広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ヘロニモ・フランスア

     「広島3-2中日」(23日、マツダスタジアム)

     雨のなか、声援を送り続けたカープファンが歓喜に酔いしれた。九回、2死満塁。小窪がしぶとく右前に落とす、劇的なサヨナラ打。上昇気流に乗ったチームは、5連勝を飾った。



     4番・鈴木がコンディション不良でスタメンを外れ、打線の軸を欠いた一戦。同点の九回は連打、四球で2死満塁とつなぎ、ヒーローに打席が巡ってきた。「雨にもかかわらず応援してもらい、背中を押してもらっった」。執念の一打で決着をつけた。

     投手陣も踏ん張った。初先発のアドゥワは7回2失点と好投。初勝利こそならなかったが、先発として役割をしっかり果たした。八回はフランスワ、九回は中崎が無失点でつなぎ、勝利を呼び込んだ。

     「何とかみんなで我慢して勝った試合」と小窪。低迷していた1週間前がうそのように、一気の5連勝で借金を3まで減らした。小窪は「本当に背中を押してもらい、ありがとうございます!目の前の試合をがんばっていきます。熱いご声援、よろしくお願いします!」と、選手の思いを代弁。一丸で戦う広島らしさが戻ってきた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00000132-dal-base

     ○広島7―4DeNA●(21日・マツダスタジアム)

     上昇気流に乗った赤ヘル打線は、相手の付け焼き刃の戦術をものともしなかった。救援投手が先発して短いイニングを抑えて継投する「オープナー」戦術を粉砕した。

     救援で最速161キロを記録したDeNA先発右腕・国吉に対し、一回に先頭の田中広が「飛ばしてくると思っていた」と初球の直球を狙い打って中前に運び、猛攻の口火を切った。野間の二塁打などで1死二、三塁から4番・鈴木が左前に落とす先制適時打。さらに1死満塁でバティスタが右前適時打で続くなど、広島は5長短打などでこの回に4点を奪った。

     バティスタは二回に中前2点適時打、七回にも今季1号の左越えソロと3安打4打点の大活躍。昨季25本塁打を放ちながら、今季は前日まで打率1割台で本塁打なしと苦しんでいたが、この日は「スイングの始動を早くした」ことが奏功。加えて「暖かいと動きやすい」といい、温暖な母国・ドミニカ共和国には及ばないが、最高気温が26.7度まで上昇したこの日の広島市の気候も幸いしたようだ。同郷の通訳、クレートさんが今月末から妻の出産準備で長期帰国するため、カリブの強打者は「その前に打ててよかった」と笑う。

     チームは4連勝で単独5位に浮上。リーグ3連覇中の王者がいよいよ地力を発揮し始めた。【田中将隆】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000049-mai-base

    ■広島 7-4 DeNA(21日・マツダスタジアム)

     広島は21日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に7-4で勝利し、4連勝となった。初回から打線がつながり、4連打と押し出し四球で4点を先制し、2回にも2点を追加して6対0として試合の大勢が決した。先発のジョンソンが5回1失点で今季初勝利。リリーフ陣が終盤に失点したが、序盤の大量点で危なげない勝利だった。



     今季初の同一カード3連勝に、緒方監督は「週の最後にいいゲームをファンに見せることができてよかった」と喜んだ。指揮官が「野手陣が1回からいい攻撃をしてくれた」と評したように、今季初先発の国吉を初回から攻略した。1番の田中が初球をセンター前に運ぶと、1死後に野間、鈴木、西川、バティスタの4連打で先制点を奪い、試合の流れを一気に引き寄せた。

     今季初の中4日での先発となったジョンソンは、3回に3安打を集中されて1点を失い、4回にも無死から2四死球でピンチを作るなど、5回終了まで96球を要してマウンドを降りた。ジョンソンは「やっと勝てた、という感じ」と安堵した表情だったが、緒方監督は「ジョンソンはいい投球内容ではなかった。あんな投球内容だと、攻撃につながらなくなる」と苦言も呈した。

     それでも「白星が付いたので、また新たな気持ちでやってくれると思う」と左腕エースに期待し、「明日は試合がないので選手も休養を取れるし、来週からまた頑張りたい」と、チームの復調に手応えを感じているようだった。今季初の4連勝でチームは最下位脱出となったが、緒方監督は「ひとつ、ひとつやるだけです」と、いつもと変わらない姿勢を強調した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00352137-fullcount-base

     「広島7-4DeNA」(21日、マツダスタジアム)

     息を吹き返した王者・広島が今季初の4連勝をマーク。同率5位で並んでいた阪神がこの日敗れたため、最下位を脱出した。



     先発した国吉を攻め、1死二、三塁から鈴木が先制の左前適時打。さらに西川の左前打で1死満塁となると、バティスタが右前適時打を放った。さらに安部、石原が連続押し出し四球を選び、2点を追加した。

