広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中日ドラゴンズ

    【内田順三「作る・育てる・生かす」】#9

     私が広島の打撃統括コーチ(2008~10年)を務めていた頃、試合前に不振で悩んでいた4番の栗原を連れて中日の監督だったオチ(落合博満)に相談したことがある。

    「相手から見て(栗原は)どんなふうに感じる?」

     すると、オチはこう言った。

    「4番だからって(走者を)全部かえそうとしているよ。内田さんねえ、打者ってそんなに打てないから、四球は四球で選べばいいんですよ。次の5番につなぐ、チャンスを回せばいいのに、全部の球を追っ掛けて打とうとしている」

     打撃フォームのことは言わなかった。「ボール球は打たない。失投を打つ。いかにワンスイングで仕留めるか」ということだった。全部打たなくていい。そう考えれば、余裕も出る。栗原は「気が楽になった」と感謝していた。

     オチが巨人にいた頃から、こちらが三冠王3度の技術を学ばせてもらった。そんなオチが「天才」と評した「内角球さばき」ができるのが、昨季セ・リーグMVPに輝いた坂本勇人である。

    ■「ショート打ちの名人」と重なる坂本の内角打ち

     スピード、ミート力、肩――。走攻守のバランスが取れた遊撃手だが、新人だった07年の頃はマッチ棒のようにヒョロヒョロだった。

     柔らかさが武器。ウエートトレーニングよりスイングをしながら力をつけた。内野、特に遊撃手は動き回る。スピード感が必要だから、ウエートで硬い筋肉をつけることは避けていた。 

     打撃では、入った頃から左肘の抜き方、内角打ちは抜群にうまかった。野球以外は左利きで左腕の操作性が高いことが理由かもしれない。「シュート打ちの名人」と言われた山内一弘さん(中日、ロッテの監督などを歴任=享年76)の打ち方にそっくりで、ダブって見えた。

     坂本に「トップから45度の角度(で振り下ろす)を意識して振ってみたら?」と話したことがある。悪くなると、スイングする際に後ろの部分が大きくなる傾向があった。「45度」を意識させることで、レベルスイングに近づけるのが狙いだった。これは感覚の問題で、一本足打法の王さんを指導した荒川博さん(巨人、ヤクルトで打撃コーチ=享年86)は「55度で振るとレベルに近いスイングになる。いい角度になる」と話していた。

     下半身リードで振ると、ヘッドが出てくる。打つ際、ボールが当たる面を長く見られるようになると、センターから右中間へ飛ぶようになる。

     阿部同様、いいと思ったことは何でもチャレンジする。以前はもろさがあったが、最近は「変化」ができるようになった。

     投手によってスタンスを広くしたり、始動を変えたり、小さい動きにしたり……。「俺はこのスタイルなんだ」ではなく、多くの引き出しを持つ順応性こそが大きな武器。しかし、坂本も伸び悩んでいる時期があった。

    (内田順三/前巨人巡回打撃コーチ)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000011-nkgendai-base

     プロ野球の広島、中日などで活躍した片岡光宏さん(57)は現在、宮崎市内で広島風お好み焼き店「かたおか」の代表を務める。場所柄、2月のキャンプ期間中は多くの球界関係者が訪れ、大盛況。過去には「星野ジャパン」の決起集会も開かれたほどだ。


     片岡さんは府中東の「4番打者兼エース」として1979年のセンバツに出場し、その年ドラフト1位で広島に入団した。期待の大きさは外木場2世として背番号「14」を受け継いだことでもお分かりだろう。しかし、右肘を故障し、投手としては登板わずか5試合。野手に転向後の88年には10本塁打をマークしたものの、その後は中日、横浜(現DeNA)にトレード移籍。腰痛に悩まされ、91年オフに自由契約となった。

     引退後は幼子を連れ、夫人の実家がある宮崎へ。当初は知人の紹介でとび職に就こうとしたが、腰痛で断念し、この店を構えたという。

     「広島時代からお好み焼きが大好きで、毎日でも食べたいと思っていたから。単純な発想ですよ」

     そばは本場広島から取り寄せた生麺を使用。美人の奥様の支えと日々研究を重ねたことで、地元に根づいていった。5年前からは「備後府中焼き広報大使」を務めるほど。その傍ら野球への感謝の気持ちは強く、社会人野球クラブチーム「宮崎ゴールデンゴールズ」のGMの肩書も持つ。

