広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メジャー

     【江尻良文の快説・怪説】

     メジャー4年目のドジャース・前田健太投手(31)は、7勝8敗の成績で1カ月間も勝ち星から遠ざかり、中継ぎ降格まで取り沙汰されている。1年目の16勝11敗が最高成績で、2年目は13勝6敗1セーブ、3年目の昨季は8勝2セーブと右肩下がりだ。そろそろ“第2の黒田博樹”決断の時期ではないか。

     メジャー球団からの高額なオファーを蹴り、「最後は広島で」と2015年に古巣広島へ復帰した黒田氏。1年目に11勝8敗、2年目には10勝8敗でチームの25年ぶりのリーグ優勝に貢献。“黒田の男気”とファンから拍手喝采され、惜しまれながら引退した。

     「黒田さんからは教えられることが多かった」と投手陣が認める“黒田遺産”は、昨季までの球団史上初のリーグ3連覇に直結した。

     ところが今季は悪戦苦闘。3度目の登板となった原辰徳監督率いる巨人の前に、4連覇に危険信号が灯っている。

     このままでは来季以降の展望も開けない。黒田氏の復帰のようなインパクトのある起爆剤がないと、赤ヘル黄金時代は幕を閉じかねない。

     前田は年齢的にはまだ31歳の働き盛りとはいえ、メジャーリーガーとしては実力の限界、先が見えてきた。“第2の黒田”としてこれ以上の適材はいないだろう。

     黒田が広島に復帰したおかげで、メジャー挑戦を認められた経緯があり、最高の恩返しにもなる。恩師の黒田氏は“ポスト緒方”の最有力候補でもあり、黒田新監督&前田復帰となれば、ナインもファンも待望する最強コンビ結成になる。(江尻良文)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190802-00000008-ykf-spo.view-000

    ■ナショナルズ 16―8 ブルワーズ(日本時間19日・ワシントン)

     ブルワーズは18日(日本時間19日)、元広島のジェイ・ジャクソン投手のメジャー昇格を発表した。メジャー昇格は今季3度目となる。



     ジャクソンは昨季まで3年間、広島でプレー。今季はブルワーズとマイナー契約を結び、4月29日(同30日)に4年ぶりにメジャー昇格。8月3日(同4日)に今季2度目のマイナー降格となっていた。

     ジャクソンは同日に行われた敵地ナショナルズ戦で、11点ビハインドの6回2死満塁の場面で登板。ロブレスを捕邪飛に打ち取り、1/3回を無失点に抑えた。今季は11試合に登板し、14回1/3で0勝0敗、防御率5.65となっている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00506741-fullcount-base

     ドジャースの前田健太投手が11日、自身のインスタグラムを更新。TVアニメ「進撃の巨人」の公式マスコットキャラクター「巨人くん」とコラボした「マエケン体操」動画を公開し話題となっている。


     ドジャースタジアムで5日(日本時間6日)に行われたパドレス戦で「巨人くん」が始球式に登場し現地でも話題を集めた1戦。前田はこの日、自身のインスタで「進撃の巨人 巨人くん マエケン体操バージョン。笑」とコメントを添え、巨人くんとのコラボ動画を公開。

     前傾姿勢で腕をグルグル回す、お馴染みの体操を巨人くんは完璧にコピー。最後はお互いグータッチを交わし友好を深めたようだ。

     テレビアニメ版「進撃の巨人」はアメリカで「Attack on titan」のタイトルで放送されており、人気を誇っている。コメント欄には日米のファンから多くのコメントが寄せられた。

    「ちょっと肩甲骨の可動域が……」

    「巨人さん上手い!」

    「進撃の巨人くん、なんか可愛いですね」

    「進撃のマエケン体操」

    「レジェンド」

    「これは怖い」

     まさかのコラボ体操にファンも驚きの声。巨人君の衝撃的なビジュアルには「これは怖い」と若干引き美味のコメントも寄せられていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00437018-fullcount-base

    ■ジャイアンツ 3-2 ドジャース(日本時間18日・ロサンゼルス)

     ドジャースの前田健太投手は17日(日本時間18日)、本拠地でのジャイアンツ戦に先発し、今季4敗目を喫した。今季14度目の先発マウンドに上がった右腕だったが、3安打2失点。立ち上がりに球数がかさみ、2回で54球。5回を投げ終えた段階で89球に達して、降板となった。



     2回に2点を失った前田。味方打線の反撃も及ばず、ドジャースは2-3で敗れて、前田は敗戦投手になった。序盤は投球フォームに狂いが生じて制球に苦しみ「投球フォームのバランスが悪くて狙ったところに行ってくれなかった。3回以降が修正できてコントロールできたので、1、2回だけ」と、試合後は振り返っていた。

