広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ブレイディン・ヘーゲンズ

     独走を続ける広島に早ければ27日にも球団史上最速の優勝マジックが点灯する。「1強5弱」といわれるセ・リーグで3連覇に向けてひた走る広島にはメジャースカウトからの熱視線も集まっている。お目当ては4番に座る鈴木誠也(23)だ。

     鈴木はメジャー志向で知られる。一昨年オフのイベントで「野球をやっている以上、上の世界には興味がある」と初めて言及。今季に入り、広島戦が行われる球場のスタンドにはメジャースカウトが集結するようになった。

     今季はここまで13本塁打、打率.292。プロ6年目ということもあり、米スカウトのひとりは「球団がポスティングを認めるにしてもまだあと2、3年はかかる」と慎重に調査を進める姿勢を示しながら、こう絶賛する。

    「バッティングフォームがシンプルになって、以前よりも無駄がなくなった。メジャーの速球にも対応できるタイミングの取り方をしている」

    ■「ポテンシャルがある」

     元広島投手で米球界に戻ったへーゲンズも米紙に「打撃にパワーがあり、いい肩を持っている。アメリカでプレーしたければ、挑戦できるだけのポテンシャルがある」と語っていた。

     鈴木にとっては、昨オフに海を渡った同い年の友人、大谷翔平の存在が大きいという。「翔平とは野球の話はほとんどしないですね」と言いつつも、「向こうの暮らしや雰囲気は気になるので、よく聞きます。楽しそうだからうらやましいですよ。メジャーの試合も翔平がいるから見るようになりました」と憧れを隠そうとしない。

     大谷は渡米後、メジャー投手対策でノーステップ打法を取り入れたが、鈴木は大谷より早い一昨年から実践。今季も「フォームはまだ固まっていない。日々、微調整の繰り返し」と試行錯誤を続けている。

     チームの核となる強力打線の中心にいる鈴木。数年先のこととはいえ、ファンは気が気ではない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00000022-nkgendai-base

     毎年、数多くの助っ人が日本にやって来るが、シーズンオフになると日本を去る外国人もまた数多い。結果を残し長く日本でプレーするのは限られた選手たちだけ。成功を収める外国人を発掘するのは、なかなか簡単なことではない。


     逆に日本で成功し、メジャーリーグでも大活躍を収める選手もいる。今季カージナルスで先発ローテの柱となっている元巨人のマイルズ・マイコラス投手は、そのいい例だ。ここまで14試合に先発して7勝2敗、防御率2.69と申し分のない成績を残している。

     またヤクルトのプレストン・ギルメット投手や、日本ハムのクリス・マーティン投手もそれぞれのチームで、メジャーのロースターに入っている。昨季、12球団に在籍し、昨季限りでチームを去った助っ人外国人。今季、米国でプレーしている元助っ人たちは、どれほどの成績を残しているのだろうか。

    ○巨人
    マイルズ・マイコラス(カージナルス)
    14試合14先発7勝2敗0セーブ 防御率2.69

    ○阪神
    エリック・キャンベル(マーリンズ傘下3A)
    57試合202打数68安打3本塁打45打点 打率.337
    ジェイソン・ロジャース(米独立リーグ・ニューブリテン)
    30試合110打数35安打2本塁打28打点 打率.318
    ロマン・メンデス(ナショナルズ傘下2A)
    22試合(0先発)3勝2敗4セーブ 防御率3.72

    ○広島
    ライアン・ブレイシア(レッドソックス傘下3A)
    25試合(0先発)2勝4敗8セーブ 防御率1.69
    ブレイディン・ヘーゲンス(ダイヤモンドバックス傘下3A)
    13試合(8先発)3勝3敗1セーブ 防御率6.43

    中日
    ○エルビス・アラウホ(オリオールズ傘下1A+)
    9試合(0先発)2勝0敗0セーブ 防御率3.65
    ○ホルヘ・ロンドン(ホワイトソックス傘下2A)
    9試合(0先発)0勝1敗0セーブ 防御率4.85

