広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ヘロニモ・フランスア

     広島の新助っ人・カイル・レグナルト投手(30)とケーシー・ローレンス投手(31)が25日、マツダスタジアムで入団会見に臨み、今季の抱負を語った。



     新外国人レグナルトとローレンスが加入し、広島の助っ人は野手2人、投手5人の計7人態勢となった。今季も1軍の外国人4枠は「野手1、投手3」が有力。日本人選手と同じように、助っ人の競争も激しく、野手は昨季1軍で25本塁打を放ったバティスタ、2軍で三冠王に輝いたメヒアの一騎打ちとなる。

     投手は5人で3枠を争う。来日5年目を迎えるジョンソンは1軍が決定的だ。16年に沢村賞に輝くなど実績は十分。昨季も11勝を挙げ、佐々岡投手コーチは先発ローテ入りを明言している。フランスアも当確だろう。昨年はシーズン途中からブルペンの救世主的な活躍を見せ、3連覇に大きく貢献した。今季もセットアッパーとして重宝されそうだ。

     残り1枠を巡ってレグナルト、ローレンス、ヘルウェグが火花を散らす。球団関係者によると、新外国人2人は基本的に先発要員。見通しが立てば1軍枠を有効活用するため、登録と抹消を繰り返す起用法も選択肢にあるようだ。そうすれば、昨季終盤に存在価値を高めたヘルウェグの1軍登板が可能となる。

     新助っ人2人は気合十分だ。アメリカでは主にリリーフだったという左腕レグナルトはオフ期間もキャッチボールを続け、「先発を視野に入れて過ごしてきた」と力を込めた。昨季エンゼルス大谷を無安打に封じた右腕ローレンスも「日本のキャンプに合わせて、例年より早く調整を始めた」と新天地にかける覚悟を口にしていた。

     143試合、長丁場のペナントレース。打線の状態次第では「野手2、投手2」のケースも考えられる。選手の調子やコンディションを見極めて、助っ人の力を最大限に生かすことができるか、首脳陣の腕の見せ所だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00000153-dal-base

     広島のサビエル・バティスタ外野手(27)、アレハンドロ・メヒア内野手(25)、ヘロニモ・フランスア投手(25)が27日、来日した。バティスタは「あっという間のオフだった」と振り返り、巨人から長野が新加入したことに「長野さんはたくさん経験をしているので、いろいろ聞いてみたい」と弟子入りを志願。メヒアも「長野さんは野球のことをたくさん知っている。チャレンジしたいです」と力を込めた。

     昨季セットアッパーとして3連覇に貢献したフランスアも「スタミナは回復したよ」と笑顔で話した。

     バティスタは昨季99試合の出場で打率・242,25本塁打、55打点。メヒアは22試合の出場で打率・268、3本塁打、7打点。フランスアは47試合の登板で3勝4敗1セーブ19ホールド、防御率1・66だった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00000036-dal-base

    <ニッカンスポーツ・コム/2019年担当記者イチオシ選手:広島編>

    二度あることは三度ある!? 3連覇の広島ではアカデミー出身のドミニカ人選手のブレークが続いている。



    一昨年はバティスタ、昨年はフランスアが台頭した。迎える2019年、彼らに続くのはアレハンドロ・メヒア内野手(25)しかいない。

    メヒアはバティスタと同じ15年秋に来日し、16年に育成契約を結び、17年に支配下選手登録された。一気にレギュラー格となった同僚を横目に、2軍を主戦場としてきた。ただ2軍では今季、最高出塁率を含め、打撃4冠。ブレークのきっかけをつかんだ。

    課題はメンタル強化にある。1軍で出場機会を増やした18年終盤、緒方監督も東出打撃コーチも「今、チームで一番振れている」と口をそろえ評価していた。だが、試合では気持ちもバットも空回り。結果を求める思いと焦りからか、練習のような打撃ができず、結果も残せなかった。

    1軍登録されているドミニカ人選手でただ1人、日本に残り、今秋キャンプに参加。外野に挑戦する意欲も見せた。すでに広島には7人の外国人選手が在籍。4枠の外国人争いは激しいが、2年間プレーして積み重ねてきた経験と自信で課題を克服し、風穴を空けたい。狙うは3年連続のドミニカン大ブレーク。「来年は今年よりもっと打ちたい。やれる自信はあるよ」。誰よりも、メヒアが3年目の正直を信じている。【広島担当 前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00426011-nksports-base

