広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

     広島、中日、楽天で通算22年間、活躍した紀藤真琴さん(53)が今年1月、茨城県水戸市の水戸啓明高の野球部監督に就任した。

     水戸市郊外にある水戸啓明高のグラウンド。夕方、授業を終えた選手が次々と集まってくる。紀藤監督は1人1人に目を配り、体調不調で練習を休んだ選手がいると聞けば、「心配だね」と顔を曇らせる。練習中は鋭い視線をグラウンドに送り、ミスした選手に「めまいがするわ」と苦笑い。いい緊張感の中で選手はキビキビと練習に打ち込んでいた。

     「今の高校生は本当に真面目。僕らが高校の頃はうっすらとヒゲがはえたやつとか、襟が高くて丈の長い学ランを着たバンカラなやつが多かった。自分もそり込み入れて、ケンカ腰で野球やってましたよ(笑)。ただ、今の子はいろんな情報を得やすくなった分、頭でっかちが多い。間違ったことも正しいと思ってしまうから、そういうところは僕がしっかりと指導していかないといけない」

     中京高時代は3度の甲子園出場を果たし、1983年度のドラフト3位で広島に入団。94年から3年連続2桁勝利を挙げた。中日、楽天にも在籍し、05年の引退後は楽天投手コーチとして岩隈久志や田中将大らを指導。台湾球界でもコーチを務めた。5年前に水戸市でアマチュア向けの野球塾「紀藤塾」を立ち上げ、小中高生を指導するなど豊富なキャリアの持ち主だ。

     昨年、水戸啓明高から監督就任の打診を受け、今年1月から指揮を執っている。同高は12年に校名を水戸短大付から変更。96年夏と02年春に甲子園に出場しており、OBには広島・会沢らがいる。近年は常総学院、明秀学園日立などの強豪校の壁に阻まれ、甲子園から遠ざかっている。

     「目標は甲子園。やるからには目標は大きい方がいい。幸い、自分はあこがれの舞台に立つことができた。子供たちにもその夢をかなえてあげたい」。だが、そのために勝利至上主義の野球をやるつもりはない。「自分の役目はこの子たちに野球の楽しさを教えていくこと。そして一番大切なのは将来、大学や社会人、あるいはプロの世界に進むにしても、それまでに肩ヒジなど体を壊したりしないように、伸びしろを残して上の舞台に行かせてあげることだと思っている」と話す。

     昼間は学校の職員として勤務する。「生徒がいろんな相談に来ますよ。人生相談とかもあるしね」。海千山千のプロの世界を生き抜いてきた紀藤監督のアドバイスは、野球のみならず、一人の人間として生きていく上でも生徒たちの指針となるに違いない。

     「子供たちの能力は無限の可能性を秘めている。やる気をしっかりと引き出してあげれば、今までとは違う能力を発揮することもあるんです。そういったところに高校野球の指導者としての面白みを感じますね」

     最後に17年間在籍したカープについて聞いた。「つらかったことも多かったけど、今の僕の礎を築いてくれたのはカープですから、とても感謝してます。現役を22年間続けられたのもカープの厳しい練習のおかげです」。4月には春季県大会が開幕する。初陣・紀藤監督にとっても新たな挑戦の始まりだ。(デイリースポーツ・工藤直樹)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00000052-dal-base

     14日のオリックス戦(シティ信金スタ)で右ふくらはぎに死球を受けて途中交代した広島・長野久義外野手(34)が15日、マツダスタジアムと広島市内の病院で治療を受け、16日からのオリックス2連戦(マツダ)を欠場する見込みであることが分かった。



     松原トレーナーは「治療を2、3日して、そこからどういう形で競技復帰するか検討する。(症状は)見たままだと思います」と説明。19日のヤクルト戦(神宮)から戦列復帰を目指す方針を示した。

     長野はこの日午前、球場入りの際にタクシーから降り立つと、険しい表情を作り、痛めていない左足を引きずって歩くジョーク。昼過ぎに松原トレーナーと病院に向かう際にも「(どこに行く?)ランチデート!」と笑いを誘って軽症をアピールした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00000120-sph-base

    ◆オープン戦 DeNA―広島=雨天中止=(10日・下関)

     午前9時30分に雨天中止が決まり、広島ナインは新幹線で広島に戻った。この日、救援登板予定だった新外国人のカイル・レグナルト投手(30)も、グリーン車の設定がないこだま号に乗り込み、普通席で188センチ、103キロの大きな体を縮こまらせた。

     移動用のダークスーツ。その胸元にはキラリ輝くユニークな形のタイピン。自身の決め球で「ハンマー」と呼ばれるパワーカーブに引っかけて、ずばりハンマーをかたどったものだ。「今週買ったんだ」と米国人左腕。2日の西武戦(佐賀)の際はタイピンを忘れ、大きなゼムクリップで代用していたが「(広島・府中町の)イオンスタイルで買ったんだ。面白いだろ」と誇らしげだった。

