広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中日ドラゴンズ

     もし今季NPBが2シーズン制を導入していたら…? 実は、ここから面白いことがいろいろ分かってくる。試合消化のペースが異なるため、前後期にきちっと分割することはできないが、総試合数の約半分を消化した6月末で区切って、前後期の成績を見てみたい。


     今回はセ・リーグを。

    【前期】
    1広島 72試45勝26敗1分 勝率0.634 差–
    2阪神 70試37勝33敗0分 勝率0.529 差7.5
    3DeNA 72試35勝35敗2分 勝率0.500 差9.5
    4中日 74試33勝38敗3分 勝率0.465 差12
    5巨人 71試31勝40敗0分 勝率0.437 差14
    6ヤクルト 71試28勝42敗1分 勝率0.400 差16.5

     前期の上位3球団は、今季の最終順位と同じ顔ぶれだった。6月に球団ワーストの13連敗を喫した巨人は5位に沈んでいる。

    【後期】
    1広島 71試43勝25敗3分 勝率0.632 差–
    2阪神 73試41勝28敗4分 勝率0.594 差2.5
    2巨人 72試41勝28敗3分 勝率0.594 差2.5
    4DeNA 71試38勝30敗3分 勝率0.559 差5
    5中日 69試26勝41敗2分 勝率0.388 差16.5
    6ヤクルト 72試17勝54敗1分 勝率0.239 差27.5

     広島はシーズン通して好調を維持。阪神は後期さらに勢いを増して6割近い勝率を記録した。巨人も阪神と同率2位だったが、前期の“負債”が足を引っ張り、DeNAに追いつくことができなかった。この4チームが5割を大きく越え、中日とヤクルトは蚊帳の外だった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171223-00099456-fullcount-base

     パ・リーグCSファイナルステージでソフトバンクを苦しめた楽天のベンチで、与田剛投手コーチが投手陣の手綱を握っていた。2位躍進の西武の前ヘッドコーチで、今季はファームを指揮したのが潮崎哲也2軍監督。セ・リーグ連覇の広島の戦力を支えるファームには佐々岡真司投手コーチがいる。この3人、プロ入りは同じ年だった。野茂英雄(新日鉄堺→近鉄)に史上最多の8球団が競合した1989年ドラフトで、「野茂じゃない」選択をした球団から単独指名を受けた。


     1年目の90年からパのタイトルを総なめした野茂。張り合うようにセで新人王になったのが、NTT東京から中日入りして31セーブを挙げた与田だ。松下電器から西武入りした潮崎は個人タイトルの野茂に対し、チームタイトルであるリーグ優勝、日本一の両方で胴上げ投手に。NTT中国→広島の佐々岡は与田と新人王を争い、2年目の91年には優勝、MVPと満開の花を咲かせた。「野茂じゃない」選択のもう1人、慶大→巨人の大森剛こそ通算5本塁打と鳴かず飛ばずだったが、野茂の外れ1位も佐々木主浩(東北福祉大→大洋)らがいる空前の「当たり年」となった。

     次の90年ドラフトは亜大・小池秀郎に8球団が集結。ロッテ入団を拒否した小池のいないパで91年の新人王になったのが、オリックスに単独1位指名された長谷川滋利だ。「小池じゃない」単独指名は他に元木大介(浪人→巨人)、木村恵二(日本生命→ダイエー)、水尾嘉隆(福井工大→大洋)の顔ぶれだった。

     今年のドラフト会議が26日に迫ってきた。早実・清宮幸太郎には既に1位指名を公表した阪神とヤクルトのほか、ソフトバンクや日本ハムなどが集中する見通し。7球団かそれ以上の競合になるとも予想される。一方、広島は地元・広陵の中村奨成の指名を公表した。JR東日本・田嶋大樹や立命大・東克樹は即戦力左腕の呼び声高く、履正社・安田尚憲は高校生スラッガーとして清宮と双璧をなす。チーム強化の即効性なら大学や社会人選手で、3年続いたドラフト1位投手がCSでも活躍しているDeNAが好例。人気では「1強」気配のドラフトだからこそ、「清宮じゃない」選択に注目したい。(記者コラム・和田 裕司)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00000086-spnannex-base&pos=4