     2018年のセ・リーグは、広島が球団史上初の3連覇を独走で成し遂げた。巨人に移籍した丸と、4番の鈴木が打線をリードし、投手陣では大瀬良が自己最多の15勝で最多勝に輝いたが、ドミニカ共和国のカープアカデミーから来日したバティスタとフランスアも不可欠の戦力として大きく貢献した。貴重な才能の原石を送り込むアカデミーの秘密とは? 2人が対談でその一端を明かした。

     ―フランスアは8月にプロ野球記録の月間18登板

     フランスア(以下フ)「記録も作れてモチベーションも上がった。すごくうれしい」

     ―バティスタは自己最多の25本塁打だ

     バティスタ(以下バ)「去年に比べて日本の攻め方をちょっと覚えた。ミートポイントも良くなったね」

     ―カープアカデミーに入った経緯は

     フ「社会人チームの一員としてカープアカデミーと対戦したんだ。その時にアカデミーの人が、テストを受けたらと言ってくれた」

     バ「カブスのアカデミーにいた14年にカープアカデミーのテストを受けた。でも、体ができていなくて、落ちた。翌年にスカウトから連絡があって、チェックしてもらったんだ。正式なアカデミー生になるまでは、さらに半年ぐらいかかったけど」

     フ「僕も最初の3か月はテスト生扱いのまま。いつ契約してもらえるか分からなかった。時間がかかって精神的にきつく、辞めたいと思うこともあったよ」

     バ「我慢できずに逃げ出す仲間もいた。『家に忘れ物を取りに行きます』と。でも帰ってこない(笑い)」

     ―練習は

     フ「向こうの練習もきついけど、日本に比べたら楽。ただ、途中休憩がないのがつらかった。アップ、キャッチボール、ランニングと、休む間もなく次々とメニューをやるから」

     バ「だいたい午前10時前後から練習を始めて、午後1~2時ぐらいまでかな」

     ―練習後は

     フ「用事があるならいいけど、遊びに行くための外出は禁止されている。コンビニ、買い物に行きたいなら、許可書を出さないといけない」

     バ「僕はアカデミーの近くに実家があったから、たまに帰っていたけど」

     ―日本語の勉強は

     バ「ちょっとだけ向こうで勉強した。日本から留学している大学生が毎年来る。大体、週に2、3回。でも、僕は日本に来てから本格的に勉強し始めた」

     ―日本での苦労は

     フ「日本の練習がきついイメージはあったから、大丈夫だった。困ったのはゴハン。今でも苦手が多い。うどんが駄目なんだ」

     バ「僕はやっぱり練習がきつかった。日本に来て初めて、1時間連続でマシンを打つのをやった。キャンプの時は琢朗さん(石井打撃コーチ=現ヤクルト)が1日1000スイングをノルマにして。手がマメだらけになったよ」

     ―日本の他球団にもカープアカデミー出身者がいる

     フ「巨人のメルセデスとは一緒に練習していたし、一生懸命やっていたのも知っている。だからうれしい。これからもどんどん仲間が来日したらいいね」

     バ「もっとうれしいのは同じ広島でやること。向こうで頑張っている中にはもっといい選手がいるし、どんどん引っ張ってほしいね」

     ―将来の夢は

     バ「日本でプレーし続けること。こっちでずっとプレーしたい」

     フ「今はここで活躍することを目指している。でも米球団が自分を評価してくれて、カープも許すなら分からない。自分がコントロールできることじゃないし、まずはこっちで頑張るよ」

     ◆ドミニカ共和国カープアカデミー 外国人選手の発掘、育成のために広島が約6億円の資金を投じ、1990年11月に開校。首都のサントドミンゴから東へ約80キロ離れたサンペドロ・デ・マリコス郊外にある。グラウンド3面、ブルペン、室内練習場、夜間練習室、クラブハウス、食堂、娯楽室などが完備された選手寮を併設。一時は運営費の圧縮から投手育成だけに絞った時期もあったが、2012年から再び強化に着手。14年の改修工事を経て現在は契約選手5人、練習生15人が在籍する。主なOBは95年に15勝を挙げたチェコ、96~97年に在籍し、米大リーグ・ヤンキースなどでも活躍したソリアーノら。長身で手足が長く、身体能力に優れた選手を重視。真面目に練習に打ち込めるかなどの性格面も考慮し、契約を判断する。

