広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ヤクルトスワローズ

    「チームとしては一線を引く必要がある」

     そう話したのは、ヤクルトの小川新監督。さる2日、地元・千葉県の講演会での一言だ。ヤクルトは今季、リーグ最下位に低迷。原因のひとつが「ファミリー球団」という甘い体質にあるといわれてきたが、4年ぶりに現場復帰した小川監督はここにきて、他球団とのなれ合い禁止を宣言。「昔は他球団の選手と口を利くなと言われたが、最近の選手は12球団で横のつながりが強い」と球界の環境変化にも言及した。

    「横のつながり」はWBCやオフの合同自主トレなどの交流がきっかけとなる。シーズン中もセ・パ交流戦で異なるリーグ選手との接触機会も増え、携帯電話やSNSの普及で、その輪はさらに広がりを見せている。試合前の練習で、出身校の先輩、後輩や親交のある者同士がグラウンドで長時間話し込んだり、試合中に走者と相手チームの一塁手が笑顔でちょっかいをかけ合うのは、もはや見慣れた光景だ。他球団の選手やスタッフ同士で食事をした楽しげな様子がSNSにアップされることもある。

     なれ合いの積み重ねは、試合に影響を及ぼしかねない。あるセの投手は「普段から仲良くしていると、正直厳しいところを攻めづらくなる」と話し、別の選手も「酒席で盛り上がり、ポロッと相手の弱点やクセをしゃべってしまうこともある」と言う。こういった感情は真剣勝負の緊張感を欠く。八百長とは言わないまでも、「ぶつけてもいいから抑えてやる」という投手の本能は表に出てこない。

     最近、激しい乱闘がめっきり減ったのも、球団の垣根を越えた友達付き合いが原因。暴力を肯定するわけではないが、昨季、乱闘が起きたのは、「あわや」というものを除けば2試合だけだった。

     今季、チームを連覇に導いた広島の緒方監督は、自軍の選手にも情が絡まぬように、常に単独で行動している。その広島をCSで倒して下克上を果たしたDeNAの選手は、「向こうの選手としゃべっているとコーチらに怒られるし、相手にも迷惑をかける」との理由から、練習後に監督がベンチ裏に下がってから駆け足で挨拶に行くという。

     勝負の世界になれ合いは邪魔だ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00000012-nkgendai-base

     ヤクルトが、来季の新首脳陣として招へいを目指している前広島・石井琢朗打撃コーチ(47)、河田雄祐外野守備走塁コーチ(49)の就任が3日、決定的となった。正式に契約を結び次第、球団から発表される見込みだ。

     愛媛・松山秋季キャンプには第2クール、11日から合流する予定。広島を37年ぶりのリーグ連覇に導いた立役者の2人が、今度は球団史上ワースト96敗を喫したチームの立て直しに一役買う。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171104-00000055-sph-base

     10月10日をもって、2017年のプロ野球ペナントレースが終了。同時にセ・パ両リーグの各タイトルホルダーも決まり、打撃タイトル三部門のひとつである首位打者はDeNAの宮崎敏郎と、西武の秋山翔吾がそれぞれ受賞した。

     打撃タイトル三部門のうち、首位打者だけがシーズン中に定められた規定打席数(チームの試合数×3.1)を満たすことが必須条項。レギュラーシーズンが143試合制の現在の場合は443打席に立たないと公式の打率記録として認められないため、その打席数をクリアしない限り、いくら高打率を残していても記録には残らない。「無事是名馬」の格言ではないが、故障せずに1年間乗り切るというのも一流打者の証しと言える。

     しかし、今年の首位打者の打率は、セ・パともに打率.320台と例年に比べるとかなり低調なもの。統一球時代だった2012年以来、5年ぶりに打率.330以下を下回った。そもそもセ・パ両リーグで3割以上の打率を記録したのはわずか9名と、昨季の15人に比べるとはるかに少ないものだった。

     今季の規定打席到達打者は全体的に低調に終わったが、故障で出場機会を減らした選手や、あと少しで規定打席に届かなかった選手には素晴らしい成績を残した選手がいる。そこで、今季200打席以上に立った規定打席未到達の打者たちのなかから好成績を挙げた3割以上の選手を振り返ってみたい。
    鈴木の穴を見事に埋めた松山竜平

    まずはセ・リーグから。

    ▼松山竜平(広島)
    120試合出場 387打席 打率.326 14本塁打 77打点

     まず挙げたいのが、今年の広島を支えたひとりと言っても差支えのない活躍を見せた松山竜平。今季もブラッド・エルドレッドらとの併用で規定打席を逃したが、打率.326は200打席以上の規定打席未到達選手のなかではセ・リーグのトップ。今季のセ・リーグ首位打者である宮崎敏郎の打率.323をわずかに上回る。

     そんな松山の今季最大のハイライトといえるのが8月。それまで4番を打っていた鈴木誠也が戦線を離脱すると、空いた4番の座に君臨し好打を連発。チームが優勝争いの渦中にあった9月には打率.426、5本塁打、23打点という驚異の成績を叩き出してリーグ優勝に向けたラストスパートに大きく貢献した。


