広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    上本崇司

    ● 広島 8 - 9 中日 ○
    <3月22日・マツダスタジアム>

     広島は中日との練習試合に3連敗。それでも、開幕一軍入りを目指す面々がバットでアピールした。

     まずは「1番・一塁」でスタメン出場した堂林が魅せた。初回、得点にはつながらなかったものの、中日先発・小笠原から二塁打を放ちチャンスメイク。一死二塁で巡ってきた3回の第2打席では、小笠原から左翼席へ飛び込む先制2ランを放った。8回にも中日4番手・藤嶋から二塁打をマーク。5打数3安打2打点と打線を勢いづけた。

    「2番・三塁」でフル出場した上本も5打数3安打1盗塁を記録。キャンプ中の実戦から好調なバッティングを再びアピールした。「7番・二塁」でフル出場した三好は5打数2安打2打点を記録。二塁の守備では珍しくミスが目立ったが、2点を追う8回、同点に追いつく右越え2ランを放ち意地を見せた。

    「8番・遊撃」でフル出場した小園も、5打数2安打1打点でマルチ安打を記録。8回に一時勝ち越しとなる右越えソロを放ち、非凡なパンチ力を披露した。

     7回には代打で登場した鈴木誠が、貫禄の左越え2ランをマーク。1点追う9回、無死満塁のサヨナラ機こそ逸したが、計4本塁打が生まれるなど打線は活発だった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200322-00222771-baseballk-base

    <練習試合:広島3-4中日>◇20日◇マツダスタジアム

    守備のスペシャリスト広島上本崇司内野手が打撃で猛アピールを続けている。


    8回に松山に代わり三塁の守備から出場。3点を追う9回、2死から鈴木誠が左前打で出塁した直後の打席で、中日岡田の初球を左翼線へ引っ張り一、三塁とチャンスメーク。つなぎの一打で終盤の反撃に貢献した。上本は「いくら守備ができたとしても、打たないと試合に出られないので」と冷静だった。

    オープン戦出場8試合で9打席に立ち、4打数3安打2打点と少ないチャンスで結果を残してきた。朝山打撃コーチは「ずっと良い状態をキープしている。この調子でいけば三塁のスタメンもあるんじゃないかと。合格点をあげたい」と絶賛。上本は「このまま続くとは思えない。続けられるようにもっと練習します」。この日から登録が「右投げ両打ち」から「右投げ右打ち」に変更となった男が、一躍開幕スタメン候補に名乗りを上げた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-23200890-nksports-base

     「練習試合、広島3-4中日」(20日、マツダスタジアム)

     新型コロナウイルスの拡大を防止するため開幕が延期。この日から練習試合が始まった。



     広島・大瀬良は7回7安打4失点。打線は1-4の九回2死から会沢の適時打などで2点を奪い、粘り強い攻撃をみせた。

     佐々岡監督の試合後の一問一答は以下の通り。

     -当初は開幕する日だった。

     「早い段階で延期が決まった。特別な思いというか、そういうのはない」

     -大瀬良について。

     「前回の反省をしながら、いろいろな考えの中での投球だったと思う。緩急を使っていたし、良かったと思う」

     -7回に4失点。

     「アンラッキーなヒットもあったしね。気にしていない。全体的に修正できたと思う。セットとかクイックのときの制球ミス、投げきれないところがあったので、その辺りは修正をしてくれると思う」

     -打線は九回に粘った。

     「そういう野球をやってきている。何点差あろうと、最後の最後までという意識がある」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00000128-dal-base


     「教育リーグ、オリックス3-9広島」(6日、オセアンバファローズスタジアム舞洲)

     松山との入れ替えでこの日から2軍に合流した広島・正随が「5番・DH」で先発し、3安打3打点と爆発した。八回には自慢の長打力を披露し、吉田一から左翼越えへ豪快な2ランも放った。

     「2軍に落ちた悔しさがすごくある。(2軍の)教育リーグとはいえ、試合に変わりはないので、しっかり結果を出したかった」

     広島市出身の2年目。亜大から入団した昨季は1軍に昇格できず悔しさだけが募った。今季は1軍での活躍を心に決めてスタート。春季キャンプは1軍メンバーに選ばれ、紅白戦、練習試合で3割を越える打率をマーク。オープン戦でも5試合で5打数2安打1打点を記録したが、ハイレベルな外野手争いに踏みとどまれなかった。

     「オープン戦では自分の持ち味である長打力を見せられなかったのが心残り」と振り返る。1軍再昇格を勝ち取るためにも、ひたすらバットを振り込んでいくしかない。「2軍で結果を出して、もう一度、1軍に呼んでもらえた時は1打席目からアピールできるようにしっかり準備していきたい」。首脳陣の期待も大きい長距離砲は言葉に力を込めた。





    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200306-00000163-dal-base

     「オープン戦、広島14-2阪神」(23日、コザしんきんスタジアム)

     広島は16安打で14点を奪い、阪神に大勝した。


     3-1の六回には、打線が大爆発。1死から三好の左二塁打をきっかけに堂林が左前適時打を放つと、会沢、小園、ドラフト2位・宇草(法大)にも適時打が生まれ一挙7点を奪った。終盤になっても攻撃の手を緩めず加点した。

     チームは戦力の底上げを目指し、競争をテーマに今キャンプに臨んでいる。若手個々が持ち味を発揮しながら、開幕1軍生き残りを目指して激しい競争を繰り広げてきた。

     キャンプ最終盤。開幕まで1カ月を切った。佐々岡監督は打線について「しっかりと振れていると思うし、必死に食らいついていこうという気持ちが出ている。今後は(開幕へ向けて)人数を減らしていかないといけない時期になる。うれしい悩みです」と話した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00000145-dal-base

