広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ヤクルトスワローズ

     2018年ドラフト会議で104名(育成21名を含む)が指名され全員が入団、今季よりプロ野球選手としてのキャリアをスタートさせます。指名順位が高かろうと低かろうと入団してしまえば横一線でのスタートとは言いますが、指名順位によってプロ野球選手として生き残れる年数に差が生じるものなのでしょうか。また、ポジションごとの差や、高校からの入団、大学・社会人からの入団での差はあるものなのでしょうか。そこで、1993年から2008年のドラフト会議で指名された選手がどのくらいプロ野球選手としてNPB、MLBに在籍していたかの年数を分析してみました。


     まずは1993年から1999年のドラフト会議で指名され入団した選手がどれだけの年数以上、在籍していたかを紹介します。

     1993年のドラフトで入団した選手が10年以上在籍した確率は59.4%であり、ほぼ6割の選手が10年以上プロ野球選手であり続けたことがわかります。そして15年以上の在籍が3割、20年以上の選手も1割弱いたことがわかります。なお1993年ドラフトで最後に指名されたのがロッテ7位指名の福浦和也。福浦は26年目となる2019年シーズンもプロ野球選手として過ごします。

     なお1994年から1996年のドラフト入団選手はすべて引退しましたが、1997年のドラフト入団選手ではソフトバンクを戦力外となった五十嵐亮太の獲得を古巣ヤクルトが発表。今季も現役を続けることになりました。1998年ドラフト入団では松坂大輔、福留孝介、上原浩治、藤川球児、實松一成の5人が今季も選手として契約を結んでいます。また、1998年ドラフト入団の選手の10年以上在籍確率は50%、20年以上も9.5%と近年では高い現役続行確率となっています。その印象もあってか「選手の寿命は年々伸びている」と思われがちなのですが、1999年のドラフト入団選手を見てみると、10年以上在籍確率が4割と6年前に比べて大きく減少しています。両年のデータの代表値を比較しますと、

    ○1993年
    平均在籍年数 11.2年 中央値 11年 最頻値 11年

    ○1999年
    平均在籍年数 9.0年 中央値 8.5年 最頻値 7年

     と平均在籍年数が2年ほど短くなっています。

     また最頻値(最も度数が大きい在籍年数)の推移を見てみると、

    1993年 11年
    1994年 8年
    1995年 5年
    1996年 9年
    1997年 8年
    1998年 4年
    1999年 7年

     となっており、年による振り幅はありますが、いわゆる「壁」と呼ばれる年数が徐々に短くなっている様子が伺えます。特に10年以上在籍確率が高かった1998年ですが、4年でNPBを去る選手が最も多かったという側面もありました。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00280146-fullcount-base

     2019年の幕開け早々、驚きのニュースが飛び込んだ。広島から巨人にフリーエージェント(FA)移籍した丸佳浩外野手の人的補償として、長野久義外野手が広島移籍することが発表された。この移籍、ペナントを争う敵将はどう見たか。


     DeNA・ラミレス監督はまず「長野にとっては非常に良かった。丸が加わることで出場機会が減るところだったから」と思いやった。ラミレス監督にとっては10、11年と巨人で同じユニホームを着て戦った仲間。「非常にいい選手でプロフェッショナルな選手」と力をよく知るからこそ「広島は丸がいなくなっても手強いが、長野が入ってさらにいいチームになる。今年もやるのでは、と思い直した人が多いと思う」と警戒心を強めた。

     また昨季2位だったヤクルト・小川監督も「広島は“丸が抜けた穴”という表現は適切ではなくなる。長野のポテンシャルの高さは誰もが認めるところ」と言った。昨季は自身最少の116試合出場にとどまったが、首位打者と最多安打のタイトルを獲得したこともある実力者。「環境が変わることがプラスになり、成績が上がることは十分考えられる」と大爆発する可能性にも触れた。常々、「チームとしての強さを持つ、大人のチーム」と表現するリーグ3連覇中のライバル球団に経験豊富な34歳が加わり、こちらも最大級の警戒心を抱いている。

