広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中日ドラゴンズ

     「マイナビオールスターゲーム2019」(12日・東京ドーム、13日・阪神甲子園球場)に先立って7月11日に六本木ヒルズアリーナで前夜祭が行われ、トークショーに野球解説者の前田智徳氏(48)、川上憲伸氏(44)、森本稀哲氏(38)が登場。前田氏は、2007年のオールスター第1戦で代打ホームランを放ち、ベンチでセ・リーグの落合博満監督(65)とハイタッチをした際のエピソードを披露した。


     数々のオールスター出場歴を誇り、2005年の第2戦ではMVPも獲得した前田氏。そんな前田氏が、ユーモアたっぷりに2007年のオールスターでのホームランと落合監督との交流について語った。

     オールスター前に肉離れを起こしていた前田氏は、スタメンではなく代打要員としてベンチで待機。試合前には落合監督から直々にバッティングを教わっていたそうで、けがを抱えながらもその教えを「試したら打てた」と当時を振り返った。

     落合監督時代の中日でエースとして活躍した川上氏は、「落合さんがホームラン打った選手とハイタッチするシーンなんて初めて見ましたから、よっぽど嬉しかったと思うんですよ。普段はベンチにずっと座ったままですから」と指摘。落合監督はそれ以外のオールスターでも前田氏を隣に座らせることが多かったそうで、他チームにも関わらず大のお気に入りだったという。

     当時の交流について「話し相手がいなかったんでしょうね。そういうことでしょ?」と冗談を交えて振り返っていた前田氏。2007年のオールスターに限らず、若手時代からチャンスを見つけては「雲の上の存在」の落合監督に練習方法などを質問していたという。川上氏は「天才同士じゃないと話が伝わらないから」としみじみと語り、圧倒的なバッティングの才能を持った2人ならではの世界があるのでは、と分析していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00010034-abema-base

     広島の山口翔投手(20)が8日、1軍の練習に合流した。9日の中日戦(ナゴヤD)先発に備え、最終調整を行った。

     キレのいい直球を武器に5月30日のヤクルト戦(神宮)で7回無失点に抑え、プロ初先発を初勝利を飾ったが、白星はその試合のみ。6月21日のオリックス戦(マツダ)で4回2失点でKOされると、腕が縮こまったような投球で、緒方監督から直々に「持っているものを出していない。そんなんじゃ魅力を感じない」とゲキを飛ばされた。

     そのまま2軍降格を言い渡され、ウエスタン・リーグ2試合で先発。勢いのある直球の復活に自信を深めた。「プロ初登板がナゴヤD(5月7日、中日戦=救援)だったので、初心に戻ってガムシャラにやりたい」と語気を強めていた。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00000194-sph-base

     27日に放送された『ショウアップナイタースペシャル 野球がなければ、ラジオじゃない!』に出演した井端弘和氏が、交流戦で苦戦した2位・広島について言及した。

     広島は4月に一時借金8まで膨れ上がったが、5月に月間20勝をあげるなど借金を返済。33勝20敗1分の首位、2位・阪神と4ゲーム差をつけて交流戦に突入した。しかし、交流戦で再びチーム状態が落ち、交流戦は5勝12敗1分の12位。セ・リーグの順位も2位に落ちた。

     井端氏は「開幕直後はあまり波に乗れず連敗をして、5月に入って連勝して月間20勝。6月はちょっと落ちて、今は踏ん張るところにきていると思います」と話し、「ただセ・リーグとの対戦ですし、気持ちを切り替えやすいと思います。オールスターまで3週間くらいですかね。休みが待っていますので、前半のラストスパートを見せるのではないかと思います」と今後の戦いに期待を寄せた。

     広島は交流戦明け、最初のカードは交流戦で10勝7敗1分と勝ち越したDeNAと敵地・横浜スタジアムで3連戦。ここを勝ち越し、再び勢いを取り戻したいところだ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00193659-baseballk-base

     先月16日に「今年のセ・リーグは東高西低?」という記事を執筆した。開幕から各チームの対戦が一巡。その時点でのセ・リーグ順位表は以下の通りだった。

    ▼ 一巡終了時の成績
    1位:ヤクルト 10勝5敗
    2位:DeNA   9勝 6敗
    3位:巨人   8勝 6敗
    4位:中日   7勝 7敗
    5位:阪神   6勝 9敗
    6位:広島   4勝11敗

     リーグ4連覇を狙う広島がまさかの開幕ダッシュに失敗。借金7を背負い、首位から6ゲーム離れた最下位に低迷していた。一方で“東日本”のヤクルト、DeNA、巨人の3球団が貯金生活を送り、開幕直後のセ・リーグは、「東高西低」の様相を呈していた。

