広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    フロント

     【江尻良文の快説・怪説】

     広島球団は28日からの対阪神3連戦(マツダスタジアム)で、故・衣笠祥雄氏(享年71)に哀悼の意を表し、緒方孝市監督、コーチ陣、選手、スタッフが喪章を付けて試合に臨む。

     “ミスター赤ヘル”こと山本浩二氏とのコンビで、常勝赤ヘル軍団を築き上げ、2131試合連続出場の世界新記録(当時)を達成して国民栄誉賞を受賞した“鉄人”だけに当然の措置だろう。

     それにしても、山本氏は2度にわたり合計10年も広島監督を務めたのに、衣笠氏は監督どころかコーチ経験さえなしに終わったのはなぜか、球界七不思議が改めてクローズアップされる。

     ある広島OBがこう謎解きする。「現役引退後、広島にも家を残したまま、東京との二重生活をした山本浩二と、生活拠点を完全に東京に移した衣笠。その差だろう。当時の松田耕平オーナー(故人)が衣笠の東京行きに激怒したというのは、広島では公然の秘密になっている」

     市民球団として旗揚げされた広島カープは一時期、東洋工業(現マツダ)が親会社だった時代もある。だが、通称“松田個人商店”といわれるように、松田ファミリーが人事権を持っている。広島OBの解説には説得力がある。

     とはいえ、現役引退後TBSの解説者をしていた衣笠氏には、他球団の監督になるチャンスはあったはずだ。実際、かつてTBSが親会社だった横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)の監督就任情報が流れたことがある。

     だが、結局衣笠氏は評論家活動一筋を貫いた。前出の広島OBはこう見ている。「他球団のユニホームには袖を通さず、終生広島カープの鉄人・衣笠祥雄でいたかったのではないか」。その通りならば、いかにも一本気な衣笠氏らしい野球人生を全うしたといえるだろう。(江尻良文)

    引用元 https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180428/spo1804280003-n1.html


     広島が25日、ソフトバンクとのオープン戦(マツダ)の試合前に今季新たに登場する3種類のパーティー席を公開。抽選に当選したカープファン倶楽部会員157人が招待され、大いに盛り上がった。

     「アウトドアデッキ」は2階席の一塁側と三塁側に新設したパーティー席。ソファやビーズクッションが配置されており、快適な空間を演出。「タジン鍋パエリア」など、この席限定の食事を楽しみながら観戦することができる。

     「オブジェデッキ」は中2階席右翼側に新設されたパーティー席。「サングラスをかけた12体のオブジェ」が魅力で、広々としたスペースでゆったりと観戦できる。試合が見えにくいエリアではあるものの、大型モニターを設置。球場の雰囲気を楽しむことができる。

     「ラグジュアリーフロア」は中2階席三塁側のパーティー席で内装と食事を一新。床にはデニム生地を用いた床用タイル「デニムフロア」を使用し、ソファやテーブルも快適さがアップ。食事はビッフェスタイルに変更し、パスタやピザを温かい状態で楽しむことができる。

     今季のパーティー席のチケットは完売しているが、開場10年目を迎えたマツダスタジアムが進化した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00000594-sanspo-base

     広島が1日、今季主催試合のチケット発売を開始した。前日(2月28日)に整理券は配っていたものの、窓口にはファンが殺到。予定の午前10時よりも約20分、シャッターが早く開き、販売が行われた。

     広島市に住む花田秀男さん(50)は約1か月前から10人の仲間でシフトを組み、四六時中、窓口前に並び続けた。「何とか無事に購入できて、ホッとしました。夏休みの土日を優先して買いました」と安どの笑みを浮かべた。

     オークションサイトでは、定価の数倍で入場券が取引されることが恒例となっており、球団は今季から1人あたり購入できるのを5試合に制限。市内在住の浅田竜司さん(36)は「今まで来られなかったお客さんにチャンスが広がるのはいいこと。球団も色々と努力されている」と前向きな姿勢を見せた。

     球団関係者によると、この日で内外野の指定席は、シーズン終盤までの全試合が完売に近い状態となる見込み。セ・リーグ連覇を達成した昨季は主催試合で過去最多の217万7554人を動員。3連覇を目指す今季も、空前絶後のカープ人気はとどまることを知らない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180301-00000046-sph-base

     2010年1月に始まった広島の公式ブログは、キャンプインの2月1日から松本高明広報が担当とすることになり「たかあきブログ」と“改名”した。これは1月1日付の球団人事で小松剛1軍広報が2軍マネジャーに、松本2軍マネジャーが1軍広報となったため。

     松本広報は1日のブログで自己紹介とともに「『球団史上初のリーグ3連覇!』そして『34年ぶりの日本一!!』これを合い言葉に、みんな気合いの入ったいい顔でスタートしました!」と背番号が60から6に変更となった安部らの写真を掲載した。

