広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中崎翔太

     「広島3-2中日」(21日、三次きんさいスタジアム)

     広島が今季2度目の8連勝。快進撃が止まらず、ついに今季初の単独首位に浮上し、鯉党は歓喜に酔いしれた。


     一時は最大借金8を背負い、首位とは7差を付けられたが、驚異的な巻き返しで“定位置”を奪い返した。開幕から、ここまでの“カープ劇場”を振り返る。

     3・29巨人戦5-0(マツダ)大瀬良が快投。開幕戦で巨人に快勝。

     4・10ヤクルト戦3-15(マツダ)延長十回に3失策が絡んで一挙12失点。悪夢のような惨敗で、涙を流すカープファンの姿もあった。過去、優勝チームの例がない4カード連続の負け越し。

     4・13DeNA戦6-1(横浜)床田がプロ初の1失点完投勝利。連敗を5で止める。

     4・16巨人戦2-8(鹿児島)守備が乱れ、敗戦。借金8、首位巨人との7ゲーム差はいずれもワーストに。

     4・17巨人戦5-4(熊本)敗色濃厚の九回、2死から3点を奪って大逆転勝ち。菊池涼が起死回生の同点打、石原がV打。流れが変わる。

     4・27ヤクルト戦2-0(神宮)床田、フランスア、中崎の完封リレーで8連勝!借金完済

     5・12DeNA戦8-1(マツダ)アドゥワのプロ初完投勝利鈴木11号3ランで快勝。待望の貯金1。

     5・18阪神戦4-0(甲子園)ジョンソン完全復活の3勝目 3戦19イニング連続無失点。貯金5。

     5・21中日戦3-2(三次)野村快投3勝目 今季初の単独首位!貯金7。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000146-dal-base

     「広島3-2中日」(21日、三次きんさいスタジアム)

     広島・フランスアが中日の代打攻勢を完璧に封じた。先発・野村の後を受けて八回から2番手で登板。まず代打伊藤をスライダーで見逃し三振に斬ると、代打松井佑は直球で空振り三振。最後は代打阿部を三ゴロに打ち取った。圧倒的な投球でワインで有名な三次の鯉党を酔わせた。

     試合後は「今日は真っすぐが良かった」とにっこり。「アドレナリンも出ていたし、アグレッシブにいけた」と満足感に浸った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000155-dal-base

    ◆広島3―2中日(21日・三次)

     広島が8連勝を飾り、試合のなかった巨人を上回って今季初の単独首位に立った。先発の野村祐輔投手(29)は、竜と地方球場に強い“相乗効果”で7回無失点と好投。3勝目を挙げた。今季の勝利は全て中日戦(3勝1敗)で、ここ4年間は地方球場で無敗の6連勝(7試合)。3回からは完全投球の内容に「真っすぐに力があった。ゴロアウトが(12個と)多くて自分の投球ができた」と胸を張った。

     打のヒーローは0―0の5回2死満塁から決勝の左前2点適時打を放った菊池涼介内野手(29)だ。それでも「きょうは(野村)祐輔が(試合を)つくってくれたから。僕はどうでもいいです」と謙虚に照れ笑いを浮かべた。

     緒方孝市監督(51)も「キク、いいね! 状態がものすごくいい! 紙一重のところで厳しいところはカットして逃げる」と、中日の先発・大野雄に4打席で31球を投げさせて疲弊させた菊池涼の技術に脱帽。一方で、開幕戦で勝利(1位タイ)以来の首位について問われると「関係ない。勝つときでも反省するところはある。しっかりそこは反省したい」とかぶとの緒を締めた。

     指揮官の胸の内には、3点リードの9回に登板して2点を奪われた“冷や冷やセーブ”の中崎翔太投手(26)が念頭にあっただろうか。守護神は1死から福田に7号ソロを献上すると、1死一、二塁では高橋に左中間適時二塁打を浴びた。1点差に迫られ、なおも1死二、三塁のピンチを背負ったが、京田を三邪飛、代打・堂上に四球、代打・松井雅は三ゴロに仕留めて難を逃れた。

     中崎は低くて軟らかいとされる地方球場のマウンドについて問われ「投げにくいとかはなかった。いつもと変わらなかったです」と影響のなさを強調。「打たれたのは甘い球。これまでも打たれているのは全部甘い球。しっかり投げていかないと。勝てて良かったです」と冷たい汗をぬぐった。

     結果的に今季5セーブ目を挙げた中崎。3日の巨人戦まで

     ▼4月 3日・中日戦(ナゴヤD)3―2の9回、1失点

     ▼同月17日・巨人戦(熊本)5―4の9回、無失点

     ▼同月27日・ヤクルト戦(神宮)2―0の9回、無失点

     ▼5月 3日・巨人戦(マツダ)6―3の9回、無失点

     セーブ・シチュエーション(セーブのつく展開)で登板した4試合連続でセーブに成功していた。

     だが、今月5日の同カードは

     ▼5月 5日・巨人戦(マツダ)3―2の9回、1失点

     先頭の代打・重松に中前打を浴び、1死二塁から坂本勇に同点打を浴びてブローン・セーブ(セーブ失敗)。引き分けに持ち込まれている。

     セーブ・シチュエーションでの登板はその日以来、今季6試合目だったが、2試合連続、3試合目の失点となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000193-sph-base