     「野球に興味を持ってもらうために少年野球教室を開催し、広島のOBを呼んで野球人口の底辺の拡大に協力してもらってます」

     そんな片岡さんにとって忘れられないのが2008年1月31日。当時日本代表の大野豊投手コーチから「奥の個室、空いてる?」と1本の電話が入り、予想外の展開になった。北京五輪に向けた強化合宿のため、宮崎入りしたばかりの星野仙一監督以下、コーチ陣がやって来るという。

     「この大事な時期に、しかも空港に着いてすぐ。星野さん、田淵さん、(山本)浩二さんがそろって、うちの店に来てくれた。あのときは度肝を抜かれましたよ」

     片岡さんが中日に在籍したのは89年のわずか1年間。いまは亡き星野さんの人柄が偲ばれる行動に「優しくて、面倒見がいいと聞いていましたが、本当でした。2011年、楽天の監督のときには新人だった松井(裕樹)ら主力選手20人くらいを連れて来ていただきました。殿堂入りした田淵さんも毎年のぞいてくれます」と感謝した。

     いまの「かたおか」があるのも星野さんのおかげだという。店を構えて3年目。まだ40代だった先ほどの3人がカウンターに並んだことがあった。

     「仙ちゃん、おいしいだろ?」と同意を求める浩二さんに「親しいヤツが本当のことを言ってあげないと、店の料理はうまくならない」と返したという。

     「あの言葉で気持ちが引き締まって、さらにおいしいお好み焼きをつくろうと思いました。浩二さんの気持ちもうれしかった」

     まもなく、キャンプイン。今年も宮崎が活気づく季節がやって来る。

     「2月は一番忙しい時期です。毎年が勝負。特にここ数年はカープが優勝したりで、キャンプに来る報道陣や、球団の幹部までが来てくださいます。広島時代の仲間とも久しぶりに会って、クラス会みたいな雰囲気になりますよ」

     人気メニューは「府中そばベジタブル500円」「府中そば炙りネギマヨ600円」「広島そば700円」など。コテを握り、片岡さんは今や遅しと待ち構えている。

    (まいどなニュース特約・吉見 健明)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-11002820-maidonans-life

     アスリートが結果で評価されるのは、プロ野球も例外ではない。結果とは数字。『数字で振り返る2019竜戦士』。中日ドラゴンズの主力11選手を象徴する数字を拾い上げた。第1回は大野雄大投手(31)だ。エースの数字は何を語っているのか―。


     1割3分3厘。大野雄が残したこの数字が語るのは、彼の揺るぎない覚悟である。これは今季の大野雄と広島・鈴木の対戦打率だ。15打数2安打、打点ゼロ。鈴木が10打席以上対戦した投手は13人いるが、最も抑えたのが大野雄だ。

     侍ジャパンの4番にして、今季両リーグでただ一人、OPS(長打率+出塁率)が1を超えた最強のスラッガー。昨季までの大野雄も、打たれるか逃げるかだった。ところが、今季は一変。腹をくくり、立ち向かった。鈴木をねじ伏せたのは、偶然ではない。彼はこのデータを知っていたし、その内容も克明に記憶していた。

     「誠也は内を捨てているんですよ。手を出してこない。その代わり、外は地獄です。打ち損じもないし、長打率も高い。実際、僕が打たれた2本も外のツーシームでした。幸い、長打にはなりませんでしたが。だから誠也を抑えるには内に投げきれるか。ここに尽きるんです」

     鈴木は怖い。だから外角でようすを見る。その球を鈴木は逃さない。大野雄いわく「地獄」。釜ゆでか、火あぶりか…。そこから逃げるには内角を攻める。言うのは簡単だが、やるのは難しい。少しでも甘く入るとやはり「地獄」。全16打席の中で、分岐点となったのが5月21日(三次)の2回だ。

     「全球、ストレートだったんです。もちろん内角。誠也は真っすぐにも強い。でも投げきれました。あれは自信になったし、その後にも生きたと思います」。2ボール1ストライクから、力のない中飛に打ち取った。

