広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    メディア

     プロ野球の広島東洋カープが37年ぶりのリーグ連覇を果たし、興奮も冷めやらぬ9月20日、外国人観光客でにぎわう古都奈良で、カープ優勝記念の「豆腐の無料配布」が行われた。広島と奈良の共通点として思い浮かぶのは、奈良公園と宮島にたわむれる鹿くらい。なぜ奈良でカープなのか?そしてなぜカープ優勝で豆腐なのか?


     午後1時半過ぎ、近鉄奈良駅前の広場に突如現れた赤備えのスタッフたちが手にするのは、真っ白な豆腐、豆腐、豆腐。カープの帽子にカープの法被、ズボンや靴まで全身真っ赤でキメた「きたまち豆腐」店主の藪田洋輔さん(40)が、昨年に続いて計画した「豆腐の消費拡大キャンペーン」のふるまい豆腐が始まると、待ち構えていた人たちや通りすがりの観光客が列を作り、約200丁用意した手づくり豆腐は20分ほどでなくなった。

     しかし、テーブルの前をよく見てほしい。晴れがましくプリントされているのは「広島東洋カープ連覇おめでとう」の文字。奈良生まれ奈良育ちの藪田店主、実は小学1年生から大のカープファンなのだ。2009年、阪神なんば線の開通によって甲子園と一直線になったはずの奈良だが、言わずと知れた近鉄王国。当時の野球少年はパ・リーグは「近鉄」、セ・リーグは「巨人」か「広島」のファンが多かったのだとか。

     13年にオープンした「きたまち豆腐」は現在、奈良市内に2つの店舗を構える。厳選した国産大豆を使って毎朝手づくりされる、なめらかでもっちりとした豆腐のほかに、豆乳おからドーナツや豆乳プリン、この夏登場した豆乳ソフトクリームも好評だ。店主自らラッパを手にしたリヤカーでの引き売りは、奈良のちょっとした風物になりつつある。

     とはいうものの、豆腐消費は年々減少、製造事業所も5万以上あった1960年(昭和35年)をピークに今では全国で8000カ所ほどに。県内の豆腐店で修業したあと、「豆腐受難時代」にあえて独立開業した藪田店主の「豆腐愛」と、店内の壁一面にカープグッズを飾るほどの「カープ愛」、この2つが「カープ優勝記念ふるまい豆腐」を実現したというわけだ。

     さらにこの日は「奈良に熱烈なカープファンがいるらしい」という情報を聞きつけた広島ホームテレビ「あっぱれ!熟年ファイターズ」がふるまい豆腐の取材に。番組のMCを務める渡辺弘基氏とレギュラーの松本裕見子さんも豆腐の配布に参加した。渡辺氏はカープ初優勝の75年(昭和50年)に中継ぎとして活躍、当時の古葉竹識監督から「陰のMVP」とたたえられた往年の名選手。「タイガースファンも巨人ファンもどうぞ!」と豆腐を配っているところに、愛用するタイガースグッズを見せつけながら豆腐をゲットするつわものの女性も。

     カープ優勝が、遠く古都奈良で思わぬ活気を生み出した今回のふるまい豆腐。日本シリーズで優勝した暁には、ビールかけのあと豆腐で一杯、としてもらいたいところだ。

     ふるまい豆腐の様子は、広島ホームテレビで9月30日の朝9時30分から生放送「あっぱれ!熟年ファイターズ」内の特集「奈良はじめて物語」で放映される予定だという。(デイリースポーツ特約記者・鹿谷亜希子)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00000038-dal-life

    「カープ女子」という言葉が世間を賑わせるそのはるか前から、一途で筋金入りのカープファンだった、古田ちさこさん。広島カープが37年ぶりの連覇を決めた9月18日。彼女はこの記念すべき1日を、どのようにして迎え、過ごしたのでしょうか? 決して派手とはいえなくとも、純粋な愛情に満ち溢れていた1日を振り返ります――。(文=野口学)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00010000-victory-base

     プロ野球広島カープがセ・リーグ連覇を達成後、JR広島駅構内で好調な売れ行きを見せている弁当があります。その名は「カープ日本一優勝祈念弁当」。カープの応援弁当を10種類以上販売する広島駅弁当(本社・広島市東区)が昨年に続き販売しています。優勝後は1日に400個以上売れている験かつぎ弁当にはファン心理をくすぐる仕掛けと担当者の熱い思いが込められています。


