広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

     今季5年目の指揮を執る広島・緒方孝市監督(50)とカープOB会長でデイリースポーツ評論家の安仁屋宗八氏(74)が、恒例の新春対談を行った。昨季は球団史上初のリーグ3連覇を達成した。今年は35年ぶりの日本一が最大の目標だ。カープを愛する2人が熱く語り合った。以下はその2。


      ◇  ◇

     安仁屋「昨年は、三振したり、凡打した打者が次の打者と会話している場面が目についた。どういう球だった、どれくらいのスピードだったという会話をしとると思うんよね。そういうのが強くなった要因じゃないかな。みんなが一つになってやってたから」

     緒方「本当に自然に選手同士でやれているので、自分が凡打しても次のバッターが何とかチームに貢献できるように、自分もそういうアドバイスしたり。ずっとチームが勝っている中で、選手一人一人が必要なことを分かってきていますね」

     安仁屋「選手が成績を残しているというのは監督の采配も良かったからだと思う。2軍から上がってきた選手を即スタメンで使うと、みんな成績を残しとるんだよね。素晴らしかったなと思うんよね」

     緒方「個々の成績は本人の頑張りです。こちらは力の部分を見極めて、勝つために使っているだけであって。投手陣全体の防御率は落ちてるのでね。そこの原因は絶対に見逃してはダメだと思うし、特に四球の数ももう少し減らしていかなくちゃいけない。そういうところが失点につながっていると思うし。野手のエラーとかでの失点もあると分かっているけど、それ以前にチームとしてもう少し気持ちの中で攻める投球というか、ゾーンの中で勝負するということを大事に。投手陣にはまずそこを言いたい」

     (続けて)

     「去年、おととしと同じメンバーで戦おうと思っていない。選手も2年、3年、4年と続けて安定した成績は難しいと思う。人間だから調子が悪い時もあるし、ケガや体が動かない時もある。計算して期待している投手が活躍できないことも想定しながらシーズンを見据えてキャンプから準備していかないといけない。昨年は2軍からアドゥワとシーズン途中からフランスアが出てきて投手陣全体を助けてくれた。この2人がキーになったと思う。反省というところでは、先発で規定投球イニングに達しているのが大瀬良とジョンソンしかいなかった。野村祐輔、岡田、九里。九里は頑張ってくれたけど、先発で回ってきた投手にはもう少し投げてほしいなと。次回も投げさせたいと判断できるレベルまで、100球を過ぎてもそういう力を見せてほしい。今年は先発を任せるにあたって肩のスタミナ、体力面は一番ラインを引きたいところなので。143イニングから150イニングは最低ライン。4人でも5人でも6人でもそろえたい。競争に割って入ってきてほしい」

     (続けて)

     「近年の野球では中継ぎの人のウエートが大きい。連戦の中で先発が中6日の間隔を空けても、発展途上のうちの若い選手は(短いイニングで)代えざるを得ない状況になる。中継ぎの人には毎試合準備して、3連投を含めた過酷な中でやってもらわないといけない。やはり総合的なのはスタミナ、まずオフの間からしっかりと走り込み、キャンプに入ってからの投げ込み。投手陣にはスタミナを課題としてやっていってもらいたい」(3に続く)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000031-dal-base

     広島のドラフト1位・小園海斗内野手(18=報徳学園)は2日、プロ野球選手としての未来予想図を本紙に明かした。

     兵庫県神戸市の生田神社。マジックを手に悩んでいた。「すみません。どうしようかな……」。新年の誓いを求められてから約10分。色紙に「挑戦」と書き込んだ。

     「プロという世界に入って、何もかも新しいことばかり。どんなことにも挑むという覚悟で“挑戦”を選びました」

     挑戦から切り開くドラフト1位ルーキーの未来予想図は壮大で頼もしい。

     1年目の目標を問われると「開幕1軍です」と即答。緒方監督は春季キャンプの1軍スタートに関しては否定していない。確実に訪れるであろう首脳陣へのアピール次第で、プロ入り最初の目標を達成できるか決まる。