     松本広報は02年度ドラフト5位で帝京高から内野手として入団。06、07年には1軍での出場機会も増えたが、腰痛などけがにも泣き14年に現役を引退。15年から2軍マネジャーを務めてきた。

     1月31日までは小松2軍マネジャーが「こまブログ」として更新していた。08年度ドラフト3位で法大から投手として入団。1年目には5勝を挙げたがその後は振るわず13年限りで現役に別れを告げ、1軍広報として活躍。16、17年と連覇を達成し、大忙しの日々の中でブログを更新してきた。

     最終日のブログでは「なんかやっぱり寂しい気持ちはありますね。4年間、こまブロ!を担当させていただきました。長いようで短い短い時間でしたがいろんなことがありました。ブログ1年目…マエケンは登場回数が多かったですね!」と、思い出の写真をアップ。最後は「それでは高明さん『たかあきブログ』よろしくお願いしまーーす」とバトンを渡した。

     広島の公式ブログは球団関係者が筆者となっており、ロッカー内など選手の素顔写真などもりだくさんの内容となっている。スタートは09年限りで現役を引退した比嘉寿光元内野手(現球団編成担当)が「比嘉ブログ」として10年1月31日からスタート。14年2月から「ひがこまブログ」と“改名”し2人で執筆、15年2月から「こまブロ!」となり小松マネジャーが担当していた。松本広報は3代目筆者となる。(「」内は原文まま)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000160-dal-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     広島に赴任して数日が経った。

     関係者にあいさつして回る中で感じるのは、球団の編成担当者に比較的若い人材が目立つことだ。

     例えば、年明けに就任した編成部長は42歳。記者と1歳違いの同世代だ。過去に担当した球団では、もう少し上の世代が多かった。

     「バランスの取れた組織づくりをしないといけないからね。今後を支えられる形にしていかないと」

     仕事始めの日に、球団の体制について松田オーナーが語った。猛練習で選手育成に定評があるが、将来を担う人材は選手だけではない。フロントマンもしかり。ここにも“育成のカープ”の色があった。

     同オーナーは、丸から届いた年賀状も紹介。「3連覇して、マツダスタジアムでビールかけがしたいです」とメッセージが書いてあったそうだ。2連覇の胴上げはともに敵地だった。

     「チームも我々も同じ気持ち。3連覇の先には日本一があるんよ」。そう話すオーナーは、今秋ドラフトの補強ポイントについても熱く語った。球団と現場の一体感に、今後へのビジョンが加わる。黄金時代到来と言われる理由が、垣間見えた気がした。【広島担当 大池和幸】

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00095814-nksports-base

     昨季、37年ぶりにリーグを連覇した広島は4日、広島市内の球団事務所で仕事始めを迎えた。松田元オーナー(66)は、丸佳浩外野手(28)から本拠地胴上げへの意欲を記した年賀状を受け取ったことを明かし、開場10年目を迎えるマツダスタジアムで、球団史上初の3連覇を決めることを期待した。

     1月1日。広島市内の自宅に届いた年賀状を見て、松田オーナーは心を熱くした。

     『マツダでビールかけがしたいです』

     送り主は昨季MVPの丸。球団史上初の3連覇がかかる2018年の仕事始めを迎えたオーナーは、「とても印象に残っている。今までそう書いてきた選手はいない」と目を細めた。

     リーグを連覇したこの2年は、16年が東京ドーム、昨年が甲子園と、ビジターで優勝を決めていた。今年こそ27年ぶりに地元胴上げを-。しかもマツダスタジアムは、4月に10年目を迎える。5月にはメモリアルイベントを予定。「日本一の球場だと思っている。だからこそ、チームも日本一になって欲しい」と語気を強めた。

     勝つために、新年早々ハッパもかけた。「投手陣に少し不安がある。(昨年は)四球の数が多かったので心配している。打たれてもいいという強い気持ちを持って投げて欲しい」。昨季の総与四球は、16年の418から大幅に悪化する476。巨人、ヤクルト、阪神に次ぐ、リーグ4位だった。テンポの悪い投球は攻撃への影響もあるだけに、改善を求めた。

     3連覇、34年ぶりの日本一。しかも地元で-。フロントと現場が力を合わせ、悲願へ突き進む。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180105-00000031-sanspo-base&pos=4

     広島は18年シーズンに向け、本拠地マツダスタジアムを増席することが決まった。

     左翼、右翼と一塁側コンコース上6階の3カ所に「パーティールーム」を新設。計100人を収容出来るという。趣向を凝らした料理やオブジェを置く。松田オーナーは28日、「SNSでも楽しめるような空間をつくっていきたい」と流行語にもなったインスタ映えを狙ったことを明かした。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00088513-nksports-base

