広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ヤクルトスワローズ

     オールスターゲームが終了し、いよいよ16日からプロ野球も後半戦の戦いが始まる。

    【前半戦終了時の順位表】
    1位 広 島  43勝32敗1分 -
    2位 巨 人  40勝41敗1分 6.0
    3位 阪 神  35勝38敗1分 7.0
    4位 DeNA  36勝40敗2分 7.5
    5位 中 日  37勝43敗1分 8.5
    6位 ヤクルト 34勝42敗1分 9.5

     交流戦が終了した時には首位・広島から最下位・中日まで6だったゲーム差も、前半戦が終了した時点で首位・広島と最下位・ヤクルトまでのゲーム差が9.5まで広がり、広島と2位・巨人のゲーム差も6となった。

     交流戦で躓いた広島だったが、リーグ戦再開後に再び勢いを取り戻し、首位を快走。その一方で、2位・巨人から最下位・ヤクルトまでの5球団が目まぐるしく順位を変動させている。

     14日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター オールスターゲーム第2戦』で解説を務めた真中満氏は「セ・リーグは広島が一人旅していますので、残りの5チームは、ローテーションを考えながら、広島を叩きにいくような後半戦が見たいですよね」と5球団の奮起を促した。

     12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター フレッシュオールスターゲーム』で解説を務めた野村弘樹氏も、「カープが一歩リードしていますのでね。セントラルを面白くするためにもカープ以下5球団が、カープに対してどう戦っていくか」と、広島を除いた5球団の頑張りが必要だという。

     「その5球団もつぶし合いの可能性もでてくる。カープも含めて目の前の試合をどんどん取っていくしかないので、カープ以下5球団が抜けるためにも連勝が必要だと思います。連勝するためにも、ピッチャーでしょうね。ピッチャーが抑えていかないと。僕はそこだと思います」と続けた。

     11日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた山本昌氏は2位の巨人に注目。「(巨人は広島より)試合数を先にこなしているというところでね。5ゲーム以内に入ると選手は一気にやる気が出るんですよ」と選手側の視点で、追いかける側の心理を解説した。

     「ですから、オールスター明けの最初の1試合、2試合、広島が負けると、巨人が一気に1つ2つ縮まる可能性があるわけですから。そこのモチベーションというのが出てくると、セ・リーグも団子になると思いますので面白いですよね」と話した。

     広島がリーグ3連覇へ向けて首位を快走する。今季も広島がリーグ制覇するのか、それともその他の球団が後半戦を巻き返すのか…。どのような展開になるか注目だ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00159131-baseballk-base

     5日の広島-ヤクルト戦(マツダスタジアム)が雨天中止後、広島を出発したヤクルトの用具を積んだトラックの到着が大雨の影響で遅れ、6日、ナゴヤドームで行われる予定の中日-ヤクルト戦が中止となった。その一方で広島の用具は無事に東京ドームに届き、6日の巨人戦開始前の練習は通常通りに行われた。

     5日のヤクルト戦中止後、広島の用具を乗せたトラックは同日午後4時15分に東京へ向けて球場を出発。記録的大雨の影響で途中、新名神が通行止めになっていたため中国道経由に変更するなどしたが、トラックの運転手は「強い雨はあったけど、びっくりするほどではなかった」と話した。その後、6日朝に品川区のチーム宿舎に到着した。

     監督やコーチ、選手は5日中に東京へ移動。当日入りのスタッフも空路と新幹線の二手に分かれて移動し、この日午後4時からの試合前練習に間に合った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00000098-dal-base

     「広島-ヤクルト」(5日、マツダスタジアム)

     広島は朝から強い雨が降り続き、今季7度目の中止となった。

     3日のヤクルト戦も中止になっており、高ヘッドコーチは「天気ばかりはしょうがないね」とポツリ。昨季は4度だった中止だが、今季は多く、「後ろ(終盤)が10何連戦とかになったら嫌だけど、とびとびで入ってくれればね」と話した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00000105-dal-base

