広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メジャー

    「ニンジャ(忍者)」の異名をとる広島の菊池涼介(29)の米球団との交渉が解禁になった。

     3日、広島の鈴木球団本部長がポスティングの手続きが完了したことを明らかにした。これにより譲渡金を払う意思のあるメジャー球団は、菊池サイドと自由に交渉できる。

     菊池の最大の武器は二塁手としての守り。異名が示す通り、ときにアクロバチックな動きでピンチを救う。打撃面はパンチ力不足という評価も、2013年から7年連続でゴールデングラブ賞を受賞した守備力はメジャースカウトたちの間でも折り紙付き。米メディアによればナショナルズ、アスレチックス、ダイヤモンドバックスなどが興味を持っているといわれるが、メジャーでは守備職人にとっての壁が存在するという。

    「シフトですよ」と西海岸球団のスカウトがこう続ける。

    「データ野球が全球団に浸透。特に内野はほとんどの球団が打者によって極端なシフトを敷いています。例えば左打者の場合は一、二塁間を3人で守るのが当たり前になっている。二塁手は以前ほど広い守備範囲を要求されないし、むしろ打撃優先の起用が目立つようになったのです。今オフは23本塁打のスコープ(28=ツインズからFA)や22本塁打のカストロ(29=マーリンズからFA)といった強打の選手が目玉です」

     菊池には逆風が吹いているというのだが。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00000027-nkgendai-base

     昨季まで広島でプレーしたジェイ・ジャクソン投手は今季、4年ぶりのメジャー復帰を果たした。ブルワーズとマイナー契約を結ぶと、3Aで結果を残して4月に昇格。その後、マイナー再降格も経験したが、最終的には28試合登板で防御率4.45の成績をマークし、メジャー初勝利も記録した。



     今も“広島愛”を忘れない右腕について、米メディアは「バーゲン価格」で獲得できるFA選手と評価。ダイヤモンドバックスからFAとなった平野佳寿投手とともに、CBSスポーツの「このオフシーズンにバーゲン価格で契約を結ぶかもしれない10人のフリーエージェント」のリストに入った。

     特集で名前が挙がっているのは、実際の価値より安く(バーゲン価格で)契約できそうな10選手。同メディアのトップ50FAランキングに入ってないことが条件となっている。

     ジャクソンは今季、防御率4.45という成績に加えて、WHIP(1イニングあたりの四球+安打)1.319、投球回数30回1/3、18四球、47奪三振という成績をマーク。CBSスポーツはこれらの成績を紹介した上で「ジェイ・ジャクソンはキャリアのほとんどをマイナーリーグ、または海外で過ごしてきた為、この中で最も知られていないプレーヤーだろう」と言及している。

     制球力については「平均以下」としつつも、「彼はスライダーで右打者を空振り三振に仕留めることができる。速球は90マイル(95マイル=約153キロ)半ばでよいスピンがかかっている」と長所も指摘。そして「彼との契約はかなり安い金額でできるだろう。彼は、メジャーリーグで34イニングしか投げていない。彼は細かく管理された使用法で、多くの右打者に対して活躍できるはずだ」とレポートしている。右打者に強い使い勝手のいい救援投手として、まさに「バーゲン価格」で獲得できるというのだ。

     元巨人のマイコラス(カージナルス)や元日本ハムのマーティン(ブレーブス)ら、NPBを経由してメジャーでブレークする選手は近年増えている。“ジャクソンスマイル”で広島ファンを魅了した剛腕が今後、花を咲かせる可能性も十分にある。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00620595-fullcount-base

     海の向こうで「マエケン」こと、ドジャースの前田健太(31)がモテまくっている。

     カナダのスポーツ専門テレビ局TSN(電子版)は27日、今オフにブルージェイズがトレードで狙う10選手を特集。その中に前田が含まれているのだ。

     前田はこのオフ、レッドソックスとのトレード話でも、その名前が候補に挙がっていた。昨季MVPを獲得したRソックスのムーキー・ベッツ外野手(27)が放出された場合の交換要員として浮上したのだ。

