広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    フロント

     別れを惜しまれながら、静かにユニホームを脱ぐ。プロ20年目の決断。新井貴浩内野手の歩んだ軌跡に、そっと寄り添い続けた男がいる。広島・鈴木清明球団本部長。獲得に踏み切った入団の経緯から、涙、涙の会見となった阪神移籍。そして球団では過去に例のない、FA移籍した選手の復帰。全ての節目に携わってきた。

     「結局、最後は人間性なんよな」。新井という男を振り返ると、遠い目をして静かに笑う。思い出すのは20年以上も前の話。だが、記憶は鮮明だ。当時、主力だった野村謙二郎氏(元監督)が部屋に来た。母校・駒大の後輩でもある新井を、ドラフトで獲ってほしいという。

     「『チームをまとめていく上で、しかられ役として必要になる選手。獲ってほしい』と言われたんよ。守備は良くなかったし、打てるかどうかもわからなかった。でも広島出身の選手。体も大きかったから、もしかしたら…というくらいだったな」

     松田元オーナーらとも相談の上、ドラフト6位で獲得を決めた。「もう無理だ」と感じたプロ1年目。だが、運命は新井に味方した。FAで江藤(智=現巨人3軍監督)が巨人に移籍したことで「4番・三塁」が空白に。育成急務のチーム事情が新井を育てた。光の数だけ影があるように、努力の数だけ流した汗がある。涙がある。2003年。阪神に移籍した金本に代わる形で、山本浩二監督(当時)から4番に任命された。

     焦り、力み、重圧で大失速。だが、4番は不動だった。同年7月10日の阪神戦(広島)。たまったフラストレーションが一気に爆発した。観客の心ないヤジに生涯初めて応戦した。同本部長が述懐する。

     「開幕から絶不調。浩二さんに「もう代えた方が…」と進言したこともある。でも『4番というのは、状態がいいから、悪いからで代えたらダメなんだ』と。ずっと我慢して使ったというのもある。あの時に、4番の重さというのを初めて感じた。チームとして、我慢して作り上げた打者。ある意味、しごかれても、必死になって練習についてきたよな」

     2000年代前半。いわゆるカープの“暗黒時代”である。4番は新井、エースは黒田博樹氏。広島市民球場に来る観客が、1万人を割ることも珍しくなかった時代だ。同部長は2人と顔を合わす度、チーム再建の方法を話し合った。

     「一番、チーム状態が悪い時にいろんな話をした。よく言われる“暗黒時代”でチームの中心。新井と黒田は年俸も、一番(成績が)いい時に一番悪い方(の条件)をのんでくれた。チームの話もたくさんした。優勝を目指そうと言っていたけど、当時の球団の財力、戦力では到底無理。それでもどうやったら勝てるか、話をした」

     だが、2007年オフ。兄のように慕っていた金本知憲(現阪神監督)の後を追い、阪神にFA移籍を決めた。数回の交渉の末、電話で決断を聞いた。他球団に移籍する選手の会見は、通例として球団ではなく近隣のホテルで行われる。「ワシは行かんぞ」。受話器を切る前に、そう伝えた。新井本人もそう認識している。だが、翌日。気付けば会見場に足が向いていた。

     「出て行った経緯にしても、恨みは一切なかったんよ。いかんぞと言ったけど、実は会見ものぞきに行った。そしたら涙を流していたな。それから、ずっと気になっていたな」

     いまだから明かせる真実がある。大粒の涙が流れた移籍会見。「つらいです。カープが好きだから」。泣き崩れる新井の姿を見たあの日、あの時、広島復帰の道筋は出来上がっていたのかもしれない。2014年オフ。阪神を自由契約になった後、すぐに電話を入れた。

     「帰ってこい」

     「どの面下げて帰ればいいんですか」

     「ええから、帰ってこい。大丈夫じゃ」

     2人の会話はこれだけで十分だった。

     「新井が気にしていたのは反発。緒方(監督)のもあった。指揮官として一度、出て行った選手を戻すことに葛藤はあったはずよ。でも最後は『もし、もう一度、同じユニホームを着るのであれば仲間。僕らが守ってやりますよ』と。緒方の言葉も伝えた。新井も喜んでいたよ。キャンプは初日から、こっちが大丈夫かと思うくらい練習していた。そういう彼の人間性、彼の姿に心をとらわれていった。反発がありながらも戻って、結果が出せる。誰もが同じじゃない。新井だからこそ、できたものだと思う」

