広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

     少し気が早いかもしれないが、今季のセ・リーグ新人王レースが加熱している。以下は、セ・リーグ新人王有資格者のうちで、とくにここまでの活躍が顕著な3選手の成績だ。

    【セ・リーグ新人王候補成績】
    ▼ 村上宗隆(ヤクルト)33試合(111-27)
    打率.243 8本塁打 22打点 16四球 0盗塁
    出塁率.341 / 長打率.541

    ▼ 近本光司(阪神)32試合(117-37)
    打率.316 4本塁打 18打点 11四球 10盗塁
    出塁率.375 / 長打率.513

    ▼ 床田寛樹(広島)6試合(40回2/3)※5QS
    4勝1敗 自責点7 38奪三振 与四死球17
    防御率1.55 / WHIP 1.06

     いずれ劣らぬ見事な成績だ。村上宗隆(ヤクルト)はここまでリーグ3位タイの22打点を挙げ、チームの先輩・バレンティンと並ぶリーグ5位タイの8本塁打を記録。その8号アーチが生まれたのは5月3日の中日戦だった。8回、福敬登の内角高め直球をとらえた打球は一瞬詰まったかに見えたが、広いナゴヤドームの右中間スタンドに着弾。人並み外れたパワーを見せつけた。

     現在、村上はシーズン34本塁打ペースだ。しかも、村上は2月に19歳になったばかり。1994年の松井秀喜(巨人/20本塁打)以来となる、高卒2年目での20本塁打も十分過ぎるほど射程圏内にある。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00187848-baseballk-base

    <JABA選抜新潟大会:バイタルネット7-0JR秋田>◇第3日・予選リーグ◇3日◇ハードオフ新潟


    バイタルネットはJR秋田に7-0の7回コールド勝ちし、予選リーグ2勝で、今日4日の決勝トーナメント進出を決めた。ルーキーのアルジェリア人を父に持つアドゥワ大(まさる)投手(22=東農大北海道)が先発し、5回を2安打無失点に抑えた。199センチの長身から投げ下ろす豪快な投法が持ち味で、弟誠(20)は広島の投手。“大型”ルーキーは、23日から始まる都市対抗1次新潟大会の登板へ、名乗りを上げた。

        ◇    ◇    ◇

    199センチの長身から投げ下すアドゥワは、JR秋田打線にホームを踏ませなかった。この日の最速は138キロどまりも、長い手から投じられる球は角度があり、威力十分。5回を投げ、許した安打は単打2本だけ。空振り三振も2個奪った。「無失点で投げ切れたのは大きい」と登板を振り返った。

    JR秋田戦の先発は大会前から言い渡されていた。「初回は球が浮いて、そこが気になった」と序盤は緊張が取れなかったが、投げるごとに安定感は増した。大学3年秋に右肩を故障する前にマークした最速145キロは出さなくても、マウンドに立つと威圧感がある。5回無失点を「最低限」と言った加藤正樹監督(53)は「あれだけの球数を投げられたの良かった」と次につながる80球の投球を喜んだ。

    アドゥワの目標は都市対抗(7月)と社会人日本選手権(10月)の出場。都市対抗の1次新潟大会は今月23日から始まる。加藤監督は「相手の勢いを止めたり、味方の勢いを増すような投球に期待する」と長身ルーキーに中継ぎ起用を考えていたが、「まだ誰がどうとは決めていない」と話す。

    「チームのために投げるのが大事。チームに貢献するため、1イニングでも多く投げたい」とアドゥワは言う。先発、中継ぎ、抑えのどこでもチームのために投げるつもりだ。プロ野球、広島で今季、先発ローテーション入りする弟誠の存在は「刺激になる」。全国舞台への出場を果たせば、最大の目標、プロ入りへの足掛かりにもなる。【涌井幹雄】

    ◆アドゥワ大(まさる)1996年(平8)6月11日、熊本市生まれ。東農大北海道から今春にバイタルネット入り。熊本・出水南小3年から野球を始め、福岡・九州国際大付3年時には夏の甲子園出場(登板なし)。大学では1年春からベンチ入りした。199センチ、88キロ。右投げ右打ち。

    ◆アドゥワ誠(まこと)1998年(平10)10月2日生まれ。愛媛・松山聖陵高では3年夏に甲子園出場。16年ドラフト5位で広島入団。今季はここまで4試合に登板し0勝1敗、防御率2・25。通算成績は57試合で6勝3敗、防御率3・46。196センチ、83キロ。右投げ右打ち。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-05030573-nksports-base

    ◆広島9―4ヤクルト(14日・マツダスタジアム)

     侍ジャパンの稲葉篤紀監督(46)が、建山投手コーチとともに広島・ヤクルト戦を視察した。11月に国際大会「プレミア12」、来年には金メダルを目指す東京五輪を控える指揮官は「鈴木誠也選手に会って状態をしっかりと見ておきたい、という一つの目的があった」と明かした。

