広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    ブレイディン・ヘーゲンズ

     1日にプロ野球はキャンプイン。今季もカミネロ(巨人)、ジェンセン(ソフトバンク)、アラウホ(中日)など多くの新外国人選手が入団した。新外国人の活躍がチームの命運を分けることも少なくない。ここでは、最近5年間で広島の新外国人選手がどんな成績を残したのか見ていきたい。

    【2012年】

     12年は投手がミコライオ、野手がニック、エルドレッド(途中加入)が入団した。

     ミコライオは入団当初はセットアッパーを任されていたが、シーズン途中から抑えに配置転換となり21セーブをマーク。

     野手ではニックが5月8日の阪神戦で3打席連続本塁打を放つなど、5月までの2カ月で9本塁打を記録。しかし、6月11日のオリックス戦で大怪我し離脱。

     ケガしたニックに代わる大砲として、シーズン途中からエルドレッドが入団。エルドレッドは、8月と9月の2カ月で11本塁打を放った。

    <投手>
    ミコライオ
    12年成績:61試 3勝5敗21S 防2.79

    <野手>
    ニック
    12年成績:52試 率.238 本9 点24

    エルドレッド
    12年成績:65試 率.262 本11 点35
    ☆途中加入

    【2013年】

     この年、球団初となるCSに出場した広島。シーズン途中に加入したキラが、打線の起爆剤となり、CS進出の立役者となった。

     キラは7月9日のDeNA戦でデビューを飾ると、同試合から3試合連続本塁打を記録。シーズン終盤には3番キラ、4番エルドレッドの大砲2人が打線を引っ張った。

     また、ルイスは開幕から1番打者として出場を続けていたが、日本の投手に対応できず、8月16日のDeNA戦を最後に一軍出場がなかった。

    <投手>
    ソコロビッチ
    13年成績:11試 0勝2敗 防0.79

    <野手>
    ルイス
    13年成績:79試 率.268 本4 点20

    キラ
    13年成績:66試 率.259 本14 点45
    ☆途中加入

    【2014年】

     この年は前年からプレーする助っ人外国人と、新助っ人で4つの外国人枠を巡った激しい争いが繰り広げられた。

     特にロサリオは、5月1日の阪神戦で4安打2打点の活躍を見せるも、外国人枠の関係で二軍落ちということもあった。シーズン序盤は一、二軍の往復が多かったが、9月2日の巨人戦でサイクル安打を記録するなど、シーズン終盤にはチームに欠かせない存在となっていた。

     投手は途中入団したヒースが、ナックルカーブを武器に7試合に登板して、3勝を挙げた。

    <投手>
    フィリップス
    14年成績:9試 1勝0敗 防3.27

    ヒース
    14年成績:7試 3勝0敗 防2.38
    ☆途中加入

    <野手>
    ロサリオ
    14年成績:69試 率.336 本14 点49

    【2015年】

     24年ぶりにリーグ優勝を目指したこの年、契約初年度の助っ人では球団史上最高額となる年俸1億円(推定)でグスマンを獲得するなど、球団の本気度が伺える補強を敢行。

     グスマンは打率.230、3本塁打、12打点と期待外れに終わったが、投手のジョンソンが素晴らしい働きを見せた。来日初登板となった3月28日のヤクルト戦、1安打完封で来日初勝利を挙げると、その後も安定した投球を見せ、リーグトップの防御率1.85、リーグ2位の14勝を挙げた。

    <投手>
    ジョンソン
    15年成績:28試 14勝7敗 防1.85

    ザガースキー
    15年成績:19試 0勝0敗 防2.40

    <野手>
    グスマン
    15年成績:34試 率.230 本3 点12

    シアーホルツ
    15年成績:65試 率.250 本10 点30
    ☆途中加入

    【2016年】

     ジャクソン、ヘーゲンズ、ルナの3人はチームの中心として、25年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

     ジャクソンは抑えの中崎翔太に繋ぐ、セットアッパーとして67試合に登板して、37ホールドをマーク。ヘーゲンズは先発、リリーフの両方をこなし、7勝を挙げた。

     中日から加入したルナは、広角に打ち分ける打撃で春先は4番打者としてチームを引っ張った。故障で離脱することが多く、シーズン通してプレーすることはできなかった。

    <投手>
    ジャクソン
    16年成績:67試 5勝4敗 防1.71

    ヘーゲンズ
    16年成績:50試 7勝5敗 防2.92

    デラバー
    16年成績:2試 0勝0敗 防0.00

    <野手>
    ルナ
    16年成績:67試 率.272 本5 点34
    ☆中日から加入

    プライディ
    16年成績:一軍出場なし



    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00102879-baseballk-base

     広島の新外国人選手のライアン・ブレイシア投手(29)=アスレチック参加3A=が25日、広島市内の球団事務所で入団会見に臨んだ。

     最速159キロの本格派右腕で、スライダー、ツーシーム、チェンジアップを操る。カープのユニホームを着ることについて「強いチームに入れたことに、とても興奮している。今年は相手が対策を立ててくると思うが、ベストを尽くして戦っていきたい」と力を込めた。

     メジャー通算は7試合の登板ながら、マイナーでは通算314試合に登板。昨季は46試合すべてに中継ぎ登板した。10・4と高い奪三振率を誇り、チームではセットアッパー候補の1人だ。自身の武器は「闘争心」と即答し、どんな状況でも「アグレッシブに投げていきたい」と意気込んだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170125-00000037-dal-base

