広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中日ドラゴンズ

     2017年5月20日の中日対広島戦(ナゴヤドーム)で、中日の先発投手・又吉克樹が審判に何事かを訴え、試合が一時中断するハプニングがあった。この出来事をめぐって、インターネット上では、ある「デマ情報」が急拡散。又吉本人が説明に追われる騒ぎとなった。

     「デマ」の内容は、広島ファンが「レーザーポインター」を使って、又吉の投球を妨害したというもの。なぜ、こんな根拠のないデマが急速に広まったのか。その「発信源」をJ-CASTニュースが追った。

    ■広島ファンへのバッシングが過熱

     ハプニングは、中日1点リードで迎えた4回表に起きた。ここまで3イニングをほぼ完璧に抑えていた又吉が、広島の一番バッター・田中広輔と対峙した際に、審判に何事かを訴え出たのだ。

     この影響で試合は一時中断。球審と三塁審判が集まって、スタンドの方を指さして「電気!電気!」と呼び掛け始めた。その後、何らかの対応が取られたのか、試合はそのまま再開した。中断していた時間は約1分ほどだった。

     この場面は試合中継でも放送されたことから、ツイッターを中心に「何があったの?」などと話題に。さらには、試合の最中から徐々にツイッターで、

      「広島ファンがレーザーポインターで又吉の投球を妨害した」

    といった真偽不明の情報が広まっていった。

     こうした情報が出回ると同時に、それを信じたネットユーザー中心に広島ファンへのバッシングが過熱。ツイッターやネット掲示板には、

      「レーザーポインター当てるとか何を考えてるんやろ... カープファン最悪」
      「広島ファンの方、敵チームのピッチャーにレーザーポインター当てたり、必要以上に野次ったりするの、やめていただけませんか」
      「広島ファン出禁にしてしまえ。ほんまクソすぎる」

    といった激しい批判が次々と寄せられる事態となった。


    引用元 https://www.j-cast.com/2017/05/22298607.html?p=all

    ◆中日2―1広島(20日・ナゴヤドーム)

     広島が接戦を落とし、2年ぶりの中日戦連敗を喫した。

     菊池涼介内野手(27)がコンディション不良のため欠場し、「2番・三塁」に西川が入り、「5番・二塁」で安部が先発出場。西川は、2回に失点につながる失策など精彩を欠いた。

     先発・九里は7回2失点(自責1)と粘ったが、打線の援護がなく4敗目(3勝)。緒方監督は「先発が試合をつくってくれているわけだから」と、険しい表情で振り返った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170520-00000189-sph-base

     広島の菊池涼介内野手が3日、本拠地での中日戦で美技を披露した。

     3点リードの7回表、1死一塁の場面だった。打席に立った中日・井領は、広島3番手・一岡が2ボールから投げた3球目の外角フォークを振った。叩きつけるように打たれたボールは高くバウンドしながら二塁守備に就く菊池の方角へ飛んだ。菊池は守備位置から猛ダッシュして打球を捕ると、前に倒れ込みながら一塁へじゃピングスロー。打った井領は一塁ベースへ疾走したが、菊池の送球が新井のミットへ収まるのが一瞬早く、アウトがコールされた。

     3月のWBCで好守備を連発し、メジャー関係者から“ニンジャ”と注目を浴びた菊池。その美技に見慣れたであろう本拠地ファンも、惜しみない拍手を送った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-00010028-fullcount-base

    <広島7-4中日>◇3日◇マツダスタジアム

     中盤5回に中日ゲレーロの連続失策から同点に追い付くと、丸の適時打で勝ち越し。その後も攻撃の手を緩めず中日を突き放した広島が連勝で、先発の4年目中村祐太投手(21)がプロ初登板で初勝利を挙げた。広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -中村祐が初登板初勝利

     緒方監督 よく投げてくれた。思った以上にいい真っすぐを投げていた。細かいことを言えば、もう少し無駄な抜け球をなくし、低めのゾーンで勝負できればと思うところもある。でもこれから経験して、成長していってもらいたい。

