広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    中日ドラゴンズ

    <さよならプロ野球:広島久本祐一投手>

     古巣で第2の人生をスタートさせる。広島から戦力外通告された久本祐一投手(37)は、打撃投手として中日に復帰することが決まった。打者を抑えることをなりわいにしてきた左腕が、打たれることを本業とする。「肘を治して、もっとファンに頑張っている姿を見せたかった」。12年まで過ごした名古屋で、悔しさとともに新たな人生を歩み始める。



     戦力外通告後も、現役にこだわった。すぐに中日から電話をもらったが、「打撃投手」の打診を受け入れられず、トライアウトを受験。他球団からの電話を待った。周囲から合否の期限と言われていた2日後の深夜に電話が鳴った。中日からだった-。すると編成担当者はすぐに落合博満GMに代わった。「オファーがなかったら帰ってこい。お前だからだぞ」。恩師との数分のやりとりで久本は古巣復帰を決断した。

     移籍した13年の広島はまだクライマックス・シリーズ出場の経験もなかった。「何が違うのか感じたかったし、それをみんなに気づいて欲しかった。言葉でも練習のやり方でも気づいてもらいたかった」。初めて参加した広島春季キャンプでは、投手陣では誰よりも遅くまで残り、汗を流した。「春季キャンプで追い込まないと大事なシーズン終盤で力を発揮できない。みんなと同じことをやっていてはだめ」。常勝球団の伝統を背中で示し、同年、チームは初めてCSに進出した。久本の思いは広島ナインに伝わり「徐々に変わっていくのを感じた」。Aクラス請負人として、広島の25年ぶり優勝を見届け、久本は赤いユニホームを脱いだ。

     今もなお、現役選手と同じ情熱を持ち続ける。「打撃投手でも、打たせようとは思わない。今の中日の選手には、俺の球を打てなければ1軍でやれないよと、感じてもらいたい」。新たな使命を胸に、次なるステージへ向かう。【広島担当=前原淳】


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170101-01756960-nksports-base

     広島を戦力外となり、来季から中日の打撃投手となる久本祐一投手(37)が、5日にテレビ朝日系で放送された「中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!」に出演し、中日・落合GMから電話で直接、打撃投手就任を要請されたことを明かした。

     久本は2002年から中日、広島でプレー。今オフ、来季の戦力外となり、12球団合同トライアウトに参加したが、現役選出として声がかかることはなかった。そんな時に、落合GMから電話があったという。

     第一声は「眠れてるか?」で、「はい、眠れています」と返答。「どこかから声はかかっているのか?」と問われて、ないと答えると「じゃあ帰ってこい」との言葉が。「トライアウトも見たし、新聞のコメントも読んだ」「ドラゴンズが強かった時に力になってくれた。お前だから電話してるんだぞ」と言われ、久本は「それまでカープ一色だったのが、サーッと(中日一色になった)」と、一瞬で打撃投手になることを決断したことを明かした。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-00000103-dal-base

     日本野球機構は2日、今シーズンの自由契約選手を公示。いわゆる戦力外選手のほか、外国人選手の自由契約選手も発表され、今年でチームを去る助っ人が決まった。

     中でも気になるのが、広島から自由契約となったエクトル・ルナの動向。日本で4年間プレーした経験を持ち、その実力は折り紙付きだが、この男を獲得する際にはどうしても“リスク”のことを考える必要が付きまとう。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00097637-baseballk-base

    ◆プロ野球12球団合同トライアウト(12日・甲子園)

     広島を戦力外になった久本祐一投手(37)はオリックス・堤を空振り三振、ロッテ・青松を遊ゴロ、巨人・小林大を空振り三振に、いずれも直球で打ち取る快投を披露した。

     プロ15年目のベテラン左腕は「特に左打者2人(堤と小林大)から三振を取れたのは大きい。意識してきたことなので。万全とは言えないが全ての力を出せたと思います」と左キラーとしてのアピールに成功して胸を張った。

     2001年ドラフト4位で中日入りし、12年オフに広島へ移籍した。左肘手術の影響で育成契約だった15年を除くと、支配下選手としてプレーした14年間は、中日、広島のいずれのチームもすべて3位以上だったという“Aクラス請負人”。「それは僕は関係ない。皆さんに感謝です」と苦笑いした。

     中日時代の恩師・森繁和監督(61)に「広島を退団することになりました」と連絡したところ「知るか!」とキツい言葉でエールを送られた。「(プロ野球で)15年間お世話になった。何らかの形で恩返しをしたい」と話して帰路に就いた。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161112-00000139-sph-base

    【日本シリーズ大予想:宇野勝(本紙評論家)=日本ハム4勝1敗】勝敗の行方は大谷にかかっている。おそらく第1戦の先発。打撃のいい大谷をDHのないマツダの試合で投手として使えることは日本ハムにとって大きなアドバンテージとなる。大谷だけでなく中田やレアードなども当たっている。日本ハムの打線がつながる可能性は高い。初戦で広島打線がぴしゃりと抑えられてしまえば「ああ、やっぱりな」という空気になってしまう。そうなるとそのままズルズルいってしまいそう。

