広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    ブレイディン・ヘーゲンズ

     広島は18日、ライアン・ブレイシア投手の獲得を発表した。年俸は約5600万円(推定)で、背番号は「70」に決まっている。

     近年は特に“当たり助っ人”を引くことが多い印象の広島。こと投手に関してはその印象が強く、広島が獲得してきたというだけで「きっと良い選手なのでは...」と思う人も少なくないことだろう。



     たとえば今や先発陣の柱として君臨するクリス・ジョンソン。この左腕も、入団時の年俸は7000万円だった。

     それでも3月28日のヤクルト戦で来日初勝利をマークすると、その後も順調に白星を重ねて14勝(7敗)をマーク。防御率は1.85を叩き出し、1年目から最優秀防御率のタイトルも活躍した。

     2年目の今季も前年を上回る15勝をマークし、防御率は2.15を記録。来日2年間で29勝を挙げ、通算防御率は1.99という大活躍を見せている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00098926-baseballk-base

    広島・今村猛投手(25)が来季からブルペンのキャプテンを務めることが11日までに決まった。今季の中崎から引き継ぐ。この日、福山市内のショッピングモール「天満屋ストアポートプラザ福山店」で行われたトークショーに参加した右腕は「若い投手が多い。困っているときに言葉をかけてあげたい」と決意表明。ブルペンをまとめ上げ、リーグ連覇に導く覚悟を示した。

     強固なブルペン陣を作っていく-。今村が、その思いをはっきりと言葉に変えた。「年齢の割には後輩がたくさんいる。勝たないと面白くない。僕がわかることでよければ、それを伝えていきたい」。8年目、そして26歳になる来季。強い自覚がある。

     今季は中崎が務めたブルペンのキャプテンを引き継ぐ。だが、気負いなどない。プロ2年目の11年途中からリリーフを務め、成功と失敗を繰り返しながら成長してきた右腕はこれまでも、後輩たちに試合前の過ごし方や登板に向けての気持ちの作り方など数多くの助言を送ってきた。

     2軍で先発を務めながら、8月に昇格してからは中継ぎとなった薮田には登板時の心得を説いた。「『腹をくくった者勝ちだ』と言ってもらいました」と背番号23。抑えて当然と思われる難しいポジション。短い言葉で、重圧をはねのけるために必要なことを伝えた。

     「若い投手が多い。聞かれたことに対して答えるのも大事だけど、困っているときに言葉をかけてあげたい。誰が出てきても活躍できる状況になれば、強いチームでいられる」。寡黙なイメージがあるかもしれない。だが心の底にあるのは、熱い思い。「勝ちたいという気持ちがありますから」。積極的にコミュニケーションをとりながら、救援陣の底上げを図り、強く束ねていく。

     ジャクソンと並び、チーム最多の67試合に登板した。12月中は肩などの疲労回復を最優先にしながら、有酸素運動や筋力トレーニングに取り組む。キャッチボールの再開は1月に入ってから。焦らず、来季の戦いに向けて準備を進める。

     25年ぶりの優勝は、チーム一丸でつかみ取ったもの。もちろん、リリーフ陣の奮闘なくして語ることはできない。来季、選手全員の思いはリーグ連覇と日本一。「登板前の雰囲気は良かった。一体感があったし、それを続けていきたい」。ブルペンのリーダーとして、今村が投手陣を支えていく。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00000017-dal-base

     広島は18日、ブレイディン・ヘーゲンズ投手(27)と年俸7700万円で来季の契約を結んだと発表した

     中継ぎ、先発でチームを支えた右腕は球団を通じ「来シーズンも広島でプレーする機会をいただけてとてもうれしいです。来シーズンの目標は、チームの勝利に大きく貢献することと、チームが必要としてくれる役割の中でクオリティーの高い投球をすることです。カープファンのみなさん、私はまた広島でプレーできること、またたくさんの応援とともに球場が真っ赤に染まるところを見られることを楽しみにしています。再びセントラル・リーグ優勝に貢献し、チームメートと一緒に日本一を目指していきたいと思います。Go Carp!」とコメントした。(金額は推定)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161118-01739970-nksports-base

     外国人選手の活躍なしに25年ぶりの優勝は果たせなかったのは間違いない。ハイレベルの助っ人が揃い、外国人枠の争いも熾烈だった広島。中でもMVP級の活躍を見せたのがクリス・ジョンソン投手だった

     来日2年目の左腕は1年目の14勝を上回る15勝を挙げ、防御率2.15と抜群の安定感を誇った。勝ち星、防御率はいずれも2位でタイトルこそ逃したが、先発した26試合のうち、24試合でクオリティースタート(6回以上投げて、自責点3以下)を達成。QS率92パセーンはリーグトップの数字で、外国人では1964年のバッキー(阪神)以来、52年ぶりとなる沢村賞を受賞した。

     投手では共に来日1年目のジェイ・ジャクソン、ブレイディン・ヘーゲンズも獅子奮迅の活躍。ジャクソンは8回を投げるセットアッパーとして67試合に登板。球団の最多ホールド記録となる37ホールドをマークした。ヘーゲンズも当初は中継ぎとして、勝利の方程式の一角を務めたが、先発の駒不足となった8月以降に先発に転向。50試合に登板し7勝、防御率も2.92と大活躍だった。

