広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

     広島が“時間差”による新型コロナウイルスの感染拡大に警戒感を強めている。チームは不要不急の外出の自粛やマスク着用、うがい手洗いの励行、味覚、嗅覚に異常を感じた際の申告などを義務付け、予防の徹底を図っているが、心配なのは今後の広島県内での感染の広がりについてだ。

     県内の感染者数は6人(1日現在)と比較的少数にとどまっている。しかし、都市圏から広島へのUターン組が増加するなど、いつ感染者が急増しても不思議ではない。そのため球団関係者は「今は東京を中心とした首都圏で感染者が増えているが、時間がたてば次は地方に広がってくるだろうし、広島も危ない。関東が落ち着いてどのチームも開幕に向けて活動を再開したときに、今度はうちが身動きが取れない状態になっているかも…」と気をもんでいるのだ。

     他球団がバリバリに練習をし始めたころ、広島だけが練習できない状態になれば調整の不利を被ってしまう。県や市からの自粛指令がないこともあって現在は4勤1休のペースで全体練習を行っているが、チーム関係者は「今後うちだけ練習中止になるかもしれない。“貯金”できるわけではないが、やれるうちにやれることをやっておくしかない」と心配顔だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200402-00000017-tospoweb-base

    広島佐々岡真司監督(52)が2日、新型コロナウイルスに感染した元近鉄、日本ハム、楽天監督の梨田昌孝氏(66=日刊スポーツ評論家)の体調回復を願った。年齢は14歳離れているが、2人は同じ島根・浜田市出身。浜田高出身の梨田氏と浜田商高出身の佐々岡監督は、数少ない浜田出身のプロ野球のよしみで、古くから親交がある。1日のニュースで梨田氏の状態を知ったという指揮官はマツダスタジアムで取材に応じ、「まさかというか、ただただびっくりしています。状態が心配です」とショックを隠せない様子だった。


    梨田氏は、1月16日に浜田市内で行われた佐々岡監督の就任祝賀会に大阪から駆けつけてくれたという。2度のリーグ優勝を果たした名将から激励を受け、「わざわざ(浜田まで)来てくださった」と心から感謝。「とにかく早く元気になって、回復してほしい」と神妙な面持ちで快方を祈った。2月の沖縄春季キャンプを視察に訪れた同郷の先輩から、あらためて励ましの言葉をもらい、決意を新たにしていたところだった。

    NPBで初めて阪神の3選手が感染したことから、ウイルスの猛威が球界にも浸透している。指揮官は複雑な心境を抱えながら、マツダスタジアムで行われた全体練習を見守った。3日の12球団代表者会議の結果次第では、紅白戦を予定している4日以降のスケジュールも変更せざるを得ない。先行きが見えない状況に対応していくしかない中、何より大先輩の早期回復を待ちわびている。【古財稜明】

    ◆梨田昌孝(なしだ・まさたか)1953年(昭28)8月4日生まれ、島根県出身。浜田から71年ドラフト2位で近鉄入団。強肩強打の捕手として活躍し、ベストナイン3度、ダイヤモンドグラブ(現ゴールデングラブ)賞4度受賞。88年限りで引退。93年にコーチで近鉄復帰。00年に監督に就任し、01年リーグ優勝。08年から日本ハムを率い、09年リーグV。11年に勇退し、16年から18年途中まで楽天の監督を務めた。現役時代は178センチ、80キロ。右投げ右打ち。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200402-24020597-nksports-base

     広島の鈴木誠也外野手が31日、広島市のマツダスタジアムで行われた全体練習で軽快に動いた。新型コロナウイルス感染拡大で開幕を危ぶむ声もあり「こういう状況なので身もなかなか入りづらい」とモチベーション維持に骨を折りながらも「一日をもったいなく過ごすよりは、自分のやりたいことをやる」と成長に貪欲だった。

     日々出てくる課題に向き合った。フリー打撃やロングティーで豪快な打球音を響かせ「完成がないので、体の状態で打撃も違う。バットに当たるまでの過程をどうやればいいのかを考えている」と理想を追求する。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-00000143-kyodonews-base

     27日に放送された『ショウアップナイタースペシャル2020 プロ野球徹底討論』に出演した江本孟紀氏が、広島のドラフト1位・森下暢仁について言及した。

     森下はオープン戦、4試合に登板して、0勝1敗、防御率4.20という成績だった。江本氏は森下について「レベルでいうと一級品。10勝くらいするんじゃないですか」と絶賛。