     まもなく球春到来。「打倒・広島」を掲げるセ・リーグの各球団は、どのように立ち向かっていくのだろうか。(記者コラム・町田 利衣)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000067-spnannex-base

     ヤクルトの人気マスコット・つば九郎が自身のブログを更新。巨人がFAで獲得した丸の人的補償で広島に移籍する長野久義外野手に熱いエールを送った。


     「おとももちの、ちょうちゃんへ。」と書き出し「あかへるひさよし。これからも、おたがいがんばろうZ!かーぷには、おとももちがおおいので、またみんなで、しあいまえもりあがりましょう。」。同じセ・リーグ。シーズンでは広島戦の試合前に会う機会も多く、おとももちとしての再会を心待ちにしていた。

     さらにつば九郎は、移籍に際して長野が「選手冥利に尽きる」とコメントしていたことに触れ「いいことばだすよな~にくい、かっけ~、こんどぱとろーるのとき、いじりますよ~でへへ。」と感銘を受けたことを明かした。

     さらに長野が加入することになった広島については「まるちゃんぬけて、ちょうちゃんかにゅう、けっかてごわいちーむにはかわらない。。。」と3連覇中の王者の強さを警戒。最後は「3れんぱのちーむ、はげしいぽじしょんあらそいのがいや。そこで、れぎゅらーあらそいするすがた、たのしみにしてますよ~!」と「ちょうちゃん」こと長野に熱いエールを送っていた。

     ちなみにブログのタイトルは「げつ9でびゅー!?」。7日午後9時からフジテレビで放送された、錦戸亮主演の月9ドラマ「トレース~科捜研の男~」に「つばくろうがでた~って、いろんなかたかられんらくが・・・。」。しかしつば九郎には身に覚えがなく、つば九郎が出演している「Money Forward ME」のCMがドラマの合間に流れたという「オチ」だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000123-spnannex-base

     ヤクルトの人気マスコットキャラクターつば九郎が、今季惜しまれながら現役を引退した広島の新井貴浩内野手に惜別のメッセージを送った。15日、「がむしゃらで、ぶきようなおとこ。」と題されたブログを更新。「だいすきなせんしゅが、またひとり、みんなにおしまれながら、ゆにふぉーむをぬぎました。そのおとこは、あらいたかひろせんしゅ」と書き出されたブログの中で、写真を織り交ぜて新井との思い出を記した。


     広島工高から駒澤大学へ進み、1998年のドラフト6位で広島に入団した新井。ヤクルトの本拠地・神宮で試合をしていた東都大学野球の出身とあって「だいがくじだいからがっつあふれるおとこで、いつもどろだらけのいめーじがあります。じんぐうきゅうじょうにいる、あらいちゃんのどうきゅうせいから、がくせいとうじ、れんしゅうでもどろだらけで、はくまで、はをくいしばってれんしゅうしていたそうです。そーゆうところが、やきゅうずきにはたまりませんでした。そして、それはぷろにはいっても、かーぷでかわらなかったそうです。」と、猛練習に励んでいたという新井の過去を振り返った。

     2人の“馴れ初め”についても回想。「つばくろうとあらいちゃんが、きゅうせっきんしたのは、みやもとさんから、せんしゅかいちょうをひきついだあたりかなぁ~。みやもとさんは、あらいちゃんのことがすきでしたね」と、新井が日本プロ野球選手会会長となった阪神時代の2008年12月ころから“急接近”したと明かしている。

     2016年4月26日の試合で、新井が2000本安打を達成した日も回顧したつば九郎。「いんたいして、ぷらいべーとで、じんぐうにきた、みやもとさん。つばくろうのとりごやで、いっしょにそのときをみて、うったしゅんかんはいたっちしたことを、おもいだします。そんなあらいちゃんに、そのちょくご、おいわいのはなたばをわたせたことも、うれしいおもひでです」と、宮本慎也現ヘッドコーチとともに、その瞬間を見ていたという。

