広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ヤクルトスワローズ

     野球評論家の江本孟紀氏が17日に行われたプロ野球ドラフト会議でも話題に上がった「育成」というキーワードについて「基本的にプロ野球は育成ではなくて戦う場だ。育成というのはシステムとしてあってもいいが、本当は一軍でどうやって働くかが問題」と持論を展開した。

     AbemaTVで放送された『AbemaPrime』に出演した江本氏はそのように述べると、育成システムが組織されている球団に今季パ・リーグを制したソフトバンクを挙げ「ソフトバンクは3軍まである。さらに1、2、3軍全部同じ敷地でやる。次の年になると、コーチが違っていて、スカウトになっているなどコーチ間の競争も激しい。選手も個人の競争しかない。成績を上げていくしかない。試合で成績を上げて3軍から2軍、2軍から1軍、そして1軍でまた競争するというシステムは単純だ。育成がうまいというよりは、入ってきた新人をすぐに使うのがうまい。そしてそれはチームによって多少違う」とコメント。さらに若手が伸びやすい球団とそうでない球団の特徴についても次のように言及した。

    「即戦力ですぐに使いたい球団は、若い人が伸びにくい。余裕がないからだ。失敗しても次にチャンスがあるよというのと、チャンスはないよというもの。一方、優勝を要求されていないチームでは選手は育つ。例えば、中畑(DeNA元監督)が筒香と1年間心中する。“チームは最下位でもいいから4番の筒香を育てる”と言った。本当に4番に育てて、中畑はクビになった。今年、ヤクルトの村上がホームランをいっぱい打ったが、打率は2割3分ちょっと。それでは普通は使わない。球団のカラーでもあるが、優勝争いをしていないからだ。人気球団で、毎年優勝しないと監督がクビになる。さらにファンの声が厳しく、マスコミの批判も多い球団は、選手が育つまで使うというわけにはいかない。巨人や阪神は常に優勝を要求される。マスコミやファンの声も厳しい。だから悠長に若手を育てるということは難しい。だからFAで選手を獲ってきて即戦力で使いたがる」

     江本氏の意見に対して作家の乙武洋匡氏が「広島は真逆で、FAで選手を獲られてしまう。育成のうまい下手ではなく、若い選手を使わざるを得ない。育ってきた選手を獲られてしまう。ではどうするかというと、若い選手を使うので経験を積んでいく」と応じると、江本氏は「実際そうだ。その代わり広島はFAの選手は獲らない。獲らないということは、若い選手が育つまで時間がかかる。広島は最近強くなったが、それまでは15年、Bクラスだった。広島は選手が育ってくるとFAで出す。黒田投手は15年の中の7年目か8年目かにアメリカに行っている。そういう現実をちゃんと見ないとダメだ」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191019-00010012-abema-base

     巨人が来季の1軍野手総合格のコーチとして、前ヤクルト打撃コーチの石井琢朗氏(49)の招へいに動いていることが23日、分かった。



     石井氏は現役時代は横浜(現DeNA)、広島で活躍し、打撃ではプロ野球歴代11位となる通算2432安打を誇る安打製造機。守備でも三塁、遊撃を合わせて4度のゴールデン・グラブ賞を獲得するなど、守備の名手として名高い。コーチとしても12年から17年まで広島で、18、19年はヤクルトで1軍打撃コーチなどを歴任し、熱血指導で広島時代には丸を、ヤクルトでは村上を球界屈指の強打者へと育て上げるなど、尽力してきた。

     巨人は今季、リーグトップの663得点を挙げたが、田中俊、若林、山本、重信、増田大ら、まだまだ成長が見込める若手が多くいる。攻守に渡った幅広い指導が期待される。

     また今季のコーチ陣も、配置転換が行われる。吉村打撃総合コーチをベンチに統括的な立場で置き、鋭い戦術眼を持つ元木内野守備兼打撃コーチに作戦面を担当させる方針。三沢投手コーチが2軍から昇格し、宮本投手総合コーチとタッグを組んで、水野投手コーチを巡回コーチとして、1軍~3軍の投手に経験を還元していく見込みだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00000018-sph-base