    ▼俊介(阪神)
    74試合出場 202打席 打率.309 4本塁打 23打点

     投手では桑原謙太朗、秋山拓巳らがブレイクした阪神だが、ブレイクした野手といえば、この俊介も該当する。内外野をこなせるユーティリティープレーヤーという評価で、「守備の人」というイメージが強い選手だったが、今季は交流戦の時期から打撃が好調で6月13日の対西武戦では自身3年ぶりとなる本塁打を放ち、上位争いが熾烈を極めた夏場には完全にレギュラーに定着した。

     8月6日の対ヤクルト戦では自身初となる4打数4安打の猛打賞を達成するなど、一度打ち出したら止まらない固め打ちを見せ、阪神打線のチャンスメーカーを担った。今季で国内FA権を取得しただけにオフにはその去就にも注目が集まる。


    ▼雄平(ヤクルト)
    71試合出場 300打席 打率.306 2本塁打 32打点

     67年ぶりにチームワースト記録を更新する96敗を喫したヤクルト。故障に泣かされた選手が多かったが、そのひとりとして挙げられるのが雄平。開幕からクリーンアップを務めていたが、6月末に右手の有鈎骨を骨折して戦線から離脱した。全治3カ月と診断され、ようやく復帰できたのはシーズン最終戦となった対巨人戦。この試合でヒットを打ち、打率は.306をマークした。

     ちなみに規定打席到達・未到達にかかわらず、今季のヤクルトで200打席以上に立ち打率3割を超えたのは雄平のみだった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00135607-baseballk-base

     ヤクルトは5日、来季監督に小川淳司シニアディレクター(SD、60)が就任すると発表した。契約は2年で年俸は8000万円(推定)。年内は編成のトップとしてのSD職を兼務する。背番号は前回の監督時代と同じ80。

     衣笠剛球団社長(68)は現状のチームを「層が薄い。チーム力が非常に低い」とした上で、今回の人事について「今のチームのすべてを知っている小川SDに預けて優勝…というよりも、チームの強化、底上げをお願いしたい」と説明。小川監督は「チーム状況を何とかしなきゃいけないとSDの立場でも責任を感じていた。立て直さないといけないという思いは非常に強く、引き受けさせてもらった」と話した。

     今季は主力選手に故障者が続出し、序盤から最下位に低迷。球団ワースト記録を更新する96敗、借金51でシーズンを終えた。巻き返しは容易ではない。しかし小川監督は「どこのポジションも補強ポイント」としつつも「今いる戦力でできるのが理想」と言う。球団幹部も「FAは今のところ考えていない」と話しており、FAを含めて補強には消極的だ。

     新外国人の獲得も同様で「今年は7人体制で外国人の年俸が12球団で3番目に多かったから、その反省もあって来年は少数精鋭でいく予定」(編成担当者)。現有戦力の底上げを優先し、足りない部分のみドラフト、外国人の獲得で埋めていくのが基本姿勢だ。

     そうなると脇を固めるコーチ陣がチーム強化の鍵となってくる。球団OBの宮本慎也氏(46)にヘッドコーチ就任を要請。また、これまでは生え抜きを大事にするファミリー球団だったが、広島のリーグ連覇に貢献し、今季限りで退団することになった石井琢朗打撃コーチ(47)と河田雄祐外野守備走塁コーチ(49)の招聘にも動く。「やるからには勝つことは大きな目標。そのためにどうするか考えていく」と小川監督。その戦いはすでに始まっている。
    引用元 http://www.excite.co.jp/News/baseball/20171006/TokyoSports_788260.html

     広島・大瀬良大地投手(26)が25日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に参加し、キャッチボールなどで調整した。

     今季はここまで23試合に先発し、9勝2敗、防御率・3・76。次回27日・ヤクルト戦(マツダ)へ向けて「前回の登板が今年の課題でもあるイニング途中で降りる形になってすごく悔しい思いがあった。今度は内容も結果も出せるように頑張りたい」と意気込みを語った。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/09/25/0010586426.shtml

     2年連続のセ・リーグ優勝を成し遂げた広島の戦力の充実ぶりについて、敗れた他球団の監督がコメントした。

     2位阪神の金本監督は「広島との差を一番感じたのは得点力だった。本塁打の数も全然違うし、足も違う。あの打線を抑え込める投手力をつけないと勝てない」と話した。

     クライマックスシリーズ(CS)進出を狙う3位巨人の高橋監督は「うちは特に前半戦に苦戦した。広島の勢いのある攻撃に圧倒されてしまった。何とかCSへの出場権を得て、シーズンでの雪辱を果たしたい」

     4位のDeNAのラミレス監督は「2年連続で完璧なチーム。投手は素晴らしいし、打線も非の打ちどころがない。(けがの鈴木の)代わりの4番(松山)がより打てている」と話した。

     5位中日の森監督は「何を取ってもうちより上だった。今のチーム編成からいくと、なかなかよそが対等に戦うのは難しい状態。いいチームだと認めざるをえない」。6位ヤクルトの真中監督は「攻撃的に見えるが、二遊間を中心に守備が良く、バランスのいいチーム。全てにおいて、うちを上回った。故障者をカバーする層の厚さも感じた」とコメントした。
    引用元 http://www.sankei.com/west/news/170918/wst1709180047-n1.html