     昨年の「カープ日本一優勝祈念弁当」はペナントレースと日本シリーズを重ねて勝つという願いを込めた「ミルフィーユカツ」、ウィナー(優勝者)にちなんだ「ウィンナー」などの具材でした。今年はセ・パ11球団の本拠地のご当地グルメなどを詰め合わています。

     フタを開けると、色とりどりの食材です。セ・リーグは、たこ焼きが阪神、シューマイ・ごま団子がDeNA、かんぴょう巻が巨人とヤクルト。パ・リーグは辛子めんたいこがソフトバンク、みそポテトが西武、牛タンが楽天……。広島がCS(クライマックスシリーズ)、日本シリーズで対戦する可能性のあるチームのご当地グルメもあります。

     広島駅弁当営業部の小田一彦課長(60)のよると、具材を選ぶのに苦労した球団もあったそうです。「阪神のたこ焼き、楽天の牛タンはすぐに思いつきましたが、巨人とヤクルトの東京はぴったりとくる具材がなかなか見つからず、焦りました」。発売時期は昨年と同様に9月上旬と決めていましたが、広島のマジックが昨年よりも早く8月上旬に点灯。時間との勝負でした。

     17年度バージョンの弁当には「敵チームを食べて打ち勝とうという思いを込めました」と小田さん。弁当のパッケージには「今年こそ絶対日本一??」の文字とともに緒方監督が選手に胴上げされているイラスト。指揮官が笑顔で宙を舞っています。

     昨年のパッケージは緒方監督の胴上げシーンは同じですが、文字は「絶対見たい、この瞬間!!」でした。17年度バージョンでは胴上げに参加する選手の顔ぶれ、選手の胴上げする位置も変わっています。小田さんは言います。「今年活躍した選手がなるべく真ん中にくるようにしました」。細かいことですが、実はこの配慮こそが、一番大事なことだと思います。担当者のカープ愛を感じます。

     昨年はファンの願いはかなわず、日本一を達成することはできませんでした。リーグ連覇後、広島の街では日本一を願う声が多く聞かれました。今年の「カープ日本一優勝祈念弁当」には担当者らの強い思いが込められています。昨年の「絶対見たい、この瞬間!!」から「今年こそ絶対日本一??」。

     弁当は税込み1080円。販売期間は日本シリーズ終了まで設定していますが、広島がCS(クライマックスシリーズ)で敗退、日本一を逃した時点で販売は終了する予定ですが、小田さんは「負けは想定していません」。33年ぶりの日本一へ、弁当には応援用のユニホームが抽せんで33人に当たる応募はがきが付いています。【松浦隆司】(ニッカンスポーツ・コム/コラム「ナニワのベテラン走る~ミナミヘキタヘ」)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00010790-nksports-ent&pos=1

     巨人史上最強の助っ人と呼ばれたウォーレン・クロマティ氏が、7月に宮城県石巻市で行われたリトルリーグ小学4・5年生の全国大会「MLBカップ」にゲストとして参加するために来日。16チーム、250人の野球選手に直接指導を行い、東日本大震災の被災地復興にも2年連続で貢献した。2か月間の日本滞在でプロ野球も視察したクロマティ氏は、セ・リーグを2年連続で制覇した広島カープについて、日本野球に欠如しているという「本能」「ハッスル」の体現者だと称賛している。

     1984年から90年までジャイアンツで活躍したクロマティ氏にとって、現在最も共感を覚える球団は栄光の伝統を誇る古巣ではなかった。

    「私は今のNPBで一番好きなのは広島カープです。彼らのプレーが気に入っています。私は常々、選手からは自己表現をもっと見たい、感じたいと切望しています。広島の野球からはそういう部分を感じることができます。スタイル、テンポ、ハッスルというところです。私の指導方法にも近い部分を感じています。日本の現在の野球からは驚きという要素、そして、本能と呼ぶべきものが足りません。あまりに組織立っている。私は見た中での広島の野球のハッスル、そして、本能という部分は印象的でした」