    <プロ野球ドラフト会議>◇17日

    プロ野球のドラフト会議が17日、都内のホテルで行われ、最速163キロ右腕の大船渡・佐々木朗希投手(3年)は1位指名で西武、ロッテ、日本ハム、楽天の4球団が競合し、抽選でロッテが交渉権を獲得した。また、星稜・奥川恭伸投手(3年)は巨人、阪神、ヤクルトの3球団が入札し、ヤクルトが交渉権を獲得。広島が1位指名を公表していた明大・森下暢仁投手(4年)は単独指名で交渉権を獲得した。全球団の1位指名選手と監督の総括コメントは以下の通り。


    【パ・リーグ】

    西武 宮川哲投手(東芝)

    ▽辻監督「即戦力というところで最高の選手。真っすぐの質もいい、力もある。変化球もいける完成された投手。うちの打線なら2ケタ(勝利)もチャンスがある」

    ソフトバンク 佐藤直樹外野手(JR西日本)

    ▽工藤監督「(佐藤は)走攻守3拍子そろっている選手はそういない。うちは右打者が少ないので、即戦力で考えて取りました。次の世代を担う野手を取るのが急務」

    楽天 小深田大翔内野手(大阪ガス)

    ▽三木監督「小深田くんには持ち味のスピードを生かして、即戦力として既存の選手と競争してほしい。打撃もしぶとく、守備も堅実。内野なら遊撃に限らず守れると聞いている」

    ロッテ 佐々木朗希(大船渡)

    ▽井口監督「去年藤原を引いてから、プレッシャーをかけられていたのでほっとしています。ドラフトで(当たり)くじを引いた夢を見たので引けるだろうなと思いながら引いた」

    日本ハム 河野竜生投手(JFE西日本)

    ▽栗山監督「投手陣は何とかしなきゃいけないところで、うまく(指名の)バランスは取れている。いいドラフトだったと思う。早く特長を生かせるようにしてあげたい」

    オリックス 宮城大弥投手(興南)

    ▽西村監督「将来性のある素晴らしい投手。直球とスライダーがいいと聞いている。どうやって育てていくか考えないと。最初から臆せずに気楽にやったらいいと思います」

    【セ・リーグ】

    巨人 堀田賢慎投手(青森山田)

    ▽原監督「将来性もすごくある、バランスのいいドラフトができた。(3位菊田は)和真(岡本)に勝るとも劣らない迫力がある選手。95点ぐらいじゃないでしょうか」

    DeNA 森敬斗内野手(桐蔭学園)

    ▽ラミレス監督「一番欲しい選手が取れた。彼はオールラウンドの選手。走攻守そろっているし、将来、横浜DeNAベイスターズを背負って立つスーパースターになれる存在。

    阪神 西純矢投手(創志学園)

    ▽矢野監督「(西は)タイガースファンが大好きそうな選手をとれてホッとしている。速い球、変化球ももちろんいい。内面の強さと体の強さとトータル的に「強さ」を持った投手」

    広島 森下暢仁投手(明大)

    ▽佐々岡監督「森下君はくじを引くつもりでいた。単独でよかった。来年にならないとわからないけどまずは先発で。スピードもコントロールも、バランスも、総合的にすべていい」

    中日 石川昂弥内野手(東邦)

    ▽与田監督「あの文字(交渉権確定)を見るのが快感に。一番上を引いた。(石川は)地元のスター。地元で活躍させ球界のスターになってもらいたい。いいドラフトができた」

    ヤクルト 奥川恭伸投手(星稜)

    ▽高津監督「満点以上のすごくいいドラフト。即戦力の投手を中心に、高校生野手とバランスよく指名できた。奥川くんは完成度の高い投手。エースとして支えてほしい」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-10171177-nksports-base

     広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークした野球解説者の北別府学さん(62)が9日、自身のブログを更新。愛妻と交わしたほのぼのトークの内容を明かした。

