広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    一岡竜司

     「広島秋季キャンプ」(6日、日南)

     広島・一岡竜司投手(28)が、ダイナミックな投球フォームを取り戻しての復活に意欲を示した。理想は回転数が多いキレのある球を投げることで、秋季練習ではフォームの土台作りに励んでいる。今季はコンディション不良もあって33試合の登板にとどまった右腕が、輝きを取り戻す。

     明確な狙いを持って、一岡が腕を振っている。注力するのは躍動感のあるフォームを取り戻すこと。「(下半身の動かし方で)あがいている感じ。方向性は見つかっているので、細かいところを微調整している。無駄な動きを取り除きたいけど、ダイナミックさも失わないように」とうなずいた。

     セットアッパーで迎えた今季はコンディション不良もあり、33試合の登板に終わった。過去2年は59試合に登板。「1年間通して投げられなかった悔しさがある」と率直な思いを語る。

     復活へ向けて、軸となる直球は140キロ台でも、キレのあるものが理想。そのためにも「(下半身のコンディション不良があったが)小さくまとまらないようにしたい」とまずはフォーム形成を重要視する。

     秋季練習では2日に1回をメドにブルペン入り。「今は悩んで良い時期」と2段モーションを試すなど探究心を持つ。5日の投球練習後は簡易型弾道測定器「ラプソード」で球の回転数などをチェック。自身の投球映像も毎日見返している。

     「ブルペンでは一回の集中力が大事」と言う右腕は、来季へ「どこで投げても同じパフォーマンスを出せるメンタルが一番大事」と力を込めた。土台をがっちりと固め、2020年へ向かう。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000036-dal-base

    ◆広島紅白戦 白組2―7紅組(3日、宮崎・日南市天福球場)

     佐々岡真司監督(52)の“初采配”で「いとしのレイラ」が躍動した。宮崎・日南秋季キャンプ2日目に監督就任後の初実戦となる紅白戦を行い、2017年育成ドラフト2位の藤井黎来(れいら)投手(20)=182センチ、92キロ=が好投した。紅組の3番手として2回2安打1失点(自責0)ながら、力強い直球と落差の大きいフォークで西川ら1軍メンバーを翻弄。投球内容を指揮官に高評価された。

     6回2死一、二塁。カウント1―1から藤井黎が投げたフォークが外角低めにストーンと落ちた。空振りした西川が「ウソだろ?」という表情でミットに収まった球を振り返る。セ・リーグ6位の打率2割9分7厘をマークしたバットマンに臆することなく、次は内角直球で勝負。芯で捉えられたが力で勝って右飛に仕留めた。背番号121の育成右腕は「フォークはちょっと通じてるのかなと思ったりします」と遠慮気味に胸を張った。

     「タケルさん(今村)や一岡さんのような中継ぎのフォークピッチャーにあこがれています」という20歳。プロでの最速は147キロで、この日も安定して142~4キロを投げられた直球の精度も非凡だ。1点ビハインドの5回から登板して、6回に4点の援護点をもらったことで、佐々岡政権初の“勝利投手”も転がり込んだ。そんな指揮官も「真っすぐとフォークがいいという報告が(コーチ陣から)入っている中で、力をつけているなという感じはしました」。ルーキーイヤーの昨季は2軍投手コーチとして指導し、今キャンプで1軍に抜てきした“いとしのレイラ”にゾッコンだ。

     黎来(れいら=NPBでの登録名は旧字体の「黎來」)という珍しい名前。両親に「黎明(れいめい)の『黎』は、時代の始まり(にふさわしい人)。『來』には人という文字が3つ入っているので、人がいっぱい集まるように」という意味で名づけられたという。ロックバンド「デレク・アンド・ザ・ドミノス」時代のエリック・クラプトンの代表曲「いとしのレイラ」は「聞いたことないです。今度、YouTubeで聞いてみます」。約半世紀前の名曲は知らないが、レイラが令和のカープを背負って立つ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00000170-sph-base

     広島の佐々岡真司新監督(52)が13日、一岡竜司投手(28)と中崎翔太投手(27)の復活に期待を寄せた。1軍の秋季練習休日を利用して2軍の秋季練習が行われている広島・廿日市市の大野練習場を訪れ、ブルペンでの投球練習を視察。今季は本調子ではなかった一岡と中崎。V奪回には勝利の方程式を固めることが不可欠だけに、実績がある両右腕の復調が必要だ。

