広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    一岡竜司

     37年ぶりのリーグ2連覇を成し遂げた広島。“逆転力”が相手チームにとって最大の脅威となった。優勝までの84勝のうち、逆転勝利はリーグ最多の41試合。粘り強い攻撃力だけでなく、中継ぎ陣の踏ん張りも大きく影響した。

     今季は一岡、今村、ジャクソン、中崎、中田の5人が50試合以上に登板し、平均防御率2・07と抜群の安定感を誇った。他にも先発から中継ぎに回った九里をロングイニング要員として起用。層の厚いリリーフ陣が試合の終盤を支えた。

     一方で、絶対的な抑えは不在だった。本来なら、守護神は昨季34セーブの中崎。しかし、開幕直後に腰痛症で離脱するなど、状態が上がらず今村が代役を務めた。シーズン終盤からは2投手のダブルストッパー制。畝投手コーチは「状態を見て起用していた。固定しなかったという状況の中でしっかり対応してくれた」と高く評価する。

     先発投手こそ、完投数は昨季の「5」を下回る「4」となったが若手が成長。シーズン中盤から先発となった薮田が15勝3敗、防御率2・58、勝率・833で自身初のタイトル、勝利第1位を獲得し、2年目の岡田は12勝を挙げ、優勝に大きく貢献した。大瀬良、野村と続いて開幕からローテを大きく崩すことなく戦うことができたのも連覇できた要素の一つとなった。

     リーグトップの破壊力を持つ鯉打線。投手陣にとっても頼りになる存在となっている。今村は「点を取られなければ、野手が逆転してくれるという雰囲気がブルペンにはあった」と振り返る。マウンドに上がる誰もが同じ思いだ。

     迎えるポストシーズン。チーム一丸となり、CSファイナルS突破、33年ぶりの日本一を目指す。(デイリースポーツ・井上慎也)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-00000066-dal-base

     広島小野淳平投手(30)が4日、来季の契約を結ばないことを通達された。

     小野は09年ドラフト5位で日本文理大から巨人に入団。青木高とのトレードで13年4月に広島に移籍。今季は1軍での登板がなかった。実働5年で通算70試合に登板。4勝5敗で防御率は4・33だった。



     今後は未定ながらも「トレードで来て、いろんな方々が動いてくれた。力になれず悔しいですし、申し訳ない思いでいっぱい。今日まで野球をやってきたので、今野球をきっぱり諦めることは難しいし、簡単ではない。すぐには決められない」と語った。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00019374-nksports-base

    <広島5-0巨人>◇22日◇マツダスタジアム

     広島が1回1死三塁から巨人先発マイコラスの暴投で先制。巨人は序盤3回まで1安打無得点。2回無死一、二塁の好機も逃した。

     広島は4回に3連打を含む4安打で2点を追加。5回にも3連打で2得点。巨人は先発マイコラスが5回5失点で降板。拙攻続き。

     広島は中村祐が7回まで無失点に抑え、ジャクソン、一岡とつないで完封。巨人はわずか3安打に封じられて敗れた。

     広島中村祐が5勝目。巨人マイコラスは8敗目。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00009304-nksports-base

     優勝マジックはいよいよ「1」。広島37年ぶりの連覇が目前に迫ってきた。

     14日にマツダスタジアムで行われたDeNA戦は、目まぐるしい点の取り合いの末に5-4で勝利。阪神が巨人と引き分けたために胴上げは持ち越しとなったが、16日(土)の試合で勝てば文句なしの優勝決定。26年ぶりの本拠地胴上げへ期待が高まっている。

     チャンピオンチームとして2017年を迎えた広島。戦前の予想では、巨人が大型補強を敢行したことや、「昨季は出来過ぎだった」という見立てから、今季は苦戦を強いられるのではないかという声も少なくなく、連覇を予想する解説者・OBはそれほど多くなかった。

     それがフタを開けてみれば2年連続の首位快走。黒田博樹という大黒柱が抜けた先発陣では、薮田和樹が14勝を挙げる大ブレイク。期待の2年目右腕・岡田明丈も12勝をマークし、ほかにも昨季の最多勝右腕の野村祐輔、大瀬良大地に加えて中継ぎも兼ねる九里亜蓮がそれぞれ9勝と、ドラフト上位で獲得した若き才能が躍動した。

     打線もすっかりチームの顔になった“タナキクマル”こと田中広輔・菊池涼介・丸佳浩の上位に、今季は4番・鈴木誠也が定着。鈴木は故障で今季絶望となってしまったが、代役に抜擢された松山竜平や安部友裕の活躍もあって不在を感じさせない強さを発揮。ここまでのチーム打率.275、本塁打146、盗塁数107、犠打数108、犠飛数43、四死球数528、得点圏打率.297はいずれもリーグトップの成績を誇っている。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00131653-baseballk-base

     6日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-広島戦』で解説を務めた田尾安志氏が、広島の強さについて語った。

     79年、80年以来となるリーグ連覇を目指す広島は、チーム打率(.279)、得点(549)、本塁打(112)、盗塁(81)がリーグトップ、チーム防御率もリーグ2位(3.32)と投打ともに安定した成績を残す。