    <練習試合:中日8-13広島>◇16日◇沖縄・北谷

    広島の守備のスペシャリストが豪快弾を放った。途中出場の上本崇司内野手が5回、阿知羅の内よりの真っすぐを捉えて左翼席後方に3ランを運んだ。1軍本塁打ゼロの小兵がホームランバッター顔負けの1発で存在感を示した。


    守備固めや代走の切り札として、チームに欠かせない存在となっている。今春は居残り特打を行うなど、打撃向上に意欲的だ。「勝つためには打てないといけない。守りから入って代打を出されるようじゃいけない」。シーズン中は本拠地試合では誰よりも早く球場入りしてトレーニングを続け、チームメートらが行う屋外の特打には「そういう選手じゃないので」と加わらず、球場内で1人で打ち込み。コツコツと力と技術を磨いている。

    内外野を守れて走塁技術も高い。切り札としての期待が高く、打力も上がれば出場の幅はより広がる。佐々岡体制下でスーパーユーティリティーを目指す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-02160846-nksports-base

     広島は3日、春季キャンプ3日目がスタート。

     小園とともに早出特守に挑んだ上本崇司内野手(29)が、ダイビングキャッチを披露した。1日の声出しでもナインを盛り上げるなど鯉のムードメーカー的存在。約30分間、山田内野守備走塁コーチのノックを受け続け、終始和やかな雰囲気につつまれていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200203-02030054-sph-base

     広島のキャンプインは抜けるような青空に恵まれた。1日、宮崎・日南市で佐々岡真司監督(52)体制の春季キャンプが開始。指揮官らは歓迎式で地元の熱い激励を受けたが、認定こども園「浄念寺学園」の園児のエールが秀逸だった。以下はあいさつ全文。

     中井駿佑くん(以下「駿」)と小玉倖誠くん(以下「倖」)の2人「広島東洋カープの皆さん」

     駿「球団創立70周年おめでとうございます」

     倖「たった今 このAKAの子 舞いたった」(2020年の回文キャッチフレーズ)

     駿「ようこそ日南市へお越しくださいました」

     倖「日南市には、おいしい食べ物がた~くさんあります。お肉、お魚、みかん、いろんなお野菜」

     駿「(選手会長の)田中(広)選手、皆さんでおなかい~っぱい食べてください」

     倖「(日南市出身の)ケムナ選手がだ~いすきなラーメン屋さんもあります」

     駿「日南市には、すてきな場所がたくさんあります。映画『男はつらいよ』の舞台地です」

     倖「寅さんじゃなくて“鯉さん”は、僕たちの住んでいる飫肥(おび)の町で(城下町の掘割を)元気に泳いでいます」

     駿「景色が最高! サンメッセ日南や猪崎鼻(景勝地)」

     倖「鈴木選手、奥さんと一緒に日南海岸を眺めにきてください」

     駿「日南市には温かい温泉があります」

     倖「テイラー・スコット選手も日本が大好きになるでしょう」

     駿「佐々岡監督…」

     2人「僕たち、私たち、日南市も、皆さんが日本一になるように応援しています。絶対、勝つ!勝つ!勝つ!さあいこう!(菊池涼の侍ジャパンでの声出しを再現)」

     駿「浄念寺学園、中井駿佑」

     倖「浄念寺学園、小玉倖誠」

     かわいいイジりに鈴木誠也外野手(25)も思わず苦笑いを浮かべた。

     その後はナインが円陣を組み、田中広輔選手会長(30)があいさつ。最後の「野間、後は任せた」の声でなぜか野間峻祥外野手(27)が中央に引っ張り出され「2012年! じゃなくて2020年…」とグダグダになりながら引き継いだ。

     さらに野間が「新人、前!」と号令を掛けると、ドラフト1位の森下暢仁投手(22)=明大=らも中央へ。なぜかなぜか上本崇司内野手(29)も現れ、子供っぽい声色を使い「すずきせいやせんしゅ、おくさんとぜひ…」と園児のあいさつにかぶせて、爆笑をかっさらっていた。しかし主砲をイジったことに罪悪感を感じたのか、円陣からはけると、誠也に「スマン」とばかりに頭を下げていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200201-02010082-sph-base

    <ファン感謝デー>◇23日◇マツダスタジアム

    広島高卒2年目の永井敦士外野手が、ラグビー日本代表リーチ・マイケルに扮(ふん)してファン感謝デーの「ハッスル賞」をゲットした。



    アトラクションリレーで桜のジャージーに身を包み、リーチ風にひげを整えて笑いを誘った。秋季キャンプから先輩にいじられ、ファンにも浸透しつつある。賞品のお米10キロをゲットしたが「野球以外のところで目立っているので、野球で目立てるように頑張ります」と来季の活躍を誓った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191123-11230979-nksports-base

     「広島秋季キャンプ」(20日、日南)

     秋季キャンプメンバー最年長の堂林が締めのあいさつを行った。輪の中心で大きな声を張り上げ「佐々岡新監督の下、V奪回と日本一をつかみとれるように、全員が同じ方向を向いて、ワンチームで戦っていきたいです」と決意表明した。

     今キャンプでは二塁に再挑戦。「自分の中で昨年よりも手応えがある。何とか1軍にしがみつけるようにしたい」と覚悟を示した。佐々岡監督は「よく練習していた。二塁守備もサマになってきた」とたたえていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00000099-dal-base

    このページのトップヘ