広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    下水流昂

     広島市のMSH医療専門学校男子野球部の野手総合コーチを務める鈴木将光さん(31)と、同校女子野球部監督の野々村(鈴木)聡子さん(31)は、2人が元プロ野球選手という夫婦だ。

     鈴木さんは2005年度高校生ドラフト1位で広島に外野手として入団。15年オフに戦力外通告を受けた。10年間で通算2安打のプロ生活を「ケガに始まってケガに終わったんで悔いが残っています」と振り返った。第二の人生は「体について勉強しようかなと思った」と16年春から鍼灸(しんきゅう)師を目指し、専門学校の夜間課程に入学した。

     野々村監督は日本女子プロ野球機構初年度の10年から兵庫で2年間プレー。退団後はMSH医療専門学校に入学し柔道整復師の資格を取得するとともに、女子硬式野球部設立に尽力した。卒業後は同校の教壇に立ちながら初代監督として指揮を執っている。

     2人は鈴木さんが現役時代の14年から交際し、16年暮れに結婚。その縁もあって18年春から鈴木さんが男子野球部のコーチに就任した。夫婦そろって同じ学校の男女野球部を指導するが、鈴木さんは「練習場も違うし、一緒に教えているという感じはないです」と言う。2月に鍼灸師の国家試験があるため、午前中は自宅で勉強。午後から野球部の指導、そして夜は専門学校で授業を受け、帰宅は午後10時を過ぎる。野々村監督は午前中は教壇に立ち、午後は野球部の指導、夜は勉学に励む夫の帰りを待つ“すれ違い生活”が続いている。

     それでも2人は野球を通じて心を一つに結婚生活を送る。鈴木さんが「コーチングとか選手の性格などを聞く」と言えば、野々村監督は「NPBという頂点で野球をしてきた人なので、野球全般的に聞きます。教え方や技術的なことなど」と言う。将来について鈴木さんは「最終的には治療院を出して野球塾を開きたい。オフはプロ野球選手の練習も手伝いたい」と語った。そばで野々村監督は「柔道整復師の資格もありますし、主人を手伝えたらいい。女子野球にも携わっていけたらと思います」。現役生活を終えても夫婦で野球を追い掛ける人生は、楽しそうだった。(デイリースポーツ・岩本 隆)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000044-dal-base

     広島・東出輝裕打撃コーチが9日、大野練習場を訪れ、巨人へFA移籍した丸の人的補償で獲得が決まった長野久義外野手の活躍に太鼓判を押した。



     開口一番、「やると思う。メンタルが強いから」とニヤリ。長野の長所は「天性のヘッドの使い方」にあると言い、「技術が高い。プロに入ってきた時から『コイツは違う』と思っていた」とべた褒めだ。

     現状は左翼の起用が有力だが、相手投手によって中堅で起用する可能性も示唆。また、ベンチスタートの場合は「代打の切り札にもなる」と勝負強さにも期待した。日本一の使者へ、ポスト丸、ポスト新井として、期待は膨らむばかりだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000102-dal-base

    【大下剛史・熱血球論】新年早々、広島にうれしいニュースが飛び込んできた。FA宣言して巨人に移籍した丸佳浩外野手(29)の人的補償で長野久義外野手(34)を獲得。なかなか誰になるのか決まらなかったので気をもんでいたが、広島は最高の選択をした。OBの一人としても大変に喜ばしい。

     かねて懸念していたのは、新井が抜けた穴をどう埋めるかだった。打率や打点、本塁打といった数字はどうにかなるとしても、精神的支柱にしてムードメーカーでもあった新井の存在は唯一無二のもので、丸の移籍による戦力ダウンよりもむしろ心配していた。

     その点で長野はうってつけだ。明るい性格で愛嬌があり、誰からも好かれる。巨人のキャンプ取材などでも、真っ先に飛んであいさつに来るのが長野だった。実績があるからといって偉ぶらないところも新井によく似ている。若い選手が多い広島でも、違和感なく溶け込めるだろう。

     もちろん戦力的にもプラスだ。右打ちの外野手となると“顔”で勝負できるのは4番に座る鈴木ぐらい。バティスタには一発の魅力はあっても粗さがあり、下水流も伸び悩んでいる。ここ数年の長野は不振や故障でフル出場できていないとはいえ、やはり格が違う。古巣となる巨人をはじめ、赤ヘル打線に加わった長野は相手チームにとって嫌な存在となるはずだ。

     発表されたコメントからも覚悟が感じられる。個人的には以前から長野は性格、能力の両面で広島の野球に合っていると思っていた。のびのびと野球をして、もうひと花もふた花も咲かせてほしい。(本紙専属評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000037-tospoweb-base