     その西武戦では直球、スライダー、チェンジアップの精度向上に腐心していたが、この日の試合ではハンマーのように鋭く落ちる決め球を解禁する予定だった。「シーズン直前の2週間は非常に大切だ。腕を振るスピードが上がってきたので、シーズンに向けて持ち味のハンマーをしっかり投げていきたい」と、気合を込めた。

     広島に到着すると、この日、先発予定だったクリス・ジョンソン投手(34)とともにマツダスタジアムに移動して調整。ブルペンで20球程度、感触を確かめた。開幕1軍について「外国人枠に入るか否かは、首脳陣の決定に従うことしかできない。でも今までの野球人生だって何らかの“枠”を目指して争ってきたんだ。このチームには僕も含めて素晴らしい外国人選手が多い。僕が枠を決定する側じゃなくて良かったよ」とジョーク混じりで、人事を尽くす意志を強調した。

     仕切り直しの登板は13日の日本ハム戦(マツダ)の予定。遊び心満点かつ練習態度もマジメな助っ人左腕が、広島ブルペン陣の主柱になるか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00000165-sph-base

     広島・長野久義外野手が11日、マツダスタジアムで行われた全体練習に参加した。外野ノック、打撃、走塁練習など全メニューを終えた後に特打を敢行。約1時間、松山と共に快音を響かせた。

     シーズン開幕が近づくにつれ、スイングスピードは鋭さを増しており、東出打撃コーチも「全然振れている」と太鼓判。今週中にもオープン戦で外野守備に就く予定だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00000118-dal-base

     広島が11日、マツダスタジアムで全体練習を行い、前日(10日)まで侍ジャパンの強化試合(対メキシコ、京セラドーム大阪)に参加していた野間峻祥外野手(26)もチームに合流。居残り特打で汗を流すなど、開幕スタメンを必死でつかみとる姿勢を見せた。

     チーム練習が終わっても、東出打撃コーチとマンツーマンでティー打撃。体を大きくひねって力強いスイングを繰り返した。「体が開いてしまうので、練習から極端にツイストするくらいでいこうと。ツイストした方がバットの走りがいい。去年もツイスト気味に振ってましたから」。オープン戦打率は3割3分3厘ながらスイングが安定せず、自らの打撃を見失いつつあった。初めて規定打席に到達し、打率2割8分6厘をマークした昨季のイメージを追い求めると、フリー打撃での最後の1球で右中間に特大アーチ。見守った長野も「うぉ~っ!」と絶叫する会心の一撃だった。

     初招集の侍ジャパンは2試合で計5打数無安打。「侍ジャパン? 何スかそれ? そんなの行ってないですよ。(侍ジャパンから提供されたバッグ?)友達にもらいました」と、ジョークで、爪痕を残せなかった2日間を記憶から抹消した。そして「まだオープン戦が何試合かある。もう一度、一から必死になってやりたい」。まずはプロ初の開幕スタメンから、レギュラーを死守するシーズンが始まる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00000197-sph-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     広島ドラフト1位、小園海斗(18)=報徳学園=が3日の西武戦(長崎)で高卒新人野手として2013年の日本ハム・大谷翔平(現エンゼルス)以来のオープン戦本塁打を記録したが、くしくもこの日午前、球界御意見番の張本勲氏(78)が小園の打撃フォームの欠点を指摘していた。なおさら今後の小園に注目が集まる。

     TBS系で放送された朝の情報の番組「サンデーモーニング」の「週刊御意見番」のコーナーで、張本氏はこう指摘した。「バットの握り方が非常に悪いわね」

     具体的にはこうだ。「“こぢから”はあるんですけど、グリップのね、人さし指を二つとも遊ばしているから。やっぱり10本の指を使用しないとね、インパクトの時にずれがあるし、弱くなるんですよ」

     前日(2日)の西武戦(佐賀)でプロ初長打の右翼フェンス直撃二塁打を放ったことを知った上での“喝”。日頃から「足を上げる子と、指を遊ばせている子がすごく多い。なぜ子供の頃から指導してやらないのかなと思いますよ」と不満を抱いている。

     小園はこれでオープン戦通算7打数4安打(打率・571)、1本塁打、1打点、3得点で開幕一軍へ視界が開けてきたが、通算安打の最多記録保持者(3085本)の“安打製造機”張本氏の打撃哲学に反する以上、見過ごせない。

     張本氏のもう一つの不満「足を上げる」ことに関しても、過去に興味津々の経緯がある。“ゴジラ”こと松井秀喜氏のプロ入り当初の巨人宮崎キャンプで、当時の長嶋茂雄監督が直々に張本氏に指導依頼。

     張本氏は松井氏に「ワンちゃん(巨人・王貞治)は一本足打法で世界のホームラン王になったが、あれはワンちゃんだからできた例外だ。足を上げるのをやめて、すり足にしないとダメだ」と直言。しかし、松井はすぐには足を上げるのをやめなかった。

