広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

     (セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第1戦、広島3-0DeNA=五回降雨コールド、広島2勝、18日、マツダ)CS史上初の「五回降雨コールド」について、責任審判の佐々木昌信球審は「雨の降り方と九回までできるかという判断で決めた」と説明した。15日のCSファーストステージ第2戦の阪神-DeNA(甲子園)では、強い雨でグラウンドが水浸しの状態で、九回まで強行していた。

     セ・リーグの杵渕和秀統括は「比較すると、甲子園のほうがひどかったので、試合は続けられたという意見があるかもしれないが、球場も事情も違う」と説明。「(五回裏に)3点入ったのでタイミング的には…というかもしれないが、あくまでグラウンド状況と天候です」とした。

     試合後、球場職員が総出でクラウンド整備やシートをかける作業を行った。マツダスタジアムの石原裕紀施設運営部課長は「あしたは午前9時に15人ほどでやります。予報では昼ごろに雨があがると。大丈夫でしょう」と話した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00000580-sanspo-base

    セCSファイナルステージ第1戦
    ○ 広島 3x - 0 DeNA ●
    <10月18日 マツダスタジアム>

     「守っている横浜側からしたら、ちょっと不気味な四球ですよ」

     18日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズファイナルステージ 広島-DeNA戦』でゲスト出演した阿部慎之助(巨人)が、DeNAの先発・石田健大が5回、先頭のバティスタに四球を与えた後、このように話した。

     石田は続く新井貴浩に、この日初安打となるヒットを打たれると、西川龍馬の犠打で二、三塁とピンチを広げてしまう。会沢翼を敬遠気味の四球で歩かせると、二死後、田中広輔に先制の2点タイムリーを浴びた。さらに、菊池涼介にもタイムリー内野安打を打たれ、この回3失点。その後、降雨コールドとなりDeNAにとっては痛すぎる失点となった。

     阿部はこの3失点に「警戒するのはシーズン中に打たれているので仕方ないですが、こういう短期決戦に四球を与えたりすると、流れが変わってしまう」と話していた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00135524-baseballk-base&pos=4

    幼少の頃からずっと一途に応援し続けてきた生粋のカープ女子、古田ちさこさん。以前、『VICTORY』でもそのガチすぎる愛情をお伝えしました。昨年は成し遂げられなかった“日本一”という忘れ物。いよいよ始まるクライマックスシリーズ、そしてその先にある日本シリーズを前に、古田さんに広島カープの注目ポイントを語っていただきました。(文=古田ちさこ)

    VICTORYをご覧の皆さま、初めまして! 古田ちさこです。

    私は千葉県出身ですが、カープファンの両親のもと関東でカープを応援しながら育ち、学業を終えてからは都内のジュエリー店で販売員として働いていました。万年Bクラス、いつもの定位置(5位)、FAトラウマ、カープは鯉のぼりの季節までなどなどの不遇も自虐として、シーズン序盤こそ希望を持ち後半は察してゆるく応援していましたが、変化が訪れたのは2013年。16年ぶりにAクラスとなりクライマックスシリーズに念願の初出場を果たしたあの年です。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00010001-victory-base

     マツダスタジアムは曇天のなか全体練習が行われた。練習前に球団職員がシートを引き上げて整備を行った。気になる18日の天気は17日午後6時の時点で、曇りのち雨。午前中の降水確率は10%と低いが、練習が始まる正午から試合開始の午後6時までの降水確率は40%。さらに試合が行われる午後6時以降は70%まで上がる。

    【写真】さすが阪神園芸さん匠の技!無事プレーボール/詳細

     全体練習終了後のグラウンドには整備の後、普段通りシートがかけられた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00030403-nksports-base

     お笑いコンビ・アンガールズが3日、都内で行われた広島県観光プロモーション・新プロジェクト記者発表会に出席した。

     生産量日本一の広島県産の養殖牡蠣(かき)が、2日に水揚げ解禁。それにちなみ、2人は、同県のPRを担う「牡蠣(カキ)ングダム広報大臣」に就任した。田中卓志(41)は「広島は、カープがリーグ優勝しましたけど、牡蠣も、名実共にナンバー1ということを広めたい」。牡蠣料理を試食すると、菊池涼介内野手(27)を引き合いに「うまみが深い。菊池の守備位置ぐらい深い」と絶賛した。

