広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中日ドラゴンズ

     広島は9日、マツダスタジアムで投手練習を行った。10日からの中日3連戦(マツダ)に先発予定の大瀬良、床田、野村らがダッシュなどで汗を流した。

     今季、広島(マツダスタジアム、三次)での中日戦は8戦全勝。初戦に先発の大瀬良は「途切れないようにしっかり頑張りたい。向こうの打線も好調で波に乗っていると思う。ホームなので球場一体となって立ち向かっていきたい」と誓った。

     2戦目の床田は初の規定投球回到達まで15イニングに迫る。「1イニングでも多く投げたい。まずは目の前の試合で1アウトずつアウトを積み重ねていきたい」と意気込んだ。

     登録抹消中の野村は3戦目で復帰予定だ。今季4勝1敗、防御率1・74の竜キラーだが、「相手もずっと連勝が続いているチームなので、ここで止められるように。残り11試合ですか?全部勝つつもりでやっていきたい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00000082-dal-base

    広島が10日から7連戦に臨む。初戦中日戦は大瀬良大地投手(28)が3週続けて中5日で先発。さらに7連戦最後の16日ヤクルト戦先発も見込まれ、先陣としんがりを努める。自身2連敗中だが、今季本拠地登板は4勝2敗。チームも本拠地で中日に7戦7勝と好相性を誇る。巨人&DeNAの上位2球団に6連勝と勢いに乗る竜を返り討ちにし、まずは2位浮上を目指す。


       ◇   ◇   ◇

    シーズン最後の大型連戦で、広島がラストスパートをかける。10日から本拠地での中日3連戦を皮切りに、首位巨人と敵地で2連戦。再び広島に戻り、ヤクルトと2連戦に臨む。4位阪神に3・5ゲーム差と広げ、2位DeNAには1ゲーム差に迫った。上位浮上へ最後の挑戦。6連勝中と勢いに乗る中日を迎える初陣は、エース大瀬良を中5日で立てて好発進を狙う。

    大瀬良 これまでもポイントのところで投げさせてもらいながら思うような結果を残せていない。しっかりといい流れをつくって、この連戦をみんなで戦っていきたい。

    自身2連敗中の右腕は表情を引き締めた。ただ自身6試合ぶりの本拠地登板は今季9試合で4勝2敗、防御率2・35と安定している。「やっぱりこの球場は特別。力になることもたくさんある。登板するすべての試合でチームを勝たせられる投球をしたい」。次々回も中5日が予想される7連戦最後の先発を含め残り3試合は、いずれも本拠地。大瀬良自身にとっても、良い形でシーズンを締めくくりたい。

    残り11試合。広島投手陣は総力を結集する。大瀬良だけでなく、11日先発の床田も3週続けて中5日登板。中4日登板で8日阪神戦に11勝目を挙げたジョンソンも次回、中5日で14日の首位巨人戦先発が見込まれる。抑えフランスアのイニングまたぎも解禁。首脳陣は上位浮上へ「最後のひと踏ん張りで何とか必死に試合をつくろう」と投手全員の奮起を促した。

    13日から2連戦の巨人、15日から2連戦のヤクルトはともに今季のカード勝ち越しを決めている相手。10日から3連戦の中日には今季マツダスタジアム7戦7勝無敗を誇る。「本拠地球場なので、一体となって立ち向かっていきたい」と大瀬良。セ界浮上へ、好相性を追い風とする。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-09090741-nksports-base

     3位・広島の3年目左腕、床田寛樹投手(24)が9日、“一石五鳥”の規定投球回到達を誓った。


     11日の中日戦(マツダ)での先発を控えて同球場で投球練習。8月30日のDeNA戦(同=7回2失点、勝敗つかず)、9月5日のヤクルト戦(神宮=7回1失点、勝利投手)、そして11日と、3登板連続で中5日のマウンドが続く。8月下旬にできたという唇の右側のヘルペスも痛々しい。「ヒゲをそるとき痛いんですよ。疲れてるのかなあ。(中5日は)あまり気にしないようにしてるんですけどね」と苦笑いを浮かべた。

     それでもぶら下がった“ニンジン”を前に、モチベーションはMAXだ。プロ初の規定投球回到達まで、あと15イニング。11日の次は18日のDeNA戦(横浜)で今季最終登板となる公算が高いが「2試合で7イニング、8イニングと投げて15イニング。頑張ればいけるのかな。計算する“汚い大人”になってしまいました」と指折り数えて報道陣を笑わせた。

     つまり好調の中日打線相手に、最低でも7イニングは投げたいところだ。そして「1イニングでも多く投げれば規定投球回にも、チームの勝ちにも近づくし、中継ぎの人の負担も軽くなる。“一石五鳥”くらいになりますもんね」と語気を強めた。

     あれ?

