広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

     広島は9日、2019年度のホームランガールの募集概要を発表した。活動内容は、本塁打を放った選手へのスラィリー人形の贈呈やセレモニー、イベントの進行サポート。地域イベントへの出演など多岐にわたる。

     採用人数は3名で、応募資格は広島市および近郊に住む野球、スポーツが好きな18~29歳までの女性だ(高校生は応募不可。ただし19年3月までに卒業する人は可)

     応募期間は1月10日から2月3日必着。

     詳細は広島東洋カープまで。電話082・554・1000


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000088-dal-base

     2017年夏の甲子園で1大会個人最多になる6本塁打を記録し、広島にドラフト1位で入団した中村奨成捕手(19)。ルーキーイヤーの昨季は二軍戦83試合で打率2割1厘、4本塁打、16打点。ファンの期待にアーチで応えようとしたが、空回りの日々だったという。日本ハム・清宮幸太郎内野手(19)ら同期が一軍で奮闘する姿は、どう映ったのか。“似たような境遇”で日本ハムにドラフト1位入団した吉田輝星投手(17=金足農)についても本音で語った。

     ――1年目を振り返って

     中村奨 あっという間に終わったし、やるべきことをやっていたら、すぐ終わったという感じです。やること多すぎるんで(笑い)。

     ――想像以上にキツかったのでは

     中村奨 プロはレベルが高いというのは分かっていた。正直、自分のレベルの低さも体感させられたけど、勝負できるところは、いくつかあると感じたかな。レベルが上がればですけどね。まだ19歳だし、高卒で未熟者ですけど、体が出来上がれば面白いんじゃないかと。

     ――打撃面はどうか

     中村奨 甲子園のインパクトが強すぎて周りから「ホームラン!」と言われ、1年目はそれを意識しすぎて、ちょっと空回りした部分もあった。自分はホームランバッターだと勝手に思い込んでいたところもあって…。気づいたのはシーズンが終わってから。(二軍打撃コーチの朝山)東洋さんが言う「二塁打を打てる打者になれ」というのは僕の足を生かす部分でもあるし、このオフから意識を変えてライナーで強い当たりを左右に打てるように課題としてやっている。意識を変えれば打率も、ちょっとずつは残ってくるかなと思います。

     ――ずいぶん頭を悩ませた

     中村奨 飛ばそう、大きな当たりを見せてやろうというのがあった感じですね。自分の打撃を見失っていたと思うし、分からなくなった部分もある。それが何か月も続いて、夏場は体の疲れもあった。シーズン中は無我夢中でやっていたので、アドバイスを受けても分からなかった。二塁打を狙えと言われても。

     ――守備にも課題が見つかった

     中村奨 自分の肩だけに頼りすぎていた。肩の疲労とかもすごくて(二軍バッテリーコーチの)倉さんは「下半身を使え」と。それも気づいたのは終わってからです。

     ――清宮、安田(ロッテ)ら同期は一軍デビューした

     中村奨 もちろん負けたくないけど、まずは体づくり。事実、清宮とか安田とか一軍で打っていますし、活躍しているのは確かですが、ずっと(一軍に)いたわけではないし、ずっと打てているわけでもない。誤解を招くかもしれませんが、中途半端な状態で一軍に上がりたくないなというのはあります。どうせなら走攻守が完璧な状態で、ずっとレギュラーを務められるようになってから。そんなこと言っていたら何年かかるか分かりませんね(笑い)。まずは守備が完璧にできたら上がりたい。

     ――2年目に向けた準備は

     中村奨 打撃であればスイング量。振る力をつけないと。一年を通して後半は全然振れていなかったので、まずは体を鍛えて技術かな。それから体づくり。(80キロから)85キロに増やせば打球の質も変わると思うので、まずは増やす。体脂肪率も現状の9%を11~12%に。この際、15%いってもいいです。それくらいの意識でやらないと増えないと思います。

     ――食事面への気配り

     中村奨 1日3食で1食あたりの量を増やしています。寝る前も食べているので4食かな。ご飯のお供は…TKG(卵かけご飯)。1杯目にTKG、2杯目に納豆やキムチ、ふりかけなんかも使います。最近は「プロテインふりかけ」というのを試しているんです。知人のトレーナーさんに勧められたんですけど、のりしお味とか、いろいろあるんですよ。成分は大豆が含まれています。