     それからちょうど6週間が経ち、順位は大きく入れ替わった。現在のセ・リーグ順位表とこの6週間の成績(カッコ内)は次の通りである。

    ▼ 現在の成績(直近6週間の成績)
    1位:広島   28勝19敗1分(24勝8敗1分)
    2位:巨人   25勝20敗1分(17勝14敗1分)
    3位:阪神   26勝22敗2分(20勝13敗2分)
    4位:中日   22勝25敗  (15勝18敗)
    5位:ヤクルト 21勝27敗2分(11勝22敗2分)
    6位:DeNA   19勝28敗  (10勝22敗)

     広島が今月中旬から11連勝をマークするなどV字回復に成功。他に阪神が借金3から貯金生活に突入するなど、“西日本”の2チームが躍進。現在4位の中日は借金3を抱えているが、週末のヤクルト戦で3連勝するなど、上昇気配が漂う。

     一方で開幕ダッシュに成功した“東日本”勢では巨人が何とか勝ち越しているが、エース菅野智之がファームで調整中と、チームの状態は決して良くない。ヤクルトとDeNAに至っては6週間でそれぞれ5位と6位に転落。特に11連敗中のヤクルトは深刻だが、爆発力のあるチームだけに、今後の巻き返しに期待したい。

     「東高西低」から「西高東低」へと徐々にその配置図が変わりつつある今季のセ・リーグ。首位・広島から6位・DeNAまでは9ゲーム差となり、広島が一気に抜け出す雰囲気も漂うが、まだまだ序盤戦、交流戦の結果如何によっては、潮目が変わる可能性も十分考えられる。

     まもなく訪れる梅雨の時期、そして来週から始まる交流戦を経て、セ・リーグはどのような配置図になっていくのか気になるところだ。

    ▼ 今後2週間の対戦カード
    広(ヤヤヤ|神神神|西西西|ソソソ)
    巨(神神神|中中中|楽楽楽|ロロロ)
    神(巨巨巨|広広広|ロロロ|日日日)
    中(DeDeDe|巨巨巨|ソソソ|楽楽楽)
    ヤ(広広広|DeDeDe|日日日|オオオ)
    De(中中中|ヤヤヤ|オオオ|西西西)


    文=八木遊(やぎ・ゆう)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00190180-baseballk-base

     広島OBの北別府学氏が自身のブログで現役引退を発表した巨人・上原浩治投手を労った。また、練習日にゴルフを行った中日の松坂大輔投手には「私には理解できない」と自身の見解を示した。



     北別府氏は21日に「おはようございます」のタイトルでブログを更新。巨人上原の引退会見を見ていたようで「ジャイアンツの上原投手はやり尽くしたような表情をしていましたね、お連れさんでした!!」(原文のまま)と労いの言葉を送った。

     一方で「相反するようにドラゴンズの松坂投手はこのままでは終われません」と続け、練習日にゴルフを行いチームの規律違反でペナルティーを科せられた右腕に「シーズン中、故障している中のゴルフは私には理解できない。シーズン中であろうと休日にゴルフOKのチームもあるみたいですが、私は投手でしたから少しの事が腕、肩の調子に関わってくる。他のスポーツは、怪我の可能性がありますし、重いものさえ持つ事をためらっていました」と自身の見解を述べた。

     それでも平成の怪物と呼ばれ、野球界を牽引してきた右腕の復活を祈っているのようで「松坂投手はもうあまり野球に対して情熱が薄れているのだろうか。これほどの人気選手、これまで応援してくれたファンの方々に今一度グランドで勇姿を見せて欲しいと切に願う」と綴った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00382375-fullcount-base

     広島が地方球場仕様の“セットリスト”で中日を歓迎していた!?

     21日、広島県北・三次市の「三次きんさいスタジアム」で行われた中日戦で8連勝を飾り、単独首位に立ったが、試合前練習で普段と違うBGMが奏でられていたことが、22日に話題になった。やたら中日ナインの打席登場曲が多かったのだ。

     平田の「ウィ・ウィル・ロック・ユー」(クイーン)、松井佑の「ワタリドリ」(ALEXANDROS)、高橋の「パプリカ」(Foorin)、京田の「マリーゴールド」(あいみょん)がグラウンドに響き渡り、松井佑は「わざわざ僕らの歌をかけてくれたんかな」とうれしそうだった。