     新井の引退セレモニーが行われた試合での“裏話”も明かしたつば九郎。「ちなみに、このひ、しあいまえのかーぷのっくのとき、あらいちゃんのとうじょうきょく『ぜんりょくしょうねん』ながしたこと、きづきましたか?あらいちゃんはきづいてたようでした。しあいまえ、まねーぢゃーをつうじて、つばくろうにおれいをと。うれしかった~!!!」とその時の気持ちを記している。

    「ちーむのみんな、やきゅうふぁんみんなからあいされる、あらいちゃん。20ねんかんおつかれさまでした。がむしゃらに、ちからいっぱいどろだらけのぷれー、つぎのあらいちゃんをそだてるまで、ゆっくりやすんでください。ごかぞくのみなさんも、おつかれさまでした、ありがとうございます」と感謝の思いを記したつば九郎。

     最後は「あかいこころみせ~ひろしまをもやせ~ そらをうちぬく~だいあーち~ かっとばせ~あらい~ あらい~あらい~あらい~あらい~・・・・・。」と応援歌の歌詞が綴られ「あらいちゃんからもらった、2000あんだのばっとは、ぼくのたからものです。また、ゆにふぉーむをきてもどってきたときには、またべんちまえで、いつものとーくで、たのしいじかんを。。。」と惜別のメッセージを送り「だいすきなあらいちゃんへ。つばくろうより。」と締めくくられていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00266958-fullcount-base

     今シーズン限りでの現役引退を発表した広島・新井貴浩(41)の人柄と人気を感じた瞬間だった。

     16日に行われたヤクルト戦は駒大時代にプレー、プロ通算2000本安打、300本塁打を達成した思い出の神宮球場での最終戦(セリーグ公式戦)となった。

     試合前はスコアボードに「20年間お疲れ様でした」と表示される前でヤクルト・宮本コーチ、石井琢コーチ、河田コーチと記念撮影を行った。そして贈られた大きな花束2つと記念品のつば九郎のぬいぐるみを球場スタッフが受け取りに来ると、それを遠慮し軽く会釈をしながら小走りにベンチに戻る新井のほほ笑ましい姿に温かい拍手が送られた。

     試合では9回、代打で登場する新井がベンチ前に出てくるだけで歓声が上がり、四球を選ぶとスタンドからは大きなため息が漏れた。しかし激走を見せ三塁まで進塁しベンチに戻ると笑顔の広島ナインに迎えられた。そして試合後には三塁側、レフトスタンドを真っ赤に染めた広島ファンにあいさつに向かうとこの日一番の大歓声が上がった。

     目前に迫ったリーグ3連覇、34年ぶりの日本一を達成して敵味方関係なく愛される新井を1打席でも多く見たいとファンは願っているはずだ。(デイリースポーツ・堀内翔)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000050-dal-base

     「ヤクルト2-4広島」(16日、神宮球場)

     ヤクルトのコーチ陣が試合前、今季限りでの引退を表明した広島・新井に花束を贈呈した。

     北京五輪でチームメートだった宮本ヘッドコーチ、昨年まで広島に在籍した石井打撃コーチと河田外野守備走塁コーチが、花束やつば九郎のぬいぐるみを手渡し、がっちりと握手。

     客席からも拍手が贈られ、4人は笑顔で写真に収まった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00000146-dal-base

    ◆ヤクルト―広島(16日・神宮)

     今季限りで現役を引退する新井が“ラスト神宮”でファンに頭を下げた。

     9回1死に代打で登場して四球。得点には絡めなかったが、試合後、球場を去る前に左翼席の前に駆け寄り、深々とおじぎした。駒大時代からプレーし、16年に通算2000安打を達成。「この球場は(観客と)距離が近いので声援が伝わってくる。ありがとうございます、という言葉しか見つからない。一番は七夕かな」と、昨年7月7日の9回の代打3ランを思い出に挙げた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00000097-sph-base

