広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中崎翔太

     ペナントレース終盤、今季は投手の分業がさらに進み、救援投手の重要性がより増したともいえるだろう。各球団の救援投手事情についてみていこう。



    セ・リーグ 各チームの主要な救援投手の成績

    ○広島
    フランスア 61登6勝6敗12セーブ17ホールド 64回1/3 防2.66
    中崎翔太 36登3勝3敗9セーブ5ホールド 35回1/3 防4.08
    遠藤淳志 32登1勝1敗1セーブ6ホールド 40回1/3 防2.90
    菊池保則 50登1勝2敗0セーブ11ホールド 52回2/3 防2.73
    レグナルト 49登6勝2敗0セーブ14ホールド 55回2/3 防2.91
    中村恭平 39登0勝1敗0セーブ10ホールド 40回2/3 防2.43
    一岡竜司 33登0勝0敗0セーブ16ホールド 31回 防2.90

     クローザーの中崎が不振で2度の2軍落ち、フランスアが代役を務める。セットアッパーでは6月に昇格した遠藤が、次第に重要な持ち場を任されるようになっている。

    ○ヤクルト
    石山泰稚 31登2勝2敗10セーブ5ホールド 30回2/3 防1.76
    マクガフ 62登6勝3敗9セーブ17ホールド 65回2/3 防2.88
    梅野雄吾 64登1勝2敗4セーブ26ホールド 64回 防3.66
    ハフ 63登1勝4敗3セーブ24ホールド 61回1/3 防3.96
    近藤一樹 57登3勝3敗0セーブ18ホールド 51回 防3.00
    五十嵐亮太 44登5勝1敗0セーブ3ホールド 41回1/3 防3.05

     クローザーを固定できず。石山は優秀だったが、コンディション不良で2か月弱の戦線離脱。最近はマクガフがクローザーを務める。

    ○巨人
    中川皓太 60登4勝3敗16セーブ15ホールド 59回 防2.44
    デラロサ 21登1勝0敗6セーブ5ホールド 18回1/3 防1.96
    クック 13登0勝2敗6セーブ0ホールド 15回 防4.80
    田口麗斗 47登2勝3敗1セーブ12ホールド 57回1/3 防4.24
    澤村拓一 36登2勝1敗1セーブ11ホールド 40回1/3 防2.45
    マシソン 21登1勝2敗1セーブ8ホールド 16回1/3 防3.86
    野上亮磨 13登1勝2敗1セーブ3ホールド 18回 防3.50
    高木京介 49登3勝1敗0セーブ10ホールド 48回 防3.94

     中川がクローザー、セットアッパーを掛け持ちしたが、やや疲れが見える。7月中旬に加入したデラロサが活躍している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00534125-fullcount-base

     14日に放送されたRCCラジオの制作でニッポン放送で放送された広島-巨人戦で解説を務めた横山竜士氏が、広島の投手陣について言及した。

     広島は6回まで1-1だったが、7回以降の3イニングで6失点。終わってみれば、1-7で敗れた。横山氏は「タイガース戦もそうでしたが、勝っていても負けていても、7回以降に失点することが多いんですよね」と指摘する。

     「勝っていてもしんどくなりますし、負けていても追い上げムードに水を差す雰囲気になりますから、キツイのはわかるんですけど、7回以降、なんとか頑張ってほしいですね」とリリーフ陣に奮起を促した。

     それでも、横山氏は「中崎、今村が一軍に戻ってきましたが、今シーズンは楽天からきた菊池であったり、今日(14日)投げた遠藤も頑張ってきたなかで信頼をつかんできた。いい競争をしながら、リリーフ陣のレベルアップができれば厚みが増してくると思う。いい形でブルペン陣での競争を期待したいですね」と期待を寄せていた。

    (提供:Veryカープ!RCCカープナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00199502-baseballk-base

     26日のプロ野球公示で、広島が中崎翔太投手の出場選手登録を抹消した。6月20日に2軍落ちとなった中崎は7月31日に1軍に復帰。再昇格後は5試合連続で無失点に封じていたが、8月24日の中日戦で、3点リードの9回に登板して3失点。25日の同戦でも8回2死一、二塁でビシエドに2点適時二塁打を浴び、2戦連続で救援に失敗していた。


     中日は前日の広島戦で2勝目をあげた山本拓実投手を、阪神はオネルキ・ガルシア投手をそれぞれ抹消。パ・リーグでは西武がカイル・マーティン投手、オリックスが東明大貴投手の出場選手登録を抹消した。

    【パ・リーグ】
    ■出場選手登録

    なし

    ■出場選手登録抹消

    西武
    投手 K・マーティン

    オリックス
    投手 東明大貴

    【セ・リーグ】
    ■出場選手登録

    なし

    ■出場選手登録抹消

    広島
    投手 中崎翔太

    中日
    投手 山本拓実

    阪神
    投手 O・ガルシア


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00515012-fullcount-base

     広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(62)が25日、自身のブログを更新。勝利投手の権利を得て降板しながらその後リリーフ陣が打たれて白星が消えた時の先発投手のやり取りを明かした。



     古巣・広島の床田寛樹投手(24)が前日24日の中日戦(ナゴヤD)で6回を自責ゼロの1失点と好投しながら、3点リードの9回に4番手として登板した守護神・中崎翔太投手(27)がまさかの4安打3失点で追いつかれ、床田の約1カ月ぶりとなる7勝目が消滅。延長10回に1点取った広島が勝ち、結果的に打たれた中崎が勝利投手となった。