     「新人王という目標も持っているのでシーズンが終わったときにその権利を獲得できる位置にいないと。そのためには開幕から1軍にいないといけないのかな」

     球団の高卒野手で1年目に遊撃を守ったのは99年の東出が最後。さらに、ハードルを上げ、開幕1軍にすると、1989年からの平成では一人もいない。それだけの高い目標を課して、プロの世界に飛び込む。

     30歳を迎える11年後の30年シーズン。現在の広島でいえば「タナ・キク」世代にあたり、チームを背負う立場になる。ただ、小園は、チームの立ち位置よりも広い視野で想像を膨らませていた。

     「侍(ジャパン)に入って、日本のショートなら小園と言ってもらえるような存在になっていたいなと思います」

     目標として公言し続けている「日本一のショート」を、30歳までには達成しようと思い描いていたのだ。さらに、トリプルスリー、ベストナイン……と堂々と宣言できるのも小園のスケールならうなずける。

     心躍る未来予想図も、一歩目が肝心。「体がなまってしまうと最初からついていけなくなるので、他の選手よりも力を出せるようにしておきたいです」と来たる新人合同自主トレ、春季キャンプに向けても油断はない。2019年の干支は「亥」。猪突猛進で突っ走る。(河合 洋介)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000011-spnannex-base

     広島の大瀬良大地投手(27)が、2019年シーズンの大目標を掲げた。狙うはずばり沢村賞だ。巨人・菅野が2年連続で獲得しているが「全員がゼロからのスタートになる」と投手最高峰のタイトル取りへ意欲を見せている。昨季はリーグ最多勝(15勝)と勝率1位(6割8分2厘)の2冠を手にし、球団初のリーグ3連覇に貢献。好成績につなげた舞台裏での“SNS断ち”エピソードも明かした。

     昨季リーグ3連覇の立役者として先発ローテーションを守り抜いた大瀬良は勝利数、勝率以外にも防御率(2・62)、投球回数(182回)、奪三振数(159)で自己最高の数字を記録した。

     過去にはルーキーイヤーの2014年と17年にいずれも10勝をマークしたものの、周囲からの評価は「物足りない」といったものばかりだった。

     大瀬良自身にもそうした厳しい声は届いており「2桁勝って規定(投球回)に乗るというところを求められているわけではないんだなと。そこで『よくやった』なんて言われるより、逆に発奮材料にして、まぁ今に見てろという気持ちになった」と闘志を燃やして臨んだシーズンだった。

     2段モーション解禁やフォーム変更など、力強い投球を求めて努力を続けてきた右腕。私生活ではインスタグラムの使用をやめた。インスタグラムは写真を共有できるSNSで、選手同士の食事会やプライベートな一面を公開し、ファンサービスの手段として活用する選手も多い。ただ一方でファンからの容赦ないバッシングが直接届くこともある。

    「シーズン中に気に障るようなことがあるとすれば、やる必要はないかと。打たれたら心に刺さる言葉もコメントで寄せられたし、ファンがそのような思いを抱くのは当然のこと。それを背負って結果を残すのもプロだけど、遮断してなくすのも一つの手だと考えた」

     ファンや周囲の苦言をシャットアウト。「どうパフォーマンスに影響したか分からないけど、少なからず関係したかも」とプラスにつなげた。

     こうした多くの取り組みが功を奏して飛躍のシーズンとなったが、昨季の成績を一過性のものにするわけにはいかない。昨季について「完璧と言い切れる試合を思い出せないから、おそらくなかったんじゃないかな」と話すように、満点投球までにはまだ課題があるという。「そこ(課題)を潰していって、もっといい成績を残せるようにしていかないといけない」と前を見据える。

     視線の先には投手最高峰のタイトルがある。2年連続で巨人・菅野が獲得している沢村賞だ。昨季は勝利数では並んだものの、試合数、防御率、完投数、投球回数、奪三振数の6部門で“完敗”した。それでも「今季はまた全員が平等にゼロからのスタートになる。投手として最高の賞だし、目指してやっていきたいところ」とナンバーワン投手の称号を手にする意気込みを見せる。

    「個人として昨季のような数字を続けて出すことが重要。すごく険しい道のりだと思うけど、その先に本当の意味でのエースと呼ばれる存在になるんだと思う」とキッパリ。今季も先発陣の大黒柱としてマウンドに立ち続ける。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000015-tospoweb-base