     今季の大野雄は、規定投球回数到達者の中でリーグトップの被打率2割6厘。セ・リーグで誰よりも多くのイニング(177イニング2/3)を投げ、誰よりも安打を打たせず、誰よりも点を取られなかった(最優秀防御率)。その根幹にある立ち向かう姿勢が、鈴木との対戦打率に表れている。

     「でもね、いい打者になるほど打席の中身を覚えています。だから来年は…」。来季の自分に問われているのはさらなる「覚悟」だと、彼はわかっていた。(渋谷真)




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00010020-chuspo-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     今オフに監督が交代したのは、パ・リーグが楽天1球団、セ・リーグも広島、ヤクルトの2球団。12球団中3球団だけなのに、コーチ陣には大量入れ替えの旋風が吹き荒れた。監督交代でコーチ陣も大刷新というのならわかるが…なぜ異常事態は起こったのか。

     5年ぶりのリーグ優勝をしながら7年ぶりの日本一奪回に失敗した巨人は内田巡回打撃コーチ、小谷巡回投手コーチという熟練のコーチをはじめ7人を退任させた。

     同時に実松2軍バッテリーコーチ、二岡3軍総合コーチ、山口3軍投手コーチなど若返り人事を断行。阿部を2軍監督に据えた人事とリンクし、2年後のポスト原体制もにらんでいるのだろう。

     ラミレス監督が続投したDeNAも同じ狙いが見え隠れ。今季1軍投手担当だった三浦コーチを2軍監督に配転している。同時に万永2軍監督を2軍総合コーチに。近い将来の監督候補生に帝王学をマスターさせる思惑だろう。

     今オフのコーチ陣入れ替え人事は巨人、DeNAのケースだけでは片付けられない。中日2軍監督に仁村徹氏が復帰したり、その中日2軍監督の座を追われた格好の小笠原が古巣の日本ハムに戻り1軍ヘッド兼打撃コーチに就任したりしているからだ。

     背景には球界の深刻なセカンドキャリア問題がある。球界OBが生々しく証言する。

     「昔はユニホームを脱いだら、ネット裏で新鮮な充電生活を送れたが、今はテレビの地上波でのプロ野球中継は激減。年間契約ではなく、1本いくらの厳しい評論家生活で、満足に食えない危機的状況だ。だから、一度ユニホームを着たら絶対に脱ぐな! 現場を離れるな! がわれわれの合言葉になっている」

     いろいろな球団を渡り歩いてでも現場でコーチを続けるのがベストなセカンドキャリア。それが紛れもない現実だ。日本プロ野球界が抱える、シビアなお家の事情である。(江尻良文)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000004-ykf-spo

     フラッシュライトに照らされた会見場に、菰野高・岡林勇希投手(17)は、やや緊張した表情で現れた。地元中日からの5位指名。「ホッとしました。そこまで上位ではないと思っていた。5位指名を受けてすごくうれしい」と、安堵(あんど)の表情を浮かべた。

     投手としては最速153キロを投げる本格派右腕、野手としては高校通算21本を放つ強打者。中日からは投手として指名を受けた。どちらで勝負したいか聞かれた岡林は「はじめは投手として頑張りたい」。野手としての可能性は残しつつ、まずは「勝てる投手」という理想を追い掛ける。

     同じ菰野高出身の兄・飛翔(つばさ)さんは2017年に広島育成1位でプロ入りしたが今月、戦力外通告を受けた。「『プロは厳しいぞ』と言われた。兄が通用しない世界。もっと技術を上げなければ」とプロでの飛躍を見据えた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00010055-chuspo-base

    <プロ野球ドラフト会議>◇17日

    プロ野球のドラフト会議が17日、都内のホテルで行われ、最速163キロ右腕の大船渡・佐々木朗希投手(3年)は1位指名で西武、ロッテ、日本ハム、楽天の4球団が競合し、抽選でロッテが交渉権を獲得した。また、星稜・奥川恭伸投手(3年)は巨人、阪神、ヤクルトの3球団が入札し、ヤクルトが交渉権を獲得。広島が1位指名を公表していた明大・森下暢仁投手(4年)は単独指名で交渉権を獲得した。全球団の1位指名選手と監督の総括コメントは以下の通り。


