広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    下水流昂

     過去に例のないシーズン中の交換トレード頻発。4日には、阪神・石崎剛投手とロッテ・高野圭佑投手の交換トレードが発表された。

     6月26日に発表された日本ハム・鍵谷陽平&藤岡貴裕投手と、古巣復帰の巨人・吉川光夫投手&宇佐見真吾捕手の2対2の交換トレードが第1弾。続いて同30日には中日・松井雅人捕手&松井佑介外野手とオリックス・松葉貴大投手&武田健吾外野手の2対2第2弾が発表された。

     さらに今月2日、第3弾として楽天・三好匠内野手と広島・下水流昂外野手の1対1。そしてこの日の1対1の交換トレードは第4弾となる。トレード期限が今月末までとはいえ、突然火が付き、一気に活性化したトレード戦線。例年にない異様な事態だ。

     その裏では、12球団経営者サイドと労組・日本プロ野球選手会(炭谷銀仁朗会長=巨人)との“綱引き”が見え隠れする。選手会側は「移籍の活性化」の切り札として今オフにも、出番の少ない選手に対し他球団でのチャンスを与える「現役選手ドラフト」の導入を要求しているのだ。

     6月27日の事務折衝でも、日本野球機構(NPB)選手関係委員会に対し12球団側の統一見解を求めた。今月12日に都内のホテルで行われる労組・日本プロ野球選手会総会で報告、最終的な対応策を検討するためだ。

     12球団側は選手会の希望を入れ、2日に都内で行われた実行委員会で統一見解案を検討したが、結論は出なかったという。各球団にそれぞれの思惑と意見があり、いざ統一見解となると足並みが簡単にそろわないのが現実だ。

     そんな現状の中で、突然相次いで成立した4件の電撃的な交換トレード。これほどトレードが活発に行われるなら、「現役ドラフト制度」の喫緊の必要性は薄れるといえなくもない。

     今回の交換トレードラッシュには、そんな“現役選手ドラフト潰し”という、12球団側の思惑も見え隠れする。

     トレードは球団側に一方的な人事権があり、飼い殺し状態の選手を救済する「現役ドラフト制度」の必要性は変わらない。12球団側と選手会がひと揉めする危険性を秘めており、今後の展開から目を離せない。(江尻良文)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00000010-ykf-spo

     広島・下水流昂外野手(31)と楽天・三好匠内野手(26)との1対1の交換トレードが2日、両球団から発表された。

     下水流は球団の広報を通じて「大変驚いています。カープ球団には6年半、お世話になりました。その中で優勝も経験させてもらい、とても素晴らしい時間でした。東北楽天ゴールデンイーグルスへ行っても、力になれるように精いっぱい頑張ります。カープファンの皆さま、6年半応援ありがとうございます」とコメントした。

     下水流は2013年にホンダからドラフト4位で広島に入団した。昨季は7月20日の巨人戦(マツダ)で逆転サヨナラ2ランを放つなど印象的な活躍をしたが、今季は2月のキャンプ中に左脚を痛めて離脱するなど2試合で4打数無安打。外野の選手層は厚く、1軍昇格の機会がなかなか巡ってこなかった。

     一方で三好は2012年に九州国際大付高からドラフト3位で楽天に入団した。今季は代走、守備固めとして17試合に出場し、4打数1安打だった。遊撃を含めた内野の複数のポジションを守ることができ、手薄な内野陣の中で貴重な存在となりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00000520-sanspo-base

     楽天から広島へ交換トレードで移籍することが決まった三好匠内野手が2日、楽天へ感謝のメッセージを送った。球団はこの日、下水流昂外野手との1対1のトレードを発表。球団を通じ、「心機一転、カープの優勝に貢献することが皆さんへの恩返しになると思っています。そして、秋にはイーグルスと日本シリーズで対戦し、皆さんに元気な姿をお見せしたいです」とコメントした。


     三好は福岡・九州国際大付高から11年ドラフト3位で楽天入り。今季は17試合出場し、打率.250、0本塁打、1打点。通算199試合出場し、打率.205、53安打、4本塁打、19打点だった。三好は「まずは、高校を出てからここまで育ててくださった、チーム、球団関係者の皆さん、大変お世話になりました。そして、いつも応援してくださった東北のファンの皆さん、8年間、ありがとうございました」と感謝した。

     昨季は内野の守備固めとして自己最多70試合出場した。「心機一転、カープの優勝に貢献することが皆さんへの恩返しになると思っています。そして、秋にはイーグルスと日本シリーズで対戦し、皆さんに元気な姿をお見せしたいです。高校を出てからずっと仙台だったので、今では仙台は第二の故郷です。その仙台を離れるのは寂しいですが、広島でも頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします」とコメントした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00426743-fullcount-base