     古巣・広島は目標だったリーグ4連覇を逃し、4年ぶりのBクラスでクライマックスシリーズ(CS)進出もならずにオフへと突入。それでも北別府家ではもちろん、CSを熱心に観戦している。

     9日からはCSファイナルステージが始まり、セ・リーグは巨人―阪神戦(東京D)、パ・リーグは西武―ソフトバンク(メットライフD)のカードとなったが「パリーグは楽天が負けたのが残念と家内が申しておりました」と北別府さん。「ベンチにイケメン二人見つけたらしいです」とし、「この人とこの人誰?聞かれてましたが多分平石監督と岸投手かなと思われます」と続けた。

     今年4月には、愛妻が広島の対戦相手ヤクルトのベンチに「物凄いイケメンを見つけたらしい」とブログで明かし、後日、ヤクルトのマスコット「つば九郎」が自身のブログで「ことしからの、つうやく、みずしまくんです」と明かしていたこともあったが、北別府さんは「ゆっくりとテレビ観戦しているといきなり聞かれますからね」と今回も実に楽しそうだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00000145-spnannex-base

     ヤクルトの石井琢朗1軍打撃コーチが今季限りで退団することが28日、分かった。

     石井コーチは熱血指導で2016、17年に広島のリーグ連覇に貢献。17年オフにヤクルトに入団し、同じく広島から移った河田コーチとともに厳しい練習を課し昨年の2位浮上に貢献した。



     選手としては1988年度ドラフト外で投手として大洋(現DeNA)に入団。内野手に転向し98年のリーグ優勝に貢献した。09年に広島に移籍してコーチ兼任だった2012年限りで現役を引退。通算2432安打を放った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190928-00000148-dal-base

     巨人が優勝へのマジックナンバーをついに2とした。

     M4のまま3連敗と足踏みが続いていたが、20日の2位DeNAとの直接対決で先発した山口が7回途中4失点。ハーラートップの15勝目(4敗)を挙げれば、坂本勇が先制弾を含む2発3打点。岡本の2年連続30号など主力が躍動し、9―4でDeNAをねじ伏せた。

     21日の直接対決に勝利すれば、5年ぶりのリーグ優勝が決まる。今季3度目の就任となった原辰徳監督(61)にとっても5年ぶりの胴上げとなるが、水面下ではすでに来季の準備を進めている。

     球界で「腕利き」として知られるヤクルトの石井琢朗打撃コーチ(49)の招聘を検討していることが、この日までに分かった。

    ■ヤクルト退団は確実

     石井打撃コーチは、横浜、広島での現役時代、通算2432安打を放った左の巧打者。引退後は広島で内野守備走塁コーチ、2016年から打撃コーチに転身すると、それまで貧打に泣いていた広島打線を生まれ変わらせた。

    「安打なしでいかに得点するか」とナインに進塁打などの献身性を徹底。多くの打撃改革を行い、15年は不振にあえいだ丸(現巨人)や菊池涼を復活させ、鈴木誠也や西川ら現在の主力に打撃のイロハを仕込んだ。

     効果は絶大だった。16年はチーム打率・272、684得点、1338安打、153本塁打、649打点、長打率・421、出塁率・343と各部門を軒並みリーグトップに押し上げた。得点圏打率も・264(リーグ2位)と前年からの大幅な上乗せに成功。16、17年のリーグ連覇の立役者となった。

     18年からは2年間、ヤクルトで一軍打撃コーチを務め、高卒2年目の村上を指導。20日現在、35本塁打(同3位)、95打点(同2位)の大ブレークに一役買った。が、今季最下位に沈むヤクルトは小川監督、同級生の宮本ヘッドコーチの引責辞任が決まっており、「家庭の事情」で広島を退団した際に拾ってくれた現指揮官とともに、今季限りでヤクルトのユニホームを脱ぐことが濃厚となっている。