     投球で苦しむ中、3回の先頭打者として立った第1打席では遊撃への内野安打を放った右腕。懸命に走ってセーフとなった。後が続かずに得点には繋がらなかったものの、登板2試合連続で安打を記録。「ヒットになる可能性がある限り一生懸命走らないといけないと思いますし、得点には繋がらなかったですけど、あそこから得点に繋がる可能性は高いと思って走りました」と振り返った。

     この日は2打数1安打となり、今季は26打数7安打、打率.269とハイアベレージを残している。元PL学園の4番打者を務め、メジャーデビュー戦で本塁打を放ったようにバッティングにも非凡さを持つ前田。「打った瞬間厳しいかなと思いましたけど、頑張って走りました。今、打率が高いので、それをモチベーションに頑張って走りました」と笑った。

     この日、1打席目に安打を放った段階で、打率は.280に。ドジャース公式ブログ「ドジャースインサイダー」は公式ツイッターで「ケンタ・マエダは今年少なくとも7本の安打を放っているMLBの5人の投手のうちの一人だ。彼は現在打率.280」と速報。すると、ファンからは「その調子だよ、ケンタ!」「キケやバーンズ、テイラーよりも良い「日本の投手は打てる:ショウヘイ・オオタニ!!!!」と、前田の打力を称賛するファンのコメントも寄せられていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00413045-fullcount-base

    ■ロッキーズ 5-4 Rソックス(日本時間15日・ボストン)

     レッドソックスのクリス・セール投手が14日(日本時間15日)、本拠地でのロッキーズ戦で7回で17奪三振を奪う圧巻の奪三振ショーを演じた。初回、2回と6者連続三振を奪う立ち上がりを見せ、7回まで驚異の17個の三振を積み上げた。



     ただ、セールが7回3安打2失点17奪三振と快投したにも関わらず、レッドソックスは延長11回に競り負け。8回にワークマンが逆転を許し、同点に追いついてもつれ込んだ延長11回に、元広島のブレイシアが2つの四球でピンチを招き、レイノルズに勝ち越し打を浴びてこれが決勝打となった。

     4月は13試合で防御率1.42と安定した投球を続けてきたブレイシアだったが、5月は5試合に登板し、うち3試合で失点。2敗を喫している。この日は四球でピンチを招いての負け投手となり、レッドソックスファンから厳しい声があがっている。

     セールの快投を台無しにする敗戦を喫したレッドソックス。球団公式ツイッターが「最終結果(11回):ロッキーズ5、レッドソックス4」とツイートすると、そこにはセールを援護できなかった打線や、決勝打を許したブレイシアを糾弾する厳しいファンの声が相次いだ。

    「24奪三振しておいて、それでも負けてるとは」

    「クリス・セールにはもっと良い結果が相応しい」

    「ライアン・ブレイシアはMLBで投げる器じゃないってことに、いつになったらレッドソックスは気づくんだ!!!!」

    「恥ずかしいね」

    「打線の援護不足にとにかくうんざりだわ。セールはマウンド上で素晴らしかったのに、またしても彼は援護をもらえなかったんだから」

    「大爆笑。24個も三振奪って負けたのかよ。ワォ」

    「マット・バーンズ>>ライアン・ブレイシア」

    「ライアン・ブレイシアをクビにしてくれ」

    「ブルペン」

    「キンブレルにお金を払う時が来たね」

    「ブレイシアを手放して、キンブレルを連れ戻すんだ」

    「もし僕がセールだったら、ムカついてるよ」

    「さっさと抑え投手を手に入れられないの?」

    「ブレイシアは3Aの投手だよ。今シーズン彼が投げると、毎回ぶち壊してくれるね。勘弁してくれよ」

    「キンブレルと契約してよ」

     3番手のバーンズも2イニングを投げて5奪三振。レッドソックス投手陣は、11回でロッキーズから24個の三振を奪った。それでも、接戦をモノにできなかったことで、ファンからは昨季まで在籍し、現在FAのままとなっているクレイグ・キンブレル投手の復帰を望む声もあがっていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00376533-fullcount-base

    ■ロッキーズ 11-6 ブルワーズ(日本時間30日・ミルウォーキー)

     元広島でブルワーズのジェイ・ジャクソン投手が2日(日本時間3日)、本拠地でのロッキーズ戦に登板。9回に4番手としてマウンドに上がり1回2安打1失点。2試合連続で失点となり防御率は19.29となった。



     4年ぶりにメジャー復帰を果たしたジャクソンは前日の同戦では3ランを浴びるなど1回2安打4失点と炎上。連投となったこの日は9回に4番手として登板。簡単に2死を奪ったがタピアに93.8マイル(約151キロ)の直球を左翼席に運ばれ1点を献上した。