     先制適時打の鈴木は「チャンスだったので、先制点につながって良かった」と話した。バティスタは「打ったのはストレート。コースに逆らわずうまく捉えることができた」と振り返った。

     二回にも2死満塁からバティスタの2点適時打でリードを広げると、七回にはバティスタが今季1号となるソロを放った。先発のジョンソンは大量点に守られ、5回4安打1失点で、4試合目の先発で今季初勝利をマークした。

     DeNAは、ローテ順通りの京山ではなく、中継ぎの国吉を先発させる「オープナー」で臨んだが、この投手起用が裏目に出た。DeNAは今季初の5連敗を喫した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000114-dal-base

     どうすれば強いカープが帰ってくるのか――。広島は12日のDeNA戦(横浜)で相手先発の今永に1安打完封を許し、0―6で5連敗。3連覇王者が両リーグ最速で10敗目に到達した。緒方孝市監督(50)は不振の田中を8番に下げ、野間を1番に据えるなど大幅な打線改造を断行。だが、苦心の新打線は絶好調の左腕に手も足も出ず、頼みのエース大瀬良も6回9安打4失点と踏ん張れなかった。

     試合後も高ヘッドコーチが「完封された試合で光明はないよ」と苦笑したように、浮上のきっかけが依然としてつかめない。そんな苦しむ広島に辛口提言を放ったのが、テレビ解説のため横浜スタジアムを訪れていたOBの川口和久氏。「今のカープを見ていると、ベンチも選手も去年までの自分たちの野球をやり続ければ、いずれ勝ち始めると踏んでいるように映る。だから丸が抜けた穴が際立ってしまう」と指摘した。

     川口氏は巨人で2011年から一軍投手総合コーチを4年間務め、12年の日本一を含むリーグ3連覇を経験した。勝ち続ける難しさを知るからこそ、古巣が抱える不安も理解できる。「当初の優勝メンバーだって2、3年のうちに顔ぶれも力も変わる。これは身をもって感じたことだけど、首脳陣には勝ちながらもチームをつくり変える勇気が必要なんです。丸が抜けた以上、今年は投手陣がやらなきゃ。例えばリリーフ陣の再整備。僕なら今年はフランスアを抑えに固定する。きっと佐々岡コーチも考えているだろうけど、そうした思い切った配置転換や若手の抜てきをどんどん見たい」と話した。

     言葉が熱を帯びるのも古巣への愛情ゆえだ。開幕ダッシュには失敗したが、シーズンは始まったばかり。巻き返す時間はまだまだある。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190413-00000015-tospoweb-base

     広島のリーグ4連覇か、原巨人のV奪回か――。29日のセ・パ両リーグの同時開幕を前に、スポニチ評論家陣がセ・リーグを展望した。

     【東尾修氏 順位予想】広島と巨人で迷ったが、救援陣の差で広島がリーグ4連覇すると予想する。フランスア、中崎と勝利の方程式が確立する広島に対し、巨人は新外国人のクックが加入したが、7、8回を計算できる投手がいない。原監督が年間を通じてやりくりすることになる。巨人が優勝するためには、まずエースの菅野でしっかり勝ち星を重ねることだろう。

     広島は先発陣に不安があるが、オープン戦を見ていても、各打者の振りの強さは他5球団を圧倒している。2年連続MVPの丸が巨人移籍したプラスマイナスは生じるが、それでも得点力は巨人より上だとみている。

     ヤクルトは2年目の村上ら若手の成長力次第で優勝争いに絡む。DeNAは東が故障で出遅れており、新人の上茶谷と大貫でカバーしたい。阪神と中日は変革期。新監督の思い切った起用に期待だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00000112-spnannex-base

     「オープン戦、広島5-1日本ハム」(13日、マツダスタジアム)

     広島は助っ人勢がアピール合戦を繰り広げた。


     野手では5番起用のバティスタが2安打1打点。メヒアとの争いで、しっかり存在感を示した。

     投手陣はリリーフの3投手がそろって1回を無失点に抑えた。

     まずは昨季加入した変則右腕、ヘルウェグが六回から登板。2四球を与えて1死一、三塁のピンチを招いたが、近藤を三ゴロ併殺に仕留めた。

     八回からはフランスア。昨季大ブレークした左腕は安定感抜群で、浅間、谷口から2三振を奪って三者凡退。わずか10球で3つのアウトを奪った。

     九回は新助っ人左腕のレグナルトがマウンドへ上がった。150キロの速球、鋭く曲がるカーブなど緩急を駆使。谷内、石川、横尾から圧巻の3者連続見逃し三振を奪い、試合を締めくくった。

     助っ人投手陣は実績十分のジョンソン、新助っ人ローレンスも含めて5人体制。3枠を巡って、ハイレベルな争いとなっている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000104-dal-base

    このページのトップヘ