     そこで巨人である。

    「広島時代の功績を高く評価している巨人は、実はヤクルトに移籍した2年前にも声をかけている。この時はヤクルトが一足早く、入団は実現しませんでしたが、球団にとっては2年越しの恋人。原監督の評価も高く、石井がヤクルトを退団することになれば、すぐにでもアタックし、一軍の打撃部門を任せるとの声も上がっています」(球界関係者)

     リーグ優勝を果たそうが、巨人の来季に向けたあくなき補強は、もう始まっている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190921-00000021-nkgendai-base

     最下位に沈むヤクルトが2019年9月10日、小川淳司監督の今季限りでの退団を発表した。

     次期監督の最有力候補は高津臣吾2軍監督だ。現役時代はヤクルトの守護神を務めて4度の日本一に貢献。メジャーでも抑えを務めるなど日米通算313セーブを挙げた。現役時代は韓国、台湾でもプレーし、指導者として独立リーグ・新潟では12年に選手権監督としてBCリーグ初優勝を飾っている。14年からヤクルトでコーチを務め、チーム事情に精通し、選手の性格も把握しているのが大きな強みだ。

    ■V逸も...広島、Deの両将は留任か

     ヤクルトの課題はリーグワーストのチーム防御率・4.71(17日現在)と崩壊状態の投手陣だ。エースとして期待される小川泰弘が4勝12敗、一本立ちしなければいけない原樹理が3勝7敗で現在ファーム暮らしと大きく期待を裏切った。高津政権で先発陣の立て直しが急務となる。

     後任の監督人事が気になるのはヤクルトだけではない。スポーツ紙デスクはこう分析する。「今季V逸が決定的な広島・緒方孝市監督は来季も続投のようです。前監督の野村謙二郎氏の名前も挙がっていましたが、昨年までリーグ3連覇した緒方監督の手腕を球団幹部は高く評価しています。DeNA・ラミレス監督も続投が濃厚です。次期監督候補の三浦大輔1軍投手コーチはまだコーチ歴1年。監督へのバトンタッチは早い。セリーグはヤクルトを除いた5球団の監督は来季も続投になりそうです」。

     一方、パ・リーグはどうだろうか。西武・辻発彦監督、ロッテ・井口資仁監督の続投は確実だが、ソフトバンク、日本ハム、オリックス、楽天は監督人事で一波乱ありそうだ。前出のデスクは「パ・リーグはシャッフルする可能性があります。ソフトバンクの工藤公康監督は今年が契約最終年。西武にひっくり返されてこのままV逸だと責任問題で退任もあり得る。日本ハムの栗山英樹監督も今季で8年目の長期政権。清宮幸太郎を4番に抜擢したり色々策を施していますが、CS進出は厳しい状況です。『そろそろ代え時では』という声も上がっています」と話す。

     他方ユニフォームを脱いだが、元中日監督の落合博満氏、元DeNA監督の中畑清氏、元ヤクルト監督の古田敦也氏、元中日の立浪和義氏らは依然として監督待望論が強い。来季どこかの球団のユニフォームに袖を通して、その勇姿が見られるだろうか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-00000008-jct-spo

     ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が30日、自身のブログを更新。28日に右膝半月板部分切除手術を受けた広島・田中広輔内野手(30)へ送った「まってるから。」のメッセージにカープファンから感謝と感動の言葉が相次いだ。


     切り込み隊長として球団初のリーグ3連覇に大きく貢献した田中広だが、今季は打撃不振が続き、今月22日に新人時代の2014年9月以来5年ぶりに出場選手登録抹消。その1週間後となった29日に手術を受けたことが発表された。

     球界随一の人脈を誇るつば九郎は他球団の監督、選手らと親交があり、広島の主力選手も菊池涼を「きくりん」、鈴木を「せいやくん」と呼んでブログでも度々メッセージを送っていたが、この日のブログではあえて田中の名前は出さず。自身が出演したイベントの報告をした後、最後の1行に「C#2。すぐのらいんへんしんありがとう。まってるから。」と短くつづった。名前は出さずとも「C」はカープの頭文字、「2」は田中広の背番号。田中広へのメッセージであることは明らかだった。