     田尾氏は、現在2位阪神に9ゲーム差を付けて首位を走る広島の強さについて「1、2点リードされているピッチャーの質が高い」と話す。

    【広島の主な救援陣】
    今 村 猛 47試 1勝2敗 8H 20S 防2.35
    ジャクソン 44試 2勝2敗 20H 1S 防2.40
    中 田 廉 40試 2勝1敗 9H 0S 防2.09
    一岡 竜司 38試 4勝2敗 8H 1S 防1.95
    中崎 翔太 35試 2勝0敗 19H 1S 防1.06
    ヘーゲンズ 9試 0勝0敗 0H 0S 防6.55

     広島の勝利の方程式は、7回が中田廉or一岡竜司、8回が中崎翔太、9回が今村猛という構成になっている。ビハインドゲームではジャクソン、ヘーゲンズの両外国人が登板するケースが多い。

     ジャクソンは、リーグ優勝した昨季はセットアッパーとして、勝ちゲームの8回を任されていた。今季も開幕から“8回の男”を担っていたが、6月8日の日本ハム戦から6月28日のDeNA戦にかけて5試合連続で失点。交流戦の終盤からビハインドゲームでの登板が続いている。

     昨季セットアッパーを任された投手でも、結果を残せなければ、役割を変更されるなど、チーム内での競争が激しい。ジャクソンが再び、昨季のポジションに戻るためには、ビハインドゲームで結果を残すことが求められる。こうした競争が、1、2点リードされている場面でも“質が高い”と評価される投手陣を起用できる要因のひとつといえそうだ。


    引用元 https://baseballking.jp/ns/127133

    <広島14-1ヤクルト>◇30日◇マツダスタジアム



     7回から登板し、先頭藤井の打球を左下腿(かたい)に受けた広島一岡竜司投手(26)はアイシングで経過を見る。

     試合終了時点で病院には行っておらず松原1軍チーフトレーナーは「打撲として経過を観察します」と説明した。

     一岡は打球を受けて1球で降板していた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-01864774-nksports-base

     セ・リーグで首位を独走する広島で、中田廉投手が存在感を示している。中継ぎとして7月27日まで38試合、36回2/3を投げ2勝1敗、防御率1・96。シーズン途中からは、一岡とともに勝利の方程式メンバーに入り、安定した成績を残している。

     14年に自己最多となる66試合に登板したが、その後は肩の故障などもあり、15年は5試合。昨季もわずか8試合の登板に止まった。3年ぶりに1軍でフル回転できるのは、昨季からの肉体改造が一因だ。オフには食事の脂にこだわり、プロテインも摂取。積極的な筋力トレーニングで体重は10キロ以上、増加した。今では90キロ台だ。ストレッチなどで股関節周りの可動域を広くしたことの効果も出て、球威は140キロ台中盤をコンスタントに記録し、力でねじ伏せる投球が戻ってきた。

     6月後半からは、勝ちパターンで起用されている。満塁など、走者を背負った場面から起用されることもしばしばだ。畝投手コーチは「厳しい場面で行ってもらっている」と言う。それでも右腕は、表情一つ変えず役割を果たしてきた。中田は「オフの筋トレで、苦しくなっても、もう一踏ん張りと、やってきた。最後は気持ちなんです。それがピッチングにつながっています」。最後は気持ち-。どこか古風な香りがするが、右腕は真顔だ。肉体強化の過程で身に付けた、精神的なたくましさが、今季の飛躍につながっている。

     開幕からフル回転しており、暑さが厳しくなるこれからが正念場。電気治療や入念なストレッチで体のメンテナンスは欠かさない。「どこの場面を任されても同じ気持ちです」。平常心でマウンドに上がり続け、結果を出して行く。(デイリースポーツ・市尻達拡)


    引用元 https://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/07/28/0010410758.shtml

     25日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた山崎武司氏が、広島の強さについて言及した。

     広島はこの日、0-0で迎えた8回一死二塁の場面で、7回(92球)まで無失点に抑えていた野村祐輔に代打・西川龍馬を送る。山崎氏は西川が代打で登場すると、「(野村が)好投していましたけど、パっと代えますからね。巨人がこのシチュエーションでマイコラスに代打を出せるかといったら、引っ張ると思うんですよ。この辺りがカープの強みかなと思います」とコメント。“選手層の厚み”を両チームの差に挙げた。

     この日ブルペンに控えていた広島投手陣を見ると、中田廉と中崎翔太が防御率1点台、ジャクソン、一岡竜司、今村猛も2点台と、リリーフ陣が非常に安定している。また、打撃陣に目を向けても、バティスタや新井貴浩といった主力クラスが控えており、躊躇することなく勝負所で代打を送り出せる状況だ。

    【25日の広島ベンチ入り投手陣成績】
    今村 猛:41試合(40回1/3)防御率2.28
    中崎翔太:29試合(28回2/3)防御率1.26
    中田 廉:37試合(35回2/3)防御率1.77
    一岡竜司:31試合(31回1/3)防御率2.01
    ジャクソン:39試合(38回)防御率2.84
    ヘーゲンズ: 4試合( 4回)防御率9.00
    ※7/25終了時点


     8回一死二塁の場面で登場した西川がタイムリー内野安打を放ち、広島が先制点。その後、菊池涼介にも適時打が飛び出しリードを広げると、その裏、セットアッパー・中崎翔太が1回を無失点に抑え、9回は守護神・今村猛が1点を返されながらもリードを守り、広島が3連戦の初戦をモノにした。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00125515-baseballk-base

    このページのトップヘ