広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ヤクルトスワローズ

    <ヤクルト1-8広島>◇5日◇神宮

    広島床田寛樹投手(24)が連続カード負け越しを3で止めた。2戦連続中5日の登板で臨んだヤクルト戦で、7回4安打1失点。113球の熱投で、7勝目を引き寄せた。


    打っては6回に5点目となる適時二塁打でプロ初打点をマーク。クライマックスシリーズ(CS)争いで4位阪神が追いかけてくる中、チームを踏みとどまらせた。6日からその阪神とマツダスタジアムで3連戦に臨む。

       ◇   ◇   ◇

    執念の投球だった。床田がヤクルト打線に、勇気をもって立ち向かった。2戦連続で中5日の登板間隔。1回に山田哲に先制二塁打を浴びたが、追加点を許さない。3回2死満塁のピンチでは、村上に直球を3球続け、遊ゴロに打ち取った。丁寧に低めを突き、7回4安打1失点。5試合ぶりの7勝目を挙げ「1つでも多くアウトを取ろうと必死に投げました」と笑った。

    2軍落ちで生まれ変わっていた。疲労で本来の投球ができなくなり、8月11日に出場選手登録を抹消された。悔しかったが、張り詰めた気持ちをリセットできたのも確かだった。週3回受けていたマッサージをやめ、1軍よりきつい練習に没頭した。再昇格した同24日の中日戦は6回1失点。30日DeNA戦は7回2失点。勝ちはつかなかったが、がむしゃらだった初心を思い出していた。

    打席でも執念を見せた。6回に3点差に広げなお1死二塁で、ヤクルト2番手高梨から右翼線に適時二塁打を放ち、5点目をもぎ取った。これがプロ初打点。5回の打席で一ゴロに倒れた際に、巨人丸からもらい4安打していたバットを折られたが、手がしびれた感触を封じ込め、しっかりとスイング。「野間さんのバットで打ちました。いい感触だった」と振り返った。

    登板前日の試合前、ビジターのクラブハウスへ向かう通路でつまずいた。一瞬ヒヤリとさせたが「初めて神宮で投げたときもこけたんです。7回無失点でした」とケロリ。4月27日に4勝目を挙げた会心の試合を思い出した。マイナス思考になりがちだったが、どんなこともプラスに捉える本来の姿を取り戻していた。

    4位阪神が2・5ゲーム差で迫る中、チームを踏みとどまらせた。あと2試合に先発すると仮定すれば、規定投球回まで15回。それでも「気にしていない」とチームの勝ちに集中する。床田がラストスパートに入った。【村野森】

    ▽広島佐々岡投手コーチ(床田について)「いい投球をしてくれた。なかなか勝ちがついていなかったのでよかった」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-09050949-nksports-base

    ◆ヤクルト―広島(3日・神宮)

     女優の川口春奈(24)が5年ぶりに始球式を務めた。

     この日は「腸から健康に! シンバイオティクス ヤクルト Wナイター」として開催。ミニスカート姿だった14年8月はワンバウンド投球だったが、この日、ブルーのスーツ姿でマウンドから豪快に振りかぶって投じたボールはノーバウンドで捕手のミットのど真ん中に収まるストライクとなり、スタンドを沸かせた。

     投球後は笑顔で中村、小川監督と握手。「100点! 前回届かなかったので、届いただけでうれしかった! 前回はミニスカートでしたので背筋が伸びました。新鮮な気持ちでした」と喜んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00000178-sph-base&pos=4

    ◆ヤクルト0―3広島(3日・神宮球場)

     広島のクリス・ジョンソン投手(34)が8回を2安打無失点の快投で10勝目を挙げた。4度目の2ケタ勝利は自身の3度を更新する球団の外国人最多記録。「今日はストライクを投げて守備陣にしっかり仕事をしてもらうことができた」と振り返った。

     4回に先頭・青木に中前安打を許した直後に降雨が強まり、25分間の中断。思わぬアクシデントに見舞われながらも淡々と投げ続けた。再開後は8回1死に中村に左前安打を浴びるまでツバメ打線を完璧に封じた。

     これで18イニング連続無失点。111球を投げたが、次回は中4日で8日の阪神戦(マツダ)に向かう可能性もある。「石原のサインにうなずいて、彼のミットをめがけて投げるだけ」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00000218-sph-base

     ◎広島県のがん検診啓発特使として広島―DeNA戦の始球式を務めたデーモン閣下。記者に検診の重要性を熱弁してポツリと「なんで悪魔がこんなこと言ってんだろ…」。10万56歳、健康です。