     日本ハムが心配なのはリリーフ陣。CSファイナルでは抑えのマーティンが打たれ、第5戦は首痛でベンチを外れた。大谷が初戦に先発して、その後はリリーフとなるのか。やはりここも大谷がポイントとなる。

     広島が10日、25年ぶりにリーグ優勝を果たした。優勝の瞬間に一軍の舞台には立てなかったが、久本祐一は中日時代から含めると5度目の優勝経験となった。

     02年中日でプロ入りした久本は、自身が支配下選手登録としてプレーしている間、チームは全てAクラスに入っている。

    【支配下選手時代のチーム順位】
    <中日時代>
    02年:3位
    03年:2位
    04年:1位
    05年:2位
    06年:1位
    07年:2位
    08年:3位
    09年:2位
    10年:1位
    11年:1位
    12年:2位

    <広島>
    13年:3位
    14年:3位
    16年:1位

    【育成選手時代】
    <広島>
    15年:4位

     久本は01年ドラフト4位で中日に入団。入団前の01年、中日は5位に沈んだが、久本がプロ入りした1年目の02年に3位。翌03年は山田久志監督(当時)がシーズン途中に休養を発表したが3位に入った。この年、久本はリリーフを中心に51試合に登板して、1勝1敗1セーブ、防御率3.22と頭角を現す。

     04年に落合博満が監督に就任してから中日は黄金時代を築き、4度のリーグ優勝、1度の日本一と“万年2位”から脱却した。久本はリーグ優勝した04年はリリーフで38試合に登板し、06年も27試合に登板して防御率1.76と活躍。球団初の連覇を達成した10年と11年は目立った活躍をすることはできなかったが、11年はシーズン終盤にリリーフで存在感を見せた。

     しかし、指揮官が高木守道氏に変更した12年は5試合の登板にとどまり、戦力外通告を受け、同年オフに広島へ移籍した。

     移籍1年目の13年に、巨人との開幕カード2戦目に先発。その後は先発とリリーフの両方をこなし、チームに欠かせない存在感を発揮した。チームも1997年のAクラス入りを果たし、球団初のクライマックス・シリーズに進出。中日時代から続く自身のAクラス入りをこの年12年に伸ばした。ちなみに、中日は12年ぶりにBクラスに終わっている。

     14年も広島は3位に入ったが、同年11月に左肘の手術を受けたため、翌年は育成契約に。久本が育成契約となった15年の広島は、優勝候補に挙げられながらも4位に終わる。そしてこの年のオフに再び支配下登録選手に復帰。久本はここまで1試合の登板に終わっているが、チームは開幕から圧倒的な強さを誇りリーグ優勝となった。

     久本が持つ“Aクラス力”。久本が中日に退団した後、中日は3年連続Bクラスに沈み、今季もBクラスが確定。加入前に16年連続でBクラスに終わっていた広島は移籍後、強豪チームに生まれ変わりつつある。久本が支配下登録選手でプレーすると“Aクラス”の伝説は、来年以降も続いていくのか注目だ。


    引用元 http://news.mynavi.jp/news/2016/09/17/044/

     ◇セ・リーグ 広島8-0中日(2016年9月16日 マツダ)

     広島の2年目の左腕・塹江がデビュー戦の悪夢を断ち切った。9回から3番手で登板し最速151キロ直球主体に大島ら上位打線を3人で仕留めた。

     プロ初登板となった11日の巨人戦(東京ドーム)では2点ビハインドの7回に登板し、初球を長野に被弾するなど1死しか奪えず6失点した。「前回と違って直球に力も出せた。次もどんどん、腕を振っていきたいと思う」と19歳の若さを武器に貴重な経験を積んでいく。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160917-00000035-spnannex-base

     「広島8-0中日」(16日、マツダスタジアム)

     広島が連勝を4に伸ばした。先発の野村が7回4安打無失点で、チームメートのジョンソンに並んでリーグトップの15勝目(3敗)を挙げた。

     野村は中日打線を散発4安打、無得点に封じる好投。打線の大量援護もあり、危なげない投球だった。八回は大瀬良、九回は塹江が無失点で、完封リレーを果たした。

     打線は三回、丸の右前2点適時打、鈴木の27号2ランなどで一挙6点を奪った。七回にはエルドレッドの中越え2点二塁打でリードを広げた。

     15勝目を挙げた野村はお立ち台で「ゴロを打たせれば、内野手がしっかり守ってくれると思ったので、腕を振って投げました。味方が大量の得点をしてくれたので、気持ち良く投げられた」と振り返った。ジョンソンと争う最多勝のタイトルには「ジョンソンと一緒に取れればいいなと思います」と、同時受賞を熱望した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160916-00000102-dal-base

    このページのトップヘ