     女優の戸田菜穂(44)が5日、始球式を務める予定だった広島・ヤクルト戦の中止を受けて、日本テレビ系連続ドラマ「高嶺の花」(11日スタート、水曜・後10時)の公式インスタグラムでユニホーム姿を披露した。

     「幻の始球式…雨」とつぶやき、ドラマの開始日の背番号「7.11」のユニホームを着て登場。広島市出身とあって、つぶやきには泣き顔の絵文字を使い、残念な気持ちを表現していた。

     「高嶺の花」は女優の石原さとみ(31)が、名門華道家の主人公・月島もも役で、初共演の銀杏BOYZ・峯田和伸(40)演じる商店街の自転車店主・風間直人との“超格差恋愛”を描くストーリー。戸田は石原と血の繋がらない継母・月島ルリ子役を演じる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00000162-sph-ent

     セ・パ両リーグともに大混戦となっている今季のプロ野球。セ・リーグは2位から6位までの順位が連日、目まぐるしく入れ替わっている。4日は天候が危うい中3試合が行われ、また順位に入れ替わりがあった。

     首位・広島と2位ヤクルトの首位攻防戦は広島がジョンソンの好投で勝利し貯金を最多の「12」とした。初回に田中の先頭打者アーチで先制すると4点のリードでそのまま9回に。ヤクルトは荒木の遊ゴロ、バレンティンのタイムリーで2点を返し、なおも2死満塁のチャンスを作ったが川端が見逃し三振に倒れた。

     阪神は最下位の中日に6-5で逆転勝ち。4点を追う4回に梅野の3ラン、6回にナバーロの犠飛で同点に追いつくと8回に大山のタイムリー三塁打、梅野の適時内野安打で2点を勝ち越し。9回にドリスが1点を失ったが逃げ切った。4位から一気に2位に浮上した。

     3位に付けていた巨人はDeNAに8-4で完敗。4番・岡本が31打席無安打と大不振に陥る事態となっている。1点差の9回に沢村がDeNA打線に捕まり3失点で勝負あり。巨人は4位に後退し勝ったDeNAは巨人と0.5差に。2位から6位まで3.5差となっている。

    【7月3日終了時点】
    1広島 41勝30敗1分け
    2ヤクルト 34勝36敗1分 6.5
    3巨人 35勝38敗1分 0.5
    4阪神 34勝37敗1分 0
    5DeNA 32勝38敗2分 1.5
    6中日 33勝41敗1分 1

    【7月4日終了時点】
    →1広島 42勝30敗1分け
    ↑2阪神 35勝37敗1分 7.0
    ↓3ヤクルト 34勝37敗1分 0.5
    ↓4巨人 35勝39敗1分 0.5
    →5DeNA 33勝38敗2分 0.5
    →6中日 33勝42敗1分 2.0

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00147246-fullcount-base

    カープは、7月4日(水)と5日(木)マツダスタジアムに現在2位の東京ヤクルトスワローズを迎えます。

    このカードは、本来3連戦のはずでしたが、3日におこなわれる予定だった初戦が台風接近のため、残念ながら中止となり2連戦になりました。オールスター前の9連戦ということもあり、恵みの雨とプラスに捉えたいところです。

    雨に強いといわれるマツダスタジアムですが、ここまで6試合が中止になっています。交流戦のファイターズ戦は振替試合で消化しているものの、シーズン終盤に組まれるであろう5試合が、3連覇への行方を左右することになるかもしれません。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00010003-jsportsv-base

     広島の投手指名練習が2日、マツダスタジアムで行われ、3日からのヤクルト3連戦(マツダ)に先発予定のクリス・ジョンソン投手、九里亜蓮投手、高橋昂也投手らが参加した。


     それぞれがキャッチボールやダッシュなどで調整。6月28日・巨人戦でプロ初勝利を挙げた高橋昂は「やることは変わらないです。自分の全部を出し切れればいいと思います」と意気込みを示した。

     九里は6回8安打4失点で3勝目を挙げていた前回登板の6月27日・巨人戦を「全体的に球が高かったですし、ボール球が多かった」と振り返る。その上で「ホームランを打てる打者もヤクルト打線は多い。そこは意識してやりたい」と言葉に力を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00000128-dal-base

