えてきた。

     「悔しさはもちろんある。でも、自分が下手だからやってしまったこと。前を向いてやってきた」と安部は力を込めた。球団史上初のリーグ3連覇の先にあるのは、昨年、悔しさを味わったCS。今はチームの戦力となるため、準備を整える。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000041-dal-base

     プロ野球のファームは22日、イースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

     西武は日本ハム戦(西武第2)に7―6で逆転サヨナラ勝ち。2点を追う9回に3点を入れ、最後は呉念庭が左中間にサヨナラ二塁打を放った。愛斗が3回に10号2ラン。西武先発・高橋光は3回8安打5失点(自責4)。日本ハムは谷口が4安打。先発・斎藤は3回を4安打3失点だった。

     DeNAは巨人戦(ジャイアンツ)に2―1。細川が2安打1打点。先発・石田は6回4安打1失点で8奪三振。2番手・国吉が1回無安打無失点で2勝目(2セーブ)。巨人先発・坂本工は7回4安打1失点で8奪三振。2番手・高木が1回3安打1失点で1敗目(2勝)を喫した。

     楽天―ヤクルト戦(森林どり泉)は延長10回表無死で降雨コールドゲームで4―4で引き分け。楽天先発・安楽は6回8安打3失点。内田が初回に9号2ランを放った。ヤクルト先発・山中は5回7安打4失点。広岡が3安打をマークした。

     広島は阪神戦(鳴尾浜)で22安打を放って19―4で大勝。終盤の3イニングで12点を奪った。小窪が5回の4号満塁本塁打など3安打、メヒアが13号ソロなど3安打3打点。エルドレッドも3号ソロを放ち、木村も3安打4打点だった。先発・薮田は5回2/3を3安打8四球も1失点で7勝目。阪神先発・呂彦青は5回8安打7失点で3敗目(2勝1セーブ)を喫した。

     オリックスはソフトバンク戦(舞洲BS)に4―1。杉本が3安打2打点。先発・山崎颯は6回1安打1失点で3勝目(7敗)を挙げた。ソフトバンク先発・笠原は4回6安打3失点(自責2)で5敗目(7勝)。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00000151-spnannex-base



     21日に出場選手登録を抹消された広島のジェイ・ジャクソン投手が22日、大野練習場に場所を移し練習を行い、早期再昇格へ意欲を燃やした。

     主に勝ちパターンの八回を任されていたが、最近は不振が続き今季初の抹消となっていた右腕。「肘の高さが下がっていて、制球が乱れているのかもしれない」と自己分析し、「チームに貢献できなくて悔しい。一日でも早く(1軍に)戻りたい」と力を込めた。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/07/22/0011470481.shtml

     もはや「模範助っ人」と言ってもいいかもしれない。球団史上最長の来日7年目となった広島のブラッド・エルドレッド内野手(38)が二軍で若手に交じって黙々と汗を流している。

     今季は開幕こそスタメンに名を連ねたものの、代打での起用が多く、出場38試合で先発起用は18試合のみ。打率2割1分3厘、5本塁打、14打点となかなか状態が上向かず、6月9日に出場選手登録を抹消されてから二軍暮らしが続く。現在の助っ人事情は野手がバティスタのみで、ジョンソン、ジャクソン、フランスアと投手3人。さらに新助っ人ヘルウェグの加入で外国人枠の争いは一層厳しくなった。それでも水本二軍監督が「エルドレッドはモチベーションを保ってしっかりやってくれている」と話すように腐ることはない。それどころかエルドレッドは「体調はすごくいい。10代のころのような体調で野球を楽しめている」と笑顔さえ見せる。

     二軍では17試合に出場して打率3割8厘で1本塁打、5打点。「一軍に呼ばれたら、自分のパフォーマンスでチームの勝利に貢献できる自負はあるよ。いろいろな状況で今ここにいることも理解している。プレースタイルはどこにいようとも変わらない。チームに貢献するという不動の気持ちを持っている」と泣かせるセリフを吐く。さらにエルドレッドは「(二軍では)年上の人間だし、いい影響を(若手に)与えたいと思っている。ときにはアドバイスや自分の考えを伝えたり、ベテラン選手として自覚を持って楽しみながら彼らの役に立てるようにね。Good Example。いい見本でありたい」とまで言う。

     単なる優等生発言ではなく、行動も伴っていることは全二軍スタッフが見ている。近年では新外国人選手にチームの“しきたり”を教えるのもエルドレッドの役目。2014年のキングは不良債権化することもなく、リーグ3連覇へひた走るチームを陰で支えている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000030-tospoweb-base&pos=5

     広島の新外国人ジョニー・ヘルウェグ投手(29)=前パイレーツ傘下3A=が17日、ウエスタン・中日戦(ナゴヤ球場)で実戦デビューを果たした。緒方監督、畝投手コーチが見守る中、1イニングを無安打無失点。速球の最速は157キロを計測した一方で、1死球、1四球を与えるなど制球に課題を残した。

     6月中旬以来の登板にヘルウェグは「前回から今日まで間隔が空いたけど、マウンドでしっかり投球できたことをうれしく思う。スコアボードにゼロを刻めたことが良かった」と収穫を強調した。

     緒方監督は「まだまだこれから」と上がり目に期待。畝投手コーチは「左バッターに抜け球があった。コントロールの精度を上げてほしい」と評した。

     


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000078-dal-base

     「ウエスタン、中日4-3広島」(17日、ナゴヤ球場)

     2軍調整中の広島・今村猛投手が登板し、1回を無安打無失点に抑えた。

     最速144キロを計測し、見逃し三振も奪ったが、畝投手コーチは「変化球が多かったね。真っすぐを投げきれての変化球」と指摘。直球の精度向上を求めていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000122-dal-base&pos=1

    このページのトップヘ