     広島は、ファン感謝デーが行われた11月23日、来季のキャッチフレーズ「℃℃℃(ドドドォー)!!!」を発表した。球団によると、「ど」は「努力」「泥臭さ」、シーズンを駆け抜ける「怒涛」の勢い「度胸」「胴上げ」などから取ったもの。それを「熱さ(温度)」と「カープらしさ(C)」を感じる「℃」で表現した。さらに「℃」を3度続けることで、チームに勢いをもたらすという意味が込められた。ユニークなスローガンはカープならではで、ファンからは好評を博している。

     このフレーズの誕生は、球団方針が顕著に表れている。候補数案が提示されたとき、球団幹部はそのデザインの中にあった「℃」の文字に注目した。「これを使って何かできないか」と再考の結果、「℃℃℃(ドドドォー)!!!」に。最後にシーズンを駆け抜けてほしいとの願いで、文字の下に足がつけられた。記号をモチーフにしたキャッチフレーズは、12球団の中で異彩を放っている。

     マツダスタジアムの中堅席にある、寝そべりながら試合観戦できる「寝ソベリア席」は、ヨーロッパの図書館を参考にして設計された。固定概念にとらわれず、常に新しいことに挑戦するのが広島球団のスタイルだ。15年は「真赤激~Burn it up~」で、今季は「カ舞吼!Kabuku-」。2年連続で漢字が主体のキャッチフレーズが続いていた。球団幹部は「一度、何かを変えないといけないと思った」と、スローガン誕生のいきさつを説明した。

     昨今のカープ人気もあり、マツダスタジアムは連日満員。チケットを入手するのが困難な程だ。だが、そんな状況だからこそ、球団は手綱を締めている。「今は、金の時代かもしれないが、いずれ鉄や鉛の時代という苦しいときが来る。今のうちに先を見据え工夫をしないといけない。自分たちで考える癖を、今からつけておかないと、きっと苦しい思いをする」。旧広島市民球場時代には、観客数が100万に届かなかったときもあった。苦しかった時代を教訓として、球団は前に進んでいる。(デイリースポーツ・市尻達拡)

    引用元 https://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/12/01/0010778725.shtml

     広島は23日、マツダスタジアムで「2017ファン感謝デー」を行い、来季のキャッチフレーズ「℃℃℃(ドドドォー!!!)」を発表した。ユニークでキャッチーなスローガンは、カープならでは。独創的な言葉を旗印に、球団史上初となるリーグ3連覇と34年ぶりの日本一を目指す。



     熱気に包まれたマツダスタジアムで、会沢選手会副会長が高々とボードを掲げた。記されていた文字は来季の新キャッチフレーズだ。「℃℃℃(ドドドォー!!!)」。大きさと色が異なる、かわいらしい3つの「℃」。毎年、ユニークな造語を生み出してきたカープらしさが詰まっていた。

     「ど」の音は「努力」「泥くささ」、シーズンを駆け抜ける「怒とう」の勢い、「度胸」「胴上げ」などから取ったもの。それを「熱さ(温度)」と「カープらしさ(C)」を感じる「℃」で表現した。さらに「℃」を3度続けることでチームに勢いをもたらすと同時に、球団史上初の「リーグ3連覇」への決意が込められた。

     ロゴのデザインについては色や形、大きさをあえて変えることで、多種多様な個性が一丸となり、大きなうねりを生み出していく姿が表現された。緒方監督は「いいんじゃないですか。いいと思います」。会沢も「素晴らしい。最高ですね。チーム一丸で頑張りたい」と力を込めた。

     今季のキャッチフレーズは「カ舞吼!-Kabuku-」だった。歌舞伎が語源で「常識にとらわれない、変わった行動や身なりをする」という意味がある「傾く(かぶく)」を基に「カープ」らしく舞い、「吼(ほ)」えながら戦うという意味があった。その言葉通り、引退した黒田氏が抜けた穴を全員でカバーして栄冠を勝ち取った。

     リーグ3連覇と34年ぶりの日本一を目指す来季。カープ包囲網を形成する他球団からのマークが厳しさを増す中、それを突破しなければならない。21日までの秋季キャンプでは、個人のレベルアップに着手。2週間、みっちりと汗を流して土台を作った。

     ファン感謝デーイベントの最後に、緒方監督が「来季は3連覇、そして日本一に向かって、チーム一丸で頑張っていきます」とファンにあいさつした。王者としての誇りを持つ一方で、挑戦者としての心構えは決して忘れていない。田中が「熱くなって戦えば3連覇できる」と話したようにナインの気持ちも同じ。チームが一つとなりセ界を全力で駆け抜ける。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000009-dal-base

    このページのトップヘ