    【大下剛史 熱血球論:広島リーグ4連覇への道(下)】今さらながらに大きいのは、丸の巨人移籍だ。FA権は個人の権利であり、とやかく言うつもりもないが、丸の抜けた穴は埋めようもないほど大きい。

     今季は故障で約1か月ほど戦線離脱したが、打率3割6厘で、ともに自己最多となる39本塁打、97打点。130四球の数字が示すように選球眼も良く、自身初の最高出塁率のタイトルを獲得し、球団初の2年連続MVPにも輝いた。簡単に代わりは務まらないし、これほどの選手は一朝一夕に育つものでもない。

     同学年のタナキクマルの3人にあっては長男的存在で、派手さはなくても黙々と練習に打ち込む姿勢は若手にも好影響を与えていた。先の秋季キャンプでは内野手の西川にメヒア、捕手の坂倉も外野の守備練習に取り組んでいたが、丸の抜けた穴の大きさはシーズンが進むに連れて痛感するのではないだろうか。

     さらに心配なのが、気の緩みだ。選手たちもことあるごとに「リーグ4連覇」や「日本一」と口にしているが、球団初のリーグ3連覇を成し遂げた達成感は絶対にある。「俺たちはやったんだ」という自信や自負もあるだろう。どんなに強い人間だって、一息つきたい衝動に駆られるものだ。

     緒方孝市監督は来季で就任5年目となる。見事な手綱さばきでチームを3連覇に導いたが、一方でマンネリ化するころでもある。過去には1946年から23年にわたって南海を率いた鶴岡一人さんを筆頭に、巨人をV9に導いた川上哲治さん、ダイエー、ソフトバンクで黄金期を築いた王貞治さんの14年と長期政権になった例はある。ただ、5年目というのは節目になる年であり、マンネリからの脱却はたやすいことではない。

     一つには、厳しい練習を科して引き締めるという手法もある。しかし、これにはオーバーワークによる故障や、自信を持った選手たちがこれまで通りついてきてくれるのかという不安も伴う。

     ファンは当然のようにリーグ4連覇を期待しているし、してくれるものだと信じている。来年は緒方監督にとって、就任以来もっとも舵取りの難しいシーズンになるかもしれない。 =おわり=

    (本紙専属評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00000012-tospoweb-base

     ダウンタウンの浜田雅功がMCを務めるフジテレビ系『ジャンクSPORTS プロ野球一斉調査SP』が、来年1月6日に放送される(後7:00~9:00)。2019年最初の『ジャンクSPORTS』は、プロ野球界を代表する選手たちを招き、すごいプレーの裏側から今まで聞いた事がない本音や、知られざる真実までを探る。



     スタジオには、阪神タイガース・福留孝介選手、東京ヤクルトスワローズ・青木宣親選手、福岡ソフトバンクホークス・柳田悠岐選手、甲斐拓也選手、千賀滉大選手、広島東洋カープ・田中広輔選手、鈴木誠也選手、横浜DeNAベイスターズ・山﨑康晃選手、北海道日本ハムファイターズ・西川遥輝選手、近藤健介選手といった2018年に大活躍した選手陣。なんと、年俸総額20億円超えのスター選手が勢ぞろい。

     番組では、ゲストである選手自身が選んだ自画自賛のプレー集「見てくれ! 俺のベストプレー」や、「ヒーローインタビュー名場面」などをVTRで紹介。「すごすぎるぞ! 福留孝介」では、2007年に推定49億円(4年総額)でシカゴ・カブスと契約したことをはじめ年俸総額が74億円にも及ぶ一方で、釣りをするためにバスボートを買ったものの、船舶免許を持っていないため運転してもらっているという意外なエピソードが明らかになる。

     また、青木選手からは、広島東洋カープ・田中選手と鈴木選手から「今度ご飯行きましょう!」と言われるが、いざ誘うとなぜか断られてしまうというプライベートな秘話が語られ、浜田が、田中選手と鈴木選手に断った訳を聞くが、その答え方に「ウソついている?」との疑惑が。「2018年の活躍には満足している」「プロ野球選手は正直おいしい」「生まれ変わるなら大谷翔平・ZOZO前澤社長・浜田雅功のうち誰?」「この中で一番モテるのは誰?」などの一問一答も行われる。