     ジャクソンは3Aサンアントニオで7試合、1勝0敗3セーブ2ホールド、防御率0.00と好成績を残し4月中にメジャー昇格を勝ち取った。4年ぶりのメジャー復帰戦となった4月29日(同30日)のロッキーズ戦では1/3回、無失点の好投を見せた。5月に入ってからの2試合は連続被弾、連続失点と打ち込まれている。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00362655-fullcount-base

     米大リーグ、ブルワーズは29日(日本時間30日)、昨季まで3年間、広島で活躍した3Aサンアントニオのジェイ・ジャクソン投手(31)とメジャー契約したと発表した。同投手は15年にパドレスでメジャーデビューして6試合に登板しており、メジャー復帰は4年ぶり。米メディアによると、年俸は100万ドル(約1億1000万円)だという。


     ジャクソンは16年に来日し、広島で3年間プレー。1年目の球団25年ぶりリーグ優勝をはじめ、その後のリーグ3連覇に大きく貢献した。日本では通算175登板、10勝8敗2セーブ、防御率2・10と安定した成績を残した。

     2月にブルワーズとマイナー契約で合意し、招待選手としてメジャーキャンプに参加。開幕メジャーはならなかったが、3Aでは抑えとして起用され、ここまで7試合連続無失点で1勝0敗3セーブ。8回2/3を投げて14三振を奪う快投だった。

     米球界復帰後も広島時代に愛用していた、自身の笑顔のイラストと「ジャクソン」の文字が入ったグローブを使用。2月にキャンプ地のアリゾナでデイリースポーツの取材に応じた際には、来日1年目のリーグ優勝を「僕の中での一番の思い出ですね。広島の街が歓喜に沸いた。毎試合、毎試合、ものすごい盛り上がりでした。アンビリーバブル。素晴らしいファンが最高の瞬間を作ってくれた」と回想。広島と契約延長できなかったことには「僕は広島を愛しています。選手たちがうまくなり、チームが強くなっていくところを見ていたかったし、一緒に日本一になりたかった。でも、僕にはどうすることもできなかった」と話した。

    昨季7年ぶりに地区優勝を果たし、今季も優勝候補筆頭のブルワーズでプレーすることには「いいチームに入ることができて良かったと思っています。目標はワールドチャンピオン。チームの助けになりたいですね」と意気込んでいた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00000013-dal-spo

     NPBでは現在、今季からプロとなる新人選手が合同自主トレに励んでいる。ドラフト1位から育成ドラフトまで指名された順位はさまざまだが、一度プロの門を叩けばスタートラインは一緒。その後の評価は、プロとして残した実績がすべてとなる。



     もちろん、球団はドラフト1位指名選手に最も大きな期待をかけるわけだが、実際に活躍する選手は、ほんの一握り。それはメジャーでも同様で、ドラフト1巡目で入団したすべての選手が活躍しているわけではない。米スポーツ専門メディア「ザ・スポーツスター」では、「12人の残念なMLBドラフト全体1位指名と、代わりに指名されるべきだった同期選手」と題した特集記事を掲載。この“不名誉”な特集の筆頭を飾ったのが、2011年から広島などでプレーした右腕ブライアン・バリントンだった。

     バリントンは2002年ドラフトで全米1位指名され、鳴り物入りでパイレーツに入団した。193センチ、95キロの大型右腕は、先発投手として期待されながら2005年9月にメジャーデビュー。だが、先発ローテに定着しないまま、2008年途中にインディアンスに移籍すると、その年のシーズン終了後にブルージェイズへ移籍。ブルージェイズでは中継ぎに転向したが、メジャーでは4試合に投げただけ。翌年はロイヤルズで先発と中継ぎで合わせて13試合に投げたが、1勝4敗、防御率6.12と冴えなかった。

     2011年から入団した広島では、先発ローテの一角として4シーズン投げ、2015年にはオリックスへ移籍。日本では通算5シーズンで124試合に先発し、45勝45敗、防御率3.25の成績を残した。

     寸評では、2002年当時のバリントンは「一流のプロスペクトだった」と高評価。チーム再建を目指したパイレーツは「球団を正しい方向に導く選手」として全米1位指名したが、中には「“安全策をとった”と考えた人もいた」と振り返る。結局、メジャーでは通算5シーズンで1勝9敗、防御率5.62で「指名失敗だった」と一刀両断。この時、全米1位指名されるべきだった選手として、球界屈指の先発投手となったザック・グリンキーの名前を挙げた。

     グリンキーは同じ年にドラフト1巡目、全体6位指名でロイヤルズ入り。2009年に16勝8敗、防御率2.16の好成績でサイ・ヤング賞を受賞すると、昨季まで11年連続で2桁勝利を記録。ブルワーズ、ドジャース、ダイヤモンドバックスと渡り歩く中で、最優秀防御率を2度、ゴールドグラブ賞5度、シルバースラッガー賞1度、球宴選出5度を果たす一流ピッチャーとなった。

