広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    一岡竜司

     経験者だからこそ語れることがある。広島・一岡竜司投手(25)が、FAの人的補償で巨人からDeNA移籍が決まった平良拳太郎投手(21)にアドバイスだ。

     一岡はプロ2年目だった2013年オフに、大竹寛投手(33)の人的補償で巨人から広島に移籍した。翌14年には31試合に登板し、2勝2セーブ16ホールド、防御率0・58と新天地でブレーク。昨季はキャンプ中に右腕を負傷して出遅れたが、交流戦で復帰し27試合に登板。5ホールドを挙げるなど復調をアピールした。

    「自分が(移籍して)活躍できているかは分からない」と前置きした上で成功の鍵は“切り替え”だと明かす。「当時、周りの選手には、もしプロテクトを外れたら『移籍したくない』という人もいたが、僕はチャンスが欲しかったし、移籍したかった。リストから選んでもらうわけだし『(上から)29番目の選手なんだ』と前向きにとらえました」

     巨人時代の13年12月24日の夜に「明日、球団に来て」と電話がきた時には動揺もあった。だが、球団に出向き、あいさつを済ませると、すぐ“広島モード”になったという。「その翌日から新しい物件を探したり、広島のことは知らなかったので、ウィキペディアで選手について調べたりしました(笑い)。前オフから自分なりに手応えを感じていたので、野球をやる場所が変われば心機一転できる。巨人に入ったというよりNPBに就職したと思っていたし、移籍はつきものです」

     本人は現在、二軍戦で目撃した中日・浅尾をお手本に新球・パームボールの習得に挑む。「ケガも癒えたし順調。去年のように最初にくじけないように頑張りたい」と勝利の方程式復帰へ虎視眈々。平良も一岡同様“切り替え”で古巣に恩返ししたいところだ。


    引用元 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/636536/

     広島今村猛投手(25)が24日、広島マツダスタジアムを訪れた。毎年恒例の「長崎県人会」に備えて地元長崎に帰省する前に立ち寄り「長崎ではゆっくりしたいですね。シーズンは長いので」と笑顔だった。

     今季は開幕から1度も戦列を離れることなく、チームトップタイの67試合に登板。勝利の方程式の一角を担い、3勝4敗2セーブ、防御率2・44の成績を残した。連投、イニングまたぎを問わず淡々と腕を振り、広島の中継ぎ陣を支えていた。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161224-01756210-nksports-base

     広島・今村猛投手(25)が22日、東京・銀座の広島ブランドショップTAUで開催されたトークショーに参加。来季の「勝利の方程式」定着に意欲を示した。

     「来年の目標は日本一。やるからには勝ちパターンに定着というのはあります」

     今季中盤まではビハインドの場面で投げることも多かった。33年ぶり悲願に向けて、よりチームの勝利に貢献したいという意気込みの表れだ。

     そのポジションを全うするにあたって、おのずと見えてくるものがある。現在92ホールドポイント(HP)で、横山竜士が持つ球団記録133まで、あと41。今季は25HPで1年間フル回転すれば更新も十分に可能だ。

     大瀬良が来季は先発でスタートするなど、期待値は決して低くない。この日は関東圏でのイベントで、「関東のファンと触れ合うことはなかなか機会がないことなので、ありがたかったです」と笑顔だった。 (柳澤 元紀)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-00000039-spnannex-base

     広島の安部友裕内野手と一岡竜司投手が10日、広島市内の永照幼稚園で行われた、「認可保育園ロータスプリスクール大芝」主催のもちつき大会に参加した。

     昨年に続き2度目の開催。園児約90人と冬空の下、きねでもち米をついた。2年連続で参加となった安部は「楽しかったです。子どもたちが喜んでくれている姿を見ると、純粋な気持ちになった」とにっこり。

     一岡は「優勝旅行から帰ってきた時差ぼけがちょっとあったけど、疲れが吹っ飛びました。元気をもらいました」と白い歯をのぞかせた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161210-00000043-dal-base