     だが、実際にプロの世界で悪戦苦闘する中で、足の上げ幅を少なくし、徐々にすり足打法へ変わっていったのだ。

     「世界の王」に対し「アジアの張本」を自任する張本氏のアドバイスに飛びつかず、自ら体験した上で変貌していった松井氏。昨年のドラフトで4球団の1位指名が競合した小園が、松井氏の道を歩むのか、苦言に対する反応が楽しみだ。(江尻良文)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00000002-ykf-spo

    広島中崎翔太投手はしばらくノーワインドアップで復調のきっかけを探っていく。

    これまではセットポジションからの投球だったが、連動性など投球感覚が上がらずキャンプ後から試してきた。9日のDeNA戦では実戦で初めて実践した。「故障するリスクを避けるためにもスムーズに体を使えないといけない。もう少しタイミングを合わせていきたい」。試行錯誤しながら、開幕までに仕上げていく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-03100795-nksports-base

     広島・九里亜蓮投手が10日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で調整。キャッチボールや短距離ダッシュなどで汗を流した。



     次回は12日の日本ハム戦(マツダ)に登板予定。前回登板だった5日の教育リーグ・ソフトバンク戦(筑後)では4回無失点だったが、2月21日の阪神との練習試合(宜野座)では2回1安打3四球1失点だった。それだけに「練習試合では四球を連続で出して打たれて、悪いところは明確。打たれるのを恐れずに(ストライク)ゾーンで勝負していきたい」と力強く話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00000130-dal-base

     シーズン開幕を間近に控え、オープン戦を戦う各球団で新人選手や1軍定着を目指す若手たちがアピールを続けている。広島の小園海斗内野手のように高卒ながら1軍のオープン戦に帯同している選手やヤクルトの高卒2年目の村上宗隆内野手のようにブレーク寸前の選手もいる。そんな新戦力が相手に出てきた時、チームの命運を握るのがチームスコアラーの分析だ。1987年から約30年近くプロ野球の世界でチームスコアラーを務め、2009年のWBCにも侍ジャパンのチーフスコアラーでチームに帯同した三井康浩氏に開幕までの新戦力分析のプロセスを聞いた。



     昨年まで、巨人のスコアラーや統括ディレクターとして外国人選手の獲得調査などを約30年に渡り、行っていた三井氏。チーフスコアラーにまでなった眼力に、松井秀喜氏や高橋由伸氏、阿部慎之助捕手ら巨人の名打者たちが信頼を寄せていた。

     今年は球団を離れたため、フラットな立場でオープン戦を観戦。目に留まったのはヤクルトの村上だった。

    「ヤクルトの村上選手は面白いと思いましたね。レフト方向に大きな二塁打を打った腰の動きが大谷選手(エンゼルス)のようでした。ツイスト打法なので、押しが効いて、あれだけの打球が反対方向に飛びます。内角を攻められた時に、四苦八苦していましたが、腰が開かなくなったら、いい数字を残せると思います」

     ツイスト打法とは、打つ瞬間に投手よりの方向に腰をまわすのではなく、逆方向にひねる動きを入れることを一般的に指す。巨人の阿部ら長距離打者が取り入れている。体の開きを抑えることができ、逆方向にも強い打球を打てるようになる。

     村上だけでなく、広島の小園など、新戦力の動きに目を奪われながらも、三井氏の頭は自然と“攻略法”を導きだそうと考えていた。スコアラーはこの時期、まずはどのような着眼点で選手を“丸裸”にしていくのだろうか。

    「今すぐか、それとも夏場くらいか、どれくらいで1軍に上がって来られるのかを判断します。それから能力を分析します」

     チーム内のスコアラー陣で意見を集約し、共通見解を導き出す。まずは打者を見るポイントから。

    「打席の中で選手が何を考えているのか。練習のフリーバッティングや試合で見ていれば、大体、分かってきます。技術的な部分だと、軸回転を見ます。大谷選手の場合は両方できるのですが、軸足回転で打つ“一軸”の打者なのか、後ろから前への体重移動した時に前足の股関節を軸として回転する“二軸”の打者なのかを確認します」

     その軸によって、攻め方が変わってくる。

    「インサイドをどのようにさばいているか。アウトコースはどうなのか。逆に後ろに残して打つ二軸の打者はメジャーリーグや韓国に多いけれど、インコースが弱い。そのあたりがどうなのかも見ます。それから、打者は自分の“ツボ”を持っています。得意なコースでいい当たりをする時、打球が一体、どこまで飛ぶのかも見ています」

     投手の場合のポイントはどうなのか。

    「絶対にストライクが欲しい、という場面で確実にストライクが取れるかどうかを見ます。同じシチュエーションで、その時は直球でストライクを取ったとしたら、今度は変化球でストライクが取れるかどうか。勝負できる球がどれだけあるかで1軍かまだそこまでのレベルではないかを見ています。ボールのキレとかはまだキャンプ中では出てきません。でも、捕手が構えたところにどれくらい投げられるか、制球力はその時にも表れます。ストライクが10球中、7球以上でないと上では通用しません。5球ではファームの選手と見ています」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00314310-fullcount-base

    このページのトップヘ