     前田がトレード要員としてもてはやされている最大の理由は、年俸が格安だからだ。

     ドジャースとは2016年から8年契約を結んでいて、基本給は約3億3000万円。これに最大で年間約11億2000万円の出来高がつく。37試合に登板して10勝8敗3セーブ、防御率4・04の今季は年俸と出来高を合わせて約9億2400万円を手に入れることになる。

     つまり稼ぎの大半は活躍すればするほどカネになる出来高払い。球団にとっては大金をドブに捨てるリスクを回避できるばかりか、先発もリリーフもこなせる前田は実に貴重な選手なのだ。

     昨今のメジャーでは費用対効果の悪い選手は敬遠されるし、ファンやメディアからも激しくたたかれる。前田が格安の基本給でドジャース入りした際、メジャーの選手会はフェアな契約ではないとかみついたが、選手は評価されてナンボ。ドジャースもコストパフォーマンスが抜群の前田を簡単に手放すはずはないし、引く手あまたの現状を考えれば、出来高を厚くした契約は正解かもしれない。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-00000008-nkgendai-base

     赤ヘルの“忍者”はどこへ――。広島・菊池涼介内野手(29)の“意味深発言”が注目されている。球団は本人の意向を受け、すでにポスティングシステムを利用したメジャー挑戦の手続きに着手しており、週明けにも“争奪戦”がスタートする見込みなのだが、28日に都内で行われたゴールデン・グラブ賞の表彰式に出席した際、菊池涼が東京五輪への出場意欲を示したのだ。その真意とは…。

     球界の守備職人たちが集う表彰式の壇上でも、もはや“常連”の貫禄があった。7年連続7度目の受賞となった菊池涼は「うれしいです。この賞が欲しいと思って1年間頑張っていますから」と白い歯をのぞかせた。ただ質問がメジャー挑戦の話題に及ぶと「まだ何も始まっていないですから」と苦笑い。「球団も理解してやってくれていますが、まだそこまでしか言えないですね」と慎重に言葉を選んだ。

     広島は従来、ポスティングによるメジャー挑戦には寛容な立場。菊池涼についても「チャレンジを尊重したい」(鈴木球団本部長)と理解を示し、米大リーグ機構(MLB)側への手続きはこの日までに済ませた。今週末は米国内が感謝祭ウイークで連休中のためか、まだ広島側に受理の回答はないというが、今後はMLBサイドが公示次第、メジャー球団による30日間の交渉期間がスタートとなる。

     昨オフの契約更改の席で「野球をやっている以上はトップのレベルでやってみたい」と抱いていた思いを口にしてから1年。いよいよ夢に向かって歩き出す菊池涼だが、二塁専門の守備職人がどれだけMLB内で評価を得るかは微妙なところだ。本人は「どこでもいいという思いはあります」としたが、ではメジャー契約のオファーが届かなかった場合はどんな決断を下すのか…。

     そんな菊池涼はこの日、東京五輪出場への強い意欲も示した。初優勝した国際大会「プレミア12」に侍ジャパンの一員として参加した経験の意義を振り返りつつ「稲葉監督も言っていますが、世界一になったとはいっても、それはそれ、これはこれとして、来年大事な戦いがある。それは心に留めておかないといけない」と前を向いた。

     この発言は何を意味しているのか。もちろん、メジャー挑戦をあきらめて東京五輪を目指すという意味ではない。ただ、メジャー移籍がかなった場合、1年目での五輪出場は極めて難しいが、マイナー契約ならば五輪の米国代表選手がマイナー選手中心に選出されるように、五輪出場の可能性はぐっと高くなる。メジャー昇格を目指しながら“ダメなら五輪”が可能なのだ。

     広島としては本人が望む条件での移籍がまとまらなかった場合、残留も容認の構えだが…。菊池涼の「五輪発言」は、マイナー契約でもメジャーに挑戦したいという強い意志の表れなのかもしれない。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00000027-tospoweb-base

     野球日本代表「侍ジャパン」は「第2回 WBSC プレミア12」の決勝戦で韓国を5-3で下し2009年の第2回WBC以来、10年ぶりの世界一に輝いた。その中で4番としてチームを支えMVPを獲得した広島・鈴木誠也外野手に対し、米メディアは「彼はMLBでもオールスターになれる可能性がある」と太鼓判を押している。