    (1)自身の規定投球回に近づく

    (2)チームの勝ちに近づく

    (3)中継ぎの負担軽減

     だけじゃ“一石三鳥”にしかならないのでは。そんな報道陣の総ツッコミに応えて

    (4)チームが1つでも上の順位に近づく

    (5)自身の白星にも近づく

     床田は後付けで計5つの効用を説いた。

     「(8月10日の)阪神戦みたいに2回で降板すると無理ですね」と自虐ボケも交えた尼崎っ子。それから真顔になり「大事なところというか、負けられないところで投げさせてもらっている。任せてもらえることがうれしい。期待に応えたいです」と言い切った。スクランブル態勢のシーズン最終盤。長いイニングを投げ抜いて、チームを奮い立たせたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00000141-sph-base

     8月28日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた井端弘和氏が、現役時代に苦手だった投手について語った。

     井端氏は「プロ野球人生で一番打てないピッチャーだった」と広島の野村祐輔の名前を挙げた。

     「来たと思ってバットを振ったら全部先っぽに当たっていましたね。ピッチャー寄りの一番前に立って見たり、ベースにくっついてみたり、離れて見たりとか色々と工夫したんですよ」という現役時代のエピソードを披露。

     「1本だけヒットを打った時にチェンジアップを待っていたんですよ。来たと思って振ったら結果まっすぐだった。それぐらい僕の目とタイミングがあっていなかったんだなと。なんで打てなかったのかな。ボールが速いとか見えないとかというわけではなく、よく見えていましたので、振って見たら全部先っぽとか。適当に打とうかなと思ったときは正直ありましたよ」と野村攻略の難しさについて語っていた。

    ▼井端弘和氏と野村祐輔の現役時代の対戦
    12年:率.071(14-1)
    13年:率.000(4-0)
    14年:対戦なし
    15年:率.000(4-0)

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00201585-baseballk-base

    ◆広島4―8ヤクルト=7回裏1死一塁降雨コールドゲーム=(22日・マツダスタジアム)

     23日に1軍昇格することが決まった広島・長野久義外野手(34)が、同日の中日戦(ナゴヤD)で「6番・左翼」でスタメン出場する可能性が22日、浮上した。

     試合後、東出打撃コーチは長野の打順について「会沢が入る(先発マスク)なら6番、入らないなら5番かな。誠也は3番、松山は4番のままでいい。上位に技術がしっかりした選手がいると、出塁率が上がる」と現時点での展望を示した。会沢が大瀬良とバッテリーを組むことが濃厚な23日は、1番から西川、菊池涼、鈴木、松山の打順は変更せず、5番・会沢、6番・長野にポイントゲッターの役割を担わせることが最良との見解だ。守備位置は一塁・松山、左翼・長野になるとみられる。

     さらに8月に入ってウエスタンで打率3割6分8厘、1本塁打、5打点と調子を上げている長野について「振れてきたのが一番いい」と高評価。さらに「水本2軍監督も、2軍の打撃コーチも『シンプルに強く振れてきている』と話していた」と、ファームから推薦があったことを示唆した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190822-00000283-sph-base

    プロ野球は31日、今季の補強期限を迎える。トレード、新外国人選手の獲得、育成選手の支配下登録が締め切られる。シーズン終盤の戦いに向けて、戦力をどう整えたのか? 駆け込みはあるのか? 各球団の現状を整理した。


       ◇   ◇   ◇

    <巨人>

    新外国人デラロサを獲得し、日本ハム、楽天とのトレード2件で鍵谷、藤岡、古川が加入。育成からは4選手を支配下登録し、期限内の補強を終えた。

    <DeNA>

    リリーバー左腕・ソリスを獲得。さらに先発右腕の中川虎を育成から支配下登録し、支配下枠は上限の70人となり、期限内の補強を終えた。

    <広島>

    鈴木球団本部長(29日に育成サンタナを支配下登録し、上限70人)「補強は終了。外国人8人? 昨年と同じ。入れ替えながらやりくりできると思う」

    <阪神>

    7月にロッテから交換トレードで中継ぎ右腕の高野、新外国人野手のソラーテが加入。育成1年目の片山を支配下登録し、今シーズン中の補強を終えた。

    <中日>

    加藤球団代表(6月30日にオリックスにモヤ、松井雅、松井佑を譲渡し、松葉、武田を獲得)「今季中の補強は終了。今季は現状の戦力で戦います」

    <ヤクルト>

    球団ワースト16連敗を喫し最下位も、補強や育成からの登録はなし。小川監督は「現有戦力で戦う」。先発陣の立て直し、故障者の復帰を待つ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-07300608-nksports-base