     ◎ロッテ・鳥越ヘッドコーチは久しぶりに顔を見た少し太めの若手記者に「おう、4連休とか休みすぎやで」。言い当てられた記者は脂汗かいていました。

     ◎真夏の陽気となった楽天生命パーク宮城で日本ハム・蕭一傑通訳は報道陣から「台湾の夏はどんな感じか?」と問われ「最高気温は37、38度ぐらいで、日差しは肌をかんでくる感じです」。想像するだけで暑いです。

     ◎広島県出身のDeNA・石田。地元での3連戦に「昨日は家族が見に来ました。昨日は投げていないですけど。ま、そんなもんです」。中継ぎ再転向後3試合目で初めて登板がありませんでした。

     ◎前日、登板22試合目でヤクルト・山田哲に被弾し、今季初失点した中日・藤嶋は「10回ぐらいビデオを見て落ち込みました」。リベンジを期待しています。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00000130-spnannex-base

     22日のヤクルト戦で先発する広島・山口翔投手(20)が21日、“参観日”で成長した姿を見せると誓った。

     プロ初先発だった5月30日の同カード(神宮)で7回無失点と好投し、プロ1勝目を挙げた。しかし以降は2度の2軍降格を経験するなど辛酸をなめ、白星から遠ざかっている。それだけに「やってやるぞという気持ちが、いつもより強いです。打者に向かっていく気持ちを出していきたい」と語気は強い。

     その黒目勝ちな愛らしい表情もあり、全国のカープファンから絶大な人気を得ている。愛らしさゆえか、ファンの間では山口の登板日に観戦することが「参観日」と呼ばれている。「参観日ですか。うまいこと言いますね」と笑うハタチの右腕。自らも参観日にたとえて「前は答えが分かってないのに『いいとこ見せなきゃ』って焦って手を挙げていました。今回は余裕のあるところを見てほしいです」と、さらにスマイル。球場で見守る“保護者”が感涙するような回答…ではなく快投を見せつける。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00000111-sph-base

    <ヤクルト3-12広島>◇26日◇神宮

    完璧に振り切った。広島小園海斗内野手がプロ1号を、神宮の右翼スタンドに突き刺した。3-0の3回2死一、二塁。ヤクルト先発高橋のスライダーを1球見逃し、甘く入った2球目の同じ球種を芯で捉えた。


    「基本的に真っすぐ狙いで、変化球がきたら前で打とうと思っていた」。照れ笑いしながらナインに迎えられた。

    打ちまくった。2回に中前打。5回に中堅へ二塁打。三塁打が出ればサイクルという9回は二塁打を放った後、二、三塁間でちゅうちょしタッチアウト。「三塁まで行ったらよかった」と苦笑いしたが、打点も、4安打もプロ初だった。

    世代を超えた能力は早くから芽吹いていた。報徳学園1年時の監督で、高校日本代表でも監督として指導した永田裕治氏も、小園の対応能力に舌を巻いた1人。「高校1年時の横浜遠征で、2学年上の横浜・藤平君から神奈川大のグラウンドでライトにホームランを打った。まだ6月。これはすごい選手だと思いました」。中学卒業後わずか3カ月で、16年ドラフト1位の剛腕を打ち砕いたという。

    悔しさをバネにした。6月20日ロッテ戦でプロデビューしたが、そこから3戦連続で計4失策を記録した。自信があった遊撃守備で、思うように動けなかった。一瞬の迷いが体を硬くする。1試合2失策を犯した22日の試合後、ベンチ裏で泣いた。「ミスなんて誰でもする」「明日はすぐ来る」「切り替えていけ」。鈴木が、長野が、野間が優しく声をかけてくれた。余計に悔しさが募った。

    2軍落ちを経験し、7月15日の再昇格後は、見違えるようにたくましくなった。「いつかこの経験がよかったと思えるように頑張りたい」。16日DeNA戦から9戦連続先発出場。思い切った守備に加え、打撃でも失敗を恐れず積極的にスイングする姿が際立つ。

    チームは今季最多18安打で7連勝。首位巨人との差を6ゲームに縮めた。小園は逆転4連覇に向け、がむしゃらに打席に向かう。【村野森】



    引用元 https://www.nikkansports.com/baseball/news/201907260001381.html

    プロ野球は31日、今季の補強期限を迎える。トレード、新外国人選手の獲得、育成選手の支配下登録が締め切られる。シーズン終盤の戦いに向けて、戦力をどう整えたのか? 駆け込みはあるのか? 各球団の現状を整理した。


