広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

    「(中田)翔は故障もあって今は二軍で調整をしているけど、もうすぐ復帰できるみたいですし。復活すると思うし、絶対やってくれると思っています」

     こう言うのは広島の菊池涼介(27)。21日のヤクルト戦前、3月のWBCでともに日の丸を背負った中田に関してだ。菊池と中田は同じ学年。12年4月に常設化された侍ジャパンで何度もチームメートとなり、公私で親交が深い。盟友といえる間柄である。

     中田は腰や手首に痛みを抱えながら、WBCを戦った。開幕から打撃不振に陥り、右足内転筋の筋挫傷で登録を抹消された。その直前には「公式戦に向けての気持ちの持っていき方」について難しさを吐露していた。菊池が続ける。

    「僕は初めてWBCを経験させてもらった立場ですけど、気持ちの切り替えは難しかったですよ。本当に。当初の成績はもう、見ての通りの結果でしたし」

     たしかに開幕から9試合の成績は打率.189、0本塁打、2打点。昨季、最多安打(181)のタイトルを獲得した選手とは思えないほど低調だった。

    「でも開幕したらそんなことは言ってられない。とにかくチームのためにできることはないかと毎日思いながら、打てないなりに進塁打を打とうとか、そうやって切り替えていこうと。11日の巨人戦で5安打というのがあって、結果的に楽になれた自分もいたので今がありますけど、あの5安打がなかったら絶対苦しんでいますよ」

    ■「打撃のズレは確かにある」

     実際、菊池や中田のようにWBCで常時、試合に出続けた野手の多くが不振に悩んでいる。

    「翔の場合は故障なんでこの話が関連しているかはわからないですけど、(DeNA戦だった)20日、筒香とも話をして、やっぱり打撃のズレというのは確かにあると思うんです。向こうはツーシームだったり、とにかく速いボールを動かして勝負してくる。WBCでは投手の攻め方や球筋の違いに対応しようとずっとやってきた。個人差はあれど、タイミングの取り方だったり、それを元に戻す難しさに少なからず苦しんでいる部分はあると思います。ただ、それも慣れですからね。そのうち、みんな状態は上がってきますよ」

     米国との準決勝では1点しか挙げられず敗れた。多くの打者は投手の高速かつ球威あるムービングボールに苦慮し、驚き、結果的に世界一の夢を打ち砕かれた。侍ジャパンの面々の脳裏に、1カ月たった今もまだ動くボールの“残像”がこびりついているなら、不振に悩むのもわからなくはない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000009-nkgendai-base

     野球評論家の張本勲氏(76)が23日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に登場。19日のDeNA2回戦(マツダ)で審判員への暴言で退場処分を受けた、広島の緒方孝市監督(48)について言及。「感情的になる人じゃない。それがあれだけ激怒するということは見てわかる。私は日本のアンパイアは世界一とずっといってきたが、ここ2年ぐらいで下手になった。勉強してもらいたい」と同情した。

     緒方監督は現役時代も含めて初めての退場となった。七回二死一、二塁で遊撃へゴロを放った小窪が一塁でアウトとされた判定を不服とし、一塁の山路哲生審判員に激しく詰め寄った。球団は六回の田中の遊ゴロも微妙な判定だったとみており、試合後にセ・リーグに意見書を提出した。

     張本氏は「私が見たらアンパイアが感情的になっている。最初に抗議にきたから、ちょっとどっちかわからないようなのをアウトにしたんじゃないかという感情が走るんですよ。アンパイアがそれじゃ困るよ」と苦言を呈していた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000502-sanspo-base

    ● 巨人 5 - 11 広島 ○
    <3回戦 東京ドーム>

     広島の強さだけが印象に残る3連戦となった。1点を追う9回に一挙7得点を挙げた広島が、11-5で勝利。引き分けを挟んで連勝を10に伸ばした。

     広島は1点を追う9回、先頭の代打・松山竜平が豪快な一発で同点に追いつくと、四球と失策などで無死二、三塁とチャンスを作り、丸佳浩が2点タイムリーを放ち勝ち越しに成功。1度火のついた打線は止まらない。安部友裕のタイムリー、石原慶幸の3ランで、この回だけで7点を挙げた。その裏、今村猛が巨人打線を3人に抑え勝利。

     ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務めた山本昌氏は「言葉がでませんね。私は1999年にドラゴンズで開幕11連勝を経験しているんですけど、そのリードを保って最後まで優勝しましたからね。それに匹敵しますよね」と自身が現役時代に経験した99年の中日に並ぶ強さだと称賛した。

    (提供=ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00112393-baseballk-base

     好調な滑り出しでセ・リーグ連覇を狙う広島。チーム名を冠した焼き鳥屋「カープ鳥」は、ファンが集う有名店だ。広島市内の13店舗の売りは、選手の名前を付けた串。毎年開幕前の「編成会議」で、今季のメニューに載る「1軍メンバー」を決めてきた。生き残り、返り咲き、大抜擢(ばってき)――。串の名にドラマあり。



    ■店長ら集まり「オーダー表」決定

     「験を担いで、(鈴木)誠也は去年と同じ笹身(ささみ)でいった方がいいよ」「ジョンソンは、歴代エースのヒナ皮で」

     開幕を3週間後に控えた3月7日。広島市内の雑居ビルの一室で、2回目の編成会議が白熱していた。

     メニューの枠は45種類。毎年この時期、新シーズンの「オーダー表」を決めるため、店長らが集まる。

     前シーズンに貢献したのは誰か。著しい成長が期待できる選手は――。議論は1時間ほど続き、牟田(むた)亮介社長(35)の一言で締めくくられた。

     「このメニューで、今年も優勝を目指しましょう」

     昨年の流行語大賞「神ってる」。その活躍ぶりで名をはせた鈴木誠也外野手(22)は笹身を維持。人気の急上昇とともに客から理由を聞かれるようになり、「良質の筋肉になるから」と後付けで答えるようになった。地元・広島商高出身の岩本貴裕外野手(30)は昨季27試合出場に終わったが、期待値込みで残留した。お店に顔を出してくれることが決め手となった。

     一方で9種類が入れ替わった。例年、原則としてエースを充てる人気メニューのヒナ皮は、沢村賞のジョンソン投手(32)が射止めた。昨季は笹身しそ巻。本人が店で「しそ巻は得意じゃない」と漏らした。

     不動のメニューもある。チームの要となる監督は心臓。猛練習で技術を練り上げた新井貴浩内野手(40)は、チーズつくねだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00000040-asahi-soci

    このページのトップヘ