     2位以下の混戦が続くセ・リーグ。独走する首位の巨人を除き、2位から5位まではわずか3ゲーム差だ。巨人以外が星を潰し合っている印象すらあるが、唯一、「苦手」を持たない球団がある。広島である。

     今季、ここまで広島が最も負け越しているのはヤクルト(6勝8敗)。阪神には7勝8敗、DeNAには五分(7勝7敗1分け)、それ以外には勝ち越している。

     一方、巨人以外で唯一、貯金をつくっている2位のDeNAは、巨人に5勝8敗。阪神には5勝10敗と大きく負け越している。阪神は巨人に4勝9敗、中日には4勝10敗。中日は巨人に4勝10敗とカモにされている。どのチームにも苦手意識はあるはずだが、広島にはそれがなさそうなのだ。

     4番に座る鈴木誠也(24)もこう言う。

    「誰とやるかじゃなくて、自分たちがどういう野球をやるか。いかにミスを減らすか、ミスをしないかが大事になってくると思う。野球は相手あってのことだし、球種は投手によって違うけど、打席に入ればその意識は変わりません」

     広島の“フラット”な意識が今後のペナントレースにどう作用するか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000033-nkgendai-base

    <広島6-5中日>◇23日◇マツダスタジアム

    広島小園海斗内野手が左腕から初安打を放った。0-0の2回2死走者なしで、大野雄のストレートをはじき返し、投手強襲安打とした。

    今季ここまで6本の安打はすべて右投手から。左腕には9打数0安打と抑え込まれていた。6試合連続で先発させてもらった首脳陣の期待に応えたかった。「大野さんから打ててよかった。(積極的に)振りにいけてはいると思う」と話した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-07231306-nksports-base

     「マイナビオールスターゲーム2019」(12日・東京ドーム、13日・阪神甲子園球場)に先立って7月11日に六本木ヒルズアリーナで前夜祭が行われ、トークショーに野球解説者の前田智徳氏(48)、川上憲伸氏(44)、森本稀哲氏(38)が登場。前田氏は、2007年のオールスター第1戦で代打ホームランを放ち、ベンチでセ・リーグの落合博満監督(65)とハイタッチをした際のエピソードを披露した。


     数々のオールスター出場歴を誇り、2005年の第2戦ではMVPも獲得した前田氏。そんな前田氏が、ユーモアたっぷりに2007年のオールスターでのホームランと落合監督との交流について語った。

     オールスター前に肉離れを起こしていた前田氏は、スタメンではなく代打要員としてベンチで待機。試合前には落合監督から直々にバッティングを教わっていたそうで、けがを抱えながらもその教えを「試したら打てた」と当時を振り返った。

     落合監督時代の中日でエースとして活躍した川上氏は、「落合さんがホームラン打った選手とハイタッチするシーンなんて初めて見ましたから、よっぽど嬉しかったと思うんですよ。普段はベンチにずっと座ったままですから」と指摘。落合監督はそれ以外のオールスターでも前田氏を隣に座らせることが多かったそうで、他チームにも関わらず大のお気に入りだったという。

     当時の交流について「話し相手がいなかったんでしょうね。そういうことでしょ?」と冗談を交えて振り返っていた前田氏。2007年のオールスターに限らず、若手時代からチャンスを見つけては「雲の上の存在」の落合監督に練習方法などを質問していたという。川上氏は「天才同士じゃないと話が伝わらないから」としみじみと語り、圧倒的なバッティングの才能を持った2人ならではの世界があるのでは、と分析していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00010034-abema-base

     広島の山口翔投手(20)が8日、1軍の練習に合流した。9日の中日戦(ナゴヤD)先発に備え、最終調整を行った。

     キレのいい直球を武器に5月30日のヤクルト戦(神宮)で7回無失点に抑え、プロ初先発を初勝利を飾ったが、白星はその試合のみ。6月21日のオリックス戦(マツダ)で4回2失点でKOされると、腕が縮こまったような投球で、緒方監督から直々に「持っているものを出していない。そんなんじゃ魅力を感じない」とゲキを飛ばされた。

     そのまま2軍降格を言い渡され、ウエスタン・リーグ2試合で先発。勢いのある直球の復活に自信を深めた。「プロ初登板がナゴヤD(5月7日、中日戦=救援)だったので、初心に戻ってガムシャラにやりたい」と語気を強めていた。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00000194-sph-base

    このページのトップヘ