広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

     NPBでは11月9日、守備のベストナインである「ゴールデン・グラブ賞」の発表があった。選手の総合成績をポジションごとに評価するベストナインの発表は、11月20日に「NPB AWARDS」で行われる。今回はこのベストナインの予想を、データを基にしていきたい。



     ベストナインは記者による投票なので、様々な要素が考慮されるが、守備が評価されるゴールデン・グラブ賞があるので、主として打撃成績が評価される。また、優勝チームの主力選手は貢献度が高いと見られる傾向にある。

     ここではセ・リーグ各ポジションごとの打撃成績を比較する。通常の成績に加え、安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味した打者の総合指標RC(Run Create)も加えた。RCはシーズンで100を超えればMVP級の活躍とされる。また、球団ごとに最も多くその守備位置で出場した選手で比較。例外的に、RCがその選手より上だった選手も紹介したい。

    〇一塁手
    ロペス(De)569打171安30本105点0盗 打率.301 RC 95.35
    エルドレッド(広)344打91安27本78点0盗 打率.265 RC 66.45
    阿部慎之助(巨)455打119安15本76点0盗 打率.262 RC 57.74
    ビシエド(中)332打83安18本49点4盗 打率.250 RC 46.93
    新井貴浩(広)243打71安9本48点2盗 打率.292 RC 44.41
    原口文仁(神)186打42安6本25点0盗 打率.225 RC 21.69
    荒木貴裕(ヤ)188打39安6本25点2盗 打率.207 RC 17.79

     最多安打と打点王に輝いたDeNAロペスの受賞で間違いないだろう。優勝チーム広島は、一塁を2人で守ったため、エルドレッド、新井はともに規定打席に到達せず。巨人の阿部慎之助も3年ぶりに規定打席に到達したが、成績では及ばない。

    本命:ロペス(DeNA)、対抗:阿部慎之助(巨人)、穴:新井貴浩(広島)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00092421-fullcount-base

     実は、「ガチ」のカープファンなのでは――。これまで、プロ野球に関する「にわか」な言動を繰り返してきた広島出身のタレント・加藤紗里さん(27)に、こうした疑惑が持ち上がっている。

     インターネット上に、「加藤紗里って本当はガチ勢だよね」「もうにわかのフリしなくていいよ」といった指摘が相次いでいるのだ。はたして、こうした「ガチファン疑惑」は本当なのか。J-CASTニュースが、加藤さんに尋ねると......。

    ■「カープファンを名乗るな」と批判されてきたが...

     加藤さんといえば、これまで「にわかカープ女子」だとして野球ファンから激しい批判を浴びてきた。きっかけは、2016年11月30日放送のバラエティー番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)だ。

     番組で「にわか疑惑」の検証クイズを受けた加藤さんは、野球のプレー人数や「マジック」の意味など簡単な問題にことごとく不正解。さらに、カープを25年ぶりのリーグ優勝に導いた黒田博樹元投手の顔写真を見せられ、

      「キクりん(編注・菊地涼介選手のこと)」

    と答える場面もあった。

     また、17年3月25日深夜(26日未明)放送のプロ野球情報番組「虎バン」(ABCテレビ)では、2位をジャイアンツ、3位を巨人、6位をロッテとしたセ・リーグの順位予想を披露。そのほか、ツイッターでも野球に関する知識がまったく無いことを窺わせる投稿を繰り返してきた。

     こうした加藤さんの「にわか」な言動には、ネット上で激しい批判が集中。彼女がカープに関する話題をツイートするたびに、「野球を語るな!」「カープファンを名乗るな」といった非難のリプライ(返信)が殺到する事態となっていた。

     だが、そんな加藤さんの「評判」が、ここ最近変わりつつある。

      「『にわか』な言動は全て演技で、実は昔からの熱心なカープファンではないか」

     こうした疑惑が、ネット上の野球ファンの間で囁かれているのだ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00000005-jct-ent