     今季限りで引退を決意した阪神新井良太内野手(34)について、兄の広島新井貴浩内野手(40)が口を開いた。シーズン中から話を聞いていたと言い「いろいろ気持ちが揺れ動いていたと思う。でも本人が決めたことだから」と語った。その上で「最終的には良太の野球人生だから、自分で決めなさいと言った」と明かした。


     10年から14年までの4年間は阪神でともにプレー。「一緒のチームでプレーしたし、いい経験をさせてもらったよね。彼のいいところは、どんな時でもとにかく明るく、元気に、取り組む姿勢だね」と優しく語った。自身が広島に復帰した後も「励みにはならないけど、気にはなっていた。弟としてね」と続けた。

     最後は兄としての感謝の言葉を紡いだ。「中日、阪神の両球団の方、たくさん応援してくださったファンの方にも感謝。幸せだったんじゃないのかな。もちろん本人も感謝していると思うけど、兄としても両球団、ファンの皆さんに感謝しています」と締めくくった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00024665-nksports-base

     俳優の山田裕貴(27)が18日、自身のツイッターを更新。父親がコーチを務めるプロ野球・広島の2年連続セ・リーグ優勝を喜んだ。

     山田はこの日がちょうど27歳の誕生日。自身のツイッターに「こんな自分の誕生日の日に父が在籍しているカープ優勝 親父、おめでとう、家族おめでとう カープおめでとう」とつづった。

     山田の父親は元中日内野手で、現在は広島の2軍で内野守備走塁コーチを務める山田和利氏(52)。息子の裕貴は2011年にテレビ朝日系の特撮ドラマ「海賊戦隊ゴーカイジャー」のゴーカイブルー役でデビュー。現在フジテレビ系で放送中で19日に最終回を迎えるドラマ「僕たちがやりました」に出演中で、9月30日公開の映画「亜人」(監督本広克行)にも出演している。
    引用元 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/18/kiji/20170918s00041000460000c.html

     2年連続のセ・リーグ優勝を成し遂げた広島の戦力の充実ぶりについて、敗れた他球団の監督がコメントした。

     2位阪神の金本監督は「広島との差を一番感じたのは得点力だった。本塁打の数も全然違うし、足も違う。あの打線を抑え込める投手力をつけないと勝てない」と話した。

     クライマックスシリーズ(CS)進出を狙う3位巨人の高橋監督は「うちは特に前半戦に苦戦した。広島の勢いのある攻撃に圧倒されてしまった。何とかCSへの出場権を得て、シーズンでの雪辱を果たしたい」

     4位のDeNAのラミレス監督は「2年連続で完璧なチーム。投手は素晴らしいし、打線も非の打ちどころがない。(けがの鈴木の)代わりの4番(松山)がより打てている」と話した。

     5位中日の森監督は「何を取ってもうちより上だった。今のチーム編成からいくと、なかなかよそが対等に戦うのは難しい状態。いいチームだと認めざるをえない」。6位ヤクルトの真中監督は「攻撃的に見えるが、二遊間を中心に守備が良く、バランスのいいチーム。全てにおいて、うちを上回った。故障者をカバーする層の厚さも感じた」とコメントした。
    引用元 http://www.sankei.com/west/news/170918/wst1709180047-n1.html

    <中日0-3広島>◇8日◇ナゴヤドーム

     広島は先発薮田が6安打無失点で今季2度目の完封で14勝目を挙げた。

     打線は5回、菊池の14号ソロで先制。試合終盤の7、8回にも1点ずつを入れ、中日を突き放した。

     ナゴヤドームでの連敗を5で止め、優勝マジックを7に減らした。緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -薮田が今季2度目の完封勝利

