広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    下水流昂

     イースタンが3試合、ウエスタン2試合が開催される予定だったが、4試合が中止。21日はソフトバンク-広島戦のみ行われた。

     広島は初回に先制すると、同点で迎えた7回に下水流が第4号ソロで勝ち越した。投げては先発戸田が7回を5安打1失点に抑え、今季初勝利を手にした。


    引用元 https://baseballking.jp/ns/121563

    <巨人5-11広島>◇13日◇東京ドーム

     広島が9回に巨人の抑えカミネロを攻略し、一挙7得点で逆転。代打松山の今季初安打となる1号ソロで追いつくと、その後もたたみかけた。劇的すぎる勝利で球団史上初の2年連続10連勝。貯金を9とした。試合後の広島緒方孝市監督(48)はゆっくりとした口調で、質問に答えた。一問一答は以下の通り。

     -松山が最高の仕事

     緒方監督 悔しい思いをずっとしていただろう。昨日も(代打の代打で)代えられているしね。相当頭に来ていたんだろう。今日の殊勲者は松山よ。何はともあれ松山。誰が見ても松山。

     -初球からいった

     緒方監督 それが彼の持ち味。本当にとりあえず1本ね。彼自身がこれで開幕出来た。その1本がチームにとっても本当にうれしく、勝利に結びつく、大きな仕事になった。みんなも相当うれしいと思う。松山に1本出てね。

     -丸も続いた

     緒方監督 松山を何とかお立ち台に立たせてやろうと。そのための後輩の頼もしい一打に見えた。

     -巨人の守護神から逆転

     緒方監督 そうだよね。初めての対戦のなかでもね。ジャイアンツの勝ちパターンのなかでひっくり返す。打線が本当に頼もしい。

     -10連勝

     緒方監督 いやいや。1試合1試合みんなが自分の仕事をしてくれているということ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-01807339-nksports-base

     「巨人5-9広島」(12日、東京ドーム)

     広島・堂林翔太内野手(25)が八回、ダメ押しとなる左中間2点適時二塁打を放った。

     7-5の八回1死二、三塁。いったんは代打・松山がコールされたが、巨人の投手が右腕の谷岡から左腕・山口に交代したため、堂林が代打の代打として登場。1ボール2ストライクからの5球目。133キロの速球を捉え、左中間へと運んだ。2者を迎え入れる貴重な追加点を奪った。

     「しっかり上から叩くことができました。(代打の代打は)ナゴヤドームでもあったので、準備はできていた。打席が少ない分、余計なことを考えないでシンプルに入っていけています」と振り返った。

     11日の巨人戦(東京ドーム)でも代打で出場し、2打席目に安打を放つなど少ないチャンスをものにしている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00000149-dal-base

    このページのトップヘ