広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ラミロ・ペーニャ

     広島福井優也投手(29)が24日、1軍に合流した。マツダスタジアムで行われた先発投手の練習に参加。ブルペン投球代わりにマウンドで50球を投げ込み、今季初登板が予想される26日巨人戦に備えた。

     福井は春季キャンプ終盤に背中の違和感で数日別メニューとなったことで調整が遅れた。開幕ローテ入りできず、2軍で調整を続けてきた。4試合に登板し、1勝2敗、防御率4・46。好結果ではないものの、3位床田寛樹投手(22=中部学院大)の離脱によってチャンスが巡ってきた。「いつ呼ばれてもいいように準備をしてきた。相手どうこうではなく、自分の球をしっかり投げて試合をつくりたい」。今季初先発へ気持ちを引き締めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-01812716-nksports-base

     広島の緒方孝市監督は27日に行われた『セ・リーグファンミーティング2017』で、「三塁手のペーニャ。開幕の登録は外れます」と明言した。

     今季から広島に加入したペーニャはオープン戦、三塁を中心に16試合に出場して、打率.262(42-11)を記録。緒方監督は開幕を二軍で迎える理由について「外国人枠の関係」と説明した。

     広島の支配下登録されている外国人をみると、投手は開幕投手が内定しているジョンソン、セットアッパーのジャクソン、昨季先発とリリーフの両方をこなしたヘーゲンズ、新外国人のブレイシア、野手は昨季チーム2位の21本塁打を記録したエルドレッド、それにペーニャの6人体制となっている。

    (提供=ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://baseballking.jp/ns/109823

     【球界ここだけの話】

     広島にラミロ・ペーニャ内野手(31)=前ジャイアンツ=が2月中旬、入団した。カープ史上初のメキシコ人プレーヤーはいつも陽気で、笑顔を浮かべているが…。11日のヤクルトとのオープン戦(福山)の試合前は少し悲しげだった。

     「WBCに参加しているメキシコ代表はいつも気にかけています。きのう(10日)の試合を見ましたけど、非常に残念ですね」

     10日にワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次リーグD組のメキシコ-イタリア戦(メキシコ、現地9日開催)をテレビ観戦。勝利を確信した9-5の九回に4点差をひっくり返されて、サヨナラ負け。母国の衝撃的な敗戦に心を痛めていたというワケだ。

     WBC史に残るサヨナラ劇を演じてしまったメキシコ代表だが、スタメンにはお馴染みの日本ハム・レアード、楽天・アマダー、巨人・クルーズがズラリと並ぶ。特にクルーズとはメキシコのウインターリーグで一緒にプレーした間柄で、守備の手本にした兄貴分。日本球界入りが決まったときには「日本の野球は進塁打とか、細かい野球を大切にするぞ」と助言をもらっていた。

     代表候補で一緒にプレーする可能性もあったペーニャは「メールなどを送ったりはしていないけど、何かサポートできたらいいね」とエール。メキシコが同組のプエルトリコとベネズエラを倒して、2次リーグ進出することを願った。

     自身は2月17日にキャンプ合流後、ハイピッチで調整中。オープン戦5試合に出場し、華麗なグラブさばきに安定したスローイングを披露。バットでも打率・455、1打点とアピールを続けている。

     「今は日本で試合をしてシーズンに備えている。日本の投手の対策をしていかないといけないね」

     ジョンソン、ジャクソン、ヘーゲンズ、エルドレッドらと争う1軍の外国人枠は4つ。母国の仲間のプレーに刺激を受け、レギュラーを奪う。(柏村翔)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170312-00000537-sanspo-base

     広島の外国人枠争いが過熱してきた。ヘーゲンズが11日、ヤクルトとのオープン戦の6回から2番手で登板。4イニングを一人の走者も許さず打者12人で抑えた。

     昨季は中継ぎ、先発とフル回転し50試合に登板。今季は先発を任される可能性もある。投手の外国人枠は昨年通りなら「3」となる見込み。ジョンソンが当確で、ジャクソン、ブレイシアと残り2枠を争う格好だ。今日の好投で一歩前進となったことは間違いない。

     打撃では新外国人のペーニャが「7番・三塁」で出場。5回の第2打席で石川から左前打を放った。課題だった右打席での安打。これでオープン戦では11打数5安打、打率.455と好調をキープ。外国人枠はエルドレッドとの争いだが、開幕1軍へアピールを続けている。

     一方で心配なプレーもあった。「9番・遊撃」で出場した西川龍馬が6回の第2打席で自打球が右膝付近を直撃。自力で立てず担架で運ばれ、小窪に代わった。2年目の飛躍が期待された若手内野手が離脱することになれば、チームにとっては大きな痛手となる。


    引用元 https://full-count.jp/2017/03/11/post60853/

    このページのトップヘ