広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    フロント

     広島が2年連続でセ・リーグを制し、改めてチーム強化方針が評価される形となった。カープはなぜ強いのか。ひもとくと15年連続Bクラスの時代からぶれていない松田元オーナー(66)の独自理論があった。

     昨季の「神ってる」大ブレイクから、4番でチームの顔になった今季の鈴木の急激な成長を、松田オーナーも驚く。強打、強肩、素質もさることながら、鈴木の人間性にも着目する。あるとき、オーナーの顔を見てあいさつを怠った若手選手がいた。

     「(オーナーの)顔を忘れている。それを見て誠也が、また連れてきてあいさつをさせた。そういうところもある。まずいなと思ったんだろうね。その中で若手は学ぶわけだ。そういう選手同士、先輩が後輩に教えていくというのが、うちの伝統の部分じゃないかと思う」

     人間性―。例えば練習嫌いであったり、周囲に悪影響を及ぼすような言動のある選手は獲得リストに入れないという。スカウトは視察に出向くとき、チームメート、監督、コーチとの接し方まで注意深く見守る。チームでは道を外れる選手が出ないよう、選手同士で律する空気が流れ、一丸の雰囲気が醸成される。

     「いつの間にか最後は性格的にいい子をとってしまう。ちょっとゆがんだ子、悪げな子がいたとしても、入ってしまったら、選手同士の中でいい具合にしつけてくれる」

     黒田のいない今年のチームは40歳の大ベテラン新井が、模範となり、いじられ役も引き受ける。ベンチはいい意味で上下関係の縛りがなく、アットホームな雰囲気が若手も活躍する好循環となっている。

     「見ていると楽しそうにやっている。ほかのバッターが打ったらベンチの選手が喜ぶし。あれを好感を持って見ている。楽しそうにやっているのが、やっぱりファンに伝わる。ファンが見ていて、いいなと思うんじゃないのかな」

     広島の伝統は、選手を野球漬けにする「猛練習」だといわれる。キャンプでは、主力選手でさえ、日が暮れるまで球場を離れることはない。その姿を若手が目の当たりにし、「練習をしなければ生き延びられない」という意識付けが継承されていく。練習に真摯(しんし)に向き合うことができるかも、重視する人間性のひとつだ。

     「今はいじられている。だんだん、いじるような立場になって、彼がどういう行動をするのかだな」

     寮では消灯時間を過ぎてもバットを振り続けるというエピソードも持つ誠也のリーダーとしての資質に、松田オーナーは期待する。(特別取材班)
    引用元 http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170921-OHT1T50065.html

     早実・清宮のプロ志望表明を受け、各球団の動きが一気に活発化した。

     広島・松田元オーナー(66)が22日、悩める胸中を打ち明けた。マツダで取材に応じ、ドラフト1位候補として即戦力投手と地元の広陵高・中村、そして清宮がリスト入りしていると明かした上で「清宮くんも欲しいんだけど…。ちょっと勇気がない。(広島出身の)中村を放っておいて清宮にいくというのは」と現時点では清宮より中村を優先する意向を示した。


     清宮については「打撃の距離感が素晴らしい選手」と高く評価。一方、今夏の甲子園で1大会最多の6本塁打を放った中村も同等に評価。「まだ中村にいくかも決めていない。即戦力の投手が欲しい。しかし、広島にこのレベルの選手(中村)が(今後)出てくるのか、というところ」と話すなど、最後まで検討を重ねる考えだ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00000299-sph-base

     広島が2年連続でセ・リーグを制し、改めてチーム強化方針が評価される形となった。カープはなぜ強いのか。ひもとくと15年連続Bクラスの時代からぶれていない松田元オーナー(66)の独自理論があった。

     黒田が引退しても、14勝の薮田、12勝の岡田ら若手投手が台頭し、穴を埋めた。松田オーナーは育成を重視したドラフトにおける独自戦略が実ったものだとみる。

     「人が見ていないときに見ていると思うんだ、スカウトがね…」

     例えば2014年ドラフト2位で指名した薮田は、直球は150キロを超えたが、亜大では右肘を疲労骨折するなど、リーグ戦登板は3年春の2試合だけで通算0勝。実績はほとんどなかった。10年ドラフト6位でリリーフの要、中崎もスカウトの努力の結晶だった。

     「現場の使う勇気、我慢する勇気が広島にはある。我慢しないと使えない。薮田なんか、そういう部分がある。薮田は下の順位で取れたかもしれないけれど、(素材がいいので)早い順位で取った。中崎なんか、あの時は無観客試合があって、他球団は誰も見に行ってないんだけど、こっそり見に行って陰で見ている。こっそり撮ったビデオをわしらに見せている」

