広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

     プロ野球・広島の元エース、北別府学氏(60)が22日、自身のブログを更新。6日に行われた学生アメリカンフットボールの試合で日大の選手が無防備な関西学院大選手に後方から悪質なタックルをして負傷させた問題について言及した。



     北別府氏は「アメフトの件で思う事」とのタイトルでブログを更新。「同じスポーツ界にいて、どうしても書きたいことがあります」と切り出し、「スポーツには厳しいルールがあり、それを守らないと命に関わることがあるのです」「スポーツはエキサイティングであればあるほど観る方もやる方も楽しめるものです。しかし、それにはルールに則りプレイしなければ、命を守れない」と今回の騒動を“断罪”した。

     その一方で、北別府氏がこの件についてブログを書くことにしたのは加害者側の日大選手が会見をすると聞いたからだとし、「この騒ぎの中、会見に出るというのはどんなに勇気がいった事だろうか」と日大選手の胸中を思いやり、若者の将来を案じる文章も。

     「チーム内で大変有望で優秀と言われたこの選手がしばらく干されていることもあったと聞く。その中で犯してしまった反則。どんな条件が重なったとしても犯してしまったことは自分で償っていかなければならないのですが、厳しい練習、人間関係の中今まで頑張って来た事を胸に、心からの謝罪をした上で今後の人生を乗り越えて欲しい」とエールを送った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000130-spnannex-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球版記者コラム>

     遠征先の練習日によく見る風景だ。ビジター球場で練習を終えた選手たちが当たり前のように、球場内にあるトレーニングルームに直行。体を鍛える。実はこれ、セ・リーグでは、ほぼないらしい。ある球団のトレーナーが「セ・リーグでは相手チームのトレーニングルームを使えないんです」と教えてくれた。

     理由はチームの機密情報を守るため。セ・リーグでは12年に導入されるまで予告先発ではなかった。そんな名残もあって使えないのだとか。17年に阪神からオリックスに移籍した金田は「確かに(阪神時代)遠征中は宿舎近くのジムに行ったりしてました。やっぱり練習の一環としてトレーニング出来る方が絶対にプラスですよね」と話す。

     今月下旬には交流戦が始まる。交流戦でのセ・リーグ球団の分の悪さは、「DH制を採用していないことが要因だ」とよく言われる。投手が打線に入ることで、投手も打者も育たないと。それも一理あるだろうが、先ほどのトレーナーは「トレーニング環境がセとパでは違う」と言う。「なるほどな」とうなずいた。【オリックス担当=桝井聡】

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00211789-nksports-base

     球団史上初のセ・リーグ3連覇に向けて追い風となるか――。首位の広島は18日、本拠地マツダスタジアムでのヤクルト戦が降雨中止となった。今季の中止はこれで4試合目。5月は本拠地開催のカードで必ず1試合が中止になっている。13日に中止となった阪神戦が9月21日に振り替えられることが決まったように、この調子だとシーズン終盤がタイトなスケジュールになりかねない。緒方孝市監督(49)も「後半の日程的にも怖い部分がある」と心配しているほどだが、デメリットばかりでもなさそうだ。

     2位巨人に2・5ゲーム差をつけての首位とはいえ、戦力的に今季の広島は誤算続き。投手陣では昨季15勝で最高勝率のタイトルに輝いた薮田は不調で二軍暮らし。開幕投手の野村は背中の筋挫傷で戦線離脱したうえ、10日の二軍戦で右腕に死球を受けて一軍昇格が見送られた。さらにジョンソンも夫人の第1子出産に立ち会うため帰国。月末まで不在となる。

     野手陣もしかり。4月28日の阪神戦で右太もも裏を痛めた丸は三軍で別メニュー調整中。キャッチボール、ティー打撃に加えてこの日、故障後初めて7割ほどの力でダッシュを行ったが、浅井三軍統括コーチによれば「これから(状態は)上がってくると思うが、まだ万全ではない」。昨夏に右足首を骨折した鈴木もまだ100%の状態には戻っていない。緒方監督が「丸のケガだったり、先発陣の不安もある。(中止を)プラスにとらえたい」と言うのも、4度の中止が“時間稼ぎ”になるからだろう。

     リーグ連覇した昨年はシーズンを通して中止が3試合で、10月1日の最終戦からCSファイナルステージ初戦まで中16日も空いてしまい、調整に苦労した。リーグ3連覇を前提に考えれば、相次ぐ中止もメリットとなりそうだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00000013-tospoweb-base

     日本野球機構(NPB)は8日、17年シーズンに戦力外となった選手と引退した選手(日本人のみ)、合計126人の追跡調査結果を発表した。126人の平均年齢は29・4歳、平均在籍年数は8・1年。


     NPB球団、社会人野球、評論家など野球関係の職業に就いた人は70%にあたる88人。調査開始から過去11年の平均は71%で、例年通りの傾向となった。コーチや球団職員を含めてNPB球団へ進んだ人は62人で全体の49%。