     これを受け、ツイッター上にはカープファンからつば九郎に向けたメッセージが殺到。「つば九郎ありがとう」「仕事中だけど泣きそう」「いつもカープの選手に優しいね」「つば九郎の『カープ愛』は相変わらず」「つば九郎泣かせないで…」「こーすけへのメッセージありがとう」「つば九郎好きすぎてヤクルトファンになりそう」「いつもカープのおとももちの事を気にしてくれてありがとう」と球団の垣根を超えたマスコットの“男気”に感謝と感動のメッセージがあふれた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00000173-spnannex-base&pos=2

    <ヤクルト1-8広島>◇5日◇神宮

    広島床田寛樹投手(24)が連続カード負け越しを3で止めた。2戦連続中5日の登板で臨んだヤクルト戦で、7回4安打1失点。113球の熱投で、7勝目を引き寄せた。


    打っては6回に5点目となる適時二塁打でプロ初打点をマーク。クライマックスシリーズ(CS)争いで4位阪神が追いかけてくる中、チームを踏みとどまらせた。6日からその阪神とマツダスタジアムで3連戦に臨む。

       ◇   ◇   ◇

    執念の投球だった。床田がヤクルト打線に、勇気をもって立ち向かった。2戦連続で中5日の登板間隔。1回に山田哲に先制二塁打を浴びたが、追加点を許さない。3回2死満塁のピンチでは、村上に直球を3球続け、遊ゴロに打ち取った。丁寧に低めを突き、7回4安打1失点。5試合ぶりの7勝目を挙げ「1つでも多くアウトを取ろうと必死に投げました」と笑った。

    2軍落ちで生まれ変わっていた。疲労で本来の投球ができなくなり、8月11日に出場選手登録を抹消された。悔しかったが、張り詰めた気持ちをリセットできたのも確かだった。週3回受けていたマッサージをやめ、1軍よりきつい練習に没頭した。再昇格した同24日の中日戦は6回1失点。30日DeNA戦は7回2失点。勝ちはつかなかったが、がむしゃらだった初心を思い出していた。

    打席でも執念を見せた。6回に3点差に広げなお1死二塁で、ヤクルト2番手高梨から右翼線に適時二塁打を放ち、5点目をもぎ取った。これがプロ初打点。5回の打席で一ゴロに倒れた際に、巨人丸からもらい4安打していたバットを折られたが、手がしびれた感触を封じ込め、しっかりとスイング。「野間さんのバットで打ちました。いい感触だった」と振り返った。

    登板前日の試合前、ビジターのクラブハウスへ向かう通路でつまずいた。一瞬ヒヤリとさせたが「初めて神宮で投げたときもこけたんです。7回無失点でした」とケロリ。4月27日に4勝目を挙げた会心の試合を思い出した。マイナス思考になりがちだったが、どんなこともプラスに捉える本来の姿を取り戻していた。

    4位阪神が2・5ゲーム差で迫る中、チームを踏みとどまらせた。あと2試合に先発すると仮定すれば、規定投球回まで15回。それでも「気にしていない」とチームの勝ちに集中する。床田がラストスパートに入った。【村野森】

    ▽広島佐々岡投手コーチ(床田について)「いい投球をしてくれた。なかなか勝ちがついていなかったのでよかった」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-09050949-nksports-base

    ◆ヤクルト―広島(3日・神宮)

     女優の川口春奈(24)が5年ぶりに始球式を務めた。

     この日は「腸から健康に! シンバイオティクス ヤクルト Wナイター」として開催。ミニスカート姿だった14年8月はワンバウンド投球だったが、この日、ブルーのスーツ姿でマウンドから豪快に振りかぶって投じたボールはノーバウンドで捕手のミットのど真ん中に収まるストライクとなり、スタンドを沸かせた。

     投球後は笑顔で中村、小川監督と握手。「100点! 前回届かなかったので、届いただけでうれしかった! 前回はミニスカートでしたので背筋が伸びました。新鮮な気持ちでした」と喜んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00000178-sph-base&pos=4

    このページのトップヘ