広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    上本崇司

    熱戦にピリオドを打ったのは“赤いストレッチマン”の足だった。広島は3日の巨人戦(マツダ)、3―3の8回、一死一、三塁のチャンスで西川が放った打球は浅い左飛。ここで広島は賭けに出た。三塁コーチャーの広瀬外野守備走塁コーチは左翼手・重信の捕球体勢が崩れているのを確認し、代走から途中出場の三走・曽根海成内野手(24)に「GO!」を指示。チーム一の快足を飛ばして決勝点をもぎ取った育成出身のプロ6年生は「浅くてもいける自信があった。良かったです」と笑顔を見せた。

     昨季途中にソフトバンクから交換トレードで加入して2年目。まだまだ広島では“隠れキャラ”的な存在だが、大阪市出身の曽根は移籍後2度目のお立ち台でも関西人の本領発揮(?)でファンのハートをつかんだ。インタビュアーから接戦の中でベンチでは何をしていたか問われると「ストレッチです」。代走で心掛けていることにも「ストレッチです」と返して鯉党の爆笑を誘った。犠飛で決勝点を叩き出した西川は「曽根さまに感謝です」と最敬礼。難しい判断で勝利を呼び込んだ広瀬コーチも「曽根を褒めてやってください」と持ち上げた。

     出番は代走や守備固めがメイン。それでも曽根はさらなる活躍に向けて「しっかりストレッチして、いつでも行けるよう準備します」と気持ちを引き締めていた。





    引用元   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00000013-tospoweb-base

     「広島4-0阪神」(2日、甲子園球場)

     広島の曽根海成内野手が、今季初安打を放ち、好走塁でも勝利に貢献した。

     七回に代走で途中出場すると、2点を奪って迎えた九回1死二塁の場面で打席に立ち、右前打を放った。

     さらに1死一、三塁から会沢が放った左翼線への打球で一塁から一気に生還した。好走塁について「打った瞬間に行こうと思っていた」と汗をぬぐった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00000136-dal-base

     広島は28日、マツダスタジアムで全体練習を再開した。ドラフト1位・小園海斗内野手(報徳学園)は本拠地で初練習。守備、打撃、走塁と軽快な動きを見せた。



     遊撃の位置では田中、上本らと並んでノックを受けた。天然芝のグラウンドでプレーした経験はあまりない。土や人工芝とは違う打球の質を確かめながら、丁寧に捕球した。

     「試合での打球ではなかったけど、球が考えているよりも来たり来なかったりした。でもきょうはそれがわかったので良かったと思います」

     春季キャンプで猛アピールし1軍延長を勝ち取った。3月は開幕へ向けてオープン戦が本格化する。27日には2軍の大野寮から1軍の大洲寮への引っ越しを完了。「ここ(マツダスタジアム)で開幕1軍を迎えたい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000107-dal-base

     新たな伝説の誕生だ。プロ野球は1日、沖縄、宮崎などでキャンプイン(米アリゾナの日本ハム一軍は日本時間2日から)。注目は何といっても巨人へFA移籍した丸佳浩外野手(29)と、その人的補償で広島に移籍した長野久義外野手(34)だ。ひと足先にキャンプ地入りし、先乗り組の自主トレに合流していた長野だが、本紙は若手野手陣が開催した歓迎会の模様をキャッチ。大いに盛り上がった会のラストには驚がくのひとコマが…。身も心も赤く染めてカープ入りした男は早速、宮崎・日南の街を沸かせている。

     いよいよ赤チョーノの新たな野球人生がスタートした。リーグ4連覇と35年ぶりの日本一を目指す広島は、1月31日に緒方監督をはじめコーチ陣、主力の面々が宮崎入り。日南市内の宿舎では全体ミーティングを行い、指揮官は「ベテラン、経験のある選手が必ずポジションを保証されるかというと、そういうチームじゃない。若手であろうとベテラン、中堅であろうと同じ。長野もそういう考えの中でやってほしい」と報道陣を前に所信表明した。