     さらに、昨シーズンプロ野球ファンを熱狂させた、12球団トップの盗塁阻止率を誇り“甲斐キャノン”の異名をとる甲斐選手と、通算盗塁成功率歴代1位・西川選手との熱き戦いを特集。そんな甲斐選手は、幼い頃に親が離婚し、女手一つで育ててくれた母の苦労を母の肉声とともに再現VTRで紹介されると、楽しいスタジオの雰囲気が一転して感動ムードになり、浜田が思わず「カットー!」と叫ぶ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000324-oric-ent

     昨季限りで現役を引退した前広島の新井貴浩氏(41)がスポニチ本紙評論家に就任した。

     98年ドラフト6位で広島に入団し、20年間の現役生活で通算2203安打、319本塁打を記録。05年に本塁打王、11年には打点王を獲得した。08年からは阪神でプレーし、15年から広島に復帰。翌16年はMVPに選ばれる大活躍で25年ぶりの優勝に貢献した。勝負強い打撃と誰からも愛される人間性でチームを束ね、リーグ3連覇を置き土産にユニホームを脱いだ。今後は評論家として第二の野球人生をスタートさせることになり、「うまく伝えられるかどうか分かりませんが、選手への愛情を持って一生懸命やっていきたい」と意欲を明かした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00000017-spnannex-base

     2018年、平成最後の年末を迎えた。プロ野球は広島が3年連続でセ・リーグを制覇。パは西武が10年ぶりの栄冠に輝き、日本シリーズではソフトバンクが底力を見せた。一方でプロ、アマ球界を支えてきた関係者の訃報も届いた。国民栄誉賞を受賞した元広島の衣笠祥雄さんは4月23日、上行結腸(じょうこうけっちょう)がんで71歳で死去。また、相撲界など他のスポーツ界からも訃報が届いた。

     4月19日。亡くなるわずか4日前、衣笠さんは横浜スタジアムの放送ブースにいた。一人では歩けず、親族に付き添われて球場入り。BS―TBSが中継したDeNA―巨人戦の解説を務めたが、体は痩せ細り、声もかすれていた。実況を務めた戸崎貴広アナウンサー(56)は「普通の人なら球場に来ることもできなかったでしょう。涙が出そうでした」と振り返る。

     話すこともつらそうな状態に、戸崎アナはコメントを求めるのをためらった瞬間が何度もあったという。すると、衣笠さんは自ら手を挙げて話したいとの意思を示し、巨人・坂本勇の打撃などについて熱く語った。現役時代、前人未到の2215試合連続出場の偉業を達成した「鉄人」は、己の人生の最後まで「鉄人」だった。

     憧れは同じ三塁手の長嶋茂雄。巨人戦で本塁打を打つと、三塁ベースを回る時にミスターが「ナイスバッティング。うまく打ったな」と声を掛けてくれる。それが何よりうれしかった。87年に現役引退。以後、指導者としてユニホームを着る機会には恵まれなかった。実は、長嶋監督から巨人のコーチにと誘われたことがあった。しかし「広島にお世話になったので」と断ったとの逸話がある。

     今季、その広島はリーグ3連覇。赤ヘルの黄金期を支えた衣笠さんは優勝を5度経験も、最高は2年連続だった。チーム初の快挙を、きっと天国で喜んでいたに違いない。(鈴木 勝巳)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00000063-spnannex-base

    広島中村奨成捕手(19)が恩師からカツを入れられた。29日に母校広陵高で行われた野球教室に参加。「背筋が伸びますね」と表情を引き締めながら、野球少年と触れ合った。そんな中村奨に、待っていたのは厳しい言葉だ。再会した中井哲之監督(56)は教え子のルーキーイヤーを「心がまだ大人じゃない。考え方がぬるい。プロの世界は厳しい。自分の立ち位置が分かったと思うので、一層の努力をすると思う」と辛口で評した。


