広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中日ドラゴンズ

     広島が18日の中日戦(ナゴヤドーム)に0―5で今季5度目の完封負けを喫した。自慢の打線がわずか1安打に終わり、先発した岡田明丈(24)が7回途中4失点で4敗目。それでも、1勝5敗で迎えた“鬼門”ナゴヤドームでの今カードを2勝1敗と勝ち越し、緒方孝市監督(49)は「地元に戻って一戦一戦、戦っていく」と西日本豪雨後、初めて本拠地開催となる20日からの巨人3連戦に切り替えていた。

     一方、16日に右すね付近に自打球を受けた鈴木誠也外野手(23)は2試合続けて欠場したものの、首脳陣によれば今後も抹消はせず、20日の試合出場については当日の様子を見たうえで判断するという。大事には至らなそうでなによりだが、広島には気になる“敵”がいるという。

     それは全国各地で続いている猛暑だ。この日、岐阜県では最高気温40度超を観測。今後も記録的な暑さが予想されるなか、広島には過酷すぎる日程が待ち受けている。

     今カードこそ屋内球場で3試合が組まれたが、その後は巨人との3連戦を皮切りに7カード連続で屋外球場。土日を含めてナイター開催とはいえ、試合前練習を行う時間帯は“灼熱地獄”だ。

     チーム関係者は「心配だね…。練習時間を考えたり、対策を取っていけたら」。さらには16日に一軍に昇格したばかりの安部の名前も挙がり「(安部は)暑さには強いみたいだし、調子を上げて頑張ってもらいたい」と期待を込めた。
     果たして“熱帯夜シリーズ”を乗り切れるか。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000042-tospoweb-base

    <中日5-0広島>◇18日◇ナゴヤドーム

     広島は中日先発ガルシアの前に今季最少1安打に抑えられ、0封負けを喫した。


     先発岡田は6回まで無失点に抑えるも、7回につかまった。広島緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。

     -中日ガルシアが良かった

     緒方監督 打てなかったね。切り替えてやるだけ。今日は終わったことだから。

     -先発岡田は6回まで好投した

     緒方監督 低めにしっかり投げ込めていたと思う。

     -明後日からは広島で巨人3連戦

     緒方監督 地元でまた1戦1戦しっかりと戦っていくだけ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00272618-nksports-base

     「中日1-5広島」(16日、ナゴヤドーム)

     広島・野間峻祥外野手が今季初の4安打と躍動。猛打賞は今季6度目となった。

     二回に遊撃内野安打を放つと、六回1死一、二塁でも遊撃内野安打をマーク。3-1の八回には中越え三塁打で直後に4点目の本塁を踏むと、九回2死三塁では右前適時打で締めた。

     後半戦初戦からチームとともに好スタートを切り、「結果的に良かった。でも、まだ始まったばかりなので、気を引き締めて明日からやっていきたい」と次戦へと目を向けていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000171-dal-base

     オールスターゲームが終了し、いよいよ16日からプロ野球も後半戦の戦いが始まる。

    【前半戦終了時の順位表】
    1位 広 島  43勝32敗1分 -
    2位 巨 人  40勝41敗1分 6.0
    3位 阪 神  35勝38敗1分 7.0
    4位 DeNA  36勝40敗2分 7.5
    5位 中 日  37勝43敗1分 8.5
    6位 ヤクルト 34勝42敗1分 9.5

     交流戦が終了した時には首位・広島から最下位・中日まで6だったゲーム差も、前半戦が終了した時点で首位・広島と最下位・ヤクルトまでのゲーム差が9.5まで広がり、広島と2位・巨人のゲーム差も6となった。

     交流戦で躓いた広島だったが、リーグ戦再開後に再び勢いを取り戻し、首位を快走。その一方で、2位・巨人から最下位・ヤクルトまでの5球団が目まぐるしく順位を変動させている。

     14日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター オールスターゲーム第2戦』で解説を務めた真中満氏は「セ・リーグは広島が一人旅していますので、残りの5チームは、ローテーションを考えながら、広島を叩きにいくような後半戦が見たいですよね」と5球団の奮起を促した。

     12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター フレッシュオールスターゲーム』で解説を務めた野村弘樹氏も、「カープが一歩リードしていますのでね。セントラルを面白くするためにもカープ以下5球団が、カープに対してどう戦っていくか」と、広島を除いた5球団の頑張りが必要だという。

