広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    一岡竜司

     広島は8日、マツダスタジアムで行われた埼玉西武とのオープン戦に1-6で敗れた。寒風吹く中で、投打ともに精彩を欠く結果となったが、緒方監督は「これからいろいろとバランスを見ながら選手を起用していきたい」と先を見据えた。


     先発の野村は4回2失点。指揮官は「初回は逆球もあったし、思ったところに投げられていなかった。それでもその後はしっかりと修正していい形で投げられていた」と評価した。初回に先頭打者の打球を足に受けたが、「痛がるそぶりを見せなかったので、そのまま投げさせた」と心配する様子はなかった。

     WBC組以外はほぼベストメンバーだった打線については、「(新井は)見たまま。丸は内容も良かったし、今年も打線の中心としてやってもらいたい」と状態に満足そうだった。

     新外国人のペーニャも安打を放ったが、「ゲーム勘は最初から問題なかったようだった。今は日本のピッチャーに慣れていく段階」と、今後に期待した。

     リリーフの一岡が右内転筋痛で離脱したが、最終回に登板した中田が無失点に抑えた。緒方監督は「下からの強い推薦があった。いいボールを投げていたし、またチャンスを与えていく」と合格点を付けた。

     外国人枠争いやリリーフ陣の整備など、この先もまだまだ競争が続きそうだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00010004-fullcount-base

     広島一岡竜司投手(26)が7日、広島市内の病院にて検査を受け、「右内転筋筋挫傷」と診断された。

     加療2週間程度を見込み、明日8日からは3軍にて、治療とリハビリを行うことになった。一岡は3月5日阪神戦(甲子園)登板後に右内転筋の痛みを訴え、前日6日も全体練習から外れた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170307-01788897-nksports-base

     広島・中崎翔太投手(24)が3日、マツダスタジアムで行われた1軍の全体練習に参加した。

     2月18日にインフルエンザを発症し、一時離脱を余儀なくされたが、順調な回復をアピール。ブルペン投球も行い、「まだまだですけど、しっかり調整していきたい」と前を見据えた。



    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000095-dal-base&pos=1

     3年ぶりにリーグ優勝を目指す巨人。昨オフは陽岱鋼、山口俊、森福允彦、カミネロ、マギー、吉川光夫を獲得するなど大型補強を敢行。毎年のように選手を補強し、若手・中堅選手が出場機会を限られ、他球団へトレードやFAの人的補償で移籍するケースが増えている。そして、移籍先でチャンスを掴んだ選手がいるのも特徴的だ。

     FAで加入した大竹寛の人的補償で広島へ移籍した一岡竜司がその一人。一岡は巨人時代、二軍の抑えとして結果を残していたが、山口鉄也、マシソン、西村健太朗を始めとしたリリーフ陣の層が厚く、一軍の枠に割って入る事ができず。巨人時代は2年間で一軍登板はわずかに13試合だった。

     巨人時代は、二軍で結果を残しながらもチャンスが巡ってこなかったが、移籍した広島では登板機会を一気に増やした。移籍1年目の14年は、右肩の故障で離脱した時期もあったが、31試合に登板して防御率0.58とチームに欠かせない存在となった。

     翌15年は1年目よりも成績を落としたものの、シーズン自己最多の38試合に登板。優勝した昨季は、故障で出遅れたものの、ビハインドゲームを中心に27試合に登板して、防御率1.82を記録した。移籍によってチャンスを掴んだ選手といえる。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00104935-baseballk-base&p=1

     経験者だからこそ語れることがある。広島・一岡竜司投手(25)が、FAの人的補償で巨人からDeNA移籍が決まった平良拳太郎投手(21)にアドバイスだ。

     一岡はプロ2年目だった2013年オフに、大竹寛投手(33)の人的補償で巨人から広島に移籍した。翌14年には31試合に登板し、2勝2セーブ16ホールド、防御率0・58と新天地でブレーク。昨季はキャンプ中に右腕を負傷して出遅れたが、交流戦で復帰し27試合に登板。5ホールドを挙げるなど復調をアピールした。

    「自分が(移籍して)活躍できているかは分からない」と前置きした上で成功の鍵は“切り替え”だと明かす。「当時、周りの選手には、もしプロテクトを外れたら『移籍したくない』という人もいたが、僕はチャンスが欲しかったし、移籍したかった。リストから選んでもらうわけだし『(上から)29番目の選手なんだ』と前向きにとらえました」

     巨人時代の13年12月24日の夜に「明日、球団に来て」と電話がきた時には動揺もあった。だが、球団に出向き、あいさつを済ませると、すぐ“広島モード”になったという。「その翌日から新しい物件を探したり、広島のことは知らなかったので、ウィキペディアで選手について調べたりしました(笑い)。前オフから自分なりに手応えを感じていたので、野球をやる場所が変われば心機一転できる。巨人に入ったというよりNPBに就職したと思っていたし、移籍はつきものです」

     本人は現在、二軍戦で目撃した中日・浅尾をお手本に新球・パームボールの習得に挑む。「ケガも癒えたし順調。去年のように最初にくじけないように頑張りたい」と勝利の方程式復帰へ虎視眈々。平良も一岡同様“切り替え”で古巣に恩返ししたいところだ。


    引用元 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/636536/

     広島今村猛投手(25)が24日、広島マツダスタジアムを訪れた。毎年恒例の「長崎県人会」に備えて地元長崎に帰省する前に立ち寄り「長崎ではゆっくりしたいですね。シーズンは長いので」と笑顔だった。

     今季は開幕から1度も戦列を離れることなく、チームトップタイの67試合に登板。勝利の方程式の一角を担い、3勝4敗2セーブ、防御率2・44の成績を残した。連投、イニングまたぎを問わず淡々と腕を振り、広島の中継ぎ陣を支えていた。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161224-01756210-nksports-base

     広島・今村猛投手(25)が22日、東京・銀座の広島ブランドショップTAUで開催されたトークショーに参加。来季の「勝利の方程式」定着に意欲を示した。

     「来年の目標は日本一。やるからには勝ちパターンに定着というのはあります」

     今季中盤まではビハインドの場面で投げることも多かった。33年ぶり悲願に向けて、よりチームの勝利に貢献したいという意気込みの表れだ。

     そのポジションを全うするにあたって、おのずと見えてくるものがある。現在92ホールドポイント(HP)で、横山竜士が持つ球団記録133まで、あと41。今季は25HPで1年間フル回転すれば更新も十分に可能だ。

     大瀬良が来季は先発でスタートするなど、期待値は決して低くない。この日は関東圏でのイベントで、「関東のファンと触れ合うことはなかなか機会がないことなので、ありがたかったです」と笑顔だった。 (柳澤 元紀)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-00000039-spnannex-base

    このページのトップヘ