     プロ生活20年。ドラフト6位以下の大卒選手で史上初めて、2000安打を成し遂げた。だが、輝かしい実績以上に、感謝している姿があるという。

     「衣笠(祥雄)さんも、カネも骨折してもグラウンドに立った。新井もそう。右手を大きく腫らしても打席に立った。常にプロとして、ポジションを取られてたまるか、という危機感があるんだと思う。琢朗(石井=現ヤクルト打撃コーチ)にしても、豊田(清=現巨人投手コーチ)にしても、晩年の選手になにを求めるかというと、最後は人間性。それが一番。チームにいかにいい影響を与えてくれるか。それが大きいよな」

     いよいよ3連覇を目前としているチームに、その背中で示した功績は計り知れない。(デイリースポーツ・田中政行)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000048-dal-base

    広島の鈴木清明球団本部長(64)が5日、新井の引退会見後に取材に応じ、現段階で引退試合を行う予定はないとの見解を示した。その一方で「ビジターはナゴヤドーム、神宮、東京ドームで試合がある。ファンの人には最後だと思って、プレーを見てもらいたい。真剣勝負の場が、彼の引退試合」と話した。

     15年の広島復帰後、新井はここまで2度のリーグ優勝に貢献。今季も精神的支柱だ。「ボロボロになるまでやるといっていたけど、そういう姿は見たくなかった。今なら良い形で送り出せる」。本人の意思を尊重し、引退を了承した。

     鈴木球団本部長にとって、背番号「25」は特別な存在だ。07年のFA権行使、その後の復帰、選手会会長を務めたときにも話し合った。「良くも悪くも野球人生に関わってきた。さみしい」。最後の言葉が本音だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-00000044-dal-base

     出場選手登録が8年に達し国内FA権の資格取得条件を満たした広島・丸佳浩外野手(29)について、広島の鈴木球団本部長は17日、「シーズン中は(報道陣に)FAについて話すことはない」と話すにとどめた。

     球団幹部は「引き留めないといけない。成績だけじゃなく、チームの核になっている」と説明。昨季セ・リーグMVPでチームのリーグ連覇に貢献し、今季も打線の中核を担う丸の引き留めに全力を注ぐ方針だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000029-dal-base

    涙の多かった交流戦が終了しました。しかしながら、カープは首位キープのまま。しかも、2位とのゲーム差はさほど変わらないありがたい結果に、ほっと肩をなでおろした方も多いのではないでしょうか。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00010002-jsportsv-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     広島球団は28日からの対阪神3連戦(マツダスタジアム)で、故・衣笠祥雄氏(享年71)に哀悼の意を表し、緒方孝市監督、コーチ陣、選手、スタッフが喪章を付けて試合に臨む。

     “ミスター赤ヘル”こと山本浩二氏とのコンビで、常勝赤ヘル軍団を築き上げ、2131試合連続出場の世界新記録(当時)を達成して国民栄誉賞を受賞した“鉄人”だけに当然の措置だろう。

     それにしても、山本氏は2度にわたり合計10年も広島監督を務めたのに、衣笠氏は監督どころかコーチ経験さえなしに終わったのはなぜか、球界七不思議が改めてクローズアップされる。

     ある広島OBがこう謎解きする。「現役引退後、広島にも家を残したまま、東京との二重生活をした山本浩二と、生活拠点を完全に東京に移した衣笠。その差だろう。当時の松田耕平オーナー(故人)が衣笠の東京行きに激怒したというのは、広島では公然の秘密になっている」

     市民球団として旗揚げされた広島カープは一時期、東洋工業(現マツダ)が親会社だった時代もある。だが、通称“松田個人商店”といわれるように、松田ファミリーが人事権を持っている。広島OBの解説には説得力がある。

     とはいえ、現役引退後TBSの解説者をしていた衣笠氏には、他球団の監督になるチャンスはあったはずだ。実際、かつてTBSが親会社だった横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)の監督就任情報が流れたことがある。

     だが、結局衣笠氏は評論家活動一筋を貫いた。前出の広島OBはこう見ている。「他球団のユニホームには袖を通さず、終生広島カープの鉄人・衣笠祥雄でいたかったのではないか」。その通りならば、いかにも一本気な衣笠氏らしい野球人生を全うしたといえるだろう。(江尻良文)

    引用元 https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180428/spo1804280003-n1.html