     その一方で、「この前試合をテレビで見ていたんですけど、そのときにやられていた。なんでやられたかというと、まとめようまとめようと、綺麗に投げすぎ」と指摘。

     「球も速いし、いい球をもっている。少し攻撃的なピッチングをした方がいいと思う」とアドバイスを送っていた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200401-00223750-baseballk-base

    「ちょっと怖い」と語るのは期待のルーキー森下暢仁(まさと)投手。自身の投球の分析からはじき出された数値のすばらしさに「うれしい」と喜びながらも、きめ細かな鋭い分析を目の当たりにし、そう答えた。



    広島ホームテレビ『ひろしま深掘りライブ フロントドア』では、カープ首脳陣、ファンのみならず多くの野球ファンの期待を一身に集める即戦力ルーキー森下投手をフカボリ。

    プロ野球のビッグデータを操るデータマンこと、データスタジアムの佐々木浩哉氏が、森下投手のオープン戦4試合の登板データを分析。
    精密な分析で速球派の看板を裏付けるとともに、課題も浮かび上がるデータをはじき出した。
    森下投手の《ストレートの球速(オープン戦4試合)》は、平均146.8km/h(最高152km/h)で、昨年のカープ先発投手陣のトップ大瀬良大地投手(平均145.9km/h・最高152km/h)よりも速く、速球派の看板に偽りなし。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-00010002-hometvv-l34

     広島の鈴木誠也外野手(25)が27日、荷物整理のためマツダスタジアムを訪問。プロ野球選手の新型コロナウイルス感染という重苦しい状況について、複雑な心境を吐露した。「感染者も増えているし」と冷静に国内外の状況を客観視しつつ、4月24日の開幕日に向けて調整を続けていく考えを明かした。


     神妙な面持ちで苦しい胸の内を明かした。全体練習休日のこの日、黒マスク姿でマツダスタジアムに現れた鈴木誠は「時間の問題。前から誰かしらは絶対出るだろうと思っていた」。球界にまで及んだ新型コロナウイルス感染について率直な感想を口にした。

     激震が走ったのは26日。阪神・藤浪が嗅覚などの異常を訴え、PCR検査を行い、同日深夜に陽性と判明。NPB初となる新型コロナウイルスの感染が確認された。さらに伊藤隼、長坂の感染も判明。阪神は4月1日までチームの練習を取りやめ、選手やスタッフに自宅待機を指示。各球団も対応に追われた。

     鈴木誠と藤浪は同い年の間柄。お互い高卒でプロ入りし、セ・リーグでしのぎを削ってきた。16年9月に藤浪が自己最速の160キロを計測した際の打者は鈴木誠。戦友でもあり、そしてライバルでもある二人がそれぞれのチームを支えてきた。

     コロナ禍により、当初予定されていた20日の開幕は延期に。協議の結果、4月24日の開幕を目指すことが決まった。しかし、「感染者数も増えていますし」と冷静に国内外の情勢を見ている鈴木誠。プロ野球界で感染者が出たことで、開幕が再延期となる可能性は十分にある。

     先行き不透明の中、開幕に向けてモチベーションを維持しながら調整することの難しさは計り知れない。それでも、カープの若き大砲は、プロとして歩みを止めることなく、前を向く考えを示す。「ケガしないようにしたい。こういう時にしやすいので」と表情を引き締めた。

     この日、NPBが選手とファンをメッセージでつなぐ映像、「みんなとキャッチボールプロジェクト」の第1弾が完成。「ファンとともに」と背番号1はメッセージを伝え、開幕を楽しみにしているファンに熱いエールを送った。

     「かかるんじゃないかと思いながらやっている選手もいる。なってからでは遅いので」と語った鈴木誠。来る開幕日に向けて、自己管理をさらに徹底していく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00000024-dal-base

     【球界ここだけの話】新型コロナウイルスの感染拡大の影響が日本から約1万3200キロ離れたドミニカ共和国まで広がっている。広島の人気通訳のヘンディ・クレート氏(36)が無念の表情を浮かべた。

     「ドミニカ(共和国)への帰国が6月に延びました。残念ですが、仕方ない」

     当初は4月に母国のカープアカデミーで投手コーチを務めるファン・フェリシアーノ氏との交代で一時帰国予定だったが滞在延期が決定。引き続きフランスア、メヒアらドミニカンのサポートを行う。

