広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中日ドラゴンズ

    ◆中日―広島(9日・ナゴヤドーム)

     J2の名古屋グランパスの元日本代表FW佐藤寿人が9日の中日・広島戦(ナゴヤD)で始球式を行い、82キロの直球を投げ込んだ。

     サンフレッチェ広島に所属していた09年のマツダスタジアム以来、自身2度目の始球式。「前よりは良かったですね。ドームは独特の雰囲気で緊張しました。今日はこういう機会をいただきうれしいです。名古屋に来て良かった。カープの次にドラゴンズが好きになりました。今でもカープファン。それは変わりません」と笑顔でカープ愛をアピールした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-00000183-sph-base

    <中日7-1広島>◇9日◇ナゴヤドーム

     打線は9四死球がありながら、菊池のソロによる1点に終わった。

     先発大瀬良は中盤に崩れ、7失点。2位阪神が勝利したため、前日点灯したマジックナンバーは1日にして消えた。広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -先発大瀬良が中盤に踏ん張れなかった。

     緒方監督 ミスもあったし、しっかり反省して、また明日臨みましょう。

     -打線は好機であと1本が出なかった。

     緒方監督 四球を選べていた中で、チャンスのところで見極めができなかった。また明日、切り替えて戦うだけ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-01869665-nksports-base

    ◆中日1―1広島 延長12回引き分け(8日・ナゴヤドーム)

     広島が引き分け、阪神が敗れたため、優勝へのマジックナンバー「33」が点灯した。2回に1点を先制されたが、7回に鈴木誠也外野手(22)が同点適時打。7回1失点だった先発・野村祐輔投手(28)の後を受けた中継ぎ陣が12回まで無失点に抑え、ドロー。

     緒方監督は「みんな粘った。投手にしても、打者にしても。抑えられてきたけど、しっかりと(7回に)1点取ってくれた」と負けなかったことを評価した。

     同点打の鈴木は「なかなかヒットが出ていない中で1本出て良かった」と振り返り、マジック点灯については「特に気にしていない。一戦一戦、戦っていければ」と強調した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170808-00000255-sph-base

     広島は8日、敵地での中日戦に引き分け、優勝へのマジック33が点灯した。

     広島は7回1死まで中日先発・鈴木の前に無安打に抑えられる。野村は2回に先制され、リードされて試合が進む。しかし、7回2死から菊池がチーム初ヒットを放ち、丸も二塁打で続くと、鈴木がレフトへタイムリー。同点に追いついた。

     試合は1-1のまま延長戦に突入。両チームの救援陣が好投し、そのまま延長12回引き分けに終わった。阪神が敗れたため、広島にマジック33が点灯。昨年の117試合より15試合早く、102試合目での点灯となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170808-00010026-fullcount-base

     広島は7日、ナゴヤ球場の室内練習場で投手練習を行い、野村祐輔投手(28)、大瀬良大地投手(26)、九里亜蓮投手(25)が参加した。

     8日からナゴヤドームで中日3連戦。初戦に先発する野村は今季中日戦2戦2勝と好相性だが、「そんなイメージはないです」とキッパリ。「その時の状態で、いい投球ができたらいいと思う」と静かに語った。

     同級生コンビも気合十分。2戦目に先発予定の大瀬良は「(中日に)ちょっと打たれているので、いろいろ対策して、工夫してやっていけたらいいと思います」と話し、九里は「目の前の試合を一戦一戦必死に投げたい」と決意をにじませた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170807-00000079-dal-base

     「広島6-3中日」(22日、マツダスタジアム)

     広島が快勝し、この日敗れた2位・阪神とのゲーム差を再び「9」に広げた。試合は広島4点リードの九回、中日攻撃中の1死走者なしの場面で、大雨のため中断。40分超のインターバルを挟んでの再開となり、そのままマウンドに上がった今村はビシエドに特大ソロを浴びたものの、後続を断って試合を締めた。

     先発の薮田は6回2失点で9勝目をマーク。2桁勝利に王手をかけ「10勝で終わるつもりはないですし、まだまだ通過点だと思っています」と力強く宣言し「ウチの打線なら大量得点をしてくれると信じて投げた。感謝しかないです」と、味方打線への信頼を口にした。