     カープ女子のバイオリニスト・天野恵(30)と料理を食べさせあい、「好きな気持ちになっちゃうね」とラブコールを送ったが、天野は「ならないですね」とバッサリ。あっさりと拒絶され、ショックを受けていた。

     山根良顕(41)は「広島牡蠣のぷりぷり、ふわふわ感がすごい。牡蠣とお酒がすごく合う。西条(市)の日本酒と、三次(市)のワインもある。県内のもので魅力を楽しめる」と納得顔だった。
    引用元 http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171003-OHT1T50109.html

     リーグ連覇を達成した広島で、用具運搬係の前洋央さんが初めてシーズンを“完走”した。片道12時間の東京-広島間を中心に北は北海道までハンドルを握り、野球道具を運び続けた。

     レギュラーシーズンの最終戦(DeNA戦)を終えた翌日、2日の午前9時。マツダスタジアムの駐車場に1台の6トントラックがあった。前日1日の夕方に横浜を出発。「今回は荷物が少なかった。無事に届けられて良かった」と言いながら、荷台から用具を下ろした。昨季途中から、それまで40年間ドライバーを務めた叔父の真澄さんから譲り受けた。1人きりでの仕事は今季が初めてだった。

     高速道路を使った移動がほとんど。「夜は景色が変わらないから大変。昼間なら風景に変化があって飽きないんだけど」と笑う。偶然に遭遇したファンから携帯電話のカメラでトラックを撮影されることにも慣れた。適度な休憩を挟みながら目的地を目指す中で都市部では地元ラジオに耳を傾け、山間部で電波が入らない区間は、J-Popが車内に流れている。「GLAYとかサザンとか。SPEEDもよく聞いています」。30代半ば。青春時代を過ごした1990~2000年代にヒットした懐メロがお気に入りだ。

     長時間の移動となるが、指定時間に遅れたことは一度もない。ただ、この仕事を請け負う上で責任の大きさをあらためて感じた出来事があった。8月11日、マツダスタジアムでの巨人戦。巨人側が試合用のアンダーシャツなどの衣類を運ぶ荷物車の到着が遅れたことにより、試合開始が30分延びた。「自分だったら、と思ったらゾッとした。選手にも相手球団にも迷惑がかかる」

     リーグ連覇の瞬間は、甲子園のベンチ裏で迎え、神戸市内の宿舎で行われたビールかけにも参加した。「選手からいつもありがとうございます、と言ってもらえたときには充実感があります。うれしいですね」。レギュラーシーズンが終わった。次にハンドルを握るのは日本シリーズだ。日本一を目指して戦うナインを陰で支えていく。(デイリースポーツ・市尻達拡)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00000049-dal-base

    石田敦子、かきふらい、さだやす圭、弘兼憲史、満田拓也ら9名のマンガ家が描き下ろした広島東洋カープ選手のイラストを、スマートフォン用アプリ「本屋さんアプリ~本屋へGO!~」上で配布する「本屋さんへ行こう!!」の第1弾が、10月2日から10月15日まで行われる。


    「本屋さんへ行こう!!」では石田が田中広輔選手、一岡竜司選手、かきふらいが安部友裕選手、さだやすが石原慶幸選手、満田が菊池涼介選手のイラストを執筆。弘兼が執筆するイラストは現時点では「?」とされており、このほか野村宗弘が中崎翔太選手、川原正敏が野村祐輔選手、市川ヒロシが西川龍馬選手、村上たかしが新井貴浩選手を描き下ろす。なお10月16日からは西島大介らが参加するキャンペーン第2弾が実施される。

    イラストは日替わりでの配信となっており、期間中に廣文館、フタバ図書の各店舗へと足を運び、「本屋さんアプリ」を立ち上げることでダウンロードが可能に。配布スケジュールは記事末のリストにて確認しよう。このほか第1弾のコラボ実施中に日替わりで配信するスタンプを10種類集めた人の中から合計で30名に、描き下ろしイラストの複製原画をプレゼントする。