    【パ・リーグ】

    西武 宮川哲投手(東芝)

    ▽辻監督「即戦力というところで最高の選手。真っすぐの質もいい、力もある。変化球もいける完成された投手。うちの打線なら2ケタ(勝利)もチャンスがある」

    ソフトバンク 佐藤直樹外野手(JR西日本)

    ▽工藤監督「(佐藤は)走攻守3拍子そろっている選手はそういない。うちは右打者が少ないので、即戦力で考えて取りました。次の世代を担う野手を取るのが急務」

    楽天 小深田大翔内野手(大阪ガス)

    ▽三木監督「小深田くんには持ち味のスピードを生かして、即戦力として既存の選手と競争してほしい。打撃もしぶとく、守備も堅実。内野なら遊撃に限らず守れると聞いている」

    ロッテ 佐々木朗希(大船渡)

    ▽井口監督「去年藤原を引いてから、プレッシャーをかけられていたのでほっとしています。ドラフトで(当たり)くじを引いた夢を見たので引けるだろうなと思いながら引いた」

    日本ハム 河野竜生投手(JFE西日本)

    ▽栗山監督「投手陣は何とかしなきゃいけないところで、うまく(指名の)バランスは取れている。いいドラフトだったと思う。早く特長を生かせるようにしてあげたい」

    オリックス 宮城大弥投手(興南)

    ▽西村監督「将来性のある素晴らしい投手。直球とスライダーがいいと聞いている。どうやって育てていくか考えないと。最初から臆せずに気楽にやったらいいと思います」

    【セ・リーグ】

    巨人 堀田賢慎投手(青森山田)

    ▽原監督「将来性もすごくある、バランスのいいドラフトができた。(3位菊田は)和真(岡本)に勝るとも劣らない迫力がある選手。95点ぐらいじゃないでしょうか」

    DeNA 森敬斗内野手(桐蔭学園)

    ▽ラミレス監督「一番欲しい選手が取れた。彼はオールラウンドの選手。走攻守そろっているし、将来、横浜DeNAベイスターズを背負って立つスーパースターになれる存在。

    阪神 西純矢投手(創志学園)

    ▽矢野監督「(西は)タイガースファンが大好きそうな選手をとれてホッとしている。速い球、変化球ももちろんいい。内面の強さと体の強さとトータル的に「強さ」を持った投手」

    広島 森下暢仁投手(明大)

    ▽佐々岡監督「森下君はくじを引くつもりでいた。単独でよかった。来年にならないとわからないけどまずは先発で。スピードもコントロールも、バランスも、総合的にすべていい」

    中日 石川昂弥内野手(東邦)

    ▽与田監督「あの文字(交渉権確定)を見るのが快感に。一番上を引いた。(石川は)地元のスター。地元で活躍させ球界のスターになってもらいたい。いいドラフトができた」

    ヤクルト 奥川恭伸投手(星稜)

    ▽高津監督「満点以上のすごくいいドラフト。即戦力の投手を中心に、高校生野手とバランスよく指名できた。奥川くんは完成度の高い投手。エースとして支えてほしい」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-10171177-nksports-base

     ◇プロ野球ドラフト会議(2019年10月17日)

     プロ野球のドラフト会議は17日に東京都内で開催され、ネット上では12球団のファンが様々な反応を見せた。



     【巨人】「ホントくじ運ないなー。外れ一位も獲得できずの外れ外れ一位」、「高校生多いな」、「堀田くんに期待」

     【DeNA】「大穴、森一本釣り良き!」「いつも通りのイケメン枠良き!」、「DeNA以降最高のドラフトでは無いだろうか」、「結構バランス良くていいな」

     【阪神】「理想的やん」、「将来を見据えたええドラフトやな」、「マジで神がかってる」、「西純也は次期エースになってほしい」

     【広島】「森下君一本釣り成功とか信じられんのんじゃけどー!」、「上位二人が即!即戦力!」、「育成ドラフトのセンスめっちゃ好き」、「抜け目ないドラフトだった」

     【中日】「最高すぎんか??与田さんのくじ運やばくね??石川くん中日ドラゴンズきたぁ」、「大当たりだったよ!」、「補強ポイントを着実に補強できた100点満点」、「今年のドラフトも良かったんじゃないでしょう」