     リーグ3連覇中ながら心配な要素はある。昨年限りで精神的支柱だった新井貴浩氏が引退。2年連続でリーグMVPを受賞した丸はライバルの巨人にFA移籍した。そのマイナス面を補って余りあるのが巨人からFAの人的補償でやってきた長野だ。緒方監督は過度なプレッシャーを与えないように気遣ってか「新井の代わりをやれっていうわけじゃない」としつつも「経験のある選手の言葉は(若手にとって)いい勉強になる」と長野効果に期待を寄せる。

     注目の“主役”は、新天地でのキャンプを前に精神集中しているのか、31日は自室にこもって報道陣の前には姿を見せなかった。しかし、そこは銀座、六本木、西麻布で鳴らした“夜王”だ。実は日南滞在たった2日の間に、早くもデカい足跡を残していたことが本紙の取材で判明した。

     30日のことだ。先乗り自主トレに参加していた若手野手陣により、長野の歓迎会が宿舎近くのお好み焼き店で開かれた。参加したメンバーによれば、会は大いに盛り上がったという。参加者では長野が最年長だったが、飲食代は1歳年下の松山が男気を見せて全額支払った。

     ここまでなら普通の流れだが、後輩にごちそうになったまま長野が引き下がるわけがない。腹を満たした十数人のメンバーは再び日南の夜に飛び出し、油津(あぶらつ)の街中にひっそりたたずむスナックで2回戦をスタート。すると、今度こそはと長野が大盤振る舞い。新たな“庭”へのあいさつ代わりでもあったのだろう。「めったに出ないシャンパンが空いて…」(スナックのママ)。会計はウン万円だったが、長野はその“10倍”にあたる数十万円の札束を置き、風のように去っていったという。

     カープがキャンプを張る油津は、宮崎県内でも「リーズナブルに飲める街」として有名だ。千円札を数枚握り締めれば、たいてい楽しい酒にありつくことができる。噂にたがわぬ長野の“夜王”ぶりに、古株のカープ関係者も「聞いてはいたけれど、さすがだねえ」と驚きを隠せなかった。

     新天地の夜の街に記念すべき第一歩をしるした長野。スターを迎えた小さな街は昼も沸いている。地元住民は「大きな声では言えませんが、日南はかなり隠れ巨人ファンが昔から多いんです」と言い「長野選手がカープに来てくれて『これで思い切って応援できる』とみんな喜んでいます。商店街も歩いていたようで、目撃した人はキャアキャア言っていましたよ」と明かす。

     巨人時代に名をとどろかせた宮崎市内のネオン街にも後ろ髪を引かれる思いがあっても不思議ではない。日南市内からはタクシーを飛ばしても約1時間の距離で、その気になれば足を延ばすことも容易だ。しかし、長野は周囲に「僕はもうカープの一員。みっちり練習したいし、この街にお世話になります」と宣言しているというから頼もしい。やる気に燃える赤ヘルの背番号5が、今年はどんな伝説を作ってくれるのか。本紙も楽しみに追っていく。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00000007-tospoweb-base

     セ・リーグ3連覇を置きみやげに昨季限りで現役を引退したプロ野球・広島の“レジェンド”新井貴浩氏(41=現野球解説者)、お笑いコンビ「ザ・ギース」の“カープ芸人”尾関高文(41)が24日、東京・銀座の広島アンテナショップTAUでトークショーを行った。

     新井氏といえば、引退表明後の昨年11月5日、OBの黒田博樹氏(43)が私費を投じて中国新聞に出した「結局、新井は凄かった」の広告が話題を呼んだ。

     新井氏は「何も聞かされてなかったのでびっくりした。家にいた時にメールが入ってきて、何これとなった。裏の意味として『結局、黒田は格好良かった』と言いたかったんだと思う。黒田さんはやることが違う。さすが」と先輩を持ち上げた。

