広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    フロント

     広島は2日、米大リーグのフィリーズなどでプレーしたホセ・ピレラ外野手(29)の獲得を発表した。契約金27万5000ドル(約3000万円)、年俸60万ドル(約6500万円)プラス出来高。背番号は未定。ベネズエラ出身で内外野をこなせるユーティリティープレーヤー。メジャー通算17本塁打の右打者でパワーも兼ね備えており、得点力アップに期待がかかる。

     V奪回へ、助っ人補強第2弾だ。10月25日に発表された投手のDJ・ジョンソンに続き、内外野を守れる右打者のピレラがカープのユニホームに袖を通す。球団を通じて「素晴らしい球団の一員になれることに、とても興奮しています。また、2020年シーズンが始まることをとても楽しみにしています。皆さまの応援よろしくお願いします」とコメントした。

     ベネズエラ出身で182センチ、99キロ。今季はパドレスと7月に移籍したフィリーズで計14試合の出場に終わったが、メジャー経験は決して乏しくない。14年にヤンキースでメジャーデビューし、広島に在籍した黒田氏とも一緒にプレーした。17年はパドレスで左翼手として83試合に出場し、打率・288、10本塁打、40打点をマーク。昨季は二塁も守るなど、146試合に出場していた。

     長打力のある新助っ人は、メジャー通算302試合で打率・257、17本塁打、82打点。対左投手は打率・292の強さも持つ。佐々岡新監督は「外国人なので期待している。(起用法は)映像を見て話をしていく」と説明。朝山打撃コーチは「パワーヒッター。メインは外野かな。シンプルに強く振れる」と期待を寄せた。

     今季チームは4位と4年ぶりBクラスに終わった。総得点はリーグ4位の591。昨季の721得点から激減した。球団関係者は「打点を稼げる選手。一塁アウトでも全力疾走をしていたし、そういうところは日本向きかもしれない」と話す。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00000024-dal-baseにつながる。

      外野陣は絶対的存在の鈴木に長野や松山、西川もいる中で層が厚くなる。さらに内野もこなせるとなると、大きな戦力アップだ。エルドレッドが退団した今季の助っ人野手は、ドミニカのカープアカデミー出身者だけだった。来季はピレラが赤ヘル軍団の一員として、バットで佐々岡カープを支える。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00000024-dal-base

     広島の緒方孝市監督(50)が1日、マツダスタジアムで会見し、今季限りで辞任することを表明した。

    「シーズン4連覇、悲願の日本一という目標の中で戦ってきたが、期待に応えることができず、それは監督としての責任。カープはいかに若い選手を育てながら戦い、試合に勝つか。そういう思いの中で戦ってきた。全力で最後までやり切ったという思いでいる」

     球団史上初のリーグ3連覇を達成したが、今季はFAで巨人に流出した丸の穴が埋められず、70勝70敗3分けで勝率5割。最後は6連勝した阪神に抜かれて4位に終わった。正遊撃手の田中広の不振、守護神を務めた中崎ら救援陣が安定感を欠いたこともあり、なかなか浮上できなかった。8月下旬に3番のバティスタがドーピング違反で戦線離脱。怠慢な走塁を見せた選手に緒方監督が暴力を振るったこともクローズアップされた。結局クライマックスシリーズにも進めず、責任を取る形でユニホームを脱ぐことになった。

    ■後任は佐々岡コーチと一騎打ち

     後任の有力候補は前監督の野村謙二郎氏(53)と今季一軍投手コーチを務めた佐々岡真司(52)。中でも野村氏が最有力とされるのは、球団にこんな思惑があるからだ。

     2010~14年までの前政権は5、5、4、3、3位。はっきりいって成績は良くないものの、1番田中、2番菊池、3番丸の「タナキクマル」が緒方時代の16年からのV3に大きく貢献した。この3人は野村監督時代に育成された秘蔵っ子である。広島のさるチーム関係者が言う。

    「主に4番を務め、首位打者になった鈴木誠也にしても、高卒の早い段階から野村前監督にチャンスをもらい、我慢強く起用してもらった恩義がある。新井ら若い監督候補もいる中、野村さんへの“先祖返り”が検討されているのは、チーム崩壊の危機を避けたいからではないか」

