広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中日ドラゴンズ

    ● 巨人 5 - 11 広島 ○
    <3回戦 東京ドーム>

     広島の強さだけが印象に残る3連戦となった。1点を追う9回に一挙7得点を挙げた広島が、11-5で勝利。引き分けを挟んで連勝を10に伸ばした。

     広島は1点を追う9回、先頭の代打・松山竜平が豪快な一発で同点に追いつくと、四球と失策などで無死二、三塁とチャンスを作り、丸佳浩が2点タイムリーを放ち勝ち越しに成功。1度火のついた打線は止まらない。安部友裕のタイムリー、石原慶幸の3ランで、この回だけで7点を挙げた。その裏、今村猛が巨人打線を3人に抑え勝利。

     ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務めた山本昌氏は「言葉がでませんね。私は1999年にドラゴンズで開幕11連勝を経験しているんですけど、そのリードを保って最後まで優勝しましたからね。それに匹敵しますよね」と自身が現役時代に経験した99年の中日に並ぶ強さだと称賛した。

    (提供=ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00112393-baseballk-base

    <中日3-5広島>◇6日◇ナゴヤドーム

     延長11回表に2点を勝ち越した広島は、引き分けを挟み4連勝となった。緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。
     -延長11回に新井が決勝点

     緒方監督 (決勝打の)4番が4番の大きな仕事をして、チームを勝利に導いてくれた。大地がしっかり投げてくれたし、しっかり守ってくれた。理想は9回で勝ち切れれば良かったけど、昨日の引き分けが意味のある大きな勝利となった。

     -連日の接戦を制した

     緒方監督 キク(菊池)が(6回と8回)2つの守備、新井にしても(8回に)しっかりバント処理をしてくれた。9回に勝ち切れれば良かったけど、ザキ(中崎)も攻めの投球をしてくれた。心配はしていない。明日そういう展開になれば3連投になるけど、投げてもらう。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-01803672-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島5―3中日(2017年4月6日 ナゴヤドーム)

     広島は9回に2点リードを追い付かれたものの、延長11回に新井の決勝の右犠飛で中日を振り切り、4連勝(1分け挟む)を飾った。

     11回1死から代わった6番手・岡田を攻め、3連打で満塁とすると、7番手・祖父江から新井の右犠打で勝ち越し。狭殺プレーの間に二走・菊池も還って2点を勝ち越した。

     新井は「最後まで諦めずにやった。みんながつないでくれ、(三走の)広輔(田中)がよく走ってくれた。いい場面につないでくれたみんなに感謝したい」と締めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000148-spnannex-base

    <中日3-3広島>◇5日◇ナゴヤドーム

     9回に1点差を追い付き、延長12回の末、引き分けに終わった広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -今季初の引き分け

     緒方監督 選手たちはよく頑張ってくれた。

     -9回はリプレー検証の結果、追い付いた

     緒方監督 ベンチが一番見える角度だった。追いタッチに見えたので。

     -先発の新人床田は粘りの投球だった

     緒方監督 最初はちょっと力んでいたけど、回を追うごとに自分のボールを投げられていた。いい面も出してくれた。いい経験になる初登板になったんじゃないか。

     -引き分けという結果に

     緒方監督 勝敗は引き分け。勝ちきれなかったのは自分の采配もあるけど、選手たちはよく頑張ってくれた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-01803169-nksports-base

     「中日3-3広島」(5日、ナゴヤドーム)

     プロ初先発した広島のドラフト3位・床田(中部学院大)がプロ初勝利を逃した。2-2の七回、1死三塁のピンチを残して、無念の降板となった。

     初回に3番ゲレーロに適時打を浴び、先制を許したが、その後は最速148キロの直球にスライダーなどを交えて、粘り強く投げた。悔やまれるのは、1点リードの五回だ。2死一、三塁。勝利投手の権利をつかむ目前で、5番平田に中前へ同点打を打たれた。初登板の結果は6回1/3を投げ9安打3失点だった。

     降板後は「試合前は緊張してなかったですが、初回マウンドに上がった時はものすごく緊張しました。二回以降は平常心で自分の投球ができました。ストレートの走りも良かったし、変化球も低めに投げ切ることが出来たのが収穫です。タイムリーを打たれた2本は少し甘くなったので、ピンチの時の投球が次の課題です」と振り返った。初登板の経験を次回に生かしたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00000152-dal-base

    ◆中日1―7広島(4日・ナゴヤドーム)

     広島のブラッド・エルドレッド内野手(36)が先制の1号2ランを放ち、チームを3連勝に導いた。

     2回1死二塁から若松の外角カーブを捉えて左中間席へと運んだ。エルドレッドは「打ったのはカーブ。いいポイントで自分のスイングができた」と振り返った。

     オープン戦は打率9分8厘で、1割を切るほどの不振だった。しかし、開幕4試合で打率4割5分5厘と、シーズンに入ると同時に調子を上げてきた。これには緒方監督も「オープン戦がうそのようだね」とたたえた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00000290-sph-base

     ◇セ・リーグ 広島7―1中日(2017年4月4日 ナゴヤD)

     広島が12安打7得点で3連勝。昨季16勝を挙げ最多勝を獲得した野村が投げては7回4安打1失点、打っては2安打と投打に活躍した。

     昨季同様低めへ丁寧に投げ込む投球で中日打線を手玉に取った野村。3回に溝脇からソロ本塁打を浴びた1失点のみに抑えた。通算50勝目をマークするとともに、昨年4月12日から続く中日戦での連勝を5に伸ばした。

     打線は2回にエルドレッドの左越え2ランで先制。さらに安部、野村の下位打線に安打が出て2死一、三塁とし、田中の左前適時打で1点追加した。6回には2死走者なしから石原、野村の連打で好機を作り、菊池、新井の適時打などで4点を追加した。

     中日は先発の若松が3回7安打3失点で降板。6回から登板した3番手の浅尾が4失点し試合を決定づけられた。打線も7安打止まりで元気がなく、37年ぶりの開幕4連敗となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00000152-spnannex-base

     広島のドラフト3位の床田が12球団新人最速勝利を狙う。

     5日の中日戦(ナゴヤD)でプロ初先発する予定のルーキー左腕は「投げるからには勝ちたいし、チームに貢献したい」と力を込めた。


     大学は名古屋に近い、岐阜の中部学院大だが「行ったことはないし、どこにあるかも分からない」と苦笑い。対戦相手に関しても「イメージは全然ない。相手がどうとかで打つ打たないは関係ないと思っている」と自らの投球に専念する。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00000049-sph-base

    このページのトップヘ