     【ホノルル(米ハワイ州)4日(日本時間5日)】広島の優勝旅行4日目は自由行動。大瀬良大地投手(25)はキャッチボールをする予定だったが、雨のため回避した。大瀬良とキャッチボールするためグラブを持ち込んでいる一岡も「(投げる)間隔が空くと肩がリセットされてしまう。今年はスタートでくじけてしまったので、そうならないようにしたい」。今季は1勝1敗、防御率1・82も、右前腕部を何度も痛めて登板27試合。来季新たに球種を増やすべく、キャッチボールでは中日・浅尾の宝刀、パームをイメージして投げている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161206-00000013-sanspo-base

     広島・中田廉投手(26)が背番号変更にも「心機一転」と前を向いた。「34」をドラフト2位の高橋昂也投手(18)=花咲徳栄=(18)に明け渡すため、今季限りで引退した広瀬純外野手(37)が付けていた「26」に変更。入団から付けていた番号に別れを告げ、9年目となる来季、巻き返しへ意欲満々だ。

     「変更が決まった時、すぐに連絡しました。『頑張れ』と言ってもらった。プロであれだけの結果を残された方の背番号。純さんの思いもある。それに恥じないようにしたい。いつかは26が自分の番号だと思ってもらえるように結果を残したいと思います」

     14年オフには、広瀬の合同自主トレに参加。その年、中継ぎとしてチーム最多の66試合に登板し9勝8敗、防御率3・89と飛躍した。だが翌15年は右肩を痛め、登板は5試合のみ。今季は8試合に登板し1勝1敗、防御率16・62と過去最低の成績に終わった。

     秋季キャンプでは、全体的なレベルアップをテーマに練習に励んだ。「投げ急ぐというか、上体が早く行きすぎていたため、いい球と悪い球の差が激しかった」とフォーム固めに着手。体のブレを少なくするためにウエートや走り込みなどで下半身強化を重点的に取り組んだ。

     オフは例年通り、米大リーグ・ドジャースの前田の合同自主トレに参加する予定。「来年の春やシーズンにもつながってくる。いまやっていることを継続してオフもやっていきたい。マエケンさんにもいろいろ聞いてみたいと思います」。来季に向けて重要な期間。新たな知識を得て、成長への糧とする。

     チームは今季、25年ぶりの優勝を果たした。チーム最多の67試合に登板したジャクソンと今村だけでなく、ヘーゲンズ、一岡、九里も中継ぎとしてチームを支えた。「年の近い投手が活躍しているという悔しい思いをした。来年こそ、厳しい競争の中に加わっていかないといけない。取り残されないようにしたい」と闘志を燃やした。

     来季はリーグ連覇、日本一を目指すチーム。投手陣の力となるためには、レベルは欠かせない。大きな壁を乗り越え、26番は広瀬ではなく中田のものとする。(デイリースポーツ・井上慎也)


    引用元 http://www.daily.co.jp/opinion-d/2016/11/29/0009706859.shtml

     広島・大瀬良大地投手(25)が27日、今季限りで現役引退した黒田博樹投手(41)から「何かあれば連絡してこい」と男気エールを受けたことを明かした。チームの精神的支柱だったレジェンドからの助言を糧に、来季は先発投手として活躍を見せる覚悟だ。

     剛速球よりも新球よりも、黒田とのホットラインが何よりの武器だ。この日、マツダスタジアムでトレーニングした大瀬良が、25日の選手会納会でのレジェンドからの言葉を明かした。

     「黒田さんから『何かあったときに連絡してくれれば何でも答える』と言ってもらえた。何か困ったことや相談したいことがあったら、積極的に聞きたい」

     公式な場での最後の顔合わせとなった納会で、お酌をしに行った際のやり取りを振り返る様子はどこかうれしそう。「自分は黒田さんのように気持ちで投げるタイプ。生き方や考え方が勉強になる」とかつて話したように、そのスタイルを継承する構えだ。