     ◆サビエル・バティスタ(Xavier・Batista)1992年1月18日、ドミニカ共和国生まれ。26歳。サンタルシア中高から米カブスのマイナーチームを経て、2015年カープアカデミー入り。16年3月に広島の育成選手となり、昨年6月に支配下契約を結んだ。昨年12月にチャベリ夫人と結婚し、今年8月21日に長女が誕生。2年目の今季は99試合で打率2割4分2厘、25本塁打、55打点。189センチ、107キロ。右投右打。

     ◆ヘロニモ・フランスア(Geronimo Franzua)1993年9月25日、ドミニカ共和国生まれ。25歳。セナペック高から米アストロズのマイナーチームを経て、2014年からカープアカデミー練習生。16年に四国ILの高知に派遣され、14試合に登板した。今年3月に広島と育成契約を結び、5月に支配下登録。8月に2リーグ制下の日本記録に並ぶ月間18試合登板を果たした。47試合で3勝4敗1セーブ、19ホールド、防御率1・66。186センチ、110キロ。左投左打。既婚。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00000210-sph-base

     広島は投手陣の整備がリーグ4連覇の鍵となりそうだ。今季のチーム防御率は4・12。規定投球回数に達した投手も大瀬良とジョンソン2人だけだった。今オフは不動の3番・丸、代打の切り札・新井が抜けただけに、緒方監督が就任以来、掲げる「投手を中心とした守り勝つ野球」を取り戻したいところだ。

     首脳陣の評価が高いのが、来季3年目を迎える床田だ。プロ1年目の17年にプロ初勝利を挙げたが、同年7月に左肘のじん帯を再建手術。長いリハビリ期間を乗り越え、今年8月に実戦復帰すると、ファームで8試合に登板し、1勝1敗、防御率2・25と復活の兆しを見せた。ポストシーズンでも1軍戦力に名前が挙がったが、球団は完治を最優先。ここまで経過は良好で、ジョンソンに続く左腕として開幕ローテ入りに期待が集まっている。

     復活が期待されるのは薮田だ。今季はまさかの2勝。昨季は最高勝率のタイトルを獲得するなどリーグ連覇に貢献しただけに、巻き返しを期す来季は勝負の1年となる。佐々岡投手コーチは先発ローテについて大瀬良とジョンソン以外を白紙と断言。3番手以降は野村、九里、岡田の名前が続くが、薮田が17年の輝きを取り戻すことができれば先発争いは一気に激しさを増す。

     若手の成長も欠かせない。今季は昨季まで1軍登板がなかったアドゥワとフランスアが台頭。緒方監督がリーグ3連覇の立役者として名前を挙げるほどの活躍だった。来季2年目を迎える山口や平岡、加藤から登録名を変更した矢崎、さらにドラフト2位島内(九州共立大)などがブレークを狙っている。今オフ、チームはジョンソン、ローレンスと2人の助っ人投手を獲得した。かつてのような投手王国復活へ、2月のキャンプはブルペンに火花が散りそうだ。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00000045-dal-base

     ソフトバンクが2年連続の日本一に輝き、幕を閉じた2018年のプロ野球。各球団の秋季キャンプも終わり、球界はすっかりシーズンオフとなった。各球団が来季に向けた戦力編成を進め、入退団の情報や噂が球界を飛び交っている。



     各球団の助っ人についても、徐々に動きが出始めている。セ・リーグ王者の広島ではエルドレッド、ジャクソン、カンポス、巨人ではカミネロ、マギーの退団が決定。パ・リーグでも、日本ハムのアルシア、ロッテのオルモス、シェッパーズ、ドミンゲス、楽天のアマダー、ペゲーロ、ディクソンらが、来季は新天地に戦いの場を求める。その一方で、広島はカイル・レグナルト投手、巨人はクリスチャン・ビヤエヌバ内野手、ロッテはケニス・バルガス内野手らなど、新助っ人の入団が続々を発表されている。