     「その5球団もつぶし合いの可能性もでてくる。カープも含めて目の前の試合をどんどん取っていくしかないので、カープ以下5球団が抜けるためにも連勝が必要だと思います。連勝するためにも、ピッチャーでしょうね。ピッチャーが抑えていかないと。僕はそこだと思います」と続けた。

     11日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた山本昌氏は2位の巨人に注目。「(巨人は広島より)試合数を先にこなしているというところでね。5ゲーム以内に入ると選手は一気にやる気が出るんですよ」と選手側の視点で、追いかける側の心理を解説した。

     「ですから、オールスター明けの最初の1試合、2試合、広島が負けると、巨人が一気に1つ2つ縮まる可能性があるわけですから。そこのモチベーションというのが出てくると、セ・リーグも団子になると思いますので面白いですよね」と話した。

     広島がリーグ3連覇へ向けて首位を快走する。今季も広島がリーグ制覇するのか、それともその他の球団が後半戦を巻き返すのか…。どのような展開になるか注目だ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00159131-baseballk-base

     広島はローテを再編して首位固めを図る。後半戦開幕の16日・中日戦(ナゴヤドーム)に備え、先発投手陣は15日、マツダスタジアムで調整。3連戦初戦はクリス・ジョンソン投手(33)が先発し、九里亜蓮投手(26)、岡田明丈投手(24)と続く見込みだ。2位・巨人とは6ゲーム差。後半戦スタートダッシュを決めて球団史上初のリーグ3連覇へ突き進む。

     強い日差しが照り付けるマツダスタジアムで、先発陣は準備を終えた。その出来が後半戦のカギを握ると言っても過言ではない。表情を引き締め黙々とトレーニングを行う姿に、強い決意がにじんでいた。

     ジョンソンは中11日で後半戦の“開幕投手”を託された。中日戦は3試合で1勝0敗、防御率2・70。今季はナゴヤドームで勝ち星はないが、同球場の硬いマウンドは得意とする。「前半戦と同じように任された試合でチームが勝つように頑張る」と意気込んだ。

     17日の第2戦は九里が濃厚だ。7月はここまで雨の影響で登板機会がなかったもののブルペンでの投球などで補ってきた。「自分の力を出すだけ」とキッパリ。18日の第3戦が見込まれる岡田も「良いスタートが切れるように投げたい」と闘志を燃やした。

     前半戦、先発陣は安定していたとは言いがたい。チーム防御率が4・08に対し、先発投手の防御率は4・13だった。緒方監督は後半戦を前にあらためて投手を中心とした守り勝つ野球を掲げた。打線が強力なだけに、先発が粘り強く投げられれば白星はグッと近づいてくる。

     畝投手コーチは「1点でも少なく投げ切ってほしい」と期待した。大瀬良、野村、ジョンソン、九里、岡田を先発の軸に勝負の夏場へ挑んでいく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000042-dal-base

     広島が15日、マツダスタジアムで全体練習を行った。

     ベテランの新井は球場に隣接する室内練習場で、フリー打撃などを敢行。後半戦は16日・中日戦(ナゴヤドーム)から始まる。新井は「いいスタートを切れるようにしたい」と大粒の汗を滴らせて力を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00000055-dal-base&pos=1

     5日の広島-ヤクルト戦(マツダスタジアム)が雨天中止後、広島を出発したヤクルトの用具を積んだトラックの到着が大雨の影響で遅れ、6日、ナゴヤドームで行われる予定の中日-ヤクルト戦が中止となった。その一方で広島の用具は無事に東京ドームに届き、6日の巨人戦開始前の練習は通常通りに行われた。

     5日のヤクルト戦中止後、広島の用具を乗せたトラックは同日午後4時15分に東京へ向けて球場を出発。記録的大雨の影響で途中、新名神が通行止めになっていたため中国道経由に変更するなどしたが、トラックの運転手は「強い雨はあったけど、びっくりするほどではなかった」と話した。その後、6日朝に品川区のチーム宿舎に到着した。

     監督やコーチ、選手は5日中に東京へ移動。当日入りのスタッフも空路と新幹線の二手に分かれて移動し、この日午後4時からの試合前練習に間に合った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00000098-dal-base

     セ・パ両リーグともに大混戦となっている今季のプロ野球。セ・リーグは2位から6位までの順位が連日、目まぐるしく入れ替わっている。4日は天候が危うい中3試合が行われ、また順位に入れ替わりがあった。