     自身は強肩・俊足が売りの上本崇司内野手(28)をかわいがっており「上本が引退する時にはやりたい気持ちはある」と話したが「僕は黒田さんみたいにお金を持ってないので」と笑わせた。

     その黒田氏とは先日、一緒にゴルフをラウンドしたという。「黒田さんがすごくうまくなっている。特にゴルフをしたかったわけではないが、悔しいので、ちょっとやってみようと思う」と、今年はゴルフに力を入れるようで、先輩へのリベンジを誓った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00000064-tospoweb-base

    菊池涼との合同自主トレに臨んだ10年目の広島庄司隼人内野手(27)は、1軍定着への思いを語った。

    昨年は5月17日中日戦、6月9日楽天戦に7番サードで先発したが、いずれも無安打に終わっている。「初スタメンをいただいて、大チャンスだったのに『Hランプ』をともせなかった。どんな形でもいいからヒットを打って、それをつなげていかないと」。キャンプ初日から猛アピールする。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00446726-nksports-base

    広島中村奨成捕手(19)が29日、母校広陵で野球教室に参加した。

    同校の年末恒例行事となり、広島の野村や中田、上本だけでなく、巨人小林や吉川、日本ハム有原など他球団OBも参加。豪華な顔ぶれとなった。



    降雪の影響もあり、屋内練習場で行われた野球教室では、選手を代表して中村奨が野球少年の前でティー打撃で見本を見せた。質問コーナーでは「甲子園で6本の本塁打を打つにはどうしたらいいですか?」という問いに「たまたま…」と苦笑い。それでも「たくさんの応援があったから打てたと思います」と感謝した。

    プロ1年目を終えて参加した野球教室に「野球少年の純粋に野球を楽しんでいる姿に、子どもの頃の気持ちを思い出した。もっと野球を好きになってくれたらうれしいです」と笑顔で振り返っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00431592-nksports-base

     12月半ばに差し掛かり、2018年もあとわずかとなった。ソフトバンクが2年連続で日本一に輝いたプロ野球界もすっかりシーズンオフとなり、話題はストーブリーグが中心に。各球団の契約更改も進み、FA権を行使した選手たちの去就も全て決定。新助っ人の補強も、続々と発表されてきている。



     そして、今秋のドラフト会議で指名された各球団期待のルーキーたちも正式に契約を締結。各球団で新入団選手発表会も行われており、お披露目されている。中日に入団した根尾昂内野手やロッテの藤原恭大外野手、広島の小園海斗内野手、日本ハムの吉田輝星投手、西武の松本航投手、ソフトバンクの甲斐野央投手らが注目を集める中で、来季、一体どの選手が輝きを放つのか、楽しみだ。

     ルーキーたちがいきなり1年目から活躍するのは、なかなか至難の技である。昨年のドラフトで指名された今季のルーキーたちも然り。清宮幸太郎内野手が大きな注目を集めた中で、大きく活躍したのはDeNAの東克樹投手ら、一握りの選手だけだった。

     ドラフトの成果は5年、10年経ってみないと分からないと言われるもの。では、5年前から10年前の各球団のドラフトが、今季どのように成果として発揮されたか、1年ずつ検証していってみよう。今回は6年前、2012年のドラフト【セ・リーグ編】だ。

    【巨人】
    1 菅野智之投手 28試合15勝8敗0H0S 2.14
    2 大累進内野手(→日本ハム、2018戦力外)
    3 辻東倫内野手(2018戦力外) 8試合10打数1安0本0点 .100
    4 公文克彦投手(→日本ハム) 57試合2勝0敗11H0S 2.17
    5 坂口真規内野手(2017戦力外)
    育1 田原啓吾投手(2016戦力外)
    育2 松富倫内野手(2013戦力外→ソフトバンク育成、2014戦力外)