     今季もNPBでは期待以上の活躍をした助っ人、期待には添えなかった助っ人と、様々だった。彼らの成績が直接成績に反映されたチームもあれば、影響が少なかったチームもあるが、ここでは当初の期待、そして年俸によるコストパフォーマンスを考慮した上で、今季のセパ両リーグのベスト助っ人、ワースト助っ人を独自に選定してみたい。(金額は全て推定)

    【セ・リーグ】
    ○ベスト
    DeNA ネフタリ・ソト(3500万円)
    107試合416打数129安打41本塁打95打点 打率.310

    ○ワースト
    阪神 ウィリン・ロサリオ(3億4000万円)
    75試合281打数68安打8本塁打40打点 打率.242

     セ・リーグは今季、助っ人選手の活躍が目立った。その中でも働きが際立ったのは、リーグ3連覇を果たした広島のヘロニモ・フランスア投手、中日のオネルキ・ガルシア投手、ダヤン・ビシエド内野手、そしてDeNAのネフタリ・ソト内野手だろう。

     フランスアはわずか年俸880万円だったにも関わらず、シーズン途中からセットアッパーとして不可欠な存在に。47試合で防御率1.66と圧巻の成績を残し、広島の3連覇に大きく貢献した。中日のガルシアは今季チームトップの13勝をマークし、ビシエドは首位打者に輝いた。DeNAのソトはシーズン序盤を2軍で過ごしたにもかかわらず、41本塁打を放って初タイトルを獲得した。この4選手の貢献度は甲乙つけがたいが、年俸4000万円、107試合で41本塁打を放ったソトをベスト助っ人に推したい。

     一方、年俸1億円以上の高額契約ながら活躍できなかった選手もいた。阪神では年俸3億4000万円と鳴り物入りで入団したウィリン・ロサリオ内野手がわずか8本塁打に終わり、同1億9000万円のマルコス・マテオ投手も不振。中日のディロン・ジー投手は血行障害のため、開幕後すぐに離脱した。巨人ではアルキメデス・カミネロ投手(同2億2000万円)が故障などで奮わず、中日から移籍したアレックス・ゲレーロ外野手(同4億円)は15本塁打に終わった。

     この中でセ・リーグのワースト助っ人は、やはり最下位に終わった阪神のロサリオだろうか。年俸3億4000万円という期待の大きさに対して、75試合で打率.242、8本塁打、40打点は、あまりにも物足りない数字だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00260142-fullcount-base

     広島・中崎翔太投手(26)が21日、来季目標にセーブ王奪取を掲げた。9月戦線まで無敗を誇りながら、リーグ3連覇決定後の失速を反省。日本シリーズで屈したソフトバンク投手陣との彼我の差も痛感し、初タイトルにあえて言及することでレベルアップを図る構えだ。胸中に抱く先発願望は封印。力強さと安定感を求め、オフは徹底的に鍛え抜く。

     20日に打ち上げた大分・湯布院での5日間にわたるリハビリキャンプ。「投手と野手が一緒に行動し、いろんな話が聞けるのはすごくいいこと。それを若手に伝えるのも大事」とし、1年の疲れを取る充電期間に満足感をにじませた。

     登板68試合で4勝2敗32セーブの成績を残し、リーグ3連覇に貢献した今季。戦線離脱が一度もなく、シーズン通して守護神の座を譲らなかった“奮投”は特筆ものだ。それでも本人は、2年連続で1点台だった防御率が2・71と悪化しただけに、首を横に振る。

     「数字的によくはない。もう少しよくできたし、よくしないといけないところが見えたシーズンでした」

     3連覇決定後の9月30日、巨人戦が痛恨だった。7回3失点に抑えて16勝目の権利を得た大瀬良から、一岡を挟んで9回のマウンドに上がったものの、サヨナラ負けを喫した。自身66試合目に付いた今季初黒星。ダメージは小さくなかった。

     「ふがいない。力の無さと意識の問題。優勝が決まり、気持ちが切れたのかも。あれが全て。必死に耐えてきたという思いがあった中で、あの1試合で全部が崩れました…」

     ソフトバンクに屈した日本シリーズでも大きな刺激を受けた。守護神・森の投球に「最後もあれだけの投球ができる。能力や意識が一枚も二枚も上」と痛感。「超えたい」という意欲が新たに湧き起こり、ワンランク上を目指して禁を解いた。