    ○ヤクルト
    プレストン・ギルメット(カージナルス→ブルージェイズ)
    3試合(0先発)0勝1敗0セーブ 防御率15.00

    ○ソフトバンク
    カイル・ジェンセン(ジャイアンツ傘下3A)
    52試合189打数37安打5本塁打27打点 打率.196

    ○西武
    ステフェン・ファイフ(インディアンス傘下3A)
    10試合(10先発)3勝5敗0セーブ 防御率6.79
    ブライアン・シュリッター(ドジャース傘下3A)
    28試合(0先発)2勝1敗9セーブ 防御率3.00

    ○オリックス
    マット・ウエスト(米独立リーグ・シュガーランド)
    13試合(0先発)0勝0敗0セーブ 防御率0.00

    ○日本ハム
    クリス・マーティン(レンジャーズ)
    23試合1勝1敗0セーブ 防御率3.92

     こうして見てみると、日本を離れた後も結果を出すのに苦労している選手も数多く見受けられる。メジャーでプレーしているのはマイコラス、ギルメット、マーティンの3人だけ。多くは傘下3Aに在籍しているが、中には2Aや独立リーグでプレーしている選手もいる。

     また、ここに名前のない中でも、例えば、ロッテのパラデス(韓国・斗山を戦力外)のように米国以外、韓国やメキシコ、ドミニカなどでプレーを続けている選手も少なくない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00139287-fullcount-base

     元広島のブレイディン・ヘーゲンズ投手が、地元紙の特集記事の中で日本での2年間を振り返り、今季からエンゼルスに移籍した大谷翔平投手、そして元同僚の広島・鈴木誠也外野手についても語っている。


     ヘーゲンズは2016年に広島に加入。50試合に登板(6先発)して7勝5敗、防御率2.92の好成績を残し、25年ぶりのリーグ制覇に大きく貢献した。だが、2017年は11試合の登板にとどまり、防御率6.60と苦戦。チームはリーグ連覇を達成したものの、貢献することはできず、シーズン後に自由契約となった。

     今季はダイヤモンドバックスとマイナー契約を結び、米球界に復帰。3Aリノ・エーシズで12試合に登板(7先発)し、2勝3敗、防御率6.75とまだ波に乗れていないが、日本球界での経験を生かして4年ぶりのメジャー復帰を目指している。

     ヘーゲンズが来日した2016年、広島とともに日本球界の話題の中心となっていたのが、日本ハム(当時)の大谷だった。投手として21試合登板(20先発)で10勝4敗1ホールド、防御率1.86、打者として打率.322、22本塁打、67打点という衝撃的な成績を残し、パ・リーグのMVPを獲得。ヘーゲンズが所属していた広島は日本シリーズで日本ハムに敗れ、日本一を逃した。

     二刀流右腕の印象について、ヘーゲンズは記事の中で「日本に着いた時に、彼のことを聞いたよ。彼は日本のスターだから、気をつけないといけない、と言われた。彼のスイングはいつも良かった。彼にも弱点はあったが、他の良い打者と同じように、こちらがミスをすると打つ。投球が意図したように変化せず、スポットをミスすると、打つ選手なんだ」と語っている。失投は許されない好打者と見ていたようだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00138457-fullcount-base

     昨季まで2年間、広島でプレーしたブレイディン・ヘーゲンズ投手は現在、ダイヤモンドバックス傘下3Aリノ・エーシズでプレーしている。今季12試合登板(7先発)で2勝3敗、防御率6.75。やや苦戦しているものの、2014年以来となるメジャーのマウンドを目指して奮闘中だ。



     そんな29歳の右腕にとって、日本での経験はかけがえのないものだったという。地元紙「リノ・ガゼット・ジャーナル」が「エーシズの投手・ヘーゲンスにとって日本での経験は学びの場となった」とのタイトルで特集を掲載。本人が同紙の取材に応じ、2年間を過ごした日本、そして広島ファンへの“愛情”を明かしている。

     記事では、ヘーゲンズが日本で最初に気づいたことが「尊敬」だったと紹介。日本のファンは皮肉やヤジよりも、試合を楽しむことに重きを置いていると語ったという。当然、日米の文化の違いには驚いたといい、「カルチャーショックがある。日本人はとても歓迎するんだ。日本のファンはより親切だ」と振り返っている。

