広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    フロント

     クライマックスシリーズ(CS)進出を狙う4位阪神にまたドタバタ劇だ。阪神は昨9日、6日に一軍昇格を拒否したヤンハービス・ソラーテ(32)の契約解除と帰国を発表した。

     ソラーテは貧打解消の救世主として7月に加入したものの、緩慢過ぎる内外野の守備で投手陣の足を引っ張りまくり、打撃も20試合で打率・188、4本塁打と期待外れ。8月19日に登録を抹消されていた。

     CSを目指す大事な時期に水を差された格好だが、この球団は昔からお騒がせ助っ人に振り回されている。古くは1997年、阪神に当時史上最高額となる年俸3億円超で入団したグリーンウェルが、5月に自打球を右足甲に当てて骨折。「野球をやめろという神のお告げ」と突然帰国し、そのまま引退となったのは有名な話だ。

     一方、大金を使わない広島は優良外国人選手の発掘に定評がある。

     ドーピング検査で陽性反応を示した広島のバティスタは、現在6カ月間の出場停止処分中。全員が順風なわけではないが、現在11勝(7敗)で防御率はリーグ2位の2・40をマークするジョンソンや守護神のフランスアなど、総じてレベル、順応性が高い。さらに在籍7年間で133本塁打を放ったエルドレッドのように、ファンに慕われる性格の持ち主が多いのも特徴だ。

     広島OBでコーチ、編成部長などを歴任した川端順氏がこう言う。

    「カープは、これはと目をつけた一人の選手を何年もかけて追いかけ、調査します。球団とスカウトが最も重視するのは『性格』と『態度』。その外国人選手が日本の野球をどう見ているか。その中でも広島という地方球団、日本や広島をリスペクトできて地方都市に順応できるか。ハングリー精神を持っているかが大事です」

    ■ローズ「ジャイアンツ大嫌い」で退団

     耳が痛いのは巨人も一緒だ。

     2005年にはクローザーとして期待されたミセリが4試合で防御率23・63の大不振。それでも「本人の同意なしに二軍に落とせない」という契約を理由にミセリが二軍落ちを拒否するなど、関係がもつれ、球団史上最速で4月19日に退団となった。直後に家族と浅草観光を楽しむオマケつきだった。同じ05年にはローズが弘田コーチに緩慢な守備をとがめられて激高。「ジャイアンツ大嫌い」と不満をブチまけて退団した。15年に途中加入したフランシスコは拙守と不振で出場はわずか5試合。二軍では練習拒否を繰り返すなど素行の悪さが問題となり、当時の原沢GMが引責辞任する事態に発展した。昨年はゲレーロが当時の高橋由伸監督との面談を拒否する騒動があった。

     最近になってようやく巨人も、質の高さ、外れの少なさは球界屈指といわれる広島に倣い、「性格重視」の方針を打ち出しているが、これは入り口に過ぎない。広島では、入団後はさらに球団の手厚いサポートが助っ人を支えている。

    ■松田オーナーが二軍の外国人を激励

     前出の川端氏が続ける。

    「球団事務所には英語が話せるスタッフが常駐していて、遠征などが多い外国人選手に代わり、夫人や子供などの家族を24時間体制でサポートしています。来日して最初の1週間で病院、歯科医院、子供の学校、公園、美容院などを紹介する案内ツアーを組んだり、レストランや子供が遊べる公園、プールなどを盛り込んだ独自のガイドブックを作成することもあります。ここまでする球団は他にないと思います。さらに国際部は二軍にも足を運びます。外国人選手のケアは実は二軍が大事なんです」

     どういうことか。

    「国際部の職員は二軍落ちした外国人に会うため由宇球場(山口・岩国)や大野練習場(広島・廿日市)に行って悩みや困ったことを聞いています。二軍の首脳陣もそう。朝山(二軍打撃)コーチがうまくて、片言の英語やスペイン語を駆使しながら積極的にコミュニケーションを取っています。山あいの由宇球場に行くと外国人選手は寂しくなって当然。俺は必要ないのかとモチベーションが下がらないように、みんなで励まし続けるんです。英語が話せる松田オーナーも国際部と一緒に二軍の球場を頻繁に訪れ、外国人選手と談笑しています。異国の地で彼らが実力を発揮できるよう、カープは球団トップから首脳陣、全職員でサポートしようという意識が徹底しています」(川端氏)

     ここまでやってこそ、助っ人は活躍できる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000011-nkgendai-base

     カープの本拠地マツダスタジアムの運営状況などを話し合う協議会が球団の松田元オーナーも出席して開かれました。《詳しくは動画をご覧ください》


     協議会には松田オーナーのほか経済界や市民団体などから14人が出席しました。

     広島市からは去年8月の試合で行った来場者へのアンケート調査で広島県外からの来場者が、4年連続で増加して、全体のおよそ4割をしめていることなどが報告されました。

     出席者からは、チケットが入手困難で、何とかして欲しいという要望も出ました。

     (映画美術監督 部谷委員)
    「東京でもカープを観たい人が沢山いる。ただチケットが・・というところがある」
     (松田オーナー)
    「申し訳ない」

     今シーズンの公式戦チケット購入のための抽選券配布で混乱が生じたことについても松田オーナーが自ら切り出し陳謝しました。

     (松田オーナー)
    「非常に申し訳ないと思ってます。来年はオリンピックの年で、また混乱する要素があると思うので、来年も、先のことも、しっかり考えていきたい」

