広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ブラッド・エルドレッド

     リーグ連覇を達成した広島の選手、家族、関係者ら計228人が1日(日本時間2日)、優勝旅行先の米国・ハワイに到着した。緒方孝市監督(48)は来季の4番に関して若い鈴木を中心に、松山、新井、バティスタ、エルドレッドらで競わせる方針を示した。固定観念を振り払い、柔軟なタクトでリーグ3連覇を目指す。


     常夏の島・ハワイで来季の4番構想について頭を巡らせた。チームの主軸に求めるのは本塁打より勝負強さ。緒方監督は「本塁打20本でも100打点挙げてくれればいい」と理想像について語った。

     今季を振り返ると、開幕戦は新井に4番を託し、4月中旬から若い鈴木を抜てきした。重圧をはねのけ鈴木は結果を残したが、8月下旬に故障離脱。その後は主に松山が4番に座り、勝負強い打撃でリーグ連覇に導いた。ただCSは松山が不振に陥り、バティスタ、新井も4番を務めた。来季に向けて争いは混とんとしている。

     指揮官は「誠也が順調に育ってくれればいい」と基本線を示しつつ「固定するわけじゃない」と力を込めた。4番争いの中心は鈴木で間違いないが、あくまで競争だ。緒方監督は「バティスタにも期待している」と自ら名前を挙げ「パワーなら日本選手は誰も勝てない。パワーとどん欲さがある」と、秋季キャンプでの練習に取り組む姿勢を高評価した。

     すでに鈴木、松山は4番に立候補。鈴木は「成長したいので一番厳しいポジションでやるのが一番」と返り咲きを宣言。松山も黙ってはいない。「誠也も治して帰ってくるし、新井さんもエルドレッドもいる。しっかり争っていきたい」と競争へ覚悟を示していた。

     「タナキクマル」の1~3番の並びに関しても、緒方監督は柔軟な発想を持っている。「今の形が100%のベストか。そういう固定観念を持っていたら失敗する」と言いきる。143試合の長丁場。故障や体調不良など、予期せぬアクシデントも頭に入れ「今年と全く同じメンバー、打順、ピッチングスタッフで戦おうとは思っていない。今年同様、常に新しい戦力、チーム内の競争を継続できるようにしないといけない」と語気を強めた。

     リーグ連覇を達成した今季は安部がレギュラーに定着し、西川、野間、バティスタらも急成長。フレッシュな力がチーム力を押し上げた。緒方監督は「今までやってきた自分たちの野球をしっかりやる」と話す。4番もサバイバル。激しい競争の先に球団史上初の3連覇がある。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00000032-dal-base

     試合終盤の大事な局面で登場する代打。その一振りが勝敗を分けることも多く、非常にプレッシャーがかかるポジションだ。

     その代打で成功率が高かった球団はどこだったのかを見ていきたい。セ・リーグで代打成功率が高かったのは広島の.260だ。7月7日のヤクルト戦(神宮)では代打で登場した新井貴浩が逆転の3ランを放ち試合を決めた。非凡な打撃センスを持つ2年目の西川龍馬は、代打で打率.341、2本塁打、13打点をマークした。レギュラーの競争が激しい広島では、エルドレッド、松山竜平といった選手たちも代打で登場することもあった。

     一方で代打成功率が最も低かったのがDeNAの.156。昨年は下園辰哉が代打でリーグトップの11打点を挙げるなど、代打成功率はリーグトップの.248を記録した。今季はCS、日本シリーズで乙坂智、細川成也が代打で存在感を見せたが、乙坂はシーズンで代打での打率が.148と振るわなかった。

    【代打成功率ランキングセ】
    1位 .260 広島
    2位 .246 中日
    3位 .238 巨人
    4位 .223 阪神
    5位 .187 ヤクルト
    6位 .156 DeNA

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00139115-baseballk-base

     37年ぶりのリーグ連覇を飾った広島。2位に10ゲーム差をつける独走劇は、外国人選手の活躍なしには語れない。ほぼ全員が活躍した2016年に比べれば、全体的な貢献度はやや下がったが、エルドレッドやジャクソンは結果を残し連覇に貢献した。

     来日初年度に14勝、そして昨季は15勝をマークし、外国人としては52年ぶりの沢村賞を受賞したジョンソン。今季も開幕投手を任されるなど、大車輪の働きが期待されたが、2度の離脱が響いて6勝にとどまった。今季が3年契約の1年目。来季の巻き返しに期待したいところだ。