     中崎と一岡に、佐々岡監督は注視した。ブルペンでの投球練習を見るのは久しぶり。もちろん監督に就任して以降は初めてだ。「今年は彼らがいなかった分、苦しかった。2人には復活をしてほしい」。体の動きや指先から放たれた球の力強さや切れ。一挙手一投足を真剣な表情で追った。

     まずは一岡が右腕を振った。徐々にギアを上げていくと変化球を含め45球を投げた。続いて中崎がブルペン入り。カーブで腕の振りを確かめると、次は力強い直球だ。投げ込みは熱を帯びる。球数は、秋季練習最多となる80球になっていた。

     「考えながらしっかりとやっていた。球の強さもあった」。投球練習後には直接、声をかけた。2軍で試行錯誤しながら前に進む2人の表情に、ホッと胸をなで下ろした。

     今季は一貫して勝利の方程式を組むことができなかった。中崎は守護神を任されながら、昨季までの4年連続50試合登板の疲労蓄積もあって状態が上向かず、6月上旬に抑えから配置転換。その後2度、出場選手登録を抹消された。一岡はコンディション不良などで戦列を離脱。ともにシーズン終盤は2軍で過ごすことになった。

     秋季練習では、一岡は2日に1回ブルペンに入っている。体の状態は万全で、充実した時間を過ごす。「全体的に鍛えています。状態は良い。継続して、上澄みがあるようにやっていきたい」と前を見据えた。

     中崎はこの日の投球を振り返り「まだ良い球は投げられていない」と手綱を締める。その一方で「上向いている感じがある。しっかり練習して来年はチームの力になれるようにやっていくだけ」と力を込めた。11月中までは頻繁にブルペン入りし、レベルアップを目指す。

     誰が守護神を担うかなど勝利の方程式メンバーは現在白紙。佐々岡監督は「みんなにチャンスがある。競争です」と言い切った。2人とも秋季キャンプには参加せず、来年の春季キャンプへ向けて準備を進める方向。力強い直球を再び取り戻す秋を過ごしていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00000027-dal-base

     ペナントレース終盤、今季は投手の分業がさらに進み、救援投手の重要性がより増したともいえるだろう。各球団の救援投手事情についてみていこう。



    セ・リーグ 各チームの主要な救援投手の成績

    ○広島
    フランスア 61登6勝6敗12セーブ17ホールド 64回1/3 防2.66
    中崎翔太 36登3勝3敗9セーブ5ホールド 35回1/3 防4.08
    遠藤淳志 32登1勝1敗1セーブ6ホールド 40回1/3 防2.90
    菊池保則 50登1勝2敗0セーブ11ホールド 52回2/3 防2.73
    レグナルト 49登6勝2敗0セーブ14ホールド 55回2/3 防2.91
    中村恭平 39登0勝1敗0セーブ10ホールド 40回2/3 防2.43
    一岡竜司 33登0勝0敗0セーブ16ホールド 31回 防2.90

     クローザーの中崎が不振で2度の2軍落ち、フランスアが代役を務める。セットアッパーでは6月に昇格した遠藤が、次第に重要な持ち場を任されるようになっている。

    ○ヤクルト
    石山泰稚 31登2勝2敗10セーブ5ホールド 30回2/3 防1.76
    マクガフ 62登6勝3敗9セーブ17ホールド 65回2/3 防2.88
    梅野雄吾 64登1勝2敗4セーブ26ホールド 64回 防3.66
    ハフ 63登1勝4敗3セーブ24ホールド 61回1/3 防3.96
    近藤一樹 57登3勝3敗0セーブ18ホールド 51回 防3.00
    五十嵐亮太 44登5勝1敗0セーブ3ホールド 41回1/3 防3.05

     クローザーを固定できず。石山は優秀だったが、コンディション不良で2か月弱の戦線離脱。最近はマクガフがクローザーを務める。

    ○巨人
    中川皓太 60登4勝3敗16セーブ15ホールド 59回 防2.44
    デラロサ 21登1勝0敗6セーブ5ホールド 18回1/3 防1.96
    クック 13登0勝2敗6セーブ0ホールド 15回 防4.80
    田口麗斗 47登2勝3敗1セーブ12ホールド 57回1/3 防4.24
    澤村拓一 36登2勝1敗1セーブ11ホールド 40回1/3 防2.45
    マシソン 21登1勝2敗1セーブ8ホールド 16回1/3 防3.86
    野上亮磨 13登1勝2敗1セーブ3ホールド 18回 防3.50
    高木京介 49登3勝1敗0セーブ10ホールド 48回 防3.94