     「広島-ヤクルト」(16日、マツダスタジアム)

     優勝マジック「1」の広島。37年ぶりの連覇が懸かる一戦を前に、上本崇司内野手(27)がマツダスタジアムに隣接する室内練習場で行われた試合前練習の声出しをし、円陣を爆笑が包んだ。

     スタメン発表などを行った後、上本が輪の中心へ。「つば九郎とかけてまして丸さんと解きます。その心はどちらも顔がでかい」と謎かけのような声出しをし、チームメートを和ませた。

     14日のDeNA戦(マツダ)前にも「優勝間近とかけまして、熱気球と解きます。その心はどっちもきたい(期待・気体)がふくらむでしょう」と披露し盛り上げていた。

     練習後、上本は「今日のは謎かけではないですね。いつも自分で考えています」と入念な準備し、ムードメーカーとして一役買っている。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/09/16/0010559687.shtml

     「広島5-4DeNA」(14日、マツダスタジアム)

     広島が競り勝ち、優勝マジックを「1」とした。試合終了後、甲子園での阪神-巨人戦で、阪神が敗れれば優勝という状況だったが延長12回の末、引き分けとなり“持ち越し”となった。

     試合を終えた広島の首脳陣や選手らはロッカーや一塁側ベンチでビジョンに映し出される阪神戦を見守った。延長十二回表に巨人が無得点に終わり、この日の胴上げがなくなると、客席からはため息も。ただ、選手たちからは前向きな言葉も出た。

     正真正銘のV王手となり、優勝は16日のヤクルト戦(マツダスタジアム)以降に。それでも、この日も二回に右中間への二塁打を放つなど存在感を発揮した新井は「また明後日、勝って決められたら。今度は他力ではなく自力で決められるわけだから」と話した。自分たちの力で優勝を決められる条件となったことを前向きに捉えている様子だった。

     この日、勝つことが絶対条件だった広島は同点の八回、1死満塁からバティスタの右犠飛で勝ち越した。バティスタは二回に左前適時打、四回には10号ソロを右中間席に放っていた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000156-dal-base

     「ヤクルト2-9広島」(3日、神宮球場)

     広島打線が復調の兆しを見せ、ヤクルトに3連勝を決めた。石井琢朗打撃コーチによるアンダースロー山中対策がズバリはまり、二回に松山竜平外野手、会沢翼捕手の本塁打で逆転した。5日からは本拠地マツダスタジアムで2位阪神との3連戦。この日、阪神が敗れ、6・5ゲーム差に広がったが、リーグ連覇へ油断なし。元気を取り戻した鯉が虎を一気に突き放す。

     広島にとっては今年最後の神宮球場。応援歌「宮島さん」の大合唱が鳴り響いた。「ワッショイ!ワッショイ!」の大きな歌声の中、ナインは笑顔で球場を後にした。低調気味だった赤ヘル打線を“石井マジック”が呼び覚ました。

     試合開始3時間前、プロで勝利投手になったこともある石井打撃コーチがマウンドに立っていた。この日の先発はアンダースローの山中。前回苦戦した右腕のリベンジに燃え、松山、会沢、野間、西川相手にフリー打撃の投手役を自ら買って出たのだ。山中そっくりの下手投げで気持ちを込めて投げ続けた。

     特訓の成果は1打席目に出た。1点を追う二回、4番に座る松山が右翼席へ10号ソロ。1死一塁から7番会沢が左翼ポール際へ4号2ランを放り込んだ。

     2人は石井コーチへ感謝、感謝だ。松山は「練習通りいいポイントで打つことができました。今日のホームランは琢朗さんのおかげです」。会沢も「練習通り、前のポイントでしっかり振り抜くことができました」と成果を強調した。会沢は六回にも5号ソロを放ち自己最多シーズン94試合出場を自ら祝った。

     試合後、2人のコメントを伝え聞いた石井コーチは「それはうれしいね」とニッコリ。「僕どうこうより結果を出してくれたことがうれしい」。体を気遣われると、「大丈夫、大丈夫」と繰り返し、心配を吹き飛ばした。

     ヤクルトに3連勝し、今回の東京遠征6連戦は4勝2敗と上々だ。東京ドームで巨人に2連敗し、虎の足音も聞こえ始めていたが、神宮で嫌なムードを払拭。再び赤ヘル打線に復調の兆しが見えた。

     2位阪神とは6・5ゲーム差。5日からはマツダスタジアムで直接対決だ。今季の対戦成績は10勝9敗1分けとほぼ互角。シーズン終盤、いよいよ勝負の3連戦となる。

     それでも緒方監督は「相手どうこうは関係なく、今まで通り我々の野球を一戦一戦やっていくだけ」といつも通りの言葉。歓喜のゴールテープへもう足踏みはしない。一気に虎を突き放す。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170904-00000035-dal-base

    このページのトップヘ