     最後は、今シーズンに向けての抱負を語りました。

     (松田オーナー)
    「是非4連覇して、日本一になりたい。それに向けて頑張ります。ありがとうございます」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00274700-rccv-l34

     巨人へフリーエージェント(FA)移籍した丸佳浩外野手(29)の人的補償として広島に移籍した長野久義外野手(34)が23日、マツダスタジアムで入団会見を行った。

     長野は会見前に球団事務所を訪れて松田オーナーにあいさつした。総帥は「好青年。すごく印象が良かった。真っ赤なネクタイをしとったけど、気を使い過ぎなくていいからと。キャンプでも頑張り過ぎないようにしてほしい」とべた褒め。会見を見守った鈴木球団本部長も「ナイスガイ。菊池と(長野で)キクチョーコンビとかね」と新コンビ結成を期待した。

     

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00000014-sanspo-base

     広島・鈴木球団本部長が23日、新加入した長野を歓迎した。

     会見の様子を見て、「ナイスガイ。いいキャラクターをしているね。あんなに明るいと思ってなかった。すぐチームに溶け込めると思う」とうなずいた。



     会見前にはキャンプやカープについて話したと言い「ルール?うちはあまりないと思うけどね。ヒゲもオッケーだし」と話した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00000051-dal-base&pos=3

     広島は9日、2019年度のホームランガールの募集概要を発表した。活動内容は、本塁打を放った選手へのスラィリー人形の贈呈やセレモニー、イベントの進行サポート。地域イベントへの出演など多岐にわたる。

     採用人数は3名で、応募資格は広島市および近郊に住む野球、スポーツが好きな18~29歳までの女性だ(高校生は応募不可。ただし19年3月までに卒業する人は可)

     応募期間は1月10日から2月3日必着。

     詳細は広島東洋カープまで。電話082・554・1000


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000088-dal-base

     2018年も残すところあとわずか。今年も多くの方々が、その生涯に終止符を打ちました。元広島内野手・衣笠祥雄さんは4月23日、上行結腸がんで亡くなりました。享年71歳。スポーツ報知では、知られざるエピソードとともに、故人をしのびます。



      *  *  *

     記録にも記憶にも残るスーパースターだった。衣笠氏は1979年に巨人・西本聖の死球で肩甲骨を骨折したが、翌日に代打でフルスイングの3球三振。「1球目はファンのため、2球目は自分のため、3球目は西本君のために振りました」と話した。同年の日本シリーズ第7戦で伝説の「江夏の21球」。マウンド上で孤独を感じる左腕に歩み寄り「オレもお前と同じ気持ちだ」と、一緒にユニホームを脱ぐ覚悟を伝えた。名場面での言葉に男気、人間味があふれ出る。

     だからこその思いが、広島ファンならずともある。「衣笠監督」はなぜ実現しなかったのか―。鉄人の無二の親友だった江夏豊氏がこの問いに丁寧に答えた。「これは謎。いろんな説があるけど…。先代のオーナー(故・松田耕平氏)室には衣笠のものばかり飾られていた。なぜ、あれだけの功労者なのにカープの指導者になれなかったのだろうか。オレには分からない」と思案を巡らせ、さらにこう続けた。

     「ある時、サチに聞いたことがある。『指導者というものに魅力はないんか』と。『ある。やってみたい』と、はっきり言った。でも、監督というのは、自分がやりたいからやれるものでない。サチも何があったのか言わない。他球団のユニホームを着るチャンスは、あるにはあったらしい。即座にお断りしたと。『オレは広島の衣笠だ』ということ。それが、どこのチームなのか聞きもしていないけど」

     87年の引退後、指導者として球界に復帰することはついになかった。縁やタイミング、強すぎた広島愛、理由は一つではないだろう。野球人生もまた、小細工なしのフルスイングだった。(島尾 浩一郎)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000129-sph-base

    みなさん、こんにちは。先日、ついに夢の「ドミニカカープアカデミー」に行くことができたザ・ギース尾関です。

    さて、丸さんショックも記憶から抹消した方も多いであろう今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。広島では選手の皆さまのトークショーなどが行われており、夢の国と化しておりますね。

    そんな中、私は広島ホームテレビさんの「カープ道」という番組でカープアカデミーに潜入してまいりました。

    カープアカデミーはとても綺麗な空間で、ドミニカの選手の皆さまも伸び伸びと練習をしておりました。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181215-00010001-jsportsv-base

     広島・鈴木清明球団本部長は12日、巨人にFA移籍した丸の補償について、巨人がプロテクトした28選手以外で獲得が可能な選手の名簿を受け取ったことを明らかにした。

     期限は契約締結公示から40日以内で「時間をかけて精査をしながらやっていきたい。年を越すかもしれない」と熟考する姿勢を見せた。補償については金銭のみの選択肢も捨てないが「それなりの人がいれば」と人的補償を最優先に絞り込み作業に入る。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000080-spnannex-base

     広島市は24日、プロ野球広島カープのセ・リーグ優勝記念碑を旧広島市民球場跡地近くの「勝鯉の森」に増設し、除幕式を開いた。歴代の優勝記録が刻まれた碑にスペースがなくなったため、9回目のリーグ優勝を果たした今季の記録を刻んだ碑を隣に設置した。

     従来の碑は初優勝した1975年から昨年まで8回分の成績が刻まれている。新しい優勝記念碑は現在ある碑と同じ大きさで、82勝59敗2引き分けとなった今季のカープの対戦成績が刻まれている。

     市の担当者は「これからもカープを応援する市民の気持ちを大切にしたい」と話している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000053-kyodonews-base

    このページのトップヘ