     1年目の14年に先発ローテを守って10勝を挙げて新人王を獲得した右腕は、すでに緒方監督から来季の先発再転向を通達されている。15年はチーム事情により途中で中継ぎに転向。今季は先発として結果が残せず、全17戦登板のうち16戦が救援登板だった。“先発返り咲き”に向けて、広島のエースとして長年君臨した黒田のアドバイスほど頼もしいものはない。

     助言を生かすためにも、まずは自らの調整に万全を期す。12月のハワイへの優勝旅行にはグラブを持参する予定。「一岡さんと(旅行中に)キャッチボールをしようという話をした。ボールを握っておきたい。向こうの気分を満喫しながらもできることをやりたい」

     昨オフはノースロー調整だったものの「投げなさすぎて、投げ始めが変な感じだった」。結果、2月沖縄キャンプ中に右肘違和感を訴えて開幕に出遅れただけに、同じ轍(てつ)は踏まない覚悟だ。

     来季のキャッチフレーズは「カ舞吼」(かぶく)。「己の道を突き進み、広島らしく熱く戦い、ファンを魅了する」という意味は、黒田に通ずるものがある。魂の継承によって「かぶく」大瀬良の姿を期待したい。(柳澤 元紀)


    引用元 https://bbcrix.com/articles/44470

     北海道日本ハムファイターズの日本一で幕を閉じた2016年プロ野球。
     ここから注目が集まるのは、フリーエージェント(FA)有資格者の今後の動向だ。

     今年はセリーグの山口俊(DeNA)、平田良介(中日)、パリーグは陽岱鋼(日本ハム)、岸孝之(西武)、糸井嘉男(オリックス)らが有資格者として名を連ねる。

     仮に、資格のある選手がFA移籍した場合、年俸が移籍前のチーム内1~3位のAランク、4~10位のBランクのいずれかに当てはまれば、移籍先の球団は、移籍前の球団に一定の金銭と人的補償として1名指名することができる。
     人的補償で獲得できる選手は、移籍前の球団が選んだ28人(プロテクト)以外が対象となる。

     過去にもFA選手の人的補償として移籍した例がある。

    【2008年】
    ・赤松真人  阪神   →  広島
    新井貴浩(広島)が阪神に移籍した人的補償。

    【2011年】
    ・高濱卓也  阪神   →  ロッテ
    小林宏(ロッテ・現武蔵ヒートベアーズ監督)が阪神に移籍した人的補償。

    【2013年】
    ・高宮和也  オリックス → 阪神
    平野恵一(阪神・現阪神打撃コーチ)が古巣・オリックスに移籍した人的補償。

    【2014年】
    ・一岡竜司  巨人   →  広島
    大竹寛(広島)が巨人に移籍した人的補償。

    ・鶴岡一成  DeNA   →  阪神
    久保康友(阪神)がDeNAに移籍した人的補償。

    ・脇谷亮太  巨人   →  西武
    片岡治大(西武)が巨人に移籍した人的補償。

    【2015年】
    ・奥村展征  巨人   →  ヤクルト
    相川亮二(ヤクルト)が巨人に移籍した人的補償。

     2007年の高校生ドラフト1巡目で阪神タイガースに指名された高濱卓也(現ロッテ)は、入団から3年はケガや不調で一軍出場なし。だが、紅白戦、オープン戦で結果を残し、活躍が期待された4年目のシーズン直前に、小林宏の人的補償となる選手を狙っていた千葉ロッテマリーンズがプロテクト外の高濱を獲得した。

    また、当時広島東洋カープに所属し、2013年オフにFA宣言した大竹寛(現巨人)の人的補償として、巨人は有望株と言われていた一岡竜司(現広島)を手放すことになった。

     近年、特に話題となった人的補償は、2015年、巨人に所属していた奥村展征のケースだ。東京ヤクルトスワローズの相川亮二(現巨人)がFA移籍した人的補償で、入団2年目の1月にヤクルトへ移籍することに。1年目は1軍出場なしも、2軍で86試合に出場し、245打数52安打2本塁打20打点と将来が期待されるなか、2年目で放出し、話題となった。


    引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161104-00010000-baseballc-base

    このページのトップヘ