     今季、会沢、菊池涼、野村の主力3人が国内FA権を取得。会沢はリーグトップの得点圏打率・351をマークした打てる捕手で、二塁の名手・菊池は昨オフにポスティングシステムを利用したメジャー移籍を球団に要望している。今季6勝5敗、防御率4・06に終わった野村にしても、16年に16勝を挙げて最多勝に輝いた実績を誇る。

    「現段階で3人全員が流出の可能性があるから球団も頭が痛いところ。予定では来年には田中、今村。21年には大瀬良、中崎。22年には誠也と、毎年のように主力がFA権を取る。球団として流出に慣れているとはいえ、みんなに出て行かれたらチームは崩壊する。今の主力が駆け出しの頃に使ってもらい、頭が上がらないのが野村前監督。流出に歯止めをかけるための切り札になり得る監督なんです」(前出の関係者)

     これで困るのは巨人の原監督である。リーグ優勝は奪回しても、今季も広島に負け越し(10勝14敗1分け)。天敵の戦力を削ぐことも兼ね、FA権を持つ広島の質の高い選手に目を光らせている。野村氏の復帰で主力が相次いで残留を決断すれば、原監督は舌打ちすることになる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00000035-nkgendai-base

     頭打ち寸前だ。

     ペナントレースも終盤になり、個人タイトル争いが激化してきた。17日現在、セ・リーグの打率トップは広島の鈴木誠也(25)。出塁率も・453で1位、安打数はトップと2本差の3位(163)につけ、最大で3つのタイトルを獲得する可能性がある。

     これまでゴールデングラブやベストナインは何度も受賞してきたが、個人打撃タイトルを手にしたことは一度もない。ひとつでも獲得すればプロ7年目で初となる。それが3つなら、年俸の大幅アップは間違いない。

     昨季は前年の右足骨折から復活し、4番として3割30本をクリア。初の大台となる7000万円増の1億6000万円でサインした。“3冠”となれば2億円突破は確実と思われるが、今季チームはV逸必至。しかも、広島には前例がある。外国人選手を除き、年俸が2億円を超えた途端、財布の紐が固くなるのだ。

     昨季、最多勝と最高勝率のタイトルを獲得した大瀬良大地(28)は6300万円から1億4500万円と倍増以上。一昨年、田中広輔(30)は盗塁王と出塁率で7800万円から1億4000万円と弾んだ。その一方で、その年の丸は最多安打と2年連続となるMVPを受賞して7000万円増の2億1000万円でサインしたものの、国内FA権取得を見越した複数年提示やタイトル料は含まれなかった。

    ■「物欲なし」で気になる使い道

     菊池涼介(29)は今オフにもポスティング制度でのメジャー挑戦を希望している。年俸は日本人で球団最高額の2億4000万円。移籍が成立すれば金庫は潤うとはいえ、2億円を超えると特に出し惜しみが加速する球団方針に変わりはなさそう。だとすれば、鈴木の暖冬更改も今年までかもしれない。

     もっとも、本人に年俸の話を振ると、こう言った。

    「僕は本当に物欲がないんですよね。自分の体づくりとか、ケアのために器具やサプリメントに使うのと、人と食事に行くこと以外にはあまり使わない。洋服とかブランドものにもあまり興味がなくて、残りはほとんど貯金です」

     広島もひと安心かもしれない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190919-00000016-nkgendai-base

     広島は18日、DeNAとの最終戦(横浜)が雨天のため19日に順延になり、チームは室内練習場で調整を行った。今季の公式戦が中止になったのは6月24日の楽天戦以来3試合目で、セ公式戦では初めて。屋外球場を本拠とするチームとしては異例のスピードで試合を消化してきたが、ここにきて順調すぎるゆえの悩みも生じている。

     昼すぎから雨が落ち始めた横浜スタジアム。午後3時前に中止が発表されると、カープナインからは「楽しみにしていたファンには申し訳ないけれど、コンディションを考えれば早めに決断してくれてよかった」との声が上がった。一方では「今になって流れてもねえ…」と、うらめしそうに空を眺める関係者も…。今年は、とにかく試合消化が“早すぎる”のだ。