    「本屋さんへ行こう!!」イラスト配布スケジュール
    10月2日(月)満田拓也×菊池涼介選手
    10月3日(火)野村宗弘×中崎翔太選手
    10月4日(水)石田敦子×田中広輔選手
    10月5日(木)川原正敏×野村祐輔選手
    10月6日(金)弘兼憲史×?
    10月7日(土)満田拓也×菊池涼介選手、野村宗弘×中崎翔太選手、石田敦子×田中広輔選手
    10月8日(日)川原正敏×野村祐輔選手、弘兼憲史×?
    10月9日(月)村上たかし×新井貴浩選手
    10月10日(火)市川ヒロシ×西川龍馬選手
    10月11日(水)さだやす圭×石原慶幸選手
    10月12日(木)石田敦子×一岡竜司選手
    10月13日(金)かきふらい×安部友裕選手
    10月14日(土)村上たかし×新井貴浩選手、市川ヒロシ×西川龍馬選手、さだやす圭×石原慶幸選手
    10月15日(日)石田敦子×一岡竜司選手、かきふらい×安部友裕選手

    石田敦子
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    本屋さんが好きです。カープが好きです。ふたつが合わさる幸せなアプリに参加できてとても嬉しい。カープの選手たちが本屋さんに足を運ぶきっかけになるとしたら素敵です。素晴らしい本に巡り会えますように。私のお勧めは向田邦子さんです。ぜひぜひ。

    田中広輔選手へのコメント
    去年に続いてフル出場?大活躍の1番。優勝の勝利ボールを2年連続つかむ運もある!

    一岡竜司選手へのコメント
    カープに来てくれてありがとう!ほんわか顔でバッターを打ち取るかっこよさ。

    市川ヒロシ


    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    地元広島のカープ選手の似顔絵を描かせていただけるなんてとても光栄でした。カープも書店もこれを機会にもっともっと盛り上がってほしいと思います!

    西川龍馬選手へのコメント
    若手でイケメンの西川選手。今後のカープを引っ張っていくようなご活躍をお祈りしております!

    かきふらい
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    是非私の地元でも行ってもらいたいくらいのすばらしい企画だと思います!

    安部友裕選手へのコメント
    一打席一打席気合が入っていて目が離せません!覇気!

    川原正敏
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    カープファンとして、この企画に参加させていただき、光栄です。書店が減っていくこの時世に、少しでも力になれれば幸いです。

    野村祐輔選手へのコメント
    カープファンとして描きたい選手は何人もいますが「一人・・」を選ぶとすれば、やはり『ノムスケ!』。二枚目なので、描きやすいですし・・下手な僕でもなんとか恰好がつく綺麗なフォームなのが嬉しいですね。(全身描いてませんけど・・汗)。これからも、一層の活躍を期待し・・いえ、信じて応援していきます。



    さだやす圭
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    おもしろい。カープファンにとってはたまらん。

    石原慶幸選手へのコメント
    黒田と共に広島を変えた、守りの大黒柱。彼のリードによる強気の内角勝負には、痺れるものがある。

    西島大介(第2弾への参加)
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    祝優勝。まさに今年の企画。お声がけいただきありがとうございました!

    ブラッド・エルドレッド選手へのコメント
    実は息子の幼稚園で何度もお見かけしていました。熊のように大きくて頼れる存在!

    野村宗弘
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    本屋が大好きなんで、こういう企画に誘ってもろうて嬉しいばっかです。

    中崎翔太選手へのコメント
    2年連続胴上げ投手おめでとうございます!!普段の優しそうな顔も試合での威圧感溢れる顔も魅力的で大好きです!



    弘兼憲史
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    優勝おめでとうございます!!低迷時代も我慢して支えた甲斐がありました。これからしばらくはカープの天下が続くでしょう。泣くな、ジャイアンツ。

    ?へのコメント
    カープぼうや第二弾をつくるなら、ぜひわたくしに。

    満田拓也
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    カープと本屋さんに育ててもらった身として、このような企画に参加させていただき嬉しく思います。書店さんには厳しい時代でしょうが、がんばってください。

    菊池涼介選手へのコメント
    今年は菊池選手ご本人的にベストでないシーズンだったようですが、エリア33は常にチームを救ってましたね。

    村上たかし
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    一人でも多くの方に書店へ足を運んでもらえることを願っています。

    新井貴浩選手へのコメント
    これからも一日でも長く活躍してほしいです。
    引用元 http://natalie.mu/comic/news/250709

     「DeNA-広島」(1日、横浜)

     広島・新井が試合前に“即興サイン会”を開いた。

     自身の練習を終えると「今日が最後だから」とベンチから姿を見せ、赤く染まり始めた三塁側へ。ボールや色紙にペンを走らせてカープファンを喜ばせた。

     この日は広島のシーズン最終戦。スタメンこそ外れたが、新井らしい行動でファンへの感謝を示した。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/10/01/0010604456.shtml

    このページのトップヘ