     -打線が援護した

     緒方監督 何より白星を付けてくれた野手陣。守備にしても攻撃にしても、本当に若い投手を助けて、育ててくれている。頼もしい野手陣ですね。

     -相手のミスに乗じて勝ち越した

     緒方監督 昨日にしてもそうだし、今日にしてもそう。ミスをうまくつけ込んだ形の得点になっているので、相手もダメージがあるでしょう。ワンチャンスをものにする打線の集中力がすごい。

     -捕手会沢も攻守で貢献

     緒方監督 リードで頭がいっぱいの中、自慢の打撃で数字が出ていないことにもどかしさがあるだろうけど、やっぱり今求めているのは若い投手をしっかりリードして試合を作ること。数多く出場する中で(今日は)持ち味とする打撃で試合を決定づける大きな、大きな本塁打になったと思います。

     -新井の2ランも大きかった

     緒方監督 本当に頼もしいよ。ナイスゲームです。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-01817664-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島7―4中日(2017年5月3日 マツダ)

     広島の4年目、中村祐太投手(21)が3日、マツダでの中日戦でプロ初登板初先発を果たし、5回、103球を投げ5安打3失点でうれしい初勝利をマークした。

     1点を追う5回に代打を送られたものの、その裏に打線が逆転して中村祐に勝ち投手の権利をもたらすと、その後もリードを広げて勝利を収めた。

     お立ち台に上がった中村祐は「や~、すごい、最高です」と笑顔を見せ「バックを信じて投げるだけ。きょうは野手の方に感謝したい」とし、待望のウイニングボールは「支えてくれた家族に」と語った。さらに、ファンへの言葉を求められると「はじめまして、中村祐太です」と初々しくあいさつした。

     中村祐は東京・関東第一高から2014年にドラフト5位で入団。けがもあって「ちょっと時間がかかった」というが、4年目での抜てき。2軍で1勝1敗で防御率2・14と結果を残し待望の1軍登板を果たした。

     今季広島でプロ初登板はともに新人のドラフト1位・加藤、ドラフト3位の床田に次ぎ3人目。昨季限りで黒田は引退したが、若い力も首位の広島を支えている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-00000126-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島5―2中日(2017年5月2日 マツダ)

     広島が逆転で中日を下し首位を守った。

     1点を追う5回2死三塁から鈴木の適時打で追いつくと、エルドレッドのファウルフライをビシエドが落球して“命拾い”した後に安打でつなぎ、一、三塁とし新井の適時打で逆転に成功。続く安部の2点三塁打、石原の適時二塁打でこの回5点を奪った。

     投げては先発野村が7回を2失点にまとめて2勝目、8回をジャクソン、9回を今村が締めた。

     中日は先制したが、今季初先発の鈴木が5回途中4失点(自責1)、守備の乱れが響いて粘れず連敗を喫した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170502-00000141-spnannex-base

     広島・大瀬良大地投手(25)が1日、マツダスタジアムで、投手指名練習に参加した。キャッチボールなどで汗を流し、先発予定の4日中日戦(マツダ)へ準備を整えた。

     前回4月27日・巨人戦(マツダ)で待望の今季初勝利を挙げ、気持ちはスッキリ。「1週間の調整の中で、いい形でいい心の状態で練習することができました。チームが勝てるようなピッチングができるように準備したいです」と意気込みを語った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-00000088-dal-base

     広島の野村祐輔投手が1日、マツダスタジアムで投手指名練習に参加。キャッチボールやダッシュなどを行い、2日から始まる中日3連戦の初戦登板へ向け最後の調整を行った。


     中日戦は今季、2度目。前回は開幕2カード目となった4月4日に敵地で先発した。打球が右足首を直撃するアクシデントに見舞われたものの、粘り強く投げ7回4安打1失点にまとめ、今季の初勝利を手にした試合だ。

     前回登板の25日・巨人戦では、黒星こそ喫したが8回5安打1失点と好投し、菅野と投手戦を演じた。月が変わり、5月初戦でのマウンドを託される。チームに勢いを付けるためにも「カードの頭ですしね。(チームが)いい形で入れるようにしたい」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-00000061-dal-base

    このページのトップヘ