     それを受け「勝ち投手の権利」とのタイトルでブログを更新した北別府さんは「そんな時の先発投手の心境は先ず、先に来ることはチームの勝利」とした上で「同点や負けているまま代わりその回に権利がなくなると理解した瞬間に悔しさマックスになりますがそのあとは、何とか負けないゲームを作った充実感でその後の試合を観ていましたよ」とサラリ。

     「私ももちろん、そんな試合は数多く経験しました」と現役時代を振り返ると「昨夜のようなパターンで涙目でぺーさん、すいませんでしたと言ってきていたのは津田」と“炎のストッパー”と呼ばれ、1993年に脳腫瘍のため32歳の若さでこの世を去った3学年下の後輩・津田恒実さんの名前を挙げ「ええよ、気にするなと言った途端にとびきりの笑顔になっていたものでした」と当時を懐かしんだ。

     そして、「他の投手は?そんな時は恐れて近寄って来ませんでした(^^)」と冗談めかして明かした北別府さん。「あと、大野さんは泰然とペー悪かったなという感じだったでしょうか」と2学年上の先輩・大野豊さん(63)の対応にも触れていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00000243-spnannex-base

    <中日10-4広島>◇25日◇ナゴヤドーム

    広島が47試合ぶりの2桁失点となる10失点で敗れた。

    先発九里亜蓮投手が5回途中6失点。救援陣も失点を重ね、8回にビシエドに2点二塁打を許した中崎翔太投手は2軍降格の見込みとなった。菊池涼介内野手がコンディション不良で2戦連続欠場し、打線の反発力も限られた。DeNAと入れ替わりで3位に後退。緒方孝市監督は27日からの巨人、DeNA6連戦に向け「総動員で戦っていくしかない」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-08250778-nksports-base

    ◆中日10―4広島(25日・ナゴヤドーム)

     広島・九里亜蓮投手(27)が5回途中6失点と崩れ、7敗目を喫した。1点リードの4回に福田、ビシエドに連続四球を与えると、阿部の二塁打、大野奨の犠飛で逆転を許した。なおも2死一、二塁から投手の山本の左前へのタイムリーで追加点を献上。5回にも2死から高橋に適時二塁打を浴びた。

     チームも5位・中日にカード負け越しとなり、3位に転落。九里は「チームに勝ちがつかず、申し訳ない。(連続四球は)技術がない」と険しい表情だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00000178-sph-base

    <中日4-5広島>◇24日◇ナゴヤドーム

    広島遠藤淳志投手(20)が1点リードの延長10回を3人で切り抜け、プロ初セーブを挙げた。

    抑えの中崎が9回に3点リードを追いつかれる展開で、10回に勝ち越した1点を守り切った。20歳4カ月でのセーブは、11年に20歳5カ月で記録した今村猛を抜く球団最年少記録。3日前にプロ初勝利を挙げたばかり。決勝打を放った女房役の会沢から2個目の記念球を受け取り、「実家に飾ります」と笑顔を見せた。

    ヒーローインタビューでは、高らかに「サイコーで~す」と叫んだ。鈴木がお立ち台に上がった時のお決まりのセリフで、チームではやっているフレーズ。自分も言おうと決めていたが、3日前の初勝利のお立ち台で言い忘れ「次は言います」と予告していた。この日は最後に「ファンの皆さんと一緒に優勝できるように頑張るだけです」と締めた。2年目だが、チーム一丸で戦う覚悟は十分だ。

    緒方監督は「たいしたもの。度胸があるよ。1軍に上がってきたときからずっと感じている」と絶賛。今後の抑え固定は否定したが「勝ちゲームで使う」と改めて話した。連敗は2でストップ。若い力で広島が踏みとどまった。【村野森】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190824-08240833-nksports-base

    ● 中日 4 - 5 広島 ○
    <19回戦 ナゴヤドーム>

     広島の連敗は2でストップ。3点リードの9回に抑えの中崎が同点に追いつかれたが、延長10回、6番・会沢の右前適時打で競り勝った。

     広島は1点を追う2回、一死から5番・安部の二塁打、続く会沢の中前打で一、三塁の好機を作ると、7番・小園が左翼への適時二塁打を放ち同点。なおも一死二、三塁と好機は続き、「8番・二塁」でスタメン出場したサンタナが、逆転となる2点適時打を中前へ運んだ。8回は二死二塁の好機で、小園が4点目となる適時打を右前へ。3点リードを追いつかれた直後の10回は、会沢の右前適時打で再び勝ち越した。

     先発の床田は初回、二塁・サンタナの失策で失点。2回以降も走者を背負う苦しい内容だったが、要所を締め6回を最少失点で凌いだ。勝利投手の権利を持って降板したが、9回に中崎が痛恨のセーブ失敗。床田の7勝目は消滅した。

     それでも、再びリードを奪った10回は、5番手の遠藤が3人でピシャリ。3日前にプロ初勝利を挙げた2年目右腕が、今度はプロ初セーブをマーク。勝利投手は1回3失点の中崎で、今季3勝目(3敗9セーブ)が記された。

     中日は3点を追う9回に同点に追いつくも、直後の10回に岡田が決勝点を献上。連勝は2で止まり、岡田は今季2敗目(2勝8セーブ)を喫した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190824-00200543-baseballk-base

    このページのトップヘ