広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    一岡竜司

     広島・緒方孝市監督(49)は11日、43勝32敗1分けの貯金11で首位ターンを決めた前半戦を総括し「逆襲組」を後半戦のキーマンにあげた。

     2位・巨人に6ゲーム差を付ける快走劇にも、緒方監督の口から漏れた言葉は「不安」だった。

     「今年は開幕から主力選手にケガ人、不調な選手がいて、投手陣も不安定。頭の中で不安はあった」

     精神的支柱である新井が開幕不在となるアクシデントから始まった2018年。鈴木は2週間、丸も約1カ月故障離脱した。開幕投手を務めた野村は2カ月間も先発ローテーションを外れた。期待を裏切る投手も続出した。

     そんな誤算だらけの前半戦を救ったのが“新戦力”。指揮官が「新しい力が生まれて、今こうして貯金もある。野間の台頭はチームにいい刺激になった。若い選手でいえば、アドゥワ、先発陣は高橋昂也、フランスアも戦力になってくれた」と高く評価するように、野間は打率・298と打撃開眼して定位置を奪取。若コイは、不安定な投手陣を支えた。

     ただ、新たな戦力がシーズンを通して活躍できるほど、プロの世界は甘くない。緒方監督がリーグ3連覇に向け後半戦のキーマンに指名したのは、期待を裏切った選手だった。

     「不測の事態もあるだろうし最後まで(このメンバーのまま)戦えるとは思っていない。2軍で調整している、中村祐太にしろ薮田にしろ、中継ぎでいえば今村、新外国人(のヘルウェグ)。後半戦、彼らも大きなポイントになってくる」

     薮田は、制球難を露呈し1イニング10失点も経験した。中村祐は開幕3連勝から一転、4連敗で降格。今村、中田ら救援陣も2軍で汗を流し昇格を狙っている。チーム防御率はリーグ4位の4・08。リーグ屈指の強力打線を誇るが、投手陣の巻き返しなしに、さらなる躍進はない。

     「いろんなアクシデントに備えて、チーム一丸で、下(2軍)でもしっかりと頑張ってほしい」

     まだシーズンは半分が終わっただけ。悔しさを晴らす選手が多いほど、3連覇への道はより太く、確実なものになる。(河合 洋介)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000048-spnannex-base

    <阪神6-11広島>◇24日◇甲子園

     広島が点の取り合いを制し、今季5度目の同一カード3連勝を飾った。1-1の6回、鈴木の適時打など集中打で5点を勝ち越し。だがその裏に2点を返され、7回も3点を取られて追いつかれた。それでも9回にはドリスのバント処理のミスによる敵失から勝ち越し点が生まれ、さらに鈴木の満塁アーチでとどめを刺した。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。



     -最後に再び突き放した

     緒方監督 野手がもうひと踏ん張り最後の力を出し切って、9回に相手の抑え投手から点を取って勝ちをものにできた。5点差を追いつかれたのは早めに継投に出た自分の責任。

     -リードを許さなかったのが勝因か

     緒方監督 アドゥワにしてもピンチを迎えたけど、粘って投げきってくれた。

     -鈴木が満塁弾

     緒方監督 本当に野手の頑張りには頭が下がる。

     -リーグ再開後3連勝

     緒方監督 次、またマツダからしっかり頑張って戦っていくだけ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00248612-nksports-base

    ■広島 4-3 日本ハム(6日・マツダスタジアム)

     広島は6日、マツダスタジアムで行われた日本ハム戦に4-3で勝利した。1点ビハインドの9回、1死二、三塁から野間がプロ初となるサヨナラ打。連敗を2で止めたチームは30勝に到達し、2位DeNAとの差を5.5ゲーム差に広げた。


     緒方監督は「全員が最後まで諦めないでやってくれた」と土壇場でゲームをひっくり返したナインを褒めた。先発の岡田が初回に3失点し、打線は日本ハム先発の上沢から8回まで2点しか奪えなかった。それでも6回から登板した4投手が無失点に抑え、9回のサヨナラ劇につなげた。

    「中継ぎ陣がよく踏ん張ってくれた」とリリーフ陣を勝因に挙げた指揮官は「相手ピッチャーもよかったけど、簡単ではないとわかっていたけど、僅差で連敗を止められてよかった」と安堵の表情を見せた。

     ヒーローになった野間に関しては「今日は褒めておこう」と笑顔を見せた緒方監督。「まだまだ課題は多いけど、最高の結果を出したわけだから」と愛弟子の成長を喜び「今日で終わらずに、これからも1打席1打席、ワンプレー、ワンプレーをしっかりやってほしい」と、さらなる成長に期待した。

     9回を投げた藤井皓がプロ初勝利となったが「藤井だけじゃない。一岡も(今村)猛もアドゥワもみんな頑張った」と全員野球を強調した緒方監督は「ナイスゲームでした」と力強く会見を締めくくった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00135875-fullcount-base&pos=5

    このページのトップヘ