広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

     野球評論家の張本勲氏が26日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演。今後のプロ野球セリーグの展望を予想した。

     25日の巨人戦で11連勝とし首位の広島について「広島は完全に丸抜けの後遺症がなくなりましたね。特にピッチャーが良くなりましたよ」と丸が抜けた穴が完全に埋まったことを明かし「しばらく続きますね」と好調が持続することを予想した。

     一方で「巨人は先発ピッチャーの頑張りようですね」とし「ヤクルトですよ心配は。エラーが多すぎる。12球団ワーストの43失策は。いろんな手を打っているけどかみ合わない」などと指摘していた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190526-00000021-sph-base

    <巨人3-8広島>◇24日◇東京ドーム

    3連覇している広島の強さが際立った試合だった。「何が際立った強さなのか?」と聞かれれば、とにかく選手個々のジャッジメントプレーに抜け目がない。成熟したチームの強さを感じさせた。



    クイックモーションの苦手なヤングマンに対しては、すかさず盗塁。ただ走るというのではなく、2度の盗塁は初球と2球目に決めたもの。走れる投手からは、早いカウントで走るという鉄則を忠実に実践している。4回2死三塁からの1点は、とんでもない暴投で転がり込んできたように思うだろうが、打席の田中広は2球目にセーフティーバント(結果はファウル)を試みている。前に突っ込んで投げるヤングマンに対しては有効な攻め。制球が乱れやすくなる。ワンバウンドのとんでもない暴投になったのも、このセーフティーの効果があったからだ。

    7回2死三塁からの1点も大きい。サイン違いによる捕逸で二塁走者が三塁に進んだ直後に、野間がセーフティーバント。普通に捕っていればアウトだが、動揺していた戸根はお手玉。大きな追加点になった。

    抜け目のなさは、守備でも同じ。5回1死二塁では、床田のターンけん制で二塁走者の石川がアウト。広島投手陣と内野陣は、伝統的にこのけん制がうまい。私も中日時代には、広島戦の前に「二塁けん制は気を付けろ」としつこいぐらいに言われていた。アウトになっていなければ、坂本勇のソロは同点2ランとなっていただけに、絶妙なタイミングのけん制球だった。

    巨人と単純な打力、投手力を比較しても、若干だが広島が上だと思う。それに加え、選手個々のジャッジメントプレーが上回っているのだから、この試合のような得点差以上の戦力差を感じてしまう。まだ5月ではあるが、セ・リーグ全球団で「広島包囲網」を敷かなければ、昨年のように独走を許してしまうだろう。(日刊スポーツ評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-05241270-nksports-base

    <巨人-広島>◇24日◇東京ドーム

    広島鈴木誠也外野手(24)は今季巨人戦で28打数13安打、打率4割6分4厘と好成績。相手先発メルセデスに対しても通算8打数4安打で、今月3日には本塁打もマークしている。今日も得意相手から好打を放って、チームの連勝に貢献できるか。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-05241448-nksports-base

     広島OBの北別府学氏が自身のブログで現役引退を発表した巨人・上原浩治投手を労った。また、練習日にゴルフを行った中日の松坂大輔投手には「私には理解できない」と自身の見解を示した。



     北別府氏は21日に「おはようございます」のタイトルでブログを更新。巨人上原の引退会見を見ていたようで「ジャイアンツの上原投手はやり尽くしたような表情をしていましたね、お連れさんでした!!」(原文のまま)と労いの言葉を送った。

     一方で「相反するようにドラゴンズの松坂投手はこのままでは終われません」と続け、練習日にゴルフを行いチームの規律違反でペナルティーを科せられた右腕に「シーズン中、故障している中のゴルフは私には理解できない。シーズン中であろうと休日にゴルフOKのチームもあるみたいですが、私は投手でしたから少しの事が腕、肩の調子に関わってくる。他のスポーツは、怪我の可能性がありますし、重いものさえ持つ事をためらっていました」と自身の見解を述べた。

     それでも平成の怪物と呼ばれ、野球界を牽引してきた右腕の復活を祈っているのようで「松坂投手はもうあまり野球に対して情熱が薄れているのだろうか。これほどの人気選手、これまで応援してくれたファンの方々に今一度グランドで勇姿を見せて欲しいと切に願う」と綴った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00382375-fullcount-base

     広島が地方球場仕様の“セットリスト”で中日を歓迎していた!?

     21日、広島県北・三次市の「三次きんさいスタジアム」で行われた中日戦で8連勝を飾り、単独首位に立ったが、試合前練習で普段と違うBGMが奏でられていたことが、22日に話題になった。やたら中日ナインの打席登場曲が多かったのだ。

     平田の「ウィ・ウィル・ロック・ユー」(クイーン)、松井佑の「ワタリドリ」(ALEXANDROS)、高橋の「パプリカ」(Foorin)、京田の「マリーゴールド」(あいみょん)がグラウンドに響き渡り、松井佑は「わざわざ僕らの歌をかけてくれたんかな」とうれしそうだった。

     「たまたまです」と種明かししたのは、試合前練習のBGMを選曲する山下直明打撃投手(36)だ。「地方球場には昔、僕が作ったCDが置いてあるんです。だから(取り置きの古い楽曲が演奏されることがないように)新しく選曲したやつをパッと(球場スタッフに)出しました」。今回も中日を意識して選曲したわけではなく、流行曲を中心にセレクトしただけとのこと。この日は普段通りのマツダ仕様。なお、本拠地球場には山下打撃投手が選曲して製作したCDが段ボール1箱分ストックされているという。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00000144-sph-base

