広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ヘロニモ・フランスア

    広島の佐々岡真司監督が、4日の阪神戦から抑え投手を日替わりで起用する方針を3日、明かした。  開幕から守護神を担ってきたスコットが、2日のヤクルト戦で村上にサヨナラ満塁弾を被弾。技術的にも精神的にも再調整させるため、この日、出場選手登録を抹消した。  「その日、その日でかわってくる。その2人を中心にやっていく」  勝利の方程式メンバーである菊池保とフランスアを、その日の状態などを見ながら九回に起用する構えだ。

    20200630-26300781-nksports-000-9-view



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/7c411dc410149f2c3734871b2a24de9993474431

    「練習試合、ソフトバンク4-5広島」(13日、ペイペイドーム)  広島の「勝利の方程式」が固まった。1点リードの七回は菊池保則投手(30)が登板し3人斬り。八回はヘロニモ・フランスア投手(26)が無失点で切り抜けると、九回はテイラー・スコット投手(28)が締めた。V奪還を目指して船出する20年シーズン。「KFS」が勝利のバトンをつないでいく。


    <練習試合:広島15-1阪神>◇10日◇マツダスタジアム
    広島の外国人枠争いの行方は持ち越しとなった。12日ソフトバンク戦までに外国人投手を3人に絞り込む。

    この日登板した当落線上のフランスア投手は1回2安打1失点3三振。D・ジョンソン投手は2安打無失点2三振と、判断が難しい結果になった。佐々岡監督は「悩ましい」と、11日阪神との練習試合で連投をテストして最終判断を下す。

    20200610-26101034-nksports-000-4-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/68fa7fe4bc38fea2f11ca6782ae9e23ebb9da6f1

    ◆広島紅白戦 白組7―2紅組(30日・マツダ)=特別ルール=

     広島が紅白戦を行い、開幕ローテーション入りが確実な床田とドラフト1位・森下が、ともに3回無失点と上々。4番の鈴木誠も7回無死一塁で左中間へ適時二塁打を放った。さらにメヒアが5回、DJ・ジョンソンから右越えへ2ラン。2試合連続アーチと猛アピール中だ。

     6月19日の開幕へ、外国人争いもし烈。現時点ではK・ジョンソンと抑え候補のスコットは当確のもようだ。残る2枠をめぐり、この日はリリーフのDJ・ジョンソンが1回2失点、フランスアも1回5失点と乱れた。29日にはピレラが来日1号。佐々岡監督は「4枠あれば(投手・野手の)3・1が2・2になるかもしれないし。メヒアも頑張ってるので。それは分かってます」とハイレベルな競争に期待していた。





    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/b8b046867b89185d3b5a8c666e56ce7b293c679d

    <広島紅白戦:紅組2-7白組>◇30日◇マツダスタジアム

    守護神候補の広島ヘロニモ・フランスア投手が1回5失点と課題を残した。同点の7回に登板。最速152キロとスピードが戻りつつある中で、1イニングで3本の長打を浴びるなど、不安材料を残した。


    佐々岡監督は「スピードが上がってきている中で、(直球で)ファウル、空振りが取れていない。それが戻らないと厳しい」と指摘した。同じく守護神の座を争うD・ジョンソンも1回2失点と乱調。スコットは1回を3者凡退。助っ人陣で明暗が分かれた。


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/22d317ddf41c4855956cccdf965a489337be0baf

    広島の外国人枠争いが再開した。シート打撃に残り2枠を争うスコット、D・ジョンソン、フランスアの中継ぎ外国人が登板した。いずれもピリッとせずにアピールは不発。週末の紅白戦と練習試合で開幕1軍生き残りをかける。



    佐々岡監督は「結果、内容はうーんという感じかな。誰かは(2軍に)落ちないといけない。紅白から対外試合で投げた中でどう結果が出るか」と助っ人にも結果を求める。


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/ac5acf014580be04594a2255259045d5c70a1db2

     広島は27日、マツダスタジアムでシート打撃を行い、ヘロモニ・フランスア投手(26)、テイラー・スコット投手(27)、DJ・ジョンソン投手(30)の外国人3投手がそろって登板した。3投手とも直球の最速は148キロだった。

     最初のマウンドに上がったDJ・ジョンソンは打者10人に3安打で、スコットは打者6人に対し許した安打は3本。フランスアは打者8人に4安打を浴びた。守護神争いを繰り広げる中、3投手とも抜群の内容とはいかなかった。

