広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

     広島の床田寛樹投手(24)が19日、悩みを吐露した。20日の巨人戦(マツダ)先発に向けて同球場で調整。自身にとって後半戦初登板だが「意識しちゃうとおかしくなる。しっかり投げてゴロを打たせたい」とG斬りを誓った。

     しかし、そんな左腕の髪は伸び放題。襟足は長く、サイドやもみあげもボサボサだ。「実は開幕してから2回くらいしか散髪してないんですよね」。現在は広島市内で独り暮らしをしているが、なじみの美容室は2軍寮のある広島・廿日市市。マツダスタジアムから車で30分かかるため、なかなか足を運べず、カットもままならないという。「人見知りなんで新しいとこに行けないんです」と性格的に広島市内で“新規開拓”することも考えていない。

     一方で、口元とアゴには、うっすら“おしゃれヒゲ”を蓄えていた。明らかに整えた形跡があったが「無精ヒゲです」としらばっくれた。そして「投げる前にそります」。身を清めてから決戦に臨むと強調していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00000188-sph-base

     なんとか首の皮一枚つながった。

    広島は負ければ自力Vの可能性が消滅する大事な一戦に逆転勝ち。4―6の8回に鈴木と松山の連打で1点差に迫り、一死二塁から選手会長の会沢が真っ赤に染まった右翼席へ決勝の9号2ランを放り込んだ。

     本拠地での連敗を6で止めた緒方監督は「後半戦のマツダのスタートの試合で、うちらしい野球というか、粘り強くあきらめない本当にいい野球をファンの前で見せられた」とホッとした表情を見せた。

     首位・巨人に一泡吹かせて4位に浮上したが、喜んでばかりもいられない。エースの大瀬良大地(28)がピリッとしないからだ。6月5日の西武戦で勝利したのを最後に4連敗。この日は勝ち負けこそつかなかったが、今季最短の4回5失点でKOされた。

     不調の原因に心当たりはないようで、大瀬良は「悪いと思って投げていない。真っすぐ、カット、スライダー、カーブ、フォークを全部打たれていますからね…。何とか(原因を)見つけて次に生かしていければ」と話す。バッテリーを組む会沢は「この時期は疲れもあるし…明日また話し合おうと思っている」と首をかしげ、佐々岡投手コーチも「悪い球じゃないように見えるんだけど、簡単に打たれるというのは何か原因があるとは思うんだけど…」と歯切れが悪い。

     白星に恵まれないだけでなく、直近4試合ではいずれも7回のマウンドに上がれていない。「チームに迷惑ばかりかけている。この状況を打破しなきゃいけない」と大瀬良。巻き返しにエースの完全復調は欠かせない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00000012-tospoweb-base

    <日本生命セ・パ交流戦:広島-ロッテ>◇20日◇マツダスタジアム

    広島ドラフト1位小園海斗内野手(19)が12時48分、マツダスタジアムに姿を見せた。1軍に再合流し、そのまま1軍選手登録される見込みだ。


    【小園のここまで】

    ◆春季キャンプ 当初は宮崎・日南キャンプで1次キャンプを経験させた後、2次キャンプから2軍調整するプランもあったが、攻守で頭角を現し、沖縄での2次キャンプも同行し、1軍で完走。

    ◆オープン戦 チームのオープン戦初戦だった2月24日のDeNA戦で4回裏の守備から途中出場。9回無死一塁で、山崎から左前打。3月3日の西武戦ではプロ1号本塁打。4回の遊撃守備から途中出場し、8回先頭で左腕武隈の直球を右翼席に運び、86年西武清原、93年巨人松井も達成できなかったオープン戦での高卒新人アーチを記録した。3月21日ヤクルト戦では2号を放つなど、オープン戦通算成績は、打率2割3分1厘、2本塁打、3打点。

    ◆開幕1軍 オープン戦の活躍から球団の高卒新人では00年苫米地鉄人以来となる開幕1軍メンバー入り。ただ、開幕戦は出番がなく、第2戦はベンチを外れ、3月31日に出場選手登録を抹消された。

    ◆ウエスタン・リーグ ここま46試合に出場。打率1割8分8厘(181打数34安打)ながら4本塁打。4月17日のソフトバンク戦で和田から右翼席へ2軍でのプロ1号をマーク。5月上旬に下半身の張りで2試合欠場したこともあったが、5月17日阪神戦では望月の直球を右翼席に4号ソロを放った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190620-06200389-nksports-base

     広島は18日、マツダスタジアム左中間席に掲出されている株式会社エブリイの看板が、今季後半戦から懸賞付きになると発表した。

     公式戦でバックスクリーン左の同社看板(縦1メートル、横5メートル=推定飛距離150メートル相当)にホームランボールを当てた選手(対戦相手も含む)は、同社から賞金100万円とエブリイオリジナルブランド「おいしい物語」各種商品が贈呈される。