    ヤクルトの石井琢朗打撃コーチ(48)の妻で元フジテレビアナウンサーの石井詩織さん(42)が、20日放送のTBS「壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち」(水曜後7・00~9・57)に出演。石井コーチがセ・リーグ連覇を果たした広島を退団した真相が明らかとなる。

     現役時代の最高年俸2億4000万円。超一流選手の証でもある2000本安打を達成した石井コーチ。昨年まで所属していた広島では強打の打線を作り上げ、チームを2年連続リーグ優勝に導いたが、今年からは昨季最下位だったヤクルトで打撃コーチを務めている。

     一方、詩織さんはフジテレビの元アナウンサーで「プロ野球ニュース」のキャスターを務めているときに石井コーチと出会った。2人は1年の交際を経て、2001年に結婚。詩織さんは結婚後すぐにアナウンサーを辞め、専業主婦となり、陰ながら夫を支え続けてきた。

     夫婦は3人の子宝に恵まれ、中でも次女のさやかさんは雑誌で何度も取り上げられるほどの天才テニス少女に。ところが、結婚16年目となった昨年、プロスポーツの厳しい世界で生きてきた石井コーチとスポーツ経験が全くない詩織さんは、テニスのプロ選手を目指すさやかさんの教育方針を巡って衝突した。

     結局、さやかさんの意思を尊重することにした2人。娘から送られてきたとあるメッセージで、ついに石井コーチは広島を退団し、東京に戻ることを決断する。詩織さんがカメラの前で見せた涙の理由とは――。名伯楽の衝撃的な移籍の真相が明かされる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000000-spnannex-base 

     プロ野球界は29日から、「日本生命セ・パ交流戦 2018」がスタートする。普段対戦することのない両リーグを代表する選手たちの対戦や、指名打者制の有無により、パ・リーグの投手が打席に立ったり、普段と違う状況での各監督たちの選手起用であったりと、楽しみな部分がたくさんある。



     異なるリーグ同士が対戦するとあって、それぞれのリーグでの順位にも大きく関わってくるのだが、果たして交流戦でどれだけリーグ内での順位変動が起こるのか。過去3年間を振り返ってみると、少し意外な傾向が見えてくる。

     今回はセ・リーグ編として、2015年から2017年の3年間、交流戦開始前と終了後の順位を見ていこう。

    ○2017年
    交流戦前
    1 広島(29勝19敗1分 .604)
    2 阪神(27勝19敗0分 .587 1.0差)
    3 巨人(23勝24敗0分 .489 5.5差)
    4 DeNA(22勝24敗2分 .478 6.0差)
    5 ヤクルト(20勝27敗0分 .426 8.5差)
    6 中日(19勝27敗3分 .414 9.0差)

    交流戦後と最終順位
    →1 広島(41勝25敗1分 .621)リーグ優勝
    →2 阪神(37勝27敗0分 .578 3.0差)2位
    ↑3 DeNA(31勝33敗 .484 9.0差)3位
    ↓4 巨人(29勝36敗0分 .446 11.5差)4位
    ↑5 中日(28勝36敗3分 .438 12.0差)5位
    ↓ヤクルト(25勝39敗1分 .391 15.0差)6位

    ○2016年
    交流戦前
    1 広島(29勝23敗1分 .558)
    2 中日(25勝24敗3分 .510 2.5差)
    3 阪神(25勝25敗3分 .500 3.0差)
    4 DeNA(24勝25敗3分 .490 3.5差)
    5 巨人(23勝24敗3分 .489 3.5差)
    6 ヤクルト(24勝29敗1分 .453 5.5差)

    交流戦後と最終順位
    →1 広島(40勝29敗2分 .580)リーグ優勝
    ↑2 巨人(32勝33敗3分 .492 6.0差) 2位
    ↓3 中日(32勝35敗3分 .478 7.0差)6位
    ↓4 阪神(32勝36敗3分 .471 7.5差)4位
    ↓5 DeNA(31勝36敗3分 .463 8.0差)3位
    →6 ヤクルト(30勝41敗1分 .423 11.0差)5位


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00133582-fullcount-base

    このページのトップヘ