     中川がクローザー、セットアッパーを掛け持ちしたが、やや疲れが見える。7月中旬に加入したデラロサが活躍している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00534125-fullcount-base

     広島・岡田明丈投手が13日、約4カ月ぶりに出場選手登録された。

     今季は開幕ローテに入ったが、2試合の先発で0勝2敗、防御率10・80で4月12日に出場選手登録抹消。ウエスタンでは12試合に登板し、前回11日のオリックス戦は中継ぎで1回無安打無失点だった。


     ブルペン待機となる右腕。「少しでも力になれるように全力で一球一球投げていきたいと思います」と意気込んだ。代わって、前日の巨人戦で4回6失点だったアドゥワと1回1失点だった一岡が出場選手登録抹消された。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000100-dal-base

     「広島1-4阪神」(3日、マツダスタジアム)

     広島・中崎翔太投手(26)が6月18日・ロッテ戦以来46日ぶりに登板し、最速145キロをマークするなど1回1安打無失点に抑えた。不調のため6月20日に出場選手登録抹消され、7月31日に再昇格して以降初登板。チームの連勝は3で止まったが、昨年までのリーグ3連覇に守護神として貢献した男が、復活を果たす。


     背番号21が、鯉党から歓声を受けながら本拠地のマウンドに戻って来た。中崎が6月18日・ロッテ戦以来1カ月半ぶりの登板で1回を無失点。降格前までトレードマークだったひげもさっぱり剃り落とした右腕が、再出発した。

     1-4の九回に登板。先頭の梅野にはこの日最速タイの145キロ直球で見逃し三振。続く植田を初球スライダーで左飛に斬った。近本には左前打を許し2死一塁となったが、最後は代打・高山を遊ゴロに。今後へつながる10球だった。

     リーグ3連覇に大きく貢献した右腕は、昨季同様守護神で今季をスタートした。だが本来の力を発揮できず、6月上旬に配置転換。その後も上向かず29試合の登板、防御率4・08で同月20日に出場選手登録抹消された。2軍ではコーチやトレーナーらに相談しながら、フォームの修正などを図った。

     「(1軍では)投げながらやっていく中で違う方向にいってしまった。時間をもらえたのは良かった」

     ウエスタンでは6試合の登板を経て、7月26日から1軍再合流した。翌27日には神宮球場の三塁側ブルペンで首脳陣が見つめる中、投球練習。緒方監督にはフォームのブレの助言を受けながら、腕を振った。守護神を担ってきた男として一日一日たりともムダにせず、1軍のマウンドに舞い戻って来た。

     この日の中崎に、緒方監督は「落ち着いた投球をしてくれた。球筋を見られたし、キレのあるいい球を投げていた」と評価した。現在は一岡がコンディション不良で2軍調整中など中継ぎも苦しい中、「一枚加わってくれた」と指揮官。佐々岡投手コーチも「今日みたいな投球を続けてくれれば(勝ち継投に)入ってくれるし、入ってもらわないと困る」と期待を寄せた。

     チームは連勝が3でストップ。それでも首位・巨人とは3ゲーム差のまま。勝負の夏場、経験豊富な中崎の存在は不可欠だ。復活への第一歩を踏み出した右腕が巻き返し、勝利へつながる投球を重ねる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190804-00000028-dal-base

     広島の大瀬良大地投手(28)が9日、ファンが選んだ自身の“兄弟構成”を納得して受け入れた。

     4日にマツダスタジアムで練習後、広島県内ではCMキャラクターとしてもおなじみの今村、一岡とのトリオ「カピバラ3兄弟」について言及。「長男は言わずもがな(で今村)。でも次男は誰なんだろうって。いまだ答えが見つからない。答えが欲しいです」と、自身と一岡のどちらがカピバラの次男で、どちらが三男なのか、正解を知りたがっていた。

     そこでスポーツ報知と中国新聞、朝日新聞の3紙は、それぞれのカープ番のツイッターアカウントで「カピバラ3兄弟の次男は大瀬良か一岡」の緊急アンケートを実施。その結果、3社とも「次男は大瀬良」への投票が過半数を占めたのだ。

     この日、ナゴヤDで投票結果を伝え聞いたエース右腕は「満場一致ですね! じゃあ、これから次男ということでよろしくお願いします」と、カピバラにしか見えない癒やしの笑みで“所信表明”していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190709-00000205-sph-base