    【中日】
    1 福谷浩司投手 29試合0勝1敗0S4H 5.00
    2 濱田達郎投手(2016戦力外→育成)1軍出場なし
    3 古本武尊外野手(2017戦力外)
    4 杉山翔大捕手 1軍出場なし
    5 溝脇隼人内野手 1軍出場なし
    6 井上公志投手(2014戦力外)
    7 若松駿太投手(2018戦力外)

    【ヤクルト】
    × 藤浪晋太郎投手
    1 石山泰稚投手 71試合3勝2敗35S7H 2.08
    2 小川泰弘投手 18試合8勝5敗0S0H 2.75
    3 田川賢吾投手 1試合0勝0敗0S0H 0.00
    4 江村将也投手(2015戦力外)
    5 星野雄大捕手(2017戦力外)
    6 谷内亮太内野手 36試合45打数10安0本7点 .222(→日本ハム) 
    7 大場達也投手(2015戦力外)

    【広島】
    × 森雄大投手
    × 増田達至投手
    1 高橋大樹外野手 6試合15打数5安0本0点 .333
    2 鈴木誠也内野手 124試合422打数135安30本94点 .320
    3 上本崇司内野手 59試合11打数1安0本0点 .091
    4 下水流昂外野手 67試合80打数21安4本12点 .263
    5 美間優槻内野手(→ソフトバンク)30試合36打数5安0本1点 .139
    育1 辻空投手(2018戦力外)1軍出場なし
    育2 森下宗外野手(2015戦力外)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00266862-fullcount-base

     このオフ、広島・上本崇内野手(28)の相棒はバットだ。「野球はバッティング、少ない打席の中でヒットを打ちたい」。来年2月のキャンプインまで、体作りと並行して、打力アップに励んでいる。

     12月上旬、上本は連日マツダスタジアムを訪れ、マシン打撃と向き合った。トレーニングでも打撃フォームを意識。ウエートトレにスイングの動作を取り入れるなど「バッティングにつながるトレーニングをしています」と本気モードだ。

     今季はスーパーサブの確固たるポジションを築き上げた。自己最多の59試合に出場し、6盗塁。代走として重大な局面で盗塁を決め、チームの勝利に貢献した。普段はムードメーカーとしてナインを盛り上げるが、グラウンドに飛び出せば、勝負師の顔に変貌する。

     背番号0の勝負強さが際立ったのが、CSファイナルステージ第2戦だ。1点を追う終盤の八回。2死一塁で代走として出場すると、二盗を決め、新井の二塁打と菊池の勝ち越し弾を呼び込んだ。「僕の場合はしびれる場面だけじゃなくて、全部失敗できない。点差が開いていても、エラーできないので」。言葉の端々にスペシャリストの自負がにじむ。

     今季は本格的に外野にも取り組み、出場の機会を増やした。抜群の野球センスに加えて練習の成果を示した。ただ打率は・091。わずか13打席だったが、上本は不満顔だ。「守備固めや代走で出ても打席がまわってくることがある。自分の仕事はあるけど、打席に立つなら打てた方がいい」と力を込める。

     年明けからは小窪、下水流と共に、恒例のグアム自主トレを行う予定だ。「暖かいところの方が体を動かせるので」。代走、守備の達人は南国でもバットを振り込むつもりだ。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000048-dal-base

     広島・石原慶幸捕手、小窪哲也内野手、会沢翼捕手、上本崇司内野手、今季限りで現役を引退した土生翔平氏が16日、広島県福山市のツネイシスタジアムで行われた「ツネイシベースボールクリニック」に参加した。

     小学4年生から中学3年生まで約160人が集まり、社会人野球チーム・ツネイシブルーパイレーツの選手とともに野球を通して交流を図った5人。選手会長の会沢は「野球人口が少なくなっているから、野球の楽しさを分かっていただけたらいいかなと思うし、いい野球教室になったと思います」と振り返った。

     また、土生氏は4年連続の参加。「保護者の皆さんがいてこそ、こうやって野球ができると思うので、お父さん、お母さんへの感謝の気持ちを持って野球をやってください」と呼びかけていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000070-dal-base

    このページのトップヘ