     10年は宮崎県で口蹄(こうてい)疫が流行。感染拡大防止対策が取られ、スカウトでさえ県内の出入りが難しいなか、担当の田村スカウトが粘り強く中崎を発掘した。

     「よそのスカウトはみんなで行くけど、カープは個々で動くケースが多い。結構みんなそれぞれ、目標を持って動いている。可能性のある選手を見つける確率は、高くなっているんだと思う」

     オコエ(楽天)、小笠原(中日)、高橋(ソフトバンク)ら高校生に注目度の高い逸材がそろった15年のドラフトでは、全国的な知名度や実績はなくても潜在能力を見抜き、早くから鞘師スカウトがマークしていた大商大・岡田からの方針転換はなかった。

     逆指名ドラフトで苦しんだ時代もあった。それでも「選手は育てるもの」という不動のポリシーを貫き、FA補強に否定的なスタンスを取った広島が、ドラフト指名で重視するのは投手なら〈1〉球速、〈2〉高身長、そして〈3〉人間性だという。素材としての評価はもちろん、「人間性」は松田オーナーがキーワードとしてよく用いる。チームのムードに一体感があるように見えるのは、この人間性が関係しているようだ。松田オーナーは4番に成長した鈴木の、あるエピソードを披露した。(特別取材班)

     ◆松田 元(まつだ・はじめ)1951年2月11日、広島県生まれ。66歳。慶大からルイス&クラーク大での米国留学を経て、東洋工業(現マツダ)入り。83年に球団入りし、取締役、オーナー代行を歴任。2002年7月に父・耕平氏の死去を受け3代目オーナーに就任した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000029-sph-base

     プロ野球広島カープがセ・リーグ連覇を達成後、JR広島駅構内で好調な売れ行きを見せている弁当があります。その名は「カープ日本一優勝祈念弁当」。カープの応援弁当を10種類以上販売する広島駅弁当(本社・広島市東区)が昨年に続き販売しています。優勝後は1日に400個以上売れている験かつぎ弁当にはファン心理をくすぐる仕掛けと担当者の熱い思いが込められています。


     昨年の「カープ日本一優勝祈念弁当」はペナントレースと日本シリーズを重ねて勝つという願いを込めた「ミルフィーユカツ」、ウィナー(優勝者)にちなんだ「ウィンナー」などの具材でした。今年はセ・パ11球団の本拠地のご当地グルメなどを詰め合わています。

     フタを開けると、色とりどりの食材です。セ・リーグは、たこ焼きが阪神、シューマイ・ごま団子がDeNA、かんぴょう巻が巨人とヤクルト。パ・リーグは辛子めんたいこがソフトバンク、みそポテトが西武、牛タンが楽天……。広島がCS(クライマックスシリーズ)、日本シリーズで対戦する可能性のあるチームのご当地グルメもあります。

     広島駅弁当営業部の小田一彦課長(60)のよると、具材を選ぶのに苦労した球団もあったそうです。「阪神のたこ焼き、楽天の牛タンはすぐに思いつきましたが、巨人とヤクルトの東京はぴったりとくる具材がなかなか見つからず、焦りました」。発売時期は昨年と同様に9月上旬と決めていましたが、広島のマジックが昨年よりも早く8月上旬に点灯。時間との勝負でした。

     17年度バージョンの弁当には「敵チームを食べて打ち勝とうという思いを込めました」と小田さん。弁当のパッケージには「今年こそ絶対日本一??」の文字とともに緒方監督が選手に胴上げされているイラスト。指揮官が笑顔で宙を舞っています。

     昨年のパッケージは緒方監督の胴上げシーンは同じですが、文字は「絶対見たい、この瞬間!!」でした。17年度バージョンでは胴上げに参加する選手の顔ぶれ、選手の胴上げする位置も変わっています。小田さんは言います。「今年活躍した選手がなるべく真ん中にくるようにしました」。細かいことですが、実はこの配慮こそが、一番大事なことだと思います。担当者のカープ愛を感じます。

     昨年はファンの願いはかなわず、日本一を達成することはできませんでした。リーグ連覇後、広島の街では日本一を願う声が多く聞かれました。今年の「カープ日本一優勝祈念弁当」には担当者らの強い思いが込められています。昨年の「絶対見たい、この瞬間!!」から「今年こそ絶対日本一??」。

     弁当は税込み1080円。販売期間は日本シリーズ終了まで設定していますが、広島がCS(クライマックスシリーズ)で敗退、日本一を逃した時点で販売は終了する予定ですが、小田さんは「負けは想定していません」。33年ぶりの日本一へ、弁当には応援用のユニホームが抽せんで33人に当たる応募はがきが付いています。【松浦隆司】(ニッカンスポーツ・コム/コラム「ナニワのベテラン走る~ミナミヘキタヘ」)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00010790-nksports-ent&pos=1

