広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ヤクルトスワローズ

     ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が15日、自身のブログを更新。広島OBで野球解説者の前田智徳さん(48)と交わした切ない会話の内容を明かした。

     「とうきょうどーむで、びさひさの~おとももち!?」と「マイナビオールスターゲーム2019」(12日=東京D、13日=甲子園)で前田さんと再会したことを報告した、つば九郎。

     「まえださんから、つばくろう、れんぱいのときは、どんなかんじだったとか、どうあかるくしてったの~など」と聞かれたとし、「だいじょうぶです、やまないあめはない。あけないよはない。ってはなし~」とキッパリ明るく返したという。

     前田さんが2013年限りで現役を引退するまで23年間ひと筋にプレーした古巣の広島は現在1分けを挟んで20年ぶりの11連敗中。一方、ヤクルトは6月1日までプロ野球記録に「あと2」と迫るセ・リーグワーストタイの16連敗を喫している。

     カープ伝説のOB前田さんと、野球を愛してやまないつば九郎の切ない会話だが「さいごまえださんが、まだわからんぞ、あきらめたらあかんぞ!CSは、どこにでもちゃんすはあるから!!!っと、はげましてくれました」とか。最下位に低迷するヤクルトはすでに自力Vが消滅しているが「きょうからこうはんせん、ちょきんのあるちーむから、まずは☆もぎとるぞ~!!!」とセ・リーグの貯金独占状態の首位・巨人との3連戦での白星ゲットに意気込むつば九郎だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000204-spnannex-base

     ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が13日、自身のブログを更新。前日12日の「マイナビオールスターゲーム2019」第1戦(東京D)で「きくりん」と呼ぶ仲良しの広島・菊池涼介内野手(29)と交わした会話を明かした。

     「おーるすたーでも、やりますよ~。くうちゅう、くるりんぱ~ぱちり」と、自身のかぶっている大きなヘルメットを脱いで目の前で何度もくるくる回した後で頭上に高々と投げ上げ、頭で直接キャッチしようと試みる恒例パフォーマンス「空中くるりんぱ」に失敗する写真をアップ。「みんなのきたいに、あるいみこたえた。。。」と“通常モード”でほのぼのさせた。

     普段はライバルとしてしのぎを削る選手たちがチームを超えて交流する微笑ましい姿がたくさん見られる球宴。それは球界屈指の人脈を誇るつば九郎にとっても同じだ。「きくりんからも~まいかいみてますが、せいこうしたことあるんですか?と。どうどうとこたえてやった。『ない!』『これっぽっちもない!!』。敬語を使って丁寧に質問してきた礼儀正しい菊池涼になぜか“上から目線”で失敗続きを自慢したつば九郎。

     「でもほんとにみてるね、きくりんは。き)たまにあたまに、どん!ありますよね!?そのうちできますよ~!って。そんなちゅうもくしないで~あはは~」と菊池涼から励まされたことを明かしていた。

     この1人と1羽は以前から交流があり、菊池涼が4月27日のヤクルト―広島戦(神宮)で史上295人目の1000安打を達成した際にはつば九郎が小走りで駆け寄って花束贈呈役を務め、がっちりと握手ならぬ“あくてば”。つば九郎は翌28日に更新したブログで「おとももちのきくりんが~1000あんだたっせい。2ばんばったーというだじゅんでの、はやくの1000たっせい、ごいす~です。2000めざしてばんがれ、きくりん!!!」と改めて祝福していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00000232-spnannex-base

     いよいよ4日から『日本生命セ・パ交流戦2019』が始まる。

     2005年にスタートした交流戦も今年で15年目を迎える。昨季終了時点でパ・リーグが通算1040勝、セ・リーグが920勝(56引き分け)とパ・リーグが大きく勝ち越す。昨年までの14年間でセ・リーグの勝ち越しは2009年の1度しかなく、パ・リーグが毎年優位な状況となっている。

     その理由について3日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』に出演した江本孟紀氏は「野手が9人いるのと、8人いるのでは違う。これを直さない限り、パ・リーグが優位な戦いが続くと思いますね」と説明した。

     また、江本氏は「指名打者制度をパ・リーグが辞めるか、セ・リーグと指名打者のありなしを1年ごとに交代していかないと、ずっとパ・リーグが強い状態は続きますよ」と警鐘を鳴らす。

     昨年はセ・リーグのヤクルトが交流戦の勝率1位と意地を見せたが、セ・リーグが48勝、パ・リーグが59勝だった。今年はセ・リーグの球団がパ・リーグ球団に勝ち越すことができるのか…。それとも、今季もパ・リーグが強さを見せるのか…。明日から始まる交流戦に注目だ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00190716-baseballk-base

