広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    ヤクルトスワローズ

     昨季野手では鈴木誠也(広島)、原口文仁(阪神)、桑原将志(DeNA)、倉本寿彦(DeNA)などがレギュラーに定着した。一軍に定着を目指し、若手選手などはオープン戦で必死にアピールを続ける。

     そこで気になるのが、オープン戦の勢いをそのままにシーズンでも大活躍していたかということ。近年レギュラーに定着した選手たちのオープン戦(※レギュラーに定着したシーズン)の成績を見ていきたい。

     昨季神ってる活躍で広島の25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した鈴木は、オープン戦の成績はというと、打率.375を記録したが、右足のハムストリングの筋挫傷により出場試合数はわずかに2試合だった。外野のレギュラーを争っていた野間峻祥が同年のオープン戦、13試合に出場して打率.308とアピールしており、出遅れた印象があった。

     それでも、鈴木は4月に昇格を果たすと、6月に2試合連続サヨナラ弾を放つなど、打率.335、29本塁打、95打点の活躍をみせレギュラーに定着。チームに欠かせない存在となった。

    <2016年>
    鈴木誠也
    OP戦:2試 率.375 本0 点1
    シーズン:129試 率.335 本29 点95


    15年ブレイクの森も…

     高卒2年目の15年にブレイクした森友哉(西武)も、オープン戦の出場試合数は、わずかに2試合。安打を1本も記録することができなかった。

     シーズンが始まると『6番・指名打者』で出場し、得意の打撃力で活躍しレギュラーに定着。オールスターにも出場し、清原和博が放って以来28年ぶりに10代の選手が本塁打を記録した。シーズン後半に入ると、当たりが止まった時期もあったが、最終的には打率.287、17本塁打、68打点の成績を残した。

    <2015年>
    OP戦:2試 率.000 本0 点0
    シーズン:138試 率.287 本17 点68

    山田哲人もOP戦は活躍できず…
     14年に田中浩康から二塁のポジションを奪った山田哲人(ヤクルト)も、13試合に出場して、打率.213、0本塁打、1打点とオープン戦はいまひとつだった。田中浩は11試合に出場して打率.200。両選手ともに決め手を欠く内容となったが、シーズンが開幕するとスタメンで起用されたのは若い山田だった。

     山田は3・4月打率.291、4本塁打、17打点を記録すると、5月以降は9月を除き、毎月月間打率3割をマーク。日本人の右打者ではシーズン最高となる193安打を放ち、レギュラーの座を不動のモノにした。

    <2014年>
    OP戦:13試 率.213 本0 点1
    シーズン:143試 率.324 本29 点89

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-00108717-baseballk-base

    <オープン戦:広島1-2ヤクルト>◇11日◇福山

     先発ローテ入りが確実な広島の先発岡田明丈投手(23)は5回82球を投げて、4安打2失点だった。

     3回に1ボールから中村に中前打を許すと、続く西浦にも1ボールからの真っすぐを左翼席に運ばれた。「初球ボールとなって、2球目(ストライクを)取りに行ったストレートを狙われた。コースにしっかり投げきりたかった」。試合後は反省の弁を並べた。

     5回には連打と四球などで無死満塁のピンチを招くも、真っすぐで押す投球で3者連続三振を奪った。追加点を許さぬ投球に「自信のある球で攻めることができた。あそこで粘れたのは収穫」とうなずいた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-01790753-nksports-base

     「オープン戦 広島-ヤクルト」(11日、福山市民球場)

     広島の西川龍馬内野手が、自打球により負傷交代した。

     六回の打席で、打球が右膝付近を直撃。本塁ベース付近に倒れ込み、苦悶(くもん)の表情を浮かべた。数分しても立ち上がることができず、担架に乗せられダッグアウトに下がった。

     医務室で治療を受けたあと、広島市内の病院へ。移動前、痛みがあるのか?の問いに、うなずいてタクシーに乗り込んだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-00000073-dal-base