     【ヤクルト】「ヤクルトさん絶対奥川くんを日本のエースにしてください」、「久し振りに勝利の予感」、「近年稀に見る神ドラフト」、「ヤクルト来年優勝間違いなしだな」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00000280-spnannex-base

     広島の小園海斗内野手が26日、マツダスタジアムでの全体練習に参加。中日・根尾との対戦を心待ちにした。



     根尾は27日に初めて1軍に昇格するのが濃厚で、1軍の舞台で再会するのは、初めてになる。プロのユニホームに袖を通して“初対決”した4月2日のウエスタン中日戦では、根尾が無安打だったのに対し、自身は二塁打を1本を放った。

     高校時代から互いに切磋琢磨(せっさたくま)してきた存在。「高校のときからショートのライバルだと思ってやってきた。一緒に1軍でプレーできるのは大きい」

     チームは今季最終戦となる27日に勝利すれば、自力でCSの出場権を手にできる。リーグ4連覇こそ逃したものの、日本一への挑戦権を手放す訳にはいかない。

     この日は全体練習終了後、1時間にわたって東出打撃コーチからマンツーマンで打撃指導を受けた。小園は「1つでもチームに貢献できるようにやっていきたい」と気持ちを引き締めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00000107-dal-base

     俳優の山田裕貴が18日放送の日本テレビ系特番『グサッとアカデミア』(後7:00)に出演する。番組で実施されたEXIT兼近のロングインタビューでは「自分のことのように泣いちゃいました」と彼のつらい過去を聞き、感情移入のあまり号泣する山田。現在、朝ドラ『なつぞら』でブレイク中の山田だが、父がプロ野球選手であることに触れ、野球をやっていた頃も芸能界に入ってからも、「プロ野球選手の息子なのに」「親のコネで芸能界入ったんだろ」など、いわれなき中傷に悩んだ過去を明かす。



     兼近による“チャラつき厳禁”で人生を振り返るロングインタビューではその話を元に、「ハッピーチャラ貧乏だった」という少年時代を完全再現。明るい母親のおかげで、食べる物が少ないときも明るく乗り越えてきた兼近家。スタジオでは知られざる兼近の過去に山田をはじめとする出演者も涙することに。

     林修先生が芸能人の大問題にグサッと切り込む同番組は黒板を使った『グサッと講義』や、言葉テストする、林先生ならではの『抜き打ち!咄嗟の言葉力テスト』や『国語力テスト』のコーナーを実施。朝日奈央、菊池風磨(Sexy Zone)、小池美由、富田望生、馬場ももこ、ファーストサマーウイカ、マリウス葉(Sexy Zone)、ゆきぽよ、横澤夏子、りんごちゃんの恥ずかしい回答が次々と露呈。人気アイドルにして現役大学生のマリウスの天然がさく裂する。

     林先生は今回人生初の仕掛け人として「悪口を言っている相手が突然目の前に現れたらどんな言葉を返すか?」というドッキリを敢行。ターゲットとなるのはEXITと林先生とともにMCを務める水卜麻美アナ。林先生は自ら壁に飾られたポスターの裏に潜み、林の印象を聞かれた2組の前に突然現れ…。

     また、夫婦円満の秘訣として「お互いの気持ちを尊重することができるかどうか」を試すため、芸能人夫婦2組が抜き打ちテストのターゲットに。雛形あきこは、今流行のグレイヘアに髪の毛を染めて、夫の反応をうかがう。雛形のことが大好きなことで知られる天野だが、雛形の突然の変化にどういう言葉をかけるのか。フリーアナウンサーの安東弘樹も結婚14年目の妻・川幡由佳の前で突然の変身。いつも自分のことを全面的に支持してくれるという川幡だが、夫の変わり果てた姿にパニックに。

     このほか、ジャガー横田と、中学受験で話題になった息子・大維志、阿部祐二&桃子、布川敏和&準汰、渡辺美奈代&矢島愛弥親子による2世芸能人たちの大問題も林先生がグサッと解決する。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00000360-oric-ent

    このページのトップヘ