     一方、投手で3枠を占めたため、打者は長打力のブラッド・エルドレッドと勝負強いエクトル・ルナのどちらかを起用する形に。来日5年目のエルドレッドは95試合の出場で21本塁打。日本シリーズでも3本塁打を放つなど、結果を残したが、来日4年目、中日から移籍1年目のルナは67試合で5本塁打34打点とやや物足りない成績に終わった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161117-00010000-fullcount-base

     近年まれに見る激闘が繰り広げられた日本シリーズからまもなく2週間――。

     シリーズを振り返ってみた時、流れを大きく左右したのが“助っ人のはたらき”だったように思う。

     日本ハムはMVPに輝いたレアードを筆頭に、バースはリリーフだけで3勝を挙げる活躍。ロングリリーフで好投したメンドーサも接戦の中で非常に貴重なはたらきを見せた。

     敗れた広島の方も同様。沢村賞投手・ジョンソンは2試合で防御率0.71とその実力をいかんなく発揮し、エルドレッドは第1戦からの3戦連発などで敢闘賞を獲得。ジャクソンも最後の第6戦での打ち込まれた印象が強くなってしまったが、それまでの5試合すべてにリリーフ登板してチームを支えていた。

     このように、リーグを制して頂上決戦で激闘を演じた両チームには、優秀な助っ人の存在があった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-00095162-baseballk-base

     広島の居心地の良さが助っ人に大好評だ。外国人選手としては52年ぶりの沢村賞受賞となったクリス・ジョンソン投手(32)を筆頭にジェイ・ジャクソン投手(29)、ブレイディン・ヘーゲンズ投手(27)、野手ではブラッド・エルドレッド内野手(36)やエクトル・ルナ内野手(36)ら助っ人の貢献が目立った赤ヘル。活躍の裏には駐米スカウト陣の眼力もさることながら“万全のケア体制”がある


     人気テレビ番組「アメトーーク」のカープ芸人の回では「職員が外国人選手の子供の宿題を見てあげる」ということが紹介され話題となった。球団幹部は「それだけではない。外国人選手の子供が夜中に体調を崩したら救急病院に一緒に行って朝まで付き添ったり、口に合うレストランを探して予約をしてあげたりと外国人選手がベストの環境を作ることを心掛けている。こまやかさは12球団一だと思っている」と胸を張る。職員が一体となって、かゆいところに手が届くケアをすることで活躍しやすい環境を作り上げているのだ。

     実際、10月30日に帰国したへーゲンズは「フロントの方にも助けてもらった。来日1年目だったが、とても過ごしやすかったし快適な一年だった。カープに戻ってくること以外考えられない」と感謝を口にした。さらに「うちを出て行ったり解雇になった外国人選手が『もう一回、雇ってくれないか』と言ってくることもある」(前出の幹部)と“出戻り”を志願する元助っ人が出てくるほどだという。

     6月に来季からの新たな3年契約をしたジョンソン、残留確実なジャクソン、へーゲンズに加え球団側はエルドレッドにも残留要請。さらに投打で一人ずつ新たな助っ人の獲得を目指す赤ヘルが、リーグ2連覇に向けて来季も助っ人を徹底サポートする。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-00000005-tospoweb-base

     広島のスティーブ・デラバー投手(33)が1日、米国へ帰国した。今季途中の入団で2試合に登板。メジャー通算190試合登板の実績を誇っていたが、チームは今季、ジョンソン、ジャクソン、ヘーゲンズ、エルドレッド、ルナの5選手で外国人の4枠を活用したため、出番は巡ってこなかった。2軍では19試合に登板し、0勝1敗、防御率は6・52だった。

     「自分の持っている力を出せた。2軍ではいい成績ではなかったが、日本への適応の仕方はわかった。2試合ですが、1軍での結果も良かったですし」と振り返った。来季の契約は不透明な状況だが、「1軍で投げられるなら是非、戻ってきたい。自分の力を出す自信はある」と残留への意欲を見せた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161101-00000072-sph-base

    ◆SMBC日本シリーズ2016 ▽第6戦 広島―日本ハム(29日・マツダスタジアム)

     広島はジェイ・ジャクソン投手(29)、ブレイディン・ヘーゲンズ投手(27)、ブラッド・エルドレッド内野手(36)に来季の残留を要請することが29日、分かった。クリス・ジョンソン投手(32)とは来季からの3年契約を締結している。エクトル・ルナ内野手(36)、ジェイソン・プライディ外野手(33)は今季限りでの退団が濃厚。シーズン中に加入したスティーブ・デラバー投手(33)は新外国人投手の調査と並行しつつ去就を判断する。

     また、首脳陣については緒方孝市監督(47)、高信二ヘッドコーチ(49)ら1軍スタッフは大幅な入れ替えはなく、来季も続投する方向だ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-00000068-sph-base

     広島ブレイディン・ヘーゲンズ投手(26)が30日、帰国の途についた。日本シリーズ敗退から一夜明けで出発前に広島駅で取材に応じた同投手は「まだ興奮が冷めないよ」と笑顔。

     「ファンや我々の望む結果にはならなかったが素晴らしいシーズンだったと思う。25年ぶりのリーグ優勝ということを聞いて感動し、興奮していたよ」と話した。

     まだ契約はしていないが「自分の中ではカープに戻ってくること以外、考えられない。カープは温かいファンに支えられた素晴らしいチーム」と、来季へ意欲を見せていた。

     同投手は先発、中継ぎの両方で登板。7勝5敗、防御率2・92の働きでチームのリーグ優勝に貢献した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-01731412-nksports-base

    このページのトップヘ