     鈴木は今大会は全8試合で4番に座り打率.444、3本塁打、13打点、9得点と大活躍。首位打者、最多打点、最多得点のタイトルを獲得しベストナインにも選出された。文句なしのMVPを獲得した日本の主砲に、米メディアも注目している。

     今大会を取材の為に来日したシカゴカブス傘下・アイオワカブスのリポーターなどを務めるアレックス・コーエン氏は自身のツイッターで「プレミア12で学んだこと」と綴り、ポスティングシステムでメジャー挑戦を目指す広島・菊池涼介内野手が注目を浴びたことを言及。

     だが、圧倒的な成績を残した日本の4番打者・鈴木に「しかし、セイヤ・スズキがもし今後ポスティングされるようなことがあれば、彼はMLBでもオールスターになれる可能性がある」と太鼓判を押していた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00610982-fullcount-base

     広島の鈴木誠也は今季、初めて自身初となる個人タイトル(首位打者、最高出塁率)を獲得した。

     これまでもベストナイン、ゴールデングラブ賞といった表彰をされたことはあったが、意外にも個人タイトルとは縁がなかった。レギュラーに定着した16年以降の打撃成績を見ると、同年は打率.335、29本塁打、95打点の成績を残したが、打率がリーグ2位、本塁打と打点はリーグ5位だった。

     翌17年は4月25日の巨人戦から故障で離脱した8月23日のDeNA戦まで4番に座り、強力広島打線を牽引。戦線離脱するまで打点はリーグトップの90をマークし、2位のロペスに5打点差をつけるなど、初の個人タイトル獲得が見える位置にいた。

     18年も打率がリーグ6位の.320、本塁打がリーグ7位の30本塁打、打点がリーグ6位の94打点だった。

     今季は4月6日に放送された『ショウアップナイタースペシャル 野球がなければ、ラジオじゃない!』に出演した真中満氏が「完全にノッテきましたよね。昨年も良かったですが、今年はさらに4番としての風格、落ち着きがでてきました。間違いなく(今年も)やる選手ですね」と話したように、6月に月間打率.220に落ち込んだ時期もあったが、その他の月は月間打率3割以上を残すアベレージを見せる活躍ぶり。打率.335で自身初となる首位打者のタイトルに輝いた。

     山本昌氏も解説を務めた4月28日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島戦』で、鈴木について「日本でもトップクラスに怖いバッターに成長しましたよね。毎年体が大きくなっていますし、4番の風格すら出てきている」と太鼓判を押した。

     来季以降は本塁打王、打点王、さらにはトリプルスリー、三冠王にも期待がかかる。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00210435-baseballk-base

    <ファン感謝デー>◇23日◇マツダスタジアム

    広島のファン感謝デーには、球団からポスティングシステムによるメジャー挑戦を認められた菊池涼介内野手も参加した。

    ゴールデングラブ賞の表彰式と、最後のファンへのあいさつで登場。久しぶりの背番号33の姿に、スタンドは大きな拍手と歓声で沸いた。プレミア12終了後では初めての公の場だったが、報道陣の問いかけには終始無言を貫いた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191123-11230977-nksports-base

    筒香と同様、ポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指す広島菊池涼介内野手については、今季世界一となったナショナルズのリゾGMが「すごく才能のある選手で面白い」とGM会議の場で言及し、ブルージェイズも関心を示していると伝えられている。

    守備力の高さは米国でも知られており、米メディアでは内野を補強する可能性のあるアスレチックス、ブルワーズ、ダイヤモンドバックスなどの名も挙がっていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-11190525-nksports-base

     ◇第2回WBSCプレミア12決勝 日本5―3韓国(2019年11月17日 東京D)

     侍ジャパンの主砲・鈴木誠也外野手(25=広島)は国際大会「プレミア12」の決勝戦となった韓国戦(東京D)でも初回に反撃開始を告げるタイムリー2ベースを放ち、打率・444(27打数12安打)、3本塁打、13打点と大会の打撃3冠を獲得。大会MVP、右翼手のベストナインのタイトルにも輝き、文字通り、チームを世界一へとけん引した。