     ジャクソンは昨季はセットアッパーとして67試合の登板で球団最多記録となる37ホールドをマーク。今季も60試合の登板で30ホールドと記録し、救援陣の中で欠かせない存在だった。

     先発、中継ぎで50試合に登板した昨年同様の活躍ができなかったのがヘーゲンズだ。11試合の登板にとどまり、0勝0敗で防御率6・60。外国人枠の関係もあって、チャンス自体が少なかったが、結果が残せず今季限りで退団となった。

     投手で唯一新加入のブレイシアも当初はセットアッパーとして期待されたが、26試合の登板で2勝1敗。層の厚い救援陣の中で存在感は薄かった。ヘーゲンズと同様すでに、退団が発表されている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00093547-fullcount-base

     37年ぶりの連覇を達成した広島は今季、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでDeNAに2勝4敗(アドバンテージの1勝を含む)で敗戦。2年連続の日本シリーズ進出を逃した。
     シーズンでは2位阪神に10ゲーム差をつけ、圧倒的な力を見せつけたが、短期決戦ではもろさも露呈。球団初の3連覇と、34年ぶりの日本一がかかる来季へ向けて、補強ポイントを探った。

    ◯左腕投手

     先発、中継ぎ共に左腕の数が不足している。先発で10試合以上登板したのはジョンソン(13試合)だけ。ほかではルーキー床田が3試合。高橋樹と戸田がそれぞれ1試合ずつに投げただけだった。

     救援での左腕の最多登板は高橋樹の9試合。以下、飯田が8試合、佐藤が6試合、戸田とオスカルが2試合ずつと、サウスポーの出番は圧倒的に少なかった。それだけにドラフトで即戦力左腕の補強に乗り出すかに思われたが、指名した6選手のうち投手4人は全員が右腕。ファームには高卒ルーキーの高橋昂を筆頭に、高橋樹、塹江、戸田と将来期待できそうな20代前半の左腕が控えているが、来季1軍でバリバリ働けるかどうかは未知数。戦力外を含め、他球団からの補強か、新外国人か、今後何らかの動きがあるかもしれない。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00092312-fullcount-base

     広島・新井貴浩内野手(40)が21日、右手関節痛のため出場選手登録を抹消されたエルドレッドの分まで貢献することを誓った。順延となった22日の第4戦では、スタメン復帰が濃厚。助っ人がいなくなったピンチを、不惑のベテランが救う。

     またしてもチームに衝撃が走った。この日エルドレッドが右手関節痛のため出場選手を登録抹消された。突然の知らせに新井は「らしいね…」と驚いた顔で「びっくりしたけど、彼の分まで、みんなで頑張りたい」とチーム一丸を強調した。

     チームに危機が訪れるたび、全員で乗り越えてきた。8月下旬に鈴木が右足首を痛めた際は代役4番に入った松山が大暴れ。CS前には安部が死球の影響から離脱を余儀なくされたが、三塁を守る西川がCS打率・429と気を吐いている。

     エルドレッドもCSファイナルS第3戦に「6番・一塁」で出場していたが、この日の朝に痛みを訴えたという。22日の第4戦では新井のスタメン復帰が濃厚。打率4割と好調のベテランが松山、バティスタに代わって「4番」に座る可能性まで出てきた。

     この日は午前中から雨が降り続き、午後0時30分に中止が決定。新井は「また明日に向けて準備したい」と気持ちを切り替えた。さらに連敗中の雨天中止を「前向きに捉えて準備したい」と続けた。

     今季は個人成績を度外視し、「チームが苦しんでいるときに、チームを救う一打を打ちたい」と繰り返してきた。今こそベテランの力が頼り。CS突破へ逆境をはね返し、不惑の底力を発揮する。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000020-dal-base

     広島とDeNAのCSファイナルステージ第4戦は降雨のため、12時30分に中止が決まった。練習後もパ・リーグCSファイナルステージを試合終了までテレビ観戦し球場を後にした広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。


     -降雨中止となった。

     緒方監督 しょうがないよ。この雨ではしょうがない。朝はできそうだったんだけど、そのつもりでみんなスタンバイしていたけど。また明日も天気の予報は悪いけど、どうなるか。

     -エルドレッド選手が右手首を痛め、選手登録を抹消された。

     緒方監督 残念。練習でバッティングができないということだったので。

     -選手登録抹消は短期決戦も加味しての判断か?

     緒方監督 打撃練習できないんだから、しょうがない。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00033542-nksports-base

    このページのトップヘ