広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    ラミロ・ペーニャ

     37年ぶりのリーグ連覇を飾った広島。2位に10ゲーム差をつける独走劇は、外国人選手の活躍なしには語れない。ほぼ全員が活躍した2016年に比べれば、全体的な貢献度はやや下がったが、エルドレッドやジャクソンは結果を残し連覇に貢献した。

     来日初年度に14勝、そして昨季は15勝をマークし、外国人としては52年ぶりの沢村賞を受賞したジョンソン。今季も開幕投手を任されるなど、大車輪の働きが期待されたが、2度の離脱が響いて6勝にとどまった。今季が3年契約の1年目。来季の巻き返しに期待したいところだ。

     ジャクソンは昨季はセットアッパーとして67試合の登板で球団最多記録となる37ホールドをマーク。今季も60試合の登板で30ホールドと記録し、救援陣の中で欠かせない存在だった。

     先発、中継ぎで50試合に登板した昨年同様の活躍ができなかったのがヘーゲンズだ。11試合の登板にとどまり、0勝0敗で防御率6・60。外国人枠の関係もあって、チャンス自体が少なかったが、結果が残せず今季限りで退団となった。

     投手で唯一新加入のブレイシアも当初はセットアッパーとして期待されたが、26試合の登板で2勝1敗。層の厚い救援陣の中で存在感は薄かった。ヘーゲンズと同様すでに、退団が発表されている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00093547-fullcount-base

     広島は1日、ライアン・ブレイシア(30)、ブレイディン・ヘーゲンズ(28)両投手、ラミロ・ペーニャ内野手(32)と来季の契約を結ばないと発表した。

     今季加入したブレイシアは26試合に救援登板して2勝1敗1セーブ、防御率3.00。ペーニャは出場22試合。2年目のヘーゲンズは11試合登板で勝敗はなかった。 

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171101-00000088-jij-spo

     広島は、ブレイディン・ヘーゲンズ投手(28)、ラミロ・ペーニャ内野手(32)、ライアン・ブレイシア投手(30)と来季の契約を結ばない方針であることが24日、分かった。ジェイ・ジャクソン投手(29)は新外国人投手の調査と並行しつつ、去就を判断する。

     クリス・ジョンソン投手(33)とは今季から3年契約を結んでおり来季が2年目。ブラッド・エルドレッド内野手(37)も今季から2年契約しており、来季が2年目となる。

     ドミニカ共和国カープアカデミー出身で今季から支配下登録されたサビエル・バティスタ内野手(25)とアレハンドロ・メヒア内野手(24)は今季から6年契約を結んでいる。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00000038-dal-base

     「広島6-1ヤクルト」(24日、マツダスタジアム)

     広島が序盤から主導権を握り連勝、首位阪神に0・5ゲーム差に迫った。

     広島は初回、1死三塁から丸の適時二塁打で9試合ぶりに先制点を挙げた。三回にも丸の犠飛で加点、六回には鈴木の9号ソロなどで2点を加えた。八回には代打ペーニャの中前2点適時打でダメを押した。

     先発・大瀬良は6回無失点で2勝目を挙げた。

     約1カ月ぶりの勝利を挙げた大瀬良は「勝ててうれしいです。自分の仕事をしたいと毎回毎回マウンドに上がっていた。自分らしく投げようと思っていた」と喜んだ。丸は「大地(大瀬良)がなかなか勝ちが付かない中で粘り強く投げてくれたので、なんとか勝ち星がつけれてよかった」と話した。

     ヤクルトはバレンティンの初回の退場が響いた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170524-00000144-dal-base

    <中日5-3広島>◇19日◇ナゴヤドーム

     驚異の粘りも、勝利につながらなかった。広島は2度同点に追いつきながら、延長10回に開幕から18試合連続無失点のジャクソンが打たれ、今季2度目のサヨナラ負けを喫した。


     1点を追う9回、連続三振で簡単に2死を取られた。代打・西川が四球を選ぶと、代走の切り札、野間を投入。中日の抑えの田島を揺さぶり、田中の死球でチャンスを広げた。菊池は2ボールからの外角球をコンパクトにたたいて中前に転がした。二塁から野間が生還。土壇場で追い付いた。