     ――話は変わるが、日本ハムのドラフト1位・吉田輝に共通点を感じているとか

     中村奨 僕と彼は似たようなものだと思います。地元では名前が知られていても、甲子園で一気に知名度が上がった。同じ準優勝ですし(笑い)。こういう形でプロに入ったので周りにチヤホヤされる。調子に乗っていると言われることもあるでしょうし、受け流すと生意気と言われるかもしれませんし、難しいですよね。1年目は仕方ないですけど割り切って、ありがたいと思ってやるべき。ファンサービスも大事です。

     ――注目されるということ

     中村奨 プレッシャーを感じたというか…。勝手に本塁打を打たないといけないと思い込んでいたんでしょうね。そういう意味では心のどこかに重圧があったのかもしれません。

     ――プロの先輩として吉田輝にアドバイスを

     中村奨 野球は周りどうこうより自分のやりたいことをすればいいと思うし、それは僕ができなかったこと。メンタルも大事だけど、やりたいことを明確にすることが大事かな。投手と野手の違いはありますけど、スランプというか思い通りにならないときは、中学や高校の友人と連絡を取って自分の励みにするのもいいと思います。困ったときに一人で抱え込まずに。清宮もいますし、信頼できる人は必ずいるはず。頼ることは恥ずかしくないと思います。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000012-tospoweb-base

    長野と“がばいタッグ”でV4だ。新年のあいさつでマツダスタジアムを訪れた広島緒方孝市監督(50)が9日、巨人にFA移籍した丸の人的補償で新加入する長野に大きな期待を寄せた。

    最終決断は球団に託したが、4連覇を目指す指揮官の希望は球団の思いと同じだった。「今年戦う上で、経験のある選手が抜けている。長野という選手は実績もあるし、力も十分ある。何より経験もある。年齢も今一番いい時期の選手だし、いろんなことを若手に言えると思う」。丸のFA移籍だけでなく、ベテラン新井が引退し、主砲を務めたエルドレッドも退団。戦力的な補強はもちろん、目に見えない経験や実績、人柄も今のチームに必要だった。

    同じ佐賀出身で「実家も近い」隣町同士。野球に取り組む姿も「いいイメージしかない」と認める。巨人に補償選手を伝えた直後には、直接長野から連絡を受けた。「お世話になります。よろしくお願いします」。野球に取り組む姿勢と同じ真っすぐな言葉に「(本人への言葉は)みなまで言わない。環境が変わる上で、いかに彼の力を最大限に引き出してあげられるかを考えていきたい」と全面支援を約束。「優勝に向けて、日本一に向けて、彼の力は必要。本当に期待するところは大きい」。熱い佐賀ラインで、悲願の日本一をつかみにいく。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00440494-nksports-base

     ヤクルトの人気マスコット・つば九郎が自身のブログを更新。巨人がFAで獲得した丸の人的補償で広島に移籍する長野久義外野手に熱いエールを送った。


     「おとももちの、ちょうちゃんへ。」と書き出し「あかへるひさよし。これからも、おたがいがんばろうZ!かーぷには、おとももちがおおいので、またみんなで、しあいまえもりあがりましょう。」。同じセ・リーグ。シーズンでは広島戦の試合前に会う機会も多く、おとももちとしての再会を心待ちにしていた。

     さらにつば九郎は、移籍に際して長野が「選手冥利に尽きる」とコメントしていたことに触れ「いいことばだすよな~にくい、かっけ~、こんどぱとろーるのとき、いじりますよ~でへへ。」と感銘を受けたことを明かした。

     さらに長野が加入することになった広島については「まるちゃんぬけて、ちょうちゃんかにゅう、けっかてごわいちーむにはかわらない。。。」と3連覇中の王者の強さを警戒。最後は「3れんぱのちーむ、はげしいぽじしょんあらそいのがいや。そこで、れぎゅらーあらそいするすがた、たのしみにしてますよ~!」と「ちょうちゃん」こと長野に熱いエールを送っていた。

     ちなみにブログのタイトルは「げつ9でびゅー!?」。7日午後9時からフジテレビで放送された、錦戸亮主演の月9ドラマ「トレース~科捜研の男~」に「つばくろうがでた~って、いろんなかたかられんらくが・・・。」。しかしつば九郎には身に覚えがなく、つば九郎が出演している「Money Forward ME」のCMがドラマの合間に流れたという「オチ」だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000123-spnannex-base