     「ヤクルト2-4広島」(16日、神宮球場)

     広島・バティスタが大好きな神宮で大暴れした。初回、鈴木の右犠飛で先制点を奪い、なおも2死一、二塁の好機。高橋の直球を振り抜いた打球は大きな弧を描いてバックスクリーンへ着弾。2日ヤクルト戦(神宮)以来の24号3ランに、「高めの球を狙っていた。追い込まれていたので、ノーステップでコンパクトスイングしました」と胸を張った。


     緒方監督に「大仕事をしてくれた」と言わしめる一打で波に乗ると、六回にも中前打を記録。これでヤクルト戦は打率・365、7本塁打、18打点のツバメキラーだ。憧れというバレンティンの前で打ちまくり、「神宮はやりやすい。狭いからイイね!」と声を弾ませた。

     5日に新井が今季限りでの現役引退を表明し、バティスタもショックを受けた。「ちょっとびっくりした。いろんなアドバイスをもらったから。活躍したらすごく喜んでくれたし、活躍してほしいと思ってくれていた」。

     爆発力が影を潜めた8月中旬には横浜スタジアムの室内練習場で身ぶり手ぶりの指導を受けた。左肩の開きが早いことを指摘され「そこだけ意識すれば大丈夫と言われたよ」と感謝していた。新井サンと日本一に-。ドミニカンの思いもナインと同じだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00000041-dal-base

    【赤坂英一 赤ペン】先日、ヤクルト・石井琢打撃コーチ、河田外野守備走塁コーチにこんな質問をしてみた。広島の優勝決定前のタイミングで発表された新井の引退は、チームにどんな影響を与えるか。CS、日本シリーズにはプラスか、それともマイナスかと。

     ともに昨年まで広島に在籍していた両コーチは、昨年の優勝決定後に退団を表明した。どちらも自宅が東京にあって、家族を残しての単身赴任に区切りをつけるための決断だったが、CSを前にしての発表はファンの間でも物議を醸した。

    「ぼくたちのときと新井のケースは事情が違う」と前置きした上で、石井琢コーチはこう言った。

    「選手たちにとっては、良くも悪くも影響はないと思います。新井の引退は、41歳という年齢からも、ある程度予想されていましたからね。CSも普段通りの力を出してくるはず。それだけ若い選手も育っているし」

     一方「そういう選手を育てたのは琢ちゃんだと思いますが」と、河田コーチはこう語った。

    「若い選手にとって新井の存在が大きかったのは確かでしょうね。ぼくが広島でコーチをしていた2年間も、いつも先頭に立ってチームをまとめてくれていたものです」

     そういう河田コーチや石井琢コーチが指導していた鈴木や野間に、新井も熱心に助言していた。4番に固定された昨季、首脳陣から「自分勝手な打撃をする」と批判されていた鈴木には「4番には4番の役割があるんだぞ」と直言。今季急成長した野間には「結果を出すと先輩にあいさつしなくなるんだね」と、得意の“いじり”で励ました。

    「しかし、新井の一番のすごさは、何といっても体が強いことですよ。ほとんどケガをしないし、少々のケガでは休まない。ああいうベテランがいると、若手も自然と、しっかりやらなきゃいけないと思うものです」と河田コーチ。「それだけに、左ふくらはぎを痛めて開幕二軍スタートとなったときは驚いた。まさかあの新井がと思いました」と振り返る。

    「敵になって言うのも変ですが、新井には有終の美を飾ってほしい。あれだけの功労者ですから」と石井琢コーチも新井にねぎらいの言葉を贈った。CSで広島―ヤクルトの対決が実現すれば、ともに広島の黄金時代復活に貢献した男たちの最初で最後の激突となる。そういう人生が交錯する熱いドラマを見たい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00000034-tospoweb-base

    このページのトップヘ