     同球場の懸賞付き看板は、右中間席の「エディオンZONE」、右翼席の「オタフク」(いずれも賞金100万円ほか)に続き3件目。株式会社エブリイは、広島、岡山、香川の3県に43店舗を展開しているスーパーマーケットチェーン。

     19日から首位・巨人との直接対決に挑む赤ヘル打線にとっての“ニンジン”になるかどうか。ちなみに、「エディオン―」、「オタフク」の看板に直撃弾を放った選手は現時点で皆無だが、パワー自慢のバティスタあたりには朗報だ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00000101-sph-base

     プロ野球の後半戦が15日にスタート。スポーツ報知評論家の高木豊さん(60)がセ・リーグの展望を語った。

     巨人が強いのは「勝つための手」をぬかりなく打っているからだ。前半戦、リリーフ陣が不安視されると、トレードで鍵谷、古川、新外国人のデラロサを獲得した。ウィークポイントを埋めようとする努力には、必死になって戦っている姿勢を感じる。抑えに使っていた中川を状況に応じて8回に出すなど、投手起用を含めた戦い方にも柔軟性がある。

     強いチームが手を打っているのに、他チームにはその気概が感じられない。巨人は監督の要求に応えたコーチが指導し、教え込まれた選手が持ち味を生かした仕事をしているのに対し、もがいて食らいついていくようなことをしなければいけない他チームが、選手に任せたような試合をしているのだから差は縮まらない。独走は後半戦も続くだろう。

     巨人の一人旅になると予想する理由は他にもある。広島は守りが悪くなった。阪神も守備がよくない。むしろ、中日に上昇の可能性を感じる。ヤクルトは借金を減らすことが先決。そんな中、追ってくるチームがあるとすれば、DeNAくらい。DeNAは一発に頼る打線で、巨人のように足を使った野球はできないが、投手陣も安定して中継ぎ陣もいい。当然、後半戦も優勝を狙って戦うだろう。だが、それ以外のチームは2位、あるいは3位狙いに方向転換するのではないか。そうなると、巨人戦を優先するローテーションを組めなくなり、ますます巨人が有利になる。巨人に死角があるとするなら「優勝できる」と思った瞬間に出る「気の緩み」くらいしかない。(スポーツ報知評論家)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000078-sph-base

     リーグ4連覇を狙う広島のシーズン前半戦は引き分けを挟んで、1999年以来、20年ぶりとなる11連敗で幕を閉じた。白星は仙台での交流戦ラストゲームが最後。リーグ戦再開後の横浜から黒星街道は始まり、広島、甲子園、そして名古屋でも抜け出せなかった。

     緒方監督が前半戦総括の会見で振り返ったように先発不足、得点力不足など、チームの課題は山積み。ただ、前日10日までの中日3連戦では大型連敗の重圧に飲み込まれているように映った。8日はベテラン山井の投球に惑わされ、4番鈴木の一発は空砲に。9日は高卒2年目の山口が1回3失点KO。そして、10日は1点リードの七回1死一、三塁の好機にベンチが指示したセーフティースクイズが失敗に終わり、八回はレグナルトの2者連続押し出し四球で逆転負け。いずれの試合も勝機はあったが、勝ちきれなかった。

     広島の球団ワースト記録は球団創立年の50年と99年の13連敗だ。99年の紙面を見ると、7月13日に13連敗を喫していた。この試合はエース佐々岡が七回まで2失点と力投するも、八回に走塁ミスで追加点を逃すとその裏に痛恨の2失点で黒星。くしくもこの日は達川監督の44歳の誕生日で選手会長の緒方は「1日遅れになるけど明日(14日)白星をプレゼントすればいい」と連敗脱出を誓っていた。

     翌14日は先発黒田が8回無失点。0-0の九回に4番江藤が決勝打を放ち、守護神沢崎が1点のリードを守り抜いた。1-0でようやく連敗ストップ。達川監督はウイニングボールを左手に持って「こんなにうれしい勝ちはない。とにかく選手が頑張ってくれた」と目を潤ませたという。

     10日の試合後、緒方監督は「勝ってオールスター休みに入りたかったけどね。1回また体、そして気分的にもリフレッシュして気持ちを切り替えて臨みたい」と話した。首位巨人と11ゲーム差。現実は厳しいが、本来の姿を取り戻すためにも、まずは連敗の閉塞感を打ち破りたい。後半戦は15日から始まる。(デイリースポーツ・杉原史恭)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00000063-dal-base

     敵地甲子園で、赤ヘル軍団が力尽きた。

     広島は5日、阪神に敗れ、引き分けを挟んで6連敗。貯金もゼロになり、セの貯金は巨人が独占することになった。

     この日はわずか4安打。六回にはバント処理で先発の大瀬良と一塁のメヒアが衝突するなど、守備のまずさも目立った。

     今季の広島は、最悪からのスタートだった。開幕ダッシュに失敗し、4月半ばに早くも借金8。昨季のセの覇者が、最下位の屈辱にまみれた。それが5月上旬から目が覚めたように勝ちだすと、借金をすべて返済。11連勝で首位に立ち、貯金も最大14となった。