     鈴木は初回1死二、三塁の好機できっちり先制犠飛。7回には脚力を生かして二塁打をマークした。今季2試合目の視察を終えた稲葉監督は「スピードもあって、力強い打球も打っていた。初回の先制点がほしいところでもしっかり外野フライを打てる。やっぱり3拍子そろった非常に素晴らしい選手」と改めてほれ直した様子。「今カープの4番を打っているわけですから、4番を視野に入れながら構想を練っていきたい」とプレミア、五輪で4番に起用する可能性も示唆した。

     指揮官は鈴木のほか、3月に初招集したヤクルトの村上や、昨秋の日米野球で代表入りした広島の会沢にも言及。「ホームラン2ケタという素晴らしい成績を残している。これからどういう成長を見せてくれるか、楽しみに見て行きたい」と村上にエールを送り、会沢については「会沢選手は勝負強いし、リードも安定している。カープでもどっしりやっている」と好印象を口にしていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000161-sph-base

     ◇セ・リーグ 広島9―4ヤクルト(2019年5月14日 マツダ)

     広島が目まぐるしい試合展開を制し、5回に貴重な適時打を放った安部がお立ち台に立った。

     2度逆転され1点を追う5回、同点とした2死満塁で前の打者の会沢が勝ち越しの押し出し四球を選び、安部の打席。中前に2点適時打を放ってリードを3点に広げ勝利の流れを決定づけた。安部は「何とか(打ちたい)という気持ちで打席に入った。大きな声援をいただいていて、気持ちで打ち返した」とその場面を振り返った。

     その後試合はヤクルト打線が沈黙したのとは対照的に広島が7、8回に1点ずつを加え、終わってみれば5点差での快勝となった。安部は「(自分が打って)優位に運べたのは良かった。当たり前のことをやっただけ」と控えめだったが大きな一打となった。

     この日の勝利で貯金は今季最多の2。2位ヤクルトにも1ゲーム差と迫り、15日に勝てば2位タイに浮上する。安部は「目の前の試合を全力で全部勝つという気持ちで行く」と気合のこもった言葉で締めくくった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000189-spnannex-base

    話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、4月23日~25日の中日3連戦にスタメン出場。めったにない“珍プレー”も見せつつ、チームの7連勝に貢献した広島・長野久義選手のエピソードを取り上げる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-00010018-nshaberu-base

    ◆広島4―0DeNA(11日・マツダスタジアム)

     広島が“ハッピー・サタデー”で6連勝だ。先発のクリス・ジョンソン投手(34)が6回無失点と好投。2勝目(3敗)を挙げた。打っては4月30日の阪神戦(甲子園)以来“令和初スタメン”の松山竜平外野手(33)が初回に先制打。2回には昨年8月19日のDeNA戦(横浜)以来、プロ2度目の1番かつ、途中出場も含めてプロ初の中堅でスタメン出場した西川龍馬内野手(24)が2回に追加点となる適時打をマークした。チームはこれで開幕2戦目の3月30日の巨人戦(マツダ)で敗れて以来、土曜日の試合は6連勝となった。


     西川の珍プレーをマツダのカープファンが打ち消した。4点リードの8回の守備。1死から筒香が放った打球を、前の回から左翼に回っていた背番号63が追いかけた。フェンス際でジャンプ。しかし打球は金網部分に直撃し、跳ね返った球は西川の腕周辺に当たって視界から消えたのだ。

     焦りまくる西川。グラウンドをキョロキョロと見渡したが、白球はどこにも転がっていない。その間に筒香は一塁を蹴って二塁へ進む。その直後、左翼席の女性ファンから「後ろ! 後ろ!」と声が飛んだのだ。

     まるで往年の生放送バラエティー「8時だョ!全員集合」のようだった。舞台後方からいかりや長介が憤怒の表情で迫るなどという“危機”に対して、客席のちびっ子ファンが志村けんに「志村後ろ! 後ろ!」と知らせるのは、昭和のお約束だった。

     令和の「後ろ! 後ろ!」で我に返った西川。後方を見上げると、球はラバーフェンスと金網の間のくぼみに収まっていた。自身の身長より4センチ高い180センチのラバーフェンス上部に向かって再ジャンプして、打球を“キャッチ”。すぐさま内野に返球した。あわやランニング本塁打だったが、筒香は二塁ストップ。DeNAに得点を許すことはなかった。

     「ファンにマジ感謝です」と西川。初体験の中堅を含めた守備については「とりあえずエラーだけはせんとこうと思いました」。母の日の12日に向けて「(プレゼント?)またあした結果を出したらね」と、今度は超美技という“贈り物”で最愛のママを喜ばせる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000148-sph-base