     攻撃陣は、西川がDJ・ジョンソンから右越えに一発を放ち、スタンドの鯉党から拍手が注がれた。また、堂林、三好が2安打をマークして存在感を示した。




    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/ef9ec4fe4eb490d7e8114ca99a10c3f055bbbba0

     広島の新外国人右腕DJ・ジョンソン(30)が日本のプロ野球からここ3年間、ラブコールを受けていたと明かし、「家族を養うために」日本を選んだと語った。17日、古巣ロッキーズの地元紙デンバー・ポスト(電子版)が報じた。

     「長年必死にやってきて、大リーガーになるという自分の夢はかなえた。今度は家族を養う番だ」。経済面の他にも優勝を目標に掲げると「昔から外国の野球を知りたかった。だから、いまは全てを受け入れ、文化の違いを愛し、良きチームメートとしてリスペクトされるように集中してやっている」と話した。

     ジョンソンは並の苦労人ではない。2010年、レイズとドラフト外の契約から4度の解雇か契約解除を経験。再契約のため、11、14年は独立リーグの舞台も踏み、メキシコリーグでも投げた。13年は大円筋筋の断裂で1年を棒に振った。オフはアルバイトにいそしみ、16年はオハイオ州の材木置き場で汗を流した。

     メジャー初昇格は18年、初のマイナー契約から9年目の29歳だった。メジャーでは昨季までの2年間、計35試合の救援で1勝2敗4ホールド、防御率4・88。「10年間試してきたチェンジアップを、日本でようやく手応えをつかんだ」と、広島の守護神を目指す。



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/9f928cfa67acb8841fa203ea63714b7891918ba8

     広島のヘロニモ・フランスア投手(26)が19日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で練習を行った。

     クレート通訳とキャッチボールを行っていたが、途中から佐々岡監督が通訳とバトンタッチ。指揮官と約30球キャッチボールを行い、その中で左腕は“佐々岡カーブ”を指南され何回か試した。

     フランスアは「(監督からは)カーブを投げてほしいと言われた。球種が全部速いから、遅い変化球があった方がいいのかもしれない」と説明。今後の実戦でカーブを試投していく考えを示した。

     また、開幕に向けて「アピールが増えるし、やる気はある。開幕が始まるまでに調子を戻したい」と意気込んだ。



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/503040183ece951b23aada9956a994a9bd6f5d8c

     広島のヘロニモ・フランスア投手(26)が11日、本拠地で投手の分離練習に参加。春先から取り組む下半身強化のため、佐々岡監督直々のノックを15分間にわたって受けた。助っ人左腕には、広島OBでスポニチ本紙評論家の大野豊氏(64)が3カ条の金言を既に伝授。防御率1点台を誇り、リーグ3連覇に貢献した18年の輝きを取り戻す。

     午前中に本拠地であった投手練習。他の面々とマウンド上でノックを受け終えたフランスアは、サードに移って指揮官が打つゴロを15分間にわたって1人で追った。課題解消へ、春先から一貫して取り組むメニューだ。

     「下半身を強化している。投手には下半身が大事。強くすれば速い球が投げられる。いい投手になりたい」

     守護神候補に挙げられながら、今春オープン戦は登板2試合で防御率4・50。3月24日にあった中日との練習試合でも1点優勢の8回に救援登板して逆転され、翌25日に2軍再調整が決まった。DJと同様に、現在は1軍練習に参加中の身だ。

     左腕のそんな惨状を憂慮し、救いの手を差し伸べたのが大野豊氏だ。佐々岡監督を通じ(1)右足を上げ過ぎず、体を水平にマウンドの傾斜をうまく使う(2)右膝に意識を置き、体の開きを抑える(3)左肘が下がらないよう投球時にL字を意識する…の金言を伝授。フランスアは感謝しきりだ。

     「いい時(の状態)に戻るために、オオノさんが助けてくれた。いいアドバイス。今も守っているよ」

     以来、投球練習を控える中で筋力トレやランニング、ノックなどで下半身を徹底強化。5月1日の投球再開後も継続する。佐々岡監督は「今年は以前に増して球が走らず、本人も考えるところがあったと思う。今もトレーナーが付いて強化している」と語った。

     いまだ記憶に鮮烈なフランスアの18年。力で打者をねじ伏せ、救世主的な働きで3連覇に貢献した。土台再強化で復調へ。実現すればV奪回が見える。(江尾 卓也)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200512-00000005-spnannex-base

    このページのトップヘ