    「日本では試合へのスピリットと応援することがより大切なんだ。アメリカでは、連続でボールを8球投げたとしても、ストライクを投げるとすぐに、観客は歓声を上げる。日本では、そんなこと関係がないんだ。どんな状況でも彼らは応援する。ヤジる人はいないんだ。選手が良いプレーができるように、いつでも応援するんだ」

     本人のコメントからは、広島ファンへの深い愛情が伝わってくる。特集では「彼は異なる文化を経験する機会は、見逃すのが惜しいくらい良い機会であったと語った」とも紹介。ヘーゲンズが日本の文化に触れたことをポジティブに捉えていることも分かる。そして、球場で強く感じた「尊敬」は、日頃の生活の中にも溢れていたという。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00138413-fullcount-base

     広島の新外国人、レオネル・カンポス投手(30)=ブルージェイズ=が25日、関西空港着の航空機で来日し、新幹線で広島入りした。

     日本列島が大寒波に見舞われるなか、初来日したベネズエラ出身の右腕は日本の印象を聞かれ「寒いね」と苦笑い。昨季はブルージェイズで中継ぎとして13試合に登板し、防御率2・63の成績を残した。

     広島でリリーフとしての活躍を期待される助っ人は「日本の野球は非常にレベルが高いリーグだと聞いている。与えられた役割をこなして、カープの勝利に貢献していきたい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00000118-sph-base

     37年ぶりのリーグ連覇を飾った広島。2位に10ゲーム差をつける独走劇は、外国人選手の活躍なしには語れない。ほぼ全員が活躍した2016年に比べれば、全体的な貢献度はやや下がったが、エルドレッドやジャクソンは結果を残し連覇に貢献した。

     来日初年度に14勝、そして昨季は15勝をマークし、外国人としては52年ぶりの沢村賞を受賞したジョンソン。今季も開幕投手を任されるなど、大車輪の働きが期待されたが、2度の離脱が響いて6勝にとどまった。今季が3年契約の1年目。来季の巻き返しに期待したいところだ。

     ジャクソンは昨季はセットアッパーとして67試合の登板で球団最多記録となる37ホールドをマーク。今季も60試合の登板で30ホールドと記録し、救援陣の中で欠かせない存在だった。

     先発、中継ぎで50試合に登板した昨年同様の活躍ができなかったのがヘーゲンズだ。11試合の登板にとどまり、0勝0敗で防御率6・60。外国人枠の関係もあって、チャンス自体が少なかったが、結果が残せず今季限りで退団となった。

     投手で唯一新加入のブレイシアも当初はセットアッパーとして期待されたが、26試合の登板で2勝1敗。層の厚い救援陣の中で存在感は薄かった。ヘーゲンズと同様すでに、退団が発表されている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00093547-fullcount-base

     巨人のマイルズ・マイコラス投手の米球界復帰が噂される今オフだが、他にもメジャー球団が“逆輸入”を検討する選手がいるという。米スポーツ局「ESPN」のジェリー・クラスニック記者が自身のツイッターで、広島のセットアッパー、ジェイ・ジャクソン投手に複数のメジャー球団が興味を持っていると伝えた。


     来季はリーグ3連覇、そして悲願の日本一を目指す広島に衝撃のニュースだ。守護神の中崎につなぐセットアッパー、ジャクソンが米球界に流出する可能性が生まれた。クラスニック記者は「複数のメジャー球団が救援ジェイ・ジャクソンに興味を示している」とツイート。2008年ドラフト9巡目でカブス入りし、マーリンズ、パイレーツ、ブルワーズと渡り歩いた後、2015年にパドレスでメジャーデビューした右腕について「最近2年は日本で屈指のセットアッパーになった」と伝えている。

     ジャクソンは今季を終えて帰国する際、来季も広島でのプレーを望む発言をしているが、メジャー契約が勝ち取れるとなれば、気持ちが揺らぐ可能性も十分にあるだろう。今後は広島にとって頼れるセットアッパーの去就にも注目が集まりそうだ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00093501-fullcount-base

    このページのトップヘ