     優勝後は「いや…もうホントに。疲れたんですけど…」と疲労困憊の様子だったが「最後こうやって勝てたんで良かったです」と笑顔。「本当に今回は自分の結果ではなくチームの優勝っていうことだけをもう…心に刻んでやってたんで。本当に自分の結果は本当にどうでもよくて。こうやって最後、優勝できたんで本当に良かったです」と言葉をつないだ。

     今大会は侍ジャパン4番として史上初となる3試合連続アーチを放つなど全8試合に先発出場して大活躍。この日の決勝戦は先発投手の山口(巨人)が2本塁打を浴びて初回3失点KOというまさかのスタートとなったが、直後のその裏、2死一塁で左翼フェンス直撃の二塁打を放ち、山田哲(ヤクルト)の逆転3ランを呼び込んだ。その後の3打席で快音は聞かれなかったが、決勝での4打数1安打1打点を加え、全8試合で打率・444(27打数12安打)、3本塁打、13打点の驚異的数字。まさに主砲の名にふさわしい仕事ぶりだった。

     それでも「いや、もうまだまだ信じられないですけど…」と侍ジャパンの4番と呼ばれることに照れた鈴木。「でも、皆さんのおかげでこういい仕事ができたんで、良かったです」と胸を張った。そして、来年に迫った東京五輪へ向けて聞かれると「いや。あの~…まだたくさんいい選手いて、4番打つのは分からないですけど」と謙そんしつつ「でも、どこのポジションでも自分のやることは変わらないので、とにかく優勝できるようにまた次の大会も頑張りたいと思います」と頼もしかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191117-00000274-spnannex-base

     【球界ここだけの話】広島は今月8日、菊池涼介内野手(29)のポスティング制度を利用しての米メジャー挑戦を容認した。さらなる挑戦を求め、渡米する選手がいる一方でカープに野球人生をささげた選手もいる。

     「僕はメジャーに行こうとはまったく思わなかったね。向こうの生活が合わないと思った」

     菊池涼の報道が出る以前にそう語っていたのは佐々岡真司新監督(52)。現役時代(1990-2007年)は通算138勝106セーブをマーク。社会人NTT中国からドラフト1位で入団。2年目の91年に17勝9敗、防御率2・44でエースとしてチームをリーグ優勝へ導き、最多勝、最優秀防御率、ベストナイン、沢村賞、MVPとタイトルを総なめにした。同期入団で1学年下の野茂英雄氏(近鉄D1位入団→95年にドジャースへ移籍)とともにメジャー球団から熱視線を送られたが、赤ヘルひと筋を貫いた。

     一方で、大野豊氏(64)=野球解説者=は「メジャーに行かなかったのは少し心残りだね」としみじみ。1998年までの現役生活22年間で通算148勝138セーブを記録した左腕には、キャリアの晩年にエンゼルスから「年俸100万ドルと専属通訳、さらに米国での家も用意する」という当時では破格の条件での誘いがあったが、子供の教育や生活面などから断念したという。

     カープ出身者初の日本人メジャーリーガーは、野茂氏が海を渡った13年後だった。黒田博樹氏(44)が33歳のときの2007年オフに海外FA権を行使し、08年からドジャース、12年からヤンキースでプレーし、日本人初の5年連続2桁勝利(10-14年)を達成した。その後、09年に高橋建(メッツ、現阪神2軍投手コーチ)が、16年には前田健太(ドジャース)が広島を経てメジャーでプレーしたが、3人は全員投手で野手はまだいない。

     セ・リーグの二塁手では、史上初の7年連続のゴールデングラブ賞に輝いた菊池涼は現在、日本代表の一員として国際大会「プレミア12」に参戦中。12年の川崎宗則(ソフトバンク→マリナーズ、現台湾・味全)以来の内野手のメジャーリーガー誕生なるか、注目が集まっている。(柏村翔)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00000535-sanspo-base

    このページのトップヘ