       ◇   ◇   ◇

    <巨人>

    新外国人デラロサを獲得し、日本ハム、楽天とのトレード2件で鍵谷、藤岡、古川が加入。育成からは4選手を支配下登録し、期限内の補強を終えた。

    <DeNA>

    リリーバー左腕・ソリスを獲得。さらに先発右腕の中川虎を育成から支配下登録し、支配下枠は上限の70人となり、期限内の補強を終えた。

    <広島>

    鈴木球団本部長(29日に育成サンタナを支配下登録し、上限70人)「補強は終了。外国人8人? 昨年と同じ。入れ替えながらやりくりできると思う」

    <阪神>

    7月にロッテから交換トレードで中継ぎ右腕の高野、新外国人野手のソラーテが加入。育成1年目の片山を支配下登録し、今シーズン中の補強を終えた。

    <中日>

    加藤球団代表(6月30日にオリックスにモヤ、松井雅、松井佑を譲渡し、松葉、武田を獲得)「今季中の補強は終了。今季は現状の戦力で戦います」

    <ヤクルト>

    球団ワースト16連敗を喫し最下位も、補強や育成からの登録はなし。小川監督は「現有戦力で戦う」。先発陣の立て直し、故障者の復帰を待つ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-07300608-nksports-base

     2位以下の混戦が続くセ・リーグ。独走する首位の巨人を除き、2位から5位まではわずか3ゲーム差だ。巨人以外が星を潰し合っている印象すらあるが、唯一、「苦手」を持たない球団がある。広島である。

     今季、ここまで広島が最も負け越しているのはヤクルト(6勝8敗)。阪神には7勝8敗、DeNAには五分(7勝7敗1分け)、それ以外には勝ち越している。

     一方、巨人以外で唯一、貯金をつくっている2位のDeNAは、巨人に5勝8敗。阪神には5勝10敗と大きく負け越している。阪神は巨人に4勝9敗、中日には4勝10敗。中日は巨人に4勝10敗とカモにされている。どのチームにも苦手意識はあるはずだが、広島にはそれがなさそうなのだ。

     4番に座る鈴木誠也(24)もこう言う。

    「誰とやるかじゃなくて、自分たちがどういう野球をやるか。いかにミスを減らすか、ミスをしないかが大事になってくると思う。野球は相手あってのことだし、球種は投手によって違うけど、打席に入ればその意識は変わりません」

     広島の“フラット”な意識が今後のペナントレースにどう作用するか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000033-nkgendai-base

     ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が16日、自身のブログを更新。15日のDeNA戦(横浜)に8―5で勝って20年ぶりの11連敗がついにストップした広島に思いを寄せた。

     ヤクルトは6月1日までプロ野球記録に「あと2」と迫るセ・リーグワーストタイの16連敗を喫しており、広島ナインをはじめ関係者の気持ちは痛いほど分かる、つば九郎。

     15日の試合前に更新したブログでは「マイナビオールスターゲーム2019」(12日=東京D、13日=甲子園)で広島ひとすじに23年間プレーした野球解説者の前田智徳さん(48)と久々に再会して「れんぱいのときは、どんなかんじだったとか、どうあかるくしてったの」と聞かれ「だいじょうぶです、やまないあめはない。あけないよはない」と返していたことを明かしていたが、その夜に広島は長い長いトンネルからついに脱出を果たした。

     最下位のヤクルトは同日の首位・巨人戦(長野)に延長戦の末、首位・巨人に4―7で敗れたこともあって長々と広島について触れることはなかったが、自らの近況を伝えたブログのラストに「まえださん、きくりん、せいやくん。さっそく、あめやんだし、よがあけたね」とだけ書き添え、前田さん、菊池涼介内野手(29)、鈴木誠也外野手(24)の“おとももち”たちにメッセージを送った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00000165-spnannex-base

     ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が15日、自身のブログを更新。広島OBで野球解説者の前田智徳さん(48)と交わした切ない会話の内容を明かした。

     「とうきょうどーむで、びさひさの~おとももち!?」と「マイナビオールスターゲーム2019」(12日=東京D、13日=甲子園)で前田さんと再会したことを報告した、つば九郎。

     「まえださんから、つばくろう、れんぱいのときは、どんなかんじだったとか、どうあかるくしてったの~など」と聞かれたとし、「だいじょうぶです、やまないあめはない。あけないよはない。ってはなし~」とキッパリ明るく返したという。

     前田さんが2013年限りで現役を引退するまで23年間ひと筋にプレーした古巣の広島は現在1分けを挟んで20年ぶりの11連敗中。一方、ヤクルトは6月1日までプロ野球記録に「あと2」と迫るセ・リーグワーストタイの16連敗を喫している。

     カープ伝説のOB前田さんと、野球を愛してやまないつば九郎の切ない会話だが「さいごまえださんが、まだわからんぞ、あきらめたらあかんぞ!CSは、どこにでもちゃんすはあるから!!!っと、はげましてくれました」とか。最下位に低迷するヤクルトはすでに自力Vが消滅しているが「きょうからこうはんせん、ちょきんのあるちーむから、まずは☆もぎとるぞ~!!!」とセ・リーグの貯金独占状態の首位・巨人との3連戦での白星ゲットに意気込むつば九郎だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000204-spnannex-base

    このページのトップヘ