     広島の緒方孝市監督(50)が9日、巨人にFA移籍した丸の人的補償として獲得した長野久義外野手(34)に白羽の矢を立てた舞台裏を明かした。



     松田元オーナー(67)に新年のあいさつをするために訪れたマツダスタジアムで取材に応じ「長野が入ったことで、今年戦う態勢のメンバーがそろった」と唇を引き締めた。

     昨年末の段階で、人的補償として長野を含む複数候補をリストアップしていたという。「若い選手はほとんどプロテクトされていたが、長年巨人で働いていた選手はかなりリストから漏れていた。そこ(ベテラン)に絞るか、若いがプロテクトから外れた選手にするかという話をしていた。最後、誰にするか球団に一任した」と明かした。

     その上で「今年戦う上で(長野が)必要と会社が判断し、我々の判断も、そういう答えになった」と、球団と現場の意見が一致したことを強調した。日本時間7日午前に米ロサンゼルスで自主トレ中の長野から「お世話になります」と連絡があったという。「野球に取り組みに関していいイメージしかない」という“V4の使者”に大きな期待を寄せていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000121-sph-base

     巨人にFA移籍した丸佳浩外野手の人的補償として広島へ移籍する長野久義外野手。7日の発表から数日が経ったが、過去にドラフトで他球団の指名を2度も拒否するなど“ジャイアンツ愛”あふれるベテランのプロテクト漏れと移籍劇は世間に衝撃を与えた。



     広島では外野のレギュラーとして、打順は丸佳浩が抜けたことを考えれば、3番として期待がかかるが、果たして長野の打順はどこが最適なのか。ここ数年の成績から探った。

     2011年首位打者、12年最多安打のタイトルを獲得し、11~13年までベストナインに選出された長野。状況に応じて広角へ打ち分ける巧みな打撃スタイルを持つ安打製造機なら、昨季リーグトップのチーム721得点を挙げた強力打線でも3番を打てる力量は十分。だが、意外にも17、18年に3番スタメンだった試合は1試合もない。

     18年は6番先発が最多46試合で、2番目に多かったのは7番先発の36試合。3番目以降は、1番先発(8試合)、5番先発(7試合)、2番先発(1試合)だった。17年も6番先発の50試合が最も多く、1番先発(38試合)、7番先発(33試合)、5番先発(2試合)、8番先発(1試合)だった。

     経験、実績ともに十分な安打製造機。1番・田中広輔、2番・菊池涼介に続き、カープで新3番を打つには――。キーポイントとなるのが得点圏打率だろう。得点圏打率3割超えだったのは14年が最後(得点圏打率.358)。15年以降の4シーズンの得点圏打率はいずれも打率を下回っている。

     さらに、18年は6番先発で得点圏打率.412をマークする一方で、1、2、5番先発ではいずれも得点圏打率2割以下。いかに上位を任された試合で勝負強い打撃を見せるかが3番定着への鍵となる。

     新たな本拠地となるマツダスタジアムでは昨季36打数12安打の打率.333をマーク。14年オフに右肘と右膝の手術を受けた好打者にとっては、硬く足腰に負担のかかる東京ドームから天然芝で足腰の負担の少ないマツダスタジアムへ移ることで打撃復活の期待がかかる。昨年12月で34歳となった長野。勝負強い打撃も復活させ、V4の使者としてカープ打線を牽引したいところだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00278271-fullcount-base

     巨人・上原浩治投手(43)が7日、ツイッターを更新し、FAで巨人に加入した丸佳浩外野手(29)の人的補償で広島に移籍することになった長野久義外野手(34)にエールを送った。

     上原は「長野選手は、本当にいい人だったよ。 すごい低姿勢で、挨拶もしっかりでき る選手」と長野に対し言及。「これから敵になるのは嫌だけ ど…対戦したら、よろしくね!」とつづった。

     上原は今オフ、巨人を自由契約となったが、10月に手術を受けた左ひざの状態などを総合的に判断し、球団と再契約に至った。背番号も「19」に決まった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000176-spnannex-base

     元巨人監督の堀内恒夫氏(70)が7日、自身のブログを更新。巨人がFAで獲得した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、広島に移籍する長野久義外野手(34)にエールを送った。

     「長野久義へ」のタイトルで更新されたブログで堀内氏は長野について「一緒に野球はやっていないけど俺の顔を見つけるとすぐに挨拶に飛んできてくれる」「礼儀正しくて真面目な男そして『誰かのために』の思いが人一倍強い男じゃないかな」と、その人柄について称賛した。

