広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ブレイディン・ヘーゲンズ

     37年ぶりのリーグ連覇を飾った広島。2位に10ゲーム差をつける独走劇は、外国人選手の活躍なしには語れない。ほぼ全員が活躍した2016年に比べれば、全体的な貢献度はやや下がったが、エルドレッドやジャクソンは結果を残し連覇に貢献した。

     来日初年度に14勝、そして昨季は15勝をマークし、外国人としては52年ぶりの沢村賞を受賞したジョンソン。今季も開幕投手を任されるなど、大車輪の働きが期待されたが、2度の離脱が響いて6勝にとどまった。今季が3年契約の1年目。来季の巻き返しに期待したいところだ。

     ジャクソンは昨季はセットアッパーとして67試合の登板で球団最多記録となる37ホールドをマーク。今季も60試合の登板で30ホールドと記録し、救援陣の中で欠かせない存在だった。

     先発、中継ぎで50試合に登板した昨年同様の活躍ができなかったのがヘーゲンズだ。11試合の登板にとどまり、0勝0敗で防御率6・60。外国人枠の関係もあって、チャンス自体が少なかったが、結果が残せず今季限りで退団となった。

     投手で唯一新加入のブレイシアも当初はセットアッパーとして期待されたが、26試合の登板で2勝1敗。層の厚い救援陣の中で存在感は薄かった。ヘーゲンズと同様すでに、退団が発表されている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00093547-fullcount-base

     巨人のマイルズ・マイコラス投手の米球界復帰が噂される今オフだが、他にもメジャー球団が“逆輸入”を検討する選手がいるという。米スポーツ局「ESPN」のジェリー・クラスニック記者が自身のツイッターで、広島のセットアッパー、ジェイ・ジャクソン投手に複数のメジャー球団が興味を持っていると伝えた。


     来季はリーグ3連覇、そして悲願の日本一を目指す広島に衝撃のニュースだ。守護神の中崎につなぐセットアッパー、ジャクソンが米球界に流出する可能性が生まれた。クラスニック記者は「複数のメジャー球団が救援ジェイ・ジャクソンに興味を示している」とツイート。2008年ドラフト9巡目でカブス入りし、マーリンズ、パイレーツ、ブルワーズと渡り歩いた後、2015年にパドレスでメジャーデビューした右腕について「最近2年は日本で屈指のセットアッパーになった」と伝えている。

     ジャクソンは今季を終えて帰国する際、来季も広島でのプレーを望む発言をしているが、メジャー契約が勝ち取れるとなれば、気持ちが揺らぐ可能性も十分にあるだろう。今後は広島にとって頼れるセットアッパーの去就にも注目が集まりそうだ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00093501-fullcount-base

     広島は1日、ライアン・ブレイシア(30)、ブレイディン・ヘーゲンズ(28)両投手、ラミロ・ペーニャ内野手(32)と来季の契約を結ばないと発表した。

     今季加入したブレイシアは26試合に救援登板して2勝1敗1セーブ、防御率3.00。ペーニャは出場22試合。2年目のヘーゲンズは11試合登板で勝敗はなかった。 

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171101-00000088-jij-spo

     広島は、ブレイディン・ヘーゲンズ投手(28)、ラミロ・ペーニャ内野手(32)、ライアン・ブレイシア投手(30)と来季の契約を結ばない方針であることが24日、分かった。ジェイ・ジャクソン投手(29)は新外国人投手の調査と並行しつつ、去就を判断する。

     クリス・ジョンソン投手(33)とは今季から3年契約を結んでおり来季が2年目。ブラッド・エルドレッド内野手(37)も今季から2年契約しており、来季が2年目となる。

     ドミニカ共和国カープアカデミー出身で今季から支配下登録されたサビエル・バティスタ内野手(25)とアレハンドロ・メヒア内野手(24)は今季から6年契約を結んでいる。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00000038-dal-base

     状況を問わずに登板し150キロ台を連発して打者をねじ伏せる広島・ブレイシアから「小さな野望」を聞いた。

     「10年以上、試合で打席に立っていないから、立ってみたい気持ちがあるんだ。自信があるかどうかは別にしてね」

     プロ入り後に本格的に投手を始めた異色の選手。大学までは主に捕手としてプレーしており、打撃に全く覚えがないということはなさそうだ。それでも、スカウトの目に留まったのは並行してやっていた投手としての素質だった。

     「真っすぐが速いというのは知れ渡っていたからね」

     同じ米国テキサス州出身で、剛速球が武器だったノーラン・ライアンが憧れの存在だった。「小さいころ、球場の開門と同時に駆けて行って、レンジャーズ時代のライアンにサインをもらって喜んだ記憶は忘れられないね」。現在、ファンに求められればいつでもサインを書くのは、自らの体験によるものだ。

     8月26日に30歳の誕生日を迎えた。7月上旬に一時来日していたシャイナ夫人、2人の子ども、母親は、すでに米国に帰国した。異国の地でさびしい誕生日になったのかと思いきや、そんなことはなかったという。

     「当日の夜はエルドレッドに食事に連れて行ってもらったんだ。それに家族が、僕に内緒で家の中にプレゼントを隠して用意してくれていた。連絡が来て、それを見つけたときはうれしかったね」。粋な計らいをしてくれる家族を持ち、うらやましい限りだ。(記者コラム・柳澤 元紀)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00000115-spnannex-base

     6日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-広島戦』で解説を務めた田尾安志氏が、広島の強さについて語った。

     79年、80年以来となるリーグ連覇を目指す広島は、チーム打率(.279)、得点(549)、本塁打(112)、盗塁(81)がリーグトップ、チーム防御率もリーグ2位(3.32)と投打ともに安定した成績を残す。

     田尾氏は、現在2位阪神に9ゲーム差を付けて首位を走る広島の強さについて「1、2点リードされているピッチャーの質が高い」と話す。

    【広島の主な救援陣】
    今 村 猛 47試 1勝2敗 8H 20S 防2.35
    ジャクソン 44試 2勝2敗 20H 1S 防2.40
    中 田 廉 40試 2勝1敗 9H 0S 防2.09
    一岡 竜司 38試 4勝2敗 8H 1S 防1.95
    中崎 翔太 35試 2勝0敗 19H 1S 防1.06
    ヘーゲンズ 9試 0勝0敗 0H 0S 防6.55

     広島の勝利の方程式は、7回が中田廉or一岡竜司、8回が中崎翔太、9回が今村猛という構成になっている。ビハインドゲームではジャクソン、ヘーゲンズの両外国人が登板するケースが多い。

     ジャクソンは、リーグ優勝した昨季はセットアッパーとして、勝ちゲームの8回を任されていた。今季も開幕から“8回の男”を担っていたが、6月8日の日本ハム戦から6月28日のDeNA戦にかけて5試合連続で失点。交流戦の終盤からビハインドゲームでの登板が続いている。

     昨季セットアッパーを任された投手でも、結果を残せなければ、役割を変更されるなど、チーム内での競争が激しい。ジャクソンが再び、昨季のポジションに戻るためには、ビハインドゲームで結果を残すことが求められる。こうした競争が、1、2点リードされている場面でも“質が高い”と評価される投手陣を起用できる要因のひとつといえそうだ。


    引用元 https://baseballking.jp/ns/127133

    このページのトップヘ