     首位巨人は19日の中日戦(ナゴヤドーム)で逆転負けを喫し、2位広島にゲーム差なしまで迫られた。

     原辰徳監督(60)は「1点が重いゲームになった。初回に(2点を)取ってから、なかなか追加点を挙げられなかった」とサバサバ。首位が慌てる必要はないが、広島がこの日で7連勝と猛追してきた。

     リーグ3連覇中の王者とはいえ、ほんの1カ月前に最大借金「8」まで突き落とした広島。驚異のV字回復の出発点が、巨人戦というのも因果な構図だ。

     巨人は九州での対広島2連戦で、4月16日の初戦(鹿児島)は圧勝。広島は開幕から4勝12敗となり、チーム状態はどん底だった。翌17日の第2戦(熊本)も、8回に広島からFAで補強した丸が勝ち越し2ラン。ところが9回に新加入の抑え、ライアン・クック投手(31)が背信の3失点で、まさかの逆転負けを喫した。

     この日以降、広島は20勝6敗1分と怒濤の快進撃。巨人からすればトドメを刺し損ね、寝た子を起こしてしまった格好だ。広島が最下位に沈む春先から、球界関係者は「絶対にこのままじゃ終わらない。いずれ上がってくる」と口をそろえ脅威論を堅持してきたが、ここまで早い首位争い参戦は想像以上だろう。

     巨人は今月24日から今季初めて、東京ドームで広島を迎え撃つ。広島にとって救世主となったクックは故障で離脱中。流動的な抑えは17日から、先発として2軍調整していたはずの沢村が電撃的に抜擢された。再建途上の勝利の方程式で、破竹の勢いの赤ヘル軍団をはね返せるか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00000008-ykf-spo

     前阪神監督の金本知憲氏(51、本紙評論家)が塾長を務める「金本塾」の第1回講義が19日、大阪市内で開催され、「メンタルマネジメント」についての特別講座に100人が参加した。

     「ミスした後になかなか切り替えられない」という学生のスポーツの悩みや、「20代部下との向き合い方」に悩む歯科医に、塾長自らの経験談をもとにアドバイス。さらに、自身の現役時代のリフレッシュ方法について「練習ですね」と“鉄人”らしいコメントを返し、会場の塾生は興奮気味。グループワークも開かれた。

     昼食後は「メンタル」をテーマにして、阪神対広島戦(甲子園)を観戦しながら金本氏が生解説。「今でも若手のことは気になる」と話し、阪神の16年ドラフト1位・大山悠輔内野手(24)の獲得秘話が披露された。

     金本氏は「普段出会うことのなかった人たちの悩みや考えが聞けて、自分の中にも新たな発見がたくさんありました。今後もいろいろなことを学んでいけたらと思います」と感想を語った。

     参加者から「金本さんの等身大のトークが聞けてよかった」「金本さんの内面が知れてとても面白かった」「金本さんの素顔が見れた」「明日への活力をもらえた」など声が挙がった。

     第2回講義は「鉄人のコミュニケーション学~みんなで楽しく学ぼう!言葉のチカラ・超一流の伝え方~」(6月9日)がテーマ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00000000-spnannex-base

     野球評論家の張本勲氏が19日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演。今後のプロ野球セリーグを展望した。

     今週を振り返り6連勝で首位巨人を追走する広島について「広島が来そうだね。ピッチャーがいいからね」とした。その上で「問題は田中。田中が元気になってきたらこれは強いよ」と解説した。

     一方で巨人について「巨人は1位だけど、原監督がうまくやりくりしてますよ。一軍二軍を5人6人入れ替えたりしてますから、ちょっと混戦になるんじゃないの一番二番は」と予想していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000064-sph-base

    「ボールを上から叩け!」。多くの選手がこの指導を受けたことがあるだろう。しかし近い将来、この指導が変わるかもしれない。メジャーリーグではStatcastの出現により、打球速度や打球角度を評価できるようになった。今回は、それらのデータを元に「ボールを上から叩け」という野球指導について考えてみたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00010000-geeksv-base

     5月5日、こどもの日。広島―巨人戦(マツダ)の試合前練習のヒトコマです。集合時間ギリギリに長野を先頭に現れた一団が、サングラス隆盛の時代に珍しくアイブラックを塗って登場。周囲の選手の反応がおかしかったのでレンズで追いかけてみました。



     まずは長野。両目の下にちょんちょんと塗って目元も涼しげ。正しい使い方でイケメン感出してますね。

     続いては鈴木誠也。鼻をまたいで一直線にプロレスラーチックな仕上がりに。使い方が合ってない気もしますが、やんちゃぶりがうかがえます。

     トリを務めるのは野間。サングラスでも隠し切れない歌舞伎の隈取風に、眉毛もつなげて本来の用途を完全に忘れてます。さすがムードメーカーです。

     開幕ダッシュには失敗したものの令和に改元されてから上がり調子のカープ。昨夜は主砲の劇的なサヨナラ2ランで2位タイに浮上しましたが、練習中のこんなヒトコマにもチームの好調さがうかがえます。(北條 貴史)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00000150-spnannex-base

    このページのトップヘ