     独立リーグや社会人野球、外国のプロ野球に進んだ人は24人で19%。軟式野球の相双リテックに進んだ前ロッテの脇本直人外野手、米独立リーグのゲーリーと契約した前DeNAの久保康友投手、オランダリーグに進んだ前ヤクルトの中島彰吾投手が含まれる。

     野球関係以外の道に進んだ人は38人で全体の30%。就職は18人、起業は2人。前広島の江草仁貴氏はデイサービス施設を立ち上げ、前DeNAの小杉陽太氏はイベント企画などを行う会社を起業した。前西武の木村昇吾氏はクリケット選手に転身している。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00202491-nksports-base

    去年から書店では、子供たちが楽しみながら勉強もできるとして、ユニークな学習ドリルが人気を集めていますが、広島でもファンには堪らないユニークな学習ドリルが新たに発売されました。
    【衣笠アナ】
    「広島市内の書店にやってきました。こちらありました。目立つ位置に置いてありますよ。
    きょうから販売が始まりました。その名も『℃℃℃ドリル』です!」

    こちらはカープ選手の背番号で、簡単な足し算や引き算をする計算ドリルとなっていて、全部で1170問。
    難易度が高くなると2軍の選手も登場し、計算力アップとともに『カープ愛』も深められる内容となっています。
    【ザメディアジョンプレス・石川淑直さん】
    「家族で一緒にカープを応援しながら、試合のインターバルの間に問題をやってみようと一緒にやってもらえると一番いい」
    【衣笠アナ】
    「それでは早速、球場へ向かうカープファンのカープ愛をチェックしてみましょう」
    【カープファンが問題にトライ】
    (Q丸佳浩9+今村猛16は?)「新井さん(25)」「正解!素晴らしい!」(Qどうですか?こういうドリル?)「すばらしいと思いますね。さずが広島だと思います」
    (Q菊地涼介33+堂林翔太7は?)「磯村(40)」「すごい!しかも早い」(Qどう、こういう計算ドリル?)「楽しい」(Q新井貴浩25+岡田明丈17は?)「42。誰?全然わからない」「ジョンソン(42)」
    (Q下水流昂35+加藤拓也13-中村奨成22は?)「26?ギブアップ」「26はあってる?」「あってます」「中田廉(26)」「この前打たれたから忘れとった」(Qどうですか、こういうドリル?)「いいですね。小学校の無料配布にしてあげたいね」

    『℃℃℃ドリル』は1冊税別で1000円。主な書店で販売しています。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00000007-tssv-l34

     広島は10日、マツダスタジアム開場10周年記念イベントとして5月25日から27日に開催するポルトガル共和国アゲダ市「傘まつり」、カンポマイオール市「紙花まつり」の詳細を発表した。


     「傘まつり」「紙花まつり」に加えて、コンコースグッズショップ周辺でも両市のPRエリアが設けられる。数量限定10周年記念オリジナルグッズの販売や、ポルトガルのコーヒーやワインの試飲コーナーもあるという。

     コンコース一塁側には3日間限定売店「Portugal」が登場。ポルトガル名物として有名な「エッグタルト」や「鱈のコロッケ」が販売される。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000125-dal-base

     法大野球部OBでプロ通算2038安打、コーチとしてもイチローらを育てた新井宏昌氏(66)が、広島のコーチ時代の教え子・丸について「四球と同じくらい三振するのが不思議」と首をひねった。

     新井氏は5月13日、AbemaTVの東京六大学野球 2018春季リーグ戦の中継に解説で登場。自ら名球界入りする2000安打を記録し、引退後はコーチとしてオリックス時代にイチローを育てたことで知られるが、2013年から3年間は広島で丸、田中、菊池らを育てた。

     かつての教え子の中でも日本を代表する打者に成長した丸だが、いまだに分からないのが三振数の多さだという。数々の打者を見てきた新井氏だが「丸は素晴らしい出塁率なんですが、四球と同じくらい三振すると思うんですよ。それがいまだに不思議で。3割のアベレージがあって、四球を100個取って、100三振する」ことが腑に落ちないようだ。

     実際、新井氏が指導していた2014年には打率.310をマークし、四球をリーグトップの100個選びながら、95三振。昨シーズンも打率.308の中、83個の四球で、113三振している。この謎現象にアリゾナダイヤモンドバックス顧問を務める元スカウトの小島圭市氏(49)も「不思議ですね。ちょっと見てみようと思います。三振が減った時に、どこに数字が乗るかですね」と興味津々だった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00010002-abema-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     セ、パ両リーグは7日、今季開幕からホームとビジターで対戦が1回りした3日時点の各球団の観客動員を発表。納得、不可解な数字が入り乱れる舞台裏を明かす。

     球団史上初のリーグ3連覇を目指し順調に首位を走る広島が、なぜか前年比1・1%減。そのワケは、3万3000人収容の本拠地マツダスタジアムの半分にも満たない、呉市二河野球場(1万5000人収容)での主催試合(4月17日・ヤクルト戦)が含まれているからだ。セ・リーグ断トツの前年比18・3%増をマークしたのが中日。本拠地ナゴヤドームで3試合先発した松坂大輔の効果であることはいうまでもない。

