広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中日ドラゴンズ

     広島OBの北別府学氏が自身のブログで現役引退を発表した巨人・上原浩治投手を労った。また、練習日にゴルフを行った中日の松坂大輔投手には「私には理解できない」と自身の見解を示した。



     北別府氏は21日に「おはようございます」のタイトルでブログを更新。巨人上原の引退会見を見ていたようで「ジャイアンツの上原投手はやり尽くしたような表情をしていましたね、お連れさんでした!!」(原文のまま)と労いの言葉を送った。

     一方で「相反するようにドラゴンズの松坂投手はこのままでは終われません」と続け、練習日にゴルフを行いチームの規律違反でペナルティーを科せられた右腕に「シーズン中、故障している中のゴルフは私には理解できない。シーズン中であろうと休日にゴルフOKのチームもあるみたいですが、私は投手でしたから少しの事が腕、肩の調子に関わってくる。他のスポーツは、怪我の可能性がありますし、重いものさえ持つ事をためらっていました」と自身の見解を述べた。

     それでも平成の怪物と呼ばれ、野球界を牽引してきた右腕の復活を祈っているのようで「松坂投手はもうあまり野球に対して情熱が薄れているのだろうか。これほどの人気選手、これまで応援してくれたファンの方々に今一度グランドで勇姿を見せて欲しいと切に願う」と綴った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00382375-fullcount-base

     広島が地方球場仕様の“セットリスト”で中日を歓迎していた!?

     21日、広島県北・三次市の「三次きんさいスタジアム」で行われた中日戦で8連勝を飾り、単独首位に立ったが、試合前練習で普段と違うBGMが奏でられていたことが、22日に話題になった。やたら中日ナインの打席登場曲が多かったのだ。

     平田の「ウィ・ウィル・ロック・ユー」(クイーン)、松井佑の「ワタリドリ」(ALEXANDROS)、高橋の「パプリカ」(Foorin)、京田の「マリーゴールド」(あいみょん)がグラウンドに響き渡り、松井佑は「わざわざ僕らの歌をかけてくれたんかな」とうれしそうだった。

     「たまたまです」と種明かししたのは、試合前練習のBGMを選曲する山下直明打撃投手(36)だ。「地方球場には昔、僕が作ったCDが置いてあるんです。だから(取り置きの古い楽曲が演奏されることがないように)新しく選曲したやつをパッと(球場スタッフに)出しました」。今回も中日を意識して選曲したわけではなく、流行曲を中心にセレクトしただけとのこと。この日は普段通りのマツダ仕様。なお、本拠地球場には山下打撃投手が選曲して製作したCDが段ボール1箱分ストックされているという。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00000144-sph-base

     ◇セ・リーグ 広島3―2中日(2019年5月21日 三次)

     広島の菊池涼介内野手(29)が0―0で迎えた5回、2死満塁から左前へ先制2点適時打を放ち、8試合連続安打をマーク。チームの今季2度目の8連勝&今季初の単独首位浮上の立役者となった。

     この日も定位置の「2番・二塁」で先発出場し、4打数1安打2打点。通算打率・303と3割をキープしているだけでなく、8連勝の打撃成績は34打数16安打の打率・471、9打点、得点圏打率はセ・リーグ断トツトップの・455といずれも驚異的な数字を残している。

     貢献度の高さはそれだけにとどまらず、初回の第1打席は3球目を叩いて一邪飛だったが、3回の第2打席はファールで粘った末に10球目を空振り三振、5回の第3打席は無死満塁から2死となって迎えた第3打席で再びファールで粘り9球目の真ん中直球を左前へ弾き返して待望の先制2点適時打とすると、捕邪飛に終わった7回の第4打席も9球粘った。

     前回対戦(7日)で広島打線が3安打完封された中日先発左腕・大野雄は7回2失点で敗戦投手。大野雄がこの試合で投じた117球のうち菊池涼だけで31球も投げさせた計算で、2番打者としての真骨頂となった。