     ところが、意気揚々と臨んだ交流戦で、パに5勝12敗1分けの最下位。リーグ戦再開後は、いまだ1勝もできていない。

     広島の敗因は貧打だ。交流戦で最も点を取った試合は4点。リーグ戦再開後も、7試合で12点しか取れていない。チーム防御率はリーグトップの3.41でも、同4位タイのチーム打率.245の打線に見殺しにされているのだ。

     地獄から天国、そしてまた地獄とせわしない広島。試合後、「(打順を組み替えても)点にならない。しっくりこない」と話した緒方監督。乱高下が激しい「赤いダイヤ」のごとき広島を、巨人が横目で見て笑っている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190706-00000023-nkgendai-base

     5日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、広島について言及した。

     同日に行われた阪神-広島の途中経過の情報が入ってくると、江本氏は広島について「相当チーム力が落ちていますよね。チーム全体の疲れも出ています」と指摘。

     「広島は一人の選手に頼ろうとしすぎですよね。広島は選手層が厚いといいますけど結局、いうほどいないんですよ」と話し、「この状態でこれから飛躍的に良くなるような雰囲気はなかなか難しいと思うんですよね。ジョンソンもダメだし、大瀬良しかいない。打線がよっぽど奮起しないと」と現状の広島について分析していた。

     広島は阪神に1-3で敗れ、今季初の6連敗。一時14あった貯金も0となり、首位・巨人とのゲーム差は7に広がった。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190706-00194807-baseballk-base&pos=4

     『ニッポン放送ショウアップナイター フレッシュオールスターゲーム イースタン・リーグ選抜-ウエスタン・リーグ選抜』で解説を務めた野村弘樹氏が、広島・小園海斗について言及した。

     ウエスタン選抜の『1番・三塁』で先発出場した小園は初回の第1打席、イースタン選抜の先発・吉田輝星(日本ハム)のストレートをライトスタンドへ運ぶ先頭打者本塁打、続く2回の第2打席はライト前に弾き返すヒットを放った。先頭打者弾を含むマルチ安打の活躍を見せた小園は、MVPを受賞した。

     野村氏は小園について「根尾、藤原、小園の野手3人を並んでみたときに、小園の体つきの良さにびっくりしたんですよ。2月に見たときもお尻周りが大きくてビックリしたんですけど、さらに大きくなっている。藤原、根尾もいい体をしているんですけど、小園の方が大きく感じましたね」とコメント。

     また、小園の守備について野村氏は「オープン戦をみたときに、言い方悪いですけど、“こいつはやるな”と感じたんですよ。今日ノックを受けている姿を見ても、速くて捕る瞬間が緩むんですよ。力が抜けてパッと動くので、デビューした時はエラーが重なりミスがありましたけど、経験を積んでいくと素晴らしい選手になるような気がしますね」と評価した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00195546-baseballk-base

     広島ホームテレビ(テレ朝系)のカープ学習バラエティー「カープ道」(かーぷどう=水曜深夜、広島ローカル)にスポーツ5紙の記者が再集結。広島の前半戦を振り返り、後半戦の行方を占う。

     同局担当者は「前回の放送で、各記者が様々なキャラクターの持ち主であることが判明。全く同じメンツで2回目の収録に臨みました。『カープ道』的にも彼らを広島の名物記者にしたい思いがあります」とニヤリ。一方で「記者の皆さんの『サイン色紙プレゼント企画』はありません」と、出演者を軽くディスることも忘れなかった。

     同担当者はさらに「鋭い取材力と分析力から、マル秘エピソードが披露されます。これを見ればスポーツ紙はもちろん、彼らのSNSも2倍楽しめること請け合い」と強調。放送では「チームは競走馬と一緒」というたとえ話や「後半は抑えの固定が不可欠。キーマンは○○」という斬新な提言が紹介される予定だ。

     スポーツ報知の田中昌宏記者は「最近、原稿よりもツイッターに力を入れすぎだとデスクに怒られています。オンエアを見たチーム関係者にも怒られること必至の発言を繰り返しましたが、記者生命を賭けて収録に臨みました」とキッパリ。3月に放送された「開幕直前スペシャル」は望外の高視聴率を叩き出して再放送も実現した「スポーツ紙記者集結回」。今回も「神回」となるか。

     【出演】柏村翔(サンケイスポーツ)、河合洋介(スポーツニッポン)、田中哲(デイリースポーツ)、田中昌宏(スポーツ報知)、前原淳(日刊スポーツ)、MC・中島尚樹

     【放送】17日深夜0時20分


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000128-sph-base

    このページのトップヘ