    ◆ 今季初登板から3試合連続無失点投球

     広島に元気がない。セ・パ交流戦で最下位に沈み、その後も勝ち星をつかめず、最大14あった貯金を食いつぶし、現在は2つ借金をかかえている。

     そんななか、頼りになる男が一軍昇格を果たした。昨年までの3連覇中は主に「勝ちパターン」の一角として試合終盤を任されていた今村猛だ。

     今シーズンの今村は開幕一軍入りを逃し、ファームで汗を流す日々が続いていた。とくに5月はウエスタンで4試合連続失点を喫するなど不安定な投球が多く月間防御率4.50。6月の月間防御率も5点台と一軍に上がれる状態とは言いがたかった。

     しかし、ここまで結果を残していた中村恭平が、7月3日にコンディション不良のため登録抹消になると、その替わりに今村が一軍へと昇格。同日に行われたヤクルト戦で初登板を果すと、4点ビハインドと比較的楽な場面ではあったが、1回無失点、2奪三振のパーフェクトピッチング。翌日も翌々日も3点ビハインドの場面でマウンドに上ると、連夜の1回無失点とまずまずのピッチングを披露した。

    <今シーズン成績>
    今村猛(広島)
    3試合(3回) 0勝0敗 防御率0.00


    ◆ 3連覇中は178試合に登板し62ホールドをマーク

     今シーズンの広島はチーム防御率3.41とリーグトップ。例年になく投手力のチームとなっている。なかでも、中継ぎ陣の奮闘が目立っていた。

     しかし、守護神だった中崎翔太が不振の影響で6月20日に登録抹消。その代役のフランスアは6月20日以降、5試合に登板し3試合で失点を喫している。また、要所要所で存在感を示してきた中村恭平も戦線離脱と。徐々に苦しくなっているのが実情だ。

     これから夏場にかけては投手陣の疲労が増し、さらに優勝争いや順位争いによるプレッシャーもかかってくる時期。そうなれば当然、中継ぎ陣の重要度はこれまで以上に増してくる。

     そんななか、昨シーズンまでの3連覇中に178試合に登板し、62ホールドをマークした中継ぎエースの今村が復帰したのはこの上なく大きい。昨シーズンこそ防御率5.17と苦しんだが、優勝争いの経験値は大きな財産となっていることに違いない。

     前半戦の多くを二軍で過ごしたことで、今村にも悔しい思いはあるはず。しかし、逆をいえば他の投手よりも疲弊の度合いは少ないとも言える。

     7月4日のヤクルト戦で通算400試合登板を達成したが、今村はまだ28歳。野球選手としては、これから脂の乗ってくる時期である。これまでの経験を生かし、中継ぎ陣を救う救世主としてチームを4連覇に導いてもらいたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00194929-baseballk-base

     7日のプロ野球公示で、広島は中継ぎ右腕の一岡竜司を抹消し、16年ドラフト1位の矢崎拓也投手を1軍昇格させた。中日はドラフト4位の石橋康太捕手を1軍昇格させた。開幕マスクの加藤匠馬捕手は2軍再調整となった。


     巨人はドラフト1位の高橋優貴投手が1軍昇格し、同日のDeNA戦で先発する。前日6勝目を挙げたメルセデスを抹消した。オリックスは竹安大知投手、ロッテは土肥星也投手を出場選手登録した。また、前日に登板した日本ハム金子弌大投手、オリックスのK-鈴木投手、楽天の美馬学投手が抹消となった。

    【セ・リーグ】

    ■出場選手登録

    広島
    投手 矢崎拓也

    ヤクルト
    投手 清水昇

    巨人
    投手 高橋優貴

    DeNA
    投手 飯塚悟史

    中日
    捕手 石橋康太

    ■出場選手登録抹消

    広島
    投手 一岡竜司

    ヤクルト
    投手 蔵本治孝

    巨人
    投手 CC・メルセデス

    DeNA
    投手 平良拳太郎

    中日
    捕手 加藤匠馬

    【パ・リーグ】

    ■出場選手登録

    オリックス
    投手 竹安大知

    ロッテ
    投手 土肥星也

    ■出場選手登録抹消
    日本ハム
    投手 金子弌大

    オリックス
    投手 K-鈴木

    楽天
    投手 美馬学



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190707-00432725-fullcount-base

    このページのトップヘ