     広島・緒方孝市監督が7日、巨人へFA移籍した丸の人的補償で獲得した長野についてコメントを発表した。

     「今年のリーグ優勝・4連覇、そして日本一へ向けて大きな戦力になってくれると期待しています」

     緒方監督と長野は同じ佐賀県出身。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000095-dal-base&pos=1

     大きな新陳代謝が求められる広島にとって、台頭が欠かせない選手。下水流昂と堂林翔太。2人のさらなる進化が4連覇を近づける。


    「打つしかない。試合にもっと出れるようになるにはそれしかない。それができていないから、今のような代走や守備固めでしか出られない。スタメン出場もそうだし、レギュラーなんて先の話。もっともっと打てるようになること。それだけですよ」

     11月、季節はすでに秋を迎えていた。宮崎とはいえ強い日差しに照らされるグラウンドから一歩、影に入るとヒンヤリ感じる。堂林は次の練習メニュー消化場所へ向かいベンチ裏を足早に移動していた。額には汗が浮かび、身体中からは湯気も立ち上っている。その表情は険しく、話しかけるのに躊躇してしまうほどのオーラをまとっていた。

    「課題は明白、わかっているんですよ。打てなかったら試合に出られないし、長くプレーもできない」

     かつて「プリンス」と呼ばれた面影はない。身体は一回り以上も大きくなり、表情は精悍で怖いくらいだ。

     愛知・中京大中京高時代から全国的に知られた選手。1年春から投手でベンチ入りを果たし、その後2年夏までは野手としてレギュラー出場。2年秋からはエースで4番に君臨し、3年春の甲子園はベスト8入り。そして最後の夏は全国制覇を果たし、同大会では打率.522、12打点、6二塁打と打ちまくった。当時バッテリーを組み、のちにカープでチームメートとなる磯村嘉孝は、「とにかくずば抜けてましたね。投げることも打つことも」と語っている。

     09年ドラフト2位で広島入団。「背番号13」は当時MLBのスター選手だったアレックス・ロドリゲスを目指せ、と大きな期待をかけられた。プロ入り後は2軍で鍛錬を積みながらも、1年目のフレッシュオールスターでは本塁打を放つなど、才能の片鱗を見せつける。そして3年目の12年、「7番・三塁」で1軍開幕を迎え、年間を通じて試合に出てチーム最多の14本塁打。オールスターゲーム出場を果たしオフには野球日本代表「侍ジャパン」にも選出され、当時の野村謙二郎監督から大きな期待を受けて、現役時代につけた「背番号7」を譲り受けた。

     しかし、当時から三振の多さ、得点圏打率の低さが目立ち、守備でも失策が多かった。実質1軍2年目の13年は外野手にも挑戦。試合出場数増加を目指すも、夏には打席での死球で左手を骨折して戦線離脱。その後はレギュラーではなく、代打や守備要員で試合出場を目出す立場となった。

    「もともと一本気というか、頑固なところもあるんですよ。見た目は優しい感じですが、そんなことはまったくない。だけどプロ入り以来、出だしは少し良かったけど、それからうまくいっていない。本人としても迷いがあると思う。そういう弱さを打ち破って、自分の信じたことを貫いてほしい。そうすれば結果にも出てくると思う」 

     堂林を常に気にかけ、練習に徹底的に付き合っているのは迎祐一郎打撃コーチ。自身も高校時代42本塁打を放つスラッガーで、99年ドラフト3位でオリックス(当時ブルーウェーブ)入団。3年目の04年にはプロ初本塁打を放つなどレギュラーとして期待されたが、その後は主にバックアップとなる。10年に広島移籍も、14年シーズンでユニフォームを脱いだ。プロ生活15年での本塁打数は2本に終わってしまった。

    「もっと頑固になって良い。色々な人からアドバイスを受けるのは良いことだけど、それを全部、受け止めてしまう。だから何が自分に一番適しているのか迷ってしまう。言葉は悪いかもしれないけど、自分に向かないものは聞き流す。それくらいのことをしないと、プロでは生き残っていけない。それは口を酸っぱくして言っています」 

     この秋からは迎コーチとともに打撃フォームのマイナーチェンジにも取り組んでいる。時間の経過とともに形になりつつあり、新シーズンの訪れを待ち望んでいる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00267222-fullcount-base

     12月半ばに差し掛かり、2018年もあとわずかとなった。ソフトバンクが2年連続で日本一に輝いたプロ野球界もすっかりシーズンオフとなり、話題はストーブリーグが中心に。各球団の契約更改も進み、FA権を行使した選手たちの去就も全て決定。新助っ人の補強も、続々と発表されてきている。