     パ・リーグ首位を独走中の西武は、観客動員でも両リーグを通じトップの前年比21・8%増。10年ぶりのリーグ優勝と日本一が現実味を帯びているのだから、ファンが足を運ぶのも当然。一方、ロッテが前年比で13・2%の大幅増というのは、低迷しているチーム成績はともかく、井口資仁新監督の清新さが支持されているのだろう。

     日本ハムは米大リーグ・エンゼルスに移籍した大谷翔平に代わる新看板にと期待されたゴールデンルーキー・清宮幸太郎が限局性腹膜炎などのために開幕1軍を逃したことが、9・7%減の要因。今後どれだけ取り戻せるか。

     1月に急逝した故・星野仙一球団副会長の弔いV奪回を宣言しながら、最下位独走の楽天は、12球団ワーストの前年比13・7%減。どこまで巻き返せるか、草葉の陰で星野さんも見守っているだろう。(江尻良文)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000002-ykf-spo

     23日夜に死去した元広島の“鉄人”こと衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)さん(享年71)は現役時代、“ミスター赤ヘル”こと山本浩二氏(71)との名コンビで鳴らしたが、実は最初は犬猿の仲ともいえる関係だった。元ニッポン放送アナウンサーで2人と親交があった深澤弘氏(82)が、本当の仲を明かす。

     巨人の長嶋茂雄終身名誉監督が、よくこう言っていました。

     「僕の誇りはね、王(貞治ソフトバンク球団会長)と1度もいさかいがなかったことだよ」

     同じチームに力量が突出したスターが2人いれば、お互いに意識し合い、いつしか仲が悪くなる方が普通。奇跡的にONコンビの仲が良く、両雄が見事に並び立ったことが、巨人9連覇の原動力だったともいえます。

     何年か前、(山本)浩二さんにこの話をしたら、彼はこう声をひそめました。

     「僕とキヌ(衣笠さん)の仲は、決して良くなかったです。ライバルで、お互いにとげとげしかった。3番衣笠、4番山本で、僕はネクストバッターズサークルで何度も『打つな!』と念じました。キヌも同じ気持ちだったと思います」

     そんな2人の関係が劇的に変化したのが、1975(昭和50)年。7月19日のオールスター第1戦(甲子園)で、全セの3番を打った山本さんは1回と2回に、6番の衣笠さんは1回と3回に、そろって2打席連続本塁打。2番手で登板した外木場投手も3回無失点の好投で、翌日のスポーツ紙は「赤ヘル軍団現る」と大騒ぎでした。

     このとき、山本さんは「キヌと個人的に話してみたくなった」。広島に戻ると衣笠さんを誘い、初めてサシで酒を飲んだそうです。

     当時の広島は球団創設以来1度も優勝したことがなく、前年まで3年連続最下位の弱小チームでした。2人はこの席で「今年は優勝のチャンスじゃないか」と意気投合。実際に、秋には悲願のリーグ初制覇を成し遂げました。

     以後、2人はアドバイスを送り合い、盟友といわれるようになり、広島も常に優勝争いに加わる強豪へと変貌していったのです。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000015-ykf-spo

    「山賊打線」と名付けられた西武、それ以上のチーム打率を記録した巨人の攻撃陣の猛攻ぶりが目立った3、4月のNPBでしたが、月間MVPが5月9日に発表されます。



     月間MVPの選出基準は、打者の場合、得点圏打率や猛打賞回数なども加味されたりしますが、基本はNPB公式記録が用いられます。ただ打点や勝利数といった公式記録は、セイバーメトリクスでは個人の能力を如実に反映する指標と扱わないので、セイバーメトリクス的にどれだけ個人の選手がチームに貢献したかを示す指標で選べば、公式のMVPとは異なる選手が選ばれることもあるでしょう。

     そこで、セイバーメトリクスの指標によって3、4月の月間MVP選出を試みます。

    ◯3、4月月間MVP セ・リーグ打者部門
    丸佳浩(広島)
    OPS 1.076 wOBA 0.465 RC27 11.55 (すべてリーグ1位)
    出塁率0.530 (リーグ2位)  長打率0.545(リーグ5位)

     候補選手は8人ですが、その中でも有力な候補の成績はこちらです。

    坂本勇人(巨人)
    打率.369 25試38安2本20打 得点圏打率.467

    アルモンテ(中日)
    打率.359 25試33安4本17点 得点圏打率.524

    岡本和真(巨人)
    打率.330 25試31安5本16点 得点圏打率.333

    丸佳浩(広島)
    打率.312 25試24安5本16点 得点圏打率.318

     これまでの選考の傾向でみると、打点や得点圏打率が重視されているように見受けられます。それを鑑みると、今回は首位打者であり、打点、得点圏打率も申し分の無い数字を残している坂本が最有力であると考えられます。しかし、セイバーメトリクスの指標によって評価すると以下のようになります。


    引用元 https://full-count.jp/2018/05/07/post127368/

    このページのトップヘ