     広島のブレイディン・ヘーゲンズ投手(27)が10日、マツダスタジアムで調整した。

     11日のヤクルトとのオープン戦(福山)では中継ぎ登板する予定。「自分の球を投げきることが重要な課題です。先発、中継ぎ、どちらも対応できるようにしたい」とテーマを掲げた。

     昨季は50試合に登板し、7勝5敗、防御率2・92。今季も先発、中継ぎの両にらみ調整を続けている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170310-00000079-dal-base

     29日、ヤクルトのマスコット・つば九郎がブログを更新し、胃がんを公表した赤松真人に向けてエールを送った。

     つば九郎は「あかまっちゃんへ。しんぶんみたよ。つばくろうはまってるから。またいつものように、ぐらんどで、くだらないはなしを、おもいっきりはなして、おおわらいするひを」と赤松が病気を克服した後、再びグラウンドで会えることを願った。

     また、「いそがなくていい。ひとりでたたかってるんじゃない。ちーむのみんな、ふぁんのみんな、つばくろうも、いつもちかくにいます。あかまっちゃんぺーすで!ずむすた、じんぐう、みんなまってるから!!!おともだちだいひょう、つばくろうより」と力強いメッセージを送った。

     つば九郎のブログに、つば九郎、赤松真人、菊池涼介、丸佳浩と撮った写真をアップしている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-00099708-baseballk-base

     ヤクルトの球団マスコットキャラクター・つば九郎が15日、ブログを更新し、セ・リーグCSファイナルSでMVPに輝いた広島・田中広輔内野手に祝福メッセージを送ったことを明かした。つば九郎によると「すぐにへんしん(返信)きました~」と、律儀にお礼のメールが届いたという。


     広島はこの日、本拠地マツダスタジアムでDeNAを下して25年ぶりの日本シリーズ出場が決定。1番打者として全4試合に出場した田中は、12打数10安打5四球4打点の打率・833という驚異的な成績でチームに貢献した。

     つば九郎は、この日のブログで広島のCS突破を祝福し、シーズン中の試合前に撮影したと思われる田中との2ショット写真も掲載した。

     試合終了後に「しりーずおとこは、こーすけくんだね!」と、田中にメールを送信すると、すぐに「じぶんでもびっくり~!」と返信があったことを紹介するなど、他球団選手との微笑ましいやりとりを明かしている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161015-00000158-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島3―1ヤクルト(2016年10月1日 マツダ)

     広島の黒田博樹投手(41)がレギュラーシーズン最終戦となるヤクルト戦に先発し、6回に自らのバットで逆転を呼ぶと、7回を6安打1失点の粘投で2桁勝利となる10勝目(8敗)を挙げた。日本球界復帰後2年連続の2桁勝利は日米通算では7年連続。また、40代での2年連続はプロ野球史上3人目となった。

     先発の黒田がバットでも魅せた。0―1の6回、先頭でヤクルト・小川から今季4安打目となる中前打で出塁。2死一、二塁からエルドレッドの左前打で黒田が二塁から生還し、同点とした。さらに続く松山の2点二塁打で逆転。一気に試合をひっくり返した。

     投げては初回に1点を失い、4回まで毎回の6安打を浴びながらも、粘りの投球で2回以降は追加点を与えなかった。40代での2年連続2桁勝利は若林忠志(元阪神)、工藤公康(元巨人)に次ぎプロ野球史上3人目となった。

     最終戦を飾った広島は、今季89勝目で、勝率・631は84年の・625を上回り、チームの歴代最高勝率を更新。クライマックスシリーズ(CS)は12日からマツダスタジアムで行われるファイナルステージ(6試合制、広島に1勝のアドバンテージ)からの出場となる。

     ▼広島・エルドレッド(6回同点タイムリー)打ったのはカットボール。センターへの意識を持って、今博徒にスイングすることができました。

     ▼広島・松山(6回勝ち越し2点二塁打)打ったのはストレート。(広瀬)純さんのバットで打ちました!純さんに打席に入る前に気持ちを入れてもらったので良い結果になってよかったです。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161001-00000150-spnannex-base

    このページのトップヘ