     「たまたまです」と種明かししたのは、試合前練習のBGMを選曲する山下直明打撃投手(36)だ。「地方球場には昔、僕が作ったCDが置いてあるんです。だから(取り置きの古い楽曲が演奏されることがないように)新しく選曲したやつをパッと(球場スタッフに)出しました」。今回も中日を意識して選曲したわけではなく、流行曲を中心にセレクトしただけとのこと。この日は普段通りのマツダ仕様。なお、本拠地球場には山下打撃投手が選曲して製作したCDが段ボール1箱分ストックされているという。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00000144-sph-base

     ◇セ・リーグ 広島3―2中日(2019年5月21日 三次)

     広島の菊池涼介内野手(29)が0―0で迎えた5回、2死満塁から左前へ先制2点適時打を放ち、8試合連続安打をマーク。チームの今季2度目の8連勝&今季初の単独首位浮上の立役者となった。

     この日も定位置の「2番・二塁」で先発出場し、4打数1安打2打点。通算打率・303と3割をキープしているだけでなく、8連勝の打撃成績は34打数16安打の打率・471、9打点、得点圏打率はセ・リーグ断トツトップの・455といずれも驚異的な数字を残している。

     貢献度の高さはそれだけにとどまらず、初回の第1打席は3球目を叩いて一邪飛だったが、3回の第2打席はファールで粘った末に10球目を空振り三振、5回の第3打席は無死満塁から2死となって迎えた第3打席で再びファールで粘り9球目の真ん中直球を左前へ弾き返して待望の先制2点適時打とすると、捕邪飛に終わった7回の第4打席も9球粘った。

     前回対戦(7日)で広島打線が3安打完封された中日先発左腕・大野雄は7回2失点で敗戦投手。大野雄がこの試合で投じた117球のうち菊池涼だけで31球も投げさせた計算で、2番打者としての真骨頂となった。

     球界一の名手として知られる守備でも2回から3回にかけて5者連続で二ゴロを処理するなど、8個のゴロを難なくさばいた菊池涼。リーダーとして攻守でチームを力強くけん引している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000211-spnannex-base

     日本野球機構(NPB)は13日、若手選手による「フレッシュオールスターゲーム2019」の開催要項を発表した。

     イースタン・リーグ選抜―ウエスタン・リーグ選抜の一戦で、7月11日午後6時から楽天生命パークで開催される。この日は推薦選手も発表され、日本ハム・吉田輝星投手、ロッテ・藤原恭大外野手、広島・小園海斗内野手、中日・根尾昂内野手らが名を連ねた。

     チケットは14日午前10時からローソンチケットで特別選考発売を開始。21日から一般発売される。マスコット撮影会付き、選手サイン会付きなどの特典チケットも販売される。

     


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00000190-spnannex-base

     「中日-広島」(7日、ナゴヤドーム)

     広島・緒方監督のリクエストが実り、三塁打の判定が右飛に覆った。

     七回、中日・高橋が放った右翼への大きな飛球に対して、鈴木誠也外野手が手を伸ばしジャンプ。フェンス際で直接グラブに入ったかに見えたが、一時はフェンス直撃の安打と判定され、打者走者の高橋は三塁へ達した。間髪を開けず緒方監督がベンチを飛び出してリクエストのアピール。結果、ダイレクトキャッチと判定が覆り、アウトとなった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190507-00000130-dal-base

     プロ野球の開幕から約1カ月。日々熱戦が繰り広げられる中、注目ポイントは朝のテレビにもある!?山田和利内野守備走塁コーチ(53)が「毎日?見てる見てる」と言うのが、4月1日から始まったNHK連続テレビ小説第100作「なつぞら」(月~土曜、前8・00)。息子で俳優の山田裕貴(28)が朝ドラ初出演を果たし、ヒロインのなつ(広瀬すず)の親友・小畑雪次郎役として登場しているからだ。


     山田は2011年に「海賊戦隊ゴーカイジャー」で俳優デビュー。その後は数々のテレビドラマや映画に出演してきた。山田コーチは、息子の出演作があれば「こっそりと」劇場に足を踏み入れているという。時には「へたくそ」などとメッセージを送れば、「素人でしょ」と返ってくることもあると笑う。

     山田コーチが東京遠征の際には、都合が合えば親子で杯を交わすこともあるという。息子の話となると恥ずかしげだが、今回の朝ドラデビューをきっかけに、さらなる飛躍を願っている。「忙しいぐらいがちょうどいいんじゃないかな。周りの人に恵まれているよね。ここから。このチャンスをどう生かすか」と父なりのエールを送った。

     自身も昨季までの2軍内野守備走塁コーチから、今季は1軍コーチとして新たな戦いの場に身を置いている。職場は違えど、俳優として奮闘している息子の姿は、父の活力にもなるはずだ。(デイリースポーツ・田中 哲)




    引用元   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00000062-dal-base

    このページのトップヘ