     「タイトルを目標にしてもいいかな…と思う。今までは言わなかったけど、口にすることで意識が変わることもあると思う。何かを変えないといけない」

     胸中に抱く先発願望は「そういうことを言える状況じゃない」と封印。オフは力強い投球と安定感を追求し、目指すはセーブ王だ。「シーズン通して信頼される投手にならないと」。失敗を、成功へのエネルギーに変える守護神。初タイトルを手中に収めれば、リーグ4連覇がグッと近づくのは間違いない。(江尾 卓也)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-00000072-spnannex-base

     球団史上初セ・リーグ3連覇を果たした2018年の広島。シーズン序盤から首位に駆け上がると、そのまま一度も他球団にトップの座を明け渡すことなく、そのままゴールテープを切った。82勝59敗2分の貯金23。2位ヤクルトに7ゲーム差をつける貫禄のV3だった。



     昨季は苦汁を嘗めさせられたクライマックスシリーズでも、3位から進出してきた巨人に圧巻の3連勝。労せずして日本シリーズに駒を進めた。だが、悲願の日本一を狙った日本シリーズでは、ソフトバンクの高く分厚い壁に跳ね返され、1勝4敗1分で涙。1984年から遠ざかっている日本一に、またしても手が届かなかった。

     今季、広島は8人の外国人選手を抱え、4つの外国人枠の中でやり繰りした。その中でも最も衝撃的な活躍を見せたのが、5月26日の中日戦で1軍初登板を飾ったフランスア投手だった。ドミニカカープアカデミー出身の25歳は今季、育成選手として入団。左腕から繰り出す150キロ台半ばの真っ直ぐは驚愕の威力を誇り、開幕からわずか2か月で支配下契約を勝ち取った。

     当初は先発で起用されたが、中継ぎに配置されると実力を存分に発揮。シーズン終盤には勝利の方程式に欠かせぬ存在となり、47試合に投げて3勝4敗1セーブ19ホールドをマーク。防御率1.66も圧巻の成績だが、何より凄かったのは、65イニングで81三振を記録した奪三振率の高さ。広島の3連覇は年俸880万円(推定)の25歳なくしては語れないだろう。

     来日4年目となったジョンソンは2年ぶりの2桁勝利となる11勝を挙げ、健在ぶりを証明。途中加入のヘルウェグは制球に難があるものの、160キロに迫るストレートは威力十分だった。バティスタは自己最多となる25本塁打をマーク。まだまだ荒削りで、守備面の不安も残るものの、破壊力抜群のパワーはやはり魅力だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00250557-fullcount-base

     「広島秋季キャンプ」(11日、日南)

     広島の秋季キャンプが11日、宮崎県日南市の天福球場でスタートした。ドミニカ共和国カープアカデミー出身で広島の練習生、スマイリン・モンティージャ投手(23)はブルペンで60球を投げた。192センチの長身から放たれる直球は威力十分。“第2のフランスア”になれる可能性を示した。



     緒方監督が見つめる中、ドミニカンは目いっぱい腕を振った。「ちょっと球が弱かったね。普段はもっと球速が出ているんだけど」。この日の最速は148キロ。それでも悔しそうな表情を見せた。

     昨秋に初来日。今年は練習生として2軍などの練習に参加した。当初は球に力はあるものの制球はバラバラ。フィールディングも全くできなかった。日本で成功するためコーチの助言を聞き、ひたむきに汗を流してきた。

     「左投手であれだけ速い球を投げられる投手はなかなかいない。磨けばダイヤになる」と佐々岡投手コーチ。成長曲線は上昇カーブを描き、総合力は格段に上がった。無限の可能性に首脳陣は期待している。

     フランスアは今季、育成選手から支配下選手となりリーグ3連覇の立役者になった。「僕も彼の後に続いていけるように頑張りたい」。モンティージャは力を込めた。13日には実戦形式の練習に登板する予定。剛球でジャパニーズドリームの道を切り開く。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000026-dal-base

    このページのトップヘ