     首位・広島と2位ヤクルトの首位攻防戦は広島がジョンソンの好投で勝利し貯金を最多の「12」とした。初回に田中の先頭打者アーチで先制すると4点のリードでそのまま9回に。ヤクルトは荒木の遊ゴロ、バレンティンのタイムリーで2点を返し、なおも2死満塁のチャンスを作ったが川端が見逃し三振に倒れた。

     阪神は最下位の中日に6-5で逆転勝ち。4点を追う4回に梅野の3ラン、6回にナバーロの犠飛で同点に追いつくと8回に大山のタイムリー三塁打、梅野の適時内野安打で2点を勝ち越し。9回にドリスが1点を失ったが逃げ切った。4位から一気に2位に浮上した。

     3位に付けていた巨人はDeNAに8-4で完敗。4番・岡本が31打席無安打と大不振に陥る事態となっている。1点差の9回に沢村がDeNA打線に捕まり3失点で勝負あり。巨人は4位に後退し勝ったDeNAは巨人と0.5差に。2位から6位まで3.5差となっている。

    【7月3日終了時点】
    1広島 41勝30敗1分け
    2ヤクルト 34勝36敗1分 6.5
    3巨人 35勝38敗1分 0.5
    4阪神 34勝37敗1分 0
    5DeNA 32勝38敗2分 1.5
    6中日 33勝41敗1分 1

    【7月4日終了時点】
    →1広島 42勝30敗1分け
    ↑2阪神 35勝37敗1分 7.0
    ↓3ヤクルト 34勝37敗1分 0.5
    ↓4巨人 35勝39敗1分 0.5
    →5DeNA 33勝38敗2分 0.5
    →6中日 33勝42敗1分 2.0

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00147246-fullcount-base

     プロ野球界は29日から、「日本生命セ・パ交流戦 2018」がスタートする。普段対戦することのない両リーグを代表する選手たちの対戦や、指名打者制の有無により、パ・リーグの投手が打席に立ったり、普段と違う状況での各監督たちの選手起用であったりと、楽しみな部分がたくさんある。



     異なるリーグ同士が対戦するとあって、それぞれのリーグでの順位にも大きく関わってくるのだが、果たして交流戦でどれだけリーグ内での順位変動が起こるのか。過去3年間を振り返ってみると、少し意外な傾向が見えてくる。

     今回はセ・リーグ編として、2015年から2017年の3年間、交流戦開始前と終了後の順位を見ていこう。

    ○2017年
    交流戦前
    1 広島(29勝19敗1分 .604)
    2 阪神(27勝19敗0分 .587 1.0差)
    3 巨人(23勝24敗0分 .489 5.5差)
    4 DeNA(22勝24敗2分 .478 6.0差)
    5 ヤクルト(20勝27敗0分 .426 8.5差)
    6 中日(19勝27敗3分 .414 9.0差)

    交流戦後と最終順位
    →1 広島(41勝25敗1分 .621)リーグ優勝
    →2 阪神(37勝27敗0分 .578 3.0差)2位
    ↑3 DeNA(31勝33敗 .484 9.0差)3位
    ↓4 巨人(29勝36敗0分 .446 11.5差)4位
    ↑5 中日(28勝36敗3分 .438 12.0差)5位
    ↓ヤクルト(25勝39敗1分 .391 15.0差)6位

    ○2016年
    交流戦前
    1 広島(29勝23敗1分 .558)
    2 中日(25勝24敗3分 .510 2.5差)
    3 阪神(25勝25敗3分 .500 3.0差)
    4 DeNA(24勝25敗3分 .490 3.5差)
    5 巨人(23勝24敗3分 .489 3.5差)
    6 ヤクルト(24勝29敗1分 .453 5.5差)

    交流戦後と最終順位
    →1 広島(40勝29敗2分 .580)リーグ優勝
    ↑2 巨人(32勝33敗3分 .492 6.0差) 2位
    ↓3 中日(32勝35敗3分 .478 7.0差)6位
    ↓4 阪神(32勝36敗3分 .471 7.5差)4位
    ↓5 DeNA(31勝36敗3分 .463 8.0差)3位
    →6 ヤクルト(30勝41敗1分 .423 11.0差)5位


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00133582-fullcount-base

    このページのトップヘ