     そして、今秋のドラフト会議で指名された各球団期待のルーキーたちも正式に契約を締結。各球団で新入団選手発表会も行われており、お披露目されている。中日に入団した根尾昂内野手やロッテの藤原恭大外野手、広島の小園海斗内野手、日本ハムの吉田輝星投手、西武の松本航投手、ソフトバンクの甲斐野央投手らが注目を集める中で、来季、一体どの選手が輝きを放つのか、楽しみだ。

     ルーキーたちがいきなり1年目から活躍するのは、なかなか至難の技である。昨年のドラフトで指名された今季のルーキーたちも然り。清宮幸太郎内野手が大きな注目を集めた中で、大きく活躍したのはDeNAの東克樹投手ら、一握りの選手だけだった。

     ドラフトの成果は5年、10年経ってみないと分からないと言われるもの。では、5年前から10年前の各球団のドラフトが、今季どのように成果として発揮されたか、1年ずつ検証していってみよう。今回は6年前、2012年のドラフト【セ・リーグ編】だ。

    【巨人】
    1 菅野智之投手 28試合15勝8敗0H0S 2.14
    2 大累進内野手(→日本ハム、2018戦力外)
    3 辻東倫内野手(2018戦力外) 8試合10打数1安0本0点 .100
    4 公文克彦投手(→日本ハム) 57試合2勝0敗11H0S 2.17
    5 坂口真規内野手(2017戦力外)
    育1 田原啓吾投手(2016戦力外)
    育2 松富倫内野手(2013戦力外→ソフトバンク育成、2014戦力外)

    【中日】
    1 福谷浩司投手 29試合0勝1敗0S4H 5.00
    2 濱田達郎投手(2016戦力外→育成)1軍出場なし
    3 古本武尊外野手(2017戦力外)
    4 杉山翔大捕手 1軍出場なし
    5 溝脇隼人内野手 1軍出場なし
    6 井上公志投手(2014戦力外)
    7 若松駿太投手(2018戦力外)

    【ヤクルト】
    × 藤浪晋太郎投手
    1 石山泰稚投手 71試合3勝2敗35S7H 2.08
    2 小川泰弘投手 18試合8勝5敗0S0H 2.75
    3 田川賢吾投手 1試合0勝0敗0S0H 0.00
    4 江村将也投手(2015戦力外)
    5 星野雄大捕手(2017戦力外)
    6 谷内亮太内野手 36試合45打数10安0本7点 .222(→日本ハム) 
    7 大場達也投手(2015戦力外)

    【広島】
    × 森雄大投手
    × 増田達至投手
    1 高橋大樹外野手 6試合15打数5安0本0点 .333
    2 鈴木誠也内野手 124試合422打数135安30本94点 .320
    3 上本崇司内野手 59試合11打数1安0本0点 .091
    4 下水流昂外野手 67試合80打数21安4本12点 .263
    5 美間優槻内野手(→ソフトバンク)30試合36打数5安0本1点 .139
    育1 辻空投手(2018戦力外)1軍出場なし
    育2 森下宗外野手(2015戦力外)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00266862-fullcount-base

     2018年のFA戦線も、宣言選手の来季所属先がすべて決まり、幕を閉じた。宣言残留した選手、新天地を選んだ選手と行き先は様々だが、選手が流出した球団は、トレードや外国人選手の獲得などによる補強、あるいは若手選手の育成により、穴を埋めなければならない。丸佳浩外野手が巨人に移る広島だが、不動の中堅手が抜けた穴を埋めるプロスペクトは出てくるか。その候補となる選手をピックアップしてみた。(今年のドラフト指名選手は除く)


     主力が欠けても、その穴を埋める存在が必ずいるのが、広島のセ・リーグ3連覇を支えた強さでもあった。今シーズンも、鈴木誠也、丸が故障離脱した際、昨年まで代走・守備固め要員だった野間峻祥が打撃面で急成長。外国人選手のメヒア、バティスタも頑張った。ファームを見渡すと、丸の穴を埋める候補として次の選手が挙げられる。

    ○高橋大樹外野手(2012年ドラフト1位)
     龍谷大平安からドラ1で広島に入団して来季で7年目。同年ドラフト2位で入団し、今や押しも押されぬ4番打者に成長した鈴木誠也(二松学舎大付高)と同期で、将来性は鈴木に勝るとも劣らないと評価された大器。時間はかかったが、少しずつ力をつけてきた。今年のウエスタン・リーグでは、98試合出場、打率.272、10本塁打、35打点。98安打は阪神・板山と並ぶリーグトップ、長打率.422(リーグ3位)と持ち前の長打力が発揮されてきた。4年ぶりに1軍の試合にも出場し、8試合15打数5安打、打率.333。打席は少ないながら、打力の非凡さを見せた。丸が抜けた来季は、高橋大にとって鈴木に追いつく大きなチャンスだろう。