     27日12時時点でドミニカ共和国の感染者数は581人。日本の約1700人、米国の10万人超と比較すると感染拡大の押さえ込みに成功しているが、19日にはメディーナ大統領が国家非常事態宣言を行い、医療関係者など一部を除き、4月3日まで午後8時から午前6時までの夜間外出禁止を発令するなど、予断を許さない。

     母国の首都サントドミンゴにサンタ夫人と3人の幼い子供を残すクレート氏は「心配だけど(感染者は)ちょっと。まだ大丈夫ですね」と安堵(あんど)するが、スマートフォンのニュースサイトで逐一、現地の情報を確認するなど心配は尽きない。

     27日に阪神の藤浪晋太郎投手ら3人の感染が判明し、チームはさらに厳しい予防措置を講じている。28日のマツダスタジアムでの練習再開日には鈴木球団本部長が練習前のミーティング室に選手、スタッフ全員を呼び集め、手洗いうがいの推奨、不要不急の外出禁止、体調不良など報告連絡相談を改めて注意喚起。4月上旬に調整していた西日本に本拠地を置くNPB球団との対外試合を白紙に戻し、本拠地で紅白戦などを行う方針だ。

     中国・武漢市で昨年12月に発生が報告された新型コロナウイルスはいまだ収束の気配を見せない。クレート氏だけでなく、日本に単身赴任中の外国人は心配な日々を過ごしている。(柏村翔)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200329-00000536-sanspo-base

     広島OBで、成人T細胞白血病で闘病中の北別府学氏が30日、ブログを更新。新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんさんを追悼し、「今、家にいられるだけで幸せなんだと感じています」とつづった。


     国民的スターの訃報を受け、「志村けんさんの訃報は悲しくてそして恐ろしさを感じています。現役時代、仕事がうまくいかないときにどれほど志村さんのお笑いに慰められたことか」と記述。続けて「志村さんは命をかけてこのウイルスの恐ろしさを教えてくれたのかと思います。心からご冥福をお祈りします」と追悼した。

     入院治療中の北別府氏は一時外出で自宅にいたとみられ、リビングのソファに座る様子の写真も添付。「私は今、家にいるだけで幸せなんだと感じています」と言葉に実感を込めた。免疫力の低下から感染症対策に十分気をつける必要もあり、「ほんの少ししかいられないので外出はできず 家族も家の中でマスクをして私と話をし ペット達を抱くのもいけないらしいので声をかけるだけ それでも家に居られるだけで嬉しい」と心境をつづった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-00000064-dal-base

    ◆ 実力派が揃う“捕手陣”

     新型コロナウィルスの影響で中止となった選抜高校野球。“幻のセンバツ”で見たかった選手として高橋宏斗(中京大中京)、中森俊介(明石商)、小林樹斗(智弁和歌山)、西川遼祐(東海大相模)、小深田大地(履正社)、来田涼斗(明石商)、細川凌平(智弁和歌山)の7人を個別にピックアップしてきたが、それ以外の新3年生の有力選手についても紹介したい。今回は野手編だ。

    ☆夏の甲子園に帰ってきて!「センバツ中止」で見られなかったプロ注目の有望投手たち

     まず捕手から見ていくと、内山壮真(星稜)、印出太一(中京大中京)、関本勇輔(履正社)といった選手たちが有力候補に挙げられる。

     内山は旧チームでは山瀬慎之助(巨人)がいたこともあり、入学直後からショートを任せられていたが、新チームからは本職である捕手に戻った。小柄でも体に強さがあり、イニング間のセカンド送球タイムは1.8秒台前半と、先輩の山瀬と比べても遜色ない速さを誇る。

     打っても早くから中軸を任され、昨年夏の甲子園でも2本塁打を放つ活躍を見せた。守備面では捕球が時折雑になり、攻撃面でも反動の大きさや走塁への意識など気になる点はあるものの、センスの高さは申し分ない。

     続いて紹介したい印出は、強打が魅力の大型捕手だ。大きな構えでゆったりとタイミングをとってボールを呼び込み、バランスの良いスイングで広角に強い打球を放つことができる。優勝した昨年秋の明治神宮大会でも、3試合連続で打点をマークする勝負強さを見せた。スローイングにもう少し強さが出てくれば、打てる捕手として、さらに注目度は増すはずだ。