     球界一の名手として知られる守備でも2回から3回にかけて5者連続で二ゴロを処理するなど、8個のゴロを難なくさばいた菊池涼。リーダーとして攻守でチームを力強くけん引している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000211-spnannex-base

     日本野球機構(NPB)は13日、若手選手による「フレッシュオールスターゲーム2019」の開催要項を発表した。

     イースタン・リーグ選抜―ウエスタン・リーグ選抜の一戦で、7月11日午後6時から楽天生命パークで開催される。この日は推薦選手も発表され、日本ハム・吉田輝星投手、ロッテ・藤原恭大外野手、広島・小園海斗内野手、中日・根尾昂内野手らが名を連ねた。

     チケットは14日午前10時からローソンチケットで特別選考発売を開始。21日から一般発売される。マスコット撮影会付き、選手サイン会付きなどの特典チケットも販売される。

     


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00000190-spnannex-base

     「中日-広島」(7日、ナゴヤドーム)

     広島・緒方監督のリクエストが実り、三塁打の判定が右飛に覆った。

     七回、中日・高橋が放った右翼への大きな飛球に対して、鈴木誠也外野手が手を伸ばしジャンプ。フェンス際で直接グラブに入ったかに見えたが、一時はフェンス直撃の安打と判定され、打者走者の高橋は三塁へ達した。間髪を開けず緒方監督がベンチを飛び出してリクエストのアピール。結果、ダイレクトキャッチと判定が覆り、アウトとなった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190507-00000130-dal-base

     プロ野球の開幕から約1カ月。日々熱戦が繰り広げられる中、注目ポイントは朝のテレビにもある!?山田和利内野守備走塁コーチ(53)が「毎日?見てる見てる」と言うのが、4月1日から始まったNHK連続テレビ小説第100作「なつぞら」(月~土曜、前8・00)。息子で俳優の山田裕貴(28)が朝ドラ初出演を果たし、ヒロインのなつ(広瀬すず)の親友・小畑雪次郎役として登場しているからだ。


     山田は2011年に「海賊戦隊ゴーカイジャー」で俳優デビュー。その後は数々のテレビドラマや映画に出演してきた。山田コーチは、息子の出演作があれば「こっそりと」劇場に足を踏み入れているという。時には「へたくそ」などとメッセージを送れば、「素人でしょ」と返ってくることもあると笑う。

     山田コーチが東京遠征の際には、都合が合えば親子で杯を交わすこともあるという。息子の話となると恥ずかしげだが、今回の朝ドラデビューをきっかけに、さらなる飛躍を願っている。「忙しいぐらいがちょうどいいんじゃないかな。周りの人に恵まれているよね。ここから。このチャンスをどう生かすか」と父なりのエールを送った。

     自身も昨季までの2軍内野守備走塁コーチから、今季は1軍コーチとして新たな戦いの場に身を置いている。職場は違えど、俳優として奮闘している息子の姿は、父の活力にもなるはずだ。(デイリースポーツ・田中 哲)




    引用元   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00000062-dal-base

    広島アドゥワ誠投手が23日中日戦でプロ初先発する。

    昨年は1年間1軍の中継ぎとして53試合で6勝2敗、5ホールドをマーク。日本シリーズのマウンドにも立った。今年から先発に挑戦。1軍で中継ぎ2試合登板をへて、まっさらなマウンドに上がる。

    「やることは変わらないんで。1イニング、1イニングしっかり投げたい」。20歳右腕は冷静に、足元を見つめた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-04220695-nksports-base

     シーズンの開幕にあたっては各球団がそれぞれに入念な準備をして臨むが、現有戦力の底上げだけでは劇的なチーム強化は困難だ。一気にチーム力を左右する可能性が大きいのは、やはり新外国人選手の力となる。

     プロ野球は開幕から5カードを終え、各球団の対戦が一巡したところ。ここで一度、今季から加わった新外国人のここまでの一軍成績を振り返ってみたい。まずはセ・リーグから見ていく。