     2日、楽天・三好匠内野手(26)と広島・下水流昂外野手(31)との1対1のトレードが両球団から発表された。

     三好は昨季、打率・104と低調ながら、主に内野の守備固めとして自己最多の70試合に出場。今季も17試合に出場しながら、4打数1安打と打席数は限られていた。

     一方の下水流は昨季、自己最多の67試合に出場し、打率・263、4本塁打、12打点。持ち前の打力でアピールしながら、今季は2試合のみの出場にとどまり、4打数無安打だった。

     下水流は球団を通してコメントを発表。「大変驚いています。カープ球団には約6年半、お世話になりました。その中で優勝も経験させてもらい、とても素晴らしい時間でした。東北楽天ゴールデンイーグルスへ行っても、力になれるように精一杯頑張ります。カープファンの皆様、6年半応援ありがとうございました」。

     三好も球団を通じ「まずは、高校を出てからここまで育ててくださった、チーム、球団関係者の皆さん、大変お世話になりました。そして、いつも応援してくださった東北のファンの皆さん、8年間、ありがとうございました。心機一転、カープの優勝に貢献することが皆さんへの恩返しになると思っています。そして、秋にはイーグルスと日本シリーズで対戦し、皆さんに元気な姿をお見せしたいです。高校を出てからずっと仙台だったので、今では仙台は第二の故郷です。その仙台を離れるのは寂しいですが、広島でも頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします」とコメントした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00000094-spnannex-base

     30日のプロ野球公示で、広島が大量6人を入れ替え。九里亜蓮投手、岩本貴裕外野手、下水流昂外野手の出場選手登録を抹消し、藤井皓哉投手、堂林翔太内野手、松山竜平外野手を登録した。松山は20日のDeNA戦で右側頭部に死球を受けて途中交代し、脳震盪特例措置の対象選手で抹消となっていた。



     阪神は石崎剛投手、陽川尚将内野手を抹消し、秋山拓巳投手、高山俊外野手を登録した。

     また、日本ハムは上沢直之投手、浦野博司投手、王柏融外野手の出場選手登録を抹消。巨人の森福允彦投手、ヤクルトの石川雅規投手、DeNAの上茶谷大河投手も抹消された。

    【セ・リーグ】
    ■出場選手登録

    広島
    投手 藤井皓哉
    内野手 堂林翔太
    外野手 松山竜平

    巨人
    投手 畠世周

    阪神
    投手 秋山拓巳
    外野手 高山俊

    ■出場選手登録抹消

    広島
    投手 九里亜蓮
    外野手 岩本貴裕
    外野手 下水流昂

    ヤクルト
    投手 石川雅規

    巨人
    投手 森福允彦

    DeNA
    投手 上茶谷大河

    阪神
    投手 石崎剛
    内野手 陽川尚将

    【パ・リーグ】
    ■出場選手登録

    なし

    ■出場選手登録抹消

    日本ハム
    投手 上沢直之
    投手 浦野博司
    外野手 王柏融

    楽天
    投手 近藤弘樹


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00359964-fullcount-base

    ◆広島3―6巨人(31日・マツダスタジアム)

     広島の3年目、坂倉将吾捕手(20)が「6番・左翼」でプロ初先発したが、3打数無安打で途中交代。チームも逆転負けを喫するホロ苦いスタメンデビューとなった。

     緒方監督をして「経験を積ませたい選手」と言わしめるホープが先発した。慣れ親しんだマスクを脱いで、今季から挑戦している外野での出場。「6番、レフト、坂倉」のアナウンスを聞いても「(普段と)変わらずに入れました」と自然体でポジションに就き、2回の守備でビヤヌエバのハーフライナーを捕球するなど、無難な守備を見せた。

     しかし、自慢のバットでは3打数無安打2三振。「オープン戦でずっと打席をもらってましたが、シーズンは少し違う部分もありました。打ちにいったつもりでも打ちにいけなかった。悔しかったですね」と反省した。

     日大三高から2016年ドラフト4位で入団。2年目の昨季はファームで規定打席には到達しなかったが3割2分9厘の高打率をマークするなど、将来の主軸選手として期待されてきた。捕手ではなく外野手としての先発デビューに「思っていたものと違いましたが、僕としてはチャンスをもらったので、そこはすごく良かった」。まずバットで結果を残し、近い将来に正捕手の座をつかむ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190331-00000211-sph-base

    このページのトップヘ