     広島は18日、ライアン・ブレイシア投手の獲得を発表した。年俸は約5600万円(推定)で、背番号は「70」に決まっている。

     近年は特に“当たり助っ人”を引くことが多い印象の広島。こと投手に関してはその印象が強く、広島が獲得してきたというだけで「きっと良い選手なのでは...」と思う人も少なくないことだろう。



     たとえば今や先発陣の柱として君臨するクリス・ジョンソン。この左腕も、入団時の年俸は7000万円だった。

     それでも3月28日のヤクルト戦で来日初勝利をマークすると、その後も順調に白星を重ねて14勝(7敗)をマーク。防御率は1.85を叩き出し、1年目から最優秀防御率のタイトルも活躍した。

     2年目の今季も前年を上回る15勝をマークし、防御率は2.15を記録。来日2年間で29勝を挙げ、通算防御率は1.99という大活躍を見せている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00098926-baseballk-base

    広島・今村猛投手(25)が来季からブルペンのキャプテンを務めることが11日までに決まった。今季の中崎から引き継ぐ。この日、福山市内のショッピングモール「天満屋ストアポートプラザ福山店」で行われたトークショーに参加した右腕は「若い投手が多い。困っているときに言葉をかけてあげたい」と決意表明。ブルペンをまとめ上げ、リーグ連覇に導く覚悟を示した。

     強固なブルペン陣を作っていく-。今村が、その思いをはっきりと言葉に変えた。「年齢の割には後輩がたくさんいる。勝たないと面白くない。僕がわかることでよければ、それを伝えていきたい」。8年目、そして26歳になる来季。強い自覚がある。

     今季は中崎が務めたブルペンのキャプテンを引き継ぐ。だが、気負いなどない。プロ2年目の11年途中からリリーフを務め、成功と失敗を繰り返しながら成長してきた右腕はこれまでも、後輩たちに試合前の過ごし方や登板に向けての気持ちの作り方など数多くの助言を送ってきた。

     2軍で先発を務めながら、8月に昇格してからは中継ぎとなった薮田には登板時の心得を説いた。「『腹をくくった者勝ちだ』と言ってもらいました」と背番号23。抑えて当然と思われる難しいポジション。短い言葉で、重圧をはねのけるために必要なことを伝えた。

     「若い投手が多い。聞かれたことに対して答えるのも大事だけど、困っているときに言葉をかけてあげたい。誰が出てきても活躍できる状況になれば、強いチームでいられる」。寡黙なイメージがあるかもしれない。だが心の底にあるのは、熱い思い。「勝ちたいという気持ちがありますから」。積極的にコミュニケーションをとりながら、救援陣の底上げを図り、強く束ねていく。

     ジャクソンと並び、チーム最多の67試合に登板した。12月中は肩などの疲労回復を最優先にしながら、有酸素運動や筋力トレーニングに取り組む。キャッチボールの再開は1月に入ってから。焦らず、来季の戦いに向けて準備を進める。

     25年ぶりの優勝は、チーム一丸でつかみ取ったもの。もちろん、リリーフ陣の奮闘なくして語ることはできない。来季、選手全員の思いはリーグ連覇と日本一。「登板前の雰囲気は良かった。一体感があったし、それを続けていきたい」。ブルペンのリーダーとして、今村が投手陣を支えていく。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00000017-dal-base

     広島は18日、ブレイディン・ヘーゲンズ投手(27)と年俸7700万円で来季の契約を結んだと発表した

     中継ぎ、先発でチームを支えた右腕は球団を通じ「来シーズンも広島でプレーする機会をいただけてとてもうれしいです。来シーズンの目標は、チームの勝利に大きく貢献することと、チームが必要としてくれる役割の中でクオリティーの高い投球をすることです。カープファンのみなさん、私はまた広島でプレーできること、またたくさんの応援とともに球場が真っ赤に染まるところを見られることを楽しみにしています。再びセントラル・リーグ優勝に貢献し、チームメートと一緒に日本一を目指していきたいと思います。Go Carp!」とコメントした。(金額は推定)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161118-01739970-nksports-base

     外国人選手の活躍なしに25年ぶりの優勝は果たせなかったのは間違いない。ハイレベルの助っ人が揃い、外国人枠の争いも熾烈だった広島。中でもMVP級の活躍を見せたのがクリス・ジョンソン投手だった

     来日2年目の左腕は1年目の14勝を上回る15勝を挙げ、防御率2.15と抜群の安定感を誇った。勝ち星、防御率はいずれも2位でタイトルこそ逃したが、先発した26試合のうち、24試合でクオリティースタート(6回以上投げて、自責点3以下)を達成。QS率92パセーンはリーグトップの数字で、外国人では1964年のバッキー(阪神)以来、52年ぶりとなる沢村賞を受賞した。

     投手では共に来日1年目のジェイ・ジャクソン、ブレイディン・ヘーゲンズも獅子奮迅の活躍。ジャクソンは8回を投げるセットアッパーとして67試合に登板。球団の最多ホールド記録となる37ホールドをマークした。ヘーゲンズも当初は中継ぎとして、勝利の方程式の一角を務めたが、先発の駒不足となった8月以降に先発に転向。50試合に登板し7勝、防御率も2.92と大活躍だった。

     一方、投手で3枠を占めたため、打者は長打力のブラッド・エルドレッドと勝負強いエクトル・ルナのどちらかを起用する形に。来日5年目のエルドレッドは95試合の出場で21本塁打。日本シリーズでも3本塁打を放つなど、結果を残したが、来日4年目、中日から移籍1年目のルナは67試合で5本塁打34打点とやや物足りない成績に終わった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161117-00010000-fullcount-base

    このページのトップヘ