     その他、全米1位で選ばれるべきだった選手として、デレク・ジーター(1992年)、ジャスティン・バーランダー(2004年)、クレイトン・カーショー(2006年)らの名前が挙がった。選手の将来性を見極めることは、やはり至難の業のようだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00282264-fullcount-base

     2018年、圧倒的な強さを見せて世界一に輝いたレッドソックス。レギュラーシーズン108勝(54敗)を挙げた最強軍団の中でキーマンの一人となったのが、ライアン・ブレイシア投手だ。メジャーで目立った実績はなく、2017年にプレーした広島も1年で自由契約となった右腕をレッドソックスはなぜ獲得したのか。ボストンの地元ラジオ局「WEEI」の電子版が特集している。


     ブレイシアは2013年にエンゼルスでメジャーデビューを果たし、7試合登板で防御率2.00という成績を残したものの、その後はマイナー生活に。2017年に広島に加入したが、26試合登板で2勝1敗1セーブ2ホールド、防御率3.00という成績で1年で自由契約となった。そんな右腕を昨オフにマイナー契約で獲得したのが、レッドソックスだった。

    「レッドソックスがクローザー候補を発掘した1周年記念」とのタイトルで特集を掲載した「WEEI」では、レッドソックスのスカウトを務めるスティーブ・ペック氏への取材から、当時を振り返っている。

     1年前、フロントオフィスから視察するためにブレイシアの名前を聞かされたペック氏は、その名前をしっかり覚えていたという。取材に対して、同氏は「2、3年前に彼がエンゼルスにいる時に見たことがあった。彼が日本に行き、広島にいる間は見ていなかったが、チェックはしていた。彼のことを知っていたし、見に行きたいと思った」と話している。レッドソックスがブレイシアに興味を持ったきっかけは、本人からファームディレクターに直接送られたメールだったという。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00280878-fullcount-base

     21日に広島市内の球団事務所で契約更改交渉を行った広島の菊池涼介内野手。球団へ来オフにポスティングシステム(入札制度)による米大リーグ挑戦の意思を球団に伝えた。

     これまで日本人内野手としてメジャー挑戦した選手は8人いるが、2012年オフに渡米した中島宏之(西武からFAでアスレチックス)、田中賢介(日本ハムからFAでジャイアンツ)が最後。19年オフに菊池がメジャー挑戦を目指せば7年ぶりとなる。日本人内野手の活躍は難しいとの見方が占める中、日本球界を代表する二塁手の菊池に何が必要なのかを探った。

     まず菊池が求められるのは安定した守備だろう。野球日本代表「侍ジャパン」の一員として参戦した17年のWBC。2次ラウンドのオランダ戦ではボガーツの二遊間の強烈な打球をダイビングキャッチし、素早く二塁へグラブトスするスーパープレーを見せ、大リーグ公式サイトからも「世界クラスの守備」と称賛された。滑りやすいと言われるメジャー球も国際経験豊富な菊池なら即アジャストできるはず。ただ、問題は激しいボディコンタクトだ。

     二遊間は接触プレーの多いポジション。大リーグでは、16年シーズンから併殺阻止を目的とした危険なスライディングを禁止するルールが導入されているが、同年5月にはブルージェイズのバティスタがレンジャーズ戦で二塁手のオドルの足を削るようにスライディング。4人の退場者が出る大乱闘に発展にしている。

     メジャーを代表する強打者のマチャド(ドジャースからFA)はオリオールズ時代の17年4月にペドロイア(レッドソックス)の左膝を負傷させ、ドジャースの一員として参戦した今年のブルワーズとのリーグ優勝決定シリーズ第3戦でも併殺崩しのスライディングを見せた。守備妨害が取られるとはいえ、危険なスライディングが“完全撲滅”となってないのが実情だ。また、日本では確実に守備妨害を取られるような激しいスライディングでも、メジャーでは問題なしと判定されるケースが多い。日米でその基準は大きく違う。

     これまで日本人内野手では05年にメッツの松井稼頭央が左膝打撲、09年にはレイズの岩村明憲が左ヒザ前十字靱帯断裂を負い、11年にはツインズの西岡剛が左足腓骨を骨折している。これらのプレーは現在のルールでは守備妨害と判定される可能性が高いが、日本よりも激しいスライディングを受けることになるのは間違いない。抜群の身体能力を生かした驚異的な守備力が自慢の菊池が、このメジャーの洗礼を乗り越えられるかが成功の鍵を握っている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00270681-fullcount-base

    このページのトップヘ