     広島が25日、ソフトバンクとのオープン戦(マツダ)の試合前に今季新たに登場する3種類のパーティー席を公開。抽選に当選したカープファン倶楽部会員157人が招待され、大いに盛り上がった。

     「アウトドアデッキ」は2階席の一塁側と三塁側に新設したパーティー席。ソファやビーズクッションが配置されており、快適な空間を演出。「タジン鍋パエリア」など、この席限定の食事を楽しみながら観戦することができる。

     「オブジェデッキ」は中2階席右翼側に新設されたパーティー席。「サングラスをかけた12体のオブジェ」が魅力で、広々としたスペースでゆったりと観戦できる。試合が見えにくいエリアではあるものの、大型モニターを設置。球場の雰囲気を楽しむことができる。

     「ラグジュアリーフロア」は中2階席三塁側のパーティー席で内装と食事を一新。床にはデニム生地を用いた床用タイル「デニムフロア」を使用し、ソファやテーブルも快適さがアップ。食事はビッフェスタイルに変更し、パスタやピザを温かい状態で楽しむことができる。

     今季のパーティー席のチケットは完売しているが、開場10年目を迎えたマツダスタジアムが進化した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00000594-sanspo-base

     広島が1日、今季主催試合のチケット発売を開始した。前日(2月28日)に整理券は配っていたものの、窓口にはファンが殺到。予定の午前10時よりも約20分、シャッターが早く開き、販売が行われた。

     広島市に住む花田秀男さん(50)は約1か月前から10人の仲間でシフトを組み、四六時中、窓口前に並び続けた。「何とか無事に購入できて、ホッとしました。夏休みの土日を優先して買いました」と安どの笑みを浮かべた。

     オークションサイトでは、定価の数倍で入場券が取引されることが恒例となっており、球団は今季から1人あたり購入できるのを5試合に制限。市内在住の浅田竜司さん(36)は「今まで来られなかったお客さんにチャンスが広がるのはいいこと。球団も色々と努力されている」と前向きな姿勢を見せた。

     球団関係者によると、この日で内外野の指定席は、シーズン終盤までの全試合が完売に近い状態となる見込み。セ・リーグ連覇を達成した昨季は主催試合で過去最多の217万7554人を動員。3連覇を目指す今季も、空前絶後のカープ人気はとどまることを知らない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180301-00000046-sph-base

     2010年1月に始まった広島の公式ブログは、キャンプインの2月1日から松本高明広報が担当とすることになり「たかあきブログ」と“改名”した。これは1月1日付の球団人事で小松剛1軍広報が2軍マネジャーに、松本2軍マネジャーが1軍広報となったため。

     松本広報は1日のブログで自己紹介とともに「『球団史上初のリーグ3連覇!』そして『34年ぶりの日本一!!』これを合い言葉に、みんな気合いの入ったいい顔でスタートしました!」と背番号が60から6に変更となった安部らの写真を掲載した。

     松本広報は02年度ドラフト5位で帝京高から内野手として入団。06、07年には1軍での出場機会も増えたが、腰痛などけがにも泣き14年に現役を引退。15年から2軍マネジャーを務めてきた。

     1月31日までは小松2軍マネジャーが「こまブログ」として更新していた。08年度ドラフト3位で法大から投手として入団。1年目には5勝を挙げたがその後は振るわず13年限りで現役に別れを告げ、1軍広報として活躍。16、17年と連覇を達成し、大忙しの日々の中でブログを更新してきた。

     最終日のブログでは「なんかやっぱり寂しい気持ちはありますね。4年間、こまブロ!を担当させていただきました。長いようで短い短い時間でしたがいろんなことがありました。ブログ1年目…マエケンは登場回数が多かったですね!」と、思い出の写真をアップ。最後は「それでは高明さん『たかあきブログ』よろしくお願いしまーーす」とバトンを渡した。

     広島の公式ブログは球団関係者が筆者となっており、ロッカー内など選手の素顔写真などもりだくさんの内容となっている。スタートは09年限りで現役を引退した比嘉寿光元内野手(現球団編成担当)が「比嘉ブログ」として10年1月31日からスタート。14年2月から「ひがこまブログ」と“改名”し2人で執筆、15年2月から「こまブロ!」となり小松マネジャーが担当していた。松本広報は3代目筆者となる。(「」内は原文まま)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000160-dal-base

    このページのトップヘ