     ◇セ・リーグ 広島3―2中日(2019年5月21日 三次)

     広島が先発・野村の7回3安打無失点好投と菊池涼の8試合連続安打となる決勝2点適時打などで中日に3―2で勝利を収め、4月に続いて2カ月連続、今季2度目の8連勝。DeNA戦が雨天中止となった巨人を抜き、今季初の単独首位に立った。広島の貯金は今季初の7。野村は4月24日の中日戦以来27日ぶりとなる今季3勝目(2敗)をマークし、地方球場6連勝となった。

     前回対戦(7日)で3安打完封された中日先発左腕・大野雄にこの日も苦しんだ広島打線だったが、0―0で迎えた5回、会沢、安部、田中広の3連打で無死満塁と攻め立て、2死後、セ・リーグ得点圏打率1位の菊池涼がファールで粘った9球目の真ん中直球を叩いて左前へ先制の2点タイムリー。

     8回には2番手・岡田から鈴木、西川の連打などで無死満塁とし、3番手・小熊に代わった1死満塁から代打・松山が押し出し四球を選んで待望の追加点を入れ、最後は1点差まで詰め寄られたが逃げ切った。

     先発・野村は内野ゴロの山を築いて7回3安打無失点と好投。3番手の守護神・中崎が9回に2点を失ったが、1点差で逃げ切った。先発投手はジョンソン6回、アドゥワ7回、野村7回と3試合連続で無失点投球となった。

     中日は2回に1死一、二塁と先制機をつかんだが、生かせず。3回以降、野村にパーフェクトに抑えられ、9回に福田の左越えソロと高橋の左中間二塁打で2点を返したが、なおも続いた2死満塁で松井雅が凡打に終わった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000193-spnannex-base

    <阪神1-5広島>◇19日◇甲子園

    ついに広島が、首位巨人にゲーム差なしの勝率4厘差に肉薄した。先発アドゥワ誠投手(20)が7回を4安打0封。打たせて取る持ち味を発揮し、三振0で2勝目を挙げた。一時は借金8を背負い、首位に7ゲーム差と出遅れた王者は、投打の歯車をかみ合わせ今季2度目の7連勝。休養日をはさんだ21日にも、開幕戦以来の首位に立つ。


       ◇   ◇   ◇

    敵地甲子園の左翼スタンドから「アドゥワコール」が沸き上がる。アドゥワは派手に喜ばず、いつものように少しうつむきながらベンチに引き揚げた。5-0の7回の守り。1死から中谷に打たれた中前打を中堅野間が後逸し、打者走者に三塁まで進まれた。「カバーしたかった」。木浪を浅い左飛、代打鳥谷を捕邪飛。いずれも真っ向勝負で凡退させ、7回を無失点で締めくくった。

    雪辱戦だった。前回4月30日の対戦は、同じ甲子園で6四球を出し自滅した。1回に押し出しを含む4四球で先制され、5回3失点。「コースを狙いすぎた」と猛省した。この日の四球はわずかに2つ。三振を1つも取らず、21個のアウトのうち併殺を含めた14個を内野ゴロで奪った。「しっかりとゴロアウトを取れた」と振り返った。

    昨季中継ぎのアドゥワが華麗に転身した。成功の秘密は、3月中旬から2軍のローテで経験を積んだことと、スライダーを本格的に投げ始め、投球の幅を広げたことだ。この日は111球の球数のうち22球がスライダー。「見せ球」と話していたが、1回先頭近本、5回の代打高山など、のべ4人に決め球として使い、すべて凡打に仕留めた。

    広島といえば強力なクリーンアップが売りだが、開幕からチームを支えてきたのは投手陣。防御率3・04はリーグ断トツだ。序盤は大瀬良、床田、野村が奮闘し、ここにきてジョンソン、アドゥワが安定。投打の軸をかみ合わせ、一気に首位を奪う。【村野森】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-05191096-nksports-base

    ◆阪神0―4広島(18日・甲子園)

     広島のクリス・ジョンソン投手(34)が6回無失点の好投で3勝目を挙げた。序盤の3イニングは全て先頭打者を出塁させる苦しい立ち上がりとなったが、驚異の粘りでゼロを重ねた。「初回にバタバタしていましたけど、うまくまとめることができた。全体的にはいい感じで投げられた」と振り返った。