     広島は1日、7日から21日の日程で行う日南秋季キャンプの参加メンバー38選手を発表した。休養日は11日、16日を予定している。 

     参加メンバーは以下の通り。 

    〇投手(19人) 
    九里亜蓮、大瀬良大地、今村猛、岡田明丈、野村祐輔、中崎翔太、薮田和樹、中田廉、一岡竜司、高橋昂也、塹江敦哉、藤井皓哉、高橋樹也、アドゥワ誠、戸田隆矢、辻空、オスカル、長井良太、中村祐太 

    〇捕手(4人) 
    會澤翼、磯村嘉孝、船越涼太、坂倉将吾 

    〇内野手(11人) 
    上本崇司、田中広輔、堂林翔太、菊池涼介、桑原樹、庄司隼人、美間優槻、安部友裕、西川龍馬、バティスタ、メヒア 

    〇外野手(4人) 
    丸佳浩、野間峻祥、松山竜平、高橋大樹
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171101-00091009-fullcount-base

    ペナントレースでは横浜DeNAに14.5差をつけて優勝した広島が、クライマックスシリーズのファイナルステージで、初戦を制した後に4連敗して2年連続の日本シリーズ進出を逃した。雨で2試合が流れ、第4戦、第5戦は先手を取りながら「逆転の広島」のお株を横浜DeNAに奪われて逆転負けを喫した。

     広島でのコーチ経験もあり、ヤクルト、西武監督時代には“日本一監督”となった名将、広岡達朗氏は、今回のCS敗因をこう分析した。

    「横浜DeNAに大きなゲーム差もつけて優勝した広島が、何もできずに完敗したことは、“ふ”に落ちないが、考えられる敗因はいくつかある。ひとつはゲーム勘。ギリギリまで巨人との3位争い、阪神との2位争いを繰り広げて、阪神とのCSファーストステージから勝ち上がってきた横浜DeNAは、ゲーム慣れして、打線に勢いがあったが、広島は試合間隔があき、しかも、2試合も雨天中止となりゲーム勘がまったくなくなっていた」

     広岡氏が、その象徴的な場面として取り上げるのが、23日の第4戦で6回無死満塁の場面で、横浜DeNAの三上朋也に対して、勝負の代打攻勢を賭けた岩本貴裕、小窪哲也が連続三振に終わったシーンだ。

    「2人とも、とんでもないボール球を振った。本来ならば、ボールを見送り、逆に三上に投げるボールをなくさせて仕留める場面。広島の打者は、それができる。シーズン中は、あえて石井打撃コーチがゴロを打たせて、最低1点は取っていたが、それもできなかった。ゲーム勘がないからそうなる」

     また24日の第5戦では、三塁走者の菊池が、スタートのタイミングを誤り、ダブルスチールに失敗したが、これも、広岡氏、いわく「ゲーム勘の鈍りの最たるものだ」という。
     
     広島は、CSファイナルステージに向けてゲーム勘を取り戻すため、紅白戦や社会人チームとの練習試合などを行っていたが、広岡氏に言わせると、準備不足だという。

    「メンバー全員を泊まりこませ野球漬けとする合宿を張れば良かったのではないか。西武時代に私は日本シリーズ前に合宿を張らせたことがある。そういう意味では、準備不足。そして、もうひとつの敗因が、CS前に、石井、河田の両コーチの退団を発表したこと。どういう事情があったかは知らないが、チームの士気に間違いなく影響を与えた。なぜCS、日本シリーズの戦いが終わるまで人事を伏せておかなかったのか。“そんなことは関係ない”と思う人もいるかもしれないが、野球はチームスポーツ。特に短期決戦の中では、こういうほころびは、影響を与えるのだ」

    「逆転の広島」と呼ばれるほどに、広島打線を変革させた石井琢朗打撃コーチ、機動力部門を支えた河田雄祐外野守備走塁コーチが、シーズン終了後の10月5日に家庭の事情を理由に辞任が申し入れ、退団することが発表された。2人は、共に東京に家族を残しての単身赴任だった。球団側は、今後の2人の“就職活動”に配慮して早めに発表したようだが、広岡氏は、CS、日本シリーズと戦いがすべて終わってから発表すべきだったと広島のチーム管理の不備を厳しく批判した。まとまりや信頼の部分でヒビが入るという。打線が爆発力に欠いた原因には、石井打撃コーチへの信頼が薄くなったことも影響しているともいう。