     日本野球の「レベルダウン」を危惧していたクロマティ氏だが、広島には好印象を持っている。機動力を生かしたアグレッシブさ、躍動感を全面的に押し出した広島の野球に感じるものは「本能」「ハッスル」。地元米フロリダ州でスクールを展開しているというクロマティ氏の指導哲学にも合致し、琴線に触れるものがあるという。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00010004-fullcount-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     37年ぶりの連覇を決めた広島緒方監督は、勉強家だ。球場、自宅、移動中まで使い、他球団でも全試合を見る。赤の分厚いブリーフケースに、3年間の積み重ねがある。「神様じゃないんだから、どんな采配を振るうか、仕掛けるタイミングは分からないでしょ」と当然のことのように語る。


     分かりやすく現れたのが8月16日の阪神戦(京セラドーム)。代打岩本が放った左翼への打球はフェンスに直撃した。フェアかファウルか。際どい打球だったが、判定はファウル。緒方監督はベンチを出てリプレー検証を要求した。フェンス際ならフェア、ファウルの判定でも要求出来ることを知っていた。

     「8月5日に秋山(西武)のフェンスに当たった打球で検証があった。6月27日の松田(ソフトバンク)の200号は本塁打検証だったけど、フェア、ファウルの検証」

     落ち着いて検証を要求し、判定は覆った。「ダメ元で行ってるけど。ルールを知らないと損。勝ち負けに執念を燃やさないと」と振り返る。CS、日本シリーズへと続く短期決戦で勉強の成果がさらに出るはず。そのタクトに注目したい。【広島担当=池本泰尚】
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00008609-nksports-base

     2017年のペナントレースもいよいよ終わりが見えてきた。パ・リーグは16日にソフトバンクが、敵地メットライフドームで西武を下して2年ぶりの優勝を決め、セ・リーグは18日に広島が、こちらも敵地甲子園で阪神を破り、連覇を達成した。リーグ優勝チームがどちらも決まり、ここからの残り試合で注目を集めるのは、クライマックスシリーズ出場権とCSファーストステージのホーム開催権をかけた2位、3位争いとなるだろう。


     ただ、このクライマックスシリーズ、毎度のことではあるが、再びその存在意義を問う声が上がっているのも事実である。

     今季のセパ両リーグは、広島とソフトバンクが首位を独走して優勝を決めた。現在、広島は2位の阪神に11ゲーム差、ソフトバンクは西武に13ゲーム差と、どちらも2位以下に10ゲーム以上の大差をつけている。両チームともに、それぞれのリーグを代表する強さを証明した。

     ただ、クライマックスシリーズ・ファイナルステージではリーグ優勝チームに1勝のアドバンテージが与えられるのみ。優勝を逃したCSファイナル進出チームは、失うものは何もないと思い切ってぶつかってくる。不覚を取る可能性もある。果たして、これほどの大差をつけ、圧倒的な強さを見せた各リーグの優勝チームが進出しない日本シリーズが、真の日本一を決める頂上決戦として相応しいかと言えば、多くの人が疑問を感じるのではなかろうか。

     クライマックスシリーズは、2位、3位にもペナントレース終盤の試合に意味を持たせて消化試合を減らすこと、そして興行という面でメリットがあるのは事実である。ただ、これにより、1年間長く、厳しい戦いを繰り広げて掴んだペナントレースでの優勝の意味合いが軽くなってしまうという見方もある。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00010006-fullcount-base

    <明治安田生命J1:新潟2-4鹿島>◇第26節◇16日◇デンカS

     首位鹿島アントラーズが最下位のアルビレックス新潟に4-2で勝って連勝を4に伸ばした。前半に2失点したが、後半にMFレアンドロ(24)の3得点などで鮮やかに逆転した。プロ野球セ・リーグで首位を独走する広島と同じく、ベテランと若手が融合。DF昌子源(24)は残り8試合を全勝して2連覇すると宣言した。

     左腕に主将マークを巻いた昌子の口調は、普段より早口で強かった。それほど2点のビハインドを覆して得た勝ち点3は大きかった。「良い経験が出来た。チームとしても、個人としても、キャプテンとしても。これからもっと強くなれる確信を得た」。残り8節で2位川崎Fとは勝ち点6差。「このまま残り全勝で優勝する」と言い切った。