     右手有鈎骨の骨折から一軍復帰を果たした日本ハムの清宮幸太郎に、今季第1号となる本塁打が飛び出した。

     復帰初戦となった24日の西武戦から4試合連続で打点を記録すると、「気にはしていなかったですけれど、1本出たのはうれしい」と振り返った復帰6戦目での一発は、バックスクリーンに飛び込む球団通算8000号のメモリアルアーチ。徐々に状態を上げている清宮と共にチームも復調気配。ここにきての4連勝で、貯金生活に舞い戻った。

     2017年のドラフトで7球団が競合した高卒2年目のスーパースターが存在感を示し始めた一方で、神宮球場では同期の右腕が躍動。同年のドラフト2位で熊本工から広島に入団した山口翔が、プロ初先発で初勝利を挙げた。それも、7回二死まで許した走者は四球による1人だけというオマケつき。7回95球8奪三振、被安打1、与四球1の無失点という堂々たるピッチングで、指揮官の期待に一発回答。おそらくこれで今後2~3試合の先発登板を射止めたことだろう。

     そして、その山口のノーヒットノーランを止めたのが、同じ九州・熊本の九州学院から17年ドラフト1位でヤクルトに入団した村上宗隆。第1打席は二ゴロ、第2打席は三振に倒れたが、10代で4番に座る期待のスラッガーがレフト前にヒットを放ち、同級生の快投に待ったをかけた。

     その村上は、ここまで一軍で全試合に出場。打率は.244ながらチームトップの14本塁打を記録しており、リーグトップタイの41打点をマーク。高卒2年目とは思えぬ打棒で結果を残し、この世代で最も注目を集めていた清宮幸太郎を上回るインパクトを残している。チームは苦しい状況ながら、どこまで数字を伸ばすのか、この先も楽しみは尽きない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00190393-baseballk-base

    ● ヤクルト 7 - 8 広島 ○
    <9回戦・神宮>

     28日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島戦』で解説を務めた真中満氏が、3回に広島・鈴木誠也の三盗を許した場面について言及した。

     3回一死一、二塁から二塁走者の鈴木は、會澤翼の初球に三盗を成功。ヤクルト・原樹理、井野卓のモーションを盗んで三盗を成功させたように見えたが、真中氏は「バッテリーというより今は二遊間なんですよね」と指摘。

     「ちょっとミスをしてしまった山田と、久しぶりのショートの奥村ですよね。その辺りの連携を鈴木誠也は頭に入っていたと思いますね。冷静に牽制のサインがないかなというところで、サードを狙ったと思うんですよね」と三盗について解説した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-00190238-baseballk-base

     広島ひと筋に通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(61)が30日、自身のブログを更新。同日のヤクルト戦(神宮)でプロ初先発で初勝利を挙げた広島・山口翔投手(20)の快投を大興奮で喜んだ。



     試合中に「カープ強い」のタイトルで更新したブログで「山口投手最高に良い!!これは完投間違いない」「相手にタイミングを取らせない」「観ていてワクワクします」と興奮気味につづっていた元エース。

     山口が7回2死までノーヒット投球を続け、結局7回1安打無失点でプロ初勝利を挙げた後に「山口投手、良くやった!」のタイトルで再び更新したブログでは「7回のヒットさえ無ければ間違いなく完投だったでしょう」と記した上で「山口投手の投球に疲れも吹き飛んだ!!」と大きな赤い文字で書き込んだ。

     また、この日の完敗でセ・リーグワースト記録に「あと2」と迫る14連敗を喫したヤクルトについては「ヤクルトの選手たちの顔色を見て辛くなる」と思いを吐露。「これが野球の面白くもあり怖いところなんですけどね」とした上で「カープも連敗を乗り越えた!とヤクルトに声援を送りたくなってきましたよ。特に石井、河田コーチの顔を見ているとね」と広島の優勝にコーチとして大きく貢献し、現在はヤクルトでコーチを務める2人を思いやっていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000226-spnannex-base

    ■ヤクルト – 広島(30日・神宮)

     広島の山口翔投手が30日、ヤクルト戦でプロ初先発。5回まで無安打無失点に抑え、プロ初勝利の権利を手にした。

     13連敗中と元気のない燕打線に20歳右腕が躍動した。3点のリードをもらった初回、宮本を空振り三振に仕留めると、青木、山田を中飛に打ち取ってリズムに乗った。2回2死でバレンティンを見逃し三振、4回2死で村上を空振り三振に抑えるなど5回まで毎回7奪三振。63球で1四球、無安打無失点に抑えた。

     打線はヤクルト先発の小川を攻略し、5回までに10安打7得点。17年ドラフト2位で広島入りした20歳右腕。快挙に注目が集まる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00392086-fullcount-base

     先月16日に「今年のセ・リーグは東高西低?」という記事を執筆した。開幕から各チームの対戦が一巡。その時点でのセ・リーグ順位表は以下の通りだった。

    ▼ 一巡終了時の成績
    1位:ヤクルト 10勝5敗
    2位:DeNA   9勝 6敗
    3位:巨人   8勝 6敗
    4位:中日   7勝 7敗
    5位:阪神   6勝 9敗
    6位:広島   4勝11敗