    ○下水流昂外野手(2012年ドラフト4位)
     もともと長打力には定評があり、1軍でも代打を中心に起用されてきた。今シーズンはキャリアハイの67試合に起用され、打率.263、4本塁打、12打点。7月20日の巨人戦では逆転サヨナラ2ラン本塁打を放つなど、勝負強さは格別だ。これまでは“代打屋”だったが、もちろん、本人がそれで満足しているはずはない。外野手は守備力より打力が優先されるポジションでもある。2016年には116打席に立ち、5本塁打をマークしているだけに、一皮むけるいいチャンスだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00264594-fullcount-base

     「広島秋季キャンプ」(13日、日南)

     広島の下水流昂外野手(30)が今キャンプ初となるシート打撃で猛アピールした。床田から左越えソロを放つなど、2安打1本塁打2打点。今秋は本職の外野だけでなく、一塁の守備練習を再開。チーム屈指の打力を武器に、“ポスト新井”の一番手として名乗りを上げる。


     視線を独り占めにした。下水流が左肘の故障から復活を目指す床田の直球を左翼席へ突き刺す。「甘い球を一振りで仕留められたのは良かった」。完璧な一打。スタンドからの拍手を背中に浴びてダイヤモンドを一周した。

     みやざきフェニックス・リーグから手応えを感じ始めている。「これまではオーバースイングだった。言葉で表現するのは難しいけど、今は力感なく振れている」。打席の中で力むことが少なくなったことで、捉える確率が上がった。

     無死三塁で中村祐と対戦した場面では左前適時打を放った。3打席で1本塁打を含む2安打、2打点。持ち味の長打力に加え、1点が欲しい状況でシュアな打撃を見せ、猛アピールした。

     激化している“ポスト新井”争い。ライバルはメヒア、バティスタ、堂林など多い。競争を勝ち抜くために、今秋から昨オフ以来となる一塁の守備練習を再開。「引き出しが増えるのは良いこと」。この日は1死二、三塁の場面で西川のゴロをさばき、本塁へ送球。得点を許さなかった。

     日本シリーズでは40人枠に選ばれながら、試合に出場できる25人には選ばれなかった。「最後の最後で選ばれなかった。実力がなかったということ」。悔しさを糧にして臨む、今年の秋季キャンプだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000025-dal-base

     広島の西川龍馬内野手(23)が来季に向け、出場機会を増やすべく外野手転向を視野に入れている。

     今季は自己最多の107試合に出場し、打率3割9厘、6本塁打、46打点で球団初のリーグ3連覇に貢献した一方で、三塁でリーグワーストの17失策を記録。うち9つの悪送球があり、シーズン最終盤に安部が右手中指の骨折から復帰したことで一塁に“異動”となった。

     クライマックスシリーズでは一度もスタメン起用がなく、日本シリーズでも第5戦に1度「6番・一塁」でオーダーに名を連ねただけ。しかし、周囲から“天才”と称される打撃センスを放っておくわけにもいかない。丸がFA権を行使して他球団へ移籍する可能性もあることから、かねて首脳陣の間で西川の外野手転向プランが浮上していた。

     本人も“その気”のようで、日本シリーズ第6戦の試合前練習からイチローモデルのグラブを手に外野守備練習を開始。「(守れと言われて)嫌とは言えんでしょ」と言いつつも「守れるところが多いほうが試合に出るチャンスも増える。一試合でも多く出られるようにしたい」と慣れないポジションへの挑戦を続けている。外野には同学年の鈴木や1歳年上ながら仲のいい野間など気心知れた選手もおり「コーチにもだけど、分からんことはいろいろ聞けたらいいなと思います」と意欲満々だ。

     現在は試合で外野を守れるレベルまで引き上げている段階。練習には内野用、外野用グラブにファーストミットと3種類を持ち合わせ「投手と捕手以外、全部守ってやりますよ」と鼻息を荒くしている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000030-tospoweb-base

     広島・下水流昂外野手が17日、最も印象深いサヨナラ打を放った打者に贈られる7月度「スカパー!サヨナラ賞」を受賞した。


     7月20日・巨人戦(マツダ)の1点を追う延長十回2死一塁でマシソンから右翼席へ逆転サヨナラ2ランをマーク。3、4月度にも同賞を受賞していた下水流は「まさか2回目を取れると思ってなかったので、大変うれしく思います」と喜びを口にし、「前の打者が丸で、打ち取られて皆さん諦めたと思うんですけど、何とか後ろにつなごうと思った結果がまさか本塁打になるとは思ってなかった。自分でも信じられない瞬間でした」と振り返った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00000070-dal-base&pos=5

    このページのトップヘ