     そして、“元日本一監督”は、広島が来季以降、日本一を奪回するために、こんな注文をつける。

    「連日、マツダスタジアムは真っ赤に染まっていた。私たちの時代と違い、間違いなくファンがチームを育てる時代。独走優勝して勝って当たり前のチームが本拠地で惨敗したのだから、“よくやった”、ではなく、もっと厳しい声をあげてもらいたい。これが、ヤンキースやレッドソックスなら大ブーイングですよ。カープ女子といわれる人たちが、ブーイングをあげてこそ、チームも育つんだと思う」

     4連敗を喫したマツダスタジアムはシーンと静まりかえっていたが、モノが放り込まれたり、ブーイングが起きるようなことは、一切なかった。それもよき広島カープファンのモラルとカラーだとも思うが、球界の大御所の意見に耳を傾けてみる価値もあるのかもしれない。

    (文責・駒沢悟/スポーツライター)
     
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00000001-wordleafs-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ初戦の試合前。広島はチーム全員がモチベーションを上げるためのビデオを見た。地元の広島テレビが協力を依頼されて作成。約7分の映像には、優勝の瞬間や、ファンの姿、リハビリに励む鈴木の姿などが盛り込まれた。広島テレビのスタッフは「お役に立てたというか、報われた気がします。勝ってよかった」とと胸をなでおろしていた。


     リーグ優勝直後から打ち合わせが始まった。選手会長の小窪や、副会長の会沢、チーム最年長の新井から、BGMや求めるシーンの大枠が伝えられた。後はセンスだ。膨大な資料映像のなかから厳選。マニュアルがない世界で、試行錯誤を重ねた。担当者は他の仕事を切り上げて丸2日も部屋にこもったという。

     選手は口をそろえて感謝した。そして何より、初戦の勝ちがうれしかったようだ。ちなみに映像の締めくくりは「共に、日本一へ-」の言葉。BGMは新井が選曲したTUBEの「終わらない夢に」だ。テレビ局スタッフも眠れなかった分、終わらない夢を見せてほしいと、願っているはずだ。【広島担当 池本泰尚】
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00033351-nksports-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦(20日=マツダスタジアム)は、横浜DeNAが広島に勝ち2勝2敗の五分としたが、台風21号が影を落としている。

     21日の第4戦は雨天のため中止となり、日曜の22日の第5戦も午後1時半開始予定のデーゲームだが、こちらも台風の影響による雨予報。さらにナイターの23日の第6戦も開催が危ぶまれている。

     「甲子園でのファーストステージは予備日が1日しかなかったから、大雨の中で試合を強行したが、ファイナルステージは予備日が2日間(24、25日)あるから大丈夫だ」と関係者は楽観視していたが、にわかに風雲急を告げてきた。

     ファイナルステージそのものは、なんとか完了させることができたとしても、26日に都内のホテルで行われるドラフト会議に影響が出る恐れがあるからだ。

     「ウチのチームにとって今年のドラフトは重要だ」と言うのは、CSに同行しているDeNAの高田繁ゼネラルマネジャー(GM)。

     万年Bクラスだったチームが、2年連続Aクラスの3位。CSでも昨年に続いてファイナルステージに進出している。さらなる戦力アップのために、今年のドラフトが重要になるのは当然だ。

     DeNAに限らず、各球団はドラフト前日に監督、フロント首脳、スカウトがドラフト会場に集まり入念な最終打ち合わせを行う。ところが今年は、台風の影響をモロに受けると、ドラフト前日までCSファイナルステージがもつれ込む可能性がある。

     高田GMは前日に緊急帰京したとしても、ラミレス監督はそうはいかない。一方、「FA選手は獲らず、引き留めない。自前で育成する」という大方針を貫く広島の緒方孝市監督も当日移動でドラフト会議に臨むことになる。雨に呪われたセ・リーグCSは、最後に勝ち残った両チームの将来に影響を与えかねない。(江尻良文)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00000005-ykf-spo

    このページのトップヘ