     昨年9月28日に村田修一氏の引退セレモニー当日に放ったサヨナラ本塁打、同30日の杉内俊哉氏の引退セレモニー当日に放ったサヨナラ打を引き合いに「持っている男」「いいところで回ってくる」とし、「ホント、味のある面白い男だよね……」とつづり「『立つ鳥跡を濁さず』立派なコメントだったね。後は頑張るのみだな!長野!」とエールを送った。

     さらに「ただ一つ心配なのは体のこと」と気遣い、昨年、背筋痛で4年ぶりに登録抹消されたことに言及しながらも「選手層も厚い常にチームを若返りさせるそんなチームに君のようなベテランが必要とされたんだ。意気に感じて頑張ってもらいたい。それができる男だよ。まだまだやれるさ」と激励、最後には「どこかで俺の顔を見つけたらまた飛んできてくれよな」と締めくくった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000162-spnannex-base

    内海哲也投手に続き長野久義外野手がFA人的補償で巨人から他球団に移籍した。かつてトレードで巨人から中日に移籍した経験のある野球評論家の西本聖氏に話を聞いた。


    -内海(西武)に続き長野が人的補償で広島に移籍した。生え抜きのスター選手。優勝にも貢献した功労者がまた1人、巨人を去る

    西本氏 優勝しなければいけない、チームを強くしなければいけないというのは分かるが、大事なのは何なのかな。とても残念というか、寂しい。FAで選手を取ったそのツケが来るというのは分かっている。しかし優勝へ向け「よし、行くぞ!」という時にチームの中心となるベテラン選手がたて続けにいなくなるのはどうなのか。選手は「自分だってどうなるか分からない」という不安な気持ちになる。これでチームが一つになれるのか。チームに良い空気は流れないと思う。

    -西本さんも1989年に交換トレードで巨人から中日に移籍した

    西本氏 当時の監督の藤田さんには「残してください。2桁勝ちます。ダメだったらトレードしてください」と言ったがトレードが決まった。トレードを断れば定岡(正二)のように引退するしかなかった。まだ野球をやりたいということでトレードを受け入れた。ただし「パ・リーグではなくセ・リーグで」とお願いした。パ・リーグだと巨人と戦えませんから。中日に行けたことで巨人と戦えた。出されてうれしい選手はいない。ただ勝負師であるならプライドを持っていないといけない。

    -移籍1年目は20勝を挙げ最多勝に輝いた

    西本氏 野球選手というのは言葉ではなく姿をファンに見せないといけない。姿というのはイコール「結果」なんです。男として、プロとして「まだやれるんだ」と。ファンの方には「何で巨人は西本を出したんだ」と思ってもらいたかった。特に巨人戦は燃えました。

    -FAの人的補償という制度については

    西本氏 ルールだから仕方ないが、まさか内海や長野がと、納得できないファンも多いのでは。これではトレードと同じ。もう少し制度そのものを考える必要があるのではないか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00438526-nksports-base

     巨人は7日、FAで獲得した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、長野久義外野手(34)が広島に移籍すると発表した。



     長野は球団を通じて「3連覇している強い広島カープに選んでいただけたことは選手冥利に尽きます。自分のことを必要としていただけることは光栄なことで、少しでもチームの勝利に貢献できるように精一杯頑張ります。巨人では最高のチームメイトに恵まれ、球団スタッフ、フロントのみなさんの支えのおかげでここまで頑張ることができました。また、9年間応援してくださったジャイアンツファンの皆様のおかげで苦しいことも乗り越えることが出来ました。ありがとうございました。ジャイアンツと対戦することを楽しみにしています」とコメントした。

     長野は日大から社会人野球・ホンダを経て09年ドラフト1位で巨人に入団。通算1209試合の出場で打率・286、137本塁打をマークし、16年から2年間は選手会長も務めた。昨季は116試合に出場し、入団から9年連続2桁の13本塁打をマーク。シーズン最終盤でサヨナラ本塁打、サヨナラ適時打も放ち、チームのCS進出に貢献した。

     昨年末にはFAで加入した炭谷銀仁朗捕手(31)の人的補償で、内海哲也投手(36)が西武へ移籍。巨人一筋で15シーズンを過ごした左腕の移籍には衝撃が走った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000106-spnannex-base

    このページのトップヘ