     プロ3年目でブレイク中の広島・床田寛樹投手(24)が9日、無欲で新人王を手にする“工程表”を披露した。



     10日のDeNA戦の先発に向けてマツダスタジアムで調整。ヤクルト・五十嵐、巨人・菅野の5勝に次ぐハーラー3位タイの4勝(1敗)、防御率も同1位のDeNA・今永(0・98)に次ぐ2位の1・55。新人王の権利を保有しているが「(新人王の)欲はないです。でも、3、4月は月間MVPを取れるかもしれないという状態だった。もう1回、月間MVPを取れるかも、というところまでいけば(少なくとも通算)8勝、2ケタ勝利となる。それくらいしっかり試合を作って、長くローテを守りたいです」と、今後も1か月間に集中して4、5勝を挙げる活躍ができれば、夢のタイトルも夢でなくなると力説した。

     10日は、防御率で上を行く今永と投げ合う。「(ゴールデンウィークの12連戦でローテが)ズレて、いきなりカード頭。僕は引っ張ってもらう立場なんですけど…」と苦笑い。その防御率についても「(2位は)出来過ぎ。じきに落ちると思いますが(リーグ3位1・70の)大瀬良さんより良くてうれしいです。ただバントは僕の方がうまいですね。大瀬良さんに『唯一勝てるものを見つけました』って言いました」。エースをイジることもできるほどハートも急成長の24歳が、ローテの軸として鯉の反攻を支える。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-00000130-sph-base

    3月29日に開幕したプロ野球。

    セ・リーグでは広島東洋カープが4連覇を狙う。そんなカープに、ファン感激の異色の国語辞典が出版された。



    三省堂が3月4日に発売した「三省堂国語辞典 第七版 広島東洋カープ仕様」(税込3240円)だ。初回出荷は2万部だが、売れ行きは好調だという。

    実は三省堂、2018年には阪神タイガース仕様版を発売し、国語辞典としては異例のヒットとなっている。三省堂はなぜ国語辞典で、タイガース仕様やカープ仕様を製作したのか。そこには紙の辞典への思いがあった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-00010000-binsiderl-soci

     広島の地元局、RCC中国放送(TBS系)が異色のドラマ「恋より好きじゃ、ダメですか?」を手掛けている。プロ野球・広島カープの試合中継が早終わりの時だけ放送する“リリーフドラマ”なのだ。

     同局の開局60年特別企画で、広島で愛され続ける「広島東洋カープ」を応援する人々を題材にした恋愛コメディードラマ。主人公の日向あかり(24歳)は、小さいころから大のカープファン。充実したカープファン生活を送る一方、恋愛は失敗ばかり。そんな、あかりの前に、あの伝説の赤ヘル山本浩二選手と同じ名前の男の子が現れて…?「恋より好きな鯉がある。恋より好きなものがある」。すべての女子を応援する恋愛観戦型ドラマとなっている。

     主演の高田夏帆(22)が主人公・あかり役を務め、笠松将(26)、辻岡甚佐(22)、坂ノ上茜(23)、土山茜(27)、STU48甲斐心愛(15)ら若手俳優陣が顔を並べ、ファンが集うバーのマスター役をバイきんぐ西村瑞樹(41)が担う。主題歌は地元出身の人気テクノポップユニット「Perfume」の「FAKE IT」と豪華だ。

     3日の広島―中日戦(ナゴヤドーム)の試合中継は地元で平均視聴率30・5%、午後8時57分に瞬間最高の41.2%と高い数字を記録。その後、中継時間が余ったため待望のドラマ初回分が放送された。広島在住でなくても同局のサイトで見逃し視聴が可能。

     ネット上では「ドラマ面白かったー!」「試合勝った日だとなおさら楽しい」「東京でもネットで見られてよかった」「次回はいつ?とりあえず楽しみにしてます」などの声が挙がった。

     主演の高田は「元カープ北別府投手の投げるシュートのように、胸にグッとくるドラマにしたいです!放送日未定という前代未聞のこのドラマをぜひカープ戦と一緒にお楽しみください!」とアピールした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-00000192-spnannex-ent.view-000

     4月28日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島戦』で解説を務めた山本昌氏は、広島・鈴木誠也を「日本でもトップクラスに怖いバッターに成長しましたよね」と絶賛した。

     山本昌氏は鈴木について「毎年体が大きくなっていますし、4番の風格すら出てきている」と太鼓判を押す。ちなみに山本昌氏は昨年5月5日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島戦』でも、鈴木について「技術的には日本のクリーンナップを打っても不思議ではない選手」と評価していた。

     鈴木は4年目の16年にレギュラーを掴むと同年、2試合連続でサヨナラ本塁打を放つなど、打率.335、29本塁打、95打点の成績を挙げ大ブレイク。翌17年はシーズン途中に故障で離脱したが、打率.300、26本塁打、90打点の成績を残し、昨季は打率.320、30本塁打、94打点をマークした。今季もここまで29試合に出場して、打率.348、9本塁打、22打点の成績を残している。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00187829-baseballk-base

    このページのトップヘ