広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    下水流昂

     「中日-広島」(17日、ナゴヤドーム)

     広島・鈴木誠也外野手がベンチ入りメンバーから外れた。

     前夜の中日戦で自打球が左スネ付近に直撃し、途中交代していた。この日は球場に姿を現さず、宿舎で静養。打撲とみられ、高ヘッドコーチは「今日は休養。動かさない方がいいという判断。明日(18日)は来ると思う」と説明。

     松原チーフトレーナーは「自打球が当たったので、回復に充てます。お伝えできることはそこまでです」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000114-dal-base&pos=2

     「中日1-5広島」(17日、ナゴヤドーム)

     広島・野間峻祥外野手が2戦連続の適時打をマークした。

     1-0の四回1死一、三塁。笠原の外角低め直球をはじき返し、左中間を真っ二つに破る2点適時二塁打とした。前夜も4安打1打点と躍動していた中、この日も結果を残し「左に対して1打席目ああなってしまった(空振り三振)ので、2打席目に一本出て良かった」と安どの表情を浮かべた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000159-dal-base

     「阪神3-11広島」(23日、甲子園球場)

     首位・広島が一発攻勢で阪神に大勝し、交流戦明け2連勝とした。


     初回1死一塁で、丸がカウント2-2から6球目、岩貞の低め変化球を右翼席へ運ぶ先制アーチ。3試合連続の10号2ラン。「打ったのはチェンジアップ。何とか食らいついていきました。結果的に良い先制点になりました。手応えも良かったですね」。

     2-0の五回には丸が右翼ポール際へ運ぶ11号ソロで加点。「良いスイングでしっかり捉えることができました。追加点につながって良かったです」とコメントした。自身今季初、17年7月6日・巨人戦以来、通算7度目となる1試合2本塁打でリードを広げた。

     六回には西川が2号3ラン。2番手・守屋の3球目、131キロスライダーを捉え、右翼スタンドへ。「チャンスだったので積極的にいきました。うまく前でさばくことができました」と振り返る一発で突き放した。

     3点差に追い上げられた八回には鈴木の犠飛で1点を加えると、九回には下水流の2号2ランなどで4点を奪い、2桁11点を挙げた。

     投げては4月26日のDeNA戦以来の登板となった野村が5回2/3を4安打無失点で、4月6日以来の3勝目。復帰登板を見事、白星で飾った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000132-dal-base

    ○ 広島 8x - 7 西武 ●
    <2回戦・マツダスタジアム>

     広島が劇的なサヨナラ勝ちで、交流戦初白星。連敗を3で止めた。3点を追う延長10回、一気に5安打を集め同点。最後は4番鈴木が押し出し四球を選び、熱戦に終止符を打った。

     広島は2点を追う4回、5番松山からの3連打で無死満塁の好機を作ると、8番西川が左前への2点適時打を放ち同点に追いついた。その後、再び1点を勝ち越されたが、7回に二死二塁の好機を作り、松山が3号2ランを放ち逆転。4-7で迎えた10回は、西川、堂林、下水流の適時打で同点に追いつき、最後は一死満塁から、鈴木がサヨナラとなる押し出し四球を選んだ。

     先発の岡田は6回途中3失点で降板。初回に3連続四球から2点を先制されたが、2回以降は立ち直り試合を作った。その後は救援陣が踏ん張り、1点リードで抑えの中崎につないだが、守護神は先頭の代打・メヒアに3号ソロを浴び試合は振り出しに。10回は6番手・アドゥワが3点を失ったが、直後のサヨナラ劇でプロ初勝利が転がり込んで来た。

     西武は10回表、1番秋山の3点適時三塁打で一気に3点を勝ち越すも、その裏に登板した6番手・武隈が一挙4失点。まさかのサヨナラ負けで、セ・パ首位対決第2ラウンドを落とした。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00154736-baseballk-base

     広島・下水流昂外野手が15日、最も印象深いサヨナラ打を放った打者に贈られる3、4月度「スカパー!サヨナラ賞」を受賞した。

     4月19日のヤクルト戦(マツダ)、同点の延長十二回2死二塁で右中間を破るプロ初のサヨナラ打を放ったことが受賞につながった。下水流は「みんなでつないでみんなで勝ち取った勝利。今僕がここに立って受賞していますが、みんなで取った賞だなと思います」と話した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000053-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島5―2阪神(2018年4月29日 マツダ)

     広島が、終盤に阪神を突き放し今季2度目の5連勝。首位をがっちり守った。

     この日も、23日に亡くなったOB衣笠祥雄氏を悼み、喪章をつけてプレーした広島ナイン。打線は、1点を追う5回に安部、下水流の連打などで2死満塁とすると、菊池が左前へ2点適時打。6回に失策が絡んで同点に追いつかれたが、直後の攻撃でバティスタが左翼席へ3号ソロを放って勝ち越し。7回には田中が今季1号2ランを放ってリードを広げた。チームは、前日28日の阪神4回戦で負傷交代した丸の出場選手登録を抹消。ここまで好調打線をけん引してきた「不動の3番」を欠く中、着実に得点を重ねた。

     先発の大瀬良が7回2/3を投げ、6安打2失点(自責1)と好投、今季3勝目を挙げた。

     阪神は、8日の中日戦(京セラD)以来、中20日となった先発の能見が6回5安打3失点と粘投したが、前日11安打の打線がこの日はつながらなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00000126-spnannex-base

     広島は、前日28日の阪神4回戦で負傷交代した丸佳浩外野手(29)の出場選手登録を抹消した。故障での抹消は、プロ11年目で初となった。高ヘッドコーチは「最短(での昇格)は難しい。全員でカバーしていきます」とコメントした。

     5回1死二、三塁で大山の中堅前への飛球を飛び込んで好捕した際に右足を地面で強打。途中交代して試合途中で病院へ向かい、広島市内の病院で「右ハムストリング(太腿裏)筋挫傷」と診断されていた。

     今季も開幕から不動の「3番・中堅」として打率・312、5本塁打、16打点。リーグトップの出塁率・530を誇り、攻守で中核を担ってきた。「鉄人」と称された衣笠祥雄氏を追悼した前日の一戦で13年5月20日のロッテ戦からの連続出場は700試合に到達。先発出場も15年6月9日の西武戦から397試合連続だったが、ここで途切れることとなった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00000089-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島7―5阪神(2018年4月28日 マツダ)

     広島・丸佳浩外野手(29)は5回1死二、三塁で糸原のライナーをダイビングキャッチした際に負傷し、途中交代した。右足を引きずりベンチへ下がった。

     その後広島市内の病院で診察を受け、右太腿裏の「筋挫傷」と診断された。昨季のセ・リーグ最優秀選手(MVP)の離脱となれば、大きな痛手となるが緒方監督は「チームを引っ張ってきた丸が明日(29日)以降どうなるか分からないが、彼が出られないんだったら、チーム全員でカバーしてやるだけ」と話した。

     プロ野球記録の2215試合連続出場で国民栄誉賞も受賞した衣笠祥雄氏に哀悼の意を示して、喪章をつけて臨んだ一戦だった。丸は、この日で700試合連続出場。負傷による抹消となれば、プロ入り初となる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00000177-spnannex-base

    このページのトップヘ