    昨夏の甲子園で大会最多の6本塁打を記録し、準優勝に貢献。ドラフト1位で期待された1年目は1軍出場なく、2軍でも打率2割1厘、4本塁打、16打点に終わった。中村奨も「悔しさしかない。思うように結果を残せなかった。結果を残せないと1軍にも上がれない」と険しい表情を見せた。オフは肉体強化に重点を置く。目標の体重85キロまであと3キロ。自主的に遺伝子検査を受け「太りにくい」などの体質と向き合いながら肉体改造を目指す。

    年明けは元日から始動する。「動かないと動けなくなる。1軍に上がれば視野も変わるし、考え方も変わると思う。まずは1軍に上がりたい」。恩師からも「死に物狂いでやると言っていたので、死に物狂いでやれと言いたい」と激励を受けた。プロの道を切り開いた地で、決意を新たにした。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00431956-nksports-base

    【大下剛史 熱血球論:広島リーグ4連覇への道(上)】巨人が大補強で巻き返しを図るなか、元中日監督の落合博満氏は広島がリーグ4連覇する可能性は「非常に高い」と言って話題を集めた。果たしてそうなのか? 本紙専属評論家の大下剛史氏は「来年は厳しい戦いになるんじゃないか」と予想する。好守でリーグ3連覇を支えた丸がFAで巨人に移籍したこと以上に心配なのは――。全3回で2019年のカープを占う。

     34年ぶりの日本一こそ逃したが、球団初のセ・リーグ3連覇という結果は立派なものだ。OBの一人として誇らしいし、まさに黄金期と言ってもいいだろう。

     ただ、来季は? となると話は別だ。丸のFA移籍に伴う戦力的なダメージは後述するとして、何よりも心配なのは現役引退した新井貴浩の抜けた穴をどうするかという問題がある。
     今季の成績は出場?試合で114打数?安打、打率2割1分9厘、4本塁打、24打点。この数字だけなら穴埋めすることはたやすい。しかし、新井の価値、存在意義は成績に表れないところにあった。

     これまで何人ものチームリーダーと言われる選手に接してきたが、新井は誰ともタイプの違う特異なキャラクターだ。入団当初からそうだが、一生懸命やればやるほど周囲の笑いを誘う。晩年になってもそのスタイルは変わらず、後輩にいじられても気にしない。それでもコツコツと練習する姿はみんなが見ていて、敬意を表する。

     大きな声を出して「俺について来い!」というタイプとは違い、新井は和やかなムードをかもし出しながらもチームの重石となり、精神的支柱となっていた。こんなタイプのリーダーはカープに限らず、どこを探しても見当たらない。だからこそ痛手なのだ。

     半年以上に及ぶペナントレースにおいて、グラウンドで選手を引っ張るリーダーの存在は欠かせない。代わりがいないと言っても、誰かがその役割を担う必要がある。緒方監督をはじめとした首脳陣は誰を「ポスト・新井」に指名するのか? その答えは2月1日から始まる春季キャンプで分かるはずだ。=つづく=

    (本紙専属評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00000007-tospoweb-base

     16年ドラフト同期の広島・高橋昂也投手(20)と坂倉将吾捕手(20)が、高卒3年目を迎える来期の目標に「同期バッテリー」結成を掲げた。

     高橋昂 「お互いができることをやって、1軍でバッテリーを組みたい」

     坂倉 「同期に思い入れはある。一番彼のことを分かっている気はしている。来年は1軍で組めればいい」

     1年目の17年にはファーム日本選手権でコンビを組み2軍日本一に導いた。高橋昂は坂倉を「頼りがいのある捕手。キャッチング、リードに安心感がある」と言えば、坂倉は高橋昂を「ピンチになると人が変わる。気持ちの入った球を投げるスイッチはすごい」と、お互いを認め合う。

     今季にプロ初勝利を挙げた高橋昂は腰痛などで1軍の秋季キャンプは不参加で坂倉も8月中旬から左太腿裏痛で約1カ月間の離脱を経験。「オフは1年間戦える体づくりをして、けがをしないようにしたい」(坂倉)とケガに強い体作りを共通テーマにする。正捕手となった会沢と前田(現ドジャース)の06年高校ドラフト同期も初めて先発でコンビを組んだのは4年目で、“先輩超え”を狙う。(河合 洋介)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00000026-spnannex-base

    このページのトップヘ