     広島打線は四回、2死一、三塁から松山の内野安打で先制。一塁ヘッドスライディングで、ヘルメットもサングラスも吹っ飛ぶ激走だった。1点リードの五回には、会沢の適時二塁打と丸の満塁走者一掃タイムリーで4点を追加して試合の大勢を決め、5-2の七回にも安部のタイムリーで1点を追加した。

     中日は、5点ビハインドの六回にゲレーロがキング独走の27号2ラン。最終回のビシエドとの助っ人アベック弾も勝利には繋がらなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170722-00000142-dal-base

    <広島5-8中日>◇21日◇マツダスタジアム

     先発ジョンソンの乱調で序盤から大量リードを許した広島は、菊池のソロなどでジワリジワリと点差を縮めたが追い付くことはできなかった。連勝は2で止まり、今季マツダスタジアムで中日戦初黒星となった。緒方孝市監督の談話は以下の通り。



     - 先発ジョンソンが乱調だった。

     緒方監督 そこに目を向けるのではなく、最後までしっかりと野手が攻撃してくれたし、2番手九里にしても、高橋(樹)にしても、ジャクソンにしても投げきってくれた。試合を壊さずにね。結果は負けだけど、最後までしっかりした試合をできたので、また明日頑張りましょうというところ。

     - 先発ジョンソンは前回はいい投球だった。

     緒方監督 後半戦(に向けて)名指しで、投手陣ではジョンソンと(野村)祐輔がしっかりとした形で投手陣を引っ張って欲しいと期待していると言っているわけだから、今日の内容、結果は残念。また次しっかりした姿を今日の分を取り返して投げてくれると期待しています。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-01859541-nksports-base

     「広島8-1中日」(1日、マツダスタジアム)

     広島が快勝し、貯金を「20」とした。

     二回にエルドレッドの19号ソロで先制、三回には20号2ランなどで4点を加えた。五回にも3打席連続の21号ソロ。六回にはバティスタの5号ソロなどで2点を加えた。

     セリーグ本塁打ランキングトップに立ったエルドレッドは「ありがとうございます。ゲレーロ選手いい選手、今わたし、ゲレーロいっしょ」と日本語でヒーローインタビューに答えた。貯金を20とし「カープファンのみなさん、応援しています。明日頑張っていきましょう」と通訳なしで話した。

     薮田は6回1失点でリーグトップの7勝目を挙げた。「野手の方々の援護があってのことですし、これからが本当の戦い。現状に満足せずにやっていきたい」と謙虚に話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170701-00000094-dal-base&pos=3

     「広島8-3中日」(30日、マツダスタジアム)

     広島が効率よく得点し、逆転勝ちを収めた。

     2点を追う二回にエルドレッドの18号3ランで逆転。同点の六回には鈴木の左前適時打で勝ち越した。七回には菊池、丸、松山の適時打で4点を奪いリードを広げた。

     ジョンソンは7回3失点で3勝目を挙げた。

     エルドレッドは「中日に先制されたところで大きな逆転ホームランが打てたことが良かった。うちの打線はみんなが後ろにつなげて点を取ろうとしている。前の塁に出た選手に感謝しています」と話した。決勝打を放った鈴木は「いいピッチャーなのでああいったところで1本打てて良かったです」と4番の仕事に胸を張った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170630-00000137-dal-base

     広島は29日、マツダスタジアムで投手指名練習を行い、30日からの中日戦3連戦(ナゴヤドーム)に向けて、4投手が汗を流した。

     初戦に先発するジョンソンは畝投手コーチとのキャッチボールで万全の調整。第2戦に先発予定の薮田は「やるしかないので、思い切って行きます!」と気合十分だった。

     ここまで5勝負けなしで第3戦先発予定の大瀬良は「思い切っていけるところは思い切っていきたいし、バランスを意識した中で結果を残せている部分はある。うまく強弱を付けながら投球できればいい」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170629-00000058-dal-base

    このページのトップヘ