    【セ・リーグ新外国人一軍成績】
    ▼ 広島
    ・レグナルト 8試合(10回)
    0勝0敗0H0S 9奪三振 防御率0.00


    ▼ ヤクルト
    ・マクガフ 8試合(9回1/3)
    2勝0敗2H0S 10奪三振 防御率0.96


    ▼ 巨人
    ・クック 4試合(4回)
    0勝0敗0H4S 3奪三振 防御率0.00

    ・ビヤヌエバ 12試合 
    打率.324 3本塁打、4打点 0盗塁 出塁率.375


    ▼ 中日
    ・ロメロ 2試合(12回
    2勝0敗0H0S 9奪三振 防御率1.50


    ▼ 阪神
    ・ジョンソン 5試合(5回)
    0勝0敗4H0S 6奪三振 防御率0.00

    ・ガルシア 2試合(8回)
    0勝1敗0H0S 7奪三振 防御率14.63


     これまでに一軍出場を果たしたセ・リーグの新外国人7人のうち、ビヤヌエバ(巨人)を除く6人が投手。しかも、そのほとんどがここまでは素晴らしい投球を見せている。

     そのなかでも注目したいのは、マクガフ(ヤクルト)。強力な打線に対して投手陣に課題があるとされてきたチームにあって、中継ぎ陣の一角として早くも8試合に登板。投球回を上回る三振を奪うなど安定した登板を続けており、チームの首位躍進に貢献している。

     ほとんどの新外国人投手が期待通りの活躍をしているなか、チームとファンの期待を裏切ってしまったのがガルシア(阪神)か。ここまで2試合はともに早い回に大量失点し、防御率は14.63。昨季、中日で13勝を挙げた本来の力を次回登板以降に発揮してほしいというのが、虎ファンの切実なる願いだろう。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00185628-baseballk-base

     「ウエスタン、広島-中日」(2日、由宇練習場)

     広島のドラフト1位・小園海斗内野手(報徳学園)が、公式戦に初出場する。ウエスタン中日戦で「1番・遊撃」に入った。


     春季キャンプ、オープン戦と1軍に帯同。開幕メンバーにも入ったが、3月31日に出場選手登録を抹消された。一度も一軍のグラウンドには立つことができなかった。

     この日から2軍で実戦経験を積んでいく。水本2軍監督は試合前、小園について「ショートを基本に1番か3番で打席に立たせていこうと思う。彼とも話をしたし、経験を積んでほしい。1試合フル出場?基本的にはそう考えている。楽しみな部分がある」と話した。

     小園は練習後に高校時代に切磋琢磨(せっさたくま)したドラフト1位・根尾(大阪桐蔭)と笑顔で話をする場面もあった。両チームのスタメンは以下の通り。

     【広島】

     1番・遊撃 小園

     2番・二塁 サンタナ

     3番・左翼 下水流

     4番・三塁 林

     5番・一塁 メヒア

     6番・中堅 高橋大

     7番・捕手 磯村

     8番・右翼 永井

     9番・投手 遠藤

     【中日】

     1番・中堅 伊藤康

     2番・遊撃 根尾

     3番・DH 藤井

     4番・左翼 モヤ

     5番・一塁 石川駿

     6番・二塁 溝脇

     7番・三塁 三ツ俣

     8番・捕手 松井雅

     9番・右翼 友永

     投手 浜田


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00000051-dal-base

    <中日2-3広島>◇3日◇ナゴヤドーム

    中日は吉見、広島は野村が先発。中日は1回1死三塁で大島が右中間へ三塁打を放ち、1点を先制した。吉見は3回無失点。

    広島は6回2死一、三塁で、会沢が2番手谷元に左飛で無得点。中日も6回2死一、三塁でアルモンテが二飛で1-0で終盤へ。

    広島は7回に鈴木の2号3ランで逆転に成功。連敗を3で止めた。野村は1勝目。中日は9回の追い上げが届かなかった。祖父江が1敗目。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190403-04030119-nksports-base

    このページのトップヘ