     一方、攻守のバランスの良さが光るのが関本。旧チームでは控え捕手だったが、新チームでは不動の4番に定着。秋の大阪府大会では、決勝の大阪桐蔭戦で9回裏に同点スリーランを放つなど、8試合で4本塁打、25打点の活躍を見せた。無駄のないシャープなスイングで長打力と確実性を兼ね備えた打撃は高校生では上位。捕手らしいたくましい体格で、小さい腕の振りで強く正確に投げられるスローイングも一級品だ。


    ◆ “内野陣”はショートとサードに注目

     内野手では、入江大樹(仙台育英)、中山礼都(中京大中京)のショート2人と、佐々木泰(県岐阜商)、西野力矢(大阪桐蔭)のサード2人に対する注目度が高い。

     入江は185cm、82kgと大型ながら、動きに軽さがあるのが持ち味。捕球から送球の流れがスムーズで、スローイングの安定感も申し分ない。打つ方は右手の力が強いスイングで内角の速いボールに弱点はあるものの、神宮大会ではレフト中段への一発を放っているように長打力は魅力だ。

     中山は欠点らしい欠点のない三拍子揃った完成度の高い選手。守備のスピード感は高校生のレベルを超えており、球際の強さも見事。打っても全身を使ったフルスイングは迫力十分で、なおかつ高いミート力も備えている。昨年秋の東海大会では3試合で6安打10打点の大暴れを見せている。


     佐々木は多くの選手を指導してきた鍛治舎巧監督が「素材はトップクラス」と語る強打者で、旧チームから不動の4番、サードとして活躍している。少し左足を高く上げるフォームだが、トップの形が安定しているためミート力も高い。外のボールも強靭なリストで絡めとるように強く引っ張り、長打力も高校生ではトップクラスだ。また投手として140キロを超えるスピードを誇り、サードから見せる強いスローイングも持ち味である。

     西野は大阪桐蔭らしい積極的な打撃スタイルが光るスラッガー。甘いボールは逃さずにフルスイングでき、昨年秋の近畿大会では明石商の中森から起死回生の逆転スリーランをライトスタンドに叩き込んだ。少し太めに見える体型だが、守備の動きも良く、強肩も持ち合わせている。


    ◆ “外野”にも逸材たち

     外野手では井上朋也(花咲徳栄)、西村友哉(中京大中京)、仲三河優太(大阪桐蔭)などの名前が挙がる。

     井上は、関東では東海大相模の西川と並ぶ右のスラッガー。入学直後から外野の一角に定着すると、1年春の埼玉県大会、関東大会でいきなりホームランを放ち、注目を集めた。1年秋からは不動の4番となり、2年連続で夏の甲子園にも出場。パワーは同校の先輩である野村佑希(日本ハム)にも引けを取らないものがある。脚力はそれほどでもないが、外野から見せる強肩も持ち味だ。

     西村は強打のトップバッター。運動能力の高さが攻守両面によく生かされており、動きに躍動感があるのが長所だ。1年秋から不動の1番、センターに定着し、昨年の明治神宮大会でも攻守にわたる活躍でチームを牽引した。捕手・印出、遊撃手・中山の2人と並ぶセンターラインは、今年のチームのなかで全国でもナンバーワンと言えるだろう。

     仲三河は投手として大阪桐蔭に入学したが、現在は強打の外野手として注目を集めている。下級生の頃と比べて、明らかに体が大きくなり、少し泳がされたようなスイングでも外野の頭を超えるパワーは出色。レギュラーに定着したのは新チームからだが、昨年秋の大阪府大会では3本のホームランを放ち、チームを優勝に導いた。投手として再挑戦する意思があるとも報じられているが、現時点での将来性の針は、野手の方に触れていることは間違いないだろう。


    記事提供:プロアマ野球研究所



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200327-00223249-baseballk-base

     プロ野球広島は28日、広島市のマツダスタジアムで全体練習を行った。阪神3選手の新型コロナウイルス感染が判明したことを受け、鈴木清明球団本部長が2日間の休養を挟んで集まったナインやスタッフに対し、不要不急の外出の自粛など感染予防の徹底を改めて求めた。佐々岡真司監督は「大変なことが起きている」と声を落とした。

     チームからは感染の不安に加え、4月24日が目標とされている開幕を危ぶむ声も聞かれ、選手会長の田中広輔は「前に進まなきゃいけないけど、健康第一」と複雑な心境を口にした。鈴木誠也は「プロ野球だけ4月にやっていいのかという気持ちはある」と表情を曇らせた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00000106-kyodonews-base

    このページのトップヘ