     リーグ4連覇を狙う広島がまさかの開幕ダッシュに失敗。借金7を背負い、首位から6ゲーム離れた最下位に低迷していた。一方で“東日本”のヤクルト、DeNA、巨人の3球団が貯金生活を送り、開幕直後のセ・リーグは、「東高西低」の様相を呈していた。

     それからちょうど6週間が経ち、順位は大きく入れ替わった。現在のセ・リーグ順位表とこの6週間の成績(カッコ内)は次の通りである。

    ▼ 現在の成績(直近6週間の成績)
    1位:広島   28勝19敗1分(24勝8敗1分)
    2位:巨人   25勝20敗1分(17勝14敗1分)
    3位:阪神   26勝22敗2分(20勝13敗2分)
    4位:中日   22勝25敗  (15勝18敗)
    5位:ヤクルト 21勝27敗2分(11勝22敗2分)
    6位:DeNA   19勝28敗  (10勝22敗)

     広島が今月中旬から11連勝をマークするなどV字回復に成功。他に阪神が借金3から貯金生活に突入するなど、“西日本”の2チームが躍進。現在4位の中日は借金3を抱えているが、週末のヤクルト戦で3連勝するなど、上昇気配が漂う。

     一方で開幕ダッシュに成功した“東日本”勢では巨人が何とか勝ち越しているが、エース菅野智之がファームで調整中と、チームの状態は決して良くない。ヤクルトとDeNAに至っては6週間でそれぞれ5位と6位に転落。特に11連敗中のヤクルトは深刻だが、爆発力のあるチームだけに、今後の巻き返しに期待したい。

     「東高西低」から「西高東低」へと徐々にその配置図が変わりつつある今季のセ・リーグ。首位・広島から6位・DeNAまでは9ゲーム差となり、広島が一気に抜け出す雰囲気も漂うが、まだまだ序盤戦、交流戦の結果如何によっては、潮目が変わる可能性も十分考えられる。

     まもなく訪れる梅雨の時期、そして来週から始まる交流戦を経て、セ・リーグはどのような配置図になっていくのか気になるところだ。

    ▼ 今後2週間の対戦カード
    広(ヤヤヤ|神神神|西西西|ソソソ)
    巨(神神神|中中中|楽楽楽|ロロロ)
    神(巨巨巨|広広広|ロロロ|日日日)
    中(DeDeDe|巨巨巨|ソソソ|楽楽楽)
    ヤ(広広広|DeDeDe|日日日|オオオ)
    De(中中中|ヤヤヤ|オオオ|西西西)


    文=八木遊(やぎ・ゆう)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00190180-baseballk-base

     広島が27日、神宮外苑で投手指名練習を行い、28日・ヤクルト戦(神宮)に先発する野村祐輔投手は強めのキャッチボールなどで調整した。

     チームは前日の巨人戦こそ敗れたものの、25日の同戦まで球団では3年ぶり3度目の11連勝を記録。自身も前回登板の21日・中日戦(三次)では7回3安打無失点と好投し、3勝目を挙げていた。

     再び連勝街道を走るべく、カード頭のマウンドに上がる右腕。「チーム全体がいい状態。これが続けばいい結果につながると思う。全員で戦っていきたい」と言葉に力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00000106-dal-base

     少し気が早いかもしれないが、今季のセ・リーグ新人王レースが加熱している。以下は、セ・リーグ新人王有資格者のうちで、とくにここまでの活躍が顕著な3選手の成績だ。

    【セ・リーグ新人王候補成績】
    ▼ 村上宗隆(ヤクルト)33試合(111-27)
    打率.243 8本塁打 22打点 16四球 0盗塁
    出塁率.341 / 長打率.541

    ▼ 近本光司(阪神)32試合(117-37)
    打率.316 4本塁打 18打点 11四球 10盗塁
    出塁率.375 / 長打率.513

    ▼ 床田寛樹(広島)6試合(40回2/3)※5QS
    4勝1敗 自責点7 38奪三振 与四死球17
    防御率1.55 / WHIP 1.06

     いずれ劣らぬ見事な成績だ。村上宗隆(ヤクルト)はここまでリーグ3位タイの22打点を挙げ、チームの先輩・バレンティンと並ぶリーグ5位タイの8本塁打を記録。その8号アーチが生まれたのは5月3日の中日戦だった。8回、福敬登の内角高め直球をとらえた打球は一瞬詰まったかに見えたが、広いナゴヤドームの右中間スタンドに着弾。人並み外れたパワーを見せつけた。

     現在、村上はシーズン34本塁打ペースだ。しかも、村上は2月に19歳になったばかり。1994年の松井秀喜(巨人/20本塁打)以来となる、高卒2年目での20本塁打も十分過ぎるほど射程圏内にある。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00187848-baseballk-base

    このページのトップヘ