広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    レオネル・カンポス

     広島の新外国人、レオネル・カンポス投手(30)=ブルージェイズ=が抑えとして起用される可能性が12日、浮上した。畝投手コーチが「フォーク、スライダーと落ちる球を投げ、奪三振率も高い。チーム状況次第だが(抑えも)あるかもしれない」と抜てきを示唆した。

     カンポスはベネズエラ出身の大型右腕。昨季もブルージェイズで中継ぎとして13試合に登板し、防御率2・63の成績を残した。「守護神・カンポス」といえば世界的にはサッカー元メキシコ代表GKが有名。奇抜なユニホームと果敢な攻撃参加で人気を呼んだカンポスのような、伝説の守護神になるかもしれない!?

     2月の日南1次キャンプから実戦形式の登板を予定しており、練習試合、オープン戦で適性を見ていく。昨季は今村、中崎が抑えを務めたが、畝投手コーチは「米国とはマウンド、ボールの違いがあるから、まだ分からないが、(後ろは)何枚もいた方がいいから」と期待を寄せた。(表 洋介)

     ◆ホルヘ・カンポス メキシコ代表のGKとして94年、98年、02年と3度のW杯に出場。身長は公称175センチだが、実際は170センチに満たないといわれる。小柄だがバネのような身体能力が武器。時にはFWとしてプレーする二刀流だった。自らがデザインした蛍光色のユニホームを着用し、人気を呼んだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000293-sph-base

     広島が20日に獲得を発表した新助っ人、レオネル・カンポス(30=ブルージェイズ)を警戒する声が早くも上がっている。

     メジャー通算38試合で1勝、防御率は4.74。今季はブルージェイズで中継ぎとして13試合に登板。13回3分の2を投げて、防御率は2.63だった。

     ベネズエラ出身。188センチ、97キロの右腕は、長身から投げ下ろす角度のある直球が武器。制球にも定評がある。

     スライダー、チェンジアップなど変化球も多彩。奪三振率は「9.9」。セで最も奪三振率が高かった阪神のメッセンジャーが「9.76」である。

     広島の今季の救援防御率は2.77。巨人の3.42より断然いいが、救援陣をさらに強固にする構え。チーム事情で先発に回る可能性もあるというが、これに戦々恐々なのは、今季7勝18敗と一方的にやられた巨人だ。

     打倒広島に燃える巨人は、今季後半から「広島専属スコアラー」となっていた田畑氏がヤクルトの投手コーチに就任。巨人内には「情報がきめ細かかった。流出は痛い」との声が出る中、「カンポスは奪三振率がメッセ以上で、しかも制球がいいというのは厄介ですね。広島が見つけたんだから、どうせいい投手だろうから」と別の巨人スコアラーは警戒する。

     年俸は40万ドル(約4500万円)プラス出来高払い。給料は安くても、広島は外国人選手の発掘に定評がある。ソフトバンクの守護神としてMVPを獲得したサファテにしても、元はといえば広島が年俸9000万円で見つけてきた助っ人だ。現エースのジョンソンも入団1年目の年俸は7000万円。他球団とは違い数年かけて動向を追い続けるため、年俸1億円以下の主にマイナーが主戦場だった助っ人でも、日本球界に合う選手が多いのだ。

     カンポスの加入は、広島と巨人の力関係をさらに広げるかもしれない。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00000012-nkgendai-base

     広島は20日、新外国人選手のレオネル・カンポス投手と契約が合意に達したと発表した。契約金は25万ドル(約2800万円)、年俸40万ドル(約4500万円)+出来高。背番号は70に決まった。

     ベネズエラ出身の右腕は30歳。今季はトロント・ブルージェイズで13試合、13回2/3を投げ0勝0敗、防御率2・63を残した。

     生年月日・1987年7月17日生まれ、188センチ、97キロ、右投げ右打ち。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171220-00000046-dal-base&pos=4

    このページのトップヘ