     この日の試合は翌日に予備日が設定されていたため、広島の今季最終戦は当初の予定通り23日の中日戦(マツダ)。残り4戦を順調に消化すれば、12球団最速でレギュラーシーズンを終える。まだDeNAとの2位争いに決着はつかないが、その先のCS日程をにらむと困った状況になっている。最終順位はともかく、進出が濃厚なCSファーストステージの初戦は来月5日。今月23日にリーグ戦を終えると、カープはCS本番まで“中11日”も空いてしまう。

     下克上日本一を狙う上で、リーグ戦終了後に実戦感覚をどう維持するかは重要な要素。首脳陣によれば「一応、紅白戦を組むことも考えている」というが…。本拠地CS開催に全力を傾けつつ、残り4戦の空模様も気になるカープだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190919-00000018-tospoweb-base

     クライマックスシリーズ(CS)進出を狙う4位阪神にまたドタバタ劇だ。阪神は昨9日、6日に一軍昇格を拒否したヤンハービス・ソラーテ(32)の契約解除と帰国を発表した。

     ソラーテは貧打解消の救世主として7月に加入したものの、緩慢過ぎる内外野の守備で投手陣の足を引っ張りまくり、打撃も20試合で打率・188、4本塁打と期待外れ。8月19日に登録を抹消されていた。

     CSを目指す大事な時期に水を差された格好だが、この球団は昔からお騒がせ助っ人に振り回されている。古くは1997年、阪神に当時史上最高額となる年俸3億円超で入団したグリーンウェルが、5月に自打球を右足甲に当てて骨折。「野球をやめろという神のお告げ」と突然帰国し、そのまま引退となったのは有名な話だ。

     一方、大金を使わない広島は優良外国人選手の発掘に定評がある。

     ドーピング検査で陽性反応を示した広島のバティスタは、現在6カ月間の出場停止処分中。全員が順風なわけではないが、現在11勝(7敗)で防御率はリーグ2位の2・40をマークするジョンソンや守護神のフランスアなど、総じてレベル、順応性が高い。さらに在籍7年間で133本塁打を放ったエルドレッドのように、ファンに慕われる性格の持ち主が多いのも特徴だ。

     広島OBでコーチ、編成部長などを歴任した川端順氏がこう言う。

    「カープは、これはと目をつけた一人の選手を何年もかけて追いかけ、調査します。球団とスカウトが最も重視するのは『性格』と『態度』。その外国人選手が日本の野球をどう見ているか。その中でも広島という地方球団、日本や広島をリスペクトできて地方都市に順応できるか。ハングリー精神を持っているかが大事です」

    ■ローズ「ジャイアンツ大嫌い」で退団

     耳が痛いのは巨人も一緒だ。

     2005年にはクローザーとして期待されたミセリが4試合で防御率23・63の大不振。それでも「本人の同意なしに二軍に落とせない」という契約を理由にミセリが二軍落ちを拒否するなど、関係がもつれ、球団史上最速で4月19日に退団となった。直後に家族と浅草観光を楽しむオマケつきだった。同じ05年にはローズが弘田コーチに緩慢な守備をとがめられて激高。「ジャイアンツ大嫌い」と不満をブチまけて退団した。15年に途中加入したフランシスコは拙守と不振で出場はわずか5試合。二軍では練習拒否を繰り返すなど素行の悪さが問題となり、当時の原沢GMが引責辞任する事態に発展した。昨年はゲレーロが当時の高橋由伸監督との面談を拒否する騒動があった。

     最近になってようやく巨人も、質の高さ、外れの少なさは球界屈指といわれる広島に倣い、「性格重視」の方針を打ち出しているが、これは入り口に過ぎない。広島では、入団後はさらに球団の手厚いサポートが助っ人を支えている。