     今季はナイターで4試合に登板し、0勝3敗、防御率9・00と苦しんでいるものの、デーゲームは4試合で3勝0敗、23イニングで1失点の防御率0・39と無類の強さを見せている。試合後のヒーローインタビューではビジターまで駆けつけたファンに「ロードに出てもたくさんのカープファンが応援してくれている。サポートありがとうございますと言いたいです」と感謝した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000169-sph-base

    ■広島 4-0 阪神(18日・甲子園)

     広島は18日、敵地で阪神に4-0で快勝。6連勝で貯金「5」とした。初回に西川の3ランで先制すると、6回にはバティスタのソロ弾で貴重な追加点。投げては先発ジョンソンが6回6安打無失点6奪三振と好投し、自身2連勝で3勝目(3敗)を挙げた。


     広島は初回、野間のヒットや鈴木の四球で2死一、三塁とすると、西川が阪神メッセンジャーからライトスタンドに運ぶ3ラン。先制に成功した。

     先発ジョンソンは2回に1死満塁のピンチを背負うも、メッセンジャーを見逃し三振、近本を遊ゴロに仕留めて無失点。5回まで毎回ヒットで走者を出しながら、点は与えなかった。

     阪神メッセンジャーも2回以降は快投していたが、6回2死からバティスタがソロ。貴重な一発でリードを4点に広げた。

     7回は一岡、8回はフランスアとつなぎ、最後は中崎が締めて快勝。連勝を「6」に伸ばした。

     阪神はメッセンジャーが力投も、2発のホームランで4失点。打線もあと1本が出ずに得点を奪えず、連敗でカード負け越しとなった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00379242-fullcount-base

     「広島9-4ヤクルト」(14日、マツダスタジアム)

     広島が今季7度目の逆転勝利を収めた。試合後の緒方監督は「今日は打線でしょう」と話し、「上位打線の出塁から得点につなげ、下位打線も勝負強さを見せてくれたし、つながりもあった」と満足そうにうなずいた。


     今季最短KOとなった先発・野村については「球のキレがなくなってきている。次しっかり頑張ってもらう」と奮起を促した。

     中継ぎ無失点リレーも勝因に挙げ「しっかりと抑えてくれた。向こうの打線はスキを見せると大きな点数になる。しっかり投げてくれたと思う」とした。

     会見の最後は「相手の打線に負けない粘り強い攻撃をしたい」と引き締めていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000137-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島9―4ヤクルト(2019年5月14日 マツダ)

     広島がヤクルトを2度にわたる逆転でシーソーゲームを制し、今季最多の貯金2とした。

     初回に鈴木の右犠飛で先制、3回に逆転を許したが、その裏に1死一塁からバティスタの左越え8号2ランでひっくり返した。

     4回に再びリードを許したが、5回2死一、二塁から鈴木の打球が三塁失策を誘い同点、満塁となって会沢の押し出し四球、安部の中前2点打で4点を挙げ逆転した。7回には1死三塁から会沢の打球が野選となり1点を加え、8回にも2死一、三塁から西川の左前適時打でリードを広げた。

     投げては先発野村が4回途中4失点で降板したが、レグナルト、九里、一岡、フランスア、中崎の無失点リレーでリードを守った。

     ヤクルトは2度にわたって逆転したものの先発原が5回途中6失点と安定感を欠き3連勝ならず。攻撃陣も5回以降は得点を奪えなかった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000185-spnannex-base

     「広島3-2巨人」(4日、マツダスタジアム)

     広島が今季3度目のサヨナラ勝ちで3連勝。十回、2死二塁でバティスタが左翼線へ劇的な一打を放った。チーム一丸で3カードぶりの勝ち越しを決め、カープファンで埋まったマツダスタジアムはお祭り騒ぎとなった。


     指揮官の執念が乗り移った。一回、緒方監督が退場となった直後、2死無走者からバティスタが先制の6号ソロ。逆転を許した直後の七回は代打・会沢が適時二塁打を放ち、同点に追いついた。

     そして、十回にドラマが待っていた。1死から野間が右前打で出塁し、菊池涼が送りバントで好機を拡大。2死二塁からバティスタが試合を決めた。

     先発ジョンソンは6回無失点の好投。七回は一岡が丸に2点適時打を浴びて逆転を許したが、八回以降はフランスア、中崎、レグナルトが好投。投手陣が踏ん張って延長に持ち込み、劇的勝利を呼び込んだ。

     緒方監督が退場処分を受けたのは一回、1死。菊池涼が一塁へのオーバーランでタッチアウトとなり、抗議した後リクエスト。リプレー検証後も判定は覆らなかったが、納得のいかない指揮官が再び抗議し、退場となった。

     巨人は七回、丸が中越えに逆転の2点二塁打。だが、リリーフ陣が踏ん張れず、2連敗。6カードぶりの負け越しで、2位ヤクルトに0・5差に迫られた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00000119-dal-base

    このページのトップヘ