     今年こそ歓喜の瞬間を-。広島は11日、リーグ優勝時に備えて、マツダスタジアム一塁側コンコース下にあるスペースにビールかけの会場準備が行われた。

     9日から準備を始め最短Vの14日には、完成する予定。今後は天井や柱にはビールがかからないように、シートが掛けられる。

     「前回行った優勝準備とやることは同じ。去年はここでできなかったので、今年はやってほしい」と野平広報室長。

     チーム、球団が一つとなり37年ぶりの連覇を目指す。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00000098-dal-base

     ケンタッキーフライドチキン、サーティワンアイスクリーム、モスバーガー、ピザーラに築地銀だこ。プロ野球の球場に足を運べば、どれか1つはある「球場フード」の定番ブランドだ。だが、これらおなじみの店舗が1つも見当たらない球場もある。広島東洋カープの本拠地、マツダスタジアムである。



     マツダスタジアムのフードメニューはバラエティに富んでいる。丼ものやめん類、定番の唐揚げなどのオーソドックスなおじさん御用達メニューから、ピザやピタパン、リゾットなどの小洒落たメニューや、クレープ、パフェといった、カープ女子や子どもたちに喜ばれそうなメニューが、聞いたことがないような名前のフード店舗で売られている。

    ■他球場と一味違う!  広島カープの「球場フード」

     なぜなのか。マツダスタジアムの場合、球場内のフード店舗はほぼ全店、大手総合商社・三井物産のグループ会社が手掛ける直営店だからだ。飲食店舗運営受託を行う、その会社の名称はエームサービス。メニュー開発から販売スタッフの採用、教育、店舗名の考案まですべてエームサービスが自前で行っている。

     例外は旧広島市民球場時代の名物「カープうどん」と肉の串焼きの「はなおか」。この2店舗だけは、エームサービスから再委託を受ける形で出店している。

     エームサービスは三井グループ各社が1976年に米国アラマーク社との合弁で設立。三井物産の新社屋が完成した際、三井物産の社員食堂の質を日本一にする目的で誕生している。

     合弁相手の米国アラマーク社は、英国のコンパス社、フランスのソデッソ社と並び立つ、世界3大飲食施設運営会社の1つ。エームサービスは設立から早40年、社員食堂以外でも、病院や高齢者施設、大学などで多くの導入実績を上げている。国際的なスポーツ大会での受託経験も豊富で、長野五輪では選手村の食堂運営を受託している。

     「球場フード」といえばプロ野球観戦を楽しむうえでかなり重要なアイテムだ。なのに、そのレベルは球場ごとにかなりの落差がある。店舗の数は多いのに、どの店も同じようなものばかり売っていて、バリエーションに欠けると感じたことがある人は少なくないだろう。


    引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170302-00159927-toyo-soci

     広島の新外国人、ラミロ・ペーニャ内野手(31)が15日、来日し、広島市のマツダスタジアムで会見した。背番号は5。打率3割を目標に掲げ、シュアな打撃と堅実な守備を武器にチームのリーグ連覇と悲願の日本一に貢献することを誓った。

     あごひげをたくわえた顔に柔和な笑みを浮かべて会見に臨んだペーニャ。自身のプレースタイルには「オーバーアクションをするような選手じゃない。冷静沈着にプレーするタイプだと思う」。来日を決めた理由は「米国ではメジャーとマイナーを行き来していたので、(広島から話をもらい)いいチャンスだと思った」と語った。

     メキシコ代表で二遊間を組んでいた巨人・クルーズからも日本の野球についての情報を得ており、「日本の投手に慣れることが大事」と助言を受けた。

     持ち味はシュアな打撃だ。昨季、メジャーでは30試合の出場で打率・299、1本塁打、10打点。今季の目標には「打率3割」を掲げた。「自分は体がそんなに大きくないので本塁打は10本ぐらい。。二塁打を多く打ちたい。打率にこだわって3割をマークしたい」と意気込んだ。

     今季の支配下外国人はエルドレッド、ペーニャの野手2人に、投手はジョンソン、ジャクソン、ヘーゲンズ、ブレイシアの6人態勢となった。し烈な外国人競争、さらに安部ら日本人選手との正三塁手争いも待っているが、「ベストを尽くすことができれば大丈夫。自信はある」と目を光らせた。17日に春季キャンプ地の宮崎・日南に入る。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000097-dal-base

    このページのトップヘ