     緒方監督 薮田、すごいね。前回の反省を生かしてセット投法で安定した投球をしてくれた。本人も前回の反省としているし、ブルペンから取り組んでいるのが見えた。

     -中継ぎ陣を使わずに終えた

     緒方監督 それが大きいよ。今日は本当に。あそこのメンバーはちょっと考えていたから。いけるところまで考えていた。投手コーチとも相談していた。

     -打線は得点を重ねた

     緒方監督 1点ずつ、しっかり取れた。7回、8回も追加点というのは大きかった。また明日頑張ります。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-01884937-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島3―0中日(2017年9月8日 ナゴヤD)

     広島が薮田の好投で中日に3―0で勝ち、7連勝を飾った。優勝へのマジックは7となり、最短Vは12日。

     先発・薮田が9回6安打で中日打線を完封。4回まで無得点だった打線も5回1死から菊池が左中間スタンドへ14号ソロ本塁打を放って先制すると、7回には田中が四球、菊池が内野安打で無死一、二塁としてから丸が中前へ適時打を放って2点目。8回には右翼フェンス直撃二塁打の安部を二塁に置いて会沢が中越え二塁打を放って貴重な追加点を加えた。

     薮田は初回と7回にそれぞれ2安打を許して得点圏へと走者を進めたが、要所を抑えて失点は許さず。8回には2死から連続長短打を浴びて二、三塁のピンチを迎えたが、ここも後続を断ち切り、菅野に投げ勝ってプロ初完封を飾った8月12日の巨人戦(マツダ)以来2度目の完封勝利を挙げた。

     薮田は対中日戦、デビュー以来無傷の6連勝。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00000119-spnannex-base

     「広島-中日」(27日、マツダスタジアム)

     広島先発の岡田が初回に4点を失った。立ち上がり、簡単に2死を取ったが、3番・大島に右前打を打たれ、盗塁を許すと、ゲレーロに中前へ先制適時打。続く福田には甘く入ったスライダーを狙われ、左中間へ13号2ランを運ばれ3失点。

     まだ終わらない。藤井に中前打を打たれ、高橋に四球を与えてピンチが拡大すると、8番・武山に左前適時打を浴びて計4失点。

     エルドレッドの2ランで2点差となった四回には、先頭打者として打席に入った投手の小笠原に四球を与え、京田の左中間突破の三塁打と谷の左犠飛で2点を失った。

     結局、この回限りで交代を告げられ、4回6失点KO。前回20日のヤクルト戦(マツダ)に続き、今回も12勝目は手にできなかった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-00000103-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島9―1中日(2017年8月25日 マツダ)

     DeNA戦で3試合連続サヨナラ負けを喫してホームに戻った広島が9―1で中日に快勝。“横浜の悪夢”を振り払った。また、阪神が巨人に敗れたため、前日24日に消えた優勝へのマジックが「21」で再点灯した。



    3回、菊池、丸の連打で無死一、三塁のチャンスを築き、4番に入った松山が3連打目となる右前適時打を放って先制。さらに安部と石原の適時打などでこの回計4点を先取した。

     5回にはエルドレッドが中日先発のバルデスから1ボールからの2球目、内角高めの直球を左中間スタンドへ運ぶ26号ソロを放って5点をリード。7回にはエルドレッドの二塁打で2点、8回にも4連打で2点を加え、計15安打9得点と一方的な展開に持ち込んだ。

     投げては先発のジョンソンが5回2死まで無安打と快投を続け、結局、三塁を踏ませず。完封まであと1イニングで降板したが、8回で101球を投げ、2安打無失点という好投で7月12日のDeNA戦以来44日ぶりとなる今季5勝目(3敗)をマークした。

     広島は24日まで敵地で行われたDeNAとの3連戦ではいずれも序盤のリードを守り切れず、2007年以来10年ぶりとなる3試合連続サヨナラ負け。23日には打球を好捕した鈴木が着地の際に右足首を骨折して離脱するなどアクシデントもあったが、ホームに帰った初戦で投打がかみ合い快勝でものにした。

     中日は5回2死から高橋が右前へチーム初安打を放ったが、最後までジョンソンを打ち崩せず。9回に1点を返すのが精一杯だった。先発のバルデスは5回9安打5失点で今季9敗目(6勝)を喫している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170825-00000132-spnannex-base

    このページのトップヘ