     マークの受け渡しの連係ミスから前半の2失点に絡んでいた。ハーフタイムには大岩監督からゲキが飛び、MF小笠原から「勝ちたい気持ちが新潟の方が出てる。そこで負ける」と言われ、目が覚めた。昌子は「正直、みんなフワフワした感じはあった。最初からやらないといけない」。後半4得点の逆転勝ちにも、20日の天皇杯で対戦する浦和やJ1終盤戦で対戦する上位を意識し、反省を忘れなかった。

     試合前日、昌子はプロ野球の広島と鹿島が「似ている」と言った。「ただのベテランではない、大ベテランがいる。若手とのバランスがとれていることが強さとなっていると思う」。38歳の小笠原は「(昨季引退した)黒田さんみたいに背中で男(おとこ)気みせて引っ張ってくれる」。同じ38歳のGK曽ケ端は「新井さんみたいに、若手からいじられる時もあって雰囲気をつくってくれる」。「ナオ(DF植田)は中心を担っているし(FW鈴木)優磨や(安部)裕葵の活躍が激しい競争を生んでいる」と若手への信頼も口にしていた。

     この日もベテランの言葉に刺激を受け、18歳のFW安部もドリブル突破などで好機を演出するなど鹿島は、しっかりとベテランと若手が融合している。助っ人のレアンドロには“3発”も飛び出した。広島は最下位ヤクルトに逆転負けして優勝はおあずけになったが、鹿島は最下位を退けて勢いを増した。【鎌田直秀】

     ▼ハットトリック 鹿島MFレアンドロ(24)が、16日の新潟戦(デンカS)で達成。今季J1で3度目、通算224度目。鹿島では12年10月6日の東京戦でMFドゥトラが達成して以来、5年ぶり15度目。
    引用元 https://www.nikkansports.com/soccer/news/201709170000088.html

     優勝へのマジックナンバーを「1」としている広島は15日、マツダスタジアムでの16日・ヤクルト戦が雨天などで中止になった場合でも阪神-中日戦(甲子園)が中止にならない限り、入場券を持っている人を対象にマツダスタジアムを開場することを発表した。


     15日現在の16日の広島地方の天気予報は雨。中止の可能性があるが、甲子園の試合で阪神が敗れるか引き分けで優勝が決まる。そこで球団は広島戦が中止になっても阪神戦が行われる場合、16日の入場券を持っている人を対象に開場し、大型ビジョンで阪神の試合観戦、優勝が決まれば、優勝セレモニーが行われ、観戦できる。

     なお、広島戦が中止になった場合は「9月16日(土)の入場券は払戻しとなりますので、大切にお持ちください。また、払戻し後は、マツダスタジアムへの入場、再入場はできませんので、ご注意ください」と呼びかけている。

     1991年以来26年ぶりの地元胴上げ、マツダスタジアムでの初の胴上げに王手をかけながら台風18号という思わぬ敵があらわれた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000109-dal-base

     優勝マジックを「4」としている広島は13日、本拠地での優勝時に備えて、マツダスタジアム一塁側コンコース下にあるスペースにビールかけの会場を設置。リーグ制覇に向けて準備が着々と整いつつある。

     9日から準備を始め13日の試合開始前までで優勝への最短の14日には、完成する予定。天井や柱にはビールがかからないように、シートが掛けられ、床にはゴムマットが敷かれる。

     優勝当日は、25年ぶりのリーグ制覇した昨季と同様に酒だるが2つ用意され、ビールの本数は前回の3000本を上回る約6000本が用意される予定。チーム、球団が一つとなり37年ぶりのリーグ連覇を目指す。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00000079-dal-base

     13日のDeNA戦に勝ち、リーグ優勝へのマジックを2とした広島は14日の同戦に勝ち、阪神が巨人に敗れると37年ぶりの2連覇が決まり、2009年に新設されたマツダスタジアムで初の胴上げとなる。地上波テレビ生中継は、NHK総合(後7・30、後6・00~7・30と後8・44~はサブch)。当初は中国地方向けだったが、マジック2となり、注目度の高さから、急きょ全国放送に切り替えた。

     関東地区は当初「人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ」(木曜後7・30)「所さん!大変ですよ」(木曜後8・15)を放送予定だったが、広島戦中継に差し替えた。

     昨年9月10日、25年ぶりの優勝を決めた巨人戦を生中継したのもNHKで、地元・広島地区の平均視聴率は60・3%(ビデオリサーチ調べ)と驚異的な数字をマークした。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000085-spnannex-ent

    このページのトップヘ