     中盤の2点ビハインドも、2死から追いついた。5回2死走者なしから田中と菊池の連続二塁打で1点差。6回は2死二、三塁から石原が右前にはじき返した。

     だが、延長10回。ジャクソンは2死としながらも二塁内野安打など際どい判定もあり、走者を一塁に残して4番ビシエドを迎えた。「外の低めをうまく打たれた。あそこまでに3アウトを取っておきたかった」。打球は左中間スタンドに消えた。

     緒方監督は打線の粘りを「素晴らしい。よく追い付いた」とたたえ、今季初失点がサヨナラ負けにつながったジャクソンも「何も言うことがないよ」と責めようとはしなかった。打つべき手は打った。首位阪神も敗れ、ゲーム差は1・5と変わらない。明日20日、仕切り直しだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-01826267-nksports-base

     「中日5-3広島」(19日、ナゴヤドーム)

     広島が、今季2度目のサヨナラ負けを喫した。3-3で迎えた延長十回、ジャクソンがビシエドに左越え2ランを浴びた。助っ人右腕が開幕から続けてきた連続無失点試合は、18試合でストップした。

     2死1塁。初球のスライダーを振り抜かれ、左翼席に運ばれた。「コース的には悪くなかった。それをしっかりとはじき返された。うまく運ばれた」と振り返った。

     開幕から剛球で相手をねじ伏せ、チームを勝利に導いてきた。右腕にとっては、登板19試合目での失点だ。それでも信頼は不変。緒方監督は試合後、「(失点したからと言って)何も言うことはない」と力を込めた。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/05/19/0010204618.shtml

    <広島5-2中日>◇2日◇マツダスタジアム

     先発野村が先制点を取られながらも7回2失点と粘り、打線が5回2死から5連打で5点を奪い援護した。投打がかみ合い6連戦の初戦を勝利した広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。


     -先発野村が好投。

     緒方監督 しっかりと球を低めに集めて、ゴロを打たせて、粘り強く7回2失点。最高の仕事をしてくれた。5回は見事な集中打。4番からチャンスを作った中で一気に石原までつないでビッグイニングになった。

     -序盤は中日先発鈴木に苦戦した。

     緒方監督 適度に荒れた中で、逆球に見えても質のいい真っすぐが嫌な高さに来ていた。フォークとか、スライダーが抜けながらもタイミングを外され、(打者は)つかまえにくかったと思う。でもそこを各打者が3巡目に入ってアジャストしてくれた。

     -野村は勝ち星から遠ざかっていた。

     緒方監督 カードの頭で投げる投手なので、相手も強い投手が出てくる。いい投球をしたらかといって、必ずしも勝ち星がつくのが難しい場所で投げてもらっている。今日も、前回もそうだけど試合を作ってくれる投球をしてくれれば。うちの打線は点を取ってくれる打線なので、あまり勝ちを意識せずに投げてくれればいいです。

     -松山にアクシデント。

     緒方監督 (試合終了時点では)まだ報告は受けていないけれど、(代わりに選手登録された)ペーニャが初めての打席でヒットが出て楽になったと思う。大阪の方(2軍阪神戦・鳴尾浜)で試合に出ていて急きょ。しんどいスケジュールになったけれど、良かったと思います。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170502-01817128-nksports-base

    ◆広島5―2中日(2日・マツダスタジアム)

     広島の新外国人、ラミロ・ペーニャ内野手(31)が1軍昇格即安打を放った。

     松山が試合前のウォーミングアップ中に背中を痛めたため急きょ昇格が決定。ぺーニャはウエスタン・リーグの阪神戦(鳴尾浜)に出場していたが、途中で切り上げて新幹線に乗り込み、試合前に1軍合流を果たした。

     ドタバタでの昇格劇だったが、3点リードの8回無死で代打で登場。初球を中前へ運んだ。

     メキシコ人の助っ人は「わくわくした気分で球場に来た。甘い球が来たら積極的に打っていこうと思ったんだ。(鳴尾浜では)2打席に立ってきたよ。自分のいいところを出していけるようにしたいね」と、次戦での出番を見据えた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170502-00000245-sph-base

    このページのトップヘ