    ■松田オーナーが二軍の外国人を激励

     前出の川端氏が続ける。

    「球団事務所には英語が話せるスタッフが常駐していて、遠征などが多い外国人選手に代わり、夫人や子供などの家族を24時間体制でサポートしています。来日して最初の1週間で病院、歯科医院、子供の学校、公園、美容院などを紹介する案内ツアーを組んだり、レストランや子供が遊べる公園、プールなどを盛り込んだ独自のガイドブックを作成することもあります。ここまでする球団は他にないと思います。さらに国際部は二軍にも足を運びます。外国人選手のケアは実は二軍が大事なんです」

     どういうことか。

    「国際部の職員は二軍落ちした外国人に会うため由宇球場(山口・岩国)や大野練習場(広島・廿日市)に行って悩みや困ったことを聞いています。二軍の首脳陣もそう。朝山(二軍打撃)コーチがうまくて、片言の英語やスペイン語を駆使しながら積極的にコミュニケーションを取っています。山あいの由宇球場に行くと外国人選手は寂しくなって当然。俺は必要ないのかとモチベーションが下がらないように、みんなで励まし続けるんです。英語が話せる松田オーナーも国際部と一緒に二軍の球場を頻繁に訪れ、外国人選手と談笑しています。異国の地で彼らが実力を発揮できるよう、カープは球団トップから首脳陣、全職員でサポートしようという意識が徹底しています」(川端氏)

     ここまでやってこそ、助っ人は活躍できる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000011-nkgendai-base

     カープの本拠地マツダスタジアムの運営状況などを話し合う協議会が球団の松田元オーナーも出席して開かれました。《詳しくは動画をご覧ください》


     協議会には松田オーナーのほか経済界や市民団体などから14人が出席しました。

     広島市からは去年8月の試合で行った来場者へのアンケート調査で広島県外からの来場者が、4年連続で増加して、全体のおよそ4割をしめていることなどが報告されました。

     出席者からは、チケットが入手困難で、何とかして欲しいという要望も出ました。

     (映画美術監督 部谷委員)
    「東京でもカープを観たい人が沢山いる。ただチケットが・・というところがある」
     (松田オーナー)
    「申し訳ない」

     今シーズンの公式戦チケット購入のための抽選券配布で混乱が生じたことについても松田オーナーが自ら切り出し陳謝しました。

     (松田オーナー)
    「非常に申し訳ないと思ってます。来年はオリンピックの年で、また混乱する要素があると思うので、来年も、先のことも、しっかり考えていきたい」

     最後は、今シーズンに向けての抱負を語りました。

     (松田オーナー)
    「是非4連覇して、日本一になりたい。それに向けて頑張ります。ありがとうございます」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00274700-rccv-l34

     巨人へフリーエージェント(FA)移籍した丸佳浩外野手(29)の人的補償として広島に移籍した長野久義外野手(34)が23日、マツダスタジアムで入団会見を行った。

     長野は会見前に球団事務所を訪れて松田オーナーにあいさつした。総帥は「好青年。すごく印象が良かった。真っ赤なネクタイをしとったけど、気を使い過ぎなくていいからと。キャンプでも頑張り過ぎないようにしてほしい」とべた褒め。会見を見守った鈴木球団本部長も「ナイスガイ。菊池と(長野で)キクチョーコンビとかね」と新コンビ結成を期待した。

     

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00000014-sanspo-base

     広島・鈴木球団本部長が23日、新加入した長野を歓迎した。

     会見の様子を見て、「ナイスガイ。いいキャラクターをしているね。あんなに明るいと思ってなかった。すぐチームに溶け込めると思う」とうなずいた。



     会見前にはキャンプやカープについて話したと言い「ルール?うちはあまりないと思うけどね。ヒゲもオッケーだし」と話した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00000051-dal-base&pos=3

     広島は9日、2019年度のホームランガールの募集概要を発表した。活動内容は、本塁打を放った選手へのスラィリー人形の贈呈やセレモニー、イベントの進行サポート。地域イベントへの出演など多岐にわたる。

     採用人数は3名で、応募資格は広島市および近郊に住む野球、スポーツが好きな18~29歳までの女性だ(高校生は応募不可。ただし19年3月までに卒業する人は可)

     応募期間は1月10日から2月3日必着。

     詳細は広島東洋カープまで。電話082・554・1000


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000088-dal-base

    このページのトップヘ